議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 稲沢市

平成19年第 4回 6月定例会−06月18日-付録




平成19年第 4回 6月定例会

△議案第70号 稲沢市議会委員会条例の一部を改正する条例について
議案第70号
                                 平成19年6月18日
  稲沢市議会議長 服 部 開 一 様
                      提出者 稲沢市議会議員 加 藤 錠司郎
                      賛成者 稲沢市議会議員 石 田 正 俊
                       〃     〃    天 野   晋
                       〃     〃    玉 田 欽 也
                       〃     〃    出 口 勝 実
                       〃     〃    近 藤 正 春
                       〃     〃    正 村 洋 右
                       〃     〃    山 田 宗 廣
                       〃     〃    恒 川 宣 彦
                       〃     〃    渡 辺   菱
                       〃     〃    野 村 英 治
                       〃     〃    仙 石   稔
                       〃     〃    大河内   明
                       〃     〃    安 井 利 彦

        稲沢市議会委員会条例の一部を改正する条例について

 稲沢市議会委員会条例の一部を改正する条例を会議規則第13条の規定により提出する。

   稲沢市議会委員会条例の一部を改正する条例
 稲沢市議会委員会条例(昭和45年稲沢市条例第30号)の一部を次のように改正する。
 第2条第1号及び第2号「7人」を「8人」に改める。
 第7条第1項に次のただし書を加える。
  ただし、閉会中においては、議長の指名によることができる。
 第21条第1項中「(昭和22年法律第67号)」を「(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)」に、「または」を「又は」に改め、同条第2項及び第3項中「または」を「又は」に改める。
 第29条第1項中「または」を「又は」に改め、同条第2項中「前項」を「前2項」に改め、同項を同条第3項とし、同条第1項の次に次の1項を加える。
 2 前項の記録は、電磁的記録によることができる。この場合における同項の署名又は押印
については、法第 123条第3項の規定を準用する。
   付 則
 1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の改正規定は、平成19年10月1日から施行する。
 2 この条例の公布の日以後初めて行われる稲沢市議会議員一般選挙により選挙される議員の任期の間における改正後の稲沢市議会委員会条例第2条の規定の適用については、同条第1号及び第2号中「8人」とあるのは「9人」と、同条第3号及び第4号中「7人」とあるのは「8人」とする。
△議案第71号 稲沢市議会会議規則の一部を改正する規則について
議案第71号
                                 平成19年6月18日
  稲沢市議会議長 服 部 開 一 様
                      提出者 稲沢市議会議員 加 藤 錠司郎
                      賛成者 稲沢市議会議員 石 田 正 俊
                       〃     〃    天 野   晋
                       〃     〃    玉 田 欽 也
                       〃     〃    出 口 勝 実
                       〃     〃    近 藤 正 春
                       〃     〃    正 村 洋 右
                       〃     〃    山 田 宗 廣
                       〃     〃    恒 川 宣 彦
                       〃     〃    渡 辺   菱
                       〃     〃    野 村 英 治
                       〃     〃    仙 石   稔
                       〃     〃    大河内   明
                       〃     〃    安 井 利 彦

        稲沢市議会会議規則の一部を改正する規則について

 稲沢市議会会議規則の一部を改正する規則を会議規則第13条の規定により提出する。

   稲沢市議会会議規則の一部を改正する規則
 稲沢市議会会議規則(昭和45年稲沢市議会規則第2号)の一部を次のように改正する。
 第13条に次の1項を加える。
 2 委員会が議案を提出しようとするときは、その案を備え、理由を付け、委員長が議長に提出しなければならない。
 第18条第2項中「許可又は」を削り、同条に次の1項を加える。
 3 委員会が提出した議案につき第1項の承認を求めようとするときは、委員会の承認を得て委員長から請求しなければならない。
 第36条第2項中「提出者の説明又は委員会への付託」を「前2項における提出者の説明及び第1項における委員会への付託」に改め、同項を同条第3項とし、同条第1項の次に次の1項を加える。
 2 委員会提出の議案は、委員会に付託しない。ただし、議長が必要があると認めるときは、議会の議決で、議会運営委員会に係る議案は議会運営委員会に、常任委員会又は特別委員会に係る議案は常任委員会又は特別委員会に付託することができる。
 第77条第1項中「記載する」を「記載し、又は記録する」に改め、同条第2項中「速記法によって速記する」を「録音機その他の方法で記録する」に改める。
 第78条中「、印刷して」を削り、「配布」を「配布(会議録が電磁的記録をもって作成されている場合にあっては、電磁的方法による提供を含む。)」に改める。
 第80条中「署名する議員」を「署名する議員(会議録が電磁的記録をもって作成されている場合にあっては、法第 123条第3項に規定する署名に代わる措置をとる議員)」に改める。
 第97条第2項中「第 109条の2第3項」を「第 109条の2第4項」に改める。
 第 142条及び第 154条中「第36条(議案等の説明、質疑及び委員会付託)第2項」を「第36条(議案等の説明、質疑及び委員会付託)第3項」に改める。
   付 則
 この条例は、公布の日から施行する。
△意見書案第1号 旧トーヨーボールのアスベスト対策を求める意見書
意見書案第1号
                                 平成19年6月18日
  稲沢市議会議長 服 部 開 一  様
                      提出者 稲沢市議会議員 山 田 宗 廣
                      賛成者 稲沢市議会議員 安 部 勝 士
                       〃     〃    加 藤 錠司郎
                       〃     〃    石 田 正 俊
                       〃     〃    天 野   晋
                       〃     〃    玉 田 欽 也
                       〃     〃    出 口 勝 実
                       〃     〃    近 藤 正 春
                       〃     〃    正 村 洋 右
                       〃     〃    恒 川 宣 彦
                       〃     〃    渡 辺   菱
                       〃     〃    野 村 英 治
                       〃     〃    仙 石   稔
                       〃     〃    大河内   明
                       〃     〃    安 井 利 彦

     旧トーヨーボールのアスベスト対策を求める意見書の提出について
 旧トーヨーボールのアスベスト対策を求める意見書を会議規則第13条の規定により提出する。

        旧トーヨーボールのアスベスト対策を求める意見書
 本市平和町にあるボーリング場(旧トーヨーボール)は、長期間使用されず、また管理も十分でないため、窓ガラスが割れ、天井などがはがれ落ちるなど相当損傷し、廃墟と化している。
 旧トーヨーボールは耐火被覆としてアスベストが使用され、これが周辺へ飛散することを懸念する声が寄せられている。このまま放置されると周辺住民の不安はますます募るばかりである。
 また、この地域は東海・南海・東南海など大規模地震の大きな影響を受ける可能性の高い地域でもあり、アスベスト被害だけでなく、災害時における被害も懸念される。建物が倒壊したり、その復旧や復興の過程でアスベストが飛散して、地域住民や復旧作業者に健康被害が及ばないよう対策を至急とらねばならない。
 よって、下記事項について強く要望する。
                 記
1 国及び愛知県は行政の責任において、現在床に堆積したり、天井から垂れ下がっているアスベストの早期除去、飛散防止策などの実現に対応されたい。
2 建物内部のアスベストの種類を特定し、解体時には、適切な解体が行われるよう技術的な指導ができる体制を準備されたい。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成19年6月18日
                               愛知県稲沢市議会
提 出 先
 内閣総理大臣
 環境大臣
 国土交通大臣
 経済産業大臣
 厚生労働大臣
 愛知県知事

△議員派遣について
 議員派遣について
                                 平成19年6月18日
  地方自治法第 100条及び会議規則第 159条の規定により、次のとおり議員を派遣する。
                     記
1 国際姉妹都市提携都市への訪問(ギリシャ国オリンピア市)
(1) 派遣目的  姉妹都市提携20周年記念事業に参加のため
(2) 派遣場所  ギリシャ国オリンピア市
(3) 派遣期間  平成19年6月26日から7月3日まで(8日間)
(4) 派遣議員  議長