議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 稲沢市

平成19年第 2回 3月定例会−03月23日-06号




平成19年第 2回 3月定例会
    議 事 日 程 (第6号)
                      3月23日(金曜日)午前9時30分 開議

 第1 議案第2号 稲沢市副市長の定数を定める条例の制定について
 第2 議案第3号 稲沢市表彰条例の一部を改正する条例について
 第3 議案第4号 稲沢市職員の定年等に関する条例の一部を改正する条例について
 第4 議案第5号 稲沢市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
 第5 議案第6号 稲沢市職員互助会条例の一部を改正する条例について
 第6 議案第7号 稲沢市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について
 第7 議案第8号 稲沢市報酬額及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について
 第8 議案第9号 稲沢市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 第9 議案第10号 稲沢市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について
 第10 議案第11号 稲沢市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
 第11 議案第12号 稲沢市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について
 第12 議案第13号 特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例について
 第13 議案第14号 稲沢市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例について
 第14 議案第15号 稲沢市地区市民センター設置条例の一部を改正する条例について
 第15 議案第16号 稲沢市行政情報公開条例の一部を改正する条例について
 第16 議案第17号 稲沢市個人情報保護条例の一部を改正する条例について
 第17 議案第18号 稲沢市行政財産の目的外使用に関する使用料条例の一部を改正する条例について
 第18 議案第19号 稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例について
 第19 議案第20号 稲沢市災害対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について
 第20 議案第21号 稲沢市障害者扶助料支給条例の一部を改正する条例について
 第21 議案第22号 稲沢市保育の実施に関する条例の一部を改正する条例について
 第22 議案第23号 稲沢市母子家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について
 第23 議案第24号 稲沢市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について
 第24 議案第25号 稲沢市精神障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例につい

 第25 議案第26号 稲沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
 第26 議案第27号 稲沢市祖父江斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第27 議案第28号 稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例について
 第28 議案第29号 稲沢市立勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第29 議案第30号 稲沢市勤労青少年体育センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について
 第30 議案第31号 尾張農業共済事務組合規約の一部を改正する規約について
 第31 議案第32号 都市計画道路名古屋岐阜線工事に関する契約の変更について
 第32 議案第33号 平成19年度稲沢市一般会計予算
 第33 議案第34号 平成19年度稲沢市国民健康保険特別会計予算
 第34 議案第35号 平成19年度稲沢市老人保健特別会計予算
 第35 議案第36号 平成19年度稲沢市介護保険特別会計予算
 第36 議案第37号 平成19年度稲沢市祖父江霊園事業特別会計予算
 第37 議案第38号 平成19年度稲沢市公共下水道事業特別会計予算
 第38 議案第39号 平成19年度稲沢市農業集落排水事業特別会計予算
 第39 議案第40号 平成19年度稲沢市コミュニティ・プラント事業特別会計予算
 第40 議案第41号 平成19年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計予算
 第41 議案第42号 平成19年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計予算
 第42 議案第43号 平成19年度稲沢市稲沢市民病院事業会計予算
 第43 議案第44号 平成19年度稲沢市水道事業会計予算
 第44 議案第45号 平成18年度稲沢市一般会計補正予算(第5号)
 第45 議案第46号 平成18年度稲沢市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 第46 議案第47号 平成18年度稲沢市介護保険特別会計補正予算(第4号)
 第47 議案第48号 平成18年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
 第48 議案第49号 平成18年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
 第49 請願第1号 巡回バスの運行を求める請願
 第50 議案第50号 平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 第51 同意案第2号 公平委員会委員の選任について
 第52 同意案第3号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
 第53 議会運営委員会における閉会中の継続調査事項について

出 席 議 員(57名)
   議席番号     氏   名         議席番号     氏   名
     1番    鈴 木   洋          2番    矢 野 滿 子
     3番    渡 邉 和 明          4番    曽我部 博 隆
     5番    渡 辺 泰 子          6番    安 部 勝 士
     7番    茶 原 孝 子          8番    渡 辺 幸 保
     9番    星 野 俊 次         10番    杤 本 敏 子
    11番    加 藤 錠司郎         12番    杉 山 茂 和
    13番    梶 浦 日出夫         14番    酒 井 律 治
    15番    石 田 正 俊         16番    天 野   晋
    17番    吉 川 隆 之         18番    川 合 正 剛
    19番    栗 田 文 雄         20番    山 田 一 己
    21番    長 屋 宗 正         23番    玉 田 欽 也
    24番    今 井 公 平         25番    出 口 勝 実
    26番    中 谷 弘 次         27番    下り松 良 紀
    28番    黒 田 幸 雄         29番    近 藤 正 春
    30番    橋 本 睦 男         31番    山 ? 信 義
    32番    正 村 洋 右         34番    山 田 宗 廣
    35番    箕 浦 敞 夫         36番    桜 木 琢 磨
    37番    恒 川 宣 彦         38番    津 坂 茂 雄
    39番    山 田 武 夫         40番    渡 辺   菱
    41番    野 村 英 治         42番    石 田 良 則
    43番    仙 石   稔         44番    大河内   明
    45番    加 賀 盛 勝         46番    飯 田 辰 男
    47番    石 田   茂         48番    安 井 利 彦
    49番    服 部   猛         50番    平 野 寛 和
    51番    竹 内 義 一         52番    日 比 三 郎
    54番    光 田   弘         55番    内 藤 和 秀
    56番    平 手 久 志         57番    服 部 開 一
    58番    松 田 俊 彦         59番    飯 田 瑛 一
    60番    坂 上 国 弘         

欠 席 議 員(1名)
    53番    古 山 靖 夫  

欠 番
    22番    33番

地方自治法第121条の規定により出席を求めた者
  市     長  大 野 紀 明       助     役  大 木 和 也
  教  育  長  服 部 義 逸       市長公室長    平 山 隆 義
                         総務部長兼選挙管理委員会事務局書記長
  市長公室次長   中 島 敏 雄                森   正 隆
                         総務部次長兼固定資産評価審査委員会書記
  総務部次長    伊 藤 善 男                木 全 勝 己
  福祉保健部長   安 藤 兼 光       福祉保健部次長  宇佐美   裕
  福祉保健部次長  川 口 俊 之       福祉保健部次長  福 田 勝 行
  福祉保健部次長  中 野 真 澄       福祉保健部調整監 野 村 芳 子
  経済環境部長   斉 場 一 雄       経済環境部次長  住 田   正
  経済環境部次長  山 内 一 幸       経済環境部次長  神 田 昭 次
  建 設 部 長  太 田 繁 美       建設部次長    磯 野 栄 一
  建設部次長    安 井 正 己       建設部調整監   吉 田 克 己
  上下水道部長   西 部 孝 士       上下水道部次長  林   義 信
  上下水道部次長  鹿 島 清 春       祖父江支所長   塚 本 義 勝
  祖父江支所次長  佐 藤 公 俊       祖父江支所次長  大 西 善 嗣
  平和支所長    横 井 彰 夫       平和支所次長   橋 本 正 人
  市民病院事務局長 魚 住 文 明       市民病院事務局次長佐 藤 信 夫
  教 育 部 長  吉 田 哲 夫       教育部次長    後 藤   博
  教育部次長    田 中   豊       消  防  長  渡 辺 義 憲
  消防本部次長   柴 田 勇 三       消防本部消防署長 家 田 金 一
  人 事 課 長  山 内 教 義       企 画 課 長  杉 原 利 秋
  情報推進課長   川 勝 建 治       地域振興課長   礒 野   豊
  総務課長兼公平委員会事務局長兼                        
  選挙管理委員会事務局書記次長                         
           木 村 勝 美       財 政 課 長  真 野 宏 男
  課 税 課 長  小 林 資 朗       生活安全課長   伊 藤   進
  市 民 課 長  山 田 和 春       保健センター所長 伊 藤 正 興
  商 工 課 長  魚 住 房 夫       環境保全課統括主幹吉 川 永 浩
  ごみ対策課長   川 合 幸 夫       用 地 課 長  鈴 木 敏 朗
  都市計画課長   渡 辺 茂 治       建 築 課 長  雑 子 政 明
  建築課統括主幹  大 島 正 樹       水道業務課統括主幹尾 崎 繁 博
                         祖父江支所経済建設課長     
  下水道課統括主幹 牛 田   豊                細 野 紀 正
  祖父江支所経済建設課統括主幹         平和支所市民福祉課長      
           松 永 博 光                安 田 邦 孝
  平和支所経済建設課長                             
           鈴 木 正 幸       市民病院管理課長 小 崎   悟
  市民病院医事課長 加 藤 元 近       会 計 課 長  住 田 和 彦
  庶 務 課 長  松 田 俊 行       学校教育課長   吉 川 光 彦
  スポーツ課長   山 田   洋       図書館統括主幹  山 田 耕 作
  美 術 館 長  石 田 秀 雄       消防本部総務課長 浅 野 広 道
  農業委員会事務局長永 田 友 英       監査委員事務局長 石 黒 太美男

議会事務局職員出席者
  議会事務局長   渡 辺   肇       議会事務局次長  野 村   一
  議事課主幹    岡 村 辰次郎       議事課主幹    斉 藤 達 誠
  議事課副主幹   近 藤 宗 明       議事課主査    森     章
  議事課書記    長 崎 義 貴


                                午前9時30分 開議
○議長(服部開一君)
 おはようございます。
 ただいまから継続議会の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は57名でありますので、議会の成立を認めます。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、これをもって報告にかえます。
 これより日程に入ります。
 日程第1、議案第2号稲沢市副市長の定数を定める条例の制定についてから、日程第48、議案第49号平成18年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)までを一括議題といたします。
 この際、各委員長の報告を求めます。
 総務委員長、正村洋右君。
◎総務委員長(正村洋右君) (登壇)
 おはようございます。
 総務委員会の報告を申し上げます。
 去る13日、総務委員会に付託になりました議案第2号から18号、20号、33号平成19年度稲沢市一般会計予算のうち、歳出1款、2款1項の所管費目、2項、4項、5項、6項、9款、11款、12款、歳入、継続費、債務負担行為、地方債については委員会の所管費目、議案第45号平成18年度稲沢市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳出2款、9款、12款、歳入、繰越明許費補正については委員会の所管費目について、総務委員会を14日午前9時30分から市役所議員総会室において開催し、審査いたしました結果、議案第2号、3号、4号、5号、6号、7号、8号、9号、10号、14号、15号、16号、17号、18号は全会一致で、議案第11号、12号、13号、20号、33号、45号は賛成多数でいずれも原案を可と認めました。
 以上、総務委員会の報告を終わります。
○議長(服部開一君)
 厚生委員長、日比三郎君。
◎厚生委員長(日比三郎君) (登壇)
 おはようございます。
 厚生委員会の報告を申し上げます。
 去る13日、厚生委員会に付託になりました議案第19号、21号から26号、33号平成19年度稲沢市一般会計予算のうち、歳出2款3項、3款、4款1項の所管費目、3項の所管費目、歳入、地方債については委員会の所管費目、34号から36号、43号、45号平成18年度稲沢市一般会計補
正予算(第5号)のうち、歳出3款、歳入、繰越明許費補正、地方債補正については委員会の所管費目、46号、47号について、厚生委員会を15日午前9時30分から市役所議員総会室において開催し、審査いたしました結果、議案第19号、26号、33号、34号、35号、36号、43号、47号は賛成多数で、議案第21号、22号、23号、24号、25号、45号、46号は全会一致で、いずれも原案を可と認めました。
 以上、厚生委員会の報告を終わります。
○議長(服部開一君)
 建設委員長、服部 猛君。
◎建設委員長(服部猛君) (登壇)
 建設委員会の報告を申し上げます。
 去る13日、建設委員会に付託になりました議案第28号、32号、33号平成19年度稲沢市一般会計予算のうち、歳出4款3項の所管費目、8款、歳入、継続費、債務負担行為、地方債については委員会の所管費目、38号から42号、44号、45号平成18年度稲沢市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳出8款、歳入、繰越明許費補正、地方債補正については委員会の所管費目、48号、49号について、建設委員会を16日午前9時30分から市役所議員総会室において開催し、審査いたしました結果、議案第28号、32号、40号、45号、48号、49号は全会一致で、議案第33号、38号、39号、41号、42号、44号は賛成多数で、いずれも原案を可と認めました。
 以上、建設委員会の報告を終わります。
○議長(服部開一君)
 文教経済委員長、今井公平君。
◎文教経済委員長(今井公平君) (登壇)
 おはようございます。
 文教経済委員会の報告を申し上げます。
 去る13日、文教経済委員会に付託になりました議案第27号、29号から31号、33号平成19年度稲沢市一般会計予算のうち、歳出2款1項の所管費目、4款1項の所管費目、2項、5款、6款、7款、10款、歳入、継続費、債務負担行為、地方債については委員会の所管費目、37号、45号平成18年度稲沢市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳出4款、6款、7款、10款、歳入、繰越明許費補正、地方債補正については委員会の所管費目について、文教経済委員会を19日午前9時30分から市役所議員総会室において開催し、審査いたしました結果、議案第27号、33号は賛成多数で、議案第29号、30号、31号、37号、45号は全会一致で、いずれも原案を可と認めました。
 以上、文教経済委員会の報告を終わります。
○議長(服部開一君)
 報告が終わりました。
 これに対し質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって委員長報告に対する質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
 最初に、反対討論の発言を許します。
 渡辺幸保君。
◆8番(渡辺幸保君) (登壇)
 おはようございます。日本共産党を代表して、反対討論を行います。
 反対の議案ですが、議案第11号稲沢市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第12号稲沢市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について、議案第13号特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例について、議案第19号稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第20号稲沢市災害対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について、議案第26号稲沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第27号稲沢市祖父江斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第33号平成19年度稲沢市一般会計予算、議案第34号平成19年度稲沢市国民健康保険特別会計予算、議案第35号平成19年度稲沢市老人保健特別会計予算、議案第36号平成19年度稲沢市介護保険特別会計予算、議案第38号平成19年度稲沢市公共下水道事業特別会計予算、議案第39号平成19年度稲沢市農業集落排水事業特別会計予算、議案第41号平成19年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計予算、議案第42号平成19年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計予算、議案第43号平成19年度稲沢市稲沢市民病院事業会計予算、議案第44号平成19年度稲沢市水道事業会計予算及び議案第47号平成18年度稲沢市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、反対の立場から討論を行います。
 まず議案第11号稲沢市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について及び議案第12号稲沢市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について、反対する理由は、公務員の諸手当の削減、すなわち人件費の削減は、民間の人件費削減圧力になり、官民の人件費を削減する悪の連鎖を生み、国民を一層貧困と生活苦に追いやることになるからであります。
 条例が改正されると、第1に持ち家に対する住居手当が世帯主に限定されるために、水道や病院を含めた稲沢市の職員への影響は 434人、 1,564万円の削減。第2に、2キロ以内の通勤手当、これの原則廃止による影響は 195人、 796万円の削減です。第3に、時間給の計算根拠から特殊勤務手当を削除する、これは一般職の時間外手当、休日手当、夜間手当を削減することになり、 500万円以上の削減になると推計されています。合わせると、約 2,800万円以上の
削減になると見込まれています。また、市民病院や環境センター、あるいは祖父江斎場などの年末年始の手当も廃止されることになるわけです。これらの条例改正は、議案第33号、34号、36号、38号、39号、41号、42号、43号及び44号に影響するわけです。
 大企業が史上空前の大もうけをしている一方で、官民によるリストラ、非正規職員化で労働者の賃金が1997年の 279.7兆円から2005年度の 259.6兆円、約20兆 1,000億円も減っているわけです。労働分配率は下がり続けているわけです。このように、公務員攻撃による賃金と諸手当の削減は、労働者全体の不安定雇用、民間の賃金引き下げの圧力になって、この傾向に拍車をかけることになるのは明らかです。ですから、私どもは容認することはできません。
 次に、議案第13号特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例については、地方自治法改正に伴う措置でありますが、問題なのは市長や助役、副市長の退職金がわずか4年間の勤務で、市長の場合 1,791万円、副市長は 985万 2,000円も支払われるということです。こうした高額の退職金支払いは、市民感覚からもかけ離れ、市民の理解を得ることはできないと思います。是正するよう要求するわけです。
 次に、議案第19号稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例については、障害者授産施設まつのき作業所を利用する障害者から1ヵ月3万 7,200円を上限に利用料を徴収するというものです。障害者自立支援法の成立で、障害者施設などを利用すると、負担能力に関係なく1割の利用料を負担しなければならなくなりました。そのため、せっかく施設が整備されても利用できない深刻な事態になっています。障害者自立支援法は、自立を支援するどころか、障害者の自立を阻害しています。そのため、障害者やその家族、関係者は粘り強く国に対して働きかけて、とうとう国は8年度まで特別対策として打ち出しました。特別対策では、8年度までは新体系への移行を猶予するという内容です。したがって、慌てて1割の利用者負担を取る必要は全くないわけです。利用者、あるいはその家族、関係者の理解と納得を得て進めていくべきだと考えます。
 もともと特別対策を打ち出さざるを得なかったもとには、障害者自立支援法による応益負担にあり、障害者施設を充実していく上からも、市長が先頭に立って国に対し、応益負担の撤回を要求していくべきだと考えます。
 議案第20号稲沢市災害対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例については、国民保護法、国民保護計画に基づく派遣に対して手当を払うことができるようにする改正です。国民保護法は、ミサイルが飛んできたら家の中に入れという荒唐無稽の計画です。国民保護に名をかりて、戦争に国民を動員する体制づくりにあるわけです。戦争を前提とした業務の拡大を絶対に認めることはできません。戦争を放棄した平和憲法の理念を徹底する、市長がその先頭に立つことを強く求めるわけです。
 次に、議案第26号稲沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、国保加入者の
葬祭に対する支出を6万円から5万円に削減し、議案第27号稲沢市祖父江斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についても、1回 1,500円で利用できていたライトバンタイプの霊柩車を廃止するという内容です。今、葬式をするにしても、最低でも数十万円かかると言われています。こうした中で、葬祭費の削減、あるいは霊柩車の廃止は、亡くなった方にむちを打つものと思うわけです。こうしたことは到底容認できるわけではありません。撤回することを求めるわけです。
 次に、議案第33号平成19年度稲沢市一般会計予算、議案第34号平成19年度稲沢市国民健康保険特別会計予算、議案第35号平成19年度稲沢市老人保健特別会計予算、議案第36号平成19年度稲沢市介護保険特別会計予算及び議案第47号平成18年度稲沢市介護保険特別会計補正予算(第4号)、これについては関連していますので、一括して反対の討論を行います。
 反対する第1の理由は、市民が大負担増に苦しんでいるにもかかわらず、市民の暮らし、福祉を応援する予算になっていないということです。老年者控除の廃止など、高齢者の方々は大増税に苦しみ、さらに定率減税の縮小・廃止、この負担増が襲っているわけです。市民税の負担増とこれに連動して負担がふえる国保税や介護保険料を合わせると、増税が始まる前の平成15年度と増税による緩和措置が終わる平成21年度を比較すると、市民の負担増は単年度で11億円を超えることが明らかになりました。負担増は、これにとどまるものではありません。大負担増のさなかに、生活保護に対する高齢者加算や母子加算が廃止され、医療や介護へのホテルコストの導入、障害者自立支援法による応益1割負担の導入など、社会保障がばっさり切り捨てられているわけです。こうした影響もあって、生活保護世帯は、この10年間で 1.5倍、就学援助を受けている児童・生徒は3倍と、深刻な事態になっているわけです。ところが、大野市長は、市民の暮らし、福祉を守る防波堤になっていないということです。
 例えば、高齢者に対する布団洗濯乾燥サービスや、紙おむつなどの在宅介護用品給付事業、寝たきり認知症の家族に支給している手当などに所得制限を設け、多くの人がその対象から外され、利用できない状況をつくり出し、服部市政を引き継ぎ、深刻な事態をつくり出しているわけです。この点は、市長も実態を調査すると認めざるを得ませんでした。
 国保の滞納者は、平成14年の 3,434人、それが今日、18年度には 4,877人、 1.4倍にふえているわけです。収納率も年々下がり続け、平成17年度には67%、国保税の3分の1が滞納になっているわけです。第二の年金そのものと言わなければなりません。ここに払いたくても国保税が高過ぎて払えない、深刻な実態があることは明らかです。
 祖父江町地域では、6年間、毎年国保税が値上げされます。保健予防活動を充実して医療費の高騰を抑えるとともに、何よりも払える国保税にすることです。そのために、国に国庫補助をふやすよう求めるとともに、当面一般会計から繰り入れをふやして、払える国保税にするべきです。稲沢市の国保特別会計への一般会計からの繰り入れは、1人当たり 2,600円で、愛知
県下の市の平均の半額以下です。稲沢市では、一般会計からの繰り入れは福祉医療制度波及分、国保税の減免措置分、保健事業を基準としているわけです。高齢者の非課税措置の廃止で、市単独の減免措置が段階的に廃止されるために、一般会計からの繰り入れは今より一層少なくなっていくことも明らかです。一般会計からの繰り入れは、合併前の3分の1以下に減っているわけです。せめて合併前の水準に戻すべきで、高過ぎて払えない事態を改善することを強く要求します。
 次に、介護保険料は平成18年度 1.5倍近く値上げになりました。第3期の介護保険計画でも、平成21年度には保険料を値上げしなければやっていけないという計画になっています。その上、介護予防事業を介護保険特別会計に押しつけてきたわけです。その結果、健康体操、こうした教室などの介護予防活動を熱心に行えば行うほど介護保険料を値上げしなければならなくなりました。すなわち、高い介護保険料を払ってサービスを充実するのか、それとも保険料もサービス内容も低い水準で我慢するのか、二者択一が迫られているわけです。また、介護保険にもホテルコストが導入されたため、デイサービスや施設サービスの利用をあきらめざるを得ない、こうした事態に多くの人が巻き込まれているわけです。今、介護保険は保険あって介護なしから、保険料だけ取り立てて介護は受けさせない、こういった制度へと重大な変節を遂げています。こうした事態を解決するには、国の負担割合を抜本的に引き上げ、保険料を引き下げるよう国に要求するとともに、緊急避難措置として一般会計からの繰り入れを行う。そして、払える介護保険料にすべきです。介護保険は、国保と同じ地方自治体の自治事務であり、国からあれこれ指図されるいわれはありません。また、少数とはいえ、一般会計から繰り入れをしている自治体が既にあるわけです。一般会計からの繰り入れを行い、払える介護保険料にするとともに、介護保険料や利用料の減免、軽減制度の充実をし、必要な人が安心して介護サービスを利用できるようにすべきであります。市長の英断を求めるわけです。
 また、来年4月からの後期高齢者医療の準備費用が計上されています。後期高齢者医療制度が発足すると、年間約7万円前後と言われる保険料を1人当たり払わないと医療にもかかれなくなるわけです。高齢になると、病気などで医療にかかることが多くなります。保険料を払えず、その結果、医療にかかることすらできなくなれば、深刻な事態を招くことは明らかです。また、妊産婦無料健診についても、国は5回まで公費措置をするよう指導があるにもかかわらず、尾張11市中8市が2回までであるということを理由に、稲沢市も拡大しようとしないことも一つの点と指摘しなければなりません。
 以上、述べたように、福祉や社会保障制度があっても、必要とするときに利用できない、利用を抑制する、こういった予算になっていると思うわけです。また、防犯灯や児童遊園などの電気代や維持管理、こうしたものを地元に押しつけ、消防職員の不足で消防自動車の基準は5人であるにもかかわらず3人で出動しなければならず、防火査察も対象物件の 4.8%しか実施
できていないのが実情です。これは、大野市長が言う安心・安全の市政に逆行する事態と言わざるを得ません。早急に改善することを求めます。
 反対する第2の理由は、ずさんで無責任な予算になっているからであります。市営住宅のうち 136戸の流し台は、ガス台を置くと1メートルの高さになり、大変危険な状態で料理をしなければなりません。早急に改善すべきであるにもかかわらず、平成19年度予算では6戸分を改善するだけであります。このペースでは、すべてを取りかえるのに20年もかかる、こんな計算になります。高齢者が多い市営住宅で、危険な流し台を放置し続けることは人権問題でもあって、早急に改善することを求めます。また、市営住宅の浴室についても、住宅ストック計画は改善実施を明記しているにもかかわらず、ほとんど改善されていません。住宅マスタープラン、住宅ストック計画に合わせて 1,700万円もの税金を使いながら計画を実施しないのでは、何のための計画か、むだ遣いそのものであります。
 下水道計画の策定についても 410万円計上していますが、下水道はどうあるべきかの構想を全く示さず、業者に白紙委任して計画を策定しようとしています。下水道は、市財政にとっても大変負担の大きな事業であって、そのため公共下水道、農業集落排水事業、コミプラ、合併浄化槽を効率よく組み入れた計画を策定することが求められています。ところが、汚水適正化処理構想として策定された計画も、全く使い物にならない机上の計画に終わっています。全くむだ遣いであると考えます。稲沢市の地形、特性に合った科学的で効率的な下水道計画をみずからの計画として策定することを強く要求するものです。
 尾張西部都市拠点地区のB街区に多目的広場を整備するための実施設計委託料 735万円が計上されています。ところが、市民の声を計画にどのように反映していくのか、全く説明がされませんでした。無責任と言わざるを得ません。この地域の開発には、これまでも市民の声を反映した開発になっていないことであります。稲沢市の顔として30億円以上も税金を投入しながら、多くの市民が反対するパチンコ店が進出したというのが実態です。多目的広場の整備に当たっては、市民の声を聞いて進めることを強く要求するものです。
 反対する第3の理由は、国言いなりで地方自治を守り発展させる市政になっていないからであります。人件費の削減問題については、さきの条例改正のところで指摘したとおりであります。国は、地方に三位一体改革の名で地方交付税や国庫補助金の削減を押しつけてきています。一方で、地方の自主財源をふやすと言っていますが、実態はどうか。三位一体改革による稲沢市の財政への影響は2億 7,000万円以上の減収と説明しています。国の莫大な赤字のツケを地方に押しつけることは絶対許されません。さらに、地方交付税の中に新型交付税、頑張る地方応援プログラム、これらによる配分をしようとしていますが、これは地方自治体を国の言いなりになるように導くもので、地方分権にも逆行し、到底認めることはできません。
 また、大野市長は、服部市政の時代に策定した行革プランを忠実に実行しようとしています。
このプランは、国が要求している新地方行革指針、また次に出された地方行革新指針、これらで、その特徴は経営という名で福祉をばっさり切り捨てる。指定管理者制度の一層の推進で、自治体の行うべき仕事を民間に丸投げすることにあります。自治体の使命である住民福祉の増進という責務を投げ捨てるものであって、絶対に許されるものではありません。
 反対する第4の理由は、憲法を守り、平和を推進する市政になっていないからであります。
 国民を戦争に動員する体制づくりを進めている問題については、議案第20号のところで指摘したとおりであります。4月に文科省が進める全国学力テスト、これについても稲沢市も実施しようとしています。全国学力テストは、昨年末に強行した教育基本法改悪とあわせて、特定の価値観を国民に押しつけ、国の言いなりになる人づくりを行うことにあるわけです。憲法改悪とあわせて、戦争をする国にしようとすることは明らかであります。
 来年は、市制施行50年に当たります。国が日本を戦争する国に変えようとしているときだからこそ、非核平和都市宣言をした稲沢市にふさわしい平和の取り組みを行い、平和を発信する自治体になることを強く求めるわけです。
 以上が、反対する主な理由です。
 しかし、今回提案されている条例や予算の中には、子供や障害者の医療費助成の拡大、ブックスタートの実施や学校図書館司書補の充実、学校施設を中心とした耐震対策、学童保育所や保育園の整備など、これまで日本共産党が要求してきたものも予算化されており、こうした点は評価するものです。また、来年度の予算に巡回バスを検討する費用も計上されています。しかし、大野市長は、巡回バスを走らせることを前提とした検討だということを明言していません。市民の要求も強く、ぜひ実施を前提に知恵を出し合い検討することを求めて、反対討論を終わります。
○議長(服部開一君)
 次に、賛成討論の発言を許します。
 加藤錠司郎君。
◆11番(加藤錠司郎君) (登壇)
 おはようございます。
 議長さんから発言のお許しをいただきましたので、賛成討論をさせていただきます。
 日本経済は、企業部門の好調さが持続しており、国の平成19年度予算及び地方財政計画においても、税収の大幅な伸びを予測しております。景気の回復が引き続き維持されるとともに、今後は家計部門においても景気回復が実感できることを望むものであります。
 また、平成19年度は三位一体改革に伴い、国から地方への本格的な税源移譲が始まる年でございます。地方分権の推進、健全財政の維持のため、市民の皆さんの御理解、御協力を得ながら、行財政改革を一層推進され、より効率的で効果的な行財政経営が行われることを望むもの
でございます。
 それでは、それぞれの議案につきまして、私の賛成の意見を述べさせていただきたいと思います。
 議案第11号稲沢市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例及び議案第12号稲沢市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例につきましては、管理職手当、扶養手当、通勤手当、住居手当については、平成18年人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じたもの、あるいは支給要件を見直しされたものであり、また特殊勤務手当につきましては、国家公務員の手当をベースにするとともに、地方公共団体独自の手当については他団体を参考にして見直しを図られたものであり、適切な改正であり、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第13号特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例につきましては、地方自治法の改正による助役、収入役制度の見直しに伴うものであり、そのうち助役制度については、改正地方自治法の経過措置にもその選任及び残任期間等が引き継がれることが認定されており、副市長について改めて特別職報酬等審議会を開催し、給料、退職手当を決定する必要はないものと理解いたすもので、改正時期としても適切な措置であり、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第19号稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例でございます。今回の改正は、自立老人ホームヘルパー及び重度視覚障害者ガイドヘルパーの派遣手数料について、徴収時期の弾力的運用を図るものであり、障害児デイサービスについては、障害者自立支援法施行による指定基準の変更に伴う措置でございます。また、まつのき作業所において同様のサービスを提供している認可施設との均衡を図るため、障害者授産施設サービス手数料を新たに加え、障害のある方の自立と社会参加を促すための措置であると理解いたすものです。今後とも、福祉サービスの充実に努められ、障害のある方々の自立に向けて御尽力をいただくことを要望し、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第20号稲沢市災害対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例につきましては、市は住民の生命・身体及び財産を保護する責務があり、武力攻撃事態等から国民を保護するための措置を的確に実施する役割を担うものであります。災害内容や規模によっては、他の地方公共団体等からの職員の応援が必要となる場合が予測され、その他団体職員への手当の支払いは政令により条例で定めて支給することとなっております。今回の条例改正は、指定行政機関や地方公共団体等の応援体制を堅持するためにも必要であると理解いたすもので、国民保護対策に万全を期していただくようお願いいたしまして、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第26号稲沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、国民健康保険事業は本来、我が国の皆保険制度の中核として、地域の医療確保と住民の健康増進を担う
ものでございますが、近年、少子・高齢化が進む中、国民健康保険特別会計の財政状況はますます厳しくなってきております。このたびの改正は、平成18年度第4回稲沢市国民健康保険運営協議会において十分な審議のもとに答申いただいたものを尊重されており、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第27号稲沢市祖父江斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、ライトバン型霊柩車の運行業務を廃止いたすものですが、近隣自治体の運行状況、あるいは市の負担等も考慮いたしますと、やむを得ない措置であると理解いたすものであり、今後も斎場の効率的な運営に努めていただくよう要望いたし、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、予算関係議案についてでございます。
 議案第33号平成19年度稲沢市一般会計予算につきましては、大野新市長さんのもとで初めて予算編成提案されたものであり、新市建設計画、合併協定項目を基本に、少子化や子育て支援の施策に重点的に取り組むとともに、安心・安全で元気な稲沢の実現に向け編成されたものと理解いたしております。
 「活力ある稲沢をつくる」においては、継続中の春日井・稲沢線等の幹線道路の整備、土地区画整理事業の推進等の社会資本の整備に引き続き積極的に取り組まれ、市域の活性化を図られるとともに、観光基本計画の策定、須ヶ谷川桜堤の整備等により稲沢の魅力発信に努められているものです。
 「子育て・教育・福祉・健康を応援する」においては、不妊治療助成制度、ブックスタート事業の創設、乳幼児医療制度の助成拡充、乳幼児歯科検診時のフッ素塗布費用の無料化、また乳児保育を行うための大里西保育園の施設整備等、少子化対策、子育て支援に対する施策を充実され、教育関連につきましては、特別支援教育介助員、学校図書館司書補の増員等により、児童・生徒の学校教育環境の整備に配慮いただいております。
 また、福祉関連では、精神障害者の入院医療費の助成を創設され、予防接種や健康診断、がん検診の実施等により、市民の健康の維持・増進にも配慮されているものでございます。
 「良好な環境・安全をまもる」においては、耐震改修促進計画を策定し、小・中学校、保育園等の公共施設及び民間木造住宅の耐震対策を積極的に推進されるとともに、農地・水・環境保全向上事業を市内13地区で実施され、良好な環境づくりに努められるものです。
 地方財政を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続くと思われますが、市民の皆さんの期待にこたえるためにも、行財政改革に引き続き積極的に取り組んでいただき、健全財政を維持しつつ、新市の均衡ある発展をお願いいたしまして、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第34号平成19年度稲沢市国民健康保険特別会計予算、議案第35号平成19年度稲沢市老人保健特別会計予算及び議案第36号平成19年度稲沢市介護保険特別会計予算の各議案につ
いてでございます。
 少子・高齢化社会において、社会保険制度の医療保険はより重要度を増しており、国民健康保険、老人保健の両制度は、地域医療保険制度の両輪として、市民の健康保持と最適な医療制度の確保のため、運営がなされております。平成12年にスタートした介護保険につきましても、高齢化社会の進展に伴い、要介護者の増大が予測される中、適切な介護サービスを受給できる体制づくり、介護予防事業の充実に努めてみえるものでございます。また、平成20年度から創設される後期高齢者医療制度への移行についても対応をされておられ、今後も医療費の抑制に努められるとともに、国民健康保険税、介護保険料における被保険者の納付意識の高揚を図られ、各会計の健全財政の維持に努められることを要望いたしまして、それぞれの原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第38号平成19年度稲沢市公共下水道事業特別会計予算及び議案第39号平成19年度稲沢市農業集落排水事業特別会計予算の両議案につきましては、住民の生活環境向上のため、汚水処理施設の未整備地区につきまして、合併処理浄化槽、コミュニティ・プラントを含めた稲沢市域全体の効率的、効果的な排水整備を計画的に進めていただくとともに、健全かつ合理的な運営に努められますようお願いいたしまして、両議案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第41号平成19年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計予算及び議案第42号平成19年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計予算の両議案につきましては、都市基盤整備の実施により、良好な宅地提供等を行い、市街地の有効活用、市税収入の確保等を図る今後の稲沢市発展のための根幹となる事業と言えます。活力あるまちづくりを進めるためにも、新市街地の形成に向けての両区画整理事業の一日も早い完成が待たれているところであり、今後も一層の事業進捗に御尽力いただくことを要望いたしまして、両原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第43号平成19年度稲沢市稲沢市民病院事業会計予算につきましては、全国的に医師不足により公立病院の経営が苦境に立たされていることは、皆様も周知のところでありますが、稲沢市民病院につきましても例外でなく、市当局のさまざまな経営努力にもかかわらず、深刻な経営状態に陥り、その解決策に苦慮されているところです。本予算では、市民病院のあり方検討委員会の費用も計上されており、厳しい経営状況下ではありますが、市民の健康・安心を確保いただくとともに、病院経営の健全化にも一層努められるようお願いをいたしまして、原案に賛成いたすものでございます。
 次に、議案第44号平成19年度稲沢市水道事業会計予算につきましては、震災時のライフライン確保のため、石綿セメント管老朽管の更新事業に引き続き積極的に取り組まれるとともに、浄配水場の24時間運転管理体制の確立のための費用等が計上されております。市民の日常生活の根幹にかかわる事業でありますので、今後とも安全で安心な水の安定供給に努力いただくと
ともに、水道事業の健全経営をお願いいたし、本議案に賛成いたすものでございます。
 最後でございますが、議案第47号平成18年度稲沢市介護保険特別会計補正予算(第4号)についてでございます。今回の補正予算案につきましては、国の補正予算に対応し、平成20年度からスタートする後期高齢者医療制度に伴うシステム改修費用を計上されるものであり、必要不可欠な予算措置と理解いたすものであり、原案に賛成いたすものでございます。
 以上をもちまして、それぞれの議案に対します私の賛成討論を終わらせていただきます。議員各位の御賛同を賜りますよう心からお願い申し上げる次第でございます。ありがとうございました。
○議長(服部開一君)
 ほかに討論の通告がありませんので、これをもって討論を終結いたします。
               (「議長」と呼ぶ者あり)
 山田宗廣君。
◆34番(山田宗廣君)
 暫時休憩をお諮り願います。
               (「賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(服部開一君)
 ただいま山田宗廣君から休憩動議が提出され、賛成者がありますので動議は成立いたしました。
 本動議のとおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、暫時休憩いたします。
                                午前10時22分 休憩
                                午前10時35分 再開
○議長(服部開一君)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより直ちに採決いたします。
 議案第2号稲沢市副市長の定数を定める条例の制定についてから、議案第10号稲沢市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についてまでの各議案は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第2号から議案第10号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第11号稲沢市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてから、議案
第13号特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部を改正する条例についてまでの各議案は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第11号から議案第13号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第14号稲沢市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例についてから、議案第18号稲沢市行政財産の目的外使用に関する使用料条例の一部を改正する条例についてまでの各議案は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第14号から議案第18号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第19号稲沢市手数料徴収条例の一部を改正する条例については、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第19号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第20号稲沢市災害対策又は災害復旧のため派遣された職員に対する災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例については、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第20号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第21号稲沢市障害者扶助料支給条例の一部を改正する条例についてから、議案第25号稲沢市精神障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてまでの各議案は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第21号から議案第25号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第26号稲沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例について及び議案第27号稲沢市祖父江斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第26号及び議案第27号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第28号稲沢市都市公園条例の一部を改正する条例についてから、議案第32号都市
計画道路名古屋岐阜線工事に関する契約の変更についてまでの各議案は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第28号から議案第32号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第33号平成19年度稲沢市一般会計予算から議案第36号平成19年度稲沢市介護保険特別会計予算までの各議案は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第33号から議案第36号までの各議案は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第37号平成19年度稲沢市祖父江霊園事業特別会計予算は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第37号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第38号平成19年度稲沢市公共下水道事業特別会計予算及び議案第39号平成19年度稲沢市農業集落排水事業特別会計予算は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第38号及び議案第39号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第40号平成19年度稲沢市コミュニティ・プラント事業特別会計予算は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第40号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第41号平成19年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計予算及び議案第42号平成19年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計予算は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第41号及び議案第42号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第43号平成19年度稲沢市稲沢市民病院事業会計予算は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第43号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第44号平成19年度稲沢市水道事業会計予算は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第44号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第45号平成18年度稲沢市一般会計補正予算(第5号)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第45号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第46号平成18年度稲沢市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第46号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第47号平成18年度稲沢市介護保険特別会計補正予算(第4号)は、原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、議案第47号は、原案どおり可決されました。
 次に、議案第48号平成18年度稲沢中島都市計画事業稲沢西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第49号平成18年度稲沢中島都市計画事業下津陸田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第48号及び議案第49号は、原案どおり可決されました。
 次に、日程第49、請願第1号巡回バスの運行を求める請願を議題といたします。
 この際、委員長の報告を求めます。
 総務委員長、正村洋右君。
◎総務委員長(正村洋右君) (登壇)
 総務委員会の報告を申し上げます。
 去る13日、総務委員会に付託になりました請願第1号巡回バスの運行を求める請願について、総務委員会を14日午前9時30分から市役所議員総会室において開催し、審査いたしました結果、請願第1号は賛成多数で閉会中の継続審査とすることに決しました。
 以上、総務委員会の報告を終わります。
○議長(服部開一君)
 報告が終わりました。
 これに対して質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって委員長報告に対する質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
 継続審査に対し、反対討論の発言を許します。
 渡辺幸保君。
◆8番(渡辺幸保君) (登壇)
 日本共産党を代表して、請願第1号巡回バスの運行を求める請願、この継続審査ではなく、3月議会で採択していただき、巡回バスの実現に議会がイニシアチブをとることをぜひお願いしたいという思いから、討論をします。
 総務委員会の審議の中では、巡回バスを走らせることに反対の声はないと聞いております。それどころか、市長任せにしないで議会も特別委員会を設置して協議してはどうかという積極的な意見も出たと報告を聞きました。継続審査にしたいという意見も、市長が巡回バスの検討委員会を設置して検討しようとしているから、その推移をよく見て態度を決めたいというもので、請願に反対の意見ではなかったと聞いています。愛知県下でも、多くの自治体で巡回バス、コミュニティーバスを走らせています。お隣の愛西市では、合併前に走っていなかった八開や立田地域にもバスを走らせることを決めたと報道されているわけです。今、乗り合いバス事業が採算が合わないことを理由に路線バスを次々廃止する中で、自治体の責任で市民の足を確保することが強く求められています。公共交通による移動手段の廃止は、子供や高齢者、障害者、車を運転できない方々にとっては深刻です。
 憲法第22条は、何人も公共の福祉に反しない限り、居住、移動及び職業選択の自由を有するとし、また第25条で、すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有すると生存権を保障し、また13条で、生命・自由及び幸福追求に対する国民の権利について最大の尊重を必要とすると、幸福追求権が明記されているわけです。巡回バスを走らせることは、憲法に明記されているこうした権利を保障する、その一環の取り組みと思うわけです。
 また、巡回バスを走らせることは、町の活性化や環境保全にも大いに役立つことは明らかだと思います。今議会で請願を採択していただき、大野市長の巡回バスを検討すると言っているこの姿勢を後押しすることを市民は望んでいると思います。
 総務委員会では継続審査ということでしたが、大所高所に立って、この請願を全会一致で採択していただきますよう、議員各位の賛同を心からお願いするわけです。
 さらに、市長にも一言お願いしたいんですが、今、経済力、東京に次いで第2位と言われるこの愛知県ですが、しかし他県ではどのような制度が行われているか。例えば静岡県では経費の2分の1を上限に補助を出す。岐阜県も、経費の3分の1を上限に、三重県では走行距離掛
ける 106円の計算に基づき、赤字分を補助する。このように、東海地区でも愛知県以外がほとんど県として補助制度を設けているわけです。ですから、大野市長においても、ぜひ愛知県に対して、こういった施策の実施を求める働きかけを強く県に働きかけていただきたいと、このことを求めて、日本共産党を代表しての討論を終わります。
○議長(服部開一君)
 ほかに討論の通告がありませんので、これをもって討論を終結いたします。
 これより直ちに採決いたします。
 請願第1号巡回バスの運行を求める請願の委員長報告は閉会中の継続審査であります。この委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
 御着席願います。起立多数と認めます。よって、請願第1号は、閉会中の継続審査とすることに決しました。
 次に日程第50、議案第50号平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 失礼をさせていただきます。
 本日提案申し上げ、御審議いただきます議案は、予算関係議案1件でございまして、その概要につきまして御説明申し上げます。
 議案第50号平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、汚水枝線管渠築造工事が今年度内に完了できる見込みがなくなったため、繰越明許費の増額をお願いいたすものでございます。詳細につきましては、関係部長から説明いたさせますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。
○議長(服部開一君)
 続いて部長の説明を求めます。説明は簡潔にお願いいたします。
◎上下水道部長(西部孝士君)
 1ページをお願いいたします。
───────────────────────────────────────────
議案第50号
       平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。
(繰越明許費の補正)
第1条 繰越明許費の変更は、「第1表 繰越明許費補正」による。
 平成19年3月23日提出
                           稲沢市長  大 野 紀 明
───────────────────────────────────────────
 はねていただきまして、第1表 繰越明許費補正。
 繰越明許費の変更。
 2款1項下水道建設費、汚水管渠整備事業におきまして、補正前4億 3,760万円に 3,300万円を追加し、補正後4億 7,060万円に変更するものでございます。
 このたびの補正につきましては、東緑町の汚水管渠の推進工事におきまして障害物を発見し、その障害物の撤収作業に相当の日数を要することから、年度内に工事を完了させることができないため、繰越明許費の補正をお願いするものでございます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。
○議長(服部開一君)
 説明が終わりました。
 これより質疑に入ります。
 質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第50号は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり建設委員会へ付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 委員会審査のため、暫時休憩いたします。
                                午前10時56分 休憩
                                午前11時20分 再開
○議長(服部開一君)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、委員長報告を求めます。
 建設委員長、服部 猛君。
◎建設委員長(服部猛君) (登壇)
 議長さんのお許しをいただきましたので、ただいまの建設委員会の報告を申し上げます。
 先ほど建設委員会に付託になりました議案第50号平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、建設委員会を第1委員会室において開催し、審査をいたしまし
た結果、全会一致で原案を可と認めました。
 以上、建設委員会の報告を終わります。ありがとうございました。
○議長(服部開一君)
 報告が終わりました。
 これに対し、質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって委員長報告に対する質疑を終結いたします。
 これより討論に入りますが、討論の通告がありませんので、これをもって討論を終結いたします。
 これより直ちに採決いたします。
 議案第50号平成18年度稲沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、議案第50号は、原案どおり可決されました。
 次に、日程第51、同意案第2号公平委員会委員の選任について及び日程第52、同意案第3号固定資産評価審査委員会委員の選任についてを一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 引き続きまして本日御提案申し上げ、御審議いただきます議案は同意案2件でございまして、その概要につきまして御説明を申し上げます。
 同意案第2号公平委員会委員の選任につきましては、伊藤雄之氏が平成19年4月30日に任期満了のため、その後任として、稲沢市北島町小柳2番地 114、小森章平氏を選任したいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意を求めるものでございます。
 次に、同意案第3号固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、谷 節義氏、鈴木武彦氏、橋本英明氏が平成19年3月31日に任期満了のため、その後任として、稲沢市駅前四丁目3番19号、吉村友彦氏、稲沢市福島町屋敷19番地、林 雅美氏、稲沢市井之口本町10番地、川口雅章氏を選任したいので、地方税法第 423条第3項の規定により議会の同意を求めるものでございます。
 以上が本日上程いたします議案の概要でございますが、詳細につきましては市長公室長から説明させますので、よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。
○議長(服部開一君)
 続いて部長の説明を求めます。説明は簡潔にお願いをいたします。
◎市長公室長(平山隆義君)
───────────────────────────────────────────
同意案第2号
 公平委員会委員の選任について
 稲沢市公平委員会委員に下記の者を選任したいから、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の同意を求める。
 理由  伊藤雄之氏が平成19年4月30日任期満了のため
 平成19年3月23日提出
                           稲沢市長  大 野 紀 明
                    記
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓   
  ┃   住        所   │  氏   名  │  生 年 月 日  ┃   
  ┠────────────────┼─────────┼──────────┨   
  ┃稲沢市北島町小柳2番地 114   │ 小 森 章 平 │ 昭和12年6月24日 ┃   
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛   
───────────────────────────────────────────
 小森章平氏の略歴を御紹介申し上げます。
 小森章平氏は、昭和31年4月に旭青果株式会社に入社され、社名変更がされた昭和43年11月から現在まで共栄食品株式会社の代表取締役をされておられる方でございまして、この間、稲沢ロータリークラブの幹事、会長を歴任され、平成17年11月から現在に至るまで、稲沢商工会議所常議員をされているお方でございます。
───────────────────────────────────────────
同意案第3号
           固定資産評価審査委員会委員の選任について
 稲沢市固定資産評価審査委員会委員に下記の者を選任したいから、地方税法第 423条第3項の規定により、議会の同意を求める。
 理由  谷 節義氏、鈴木武彦氏、橋本英明氏が平成19年3月31日、任期満了のため
 平成19年3月23日提出
                           稲沢市長  大 野 紀 明
                    記
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓   
  ┃   住        所   │  氏   名  │  生 年 月 日  ┃   
  ┠────────────────┼─────────┼──────────┨   
  ┃稲沢市駅前四丁目3番19号    │ 吉 村 友 彦 │ 昭和19年1月25日 ┃   
  ┠────────────────┼─────────┼──────────┨   
  ┃稲沢市福島町屋敷19番地     │ 林   雅 美 │ 昭和20年4月5日 ┃   
  ┠────────────────┼─────────┼──────────┨   
  ┃稲沢市井之口本町10番地     │ 川 口 雅 章 │ 昭和16年8月25日 ┃   
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛   
───────────────────────────────────────────
 吉村友彦氏の略歴を御紹介申し上げます。
 吉村友彦氏は、昭和37年4月に名古屋国税局に採用され、平成7年7月には千種税務署筆頭副署長、その後、名古屋国税局査察部第八部門統括国税査察官、同査察部総括第二課長、名古屋国税不服審判所国税審判官、四日市税務署長を歴任され、平成15年7月に辞職されました。平成15年9月からは税理士事務所を開業されているお方でございます。
 次に、林 雅美氏の略歴を御紹介申し上げます。
 林 雅美氏は、昭和39年4月から昭和43年12月まで松山園芸に、昭和44年1月から昭和45年5月まで稲沢造園土木株式会社に、昭和45年7月から昭和46年3月まで庭銀造園に勤められまして、昭和46年4月に稲沢市に採用され、市長公室地域振興課主幹兼千代田市民センター所長を最後に、平成18年3月に稲沢市を退職され、平成18年4月から福島区長をされているお方でございます。
 次に、川口雅章氏の略歴を御紹介申し上げます。
 川口雅章氏は、昭和39年4月、大同プラント工業株式会社に入社されまして、昭和52年2月には総務課長、昭和58年10月には総務部次長を、平成9年7月に管理部長を、平成13年6月に取締役管理部長を歴任され、平成17年6月に退任されました。平成16年12月から現在まで民生児童委員を、平成18年4月から現在まで井之口区総代区長をされているお方でございます。
 御審議賜り、御同意を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。
○議長(服部開一君)
 説明が終わりました。
 これより質疑に入ります。
 質疑はございませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑もないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております同意案第2号及び同意案第3号は、会議規則第36条第2項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 これより討論に入りますが、討論の通告がありませんので、これをもって討論を終結いたします。
 これより直ちに採決いたします。
 同意案第2号公平委員会委員の選任について及び同意案第3号固定資産評価審査委員会委員
の選任については、原案に同意することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、同意案第2号及び同意案第3号は、原案に同意することに決しました。
 次に、日程第53、議会運営委員会における閉会中の継続調査事項についてを議題といたします。
 議会運営委員会における閉会中の継続調査事項については、お手元に配付してあります文書のとおり決定することに御異議ございませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 以上で、本会議に付議されました案件はすべて議了いたしました。
 市長から発言の申し入れがありますので、これを許可いたします。
 大野市長。
◎市長(大野紀明君) (登壇)
 議長さんの発言のお許しをいただきましたので、お礼のごあいさつをさせていただきます。
 ただいまは、御提案をさせていただきました全議案に対しまして御議決を賜り、心から厚く感謝申し上げます。まことにありがとうございました。
 議会の期間中、議員の皆様方からいただきました御指摘、御意見等を真摯に受けとめさせていただきまして行政運営に取り組んでまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。
 平成19年度が間もなくスタートいたしますけれども、19年度予算の適切な執行と、山積する行政課題に全力で取り組ませていただきますので、議員皆様方のさらなる御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、御礼のごあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。
○議長(服部開一君)
 去る5日から本日までの長期間にわたる慎重審議、まことにありがとうございました。
 これをもって平成19年第2回稲沢市議会3月定例会を閉会いたします。
                                午前11時34分 閉会



 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

  平成  年  月  日


         議     長    服 部 開 一

         署 名 議 員    野 村 英 治

         署 名 議 員    石 田 良 則