議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東海市

平成21年 9月定例会 (第1日 9月 1日)




平成21年 9月定例会 (第1日 9月 1日)




平成21年9月1日






1 出席議員(24人)


   1番  村 瀬 進 治          2番  阿 部 健 雄


   3番  杉 江 良 男          4番  足 立 光 則


   5番  佐 野 義 一          6番  早 川   彰


   7番  本 田 博 信          8番  辻 井 タカ子


   9番  田 中 雅 章         10番  早 川 直 久


  11番  笹 本   洋         12番  川 ?   一


  13番  神 野 久美子         14番  石 丸 喜久雄


  15番  粟 野 文 子         16番  井 上 正 人


  17番  眞 下 敏 彦         18番  斉 藤   誠


  19番  東 川 春 近         20番  米 山 カヨ子


  21番  加 藤 菊 信         22番  菊 地 隆 夫


  23番  鈴 木 秀 幸         24番  山 口   清





2 欠席議員


   な  し





3 職務のため議場に出席した議会事務局職員


  議会事務局長  浅 野   直     議事課長    熊 谷 和 彦


  議事課主幹   若 狭 明 朗





4 説明のため議場に出席した者


  市長               鈴 木 淳 雄


  副市長              深 谷 昭 夫


  教育長              加 藤 朝 夫


  総務部長             神 野 正 隆


  企画部長             近 藤 福 一


  市民福祉部長           松 木 秀 一


  環境経済部長           大 橋 昌 司


  都市建設部長           青 木   啓


  中心街整備事務所長        大 崎 隆 司


  水道部長             村 林   悟


  市民病院事務局長         小 島 正 義


  消防長              片 山 正 文


  会計管理者            北 川 憲 昭


  教育部長             近 藤 哲 夫


  総務部次長            蟹 江 博 治


  保健福祉監            鰐 部 重 久


  環境経済部次長          加 藤 英 樹


  清掃センター所長         山 口 義 晴


  都市建設部次長          三 浦 好 美


  水道部次長            佐々木 雅 敏


  教育委員会次長          奥 屋 博 康


  総務法制課長兼選挙管理委員会事務局長


                   今 頭 伝 男


  秘書課長             城 所   卓


  情報課長             森   英 夫


  清掃センター管理課長       山 田 哲 朗


  消防署警防課長          佐 藤 裕 之


  子育て支援課統括主幹       加 古 直 貴


  花と緑の推進課統括主幹      早 川 富 男


  市民病院事務局管理課統括主幹   蒲 田 重 樹





5 議事日程





┌──┬────┬──────────────────────────┬─────┐


│日程│議案番号│件           名             │ 備 考 │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 1│    │会議録署名議員の指名                │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 2│    │会期について                    │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 3│報告16│例月出納検査結果報告(6月〜8月分)        │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 4│〃 17│定期監査結果報告                  │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 5│〃 18│平成20年度東海市継続費精算報告書について     │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 6│50  │姉妹都市提携について                │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 7│51  │東海市副市長の定数を定める条例の一部改正について  │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 8│52  │東海市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する│     │


│  │    │条例の一部改正について               │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│ 9│53  │東海市国民健康保険条例の一部改正について      │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│10│54  │東海市不妊治療費の助成に関する条例の一部改正について│     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│11│55  │消防署南出張所・地域防災センター新築工事請負契約につ│     │


│  │    │いて                        │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│12│56  │愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の│     │


│  │    │数の減少及び愛知県後期高齢者医療広域連合規約の改正に│     │


│  │    │関する協議について                 │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│13│57  │横須賀保育園改築工事(建築工事)請負契約について  │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│14│58  │市道の路線廃止(その1)について          │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│15│59  │市道の路線認定(その3)について          │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│16│60  │平成21年度東海市一般会計補正予算(第3号)    │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│17│61  │平成21年度東海市国民健康保険事業特別会計補正予算(│     │


│  │    │第1号)                      │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│18│62  │平成21年度東海市太田川駅周辺土地区画整理事業特別会│     │


│  │    │計補正予算(第2号)                │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│19│63  │平成21年度東海市下水道事業特別会計補正予算(第2号│     │


│  │    │)                         │     │


├──┼────┼──────────────────────────┼─────┤


│20│64  │平成21年度東海市病院事業会計補正予算(第1号)  │日程削除 │


└──┴────┴──────────────────────────┴─────┘





6 会議に付した事件


   議事日程に同じである。





             (9月1日 午前9時30分 開会)





○議長(本田博信)


 ただいまの出席議員は24人で、定足数に達しております。


 ただいまから平成21年第3回東海市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおり進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 議案説明のため、地方自治法第121条の規定により、市長始め関係職員の出席を求めましたので、御報告申し上げます。


 会議に先立ち、市長からあいさつをいただきます。





○市長(鈴木淳雄)


 議長のお許しを得まして、開会に当たり一言ごあいさつ申し上げます。


 本日は、平成21年第3回市議会定例会をお願いいたしましたところ、議員の皆様には御多用中にもかかわらず、御出席をいただき、厚くお礼申し上げます。


 さて、今回、本定例会で御審議をお願いいたします案件は、姉妹都市提携について、平成21年度東海市一般会計補正予算(第3号)及び平成20年度東海市一般会計歳入歳出決算認定など、27件でございます。


 諸議案の内容につきましては、本日及び16日の本会議で御説明申し上げますが、何とぞよろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 これより会議に入ります。


 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、13番神野久美子議員及び14番石丸喜久雄議員を指名いたします。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 日程第2、「会期について」を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月30日までの30日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


                (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月30日までの30日間と決定しました。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 日程第3、報告第16号、「例月出納検査結果報告(6月〜8月分)」及び日程第4、報告第17号、「定期監査結果報告」を一括議題といたします。


 本2件については、監査委員より議長まで、それぞれ報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付いたしまして、報告とさせていただきます。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 日程第5、報告第18号、「平成20年度東海市継続費精算報告書について」を議題といたします。


 報告者から説明を求めます。





○市民福祉部長(松木秀一)


 ただいま上程されました平成21年報告第18号、「平成20年度東海市継続費精算報告書について」御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 一般会計第3款第2項児童福祉費、名和保育園建設事業につきましては、19年第3回定例会の補正予算(第2号)で継続費を設定いたしましたが、入札による建設工事の一部の請負額の確定により、20年第1回定例会の補正予算(第7号)で総額及び年割額を変更し、また敷地造成工事において一部工事が不要となり、残が生じたため、19年度分のうち、277万200円の逓次繰越をし、その後、21年第1回定例会の補正予算(第5号)で入札による請負額の確定により、総額及び年割額を変更し、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、6億2,581万1,300円でございます。財源内訳は、国庫支出金1億2,250万円、地方債3億5,120万円及び一般財源1億5,211万1,300円でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額の24万8,700円は、請負残により不用が生じたものでございます。





○都市建設部長(青木 啓)


 続きまして、第8款3項河川排水路費、土留木川河川改良事業につきましては、19年第4回定例会の補正予算(第5号)で継続費を設定しましたが、既存電柱の移設の遅延等により、一部工事が着手できなかったため、19年度分のうち478万円の逓次繰越をし、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、2,977万9,050円でございます。財源内訳は、全額一般財源でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額の12万950円は、請負残により不用が生じたものでございます。


 続きまして、その下、第8款4項都市計画費、大池公園管理事務所改築事業につきましては、19年第1回の定例会の当初予算で継続費を設定しましたが、建築基準法の改正に伴う事業費の増及び一部の請負額の確定により、19年第3回定例会の補正予算(第3号)及び20年第1回定例会の補正予算(第7号)で、総額及び年割額を変更し、また基礎工事にて地中からコンクリート塊が発見され、一部工事の着手ができなかったため、19年度分のうち、236万円の逓次繰越をし、その後、21年第1回定例会の補正予算(第5号)で請負額の確定により、総額及び年割額を変更し、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、2億2,926万3,800円でございます。財源内訳は、国庫支出金1億974万円、地方債8,290万円、その他として公園緑地整備基金からの繰入金2,624万3,092円及び一般財源1,038万708円でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額の1,200円は、執行残でございます。


 続きまして、その下、第8款4項都市計画費、環境保全林、これは養父新田緑地でございます。整備事業につきましては、19年第1回定例会の当初予算で継続費を設定しましたが、土地購入単価の増及び請負額の確定により、19年第3回定例会の補正予算(第2号)及び20年第1回の定例会の補正予算(第7号)で、総額及び年割額を変更し、また、地権者との交渉に期間を要し、用地買収の進行が遅れたため、19年度分のうち6,647万8,710円の逓次繰越をし、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、5億2,148万6,258円でございます。財源内訳は、国庫支出金1億6,864万円、地方債2億1,600万円、その他として公園緑地整備基金からの繰入金1億3,684万6,258円でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額の548万5,472円は執行残でございます。





○教育部長(近藤哲夫)


 続きまして、第10款第2項小学校費、緑陽小学校プール建設事業につきましては、19年第4回定例会の補正予算(第5号)で継続費を設定いたしましたが、入札による一部の請負額の確定により、20年第1回定例会の補正予算(第7号)で、総額及び年割額を変更し、また手数料の執行残が生じたため、19年度分のうち3万4,000円の逓次繰越をし、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、1億5,574万2,872円でございます。財源内訳は、国庫支出金4,279万5,000円、地方債4,410万円及び一般財源6,884万7,872円でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額98万5,128円は、請負残により、不用が生じたものでございます。


 続きまして、その下、第10款第3項中学校費、富木島中学校屋内運動場改築事業につきましては、19年専決第3号の補正予算第4号で、継続費を設定しましたが、入札による一部の請負額の確定により、20年第1回定例会の補正予算(第7号)で、総額及び年割額を変更し、また管理委託料及び工事の請負残が生じたため、19年度分のうち384円の逓次繰越をし、執行したものでございます。


 事業費の総額は、1ページから2ページの実績B欄、支出済額の計欄、4億5,688万4,585円でございます。財源内訳は、国庫支出金8,014万1,708円、地方債1億4,170万円及びその他として、義務教育施設整備基金からの繰入金2億3,504万2,877円でございます。


 右側比較欄、年割額と支出済額との差額の172万7,415円は、請負残により、不用が生じたものでございます。


 以上で、説明を終わります。





○都市建設部長(青木 啓)


 申しわけございません。一部訂正をお願いしたいと思います。


 環境保全林の説明の中の末尾で、私、右側比較欄、年割額と支出済額との差額548万5,472円と申しましたが、正しくは、548万5,742円でございました。おわびして訂正いたします。





○議長(本田博信)


 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、これで質疑を終わります。


 以上で、報告第18号の報告を終わります。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 続きまして、日程第6、議案第50号、「姉妹都市提携について」を議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 なお、説明は演壇で行ってください。


               (市長 鈴木淳雄 登壇)





○市長(鈴木淳雄)


 ただいま上程になりました議案第50号、「姉妹都市提携について」御説明を申し上げます。


 御案内のとおり、沖縄市とは旧美里村時代の職員が、旧横須賀町に研修に来られたことをきっかけに交流が深まり、長年にわたる友好関係が続いております。特に、本年度で23回目を迎えました中学生による親善交流事業は、昭和60年10月、沖縄市の教育委員が本市を訪問された際に決まった事業で、見識と資質の向上、また、相互理解を深め、現在及び未来に向けて、両市の親善を深めることを目的として、昭和62年度から生徒の代表による相互派遣が始まったものでございます。


 以来、脈々と交流が引き継がれ、平成20年度からは、将来を担う多くの子供たちに社会的視野も広めてもらいたいとの願いを込めて、中学2年生全員による沖縄体験学習として発展させたもので、平和の大切さ、自然環境や文化の違いについて身をもって体験するとともに、沖縄市の市民の皆様との交流と相互理解も飛躍的に拡大しているところでございます。


 こうした中学生を始めとして、かねてよりの市民、市議会、農業委員会、商工会議所等による人的交流の積み重ねをもとに、近年では、東海まつり、花火大会におけるエイサーの披露の定着、イベント時の特産品の相互出店、スポーツ交流など幅広い交流のすそ野がますます広がってきており、本市の発展に大きく貢献するとともに、市民の大きな盛り上がりも見られているところでございます。


 また、平成20年度には、両市の市民の安全と安心を確保するため、災害時における相互応援に関する協定を締結し、災害時における相互の応援体制と一層の信頼関係が醸成されているところでございます。


 本年度は、東海市が市制施行40周年、沖縄市が35周年という節目の年に当たります。その節目の年に当たりまして、長年にわたる交流から一歩踏み込み、両市の強い絆を基調に、相互の理解と信頼のもと、産業、文化、教育など幅広い分野でさらに交流を促進し、両市の発展と両市民の福祉の向上に資するため、姉妹都市提携の盟約を締結したいと考え、市民の代表者である市議会の皆様の御同意をいただきたく提案するものでございます。


 何とぞ全会一致の御賛同を賜りますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。よろしくお願いいたします。


               (市長 鈴木淳雄 降壇)





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 続きまして、日程第7、議案第51号、「東海市副市長の定数を定める条例の一部改正について」から日程第20、議案第64号、「平成21年度東海市病院事業会計補正予算(第1号)」までの14案を一括議題といたします。


 議事日程の順序に従い、提出者から提案理由の説明を求めます。





○企画部長(近藤福一)


 ただいま一括上程されました議案のうち、議案第51号、「東海市副市長の定数を定める条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 提案理由といたしましては、地方分権の進展に伴い、多様化する行政課題に的確かつ迅速な対応が必要であることから、副市長複数制を導入するため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 改正点は、副市長の定数の引上げで、「1人」を「2人」に改めるものでございます。


 附則は、施行期日で、この条例は平成21年10月1日から施行するものでございます。


 続きまして、議案第52号、「東海市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、副市長複数制の導入に伴い、国家公務員から引き続いて副市長となった者に対する退職手当に係る特例の規定を整備するため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 改正点は、国家公務員から引き続いて副市長となった者に対する退職手当に係る特例に関する規定を、第5条の3として追加するもので、同条第1項は、国家公務員が退職し、退職手当を支給されずに、引き続いて副市長となった場合は、その者の国家公務員としての引き続いた在職期間は、副市長としての在職期間に通算すること。


 同条第2項は、退職手当の額の算出方法に関する規定で、第1号は、副市長としての退職手当の額の算出方法について、第2号は、国家公務員としての在職期間における退職手当の額の算出方法について。


 同条第3項は、当該副市長が退職し、引き続いて国家公務員となった場合は、退職手当は支給しないことについて、それぞれ規定したものでございます。


 附則は、施行期日で、この条例は平成21年10月1日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。





○市民福祉部長(松木秀一)


 続きまして、議案第53号、「東海市国民健康保険条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案の理由は、緊急の少子化対策として、出産に係る被保険者等の経済的負担を軽減することに伴い、平成21年10月から平成23年3月までの出産に係る出産育児一時金の支給額を引き上げるため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目の別添参考資料、新旧対照表により御説明いたします。


 現行の附則を第1項とし、第2項として出産育児一時金に関する特例規定を追加するもので、被保険者が平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産したときに支給する出産育児一時金について、第5条に規定する38万円を4万円引き上げ、42万円とし、出産時の経済的負担の軽減を図るものでございます。


 附則は、施行期日で、この条例は平成21年10月1日から施行するものでございます。


 続きまして、議案第54号、「東海市不妊治療費の助成に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案の理由といたしましては、愛知県の特定不妊治療に要する費用の助成額の変更に伴い、特定不妊治療に要する費用の助成額に関する規定を整備するため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目、別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 第4条は、助成額の規定で、県の特定不妊治療に対する助成額が10万円から15万円に拡大されたことに伴い、特定不妊治療の助成額の算定に係る控除額を引き上げるもので、第3号中「10万円を控除した」を「15万円を控除した」に改めるものでございます。これによりまして、県と市を合わせた助成額は、上限が現行の20万円から25万円に拡大となるものでございます。


 附則第1項は、施行期日で、この条例は公布の日から施行するもの。


 附則第2項は、経過措置で、改正後の条例の規定は、この条例の施行の日以後に受けた治療に係る医療費について適用し、同日前に受けた治療に係る医療費については、なお従前の例によるものでございます。


 以上で、説明を終わります。





○消防長(片山正文)


 続きまして、議案第55号、「消防署南出張所・地域防災センター新築工事請負契約について」御説明申し上げます。


 契約の目的は、消防署南出張所・地域防災センター新築工事であります。


 契約の方法は、指名競争入札で、8月12日、15者による入札の結果、1億7,640万円で落札いたしました。すなわち契約金額であります。


 契約の相手方は、刈谷市幸町三丁目7番地1、株式会社伊藤工務店刈谷支店であります。


 2枚目の参考資料をご覧ください。


 工事場所は、東海市加木屋町夕霞松67、68−1であります。


 工事概要は、鉄筋コンクリート造、2階建て一部平家建て、延床面積は1,106.2平方メートルでございます。


 工期は、契約締結の日の翌日から平成22年8月31日までであります。


 支出科目は、平成21年度東海市一般会計第9款第1項第5目消防庁舎建設費で、平成21、22年度の継続事業でございます。


 設計・監理は、名古屋市中区金山二丁目8番4号、株式会社丹羽英二建築事務所であります。


 2ページをお願いします。


 工事場所の位置を示した位置図でございます。


 3ページをお願いします。


 斜線で示した部分が計画建物で、図面上が県道名古屋半田線バイパスでございます。


 4ページ、5ページは、1階及び2階の平面図で、6ページは立面図でございます。


 また、防災センターの1階に地震体験コーナーを、2階に緊急通報体験、煙避難体験、初期消火体験等を配置しております。


 なお、工事に際しましては、地域住民の方々に御迷惑をおかけすることのないよう、十分配慮してまいります。


 以上で、説明を終わります。





○市民福祉部長(松木秀一)


 続きまして、議案第56号、「愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県後期高齢者医療広域連合規約の改正に関する協議について」御説明申し上げます。


 提案の理由といたしましては、平成21年10月1日から、西春日井郡春日町を廃し、その区域を清須市に編入することに伴い、愛知県後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する必要があるため、地方自治法第291条の3第1項の規定に基づき、協議を求められたものでございます。


 2枚目をお願いいたします。


 愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少については、平成21年9月30日をもって、愛知県後期高齢者医療広域連合から西春日井郡春日町を脱退させるものとするものでございます。


 規約改正の内容につきましては、4枚目、別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 今回の改正は、編入による市町村の見直しに伴う変更で、別表第2、選挙区分2の選挙区市町村から春日町を削るものでございます。


 附則は、施行期日で、この規約は、平成21年10月1日から施行するものでございます。


 続きまして、議案第57号、「横須賀保育園改築工事(建築工事)請負契約について」御説明申し上げます。


 契約の目的は、横須賀保育園改築工事(建築工事)でございます。


 契約の方法は、指名競争入札で、去る8月12日に10者による入札の結果、1億4,175万円で落札いたしました。すなわち契約金額でございます。


 契約の相手方は、名古屋市中区栄四丁目3番26号、株式会社熊谷組名古屋支店でございます。


 2枚目の参考資料、1ページをご覧ください。


 工事場所は、東海市元浜町地内でございます。


 工事概要は、園舎改築の建築工事で、鉄骨造2階建て、延床面積752.99平方メートルであります。


 この契約は、建築工事のみで、電気設備工事等は別に発注をいたすものであります。


 工期は、契約締結の日の翌日から平成22年6月30日まででございます。


 支出科目は、平成21年度東海市一般会計継続費、第3款2項13目保育園建設費で、平成21、22年度の2ヵ年の継続事業でございます。


 次の2ページの図面をご覧ください。


 これは、工事場所の位置を示した位置図でございます。


 次に、3ページは、配置図で、斜線で示した部分が改築園舎及び既設園舎建物でございます。


 4ページは、1階平面図、その次の5ページは2階の平面図、6ページは改築園舎建物の立面図でございます。


 なお、工事に際しましては、地元町内会を始め地域住民の方々に御迷惑をおかけすることのないよう、十分注意をし、また、交通安全対策にも万全を期してまいります。


 以上で、説明を終わります。





○都市建設部長(青木 啓)


 続きまして、議案第58号、「市道の路線廃止(その1)について」を御説明申し上げます。


 2枚目の図面をご覧いただきたいと思います。


 黄色の部分、路線番号09-201社山線、10-200木廻間1号線、13-092竹ケ谷3号線、13-094竹ケ谷5号線は、開発行為に伴い、利用形態あるいは土地の形状が変更となるため、路線廃止をするものでございます。


 続きまして、議案第59号、「市道の路線認定(その3)について」御説明を申し上げます。


 3枚目の図面をお願いいたします。


 図面の上の方に記載の路線番号10-337木廻間3号線は、先ほど議案第58号、「市道の路線廃止(その1)」で御説明申し上げました廃止路線のうち、引き続き管理の必要な道路部分を引き続き市道として管理するため、路線認定をするもので、図面中央の路線番号09-603は社山1号線、その右側、路線番号09-604は社山2号線で、それぞれ開発行為に伴い廃止した路線を含め、新たに市に帰属した道路と併せてそれぞれ路線認定をするものでございます。


 開発区域内の路線番号09-605社山3号線から路線番号の09-618社山16号線の14路線は、開発行為に伴い、市に帰属した道路を市道として管理するため、それぞれ路線認定をするものでございます。


 次のページの図面の方をお願いいたします。


 路線番号13-117信濃川左岸2号線は、県事業で信濃川護岸工事の施工予定に伴いまして、堤体上の管理用道路を新たに路線認定をするものでございます。


 次のページの図面をお願いいたします。


 路線番号06-492葭野9号線は、既存の団地内道路を市道として管理するために路線認定をするものでございます。


 以上でございます。





○総務部長(神野正隆)


 続きまして、議案第60号、「平成21年度東海市一般会計補正予算(第3号)」について御説明を申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ5億4,243万2,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ409億3,217万4,000円とするものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページから4ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 5ページをお願いいたします。


 第2表継続費補正の変更は、平洲小学校屋内運動場整備事業で、外壁改修工事を追加実施するため、補正後の総額を2億1,003万円に、平成21年度の年割額を2億837万円に、加木屋小学校校舎改築事業で契約額の確定により、補正後の総額を13億1,644万1,000円に、年割額の平成21年度、5億7,688万5,000円に、平成22年度、7億3,955万円6,000円にそれぞれ変更するものでございます。


 第3表繰越明許費の子育て応援特別手当(21年度版)支給事業300万円につきましては、国の補正予算に伴う事業で、年度内に事業が完了できないため繰越明許費を設定するものでございます。


 第4表債務負担行為補正の追加は、加木屋緑地用地取得事業で、用地買収を土地開発公社へ依頼するため限度額6億円を、沖縄体験学習事業旅行業務委託料で、来年度に事業を実施するに当たり、早期に業者等を決定し、安全で確実な実施を図るため、限度額7,965万円をそれぞれ設定するものでございます。


 次の6ページの上段の表の変更は、契約額の確定により、汎用電子計算機借上料で、限度額を2億4,499万1,000円に、情報端末機借上料で、限度額を1億9,673万9,000円に、名古屋半田線南ヶ丘地区用地取得事業で、用地取得を土地開発公社へ依頼するため、期間を1年延伸し平成22年度までに、用地取得額の確定により、限度額を2,300万円に、図書管理システム借上料で、契約額の確定により、限度額を2,058万3,000円にそれぞれ変更するものでございます。


 第5表地方債補正の変更は、国庫補助金の増等に伴い、道路橋りょう事業の限度額を1億5,030万円に、都市計画事業の限度額を6億9,600万円に、消防施設整備事業の限度額を1億370万円に、義務教育施設整備事業の限度額を8億2,940万円にそれぞれ変更するものでございます。


 8ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書につきましては、主な項目の説明とさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 10ページをお願いをいたします。


 中ほど、第13款国庫支出金、第2項1目民生費国庫補助金1億4,734万円の追加は、2節児童福祉費補助金で、国の補正予算による子育て応援特別手当(21年度版)交付金1億2,780万円及び子育て応援特別手当(21年度版)事務取扱交付金643万円の増等によるもの。


 4目土木費国庫補助金3億7,902万3,000円の追加は、補助内示額の増により、1節道路橋りょう費補助金で、細田3号線整備事業に対するまちづくり交付金1億2,654万円の増、2節都市計画費補助金で、加木屋緑地整備事業等に対するまちづくり交付金2億2,252万円の増。


 13ページをお願いいたします。


 名古屋半田線整備事業に対する街路事業費補助金1,650万円の増等によるもの。


 5目教育費国庫補助金3億4,240万3,000円の追加は、2節小学校費補助金で、小学校耐震補強工事に対する安全・安心な学校づくり交付金2億4,940万2,000円の増、小学校の地デジ対応テレビの購入に対する学校情報通信技術環境整備事業費補助金4,836万円の新規計上。3節中学校費補助金で、中学校耐震補強工事及び加木屋中学校の国の補正予算による太陽光発電導入事業に対する安全・安心な学校づくり交付金3,349万8,000円の増等によるもの。


 7目消防費国庫補助金7,689万4,000円の追加は、消防署南出張所建設事業に対する国の補正予算で創設された地域活性化・経済危機対策交付金5,739万4,000円の新規計上及びまちづくり交付金1,950万円の増によるもの。


 14ページをお願いいたします。


 第14款県支出金、第2項5目商工費県補助金1,638万円、6目土木費県補助金2,055万2,000円及び7目消防費県補助金249万8,000円のそれぞれの追加は、緊急雇用創出事業の実施に伴うものでございます。


 第16款寄附金、第1項2目民生費寄附金20万円の新規計上は匿名の方から、3目教育費寄附金20万円の新規計上は東海遊船組合からそれぞれ御寄附があったものでございます。


 第17款繰入金、第1項6目義務教育施設整備基金繰入金7億3,910万1,000円の減額は、国庫補助金の増等によるものでございます。


 16ページをお願いをいたします。


 第18款第1項1目繰越金6億3,719万3,000円の追加は、前年度繰越金で平成20年度決算額の確定によるものでございます。


 第20款市債、第1項2目土木債5,280万円及び3目消防債6,010万円の減額は、国庫補助金の増に伴うもの。


 4目教育債2億4,500万円の減額は、国庫補助金の増及び事業費の減等によるものでございます。


 続きまして、18ページ、歳出をお願いをいたします。


 第2款総務費、第1項1目一般管理費850万9,000円の追加は、副市長の複数制導入によるもの。


 7目企画費831万5,000円の追加は、沖縄市との姉妹都市提携に伴う沖縄市での調印式及び本市での祝賀会等を実施するもの。


 20ページをお願いいたします。


 中ほどより下、第2項1目徴税費7,000万円の追加は、急激な景気悪化に伴う法人市民税の還付金及び加算金の増加によるもの。


 22ページをお願いいたします。


 中ほど、第3款民生費、第1項1目社会福祉総務費625万円の追加は、主に国の補正予算による離職者に対する住宅手当緊急特別措置事業を実施するもの。


 9目しあわせ村管理費870万円の追加は、温浴施設の排水ポンプ及び入退場ゲートを更新するもの。


 第2項1目児童福祉総務費723万円の追加は、主に18節の事務用備品200万円及び20節の父子家庭児童扶養手当281万円の新規計上で、市単独事業として父子家庭に対して児童扶養手当相当額を支給する制度を創設するもの。


 24ページをお願いいたします。


 11目肢体不自由児通園施設費20万円の追加は、匿名の方からの寄附により、暗幕カーテンを購入するもの。


 12目子育て応援特別手当費1億3,423万円の追加は、国の補正予算による子育て応援特別手当(21年度版)支給事業を実施するもの。


 第4款衛生費、第1項1目保健衛生総務費1億5,202万円の追加は、主に28節の病院事業会計繰出金1億5,000万円の増額で、入院診療の大幅な収益減に対応するため、収益的収入支出不足額の一部を補助するもの。


 2目健康増進費621万円の追加は、国の補正予算による特定年齢の女性に対する子宮がん・乳がん検診の無料化を実施するもの。


 26ページをお願いいたします。


 5目予防費643万円の追加は、主に13節の予防接種委託料503万円の増額で、日本脳炎の新ワクチン接種が開始されたことに伴う接種者の増によるもの。


 第2項1目公害対策費1,006万8,000円の追加は、主に19節の太陽光発電システム設置促進費補助金800万円の増額で、補助申請件数の増等によるもの。


 第6款農林水産業費、第1項6目農地費930万円の追加は、主に15節の用水機場整備工事772万円の新規計上で、県の補助採択された後浜川南新田及び川北新田並びに国の補正予算による養父新田の各用水機場整備事業を実施するもの。


 28ページをお願いいたします。


 第7款商工費、第1項2目商工振興費1,566万円の追加は、緊急雇用創出事業として市内事業所情報収集及びアンケート調査等を実施するもの。


 第8款土木費、第2項2目道路橋りょう維持費1億円の追加は、生活道路整備の促進を図るもの。


 3目道路新設改良費9,785万4,000円の追加は、15節の道路改良工事1,400万円の増額で、名和町緑陽台地内の未認定道路を整備するもの。17節の土地購入費8,385万4,000円の増額で、細田3号線道路新設改良事業の事業進捗を図るもの。


 第3項2目河川排水路維持費3,500万円の追加は、生活用排水路の整備促進を図るもの。


 30ページをお願いいたします。


 第4項1目都市計画総務費1,518万3,000円の追加は、主に13節の屋外広告物現地調査等委託料(緊急雇用)1,138万3,000円の新規計上で、緊急雇用創出事業として違法広告物の現地調査及び資料整理など等を実施するもの。


 2目土地区画整理費8,500万円の追加は、太田川駅周辺土地区画整理事業特別会計繰出金で、事業費の増によるもの。


 3目街路事業費9,000万円の追加は、15節街路改良工事9,800万円の増額で、名古屋半田線街路新設改良事業の舗装の仕様変更によるもの。17節の土地購入費800万円の減額で、名古屋半田線南ヶ丘地区用地の市の直接買収額の減によるもの。


 5目下水道費789万円の追加は、下水道事業特別会計繰出金で、事業費の増等によるもの。


 8目公園建設費1億9,685万円の追加は、加木屋緑地整備事業の事業進捗を図るもの。


 32ページをお願いいたします。


 第10款教育費、第1項4目奨学費922万円の追加は、幼稚園就園奨励費補助金で、補助単価の増等によるもの。


 第2項1目学校管理費2億5,548万3,000円の減額の内訳は、13節の監理委託料37万円の増額で、平洲小学校屋内運動場整備事業において、外壁改修工事を追加するもの。設計委託料540万円の増額で、横須賀小学校始め2校の太陽光発電導入事業及び平洲小学校の普通教室転用のための設計を実施するもの。15節の学校整備工事2億6,125万3,000円の減額で、契約額の確定による減及び平洲小学校屋内運動場の追加工事の実施によるもの。


 2目教育振興費1億804万8,000円の追加は、国の補正予算により、普通教室及び職員室用の地デジ対応テレビを購入するもの。


 3目学校建設費2億4,686万5,000円の減額は、加木屋小学校校舎改築事業で、契約額の確定によるもの。


 34ページをお願いいたします。


 第3項1目学校管理費4,643万5,000円の減額の内訳は、13節の設計委託料392万円の新規計上で、上野中学校始め2校の太陽光発電導入事業に係る設計を実施するもの。15節の学校整備工事5,035万5,000円の減額で、契約額の確定によるもの。


 3目学校建設費1億4,309万8,000円の減額は、加木屋中学校屋内運動場改築事業で、契約額の確定による減及び国の補正予算による太陽光発電導入事業の実施によるもの。


 第4項3目公民館費1,608万9,000円の追加は、主に15節の公民館整備工事1,500万円の増額で、船島市民館の屋上防水及び外壁改修工事を実施するもの。


 36ページをお願いいたします。


 第5項1目保健体育総務費20万円の追加は、スポーツ振興基金へ寄附金を積み立てるもの。


 第14款第1項1目予備費の1,646万1,000円の追加は、法人市民税等の還付等へ充用したため、追加するものでございます。


 以上で、説明を終わります。





○市民福祉部長(松木秀一)


 続きまして、議案第61号、「平成21年度東海市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」について御説明申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ6,628万円を追加し、予算の総額をそれぞれ92億3,338万円とするものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 3ページは、事項別明細書の総括でございますので、説明を省略させていただき、4ページ、歳入から説明させていただきます。


 第4款支払基金交付金、1項1目療養給付費交付金2,429万1,000円の追加は、平成20年度の精算に伴い追加交付されるものでございます。


 第8款繰越金、1項1目繰越金3,508万8,000円の追加は、20年度決算額の確定によるものでございます。


 第9款諸収入、2項6目雑入690万1,000円は、介護従事者処遇改善特別交付金で、介護職員の処遇改善のため、介護報酬が引き上げられたことに伴う介護納付金の増に対する特別交付金でございます。


 6ページをお願いします。


 歳出について御説明申し上げます。


 第5款介護納付金、1項1目介護納付金は、介護従事者処遇改善特別交付金の収入による財源振替えでございます。


 第7款保健事業費、1項1目特定健康診査事業費399万円の追加は、市町村の特定健康診査及び特定保健指導のデータ管理を愛知県国保連合が行うため必要となった手数料でございます。


 第8款諸支出金、1項3目償還金1,074万5,000円の追加は、平成20年度療養給付費負担金の精算に伴い、返還が生じたものでございます。


 第9款予備費、1項1目予備費の5,154万5,000円の追加は、歳入歳出の残余分を予備費とするものでございます。


 以上で、説明を終わります。





○総務部長(神野正隆)


 先ほどの一般会計補正予算の説明でございますが、23ページの父子家庭児童扶養手当の補正額でございますが、280万円と申し上げましたが、281万円の誤りでございます。慎んで訂正させていただきます。よろしくお願いします。





○中心街整備事務所長(大崎隆司)


 続きまして、議案第62号、「平成21年度東海市太田川駅周辺土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)」について御説明申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ6億500万円を追加し、予算の総額をそれぞれ27億8,065万円とするものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 3ページ、第2表地方債補正は、限度額4億6,690万円を1億9,000万円増額し、6億5,690万円とするものでございます。


 6ページをお願いします。


 歳入でございます。


 第2款第1項1目土地区画整理事業費国庫補助金3億3,000万円の追加は、土地区画整理事業費補助金の第2回配分によるものでございます。


 第4款第1項1目一般会計繰入金8,500万円の追加は、物件移転補償費と事業費の増等によるものでございます。


 第6款第1項1目土地区画整理事業債1億9,000万円の追加は、起債対象事業費の増によるものでございます。


 続きまして、歳出でございます。


 第1款第1項1目土地区画整理事業費6億500万円の増額は、国庫補助金の第2回配分に伴い、15節工事請負費で7,000万円、22節補償、補填及び賠償金で、物件移転補償金を5億3,500万円増額するものでございます。


 8ページ、地方債に関する調書につきましては、説明を省略させていただき、以上で説明を終わります。





○水道部長(村林 悟)


 続きまして、議案第63号、「平成21年度東海市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」について御説明申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ1,830万円を追加し、予算の総額をそれぞれ59億6,618万円とするものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページ、第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 3ページ、第2表地方債補正は、限度額に350万円を増額し、17億730万円に変更するものでございます。


 6ページの歳入をお願いいたします。


 第3款国庫支出金、1項1目下水道事業費国庫補助金691万円の追加は、中心街整備関連事業の太田川駅西歩道整備工事に対するまちづくり交付金でございます。


 第5款繰入金、1項1目一般会計繰入金789万円の追加は、下水道建設費の増によるものでございます。


 第7款市債、1項1目下水道事業債350万円の追加は、起債対象事業費の増によるものでございます。


 続きまして、歳出をお願いいたします。


 第2款下水道建設費、1項1目下水道建設費1,830万円の追加は、15節工事請負費で太田川駅西歩道の整備に併せての雨水管渠整備工事1,050万円、19節負担金、補助及び交付金で、名和南部西土地区画整理組合が施工する汚水43号枝線に対する工事負担金780万円でございます。


 8ページの地方債に関する調書につきましては、説明を省略させていただきます。


 以上で、説明を終わります。





○議長(本田博信)


 この際、暫時休憩をいたします。





         ―――――――――――――――――――――――――


                (午前10時33分 休憩)


                (午前10時45分 再開)


         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 休憩前に引き続き会議を行います。


 議会事務局長から発言の申し出がありますので、よろしくお願いいたします。





○議会事務局長(浅野 直)


 ただいま皆様、議員の席上に65議案、配付させていただきましたが、議案書の取りまとめ、配付におきまして不備がございました。ここに慎んでおわび申し上げます。


 今後、このようなことがないように慎重に対処してまいりますので、よろしくお願いいたします。





○議長(本田博信)


 続きまして、理事者から説明をお願いいたします。





○23番議員(鈴木秀幸)


 議案発送日に発送されてない議案をここで説明するというのは、おかしな話じゃないですか。そのために、だから私は、その取扱いをするために、議会運営委員会というのがあると、こういう理解をしていますので、発送されてないものを、今配ったから、説明できるという前例を議会がつくってもいいということであれば、それはそれでいいんですが、議会側の問題として、そういうことを議会運営委員会の中で議論して、審議をして、手続を決めて、これ、誰だってミスはあるんだから、そういうことのための取扱いをちゃんとした方がいいと、今配って説明して、議案として成立するの、本当に。ということです。





○議長(本田博信)


 その件につきましては、事務局長の方から説明していただきます。





○議会事務局長(浅野 直)


 恐れ入ります。議会の議案書の取扱いの関係を私の方から説明させていただきます。


 鈴木議員おっしゃるとおり、議案を事前に精読いただくということで、会期前に事前に配付させていただいて、精読いただいております。ただ、法的には議長が開会を宣告いたしまして、審議前に配りまして、当日、それに対して審議いただくというのは、法的には問題ございませんので、今回、このような運営をさせていただきました。


 しかし、それに甘えてはいけませんので、今後とも気をつけてまいります。よろしくお願いいたします。





○24番議員(山口 清)


 今、議会事務局長からお話ありましたが、先例集の方に、議案は通告日に各人もしくは控室に配付すると、送付するというふうに決められております。そういうことからすると、法的に問題はないというものの、先例集というのは僕たちのバイブルですので、それに当たらないのではないかなと考えるわけですが、いかがでしょうか。





○23番議員(鈴木秀幸)


 山口議員と全く同じ見解であります。


 私は、もう一つつけ加えると、先ほど申し上げましたように、議会の話ですから、議会運営委員会でお話し合いをして、進め方を決めたらいいと。法的に問題ないということは、それで、だからすべてできるということでは、私はないと思うんです。そういうことをお願いします。





○議長(本田博信)


 この際、暫時休憩をいたします。


 休憩中に議会運営委員会を開きますので、よろしくお願いいたします。


 議会運営委員会開催は、直ちにということでやりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 以上です。





         ―――――――――――――――――――――――――


                (午前10時50分 休憩)


                (午前11時30分 再開)


         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 休憩前に引き続き会議を行います。


 ただいま一括上程しております議案のうち、議案第64号につきましては、本日の議題から一たん撤回し、後日、改めて審議することといたしたいと思います。


 この件につきましてお諮りいたします。これに御異議ございませんか。


                (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、議案第64号は、本日の議題から撤回することといたしました。


 以上で、13案の提案説明を終わります。


 なお、質疑につきましては、9月4日に行います。





         ―――――――――――――――――――――――――





○議長(本田博信)


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 明日は、午前9時30分から本会議を開き、通告を受けております一般質問を行います。


 本日は、これにて散会いたします。


 なお、この後、11時35分から議会運営委員会が開催されますので、委員及び理事者の皆さんは、第3委員会室にお集まりください。


             (9月1日 午前11時31分 散会)