議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東海市

平成18年 6月定例会 (第4日 6月16日)




平成18年 6月定例会 (第4日 6月16日)




平成18年6月16日






1 出席議員(24人)


   1番  村 瀬 進 治          2番  阿 部 健 雄


   3番  早 川 直 久          4番  足 立 光 則


   5番  杉 江 良 男          6番  加 藤 菊 信


   7番  安 井 英 樹          8番  辻 井 タカ子


   9番  田 中 雅 章         10番  佐 野 義 一


  11番  菊 地 隆 夫         12番  川 ?   一


  13番  神 野 久美子         14番  石 丸 喜久雄


  15番  粟 野 文 子         16番  井 上 正 人


  17番  眞 下 敏 彦         18番  斉 藤   誠


  19番  東 川 春 近         20番  米 山 カヨ子


  21番  早 川   彰         22番  本 田 博 信


  23番  鈴 木 秀 幸         24番  山 口   清





2 欠席議員


   な  し





3 職務のため議場に出席した議会事務局職員


  事務局長   河 合 洋 一      議事課長    今 頭 伝 男


  議事課主幹  熊 谷 和 彦      議事課副主幹  金 田 一 則





4 説明のため議場に出席した者


  市長               鈴 木 淳 雄


  助役               深 谷 昭 夫


  収入役              近 藤 安 彦


  教育長              深 谷 孟 延


  総務部長             野 村 雅 廣


  企画部長             宮 下 修 示


  市民福祉部長           吉 田 清 孝


  環境経済部長           坂   光 正


  清掃センター所長         舟 橋 憲 昭


  都市建設部長           早 川 鉄 三


  中心街整備事務所長        大 崎 隆 司


  水道部長             近 藤 俊 雄


  市民病院事務局長         伊 藤 敏 明


  消防長              片 山 正 文


  教育部長             松 木 秀 一


  総務部次長            北 川 憲 昭


  保健福祉監            前 野   清


  総務法制課長           杉 下 泰 明


  秘書課長             大 橋 昌 司


  企画政策課長           小 島 正 義


  国保課長             早 川 達 寛


  生活環境課長           竹 内 通 惠


  土木課長             高 井 誠 次


  下水道課長            村 林   悟


  医療安全推進室長         臼 井 元三郎


  消防本部庶務課長         小笠原   譲


  学校教育課長           三 浦 好 美





5 議事日程





┌──┬────┬───────────────────────────┬────┐


│日程│議案番号│件           名              │付託先 │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 1│43  │東海市行政手続条例の一部改正について         │総務消防│


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 2│44  │東海市職員の退職手当に関する条例の一部改正について  │〃   │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 3│45  │東海市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関│〃   │


│  │    │する条例及び東海市老人年金支給条例の一部改正について │    │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 4│46  │東海市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について  │〃   │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 5│47  │東海市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例│〃   │


│  │    │の一部改正について                  │    │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 6│48  │東海市老人医療費の助成に関する条例等の一部改正について│文教厚生│


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 7│49  │屈折梯子付消防自動車購入契約について         │総務消防│


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 8│50  │加木屋調理場厨房機器購入契約について         │文教厚生│


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│ 9│51  │平成18年度東海市一般会計補正予算(第2号)     │全常任 │


├──┼────┼───────────────────────────┼────┤


│10│請願 1│小泉首相に靖国参拝の中止を求める意見書提出についての請│総務消防│


│  │    │願書                         │    │


└──┴────┴───────────────────────────┴────┘





6 会議に付した事件


   議事日程に同じである。








             (6月16日 午前9時30分 開議)





○議長(加藤菊信)


 ただいまの出席議員は24人で、定足数に達しております。


 ただいまから本会議を再開します。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程につきましては、お手元に配付しました日程表のとおり進めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(加藤菊信)


 これより会議に入ります。


 日程第1、議案第43号、「東海市行政手続条例の一部改正について」から日程第9、議案第51号、「平成18年度東海市一般会計補正予算(第2号)」までの9案を一括議題とします。


 これより質疑に入ります。


 まず、議案第43号、「東海市行政手続条例の一部改正について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第43号の質疑を終わります。


 続いて、議案第44号、「東海市職員の退職手当に関する条例の一部改正について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第44号の質疑を終わります。


 続いて、議案第45号、「東海市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び東海市老人年金支給条例の一部改正についての質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第45号の質疑を終わります。


 続いて、議案第46号、「東海市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第46号の質疑を終わります。


 続いて、議案第47号、「東海市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第47号の質疑を終わります。


 続いて、議案第48号、「東海市老人医療費の助成に関する条例等の一部改正について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第48号の質疑を終わります。


 続いて、議案第49号、「屈折梯子付消防自動車購入契約について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第49号の質疑を終わります。


 続いて、議案第50号、「加木屋調理場厨房機器購入契約について」の質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第50号の質疑を終わります。


 続いて、議案第51号、「平成18年度東海市一般会計補正予算(第2号)」の質疑の発言を許します。





○8番議員(辻井タカ子)


 一つ、10ページですけれども、今回、企画費のところで知多北部法定合併協議会の負担金が入ってきております。それで、知多北部合併協議会が今度破綻したということで、企画の方で人件費が、今度のところでその合併協議会に派遣される県職員の人件費が入っております。今回の人件費の割合について、東海市がその人を受け入れるという形になるんですけれども、この負担金の県職員が他市町の負担するべき部分を東海市が今回、人件費として見ていくという方向にあると思うんですけれども、その金額が幾ら他市町になっているのかということと、もう1点は、こういう状況も考えられる、想定があると思うんですけれども、その場合の職員の負担、県職員に限るんですけれども、それの負担をどうするかということが話し合われていたのかどうかという点について、2点お伺いしておきます。





○企画部長(宮下修示)


 県職員の派遣負担金の2点の質問についてお答えいたします。


 人件費につきましては、合併が法定協議会に進んだ場合につきましては、協議会の方から東海市の方へ負担金分ということで838万円、入ってくることになりますので、それは東海市の分を含んだ額でございます。


 ただ、負担金の割合、その当時、17年国調の速報値で計算しました数値ですと、たしか29パーセントほどが東海市、約30パーセントが東海市の負担金になりますので、残り7割が他の2市1町の負担金になろうかと思います。


 それと、その協定でございますが、これはたしか3月議会でも私、御答弁させていただいたと思いますが、県の派遣職員の要綱によりまして、東海市が代表してお受けするという手続になりますので、既に昨年の秋、3市1町で協議いたしまして、東海市が代表して申し入れて、県の派遣を要請したという経緯でございますので、このような手続になったものでございますので、よろしくお願いをします。





○8番議員(辻井タカ子)


 そうしますと、やはり県の職員の方々のこれからのお仕事の内容を、より東海市としても具体的に考えて、その人たちがしっかりお仕事がしていただけるような対策、またその人に合った事業を進めていくという必要性が生まれてくるのではないかと思うんですが、その点についての具体的な方針があれば、よろしくお示ししていただきたいというふうに思います。





○企画部長(宮下修示)


 県派遣職員の職務の内容でございますが、これは合併協議の過程で、種々の業務分析も行ってまいりました。この成果を生かしまして、今後とも広域的な行政を推進していかなければいけないということ、また地域住民に対する一層のサービス向上につながる事業の洗い出しもしたいということで、そういった調整及び関係市町の協議を推進すると、業務を担っていただこうというふうに考えております。


 また、加えて従来の5市5町の組み合わせによる広域行政、またこの東海市を取り巻く、例えば名古屋港の関係の広域行政、いろいろ広域行政も考えられますので、これからの東海市の進むべき道の調査研究を担っていただこうということで、今、企画の方に次長として在籍していただいておりますので、よろしくお願いいたします。





○議長(加藤菊信)


 ほかにございませんか。





○18番議員(斉藤 誠)


 一つ質問させていただきたいと思います。


 一般会計補正予算の関係ですが、10ページに民生費の関係で、来年の3月を予定として、特養の建設予定の話がされまして、それに対して国保の方から5,000万円の費用があてがわれる予定でございます。それに基づいて、歳出の方も5,000万円という形で投入していくわけでございますが、その点で2点ほどお聞きしたいと思います。


 まず、私も高齢化社会の中で非常に喜ばしい対応策かなと思っているんですが、この5,000万円という金額でございますけれども、これは国保の扱いですが、その場合に5,000万円という金額に対する基準がどのようになっているのか。例えば、前回の説明の中では、52名の規模だという話がありました。来年の3月建築と、例えばこれは人数による規模で5,000万円なのか、あるいは敷地面積だとか、いろんな考え方があろうかと思いますが、もしおわかりになれば、教えていただきたいと思います。


 それから、またこれは新規の計上でございますので、今後、またこの高齢化社会の中で多分こういう事態、事態と言うんですか、動向があろうかと思いますが、これに対しても今後も続けられるものなのかどうか、確認したいと思います。





○保健福祉監(前野 清)


 補助金の交付の基準でございますが、これにつきましては、市町村の交付配分金の基準額が定められておりまして、これは手書きになっております。その基準といたしまして、特別養護老人ホームの場合では、10人を1ユニットといたしまして、2ユニット以上の施設につきましては、施設整備で4,000万円の定額となっております。また、認知症対応型デイサービス、この予定施設はそのデイサービスの併設ということで予定しておりますので、それが1,000万円の定額になっておりまして、合計で5,000万円という金額になるものでございます。


 今後のこの交付金のあり方でございますが、これにつきましては、知多北部広域連合の第3期の介護保険事業計画に位置付けられたものにつきましては、交付の対象になっております。


 以上でございます。





○議長(加藤菊信)


 ほかにございませんか。





○1番議員(村瀬進治)


 13番の補助金のところでございますが、新長期規制適合車等云々と、この詳しい説明、1台に幾らなのかということも含めて。


 それから、15ページでございますが、一番下のところ、調査のところです。委託料、加木屋小学校の測定ということでございますが、これは新築を前提しているのか、耐震を前提としているのか。新築なら、定員をどの程度と想定しての調査なのか。また、これは高層建物なのか、低層、いわゆる3階、4階程度なのか、そういうことも含めて詳しく、どのような調査なのかをお知らせください。


 以上です。





○環境経済部長(坂 光正)


 新長期の規制適合車補助金でございますが、これにつきましては、当初の予算で平成6年度の自動車排ガス規制、以前のディーゼル車、これに対する補助金ということで計上させていただいておりました。その後、国の方と申しますか、独立行政法人でございますが、環境再生保全機構、こちらの方が4月4日付、これで平成11年規制の適合車以前のディーゼル車、これについても補助をするという事業の拡大という決定がされました。それにつきまして、市の方も対応するということで、その分の拡大した分について補助を追加するということでございます。


 それで、1台当たりの補助金の額でございますが、限度額800万円、この3パーセントということで、1台当たり24万円、その24万円を40台分見込みまして、960万円と、こういった数字で出させていただいております。よろしくお願いします。





○教育部長(松木秀一)


 加木屋小学校耐力度調査についてお答えをいたします。


 この調査の内容でございますが、耐力度調査と申しますのは、建物の構造耐力、あるいは経年劣化によります耐力の低下、あるいは地盤等の立地条件等の影響、こういった大きく三つのものを調査いたしまして、建物の老朽状況を評価するというものでございます。


 この調査の結果、所要の耐力度に達しないものというものは、危険建物といたしまして、国の補助対象となるものでございます。これが新築か耐震かどうかということでございますが、まさに新築をするのか、耐震工事をするのかということを見極める重要な調査というふうに理解をいたしております。


 それから、どの程度の人口、範囲を新築の場合に見込むかということでございますが、これは今後の基本設計、実施設計等に委ねられるわけでございますが、人口推計等に基づいた適正な規模を新築となれば、それに沿った形で設計をしていかなければならないというふうに考えております。


 以上でございます。





○教育部長(松木秀一)


 新築の場合、低層か高層かということでございまして、これにつきましても、一番効率のいい形を今後の基本設計や実施設計の中で出していきたいというふうに考えております。





○議長(加藤菊信)


 ほかにございませんか。(「なし」の声)


 ないようですから、議案第51号の質疑を終わります。


 以上で、ただいま一括議題となっております9案の質疑を終わります。


 本9案については、議事日程に記載のとおり、所管の各委員会に付託します。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(加藤菊信)


 日程第10、請願第1号、「小泉首相に靖国参拝の中止を求める意見書提出についての請願書」を議題とします。


 紹介議員から、請願の趣旨についての説明を求めます。


            (8番 辻井タカ子 登壇)(拍手)





○8番議員(辻井タカ子)


 ただいま上程されました日程第15、請願第1号、「小泉首相に靖国参拝の中止を求める意見書提出についての請願書」につきまして、その請願の趣旨を説明させていただきます。


 日本国憲法第20条は、信教の自由を規定して、「いかなる宗教団体も国から特権を受けてはならない。国及びその機関は、いかなる宗教的活動もしてはならない」としております。そもそも1945年8月までのアジア諸国に対する日本の侵略戦争の遂行に大きくかかわり、その精神的支柱となったのが靖国神社であることは、日本国民も国際社会も等しく認識しているところであります。


 1946年に公布された日本国憲法は、その侵略戦争の反省の上に、過ちを二度と繰り返さないことを誓い、特に靖国神社に対する国家の加担を禁止して、第20条「信教の自由」を定めたものであります。したがいまして、その靖国神社に日本政府の首相である内閣総理大臣が参拝することは、憲法違反であり、昨年9月の大阪高裁判決を始め、数多くの判例が出されております。そればかりではなく、首相の靖国参拝は、日本の戦争責任に対する反省も、はたまた不戦の誓いも弊履のごとく捨ててしまうことになり、人倫と国際信義に反することはもとより、日本国民及び全世界の人々の平和への願いを致命的に傷つける結果を招きました。


 特に私たち宗教者は、「不殺生戒」「愛と平和の掟」「世界一列は皆兄弟」を信条とし、人々を導く立場にありますゆえに、小泉首相の靖国参拝に対しては、堪えがたい心の痛みと激しい憤りを感じないわけにはまいりません。


 つきましては、私たちの愛する祖国日本が、平和への道を踏み外すことのないようにと、小泉首相に靖国参拝を中止すべき旨の意見書の提出を求め、このように平和を求める愛知宗教者の集いの方々、石川勇吉、真宗大谷派報恩寺住職、うのていを、カトリック神学研究者、小泉潤、日本福音ルーテル知多教育牧師始め82名の方々が提出されたものです。信仰の自由の思いが託されています。


 議員各位の御理解と御賛同をお願いいたしまして、請願の趣旨説明とさせていただきます。


              (8番 辻井タカ子 降壇)





○議長(加藤菊信)


 本請願につきましては、議事日程に記載のとおり、総務消防委員会に付託します。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(加藤菊信)


 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 お諮りします。各委員会に付託した議案審査のため、6月17日から6月26日までの10日間、休会したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、6月17日から6月26日までの10日間、休会することに決定しました。





○16番議員(井上正人)


 済みません。昨日の一般質問の中で、村瀬議員の発言中に不穏当と思われるような部分があったように思われますので、御精査の上、対処いただきますようにお願いいたします。以上です。





○議長(加藤菊信)


 後日、精査して報告させていただきます。


 来る6月27日は、午前9時30分から本会議を開き、各委員長の報告を求め、質疑、討論並びに採決を行います。


 本日は、これにて散会します。


            (6月16日 午前9時55分 散会)