議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 東海市

平成17年 9月定例会 (第1日 9月 6日)




平成17年 9月定例会 (第1日 9月 6日)




平成17年9月6日






1 出席議員(28人)


   1番  村 瀬 進 治          2番  菊 地 隆 夫


   3番  神 野 久美子          4番  石 丸 喜久雄


   5番  佐 野 義 一          6番  井 上 正 人


   7番  斉 藤   誠          8番  眞 下 敏 彦


   9番  東 川 春 近          10番  米 山 カヨ子


   11番  粟 野 文 子          12番  本 田 博 信


   13番  辻 井 タカ子          14番  虫 明 晋 二


   15番  鈴 木 秀 幸          16番  菅 沼 敏 雄


   17番  大 嶋 誠 次          18番  佐 野 直 之


   19番  早 川   彰          20番  加 藤 菊 信


   21番  久 野 久 行          22番  山 口   清


   23番  松 井 高 男          24番  柴 田   守


   25番  千 葉 政 仁          26番  佐 治 立 雄


   27番  川 原 克 己          28番  東   忠 夫





2 欠席議員


    な  し





3 職務のため議場に出席した議会事務局職員


  事務局長   舟 橋 憲 昭       議事課長    今 頭 伝 男


  議事課主幹  広 瀬 政 義       議事課副主幹  熊 谷 和 彦





4 説明のため議場に出席した者


  市長               鈴 木 淳 雄


  助役               磯 部 勝 茂


  収入役              近 藤 安 彦


  教育長              深 谷 孟 延


  副教育長             田 中 正 幸


  総務部長             野 村 雅 廣


  企画部長             宮 下 修 示


  市民福祉部長           吉 田 清 孝


  環境経済部長           坂   光 正


  都市建設部長           早 川 鉄 三


  中心街整備事務所長        大 崎 隆 司


  水道部長             近 藤 俊 雄


  市民病院事務局長         伊 藤 敏 明


  消防長              片 山 正 文


  教育部長             松 木 秀 一


  市民福祉部次長          加 古   守


  企画部次長兼秘書課長       北 川 憲 昭


  環境経済部次長          山 本   透


  水道部次長            神 野 正 隆


  市民病院事務局次長        鰐 部 重 久


  総務法制課長           杉 下 泰 明


  財政課長             蟹 江 博 治


  保健福祉課長           久 野 辰 夫


  清掃センター管理課長       山 口 義 晴


  防災安全課統括主幹        鈴 木   正


  企画政策課統括主幹        佐 治 錦 三


  土木課統括主幹          高 井 誠 次


  消防本部庶務課統括主幹      森 岡 博 幸


  代表監査委員           丹 野 雅 敬


  監査委員事務局長         寺 本 清 臣





5 議事日程





┌───┬────┬─────────────────────────┬───┐


│ 日程 │議案番号│件           名            │備 考│


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 1 │    │会議録署名議員の指名               │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 2 │    │会期について                   │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 3 │報告13│例月出納検査結果報告(6月〜8月分)       │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 4 │〃 14│定期監査結果報告                 │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 5 │〃 15│平成16年度東海市継続費精算報告書について     │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 6 │承認 4│平成17年度東海市一般会計補正予算(第2号)の専決処│   │


│   │    │分の承認を求めることについて           │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 7 │ 52 │東海市交通安全対策会議条例の一部改正について   │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 8 │ 53 │東海市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について│   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│ 9 │ 54 │東海市手数料条例の一部改正について        │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│10 │ 55 │東海市山の家設置および管理に関する条例の一部改正に│   │


│   │    │ついて                      │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│11 │ 56 │東海市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制│   │


│   │    │定について                    │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│12 │ 57 │東海市行政手続等における情報通信の技術の利用に関す│   │


│   │    │る条例の制定について               │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│13 │ 58 │消防ポンプ自動車購入契約について         │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│14 │ 59 │市道の路線認定(その2)について         │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│15 │ 60 │大田第2雨水枝線管渠整備工事請負契約について   │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│16 │ 61 │知多地区農業共済事務組合規約の改正に関する協議につ│   │


│   │    │いて                       │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│17 │ 62 │平成17年度東海市一般会計補正予算(第3号)    │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│18 │ 63 │平成17年度東海市国民健康保険事業特別会計補正予算 │   │


│   │    │(第1号)                    │   │


├───┼────┼─────────────────────────┼───┤


│19 │ 64 │名和中学校屋内運動場耐震補強及び外壁改修工事請負契│   │


│   │    │約について                    │   │


└───┴────┴─────────────────────────┴───┘


6 会議に付した事件


   議事日程に同じである。








             (9月6日 午前9時30分 開会)





○議長(山口 清)


 ただいまの出席議員は28人で、定足数に達しております。


 ただいまから平成17年第3回東海市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました日程表のとおり進めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 議案説明のため、地方自治法第121条の規定により、市長以下関係職員の出席を求めましたので、御報告申し上げます。


 会議に先立ち、市長からあいさつをいただきます。





○市長(鈴木淳雄)


 議長のお許しを得まして、開会に当たり、一言ごあいさつをさせていただきます。


 本日は、平成17年第3回市議会定例会をお願いいたしましたところ、議員の皆様には御多用中にもかかわらず御出席をいただき、厚くお礼申し上げます。


 今回、本定例会で御審議をお願いいたします案件は、東海市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定、平成17年度東海市一般会計補正予算(第3号)及び平成16年度東海市一般会計歳入歳出決算認定など23件でございます。


 諸議案の内容につきましては、本日及び16日の本会議で御説明申し上げますが、何とぞよろしく御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 これより会議に入ります。


 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、10番米山カヨ子議員及び11番粟野文子議員を指名いたします。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 日程第2、「会期について」を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月20日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月20日までの15日間と決定いたしました。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 日程第3、報告第13号、「例月出納検査結果報告(6月〜8月分)」及び日程第4、報告第14号、「定期監査結果報告」を議題といたします。


 監査委員から補足説明をいただきます。





○代表監査委員(丹野雅敬)


 報告第13号の例月出納検査の結果につきまして御報告申し上げます。


 6月の例月出納検査を6月27日に、7月の例月出納検査を7月25日に、8月の例月出納検査を8月25日にそれぞれ実施いたしました。その結果につきましては、お手元に配付されております報告書のとおり、各会計とも計数上の誤りはなく、現金の出納保管は正確なものと認めました。


 続きまして、報告第14号の定期監査の結果につきまして御報告申し上げます。


 地方自治法第199条第4項の規定に基づきまして、平成17年度第1回定期監査を5月18日、19日、20日の3日間にわたってあすなろ学園を始め8課等を対象に、平成17年度第2回定期監査を6月8日、9日、10日の3日間にわたって総務法制課を始め8課等を対象に、平成17年度第3回定期監査を7月4日、13日、19日の3日間にわたって下水道課を始め8課等を対象に実施いたしました。


 その結果につきましては、お手元に配付されております報告書のとおり、特に指摘する事項は見受けられませんでした。


 以上、簡単ではございますが、例月出納検査及び定期監査の結果報告といたします。


○議長(山口 清)


 これより、本2件の質疑に入ります。質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、これで質疑を終わります。


 以上で、報告第13号及び報告第14号の報告を終わります。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 日程第5、報告第15号、「平成16年度東海市継続費精算報告書について」を議題といたします。


 報告者から説明を求めます。


○都市建設部長(早川鉄三)


 ただいま上程になりました報告第15号、「平成16年度東海市継続費精算報告書について」御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 一般会計第8款第2項道路橋りょう費、加木屋大池線改良事業及び3項河川排水路費、砂防河川大田川改良事業につきましては、平成15年度当初予算で継続費を設定し、その後、工事費の減に伴い、平成16年第1回定例会の補正予算において総額及び年割額を変更いたしました。


 また、平成15年度分のうちで、既設電柱の移設の遅れにより、一部工事が着手できなかったため、道路橋りょう費は365万円を、河川排水路費は2,535万円を逓次繰り越しし、執行したものでございます。


 事業費の総額は、2ページ、実績B欄、支出済額で道路橋りょう費は上から3段目、3,059万4,900円で、河川排水路費は一番下の段、6,599万9,850円で、財源内訳はいずれも全額一般財源でございます。


 右側、比較欄、年割額と支出済額との差の欄で、道路橋りょう費の計、上から3段目、5,100円、河川排水路費の計、一番下の段、150円はともに請負残により不用が生じたものでございます。


 以上で、説明を終わります。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(山口 清)


 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、これで質疑を終わります。


 以上で、報告第15号の報告を終わります。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 日程第6、承認第4号、「平成17年度東海市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。


 報告者から説明を求めます。


○総務部長(野村雅廣)


 ただいま上程されました承認第4号、「平成17年度東海市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて」御説明を申し上げます。


 専決処分をさせていただきました理由といたしましては、去る8月8日に衆議院が解散され、総選挙が執行されることに伴い、一般会計補正予算(第2号)を編成いたしましたが、ポスター掲示場の設置など、早急に準備する必要が生じ、議会を開く暇がなく、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、8月10日に専決処分をさせていただいたものでございます。


 内容につきましては、3枚目、平成17年度東海市一般会計補正予算(第2号)により御説明を申し上げます。


 今回、補正いたしました額は歳入歳出それぞれ3,100万円を追加し、予算の総額をそれぞれ344億4,051万9,000円としたものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページの第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 3ページは、事項別明細書でございますので、説明を省略させていただき、4ページの歳入から御説明をさせていただきます。


 第14款県支出金、第3項1目総務費委託金3,100万円の新規計上は、衆議院議員選挙執行委託金の新規計上でございます。


 続きまして、6ページ、歳出について御説明を申し上げます。


 第2款総務費、第4項5目衆議院議員選挙費3,100万円の新規計上は、3節職員手当等の時間外勤務手当1,172万円、中ほど11節需用費の消耗印刷費659万円、13節委託料のポスター掲示場設置撤去委託料218万円など、衆議院議員総選挙に必要となる経費を各節に新規計上したものでございます。


 8ページ及び9ページの給与費明細書につきましては、説明を省略させていただき、以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御承認いただきますようお願いいたします。


○議長(山口 清)


 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、これで質疑を終わります。


 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これより討論に入ります。討論の発言を許します。(「なし」の声)


 ないようですから、これで討論を終わります。


 これより採決いたします。


 お諮りいたします。本案は、承認と決定することに御異議ありませんか。


               (「異議なし」の声)


 御異議なしと認めます。よって、承認第4号は承認することに決定いたしました。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 日程第7、議案第52号、「東海市交通安全対策会議条例の一部改正について」から日程第19、議案第64号、「名和中学校屋内運動場耐震補強及び外壁改修工事請負契約について」までの13案を一括議題といたします。


 議事日程の順序に従い、提出者から提案理由の説明を求めます。


○総務部長(野村雅廣)


 ただいま一括上程されました議案のうち、議案第52号、「東海市交通安全対策会議条例の一部改正について」御説明を申し上げます。


 提案の理由といたしましては、日本道路公団等民営化関係施行法の制定に伴い、日本道路公団の名称を変更するため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目、別添参考資料の新旧対照表により御説明を申し上げます。


 第4条第2項は、名称の変更で、「日本道路公団」を「中日本高速道路株式会社」に改めるものでございます。


 附則は施行期日で、この条例は平成17年10月1日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○消防長(片山正文)


 続きまして、議案第53号、「東海市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案の理由といたしましては、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律による水防法の一部改正に伴い、引用条項を変更するため改正するものでございます。


 改正内容につきましては、3枚目、別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 このたびの水防法の改正は、地域の水災の防止力の向上を図るために改正されたもので、条例第1条中の水防法の引用条項34条から第45条に改め、第2条は、17条を第24条に改めるものでございます。


 附則は施行期日で、公布の日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○市民福祉部長(吉田清孝)


 続きまして、議案第54号、「東海市手数料条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案の理由といたしましては、住民基本台帳の一部の写しの閲覧方法の見直しに伴い、当該写しの閲覧手数料に係る単位を変更するため、改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目、別添参考資料新旧対照表により御説明申し上げます。


 別表第2、住民基本台帳の一部の写しの閲覧手数料に係る単位の変更で、現行1世帯を1人に改めるものでございます。


 附則は施行期日で、この条例は平成17年10月1日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○教育部長(松木秀一)


 続きまして、議案第55号、「東海市山の家設置および管理に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 提案の理由といたしましては、東海市山の家があります南設楽郡鳳来町が、新城市、作手村と合併をすることに伴いまして、山の家の住所地を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、3枚目、参考資料の新旧対照表により説明をいたします。


 新旧対照表の1ページをお願いします。


 第2条でございます。山の家の住所の変更等で、新しい住所地である愛知県新城市門谷字宮下26番地とするものでございます。


 改正の第3条は、休館日に関する規定を追加するもので、休館日を1月1日から3月14日まで及び12月16日から同月31日までとするものでございます。また、2項では、臨時開館及び臨時休館の規定を定めたものでございます。


 なお、この休館日に関する規定は、全市的にこれまで規則で定めておりましたものを、管理の基本的な項目として条例化するもので、実際の休館日の変更はございません。


 現行の第3条から2ページの第10条までにつきましては、それぞれ条を繰り下げ、主に字句を整理するものでございまして、現行条例で用いる「使用」の字句を「利用」に改めるものでございます。


 2ページをお願いします。


 附則は施行期日で、この条例は、鳳来町が合併予定の平成17年10月1日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○企画部長(宮下修示)


 続きまして、議案第56号、「東海市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について」御説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、地方公務員法第58条の2の規定に基づき、東海市人事行政の運営等の状況の公表に関し、必要な事項を定めるため制定するものでございます。


 それでは、御説明申し上げます。


 第1条は、条例の趣旨規定で、この条例は地方公務員法第58条の2の規定に基づき、市の人事行政の運営等の状況の公表に関し、必要な事項を定めたものでございます。


 第2条は、任命権者の報告について規定したもので、第1項では、任命権者は、毎年9月末日までに、市長に対し、前年度における人事行政の運営の状況を報告しなければならないとし、第2項では、前項の規定により人事行政の運営の状況に関し、任命権者が報告しなければならない事項を定めたものでございます。その報告事項は、臨時的に任用された職員及び非常勤職員を除く職員に係る事項で、第1号は、任免及び職員数に関する状況、第2号は、給与の状況、第3号は、勤務時間その他の勤務条件の状況、第4号は、分限及び懲戒の状況、第5号は、服務の状況、第6号は、研修及び勤務成績の評定の状況、第7号は、福祉及び利益の保護の状況、第8号は、その他市長が必要と認める事項を定めたものでございます。


 第3条は、公平委員会の報告について規定したもので、第1項では、公平委員会は、毎年9月末日までに、市長に対し、前年度における業務の状況を報告しなければならないとし、第2項では、前項の規定により業務の状況に関し、公平委員会が報告しなければならない事項として、第1号は、勤務条件に関する措置の要求の状況、第2号は、不利益処分に関する不服申立ての状況を定めたものでございます。


 第4条は、公表について規定したもので、第1項で、市長は、第2条第1項及び前条第1項の規定による報告を受けたときは、毎年12月末日までに、第2条第1項の規定による報告を取りまとめ、その概要及び前条第1項の規定による報告を公表しなければならないものとし、第2項では、その公表の方法として、第1号は、東海市公告式条例第2条第2項に定める掲示場への掲示、第2号は、市の広報紙への掲載、第3号は、インターネットにおける市のウェブサイトへの掲載を定めたものでございます。


 第5条は、委任規定で、この条例の施行について必要な事項は、市長が定めるものとしたものでございます。


 附則は施行期日で、公布の日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


 続きまして、議案第57号、「東海市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定について」御説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律第9条第1項の趣旨にのっとり、条例等の規定に基づく手続等に関し、情報通信の技術を利用する方法により行うことができるようにするための共通事項を通則条例の形で定めることにより、市民の利便性の向上を図るとともに、行政運営の簡素化及び効率化に資するため、制定するものでございます。


 それでは、条例の内容につきまして御説明申し上げます。


 第1条は、目的規定で、条例等の規定に基づく申請、届出、その他の手続に関し、電子情報処理組織を使用する方法、その他の情報通信の技術を利用する方法、例えば電子申請、電子届出などを自宅などのパソコンからできるようにしていくという方法を可能とすることができるようにするための共通事項を定めることにより、市民の利便性の向上を図るとともに、行政運営の簡素化及び効率化に資することを目的といたしております。


 第2条は、定義規定で、この条例での用語を定義するものでございます。


 2ページをご覧ください。


 第3条は、申請等において、他の条例等の規定により、書面等により行うこととしている手続を規則の定めるところにより、電子情報処理組織を使用する方法など、いわゆるオンラインで行わせることができ、それは書面により行われたものとみなし、当該申請等に係る条例等の規定を適用すること。また、申請等は市の機関が使用する電子計算機に備えられたファイルに記録されたときに到達したものとみなし、申請等に署名等をすることとしているものは、規則等で定めるもので、署名等にかえさせることができる規定でございます。


 第4条は、市からの処分通知等、3ページにまいりまして、第5条は、電磁的記録による縦覧等、第6条は、電磁的記録による作成等について規定するものでございます。


 4ページをご覧ください。


 第7条は、この条例の規定の適用による利用の状況について、毎年度公表する規定でございます。


 附則第1項は、施行期日に関する規定で、市長の定める日から施行するものでございます。


 附則第2項は、東海市行政手続条例との整合を図るため、字句の整備で、行政手続オンライン化法制定時における行政手続法の改正に併せて、同条例に電磁的記録等の文言を加える規定でございます。


 この改正につきましては、次ページの参考資料の新旧対照表を御高覧ください。


 以上で、説明を終わります。


○消防長(片山正文)


 続きまして、議案第58号、「消防ポンプ自動車購入契約について」御説明申し上げます。


 契約の目的は、消防ポンプ自動車の購入でございます。


 契約の方法は、指名競争入札で、8月10日、8社による入札の結果、2,199万7,500円で落札いたしました。すなわち契約金額でございます。


 契約の相手方は、名古屋市中区栄五丁目1番35号、株式会社モリタ名古屋支店でございます。


 2枚目の参考資料をご覧ください。


 納入場所は、東海市荒尾町大脇82番地、東海市消防署北出張所でございます。


 物件の概要は、3トン積シャシーに艤装するもので、4輪駆動方式、全長約6メートル、全幅約1.9メートル、動力付ホース延長用資機材を備えるものでございます。


 納期は、平成18年2月17日でございます。


 支出科目は、平成17年度東海市一般会計第9款第1項第1目常備消防費でございます。


 以上で、説明を終わります。


○都市建設部長(早川鉄三)


 続きまして、議案第59号、「市道の路線認定(その2)」について御説明申し上げます。


 図面の1ページをご覧ください。


 赤色の部分でございます。路線番号09-584、北平井12号線は、加木屋町地内の開発行為により、市に帰属した道路を市道として管理するため、路線認定するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○水道部長(近藤俊雄)


 続きまして、議案第60号、「大田第2雨水枝線管渠整備工事請負契約について」御説明申し上げます。


 契約の目的は、大田第2雨水枝線管渠整備工事でございます。


 契約の方法は、指名競争入札で、去る8月10日、13社の共同企業体による入札の結果、1億7,955万円で落札いたしました。すなわち契約金額でございます。


 契約の相手方は、名古屋市中区栄五丁目25番25号、前田・小島特定建設工事共同企業体でございます。


 2枚目の参考資料をご覧ください。


 工事場所は、東海市大田町川南新田始め2地内で、参考資料の裏面に明示してございます。


 工事概要といたしましては、中心街整備事務所北側から国道247号大田交差点までの区間で、工事延長は287.4メートルで、口径1,500ミリメートルのヒューム管を推進工法で287.4メートル施工するものでございます。


 工期は、契約締結の日の翌日から、平成18年3月10日まででございます。


 支出科目は、平成17年度東海市下水道事業特別会計の第2款第1項第1目下水道建設費より支出するものでございます。


 裏面の図面でございますが、工事の位置図と標準横断図が示してございます。黒く塗った太線部分が今回施工する箇所でございますので、御参照ください。


 なお、沿線関係者の方々には、工事の施工方法等について御説明いたしますとともに、安全には十分配慮の上、施工してまいります。


 以上で、説明を終わります。


○環境経済部長(坂 光正)


 続きまして、議案第61号、「知多地区農業共済事務組合規約の改正に関する協議について」御説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、知多地区農業共済事務組合規約第13条、別表備考の事業規模点数の改正に伴い、地方自治法第286条第2項の規定に基づき、協議を求められましたので、同法第290条の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。


 改正内容につきましては、3枚目、別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。


 別表備考第2項中、(2)の家畜共済に牛の胎児の共済を開始したことにより、エの牛の胎児、引受頭数1頭当たり2.3点を加えるものでございます。


 附則は施行期日で、この規約は、愛知県知事に届けた日から施行するものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○総務部長(野村雅廣)


 続きまして、議案第62号、「平成17年度東海市一般会計補正予算(第3号)」について御説明を申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ21億8,758万6,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ366億2,810万5,000円とするものでございます。


 補正の款項の金額は、2ページ及び3ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。


 4ページをお願いいたします。


 第2表継続費は、養護老人ホーム整備事業に対し補助するもので、総額及び年割額を設定するものでございます。


 第3表債務負担行為補正の変更は、契約額が確定したことによるもので、住民基本台帳システム借上料は、限度額を729万8,000円減額し、7,719万円に、中学校教育用コンピュータシステム借上料は、限度額を3,043万8,000円減額し、2億3,587万2,000円に、それぞれ変更するものでございます。


 5ページは、事項別明細書でございますので、説明を省略させていただき、6ページの歳入から御説明をさせていただきます。


 第1款市税、第1項2目法人16億円の追加は、法人市民税現年課税分で、一部法人の収益増によるものでございます。


 第8款第1項1目地方特例交付金1億4,787万4,000円の追加は、本年度の交付額が確定したことによるものでございます。


 第13款国庫支出金、第1項1目民生費国庫負担金352万円の追加は、児童扶養手当扶助費負担金で、受給見込者の増によるものでございます。


 第15款財産収入、第1項2目利子及び配当金48万円の追加は、財政調整基金利子で、決済用預金から定期預金へ切り替えたことによる利息の増によるものでございます。


 第16款寄附金、第1項3目教育費寄附金20万円の新規計上は、東海遊船組合からスポーツ振興基金へ御寄附があったものでございます。


 第18款第1項1目繰越金4億3,551万2,000円の追加は、平成16年度決算額の確定によるものでございます。


 続きまして、8ページ、歳出について御説明を申し上げます。


 第2款総務費、第1項3目財産管理費200万円の追加は、不動産業者に市有地売却の仲介を依頼するもの。


 4目財政調整基金費17億6,248万円の追加は、決済用預金から定期預金へ切り替えたことによる利息の増及び将来の財政需要に対応するため、財政調整基金に予算積立てをするもの。


 7目企画費55万円の追加は、施設管理協会負担金で、施設管理協会事務局において産休職員の代替要員として臨時職員1名を雇用するもの。


 第3項1目戸籍住民基本台帳費12万3,000円の減額は、住民基本台帳システム等借上料の請負残によるもの。


 第4項2目市長選挙費101万7,000円の減額は、選挙運動用自動車・ポスター公営経費負担金で、立候補者数の減によるものでございます。


 第3款民生費、第1項7目老人福祉費4,814万円の追加は、養護老人ホーム整備費補助金で、社会福祉法人が行う整備事業に対し補助するもの。


 第2項5目保育園費1,938万円の追加は、加木屋保育園の園児の増加に伴う増築のための設計監理委託料194万円、10ページにまいりまして、一番上の保育園整備工事1,744万円で、木庭、大田の両保育園で給水管の老朽化に伴う布設替えなどを実施するもの。


 9目児童扶養手当福祉費469万円の追加は、受給見込者の増に伴う児童扶養手当でございます。


 第6款農林水産業費、第1項4目園芸振興費2,200万円の追加は、施設園芸振興事業交付金の新規計上で、園芸用施設などの整備に係る経費の一部を助成するものでございます。


 第7款商工費、第1項3目商工センター費210万円の追加は、商工センター整備工事で、電話設備機器などを更新するものでございます。


 第8款土木費、第2項2目道路橋りょう維持費1億円の追加は、道路橋りょう維持工事で、生活道路の整備を促進するもの。


 4目橋りょう新設改良費1,150万円の追加は、橋りょう整備工事で、東海橋で施工中の耐震補強工事の通行止め期間を短縮するため、路面覆工板設置工事を追加実施するもの。


 第3項2目河川排水路維持費2,000万円の追加は、河川排水路維持工事で、河川排水路の整備を促進するもの。


 12ページをお願いいたします。


 第4項6目公園管理費720万円の追加は、大池公園再整備基本計画策定委託料で、公園管理事務所の基本設計及び管理事務所前の駐車場の拡幅、園路のバリアフリー、案内デザイン板などを検討するものでございます。


 第10款教育費、第1項3目奨学費147万円の追加は、幼稚園緊急通報装置整備費補助金の新規計上で、市内の私立幼稚園の緊急通報設置に対し補助するもの。


 第2項1目学校管理費300万円及び第3項1目学校管理費150万円の追加は、学校整備工事で、小・中学校に設置予定の緊急通報装置をより迅速な警察の対応が可能な装置に変更するもの。


 2目教育振興費338万2,000円の減額は、教育用コンピュータシステム借上料の請負残によるもの。


 14ページをお願いいたします。


 第4項3目公民館費670万円の追加は、公民館整備工事で、船島市民館体育室の屋根防水工事を実施するもの。


 第5項1目保健体育総務費20万円の追加は、東海遊船組合からの御寄附をスポーツ振興基金へ積み立てるもの。


 4目市民体育館費195万円の追加は、市民体育館整備工事で、監視カメラ7台の修繕工事を実施するものでございます。


 第13款諸支出金、第1項1目土地取得費1億7,680万円の追加は、土地購入費で、土地開発公社から土地を購入するものでございます。


 第14款第1項1目予備費44万8,000円の追加は、計数調整でございます。


 16ページ以降の各調書につきましては、説明を省略させていただき、以上で説明を終わります。


○市民福祉部長(吉田清孝)


 続きまして、議案第63号、「平成17年度東海市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」について御説明申し上げます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ2億165万8,000円を追加し、歳入歳出の総額を85億2,810万8,000円とするものでございます。


 6ページの歳入から御説明いたします。


 第3款国庫支出金、第1項1目療養給付費負担金で49万9,000円の減額は、介護納付費納付金額の1人当たり負担額が見込みより少なくなったこと等に伴い、減となったものでございます。


 2目老人保健拠出金負担金で1,135万円の追加は、歳出の17年度分の老人保健医療費の概算拠出金における特定費用額が高くなったことにより、その分、国庫負担金も増となるものでございます。


 第4款支払基金交付金、第1項1目療養給付費交付金で756万1,000円の追加は、歳出の17年度の老人保健医療費の拠出金が見込みより多い金額で請求があったことに伴い、増となったものでございます。


 第5款県支出金、第2項2目財政調整交付金で36万円の追加は、歳出の17年度分の老人保健医療費の概算拠出金が見込みより多い金額で請求があったことに伴い、その分、県支出金も増となるものでございます。


 第7款連合会支出金、第1項1目整備費補助金700万円の追加は、愛知県国保連合会と医療データ等を交換する新情報システム事業導入費用の増に伴い、交付金が増額となったものでございます。


 第10款繰越金、第1項1目繰越金で1億7,588万6,000円の追加は、16年度の決算剰余金が見込みより増となったことによるものでございます。


 続きまして、歳出について御説明いたします。8ページをお開きください。


 第1款総務費、第1項1目一般管理費で1,167万円の追加は、13節委託料で国保連合会と交換するデータ項目が増加したことにより、960万円の追加となるものでございます。18節備品購入費は、国保連合会と交換するデータ項目が増加したことにより、増加項目に対応した機器等の購入で207万円の追加となるものでございます。


 第3款老人保健拠出金、第1項1目老人保健医療費拠出金で1億4,374万9,000円の追加は、19節負担金、補助及び交付金で、老人医療費のうち2割負担金分の占める割合を特定費用概算率といい、その分は全額国民健康保険や社会保険等の保険者が負担いたしますが、見込んだ率より高い率が示されたことにより、3,558万9,000円の追加となるものでございます。25節積立金で1億816万円の新規計上は、16年度に概算で拠出した老人保健医療費拠出金が18年度に追加で精算される見込みとなるため、国庫支出金等を除いた分を積み立てることになったことによるものでございます。


 2目老人保健事務費拠出金で37万9,000円の追加は、レセプト審査支払い件数1,534件の増によるものでございます。


 第4款介護納付金、第1項1目介護納付金で141万3,000円の減額は、1人当たりの納付単価が146円減によるものでございます。


 第7款諸支出金、第1項3目償還金で4,476万円の新規計上は、23節償還金、利子及び割引料で、16年度に概算で交付を受けた療養給付費負担金等が精算の結果、今年度に返還請求があるためでございます。


 第8款予備費で251万3,000円の追加は、16年度の決算残余分を予備費としたものでございます。


 以上で、説明を終わります。


○教育部長(松木秀一)


 続きまして、議案第64号、「名和中学校屋内運動場耐震補強及び外壁改修工事請負契約について」御説明申し上げます。


 契約の目的は、名和中学校屋内運動場耐震補強及び外壁改修工事であります。


 契約の方法は、指名競争入札で、9月5日に建築一式工事業者15社による入札の結果、1億8,060万円で落札いたしました。すなわち契約金額であります。


 契約の相手方は、名古屋市中区栄五丁目25番25号、前田建設工業株式会社中部支店であります。


 1枚はねていただき、1ページ、参考資料をご覧ください。


 工事場所は、名和町中首羅地内の名和中学校でございます。


 工事概要は、現在の鉄筋コンクリートの屋根を鉄骨の屋根に取り替えることによる耐震補強及び外壁改修一式でございます。


 入札は、平成17年9月5日、工期は契約締結の日の翌日から平成18年3月10日まででございます。


 支出科目は、平成17年度東海市一般会計、第10款第3項第1目学校管理費であります。


 設計は、名古屋市東区泉一丁目21番21号、株式会社篠田川口建築事務所でございます。


 次に、2ページをご覧ください。


 これは、工事場所を示した付近見取り図でございます。


 次の3ページをご覧ください。


 これは、配置図で、学校敷地のうち斜線で示した部分が工事を行う屋内運動場でございます。


 次の4ページと5ページは、完成後の建物の立面図で、屋根の部分を取り替え、図のような形態の鉄骨屋根にし、併せて外壁の改修を行うものです。


 6ページは、天井伏図で、天井を下から見た図でございます。


 以上で、説明を終わります。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(山口 清)


 以上で、13案の提案説明を終わります。


 なお、質疑につきましては、9月9日に行います。





        ―――――――――――――――――――――――――





○議長(山口 清)


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 明日は、午前9時30分から本会議を開き、通告を受けております「一般質問」を行います。


 本日は、これにて散会いたします。


           (9月6日 午前10時17分 散会)