議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 大府市

平成20年第 1回臨時会−05月09日-01号




平成20年第 1回臨時会

開催日:平成20年 5月 9日
会議名:平成20年第1回臨時会(第1号 5月 9日)

〇(議事日程)
1 出席議員
   1番  千 賀 重 安       2番  大 西 勝 彦
   3番  高 池 文 夫       4番  鷹 羽 登久子
   5番  久 永 和 枝       6番  山 口 広 文
   7番  守 屋   孝       8番  上 西 正 雄
   9番  木 下 義 人      10番  木 村   徹
  11番  早 川 高 光      12番  浅 田 茂 彦
  13番  酒 井 真 二      14番  鈴 置 英 昭
  15番  久 野 喜 孝      16番  近 藤 守 彦
  17番  窪 地   洋      18番  柴 崎 智 子
  19番  鈴 木   隆      20番  深 谷 直 史
  21番  花 井 一 雄

2 欠席議員
   な し

3 職務のため議場に出席した議会事務局職員
   事務局長      鷹 羽 保 広    議事課長     深 谷 康 司
   議事課長補佐    相 木 直 人    議事係主事    野 崎 雄 介

4 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者
   市長        久 野 孝 保    副市長      岡 村 秀 人
   収入役       伴   和 道    教育長      梶 谷   修
   企画政策部長    宮 北 勝 彦    総務部長     山 内 英 道
   市民協働部長    三 澤   誠    健康福祉部長   伊佐治 辰 夫
   産業建設部長    吉 田 利 和    産業建設部参事  金 田 達 也
   水道部長      坂 野 信 安    教育部長     鈴 木   守
   消防長       沓 名 保 男    企画政策部次長  生 田 克 弘
   総務部次長     深 谷 康 昭    市民協働部次長  大 嶋 順 治
   健康福祉部次長   池 田 裕 一    産業建設部次長  椴 山 桂 一
   水道部次長     鈴 木   明    教育次長     相 羽 輝 二
   監査委員事務局長  加 納 俊 則    消防次長     山 下 義 人

5 議事日程

日 程 議案番号        件                 名
第 1        会議録署名議員の指名
第 2        会期の決定
第 3 議案第24号 専決処分の承認を求めることについて
第 4 議案第25号 専決処分の承認を求めることについて
第 5 議案第24号 専決処分の承認を求めることについて
第 6 議案第25号 専決処分の承認を求めることについて
第 7 選挙第 1号 議会運営委員会正副委員長の選任について
第 8        閉会中における議会運営委員会の調査研究付託案件について
第 9 選挙第 2号 常任委員会正副委員長の選任について
第10 選挙第 3号 知多地区農業共済事務組合議会議員の選挙について
第11 議案第26号 副市長の選任について

6 会議に附した事件
  議事日程と同じである。



○議長(近藤守彦)
 皆さん、おはようございます。ただいまの出席議員は21名で定足数に達しております。よって、平成20年大府市議会第1回臨時会は成立いたしますので、開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程につきましては、お手元に配布いたしました日程表により進めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 説明のため、地方自治法第121条の規定により、市長以下関係職員の出席を求めましたのでご報告いたします。
 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、議長において11番・早川高光議員及び12番・浅田茂彦議員を指名いたします。
 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。
 お諮りします。今期臨時会の会期は、本日5月9日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。
 会議に先立ち、市長よりあいさつをいただきます。市長。
               (市長・久野孝保・登壇)
◎市長(久野孝保)
 平成20年大府市議会第1回臨時会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたびの市長選挙におきまして、議員の皆様を始め、多くの団体及び市民各位より温かいご支援を賜り、再び市長としての信託を受け、引き続き2期目の市政を担当させていただくことになりました。まことに光栄に存じますとともに、責任の重さに身の引き締まる思いでございます。
 1期目の4年間の実績と信頼を基盤として、市政の発展と市民福祉の向上のために全力を尽くし、躍動・ふれあい・健康都市大府の実現に向け、引き続き全身全霊を注いでまいりますので、これまで以上に議員の皆様のお力添えをお願い申し上げるところでございます。
 さて、本日の臨時会は、執行部よりは専決処分2件、人事案件1件を提出させていただきますので、慎重審査の上、お認め賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
○議長(近藤守彦)
 日程第3、議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」及び日程第4、議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」を会議規則第34条の規定により、一括議題といたします。
 議案の朗読を省略し、提出者から提案理由の説明を求めます。総務部長。
◎総務部長(山内英道)
 議案第24号及び議案第25号につきまして、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 まず、議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」であります。
 提案理由といたしましては、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、大府市手数料条例の一部改正について、平成20年4月10日に専決処分をいたしたもので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。
 この条例の一部改正は、戸籍法の一部を改正する法律の施行にあわせて、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令が、去る3月19日に公布されたことに伴うものでございます。
 内容につきましては、戸籍法の一部改正により、個人情報保護の観点から戸籍の公開制度が見直され、戸籍謄本等の交付請求をすることができる場合が制限されることに伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令において引用している戸籍法の規定が変更されるため、これに準じて条例の改正を行うもので、平成20年5月1日から施行するものでございます。
 次に、議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」であります。
 提案理由といたしましては、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、大府市税条例の一部改正について、平成20年4月30日に専決処分をいたしたもので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。
 この条例の一部改正は、地方税法等の一部を改正する法律が、去る4月30日に公布されたことに伴うものでございます。
 内容につきましては、個人の市民税について、平成21年3月31日までに取得した特定中小会社が発行する特定株式に係る譲渡所得等の金額を2分の1とする課税の特例を廃止するものでございます。
 施行期日につきましては公布の日とし、平成19年度分までの個人の市民税については従前の例によることとするものでございます。
 また、施行日前に取得した特定株式に係る譲渡所得等の課税の特例の規定は、なお効力を有することとし、この場合において「平成21年3月31日までの間の取得」とあるのは「地方税法等の一部を改正する法律の公布の日前までの間の取得」とするものでございます。
 これで、提案理由並びに内容の説明を終わらさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(近藤守彦)
 これより質疑に入ります。まず、議案第24号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、次に、議案第25号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。議案第24号及び議案第25号については、会議規則第36条第1項の規定により、議事日程に記載のとおり、総務委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」及び議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」は、議事日程に記載のとおり、総務委員会に付託することに決定いたしました。
 お諮りします。ここで、ただいま付託されました議案第24号及び議案第25号について審査の委員会を開いていただくため、しばらく休憩したいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、休憩することに決定いたしました。休憩をいたします。
               休憩 午前 9時39分
               再開 午前10時39分
○議長(近藤守彦)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第5、議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」及び日程第6、議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」を会議規則第34条の規定により一括議題といたします。
 本案は総務委員会に付託してありましたので、総務委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。総務委員長。
             (総務委員長・高池文夫・登壇)
◎総務委員長(高池文夫)
 議長のご指名がありましたので、総務委員会における審査の経過と結果について報告します。
 当委員会は、ただいま休憩中、委員会室1において委員7人全員が出席し、市長以下、関係職員の出席を求め開会しました。
 議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」は審査の結果、全会一致で原案を承認すべきものと決定しました。
 審査の過程における質疑応答のうち主なものを簡潔にご報告いたします。
 問い、なぜ専決処分としたのか。
 答え、現場での本人確認は既に先行しており、法の裏付けが後からとなった。また、ホームページや広報による市民への周知を徹底するため専決処分とした。
 続きまして、議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」は審査の結果、賛成多数で原案を承認すべきものと決定しました。
 審査の過程における質疑応答のうち主なものを簡潔にご報告いたします。
 問い、現行制度のうち、優遇措置が継続されるのはどの部分か。
 答え、投資額をその年度の株式譲渡益から控除することと、損失を他の株式譲渡益から翌年度以降3年間繰り越し控除できることが継続される部分である。
 以上で報告を終わります。
○議長(近藤守彦)
 ただいまの総務委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、議案第24号について討論を行います。最初に、委員長報告に反対の討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 賛成の討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、討論を終わります。
 これより、議案第24号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は承認です。
 お諮りいたします。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
                  (挙手全員)
 挙手全員です。よって、議案第24号「専決処分の承認を求めることについて」は、原案のとおり承認されました。
 次に、議案第25号について討論を行います。最初に、委員長報告に反対の討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 賛成の討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、討論を終わります。
 これより、議案第25号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は承認です。
 お諮りいたします。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
                  (挙手多数)
 挙手多数です。よって、議案第25号「専決処分の承認を求めることについて」は、原案のとおり承認されました。
 日程第7、選挙第1号「議会運営委員会正副委員長の選任について」を行います。
 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。2番・大西勝彦議員、6番・山口広文議員、8番・上西正雄議員、12番・浅田茂彦議員、13番・酒井真二議員、14番・鈴置英昭議員、17番・窪地洋議員、以上7名、ただいま指名した議員を議会運営委員会委員に選任いたします。
 お諮りします。ここで、正副委員長の互選をしていただくため、しばらく休憩したいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、休憩することに決定しました。休憩いたします。
               休憩 午前10時44分
               再開 午前10時56分
○議長(近藤守彦)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議会運営委員会の正副委員長が決まりましたので、ご報告いたします。委員長に14番・鈴置英昭議員、同副委員長に6番・山口広文議員、以上のとおり、正副委員長が決まりました。
 日程第8、「閉会中における議会運営委員会の調査研究付託案件について」を議題といたします。
 お諮りします。お手元に配布いたしました閉会中における議会運営委員会の調査研究付託案件を議会運営委員会に付託の上、調査研究が終了するまで閉会中の調査研究付託事項としたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、お手元に配布いたしました閉会中における議会運営委員会の調査研究付託案件を議会運営委員会に付託の上、調査研究が終了するまで閉会中の調査研究付託事項とすることに決定いたしました。
 日程第9、選挙第2号「常任委員会正副委員長の選任について」を行います。
 常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。総務委員会委員に、1番・千賀重安議員、2番・大西勝彦議員、6番・山口広文議員、11番・早川高光議員、18番・柴崎智子議員、19番・鈴木隆議員、21番・花井一雄議員、以上7名。
 厚生文教委員会委員に、3番・高池文夫議員、5番・久永和枝議員、9番・木下義人議員、10番・木村徹議員、14番・鈴置英昭議員、15番、久野喜孝議員、16番・近藤守彦、以上7名。
 建設消防委員会委員に、4番・鷹羽登久子議員、7番・守屋孝議員、8番・上西正雄議員、12番・浅田茂彦議員、13番・酒井真二議員、17番・窪地洋議員、20番・深谷直史議員、以上7名。
 ただいま指名した議員を、それぞれ常任委員会委員に選任いたします。
 お諮りします。ここで、正副委員長の互選をしていただくため、しばらく休憩したいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、休憩することに決定しました。休憩いたします。
               休憩 午前11時00分
               再開 午前11時22分
○議長(近藤守彦)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 各常任委員会の正副委員長が決まりましたので、ご報告いたします。総務委員会委員長に、2番・大西勝彦議員、同副委員長に19番・鈴木隆議員。厚生文教委員会委員長に、3番・高池文夫議員、同副委員長に、15番・久野喜孝議員。建設消防委員会委員長に、13番・酒井真二議員、同副委員長に、12番・浅田茂彦議員。以上のとおり、正副委員長が決まりました。
 日程第10、選挙第3号「知多地区農業共済事務組合議会議員の選挙について」を行います。
 お諮りします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選で行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 お諮りします。指名の方法については議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。
 知多地区農業共済事務組合議会議員に、13番・酒井真二議員を指名いたします。
 お諮りします。ただいま議長において指名いたしました13番・酒井真二議員を、知多地区農業共済事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました13番・酒井真二議員が知多地区農業共済事務組合議会議員に当選されました。
 ただいま知多地区農業共済事務組合議会議員に当選されました13番・酒井真二議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
 日程第11、議案第26号「副市長の選任について」を議題といたします。
 議案の朗読を省略し、提出者から提案理由の説明を求めます。市長。
◎市長(久野孝保)
 議案第26号「副市長の選任について」、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、副市長を選任するに当たり、地方自治法第162条の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。
 内容につきましては、現在、副市長であります岡村秀人氏が、平成20年6月3日をもちまして任期満了となりますので、ここで再度、岡村氏を副市長として選任するものでございます。
 岡村氏は、平成16年6月4日に助役に就任され、平成19年4月1日からは、地方自治法の改正により副市長として1期4年間、その職責を立派に果たし、本市発展のために尽力していただきました。
 また、その高潔な人格と卓越した見識は各方面から高く評価され、信望も厚く、副市長として最適任者であり、今後の行政運営に際して、その手腕、力量を遺憾なく発揮されるものと確信しておりますので、よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。
 これで、提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(近藤守彦)
 これより質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。本案については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。
 これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第26号については委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。あれば、反対討論から。6番・山口広文議員。
◆6番議員(山口広文)
 賛成の立場で討論させていただきます。
 地方自治法をやはりいろいろ読まさせていただきましても、助役やあるいは副市長の役割というのは法律上もその役割について明記がされているところであります。
 特に、市長の補佐というのは一般的にもどの団体にもそういった役割がありますし、地方公共団体と同時に職員のいわゆる中のトップとしての職責は監督などを行って責任を果たしていくと、こういったことが明記がされています。
 特に、地方公務員をめぐります情勢というのは大変大きく変わってきているというのはご承知だと思います。昨年、あるいは今年の議会でも地方公務員や大府市職員の取り巻かれている状況につきましては、るる意見や質疑を展開してまいりましたから十分ご承知でしょうけれど、特に構造改革の一環で職員数が減り続けています。もちろん大府市だけではありません。全国的なそういった傾向でありますけれど、住民サービスの立場から見ますと、正規職員がどんどん減るということについてはサービスがやっぱり低下するということは、既に大府市もこの1年の振り返りをいたしましても明らかであります。
 大府市では、副市長がこういった計画だとか、採用などの当然中心になっていくわけでありますけれど、残念ながら現状は定数管理計画そのものも下回っているというのが今の現状です。
 平成20年度の4月1日の異動を見ましても、幾つかの課で、あるいは係で職員不足が生じております。しかも、パート職の充当をと考えていましたら、そのパートも集まらないという、こういった現状があるわけであります。
 さらには、今年に入りましても水道課などでも長期休職者が、長期といいますのか、一定期間の休職者が出るという、今までにない、複雑な職員をめぐる状況が出てまいっております。
 こういった点では、副市長の職務というのは極めて大切でありまして、まず、市民サービスを確保するためにどうするのか、優秀な職員をきちんと適正規模で採用し、配置をし、そして職員が気持ちよく働いていただけるという、こういった職務を今後特に留意をされてやっていただきたい。
 現状は、残念ながら十分ではないというふうに認識をしておりますから、この点は特に意見として申し上げ、賛成の討論といたします。
 以上です。
○議長(近藤守彦)
 ほかにありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、討論を終わります。
 これより、議案第26号を採決いたします。
 お諮りします。議案第26号「副市長の選任について」同意を求める件は、これに同意することに賛成の方の挙手を求めます。
                  (挙手全員)
 挙手全員です。よって、議案第26号「副市長の選任について」同意を求める件は、これに同意することに決定いたしました。
 ただいま選任されました岡村秀人副市長から発言の申し出がありますので、発言を許可いたします。
◎副市長(岡村秀人)
 議長から発言の許可をいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいまは、副市長の選任につきまして議員各位のご同意を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 この4年間、助役、そして副市長として皆様の温かいご指導のもと市民福祉の向上にいささかなりとも寄与することができ、感謝申し上げる次第です。
 先の市長選挙におきまして、久野孝保市長も2期目として市民の審判を仰ぎ、見事当選されました。市長がマニフェストで掲げました、「ここが一番・大府市づくり」実現のため、自己の責任の重さに改めて思いをいたしながら不惜身命の気概で副市長の重責を果たしていく覚悟と決意を新たにしたところであります。
 議員各位におかれましては、今後とも一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げてごあいさつといたします。
○議長(近藤守彦)
 副市長におかれましては、より健康にご留意の上、引き続き市政発展にご尽力をお願いしたいと思います。
 以上で、今期臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 ここで、市長よりあいさつをいただきます。市長。
◎市長(久野孝保)
 平成20年大府市議会第1回臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本臨時会に提出いたしました案件につきまして、慎重審査の上、すべてお認めを賜り、まことにありがとうございました。
 これから、蒸し暑い時期になってまいりますが、皆様そろって元気に乗り切っていただき、ぜひ健やかなまちづくりにご貢献いただくことをお願い申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。
 本日はどうもありがとうございました。
○議長(近藤守彦)
 これをもって、平成20年大府市議会第1回臨時会を閉会いたします。
 ご苦労さまでございました。
               閉会 午前11時35分

   この会議録は書記の校閲したものと内容の相違ないことを証するため地方自治法
   第123条第2項の規定によりここに署名する。


              大府市議会議長    近 藤 守 彦


              11番議員       早 川 高 光


              12番議員       浅 田 茂 彦