議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 小牧市

平成19年11月 5日小牧駅周辺活性化委員会−11月05日-01号




平成19年11月 5日小牧駅周辺活性化委員会

      〈 開始10:00 〉
○委員長 それでは、先ほども申し上げましたように、初めての委員会でございますので、理事者側からの自己紹介を最初にお願いしたいと思います。
◎建設部参事 各委員におかれましては、大変お忙しい中、特別委員会を開催していただきまして、ありがとうございます。
 それでは、私ども職員を紹介させていただきます。
 この特別委員会は、小牧駅周辺の活性化を図ることを目的としております。そうした中で、施設整備などのハード事業を担当しております建設部、そしてイベントなどのソフト事業を担当しております市民部、両部から出席をさせていただいております。
 初めに、建設部のほうから自己紹介をさせていただきます。
 私、建設部参事の駅周辺の担当をしております長谷川でございます。いろいろ皆様方にはお世話になると思いますが、ひとつよろしくお願いしたいと思います。
 それでは、小牧駅活性化推進室長、私の後ろに座っておりますが、水野でございます。
◎小牧駅前活性化推進室長 水野です。よろしくお願いします。
◎建設部参事 私のほうからの職員の紹介は以上であります。よろしくお願いしたいと思います。
◎建設部長 おはようございます。それでは、私の所管しております建設部の職員を紹介させていただきます。
 私、建設部長を務めております舟橋でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。こちらが都市整備担当次長の樋口でございます。
◎建設部次長 樋口でございます。よろしくお願いします。
◎建設部長 後ろにおりますのが都市整備課長の和嶋でございます。
◎都市整備課長 和嶋でございます。よろしくお願いします。
◎建設部長 どうぞよろしくお願いいたします。
◎市民部長 先ほど紹介いただきました市民部長の波多野でございます。よろしくお願いしたいと思います。隣が市民部次長の安達でございます。
◎市民部次長 安達でございます。よろしくお願いします。
◎市民部長 後ろへまいりまして、商工課長の柴田でございます。
◎商工課長 商工課の柴田でございます。よろしくお願いします。
◎市民部長 どうぞよろしくお願いいたします。
      〈 開会10:03 〉
○委員長 これより小牧駅周辺活性化委員会を開会いたします。これより議事に入ります。議題1、事務現況報告についてを議題といたします。説明を求めます。
◎建設部参事 それでは、私のほうから建設部所管の事務につきまして御説明を申し上げます。事務現況報告書の1ページをお願いしたいと思います。
 まず1点目の所属課名と職員数でございますが、小牧駅前活性化推進室は推進係の1係で、4名でございます。
 そして、2点目の関係委員会、審議会等の名称と委員数でありますが、小牧駅周辺整備計画策定協議会を設けております。この協議会におきましては、ラピオの再構築、駅西駅前広場とラピオの間に位置しますA街区の土地利用及び小牧駅周辺の公共施設等の再整備等に関する整備計画を策定するために設置したものであります。現在、この協議会におきましては、これらの策定に関する協議をお願いしているところでございます。委員数につきましては、市民代表の方が8名、学識経験者の方が3名、小牧商工会議所の方が3名、行政機関として6名の方が入って、全員で20名で構成がされております。
 次に、3点目の事務事業の現況でありますが、市街地整備事業といたしまして、平成17年度にはA街区土地利用検討委員会、平成18年度には小牧駅周辺整備検討委員会、そして今年度は、先ほど申し上げましたとおり、現在、小牧駅周辺整備計画策定協議会におきまして、今までの経過、検討成果、そういったものをもとにアンケートをしながら、お手元にございますように、「小牧駅周辺整備計画(案)」を策定していただいております。そして、これらに関する策定に関しまして、現在、パブリックコメントを実施して、その結果を協議会において協議をしていただいているところでございます。
 以上、簡単ではございますが、事務の現況の報告とさせていただきます。よろしくお願いしたいと思います。
◎市民部長 それでは、市民部のほうでございますが、事務現況報告といたしまして、3ページでございますが、所管は商工課でございまして、中心市街地の活性化を図るため、中心市街地にぎわい創出事業を進めているところでございます。なお、詳細につきましては次長より御説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
◎市民部次長 それでは、市民部商工課が所管しております小牧駅周辺整備計画に関連の事務の現況につきまして、お手元の資料によりまして説明をさせていただきます。恐れ入りますが、資料の3ページをごらんいただきたいと思います。
 まず1点目の所属課名と職員数でありますが、商工課8名により関連事業の事務を行っているところでございます。
 2点目の関係委員会、審議会等の名称と委員の数でございます。関係の審議会等はございませんが、なお、参考でございますが、小牧市商工会議所に地域のまちづくりに関する調査研究を行います市街地活性化委員会が組織され、その中に、中心市街地におけるにぎわい創出事業を効果的かつ効率的に実施するため、平成18年6月に「中心市街地にぎわい創出協議会」が設置されているところでございます。
 続きまして、3点目の事務事業の現況でございますが、中心市街地活性化事業についてでございます。
 1つ目には、市民、企業、諸団体等の協働による、にぎわいと潤いのある地域づくりを展開します商工会議所主催の「中心市街地にぎわい創出事業」を支援し、商店街の活性化を図ろうとするものでございます。事業内容でございますが、小牧駅西にぎわい広場を中心にさまざまなイベントを計画し、また今後、提案等によるさまざまな事業を行うものでございまして、平成18年度では「イルミネーションオープニングイベント」や「クリスマス」をはじめ9事業が実施され、全部で7,800人ほどの来場がございました。
 2つ目でありますが、「小牧山お月見まつり」でございます。小牧市観光協会が中心となりまして、小牧市の歴史的資産であります小牧山を広く内外に宣伝するものでありまして、教育委員会の「薪能」、あるいは青年会議所の「ランドマークフェスタ」、中心市街地にぎわい創出協議会とラピオ商店街振興組合によりますイベントが同時開催され、小牧山の宣伝とともに中心市街地の活性化を図っているところでございます。
 以上、市民部の主な事務の現況でございます。よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○委員長 説明は終わりました。質疑に入ります。発言を許します。
○副委員長 先ほどの説明の中で、パブリックコメントについては今、策定協議会で検討中ということですが、質問はこれだけいっぱい出てきているわけですけれども、回答についてはいつごろになるんでしょうかということが1点と、それから、今説明にはなかったんですが、今週の8日ですか、1階の平和堂がオープンするというふうに聞いておりますが、多分オープンしますと、先般の中日ドラゴンズの優勝のときのセールなんかを見てますと、随分混雑ですとか、あるいは場合によっては事故にもつながるというふうに危惧されるわけですけれども、そういうことにつきまして、どういう対策をとっておられるかお聞かせいただければと思いますが。その2点をお願いいたします。
◎小牧駅前活性化推進室長 2点の御質問がございました。
 まず1点目のパブリックコメントの回答のほうですが、協議会のほう、4月の第1回を始めまして、6回終えております。その中で、4回目で協議会の案を作成していただきパブリックコメントの実施をしたというような、8月1日から1カ月間、パブリックコメントを実施させていただきました。そして、その後、意見等の集約をさせていただき、次回、第7回になりますが、11月14日にまたこの御協議をお願いしておるところでございます。
 もう1点、ラピオのリニューアルオープンに伴います周辺の交通安全対策ということで御質問をいただきました。ラピオの管理会社でございます小牧都市開発株式会社において、小牧警察署の協力をいただきながら準備が進められております。その具体的な内容といたしましては、オープンセールの11月8日以降、11日(日曜日)までは、ラピオ周辺の道路には交通誘導員を40名配置し案内等を行い、また、当分の間、ラピオの地下駐車場、小牧駅西駐車場、そちらのほうの出入口について、歩行者あるいは自転車の安全を確保するため、状況に応じて出入口に交通誘導員を配置するということをお聞きいたしております。また、小牧駅地下駐車場においても場内で誘導員を配置する予定をしております。
 以上でございます。
○委員長 そのほか御発言はありませんか。
◆竹内 1つだけ関連で。11月8日から11日のオープンセールに当たりまして、駅の地下の駐車場は、160台の収容台数と考えてみえるのか、それとも316台で準備をされているのか、どちらでしょうか。
◎小牧駅前活性化推進室長 先ほどお話をさせていただいた誘導員の配置を予定する中で、現状と同じ対応でいこうということで考えております。現状というのは、163台の収容になります。
◆川島 全く今の質問、回答に関連いたしますが、今、小牧駅地下駐車場、163台、昨日の時点で、昼間、ほぼ満タンなんですよね。ここ数日来の地下駐、ごらんになってますか。地下1階は昼間、きのう日曜日でしたけど、何かイベントがあったかどうかは確認しておりませんが、本当に満タンでした。あの状況で、セールをやって、本当に混雑起こさないのかどうか。月決めの駐車だなこの車はと思うのもかなり数ありましたので、そこあたりを、誘導員だけの配置では大丈夫かなとちょっと案じられますが、最近の地下駐の利用状況、実際に見ておられるかどうか。それだけです。
◎小牧駅前活性化推進室長 駅地下駐車場の利用形態でございます。まず一つ、パークアンドライドというようなことで通勤時の御利用をいただくと、そういう中でも、条例の中で、5分の2ですか、定期駐車の利用形態をとっております。その中で、平日、土曜、日曜、そういう区分利用の形態が違うと思いますが、土曜、日曜は一般駐車関係のほうが多いかと思いますけど、行事等の調査はしておりませんが、1階等はほぼ満車ということは聞いております。
○委員長 ほかに御発言はありませんか。
        (「なし」の声)
 なければ質疑を終了いたします。
 以上で、議題1、事務現況報告についてを終わりたいと思います。
 これをもって、小牧駅周辺活性化委員会を終了いたしたいと思います。
 なお、この後、ラピオ地下駐車場内のエスカレーター設置工事現場等の現地視察を予定いたしておりますので、10時30分に南庁舎北側玄関前に御集合いただきますようにお願いをいたしたいと思います。
 以上で委員会を終了いたしたいと思います。ありがとうございました。
      〈 閉会10:16 〉

 上記の模様を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名します。
                    平成19年11月5日
 小牧駅周辺活性化委員会
         委員長