議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 稲沢市

平成19年第 4回 6月定例会−06月04日-01号




平成19年第 4回 6月定例会
    議 事 日 程 (第1号)
                      6月4日(月曜日)午前9時30分 開議

 第1 会議録署名議員の指名
 第2 会期の決定
 第3 議案第53号 稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例の施行に伴う関係条例の特例を定める条例の制定について
 第4 議案第54号 稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例について
 第5 議案第55号 稲沢市祖父江ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第6 議案第56号 稲沢市平和らくらくプラザの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第7 議案第57号 稲沢市立児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第8 議案第58号 稲沢市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
 第9 議案第59号 稲沢市立平和町農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第10 議案第60号 稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例について
 第11 議案第61号 稲沢市球技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第12 議案第62号 稲沢市陸上競技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第13 議案第63号 稲沢市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
 第14 議案第64号 稲沢市基本構想について
 第15 議案第65号 普通貨物自動車(塵芥車4t)の物品供給契約の締結について
 第16 議案第66号 救助工作車の物品供給契約の締結について
 第17 議案第67号 システム食器洗浄機ほかの物品供給契約の締結について
 第18 議案第68号 平成19年度稲沢市一般会計補正予算(第1号)
 第19 議案第69号 平成19年度稲沢市老人保健特別会計補正予算(第1号)
 
出 席 議 員(58名)
   議席番号     氏   名         議席番号     氏   名
     1番    鈴 木   洋          2番    矢 野 滿 子
     3番    渡 邉 和 明          4番    曽我部 博 隆
     5番    渡 辺 泰 子          6番    安 部 勝 士
     7番    茶 原 孝 子          8番    渡 辺 幸 保
     9番    星 野 俊 次         10番    杤 本 敏 子
    11番    加 藤 錠司郎         12番    杉 山 茂 和
    13番    梶 浦 日出夫         14番    酒 井 律 治
    15番    石 田 正 俊         16番    天 野   晋
    17番    吉 川 隆 之         18番    川 合 正 剛
    19番    栗 田 文 雄         20番    山 田 一 己
    21番    長 屋 宗 正         23番    玉 田 欽 也
    24番    今 井 公 平         25番    出 口 勝 実
    26番    中 谷 弘 次         27番    下り松 良 紀
    28番    黒 田 幸 雄         29番    近 藤 正 春
    30番    橋 本 睦 男         31番    山 ? 信 義
    32番    正 村 洋 右         34番    山 田 宗 廣
    35番    箕 浦 敞 夫         36番    桜 木 琢 磨
    37番    恒 川 宣 彦         38番    津 坂 茂 雄
    39番    山 田 武 夫         40番    渡 辺   菱
    41番    野 村 英 治         42番    石 田 良 則
    43番    仙 石   稔         44番    大河内   明
    45番    加 賀 盛 勝         46番    飯 田 辰 男
    47番    石 田   茂         48番    安 井 利 彦
    49番    服 部   猛         50番    平 野 寛 和
    51番    竹 内 義 一         52番    日 比 三 郎
    53番    古 山 靖 夫         54番    光 田   弘
    55番    内 藤 和 秀         56番    平 手 久 志
    57番    服 部 開 一         58番    松 田 俊 彦
    59番    飯 田 瑛 一         60番    坂 上 国 弘

欠 席 議 員(なし)

欠 番
    22番    33番

地方自治法第121条の規定により出席を求めた者
  市     長  大 野 紀 明       副  市  長  大 木 和 也
  教  育  長  服 部 義 逸       市長公室長    山 内 一 幸
                         総務部長兼選挙管理委員会事務局書記長
  市長公室次長   杉 原 利 秋                森   正 隆
                         総務部次長兼固定資産評価審査委員会書記
  総務部次長    伊 藤 善 男                木 全 勝 己
  福祉保健部長   安 藤 兼 光       福祉保健部次長  川 口 俊 之
  福祉保健部次長  中 野 真 澄       福祉保健部調整監 野 村 芳 子
  経済環境部長   中 島 敏 雄       経済環境部次長  永 田 友 英
  経済環境部次長  神 田 昭 次       建 設 部 長  太 田 繁 美
  建設部次長    鈴 木 敏 朗       建設部次長    安 井 正 己
  建設部調整監   水 谷 愼 次       上下水道部長   西 部 孝 士
  上下水道部次長  林   義 信       上下水道部次長  牛 田   豊
  祖父江支所長   佐 藤 公 俊       祖父江支所次長  大 西 善 嗣
  平和支所長    横 井 彰 夫       平和支所次長   橋 本 正 人
  市民病院事務局長 魚 住 文 明       市民病院事務局次長小 崎   悟
  市民病院事務局次長佐 藤 信 夫       会計管理者    福 田 勝 行
  教 育 部 長  宇佐美   裕       教育部次長    松 田 俊 行
  教育部次長    山 内 教 義       消  防  長  渡 邉 義 憲
  消防本部次長   浅 野 広 道       消防本部次長   家 田 金 一
  消防本部消防署長 柴 田 勇 三       秘書広報課長   岸   和 明
  人 事 課 長  加 藤 建 治       情報推進課長   川 勝 建 治
                         総務課長兼公平委員会事務局長兼 
                         選挙管理委員会事務局書記次長  
  地域振興課長   礒 野   豊                木 村 勝 美
  財 政 課 長  真 野 宏 男       課 税 課 長  小 林 資 朗
  生活安全課長   伊 藤   進       福 祉 課 長  早 川 由 信
  児 童 課 長  住 田 和 彦       市 民 課 長  加 藤 鎮 雄
  保健センター所長 伊 藤 正 興       商 工 課 長  魚 住 房 夫
  環境保全課長   吉 川 永 浩       ごみ対策課長   佐久間 基 夫
  土 木 課 長  小 川 郷 司       都市計画課長   渡 邉 茂 治
  建 築 課 長  雑 子 政 明       建築課統括主幹  大 島 正 樹
  水道業務課統括主幹尾 崎 繁 博       水道工務課長   平 賀 一 夫
                         祖父江支所経済建設課長     
  祖父江支所総務課長三 輪 和 男                細 野 紀 正
  祖父江支所経済建設課統括主幹         平和支所市民福祉課長      
           松 永 博 光                安 田 邦 孝
  平和支所経済建設課長                             
           鈴 木 正 幸       市民病院医事課長 加 藤 元 近
  会 計 課 長  梶 田 一 成       学校教育課長   吉 川 光 彦
  学校教育課統括主幹仁 科 正 二       スポーツ課長   山 田   洋
  図 書 館 長  山 田 耕 作       図書館統括主幹  恒 川 正 仁
  美 術 館 長  服 部 祐 二       監査委員事務局長 石 黒 太美男
  農業委員会事務局長古 川 正 美                       

議会事務局職員出席者
  議会事務局長   野 村   一       議 事 課 長  岡 村 辰次郎
  議事課主幹    斉 藤 達 誠       議事課副主幹   近 藤 宗 明
  議事課副主幹   森     章       議事課主査    戸 田 金 一
  議事課書記    長 崎 義 貴                       



                                午前9時30分 開会
○議長(服部開一君)
 おはようございます。
 ただいまから平成19年第4回稲沢市議会6月定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は58名でありますので、議会の成立を認めます。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、これをもって報告にかえます。
 これより日程に入ります。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において45番、加賀盛勝君及び46番、飯田辰男君を指名いたします。
 次に日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付してあります会期日程のように、本日から18日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から18日までの15日間と決定いたしました。
 次に日程第3、議案第53号稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例の施行に伴う関係条例の特例を定める条例の制定についてから日程第19、議案第69号平成19年度稲沢市老人保健特別会計補正予算(第1号)までを一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 皆さん、おはようございます。
 今回の定例市議会の招集に当たりましては、公私とも御多忙の折にもかかわらず、万障お繰り合わせの上御参集いただきましたことを、まずもって厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
 平成19年度もはや2ヵ月が過ぎましたけれども、この間におきまして、議員の皆様方には格別なる御理解と御協力を賜っておりますことを心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
 本日御提案申し上げ、御審議いただきます議案は、条例関係議案11件、法定議決議案4件、予算関係議案2件でございまして、その概要につきまして御説明を申し上げます。
 最初に、議案第53号稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に
関する条例の施行に伴う関係条例の特例を定める条例の制定につきましては、稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例の施行に伴い、同条例の適用期間中に選挙が行われる場合において、稲沢市の議会の議員及び長の選挙におけるポスターの掲示場の設置に関する条例、及び稲沢市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例、並びに稲沢市選挙公報の発行に関する条例に特例を設けるため、定めるものでございます。
 次に、議案第54号稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例につきましては、建築基準法の改正による建築確認申請手数料の変更及び特定建築物計画認定申請手数料の新設等により、条例の一部を改めるものでございます。
 次に、議案第55号稲沢市祖父江ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例及び議案第56号稲沢市平和らくらくプラザの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、公の施設の管理運営主体について、民間事業者も含めた幅広い団体にゆだねることができる指定管理者制度の導入に伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第57号稲沢市立児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、稲沢市立西町さざんか児童館の廃止及び稲沢市立西町さざんか児童センターの設置並びに稲沢市立法立児童クラブ室の設置に伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第58号稲沢市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部改正及び稲沢市国民健康保険運営協議会からの答申に基づきまして、改めるものでございます。
 次に、議案第59号稲沢市立平和町農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、指定管理者制度の導入に伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第60号稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例につきましては、指定管理者制度の導入及び新たな有料公園設備の設置に伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第61号稲沢市球技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例及び議案第62号稲沢市陸上競技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、指定管理者制度の導入に伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第63号稲沢市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、改めるものでございます。
 次に、議案第64号稲沢市基本構想につきましては、1市2町合併後の市域を対象とした基本構想を新たに定めるため、地方自治法第2条第4項の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第65号普通貨物自動車(塵芥車4t)の物品供給契約の締結につきましては、契約
金額 1,467万 8,510円で物品供給契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第66号救助工作車の物品供給契約の締結につきましては、契約金額 6,641万 2,157円で物品供給契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第67号システム食器洗浄機ほかの物品供給契約の締結につきましては、契約金額 7,665万円で物品供給契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第68号平成19度稲沢市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額 402億 8,000万円に、それぞれ2億 731万 6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を 404億 8,731万 6,000円といたすものでございます。
 このたびの補正予算の主な内容といたしましては、民生費におきまして、県の新規事業に対応するため、通所授産施設利用奨励金、共同生活介護等支援事業費助成金を計上いたすものでございます。
 土木費におきましては、幹線道路、生活道路の整備を促進するため、道路舗装改良工事費、用地取得費などを増額措置いたすとともに、集中浄化槽地区の老朽処理施設等の改修に対する補助金を新規計上いたすものでございます。
 また、教育費におきましては、学校図書購入費に対する地方財政措置に対応するため、小学校費、中学校費の図書購入費をそれぞれ増額措置いたすとともに、県から追加の研究指定を受けたことにより、研究指定校事業委託料を増額いたすものでございます。
 これらの事業に係る財源といたしましては、民生費県補助金、教育費県委託金及び前年度繰越金により措置いたすものでございます。
 次に、議案第69号平成19年度稲沢市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきましては、前年度医療費に係ります基金交付金の返納金を計上いたし、歳入歳出予算の総額を91億 919万 7,000円といたすものでございます。
 以上が提案いたします議案の概要でございますが、詳細につきましては関係部長から説明いたさせますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(服部開一君)
 続いて、部長の説明を求めます。
 説明は簡潔にお願いいたします。
◎総務部長(森正隆君)
 おはようございます。
 議案第53号からお願いを申し上げます。
───────────────────────────────────────────
議案第53号
        稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区
        の議員の数に関する条例の施行に伴う関係条例の特例を定
        める条例の制定について

 稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例の施行に伴う関係条例の特例を定める条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 制定文でございますが、このたびの条例の制定につきましては、稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例、施行日は昨年、平成18年12月27日でありますが、同条例の適用期間中に選挙が行われる場合のポスターの掲示場の設置に関する条例及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例、並びに選挙公報の発行に関する条例の特例を定めるものでございます。
 第1条につきましては、趣旨を定めるものでございまして、稲沢市議会の議員の定数の特例並びに選挙区及び各選挙区の議員の数に関する条例、議員の数は34人、選挙区域を稲沢選挙区24人、祖父江選挙区6人、平和選挙区4人としてございますが、その施行後初めての市議会議員一般選挙及びその任期中の選挙に係る関連条例の適用の特例について定めるものでございます。
 第2条につきましては、用語の意義を規定いたすもの、第3条では、ポスターの掲示場の設置数及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する規定、第4条におきましては、選挙公報の発行に関する規定の特例でございます。
 関係条例のそれぞれの選挙区ごとに設置及び実施するものとみなして、適用とすると定めるものでございまして、それぞれの選挙区ごとにポスターの掲示場の数を適用することの規定、そして選挙公報につきましては、それぞれの選挙区ごとの候補者を掲載する公報を作成し、発行すると規定するものでございます。
 はねていただきまして、付則、この条例は公布の日から施行する。以上でございます。
◎建設部長(太田繁美君)
───────────────────────────────────────────
議案第54号
 稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例について         
 稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、このたびの条例の一部改正につきましては、建築基準法の一部を改正する法律が平成18年6月21日に公布され、平成19年6月20日に施行される予定で、この改正に伴い新たに手数料が必要となりますので、手数料徴収条例の一部を改正するものでございます。
 建築基準法の改正により、構造計算書の審査方法の見直しが図られ、一定規模・条件のものに対し、建築主事が確認申請書を審査するときは、知事に構造計算書の適合性について判定を求めることとされました。この判定に必要な費用を負担していただくことが改正の事柄でございます。この構造計算適合判定につきましては、建築主事が知事に判定を求める前に、申請が取り下げられることも想定され、判定業務を行う前に取り下げられた場合は還付することを第4条第4項の次にただし書きを加えるものであります。
 別表(その3)中「建築物の確認申請手数料」を「建築物の確認申請又は計画通知手数料」に、はねていただきまして、構造計算適合性判定を要する建築物に係るものについて、「11万円」と「16万円」を追加するものでございます。
 次に、「自動車修理工場等の敷地の自動車の出入口に関する制限の適用除外に係る認定申請手数料」の表の次に「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律第17条第4項の規定による届出に係る特定建築物について構造計算適合性判定を行う場合の認定申請手数料」といたしまして、「11万円」と「16万円」を加えるものでございます。
 はねていただきまして、付則といたしまして、この条例は平成19年6月20日から施行するものでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
◎福祉保健部長(安藤兼光君)
───────────────────────────────────────────
議案第55号
 稲沢市祖父江ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の
        一部を改正する条例について
 稲沢市祖父江ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとお
り定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、今回の条例の一部改正につきましては、祖父江ふれあいの郷に指定管理者制度を導入するに当たり、条例の一部を改正いたすものでございます。
 第4条に1号を追加する規定につきましては、暴力団の利用について制限をするため、新たに定めたものでございます。
 第3条、開館時間及び利用時間、第4条、休館日の規定につきましては、規則で定めていた規定を指定管理者制度を導入するに当たり、条例で定めるものでございます。
 はねていただきまして、第5条は管理の代行を、第6条につきましては指定管理者が行う業務を定めたものでございます。
 付則第1項、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 第2項につきましては、経過規定でございます。
 はねていただきまして、
───────────────────────────────────────────
議案第56号
        稲沢市平和らくらくプラザの設置及び管理に関する条例の
        一部を改正する条例について
 稲沢市平和らくらくプラザの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、この条例の改正はさきの議案第55号と同様の趣旨でございまして、指定管理者制度をらくらくプラザに導入するに当たり、条例の一部を改正いたすものでございます。
 改正する内容につきましても、議案第55号と同様でございます。
 付則第1項、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 第2項は経過規定でございます。
 はねていただきまして、
───────────────────────────────────────────
議案第57号
        稲沢市立児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部
        を改正する条例について
 稲沢市立児童厚生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、今回の条例の一部改正につきましては、西町さざんか児童センターの新規開設及び法立児童クラブ室の新設に伴い、改正をお願いするものでございます。
 西町さざんか児童館につきましては、児童厚生施設としての規模を拡充し、新たに児童センターとして業務を行うものでございます。
 法立児童クラブ室につきましては、法立小学校北側に児童クラブ室を新設するものでございます。
 付則、この条例は平成19年8月3日から施行する。ただし、法立児童クラブ室の規定につきましては、9月1日から施行するものでございます。
 はねていただきまして、
───────────────────────────────────────────
議案第58号
        稲沢市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
 稲沢市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、今回の条例の一部改正につきましては、去る4月23日に開催しました平成19年度第1回稲沢市国民健康保険運営協議会の答申に沿って、提案させていただくものでございます。
 内容につきましては、地方税法の改正を受け、国民健康保険税の医療分の限度額を「53万円」から「56万円」に改正するものでございます。
 また、合併協議会において、旧祖父江町域は平成17年度から平成21年度までの5年間、不均一課税を実施し、税負担の急激な変化を段階的に調整することとなっており、本法付則第18項において、旧祖父江町域における平成19年度の国民健康保険税の全額を、本法付則第19項において、低所得者に対する減額規定を改正するものでございます。
 付則第1項、この条例は公布の日から施行する。
 第2項は経過規定でございます。
 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。
◎経済環境部長(中島敏雄君)
───────────────────────────────────────────
議案第59号
 稲沢市立平和町農村環境改善センターの設置及び管理に関
        する条例の一部を改正する条例について
 稲沢市立平和町農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、このたびの条例の一部改正につきましては、他施設と同様、指定管理者制度を導入するため、条例の改正をお願いするものでございます。
 初めに、条の整理をするため第6条から第8条までを4条ずつ繰り下げ、第5条では語句の整理をいたし、第4条では語句の整理及び利用許可の制限といたしまして、集団的または常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき、利用の制限を定めるものでございます。
 以下、条文番号の変更を行っておりますが、基本的には現行条例の規定は残しつつ、第3条で開館時間を、第4条で休館日の規定を、これらは現行の規則から改正条文本文へ移行する形で定めさせていただいております。
 そして、第5条、管理の代行で指定管理者制度を規定いたし、第6条で指定管理者が行う業務の内容を定めております。
 付則第1項といたしまして、この条例は平成20年4月1日から施行するものでございます。
 第2項は経過規定でございます。
 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。
◎建設部長(太田繁美君)
───────────────────────────────────────────
議案第60号
 稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例について
 稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、このたびの条例の一部改正につきましては、指定管理者制度の導入及び有料公園施設の設置がされたことによるものでございます。
 これに伴いまして、5条を新たに追加及び条文の整理を行うことにより、現行条例「第15条」を「第20条」とするものであります。
 下から6行目でございますが、第6条を第8条とし、同条の次に第9条、有料公園施設の利用時間、第10条、有料公園施設の休業日を加えたものであります。
 はねていただきまして、上から7行目でございますが、第7条、利用の禁止または制限では、条文の整理とあわせて新たに第3号において暴力団廃止条項を加えるものであります。
 次に、下から6行目でございますが、第3条を第5条とし、第2条の次に第3条、管理の代行及び第4条では指定管理者が行う業務を加えたものであります。
 右ページ下から3行目をお願いします。
 別表第2中「(第6条関係)」を「(第8条関係)」に改め、同表に「祖父江ワイルドネイチャー緑地、電気施設」を加えるものでございます。
 はねていただきまして、別表第4中「(第10条関係)」を「(第14条関係)」に改め、同表に「祖父江ワイルドネイチャー緑地、電気施設を使用する場合、1時間につき 210円」を加え、別表第5とするものあります。
 上から8行目でございますが、別表第2の次に次の1表を加え、別表第3に「祖父江ワイルドネイチャー緑地、電気施設の利用時間」を加えるものであります。
 付則といたしまして、この条例は平成20年4月1日から施行するものであります。
 別表第2の祖父江ワイルドネイチャー緑地の項を加える改正規定、別表第3を別表第4とし、別表第2の次に1表を加える改正規定及び別表第4を別表第5とし、同表に祖父江ワイルドネイチャー緑地の項を加える改正規定は、公布の日から施行するものであります。
 2といたしまして、条例による改正後、都市公園条例第3条第3項の規定は、条例の施行の日以後に許可を受けたものについては適用し、施行日前に利用の許可を受けたものについては、従前の例によるものとする。
 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。
◎教育部長(宇佐美裕君)
───────────────────────────────────────────
議案第61号
 稲沢市球技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正
        する条例について
 稲沢市球技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるもの
とする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、このたびの条例の一部改正につきましては、他施設と同様、指定管理者制度を導入するため、条例の一部を改正いたすものでございます。
 初めに、条文番号の変更・整理をし、第3条で開場時間を、第4条で休場日を、現行規則から改正条文本文へ移行する形で定めさせていただいております。
 はねていただきまして、第5条は管理の代行として、球技場の管理を指定管理者に行わせることができる規定を定め、第6条は指定管理者が行う業務を定めたものでございます。
 付則第1項といたしまして、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 第2項は経過規定でございます。
 次に、議案第62号をお願いいたします。
───────────────────────────────────────────
議案第62号
        稲沢市陸上競技場の設置及び管理に関する条例の一部を改
        正する条例について
 稲沢市陸上競技場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、この条例も前議案同様の趣旨でございまして、初めに条文番号の変更・整理をし、第3条で開場時間を、第4条で休場日を規則から改正条例本文へ移行する形で定めさせていただいております。
 第5条、管理の代行で、指定管理者に管理の代行を行わせることができる規定を定め、はねていただきまして、第6条は指定管理者が行う業務を定めたものでございます。
 付則第1項といたしまして、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 第2項は経過規定でございます。
 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。
◎消防長(渡邉義憲君)
───────────────────────────────────────────
議案第63号
 稲沢市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
        について
 稲沢市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものとする。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、今回の条例の一部改正につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が平成19年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、改正するものでございます。
 第5条、補償基礎額の第3項につきましては、配偶者以外の3人目以降の扶養親族に係る加算額を2人目までの扶養親族に係る加算額と同額の 200円に引き上げるものでございます。
 付則といたしましては、この条例は公布の日から施行するものでございます。
 第2項は経過措置でございます。
 よろしく御審議賜りますようお願いいたします。以上でございます。
◎市長公室長(山内一幸君)
───────────────────────────────────────────
議案第64号
 稲沢市基本構想について
 稲沢市基本構想を別紙のとおり定めるため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第2条第4項の規定により議会の議決を求める。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 次のページをお願いいたします。
 今回御提案申し上げます基本構想につきまして御説明を申し上げます。
 平成17年4月に稲沢市、祖父江町、平和町の1市2町の合併により、新しい稲沢市が発足しました。現在、本市には平成15年度を初年度とする第4次稲沢市総合計画が存在しておりますが、合併後の新たな市域を対象としたものではございません。本市は、このたびの市町の合併により市域が拡大したこと、また合併協議会のもとで策定しました新市建設計画の推進を図り、さらには少子・高齢化や地球環境問題の進展等の社会状況の変化に対応していくために、総合的かつ計画的な行政運営を図るための計画策定が急務となっているところでございます。このことから、新たに第5次稲沢市総合計画を策定するに当たり、基本構想を定めるものでございます。
 基本構想を構成いたします1.まちづくりの基本理念につきましては、1市2町の合併協議会が市町合併に向けて策定しました新市建設計画を踏襲し、豊かな環境と心の豊かさを創造するまちづくりの創造、地域の歴史・文化を大切にし、人・物・情報が活発に行き交うまちづくりの交流と自立した行政経営、市民と行政が協働し、持続的発展するまちづくりの充実、すなわち創造、交流、そして自立の三つをまちづくりの基本理念として定めるものでございます。
 はねていただきまして、次に、2.将来都市像につきましては、まちづくりの基本理念に基づきまして、本市の将来都市像を「自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く 文化創造都市」と定め、市民と行政がそれぞれの役割を担い、協働して愛着と誇りの持てるまちの実現を目指すものでございます。
 次に、3.施策の大綱でございます。将来都市像を実現するために、本市の全施策を、一つ、安心して元気に暮らせるまち、二つ、環境に優しく安全なまち、はねていただきまして、三つ、活力ある未来を開くまち、四つ、郷土を愛し豊かな心をはぐくむまちの四つの分野に大別し、そのもとに27項目からなる施策体系で取り組むものでございます。
 次に、4.構想の推進に向けましては、地方分権の推進のもとで厳しい今日的社会経済情勢、本市の財政状況を踏まえ、事務事業の効率化を図る中で多様化する市民ニーズに迅速・的確に対応できる行政経営を推進するとともに、市民参加のもとで市民と行政との協働によるまちづくりとする基本構想のもと、第5次稲沢市総合計画を策定し、計画の実現に取り組んでまいるものでございます。
 以上、基本構想につきまして御説明をさせていただきました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。
◎総務部長(森正隆君)
───────────────────────────────────────────
議案第65号
 普通貨物自動車(塵芥車4t)の物品供給契約の締結について
 普通貨物自動車(塵芥車4t)の物品買入れについて、下記のとおり物品供給契約を締結するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和41年稲沢市条例第10号)第3条の規定により議会の議決を求める。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
                    記
 1 契約の目的   普通貨物自動車(塵芥車4t)の購入
 2 契約の方法   指名競争入札
 3 契約金額    金14,678,510円
 4 契約の相手方  名古屋市中区千代田一丁目8番10号
           バン自動車株式会社
           代表取締役 坂 満夫
───────────────────────────────────────────
 内容でございますが、環境センターへ配置いたすもので、ごみ収集車の購入でございます。4トンパッカー車2台でございます。
 次ページに仮契約書を添付いたしてございます。御参照の上、御審議賜りますようお願いを申し上げます。
 次に、議案第66号をお願い申し上げます。
───────────────────────────────────────────
議案第66号
           救助工作車の物品供給契約の締結について
 救助工作車の物品買入れについて、下記のとおり物品供給契約を締結するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和41年稲沢市条例第10号)第3条の規定により議会の議決を求める。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
                    記
 1 契約の目的   救助工作車の購入
 2 契約の方法   指名競争入札
 3 契約金額    金66,412,157円
 4 契約の相手方  名古屋市中区栄五丁目1番35号
           株式会社モリタ名古屋支店
           支店長 中川龍太郎
───────────────────────────────────────────
 内容でございますが、平成4年に購入いたしました救助工作車の更新で購入をいたすものでございます。7トン車で消防無線機の装備を初めウインチ、クレーン、自動上昇式発電照明灯や救助資機材、ジャッキ、油圧切断機など設備を有する車両でございます。
 次ページに仮契約書を添付いたしてございます。御参照の上、御審議賜りますようお願いを申し上げます。
───────────────────────────────────────────
議案第67号
        システム食器洗浄機ほかの物品供給契約の締結について
 システム食器洗浄機ほかの物品買入れについて、下記のとおり物品供給契約を締結するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号及び稲沢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和41年稲沢市条例第10号)第3条の規定により議会の議決を求める。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
                    記
 1 契約の目的   システム食器洗浄機ほかの購入
 2 契約の方法   指名競争入札
 3 契約金額    金76,650,000円
 4 契約の相手方  名古屋市中区名駅南三丁目13番20号
           株式会社中西製作所名古屋支店
           支店長 平山康雄
───────────────────────────────────────────
 内容でございますが、祖父江給食センター及び平和給食センターの給食用備品システム食器洗浄機を老朽に対応するため購入いたすものでございます。洗浄5レーン処理方式で、食器自動供給装置、食器自動整理装置等、装備いたしているものでございます。
 次ページに仮契約書を添付いたしてございます。御参照の上、御審議賜りますようお願いを申し上げます。
 次に、議案第68号をお願い申し上げます。
───────────────────────────────────────────
議案第68号
          平成19年度稲沢市一般会計補正予算(第1号)
 平成19年度稲沢市一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額40,280,000千円に歳入歳出それぞれ 207,316千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40,487,316千円とする。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
(債務負担行為の補正)
第2条 債務負担行為の追加は、「第2表 債務負担行為補正」による。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、第1表 歳入歳出予算補正。
 歳入から順次御説明申し上げます。
 14款県支出金、2項県補助金、補正額 198万 1,000円につきましては、本年7月からの愛知県の新たな補助制度であります通所授産施設利用奨励金支給事業費補助金 111万 5,000円、共同生活介護等支援事業費補助金86万 6,000円を計上いたすものでございます。
 3項委託金、補正額 658万 7,000円につきましては、新たに愛知県から研究指定校の指定がございましたので、学校教育研究委嘱校研究委託金を追加計上いたすものでございます。
 18款繰越金、1項繰越金、補正額1億 9,874万 8,000円につきましては、今回の補正予算に係る財源調整といたしまして、前年度繰越金を追加計上いたすものでございます。
 次に、歳出の主なものについて御説明をさせていただきます。
 2款総務費、1項総務管理費、補正額30万円につきましては、浄化槽の新設に伴います地区集会場整備費補助金を追加計上いたすものでございます。
 3款民生費、1項社会福祉費、補正額 187万円につきましては、今年7月から愛知県が新たな補助制度として事業開始いたします通所授産施設利用奨励金 223万 1,000円、共同生活介護等支援事業費助成金 173万 3,000円を予算措置いたすとともに、補助制度の廃止により療育作業所運営費補助金 209万 4,000円を減額いたすものでございます。
 3項老人福祉費、補正額53万円につきましては、祖父江ふれあいの郷施設整備用備品を計上いたすものでございます。
 5款労働費、1項労働諸費、補正額58万 8,000円につきましては、少年愛護センターの道路案内標識を取りかえるための手数料を計上いたすものでございます。
 8款土木費、2項道路橋りょう費、補正額1億 7,840万円につきましては、幹線道路、生活道路の整備を促進するため、道路新設改良費といたしまして、道路舗装改良工事費1億 6,000万円、用地取得費 1,080万円、物件移転補償費 500万円など増額措置をいたすものでございます。
 4項都市計画費、補正額 1,229万円の主なものにつきましては、集中処理浄化槽地区の処理施設の改修に対する補助金といたしまして、債務負担行為の設定をお願いいたしますので、本年度分の 1,200万円を計上いたすものでございます。
 10款教育費、1項教育総務費、補正額 658万 7,000円につきましては、愛知県から新たな研究指定がございましたので、研究指定校事業委託料を追加計上いたすものでございます。
 2項小学校費、補正額 396万円及び3項の中学校費、補正額 279万 1,000円につきましては、
文部科学省の学校図書館図書整備5ヵ年計画に基づき、学校図書の購入費を追加計上いたすものでございます。
 次に、はねていただきまして、第2表 債務負担行為補正をお願いします。
 第2表 債務負担行為補正。
 1.債務負担行為の追加でございますが、事項といたしまして、集中処理浄化槽地区施設改修事業補助金につきまして、債務負担行為の追加をお願いいたすものでございます。
 名鉄団地区の管路布設がえに対する補助でございます。
 期間につきましては平成19年度から平成21年度まで、限度額は 4,774万円で設定をお願いいたすものでございます。
 以下5ページから19ページにかけまして、事項別明細書等を添付いたしてございますので、御参照の上、御審議賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。
◎福祉保健部長(安藤兼光君)
 20ページをお願いいたします。
───────────────────────────────────────────
議案第69号
        平成19年度稲沢市老人保健特別会計補正予算(第1号)
 平成19年度稲沢市老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。
(歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額 9,070,958千円に歳入歳出それぞれ38,239千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ 9,109,197千円とする。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 平成19年6月4日提出
                            稲沢市長 大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 第1表 歳入歳出予算補正。
 歳入から順次御説明申し上げます。
 5款1項繰越金、補正額 3,823万 9,000円につきましては、前年度繰越金を歳出の財源に充てるため補正するものでございます。
 はねていただきまして、次に歳出について御説明申し上げます。
 4款諸支出金、1項償還金、補正額 3,823万 9,000円につきましては、前年度医療費交付金の額の確定により精算いたすものでございます。
 以下23ページから29ページにかけまして、事項別明細書を添付いたしておりますので、御参
照の上、御審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。以上でございます。
○議長(服部開一君)
 説明が終わりました。
 本日はこの程度にとどめ、6日まで休会いたしまして、7日午前9時30分から質疑及び一般質問を行います。
 本日はこれをもって散会いたします。
                                午前10時18分 散会