議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 大府市

平成18年第 2回定例会−06月05日-01号




平成18年第 2回定例会

開催日:平成18年 6月 5日
会議名:平成18年第2回定例会(第1号 6月 5日)

〇(議事日程)
1 出席議員
   1番  千 賀 重 安       2番  大 西 勝 彦
   3番  高 池 文 夫       4番  森 山   守
   5番  村 上 敏 彦       6番  山 口 広 文
   7番  岩 田 守 弘       8番  上 西 正 雄
   9番  木 下 義 人      10番  浅 田 茂 彦
  11番  河 合 満智子      12番  酒 井 真 二
  13番  鈴 置 英 昭      14番  久 野 喜 孝
  15番  近 藤 守 彦      16番  鈴 木   隆
  17番  窪 地   洋      18番  金 田 隆 子
  19番  深 谷 直 史      20番  浅 田 好 弘
  21番  阪 野   隆      22番  花 井 一 雄

2 欠席議員
   な し

3 職務のため議場に出席した議会事務局職員
   事務局長      久 野 鉦 功    議事課長     加 納 俊 則
   議事係長      相 木 直 人    議事係主査    伴   則 幸

4 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者
   市長        久 野 孝 保    助役       岡 村 秀 人
   収入役       伴   和 道    教育長      梶 谷   修
   監査委員      山 越 洋 司    企画政策部長   三 澤   誠
   企画政策部参事   伊佐治 辰 夫    総務部長     加 藤 正 一
   市民協働部長    早 川   潔    健康福祉部長   宝 泉 兵 治
   産業建設部長    伴     博    産業建設部参事  金 田 達 也
   水道部長      三 浦 末 二    教育部長     平 賀 信 一
   消防長       沓 名 保 男    企画政策部次長  宮 北 勝 彦
   総務部次長     山 内 英 道    市民協働部次長  浅 田 鈴 男
   健康福祉部次長   浜 島 則 男    産業建設部次長  吉 田 利 和
   産業建設部調整監  坂 野 信 安    産業建設部緑花推進監
                                 浅 田 春 延
   水道部次長     鈴 木   明    教育次長     鷹 羽 保 広
   監査委員事務局長  田 中   至    消防次長     浅 田 忠 夫

5 議事日程

 日 程 議案番号        件                 名

 第 1        会議録署名議員の指名
 第 2        会期の決定
 第 3 諸 報 告
     報告第 3号 例月出納検査報告について
     報告第 4号 定期監査等の報告について
     報告第 5号 専決処分の報告について(損害賠償)
     報告第 6号 平成17年度大府市繰越明許費繰越計算書の報告について(一
            般会計)
     報告第 7号 平成17年度大府市水道事業会計継続費繰越計算書の報告につ
            いて
     報告第 8号 大府市土地開発公社の経営状況報告について
 第 4 議案第41号 大府市税条例の一部改正について
 第 5 議案第42号 大府市乳幼児医療費助成に関する条例等の一部改正について
 第 6 議案第43号 大府市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
 第 7 議案第44号 大府市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の
            一部改正について
 第 8 議案第45号 平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)
 第 9 議案第46号 平成18年度大府市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1
            号)
 第10 議案第47号 損害賠償の額の決定及び和解について
 第11 議案第48号 工事請負契約の締結について
 第12 議案第45号 平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)
 第13 議案第47号 損害賠償の額の決定及び和解について

6 会議に附した事件
  議事日程と同じである。



○議長(阪野隆)
 皆さん、おはようございます。ただいまの出席議員は、22名で定足数に達しております。よって、平成18年大府市議会第2回定例会は成立しますので、開会します。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程につきましては、お手元に配布しました日程表により進めたいと思いますので、よろしくお願いします。
 議案説明のため、地方自治法第121条の規定により、市長以下関係職員の出席を求めましたので、ご報告します。
 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、議長において1番・千賀重安議員及び2番・大西勝彦議員を指名します。
 日程第2、「会期の決定」を議題とします。
 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から6月23日までの19日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、会期は、19日間と決定しました。
 会議に先立ち、市長よりあいさつをいただきます。市長。
               (市長・久野孝保・登壇)
◎市長(久野孝保)
 平成18年大府市議会第2回定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 日ごろは大府市政にご理解、ご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 今日は梅雨の走りのようなお天気で寒いのか暑いのかよくわかりませんが、皆様の服装にもあらわれている気がいたします。昨日は好天の中、消防団操法大会が開催されまして、練習の成果を十二分に発揮され、今年は共和分団が優勝されました。来る7月22日に横根の多目的グラウンドで開催される愛知県消防操法大会に出場することとなります。地元開催ということですので、ぜひ皆様にも激励をお願いしたいと思います。
 さて、本議会へご提出申し上げます案件につきましては、報告6件、条例の一部改正4件、補正予算2件、その他案件2件です。また、後日案件ですが、その他案件を2件予定させていただいております。慎重審査の上、お認め賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 日程第3、「諸報告」を行います。お手元に報告書第3号から第7号までの写しが配布してあります。
 なお、報告第8号は事前配布しましたので、よろしくお願いします。
 それでは、報告第3号及び第4号について監査委員から補足説明をお願いします。代表監査委員。
◎監査委員(山越洋司)
 議長のご指名がありましたので、報告第3号及び第4号について補足説明を申し上げます。
 まず、報告第3号は、地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月出納検査を実施したもので、同条第3項の規定により、その結果を報告するものでございます。
 内容につきましては、報告書の検査の対象欄に記載されておりますように、平成17年度2月分、3月分及び出納整理期間中の4月分並びに平成18年度4月分の現金の出納を、それぞれの時期に理事者及び関係部課長等の出席を得まして、関係帳簿と指定金融機関等の残高証明により、照合調査したものでございます。
 この結果につきましては、一般会計、特別会計及び水道事業会計の歳入歳出及び収支につきましては、正当な処理であることを認めるものでございます。
 以下は、検査にあたりましての資料の計数でございますので、ご一読いただきたいと思います。
 次に、報告第4号は、地方自治法第199条第4項及び第7項の規定に基づき監査を実施したもので、同条第9項の規定により、その結果を報告するものでございます。
 内容につきましては、市民協働部の協働促進課、生活安全課及び青少年女性課、健康福祉部の児童課、健康推進課、児童課の施設であります大府保育園、柊山保育園、北崎保育園、吉田保育園、吉田児童老人福祉センター及び石ヶ瀬児童老人福祉センター、水道部の水道課並びに議会事務局の議事課につきまして第199条第4項に基づく監査を実施したものでございます。また、同条第7項に基づきまして財政援助団体であります社会福祉法人東光会共和保育園につきまして監査を実施したものでございます。
 監査の結果につきましては、おおむね良好な処理であると認めたものでございますが、詳細については報告書のとおりでございますので、ご一読いただきたいと思います。
 以上簡単でありますが、これで補足説明を終わります。
○議長(阪野隆)
 次に、報告第5号から報告第8号までについて、順次、報告者から補足説明をお願いします。
健康福祉部長。
◎健康福祉部長(宝泉兵治)
 報告第5号は、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、議会の指定した専決処分事項につきまして専決処分をいたしましたもので、同条第2項の規定により報告するものでございます。
 内容につきましてご説明いたします。
 平成18年4月21日午前10時ごろ、刈谷市銀座4丁目地内の三菱東京UFJ銀行刈谷支店の駐車場において、本市の職員が公用車を運転し、駐車しようとしたところ、公用車の右前部が駐車中の軽自動車に衝突し、その弾みで衝突された軽自動車の右後部が隣に駐車中の被害者の所有する軽自動車に接触し、当該軽自動車の右側運転席ドア及び右後部を損傷させる事故が発生いたしました。
 この事故につきましては、被害者との示談が成立し、被害者に対する市の損害賠償額を30万7,233円と定め、賠償いたすものでございます。
 なお、関係職員には、今後このような事故を起こさないよう十分注意するよう指示し、職員の交通安全に対する意識の一層の向上を図ってまいります。
 以上で報告を終わります。
○議長(阪野隆)
 企画政策部長。
◎企画政策部長(三澤誠)
 報告第6号「平成17年度大府市繰越明許費繰越計算書の報告について」、補足説明を申し上げます。
 平成17年度大府市一般会計予算に定める繰越明許費に係る歳出予算の経費を平成18年度に繰り越しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越計算書を調製し、議会に報告いたすものでございます。
 繰越明許費の対象事業は、幹線道路整備事業でございます。
 繰越額及び財源内訳につきましては、繰越計算書をご覧いただきたいと存じます。
 これで補足説明を終わらせていただきます。
○議長(阪野隆)
 水道部長。
◎水道部長(三浦末二)
 報告第7号「平成17年度大府市水道事業会計継続費繰越計算書の報告について」、補足説明を申し上げます。
 平成17年度大府市水道事業会計予算に定める継続費に係る経費を平成18年度に繰り越しましたので、地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により、繰越計算書を調製し、議会に報告するものでございます。
 継続費の対象事業は、長草配水場建設事業でございます。
 詳細につきましては、繰越計算書をご覧いただきたいと存じます。
 これで補足説明を終わらせていただきます。
○議長(阪野隆)
 産業建設部長。
◎産業建設部長(伴博)
 報告第8号「大府市土地開発公社の経営状況報告について」、補足説明を申し上げます。
 地方自治法第243条の3第2項及び同法施行令第173条第1項の規定に基づき、大府市土地開発公社の平成17年度決算並びに平成18年度事業計画等について、議会に報告いたすものでございます。
 まず、平成17年度決算につきましては、大府市横根多目的コート用地始め4事業の用地取得及び江端地区住宅用地始め11事業の処分を実施いたしました。事業概要は事業報告書に、経理内容は決算報告書に、経営成績は損益計算書に、財政状況は貸借対照表にそれぞれ表したとおりでございます。
 次に、平成18年度事業計画でございますが、新駅設置(軌道敷)用地始め4事業の用地取得及び大府市民体育館駐車場用地の処分を計画しております。
 なお、過日の大府市土地開発公社理事会におきまして、決算については認定、事業計画については原案可決されております。
 詳細につきましては、報告書をご一読くださいますようお願い申し上げます。
 これで補足説明を終わらせていただきます。
○議長(阪野隆)
 6番・山口広文議員。
◆6番議員(山口広文)
 6番、山口です。今、開発公社の経営状況についての報告と、あと計画がございましたけれども、まず、報告書の21ページの事業別費用収益明細書の中で、第1点目に出ております公共用地先行取得の関係についてお尋ねするわけであります。大府東浦線を想定して先行取得が平成3年にされておるわけでありますけれども、健康の森の計画事業は、当初は健康の森開発関係の100ヘクタールを想定した大府東浦線の築造が取り組まれておったわけでありますけれど、御承知のように最近の状況を見ましても、現50ヘクタール以外は残念ながら見通しは率直に言って厳しいと。事実上、できないではないかというこういう話も言われております。この道路用地は、当初100ヘクタールの開発を想定した道路建設をしようということで、従来でありますと、愛知県が本来先行取得すべき土地だということでありますけれども、大府市の開発公社が一部買ったというこういった経過があります。
 そこで、平成3年当時は、それ、いけいけどんどんで、健康の森構想そのものもかなり実現性が高いという状況があったでしょうけれども、現時点で見ますと、御承知のように非常に難しい状況の中で、大府市東浦線そのもの、特に大高から長草、森岡町を経て健康の森に至るこの区間の部分については、残念ながら厳しい率直な状況でありますね。当時は、いわゆるいろんな事情があって、市が先行取得をせざるを得ないという、調査をしますと状況があったようですから、そのことを言っているわけでありませんけれども、問題は、やはり事実上、この都市計画道路そのものが暗礁に乗り上げ、実現しても非常に、事実上できないような状況の中で、開発公社が先行取得いたしましたこの路線の用地ですね、例えばこの大府東浦線でありますと、4筆ほどここにありますけれども、例えば、長草町東忍場の地域で言いますと、約450ヘクタール、当時取得価格が2,200万、4,400万という数字が、その後のいわゆる金利などの上積みによりまして、現在では6,500万前後の価格になっているところであります。
 問題は開発公社、これは行政の指示で当然動いている状況でありまして、今後どうするかということが今行政、これはむしろ行政に課せられた課題だろうと。いつまでも持っておりますと、これは雪だるまのように金利がかさんで利用ができない土地にほぼなっているというこういう現状ではないかと思います。ここの部分については、これは公社だけではなく、通常、事業課が先行取得の指示をいたすわけですから、見通しをやはりどう見ているかということが一つありまして、それと同時に、この塩漬け土地がさらに膨れ上がっていくとこういった部分については、今後どういう対策をとるかということが問われているかと思います。ここでは、型通り県に要請しますという答弁だけでは困るんです。やはり見通しを明確に定めて、どう大府市が開発公社を含めて手を打つかということが、貴重な市民の税金がやはり投入されているわけでありまして、これは、やはり判断をする時期が来ているのではないかというふうに思いますから、この点について、今の状況把握と、今後どうしていくかという点について、お尋ねいたします。
○議長(阪野隆)
 お答え願います。産業建設部次長。
◎産業建設部次長(吉田利和)
 それでは、ただいまの大府東浦線4筆の今後の対策ということについてお答えしたいと思います。
 実は、先ほどの3月議会で前白木参事が大府市の道路のネットワークについて、熱い思いを語られました。現在、愛知県において都市計画道路の見直しについては、順次作業が進んでおりますが、4車の都計道路についてはそのままということでございます。それで、大府市の骨格軸をなす道路として、北側の国道23号、302号、そして瀬戸大府東海と一部並行して走ってます国道155号、これが南側にあるわけですけれども、この二つの幹線道路をいかに南北軸で結んでいくかというのが、非常に大きな問題であるということが言われております。東の方では、名古屋刈谷線、名刈線ですね、これプラス366号ということでございます。西側の大きな骨格軸を受け持つのがこの大府東浦線であるということでございます。そのときに参事も言ってみえましたけど、現在、大府市内で国道366バイパス、衣浦西部線、それと瀬戸大府東海線、それに加えまして、今荒尾大府線、この3路線が集中的に財源を投入して実施されております。実質的には、この大府東浦線はその後になるかと思いますけれども、大府東浦線自体は、非常に大府市の道路行政の根幹をなすネットワークの重要路線というふうに考えておりますので、今後とも折を見ながら、強力的に用地の先行取得した部分については県へ買い上げていただくと同時に、早期に大府東浦線の事業再開について要請してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いします。
○議長(阪野隆)
 6番・山口広文議員。
◆6番議員(山口広文)
 私の質問の部分で答えてない部分があるわけでありますけれども、もともと大府東浦線は私ども大府市の今の思いと、当時、都市計画決定をした思いとはやはり変わってきておるんですね。健康の森の開発計画そのものが、当時で行けば、年間300万人の利用者を、車で行けば道路を拡張して誘導していくという政策的な部分がありまして、用地の買収にも入っておるわけでありますけれども、県でいえば、ここの部分がさらに当初計画に従って進まない限りは、県下たくさんのやはり必要道路の予定地があるわけでありまして、市長や今答えた次長、我々も含めてとても在職中に見通しが出てくるという話にはならないのではないですか。ですから、まずは、愛知県が健康の森構想について、当初計画に沿ったのをあきらめず、今着々と財政事情はあるけれども、この時点ぐらいになったら、いわゆるめが出てくるよと、姿がまた出てくるよということがあれば、今のお答えはわかるわけでありますけれども、県のやはり計画、まず本体の計画そのものが残念ながらそういった方向に行ってないと、こういう認識をすれば、大府市がやはり骨格軸の道路を願っていても、単独買収で建設すれば別でありますけれども、膨大な経費が当然かかってくるわけでありまして、そこをやはり踏まえてのお答えのか。ちょうどそのやはり本体にかかわる部分の答弁もされておりませんでして、これは、後々にそういった点では問題を残すということを持ったまま、人が変わっていくということでは、やはり問題が多かろうと。問題にやはり今の到達状況をしっかり把握をして、大府市の思いだけでなく、県の出方についても、そういった点ではしっかり見据えないと、事実上難しいのではないかという気がいたすわけでありますけれども、この点の答弁がされておりませんから、お答え願います。
 そして、もし万が一、県がこの都市計画決定を、私は、残念ながら今の段階では事実上凍結、あるいはペケになりかかっているというふうに思っているわけでありますけれども、そうした場合は、こういったやはり大府東浦線の用地の先行取得した部分の責任をどこがとるのかと。愛知県は、じゃ、大府東浦線をつくりますから、これはそのしかるべき時期にちゃんと大府市さんから買い上げますよと、こういった約束事が当時されているのかどうか。この点についてもあわせてお答えください。
 以上です。
○議長(阪野隆)
 お答え願います。産業建設部次長。
◎産業建設部次長(吉田利和)
 先行用地した事業地について、県が買い戻す時期とか、それについての明確な文書での取り交わしはやられておりませんけれども、実際、先ほど問題になっております長草町の東忍場の3につきましては、平成2年の段階で地権者から愛知県知事に対して、土地売買等の届け出書が出ております。そのときの計画といたしましては、ここは市街化区域、第1種、現在ですと、第1種住居地域でございますけれども、この地域に分譲住宅を2軒建てたいとそういう趣旨のもとに土地の売買申し出がされております。当時ですと、南の方の155号から南の方は順次買っておったわけですけれども、路線としては木の山からそちらの方へつなぐ路線が一本ですので、それについては、大府市としても分譲住宅が建てられると、その後の対応が難しいということで、先行取得を県に相談しながらやってきたというふうに伺っております。
 なお、道路の築造につきましては、国土交通省が最近中期ビジョン案というのを出しております。10年間で58兆円の道路整備費を投入していこうという計画のもとに、真に必要な道路については今後も計画的に進めると、こういう基本的な姿勢を持ちながら、現在の供用中の道路、それと新たな道路整備について、渋滞の緩和、もしくは解消、著しいあい路の解消と、こういうことについて計画的に財源を投入していこうという道路整備の基本路線は変わっておりません。ですから、先ほど申し上げましたように、大府市で現在県が実施している3路線、これを重点的にできるだけ早期に解決しながら、その後にやはり大府東浦線を実施していただきたいと。大府東浦線は大府市にとって非常に道路のネットワーク構成上、重要路線であるという認識を掲示しながら、継続しながらお願いしていくという姿勢でいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(阪野隆)
 日程第4、議案第41号「大府市税条例の一部改正について」から日程第7、議案第44号「大府市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」までを会議規則第34条の規定により一括議題とします。
 議案の朗読を省略し、順次、提出者から提案理由の説明を求めます。総務部長。
◎総務部長(加藤正一)
 議案第41号「大府市税条例の一部改正について」、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、地方税法等の一部を改正する法律の公布に伴い、条例を改正するものでございます。
 内容につきましてご説明いたします。
 最初に、個人市民税に関するものでございますが、第1点目は、三位一体改革の一環として個人の所得課税に係る国から地方への税源移譲に伴う税率の見直し等でございます。個人市民税の所得割の税率の見直しにつきましては、適用課税所得の額により3段階あった税率を、一律6パーセントに統一するものであり、県民税も一律4パーセントに統一し、あわせて個人住民税を10パーセントとするものでございます。あわせて、個人市民税と所得税の人的控除額の差に基づく負担増を調整するため、調整控除を創設し、個々の納税者の負担が変わらないように措置するもので、平成19年度分の個人市民税から適用するものでございます。
 次に、住宅借入金等特別税控除の創設でございます。所得税における住宅借入金等特別税控除について、税源移譲前の所得税額において控除することができた額と同等の負担減となるように、翌年度の個人市民税の所得割の額から控除するものでございまして、平成20年度分から平成28年度分までの個人市民税に適用するものでございます。
 次に、分離課税等に係る個人市民税の所得割の税率の見直しでございまして、県民税との配分割合を原則的に、市2、県1から市3、県2とするもので、平成19年度分の個人市民税から適用するものでございます。
 2点目は、定率減税の廃止でございまして、個人市民税の所得割の額の7.5パーセント相当額を税額から控除する特例措置を廃止するもので、平成19年度分の個人市民税から適用するものでございます。
 3点目は、地震保険料控除の創設でございまして、現行の損害保険料控除を改組し、支払った地震保険料の2分の1の額を総所得金額等から控除するもので、平成20年度分の個人市民税から適用するものでございます。
 最後に、たばこ税に関するものにつきましては、平成18年7月1日以後の売渡し等に係る分から税率を引き上げるもので、旧3級品以外の製造たばこは1,000本につき2,977円から3,298円に、旧3級品の製造たばこは1,412円から1,564円にするものでございます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(宝泉兵治)
 議案第42「大府市乳幼児医療費助成に関する条例等の一部改正について」、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、愛知県が福祉医療制度において居住地特例を実施することに伴い、条例を改正するものでございます。
 内容につきましてご説明いたします。
 第1条では、乳幼児医療費、第2条では、母子家庭等医療費、第3条では、老人医療費、第4条では、心身障害者医療費について、それぞれ受給資格者等が病院等に入院等をしたことにより住所を変更した場合において、入院等をする前に他の市町村に住所があった場合については、その前住所地の市町村が引き続き医療費の助成を行う旨の居住地特例の規定を追加するものでございます。
 施行期日につきましては、平成18年8月1日でございますが、受給者証の交付その他この条例を施行するために必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる旨の規定につきましては、公布の日でございます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 消防長。
◎消防長(沓名保男)
 議案第43号及び議案第44号につきまして、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 まず、議案第43号「大府市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」であります。
 提案理由といたしましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令の施行に伴い、条例を改正するものでございます。
 内容につきましては、非常勤消防団員等に対する損害補償の適正化を図るため、補償基礎額及び介護補償の額を改定するものでございます。
 補償基礎額につきましては、非常勤消防団員等にあっては勤務年数20年以上の団長及び副団長を除いて、階級及び勤務年数の区分に応じ、消防作業従事者等にあっては最低額をそれぞれ引き下げるものでございます。また、配偶者に係る扶養加算額につきましても引下げを行うものでございます。
 介護補償の額につきましても、一定の引下げを行うもので、平成18年7月1日から施行し、同日前に支給すべき事由の生じた損害補償並びに平成18年6月分以前の月分の傷病補償年金、障害補償年金及び遺族補償年金については、従前の例によることとしたものでございます。
 次に、議案第44号「大府市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」であります。
 提案理由といたしましては、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行に伴い、条例を改正するものでございます。
 内容につきましては、非常勤消防団員の処遇の改善を図るため、勤務年数が10年以上25年未満の分団長、副分団長、部長及び班長について退職報償金の支給額をそれぞれ2,000円引き上げるものでございます。
 施行期日につきましては、公布の日とし、平成18年4月1日以後に退職した非常勤消防団員について適用するものでございます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 これより質疑に入ります。
 まず、議案第41号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、次に、議案第42号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、次に、議案第43号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、次に、議案第44号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。議案第41号から議案第44号までについては、会議規則第36条第1項の規定により、議事日程の記載のとおり、各常任委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第41号「大府市税条例の一部改正について」から議案第44号「大府市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」までを、議事日程に記載のとおり各常任委員会に付託することに決定しました。
 日程第8、議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」及び日程第9、議案第46号「平成18年度大府市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)」を会議規則第34条の規定により一括議題とします。
 議案の朗読を省略し、順次、提出者から提案理由の説明を求めます。企画政策部長。
◎企画政策部長(三澤誠)
 議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」につきまして、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、地方自治法第218条第1項の規定に基づきまして補正予算を調製し、議会に提出するものでございます。
 歳入歳出補正予算額は、360万円の増額で、補正後の予算総額は、221億4,060万円となるものでございます。
 歳出予算の主な内容といたしましては、指定寄附金による緑化基金積立金を新たに計上するほか、議案第47号でご説明いたします自動車事故に係る賠償金を始め、指定寄附金による少年少女発明クラブ交付金、小学校施設用備品購入費及び中学校施設用備品購入費をそれぞれ増額するものでございます。
 歳入予算といたしましては、指定寄附金として少年少女発明クラブ運営寄附金、緑化事業寄附金及び学校教育事業寄附金を新たに計上するほか、諸収入として全国市有物件災害共済会共済金等を増額するものでございます。
 詳細につきましては、補正予算の概要を参考にしていただきたいと存じます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(宝泉兵治)
 議案第46号「平成18年度大府市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)」につきまして、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、地方自治法第218条第1項の規定に基づきまして補正予算を調製し、議会に提出するものでございます。
 歳入歳出補正予算額は、1,289万円の増額で、補正後の予算総額は、43億1,741万円となるものでございます。
 補正内容につきましては、歳出予算では、老人保健システム改修委託料を新たに計上するほか、平成17年度の医療費に対する支払基金交付金及び県支出金を返還するための国県支出金等返還金を増額するものでございます。
 また、歳入予算では、前年度繰越金を増額するものでございます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 これより質疑に入ります。
 まず、議案第45号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、次に、議案第46号について質疑を行います。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。議案第45号及び議案第46号については、会議規則第36条第1項の規定により、議事日程に記載のとおり、各常任委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」及び議案第46号「平成18年度大府市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)」については、議事日程の記載のとおり各常任委員会に付託することに決定しました。
 日程第10、議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」を議題とします。
 議案の朗読を省略し、提出者から提案理由の説明を求めます。健康福祉部長。
◎健康福祉部長(宝泉兵治)
 議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、自動車事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。
 内容についてご説明いたします。
 平成18年4月21日午前10時ごろ、刈谷市銀座4丁目地内の三菱東京UFJ銀行刈谷支店の駐車場において、本市の職員が公用車を運転し、駐車しようとしたところ、公用車の右前部が駐車中の被害者の所有する軽自動車に衝突し、その弾みで当該軽自動車が隣に駐車中の別の軽自動車に接触し、被害者の所有する軽自動車の左後部及び右後部を損傷させる事故が発生いたしました。
 この事故につきましては、被害者に対する市の損害賠償額を68万円と定め、賠償いたすものでございます。
 なお、関係職員には、今後このような事故を起こさないよう十分注意するよう指示し、職員の交通安全に対する意識の一層の向上を図ってまいります。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。議案第47号については、会議規則第36条第1項の規定により、厚生文教委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」は、厚生文教委員会に付託することに決定しました。
 日程第11、議案第48号「工事請負契約の締結について」を議題とします。
 議案の朗読を省略し、提出者から提案理由の説明を求めます。健康福祉部長。
◎健康福祉部長(宝泉兵治)
 議案第48号「工事請負契約の締結について」、提案理由並びに内容の説明を申し上げます。
 提案理由といたしましては、新若宮保育園建設工事(建築工事)について、工事請負契約を締結するため、大府市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。
 内容につきましては、建築年数の経過により老朽化した若宮保育園を大府市森岡町尾坂田地内に移転し、建設する建築工事でございます。
 契約の方法は、指名競争入札とし、去る5月15日に実施しました結果、株式会社伊藤工務店大府営業所が落札いたしましたので、同社を契約の相手方とし、1億9,204万5,000円で工事請負契約を締結するものでございます。
 これで提案理由並びに内容の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(阪野隆)
 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。6番・山口広文議員。
◆6番議員(山口広文)
 具体的な話はまた委員会ですけれども、今年度に入りましても大府市の、特に建築工事の落札価格が非常に高いという印象を持つわけであります。本議案は、たしか98パーセントを超えているというこういった実態ではないかと思っております。いろいろ97、8を超えるなんていうのは、世間では談合が当然あっただろうと、こういうことがよく言われておるわけでありますけれども、ちょうど国会の場でも、今、官製談合防止法の実は法案の提出がされて、これは与党や民主党も含めて、一連のいわゆる税処理事件だとか、防衛庁事件なども受けて法改正を取り組むという、こういうことになっておるわけでありますけれども、地方自治体については、特別にやはり情報だとか、そういうものがなかなか表へ出てきませんけれども、大府市も含めて地方自治体では、いわゆる契約における透明性だとかあるいは競争性、あるいは客観性だとか効率、公平というのが、入札における原則ではなかろうかということを思っているわけでありますけれども、この大府市のこういった今の契約方式については、いろいろ取り組んでおる部分があるわけですけれども、なかなか結果として実効が出てないというふうに見ざるを得ないわけであります。ちょうど合併協議の際にも、この3市1町のいわゆる建設工事などの方式、一般競争入札でいけば3市と東浦町が少し違っておりましたですね。今の方式、事前公表をして、指名競争入札、5億円を超えないと、いわゆる一般にはならないよと、こういういろいろ取り決めがあるわけでありますけれども、今の方式の限界が大府市では高値安定というやはり状況になっているのではないかということを指摘せざるを得ませんわけですけれど、まず問題意識として、そういった点について、この入札結果を見ながら感じているのかどうか。
 なお、どういうふうに改善していくかというのは担当部が違うわけでありますけれども、一度意見も本会議でないと聞けませんから、少し議論をしたいと。市民から見れば、よいものが安くやはりきちんと確実にやると。しかもやはり最低限を抑えているわけでありますから、透明性と経済性も含めて、より今の実態をさらに改善する必要があるというふうに思うわけでありまして、両面からそれぞれの部長からお答えいただきたい。
 以上です。
○議長(阪野隆)
 お答え願います。健康福祉部次長。
◎健康福祉部次長(浜島則男)
 今回の入札は、指名競争入札10社の中で99.39、予定額に極めて近い金額で落札されたということであります。私どもは、これは現在の社会情勢の中で、この価格が最も適正な価格でされたというふうに判断をせざるを得ないという状況であります。確かに事前に予定額を公表しておりますので、これは何回も行わずに1回で落札されたということですが、10社のうち1社が入札辞退という状況であります。どうして辞退されたかというのはわかりませんが、予定価格の中で入札ができないということで辞退されたのではないかというふうに思っております。
 以上です。
○議長(阪野隆)
 総務部次長。
◎総務部次長(山内英道)
 私どもの契約の担当ということの立場から申し上げたいと思います。いわゆる落札率の高どまりというようなご批判があるわけでございますけれども、極論で申し上げますと、いわゆる談合とおっしゃられたのと、もう一つ、対極的にダンピングがございますが、その間でもって、入札制度はいかにあるべきかというようなことで、歴史的に何といいますか、とてつもなく大きな課題としてこの現在の制度があるというふうに認識しております。入札制度のスタートそのものは法律的には、例の明治の会計法の制定というところで法律的には一般競争入札ということでスタートしたというふうに承知いたしておりますけれども、その後、一般競争入札で、いわゆる安かろう悪かろうという工事が続出したということで、指名競争入札の制度がつくられて、その後、一応ずっと指名競争入札が中心で流れてきておるというふうに承知しております。
 ここへきて、その指名競争入札制度のいわゆる制度疲労と申しますか、そういったことでいろんな問題があちこちで起きておると思いますけれども、談合の防止策として罰則の重課制度ですとか、1.5倍だとか、いろんな規定を打ち出しては来ておりますけれども、そういった中で、いわゆる透明性と、何といいますか談合の材料といいますか、これまで例えば業者の事前公表をやりますと、相手が全部わかる、そういったような形もございます。それから、これを事後公表に切り替えようというふうで、切り替えては来ておりますけれども、いろんな面で両極にある、先ほどから申し上げてます談合とダンピングみたいな話だとか、透明性と秘匿性の境目といいますか、そういったことで、とても難しい話だというふうに承知しておりますけれども、この4月でしたか、いわゆる住民訴訟がございまして、九州福岡だったと思いますけれども、何十億という談合の賠償金の支払命令が出たりしておりますものですから、そういった面で世間の目も、私どもの内部的な目も、そういった面で明らかな透明性を、いわゆるダンピングじゃない透明性、品質の確保が第一義でしかも廉価にというそういうことになると思いますが、その中で、忘れていけないのは、下請の方にしわ寄せがいったりそういったことのないように、それから働いてみえる方の現場の労働条件の悪化だとか、安全性の不徹底だとか、そういったしわ寄せが行かないような形で、何とかやっていきたいというふうに思っておりまして、一般競争入札の5億の金額も、これも引き下げの方向で検討しておりますものですから、そういったことでいろいろ手は打っておりますけれども、なかなか効果的なタイムリーな策は打ててないというのが現状かと思います。
 以上です。
○議長(阪野隆)
 6番・山口広文議員。
◆6番議員(山口広文)
 今回の入札結果は1回で終わりましたけれども、落とした業者と、辞退された1社ありますけれども、そのほかの会社との差が極めて幅が少ないんですね。いわゆる競争が事実上極めて働いてないなあというこういう結果ですね。これは表向きは事前に価格をきちっと設計等もありますけれども、公表しておる、これがやはり残念ながら競争性をやはり現実に奪っているのではないかという一面があるわけですね。
 先ほど答弁の中で言われたダンピングの話は、例えば、今回、10日ほど前ですか愛知県下、衣浦西部線の高架の上の部分の入札で、51パーセントというのが新聞に載っておりましたけれども、あれは50パーセントを下回ってはいけないというところのスレスレなんですけれども、逆に今、よその地方自治体でも80パーセントを超えたら、これはやはりダンピングがあるということで、ほかの影響で当然みなして調査制度を設けているところもあるわけでして、やはり正しく競争が働いて透明性が高いと、こういった部分を追求をしていかないと、なかなか大府はやっぱりよそに比べて2パーセント近く高いというのが、これ近隣との比較であるわけでして、これは、やはりすぐできるかどうかという問題がありますけれども、問題意識を持ちながら取り組んでいくというふうに認識されているのかどうか。もう一度お願いいたします。
○議長(阪野隆)
 お答え願います。総務部次長。
◎総務部次長(山内英道)
 この関係につきましては、やっぱり予定価格の設定そのものが一番問題かとは思いますけれども、私どもでは、制度的にはいわゆる指名審査委員会を通しまして、あるべき価格といいますか、適正価格というのですか、そういった特殊事情を考慮しない形のいわゆる適正価格でその予定価格を設定させていただいておりまして、全く特殊事情が存在しないとしますと、暴論と言われるかもわかりませんけれども、予定価格と同じ価格でどなたがどういうふうにご覧になっても、積算がされるというようなケースも、ちょっとほんと机上の論理ですけれども、そういったのも考えられまして、適正な予定価格の設定を一生懸命やらさせていただくことに、まずポイントがあるべきだろうというふうに考えております。
 以上です。
○議長(阪野隆)
 ほかにございませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 お諮りします。議案第48号については、会議規則第36条第1項の規定により、厚生文教委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、議案第48号「工事請負契約の締結について」は、厚生文教委員会に付託することに決定しました。
 お諮りします。ここでただいま付託されました議案第45号及び議案第47号の審査の委員会を開くためしばらく休憩したいと思います。これにご異議ございませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、休憩することに決定しました。休憩します。
               休憩 午前10時26分
               再開 午前11時17分
○議長(阪野隆)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第12、議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」を議題とします。
 本案は、各常任委員会に付託してありましたので、各常任委員会における審査の経過と結果について、各委員長の報告を求めます。
 最初に、総務委員長の報告を求めます。総務委員長。
              (総務委員長・深谷直史・登壇)
◎総務委員長(深谷直史)
 議長のご指名がありましたので、総務委員会における審査の経過と結果について報告をいたします。
 当委員会は、ただいま休憩中、午前10時30分から午前10時33分まで、委員会室2において委員7人全員が出席し、市長以下、関係職員の出席を求め開会をいたしました。
 議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」は、審査の結果、全会一致で原案を可決すべきものと決定しました。
 審査の過程において質疑応答はありませんでした。
 以上で報告を終わります。
○議長(阪野隆)
 ただいまの総務委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、厚生文教委員長の報告を求めます。厚生文教委員長。
             (厚生文教委員長・近藤守彦・登壇)
◎厚生文教委員長(近藤守彦)
 議長のご指名がありましたので、厚生文教委員会における審査の経過と結果について報告いたします。
 当委員会は、ただいま休憩中、午前10時31分から午前10時54分まで、委員会室1において委員8名全員が出席し、助役以下、関係職員の出席を求め開会いたしました。
 当委員会における以下の議案についても、開催日時及び委員の出席状況は同様でありますので、省略をさせていただきます。
 議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」は、審査の結果、全会一致で原案を可決すべきものと決定いたしました。
 審査の過程において質疑はありませんでした。
 以上で報告を終わります。
○議長(阪野隆)
 ただいまの厚生文教委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、建設消防委員長の報告を求めます。総務委員長。
             (建設消防委員長・岩田守弘・登壇)
◎建設消防委員長(岩田守弘)
 議長のご指名がありましたので、建設消防委員会における審査の経過と結果について報告します。
 当委員会は、ただいま休憩中、午前10時33分から午前10時40分まで、全員協議会室において委員7人全員が出席し、収入役以下、関係職員の出席を求め開会しました。
 議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」は、審査の結果、全会一致で原案を可決すべきものと決定しました。
 審査の過程において、特に報告するような質疑はありませんでした。
 以上で、報告を終わります。
○議長(阪野隆)
 ただいまの建設消防委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 最初に委員長報告に反対の討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、討論を終わります。
 これより議案第45号を採決します。本案に対する各委員長の報告は可決です。
 お諮りします。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
                  (挙手全員)
 挙手全員です。よって、議案第45号「平成18年度大府市一般会計補正予算(第2号)」は、原案のとおり可決されました。
 日程第13、議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」を議題とします。
 本案は、厚生文教委員会に付託してありましたので、厚生文教委員会における審査の経過と結果について、厚生文教委員長の報告を求めます。厚生文教委員長。
             (厚生文教委員長・近藤守彦・登壇)
◎厚生文教委員長(近藤守彦)
 議長のご指名がありましたので、厚生文教委員会における審査の経過と結果について報告いたします。
 議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」は、審査の結果、全会一致で原案を可決すべきものと決定しました。
 審査の過程における質疑応答のうち、主なものを簡潔に報告いたします。
 問い、事故の状況について、当該職員に過労等の理由があったのか。
 答え、職員の前日の内容については把握していないが、業務の負担が大きいとは考えていない。本人からは、当日体調不良であったと聞いている。
 問い、管理者として、職員の安全管理及び啓蒙、啓発を徹底すべきだと思うが。
 答え、職員に対する、啓蒙啓発については、平成14年及び16年に、東海警察署の警察官による研修を実施している。本年については、来月に全職員を対象とした、交通安全研修を予定している。
 以上で報告を終わります。
○議長(阪野隆)
 ただいまの厚生文教委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、以上で質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 最初に委員長報告に反対の討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
 ないようですので、討論を終わります。
 これより議案第47号を採決します。本案に対する委員長の報告は可決です。
 お諮りします。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
                   (挙手全員)
 挙手全員です。よって、議案第47号「損害賠償の額の決定及び和解について」は、原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。明日6月6日から12日までの7日間は休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、明日6月6日から12日までの7日間は休会とすることに決定しました。
 来る6月13日は、午前9時30分から本会議を開き、一般質問を行います。
 本日はこれにて散会します。
 御苦労さんでございました。
               散会 午前11時26分