議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 稲沢市

平成19年第 6回10月臨時会−10月12日-01号




平成19年第 6回10月臨時会
    議 事 日 程 (第1号)
                      10月12日(金曜日)午前9時30分 開議

 第1 会期の決定について
 第2 議長の選挙について
     (以下、一括日程追加)
 第3 会議録署名議員の指名
 第4 議席の指定
 第5 副議長の選挙について
 第6 議会運営委員会委員の選任について
 第7 常任委員会委員の選任について
 第8 尾張農業共済事務組合議会議員の選挙について
 第9 閉会中における常任委員会の調査、研究について
 第10 議会運営委員会における閉会中継続調査事項について
 第11 同意案第7号 監査委員の選任について

出 席 議 員(34名)
   議席番号     氏   名         議席番号     氏   名
     1番    平 田 光 成          2番    六 鹿 順 二
     3番    木 村 喜 信          4番    内 藤 悦 雄
     5番    遠 藤   明          6番    魚 住   明
     7番    茶 原 孝 子          8番    網 倉 信太郎
     9番    出 口 勝 実         10番    服 部   猛
    11番    加 藤 錠司郎         12番    杉 山 茂 和
    13番    山 田 一 己         14番    長 屋 宗 正
    15番    今 井 公 平         16番    玉 田 欽 也
    17番    杤 本 敏 子         18番    星 野 俊 次
    19番    曽我部 博 隆         20番    渡 辺 幸 保
    21番    渡 辺   菱         22番    川 合 正 剛
    23番    野 村 英 治         24番    恒 川 宣 彦
    25番    山 田 武 夫         26番    栗 田 文 雄
    27番    桜 木 琢 磨         28番    正 村 洋 右
    29番    野々部 尚 昭         30番    加 賀 盛 勝
    31番    箕 浦 敞 夫         32番    仙 石   稔
    33番    安 井 利 彦         34番    坂 上 国 弘

欠 席 議 員(なし)

地方自治法第121条の規定により出席を求めた者
  市     長  大 野 紀 明       副  市  長  大 木 和 也
  教  育  長  服 部 義 逸       市長公室長    山 内 一 幸
  総 務 部 長  森   正 隆       総務部次長    伊 藤 善 男
  福祉保健部長   安 藤 兼 光       経済環境部長   中 島 敏 雄
  建 設 部 長  太 田 繁 美       上下水道部長   西 部 孝 士
  祖父江支所長   佐 藤 公 俊       平和支所長    横 井 彰 夫
  市民病院事務局長 魚 住 文 明       会計管理者    福 田 勝 行
  教 育 部 長  宇佐美   裕       消  防  長  渡 邉 義 憲
  人 事 課 長  加 藤 建 治       総 務 課 長  木 村 勝 美
  監査委員事務局長 石 黒 太美男

議会事務局職員出席者
  議会事務局長   野 村   一       議 事 課 長  岡 村 辰次郎
  議事課主幹    斉 藤 達 誠       議事課副主幹   近 藤 宗 明
  議事課副主幹   森     章       議事課主査    戸 田 金 一
  議事課書記    長 崎 義 貴



                                午前9時30分 開会
◎議会事務局長(野村一君)
 おはようございます。
 一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第 107条の規定によりまして、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。
 出席議員中、山田武夫さんが年長の議員でございますので、御紹介申し上げます。
○臨時議長(山田武夫君)
 皆さん、おはようございます。御紹介いただきました山田武夫でございます。
 地方自治法第 107条の規定により臨時に議長を務めさせていただきます。ふなれな私でございます。皆様方の御協力をいただきますよう、よろしくお願いをいたします。
 それでは、ただいまから平成19年第6回稲沢市議会10月臨時会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は34名でありますので、議会の成立を認めます。
 これより本日の会議を開きます。
 この際、議事進行上、仮議席を指定いたします。
 仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。
 本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、これをもって報告にかえます。
 これより日程に入ります。
 日程第1、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。本臨時会の会期は、お手元に配付してあります会期日程のように、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。
 この際、市長から発言の申し入れがありますので、これを許可いたします。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 皆さん、おはようございます。
 本日、改選後初の臨時議会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員の皆様方におかれましては、このたびの合併後、初めての市議会議員の選挙において激戦を見事勝ち抜かれ、晴れて御当選の栄誉に浴されましたことを心からお喜び申し上げます。まことにおめでとうございました。
 私も、昨年12月に皆様方の力強い御支援を賜り、市長の職に就任をさせていただきました。稲沢市も17年4月に1市2町が合併し、新生稲沢市も3年目の大事な時期を迎えております。合併理念を引き継ぎ、均衡ある発展、誇りと愛着の持てるまち、安全・安心で元気な稲沢づく
りに努めているところでございます。
 第5次総合計画の基本構想を去る6月議会で御議決をいただき、20年4月からその計画の実現に向けました推進計画書を作成いたしております。
 第2次地方分権改革が本格的に動き出す中、地方を取り巻く環境は、財政を初めとして大変厳しい状況にございます。健全財政を維持しつつ将来を見据え、少子・高齢化への福祉及び教育への対応を初め地球環境、温暖化防止等、環境に対する問題、また東海・東南海地震におきます地震対策、東西幹線道路の整備、また市民病院のあり方、巡回バス、旧トーヨーボール跡地対応等、また歳入面において、土地利用面におきましては企業誘致など山積する課題を確実に推進すべく、私を初め職員一丸となりまして全力を尽くしてまいる所存でございます。どうか今後とも議員皆様方の御理解、御協力を賜りますよう切にお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
○臨時議長(山田武夫君)
 次に日程第2、議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法は、本席において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、指名の方法は本席において指名することに決しました。
 議長に加賀盛勝君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました加賀盛勝君を議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました加賀盛勝君が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました加賀盛勝君が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
 加賀盛勝君から議長就任のごあいさつがございます。
 加賀盛勝君。
◆30番(加賀盛勝君) (登壇)
 改めまして、おはようございます。
 ただいまは指名推選によります議長という重席を与えられまして、まことにありがとうございました。これからは議長の責務を一生懸命務めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。
 しかしながら、私も浅学非才でございまして、議員皆様方の御指導、御鞭撻がないことには全うできないと十分承知をいたしております。これからも頑張ってまいりますので、皆様方の温かい御理解をいただきますことを心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつ、お願いにかえさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。
○臨時議長(山田武夫君)
 議長が決まりましたので、以上で私の臨時議長としての職務は終わりました。御協力、まことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。
 新議長と交代をさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(加賀盛勝君)
 議長を交代いたしました。よろしく御協力を賜りますようお願いをいたします。
 お諮りいたします。お手元に配付いたしましたとおり日程を追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、お手元に配付いたしましたとおり日程を追加し、直ちに議題とすることに決しました。
 次に日程第3、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において平田光成君及び六鹿順二君を指名いたします。
 次に日程第4、議席の指定を行います。
 議席の指定につきましては、会議規則第3条第1項の規定により、議長においてお手元に配付いたしました議席指定表のとおり指定をいたします。
 次に日程第5、副議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法は、本席において指名することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、指名の方法は本席において指名することに決しました。
 副議長に野村英治君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました野村英治君を副議長の当選人と定めることに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました野村英治君が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました野村英治君が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
 野村英治君から副議長就任のごあいさつがあります。
 野村英治君。
◆23番(野村英治君) (登壇)
 どうも皆さん、ありがとうございます。
 副議長という重責をいただきました。議長のために、私力不足ではございますが一生懸命やらせていただきたいと思っております。しかしながら、まだまだ未熟でございます。そういう中で、皆様方の御協力とこれからの御支援をいただきたいなあと思っております。しっかりやらせていただきますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
○議長(加賀盛勝君)
 次に日程第6、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本席から指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、本席から指名いたします。
 お手元に配付してあります議会運営委員会委員指名案のとおり指名したいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。
 議事の都合により暫時休憩いたします。
                                午前9時48分 休憩
                                午前10時47分 再開
○議長(加賀盛勝君)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 議会運営委員会において正・副委員長が互選されましたので、御報告をいたします。
     議会運営委員会委員長     箕 浦 敞 夫 君
     議会運営委員会副委員長    川 合 正 剛 君
 以上、御報告いたします。
 次に日程第7、常任委員会委員の選任についてを議題といたします。
 お諮りいたします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本席から指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、本席から指名いたします。
 お手元に配付してあります常任委員会委員指名案のとおり指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。
 議事の都合により暫時休憩いたします。
                                午前10時49分 休憩
                                午前11時02分 再開
○議長(加賀盛勝君)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、各委員会において正・副委員長が互選されましたので、御報告をいたします。
     総務委員会委員長       恒 川 宣 彦 君
     総務委員会副委員長      杉 山 茂 和 君
     厚生委員会委員長       野々部 尚 昭 君
     厚生委員会副委員長      渡 辺   菱 君
     建設委員会委員長       星 野 俊 次 君
     建設委員会副委員長      長 屋 宗 正 君
     文教経済委員会委員長     玉 田 欽 也 君
     文教経済委員会副委員長    杤 本 敏 子 さん
が互選されましたので、御報告をいたします。
 次に日程第8、尾張農業共済事務組合議会議員の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法は、本席において指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、指名の方法は本席において指名することに決しました。
 尾張農業共済事務組合議会議員に服部 猛君、山田一己君、栗田文雄君、桜木琢磨君、野々部尚昭君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました諸君を尾張農業共済事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君が尾張農業共済事務組合議会議員に当選されました。
 ただいま当選されました諸君が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により当選の告知をいたします。
 次に日程第9、閉会中における常任委員会の調査、研究についてを議題といたします。
 お手元に配付してあります常任委員会閉会中継続調査、研究申出書のとおり、各常任委員会委員長から各常任委員会の所管に属する事項の調査、研究のための視察等について、調査、研究終了まで、閉会中も継続してこれを行いたい旨の申し出がありました。
 お諮りいたします。各常任委員長の申し出のとおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に日程第10、議会運営委員会における閉会中継続調査事項についてを議題といたします。
 議会運営委員会における閉会中継続調査事項については、お手元に配付いたしてあります文書のとおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に日程第11、同意案第7号監査委員の選任についてを議題といたします。
 地方自治法第 117条の規定により、曽我部博隆君の退席を求めます。
                (曽我部博隆君 退場)
 市長から提案理由の説明を求めます。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 本日、提案申し上げ御審議いただきます議案は同意案1件でございまして、その概要につき
まして御説明申し上げます。
 同意案第7号監査委員の選任につきまして、津坂茂雄氏が平成19年9月30日に任期満了のため、その後任として、稲沢市祖父江町本甲神明前75番地23、曽我部博隆氏を選任したいので、地方自治法第 196条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。
 以上が、本日上程いたします議案の概要でございますが、詳細につきましては関係部長から説明させますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(加賀盛勝君)
 続いて部長の説明を求めます。
◎市長公室長(山内一幸君)
────────────────────────────────────────────
同意案第7号
 監査委員の選任について
 稲沢市監査委員に下記の者を選任したいから、地方自治法第 196条第1項の規定により、議会の同意を求める。
 理由  津坂茂雄氏が平成19年9月30日任期満了のため。
 平成19年10月12日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
                    記
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓ 
  ┃   住        所   ┃  氏   名  ┃  生 年 月 日  ┃ 
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫ 
  ┃稲沢市祖父江町本甲神明前75番地23┃ 曽我部 博 隆 ┃ 昭和29年9月26日 ┃ 
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┛ 
────────────────────────────────────────────
 曽我部博隆さんの略歴を御紹介申し上げます。
 曽我部博隆さんは、昭和63年3月1日に祖父江町議会議員になられ、町議会各常任委員会の正・副委員長や監査委員を、そして平成17年4月1日の1市2町合併に伴う稲沢市議会議員に就任後は稲沢市土地開発公社理事などを歴任され、合併後のさきの選挙におきまして、引き続き市会議員になられた方でございます。御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(加賀盛勝君)
 説明が終わりました。
 これより質疑に入ります。
 質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております同意案第7号は、会議規則第36条第2項の規定により委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 これより討論に入りますが、討論の通告がありませんので、これをもって討論を終結いたします。
 これより直ちに採決いたします。
 同意案第7号監査委員の選任については、原案に同意することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、同意案第7号は、原案に同意することに決しました。
 曽我部博隆君の除斥を解きます。
                (曽我部博隆君 入場)
 以上で、本臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。
 市長から発言の申し入れがありますので、これを許可いたします。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 議長さんのお許しをいただきましたので、発言をさせていただきます。
 本日は、臨時議会がただいま無事終了いたしました。また、先ほどは同意案に御同意いただきまして、まことにありがとうございます。
 新しい議長さん、副議長さん、また常任委員会の各委員長、副委員長さん、議会運営委員会の委員長、副委員長さん、新しい役員が決まったわけでございます。冒頭私もごあいさつの中でお話をさせていただきましたが、合併して3年目を迎えます。非常に大切な時期であります。これから私ども職員も、私を先頭に一丸となって稲沢市発展のために努めてまいりたいと思います。重ねて議員皆様方の力強いお力添えをいただきますようにお願いを申し上げます。大変きょうはありがとうございました。
○議長(加賀盛勝君)
 これをもって、平成19年第6回稲沢市議会10月臨時会を閉会いたします。
                                午前11時12分 閉会


 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

 

         臨 時 議 長    山 田 武 夫

         議     長    加 賀 盛 勝

         署 名 議 員    平 田 光 成

         署 名 議 員    六 鹿 順 二