議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 小牧市

平成19年第 3回定例会−09月11日-04号




平成19年第 3回定例会

          平成19年小牧市議会第3回定例会会議録

? 平成19年9月11日第3回市議会定例会(第4日)を小牧市役所議事室に招集された。
? 出席議員は次のとおりである。
   1 菊 地 鐵 明          2 小 川 昌 輝
   3 山 下 智 也          4 西 尾 貞 臣
   5 長 江 喜 章          6 本 多 修一郎
   7 森   秀 美          8 安 江 美代子
   9 川 島 公 子         10 坂 本 泰 之
  11 山 田 哲 茂         12 宮 田 嘉 香
  13 稲 山 善 彦         14 丹 羽 和 男
  15 加 藤 晶 子         16 橋 本 哲 也
  17 竹 内 里 美         18 楠   孝 一
  19 小 澤 成 光         20 伊 藤 宏 行
  21 滝 澤 秀 樹         22 水 谷   勉
  23 伊 藤 博 規         24 小 柳 松 夫
  25 藤 倉 小二郎         26 三ッ岩   薫
  27 小 林   一         28 野 村   進
  29 舟 橋 昭 治         30 穂 積 英 一
? 欠席議員は次のとおりである。
  な し
? 地方自治法第 121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
  市長      中 野 直 輝    副市長     森 川 勝 己
  副市長     服 部   勲    教育長     副 島   孝
  監査委員    伊 藤 二 三    企画部長    村 上 秀 斎
  総務部長    林   義 弘    消防長     石 黒 行 雄
  会計管理者   青 山 恵 史    監査委員事務局長舟 橋 勝 秀
  教育部長    江 口 光 広    市民病院事務局長松 山 憲 男
  市民部長    波多野 憲 二    福祉部長    西 尾 和 則
  環境部長    伊 藤 十代司    建設部長    舟 橋   博
  建設部参事   長谷川 由 光    水道部長    山 下 光 雄
  企画部次長   宮 田 一 正    総務部次長   梶 田 広 美
  総務部次長   川 口 勝 義    副消防長    山 本 常 児
  消防署長    中 山 敏 秋    教育部次長   大 島 治 朗
  教育部次長   林   好 子    市民病院事務局次長
                             前 田 伸 博
  市民部次長   安 達 健 次     福祉部次長   丹 羽   勝
  福祉部次長   大 野 和 美    環境部次長   尾 関 龍 彦
  建設部次長   山 田 宗 功    水道部次長   長谷川   武
? 市長等より出席申し出のあった説明員の補助員として会議に出席した者は次のとおりである。
  秘書課長    舟 橋   毅
? 本会議の書記は次のとおりである。
  事務局長    高 木 映 司    議事課長    秋 田 高 宏
  議事課長補佐  倉 地 浩 司    書記      河 村 昌 二
? 会議事件は次のとおりである。
  諸般の報告
   1 提出議案の報告
  議案及び請願審議
   議案第69号 小牧市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第70号 政治倫理の確立のための小牧市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第71号 小牧市情報公開条例及び小牧市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第72号 小牧市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第73号 小牧市市立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第74号 小牧市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例の制定について
   議案第75号 小牧市快適で清潔なまちづくり条例の制定について
   議案第76号 小牧市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第77号 小牧市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第78号 都市計画法に基づく市街化調整区域に係る開発行為の許可の基準を定める条例を廃止する条例の制定について
   議案第79号 小牧市土地開発公社定款の一部変更について
   議案第80号 ラピオビルの取得について
   議案第81号 藤島雨水貯留施設整備工事請負契約の締結について
   議案第82号 平成19年度小牧市一般会計補正予算(第2号)
   議案第83号 平成19年度尾張北部都市計画事業小牧文津土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第84号 平成19年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第85号 平成19年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第86号 平成18年度小牧市病院事業決算
   議案第87号 平成18年度小牧市水道事業決算
   議案第89号 学級規模の縮小と次期定数改善計画の実施を求める意見書の提出について
   議案第90号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書の提出について
   議案第91号 道路整備の促進と財源確保に関する意見書の提出について
   請願第1号 学級規模の縮小と次期定数改善計画の実施を求める請願書
   請願第2号 旧名犬線の現状維持についての請願書
   請願第3号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正に関する請願書



             (午前10時00分 開 議)
◎議会事務局長(高木映司)
 ただいまの出席議員は30名であります。
○議長(三ッ岩薫)
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程については、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。
 日程第1、「諸般の報告について」、本日新たに議会に提出されました議案は、お手元に配付いたしました3件であります。
 これをもって、提出議案の報告にかえます。
 日程第2、「議案及び請願審議」に入ります。
 議案第69号から議案第87号までの議案19件及び請願第1号から請願第3号までの請願3件を一括して議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案及び請願については、去る8月28日及び9月4日の本会議においてそれぞれ所管委員会に付託され、その後所管委員会において審査がなされ、各委員長より審査結果が議長のもとまで報告されております。
 なお、今期設置いたしました決算特別委員会において、決算特別委員長に舟橋昭治議員、決算特別副委員長に長江喜章議員がそれぞれ選任されておりますので、御報告申し上げます。
 各委員会における議案の審査結果の報告を求めます。
 総務委員長 坂本泰之議員。
  (坂本泰之委員長 登壇)(拍手)
◎総務委員長(坂本泰之)
 議長の御指名を受けましたので、総務委員会を代表いたしまして、当委員会に付託されました議案の審査経過及び結果を報告いたします。
 去る9月6日午前10時より委員会室において、委員全員と企画部長、総務部長、建設部参事、会計管理者、消防長及び監査委員事務局長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第69号から議案第72号までの条例案4件については、提案説明の後、採決の結果、いずれも全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第79号については、提案説明の後、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第80号については、委員より、1階から4階までの床の坪単価はどれくらい違うのかとの質疑があり、これに対して、ビル全体の面積に対してどれだけ収益が上がるのかということで不動産鑑定をもとにした結果であり、階による単価は持っていないとの答弁がありました。その他活発な質疑があり、採決の結果、全員一致により同意すべきものと決しました。
 議案第82号のうち当委員会付託分については、委員より、障害者就労支援及び障害者自立支援対策は具体的にどのようなものに使われるのかとの質疑があり、これに対して、障害者就労支援奨励金は、障害のある人たちの就労意欲の向上と継続的な就労活動を支援するため、通所授産施設を利用する障害者に対し利用日数に応じて奨励金を支給するものである。また、障害者自立支援対策は、相談支援事業を市から委託を受けて実施する事業者に対し、相談支援体制整備特別支援事業として訪問相談のための自動車や事務用機材の購入、視覚障害者対応備品の購入が対象であるとの答弁があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で総務委員会の報告を終わります。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 次に、文教委員長 伊藤宏行議員。
  (伊藤宏行委員長 登壇)(拍手)
◎文教委員長(伊藤宏行)
 議長の御指名を受けましたので、文教委員会を代表して、当委員会に付託された議案及び請願の審査経過及び結果を報告いたします。
 去る9月6日午後1時より委員会室において、委員全員と教育長、教育部長、市民病院事務局長及び関係説明員の出席により慎重に審査の結果、議案第73号については、提案説明の後、委員より、保育料が無料となる対象人員について質疑があり、対象者は市立が24名、私立が240名であるとの答弁がありました。また、無料とする方法についても質疑があり、補助制度であるため、一たんは支払っていただき還元するとの答弁があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第82号のうち当委員会付託分については、提案説明の後、委員より、私立幼稚園の入園料、保育料に幅があるのに、すべて無料とする理由についての質疑があり、入園料は3万円から5万円、保育料は1万6,000円から1万8,000円の幅があるが、それぞれ園の経営状況などの事情により入園料等を定めているので、それらをすべて勘案し、全額無料とすることとしたとの答弁があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 請願第1号については、紹介議員より願意の紹介とその内容の説明の後、質疑があり、採決の結果、全員一致で採択すべきものと決しました。
 以上で文教委員会の報告を終わります。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 次に、福祉環境委員長 本多修一郎議員。
  (本多修一郎委員長 登壇)(拍手)
◎福祉環境委員長(本多修一郎)
 議長の御指名を受けましたので、福祉環境委員会を代表いたしまして、当委員会に付託された議案及び請願の審査経過及び結果を報告いたします。
 去る9月7日午前10時より委員会室において、委員全員と市民部長、福祉部長及び環境部長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第74号については、提案説明の後、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第75号については、委員より、路上喫煙禁止区域設定により、逆に喫煙場所を設けるなど喫煙者への配慮も必要であると思うが、検討されているのかとの質疑があり、これに対して、禁止区域を設定する時期に関係者と協議をし、必要に応じて検討していきたい。また、指定するときは、その地域や喫煙場所を示す標識を設置するなどして周知していくことが必要であると考えているとの答弁がありました。また、罰則規定があるが、罰金の徴収はどのように考えているかとの質疑があり、これに対して、まず指導、勧告を行い、それに従わない場合、命令を行い、命令を守らない場合は警察に対して告訴、告発の手段を講じる形になるとの答弁がありました。さらには、路上喫煙禁止区域導入の時期をどのように考えているかとの質疑があり、4月1日施行後、速やかに中心市街地などを中心に候補地の実態調査を行い、快適で清潔なまちづくり協議会や候補地に上がった住民や関係団体と協議をしながら、できれば夏ごろには結論を出したいと考えているとの答弁があり、討論の後、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第82号のうち当委員会付託分については、提案説明の後、質疑があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 請願第3号については、紹介議員より願意の紹介と内容の説明を受けた後、討論があり、採決の結果、全員一致により採択すべきものと決しました。
 以上で福祉環境委員会の報告を終わります。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 次に、建設委員長 宮田嘉香議員。
  (宮田嘉香委員長登壇)(拍手)
◎建設委員長(宮田嘉香)
 議長の御指名を受けましたので、建設委員会を代表して、当委員会に付託されました議案及び請願の審査経過及び結果を報告いたします。
 去る9月7日午後1時より委員会室において、委員全員と建設部長、建設部参事及び水道部長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第76号については、提案説明の後、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第77号については、提案説明の後、質疑があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第78号については、提案説明の後、質疑があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第81号については、委員より落札率は何%かとの質疑があり、これに対し75.3%との答弁があり、その他活発な質疑があり、採決の結果、全員一致により同意すべきものと決しました。
 議案第82号のうち当委員会付託分については、提案説明の後、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 議案第83号から議案第85号については、提案説明の後、採決の結果、いずれも全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続きまして、請願第2号については、紹介議員より願意の紹介と内容説明を受け、質疑、討論の後、採決の結果、全員一致により趣旨採択とすべきものと決しました。
 以上で建設委員会の議案及び請願の審査経過及び結果の報告を終わります。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 次に、決算特別委員長 舟橋昭治議員。
  (舟橋昭治委員長 登壇)(拍手)
◎決算特別委員長(舟橋昭治)
 議長の御指名をいただきましたので、決算特別委員会を代表して、当委員会付託議案の審査経過及び結果の報告をいたします。
 去る9月5日午前10時より委員会室において、委員全員と市民病院事務局長、水道部長、会計管理者及び監査委員事務局長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第86号については、委員より、看護師不足の状況とその対応についての質疑があり、これに対して、看護師の定数は465人であるが、18年4月1日の時点で看護師は450人であり、当初から15人不足している。年度途中でも19人の退職があるが、補充採用は6人であり、その影響が出ている。そのため、臨時看護師は外来中心に行っており、外来の正規職員を病棟に配置がえをして対応している。なお、看護師不足に対する対応としては、16年度から採用試験を追加で実施したこと、17年度以降は、愛知県、岐阜県の看護学校、職安、県のナースセンターを訪問している。市の広報、ホームページへも掲載している。18年度からは新聞の折り込み広告を行っている。年齢制限では40歳から50歳未満へ引き上げた。今年度は、看護師専門誌へ病院紹介の掲載や名古屋と金沢で行われている看護フォーラムにも参加しPRにも努めている。今後は、カムバック研修も行っていくことも考えているとの答弁でありました。
 また、医療情報システム機器借り上げが約3億円、1日約100万円かかっているが、これからもずっとかかるものなのかとの質疑に対しまして、医療情報システム借り上げは5年間のリースであり、5年間、毎月発生するとの答弁がありました。
 その他活発な質疑があり、採決の結果、全員一致により認定すべきものと決しました。
 次に、議案第87号については、委員より、横内浄水場はまだ停止しているのか、また、日量の能力と県水への依存度が高くなると思うが、その影響額についての質疑があり、これに対して、横内浄水場の4号井については平成15年、5号井については平成14年にホウ素が検出され、停止中である。4、5号の取水実績から1日平均揚水量が約5,000立方メートル、年間では約182万5,000立方メートルが取水できていない。県水への依存は約5,000万円になるとの答弁がありました。
 また、本市における大口径のうち、二、三十年前に布設された古いもの、危険のあるものはあるのか、あるのなら改良工事の計画はされているのかとの質疑に対し、水道管の耐用年数は40年であるが、既に耐用年数を経過している管路も一部にはある。現在、第3期拡張事業の見直し計画をしているが、老朽管対策をはじめとする管網についてもこの見直しの中で考えていく予定であるとの答弁がありました。
 その他活発な質疑があり、採決の結果、全員一致により認定すべきものと決しました。
 以上で決算特別委員会の報告とさせていただきます。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 各委員長の報告は終わりました。
 委員長の報告に対する質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
◆11番(山田哲茂)
 質疑の発言もないようであります。質疑を終結されたい動議を提出いたします。
  (「賛成」の声)
○議長(三ッ岩薫)
 ただいま山田哲茂議員より動議が出され、動議は成立いたしました。動議のとおり決するに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
 ただいまのところ発言通告はありません。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
 発言なしと認めます。よって、討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 議案第69号から議案第78号までの議案10件については、いずれも原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第69号「小牧市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第70号「政治倫理の確立のための小牧市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第71号「小牧市情報公開条例及び小牧市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第72号「小牧市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第73号「小牧市市立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第74号「小牧市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例の制定について」、議案第75号「小牧市快適で清潔なまちづくり条例の制定について」、議案第76号「小牧市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第77号「小牧市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第78号「都市計画法に基づく市街化調整区域に係る開発行為の許可の基準を定める条例を廃止する条例の制定について」は、いずれも原案のとおり可決されました。
 議案第79号については、これを原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第79号「小牧市土地開発公社定款の一部変更について」は、原案のとおり可決されました。
 議案第80号及び議案第81号の議案2件については、いずれも同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第80号「ラピオビルの取得について」、議案第81号「藤島雨水貯留施設整備工事請負契約の締結について」は、いずれも同意されました。
 議案第82号から議案第85号までの議案4件については、いずれも原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第82号「平成19年度小牧市一般会計補正予算(第2号)」、議案第83号「平成19年度尾張北部都市計画事業小牧文津土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第84号「平成19年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第85号「平成19年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)」については、いずれも原案のとおり可決されました。
 議案第86号及び議案第87号の議案2件については、いずれも認定することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第86号「平成18年度小牧市病院事業決算」、議案第87号「平成18年度小牧市水道事業決算」については、いずれも認定されました。
 次に、請願について、請願第1号については、委員長の報告のとおり採択とすることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、請願第1号「学級規模の縮小と次期定数改善計画の実施を求める請願書」については、委員長の報告のとおり採択とすることに決しました。
 請願第2号については、委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
  (賛成者起立)
 起立多数であります。よって、請願第2号「旧名犬線の現状維持についての請願書」については、委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに決しました。
 請願第3号については、委員長の報告のとおり採択とすることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、請願第3号「悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正に関する請願書」については、委員長の報告のとおり採択とすることに決しました。
 続いて、議案第89号から議案第91号までの議案3件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
  (山田哲茂議員 登壇)(拍手)
◆11番(山田哲茂)
 議長のお許しをいただきましたので、ただいま上程されました議案第89号から議案第91号までの議案3件について、提案者を代表し、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 議案書の別冊第2号の1ページをお願いいたします。まず、議案第89号「学級規模の縮小と次期定数改善計画の実施を求める意見書の提出について」であります。
 2ページをお願いします。
 学級現場では依然としていじめや不登校、非行問題行動など、克服すべき課題が山積しています。特別支援教育のあり方や日本語教育の必要な子どもの増加など新たな課題に直面しています。このような様々な課題に対応するためには、学級規模の縮小は不可欠であります。また、各地方自治体ごとに学級規模の縮小が行われていますが、その配置教員等の財政負担は本来国が負うべきものと考えます。
 一方、文部科学省は第8次定数改善計画を策定したものの、その実施については見送られたままになっています。また、「教育課題対応緊急3か年計画」についても、学校現場の要求に十分応じたものとは言えません。一人ひとりにゆきとどいた教育を実現するためには、子どもたちによりきめ細かな指導が可能となるようにしていかなければなりません。そのためにも、教職員定数増をはじめとした教育条件整備が重要であり、次期定数改善計画の早期実施が望まれます。
 よって、国におかれましては、平成20年度の政府予算編成にあたり、国段階における学級規模縮小と次期定数改善計画の早期実施に向けて、十分な教育予算を確保されるよう強く要望するものであり、地方自治法第99条の規定により、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣あてに意見書を提出しようとするものであります。
 次に、3ページをお願いします。議案第90号「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書の提出について」であります。
 4ページをお願いします。
 クレジット契約は、代金後払いで商品が購入できる利便性により消費者に広く普及している一方で、強引・悪質な販売方法と結びつくと高額かつ深刻な被害を引き起こす危険な道具にもなるものであります。
 現在、クレジット会社の与信審査の甘さから、年金暮らしの高齢者に対し、支払能力を超える大量のリフォーム工事、呉服等の次々販売が繰り返されたり、年齢・性別を問わず、クレジット契約を悪用したマルチ商法・内職商法その他の詐欺的商法の被害が絶えないところであります。このようなクレジット被害は、クレジット契約を利用するがゆえに悪質な販売行為を誘発しがちとなるクレジット契約の構造的危険性から生じる病理現象であると言えます。
 経済産業省の産業構造審議会割賦販売分科会基本問題小委員会は、このように深刻なクレジット被害を防止するため、平成19年2月から、クレジット被害の防止と取引適正化に向けて割賦販売法の改正に関する審議を進めており、本年秋には法改正の方向性が示される見込みにあります。今回の改正においては、消費者に対し、安心・安全なクレジット契約が提供されるために、クレジット会社の責任においてクレジット被害の防止と取引適正化を実現する法制度が必要であります。
 よって、国におかれましては、割賦販売法改正に当たっては、1、過剰与信規制の具体化として、クレジット会社が、顧客の支払能力を超えるクレジット契約を提供しないように、具体的な与信基準を伴う実効性のある規制を行うこと。
 2、不適正予審防止義務と既払金返還責任として、クレジット会社には、悪質販売行為等にクレジット契約を提供しないように、加盟店を調査する義務だけでなく、販売契約が無効・取消・解除であるときは、既払金の返還義務を含むクレジット会社の民事共同責任を規定すること。
 3、割賦払い要件と政令指定商品制の廃止として、1〜2回払いのクレジット契約を適用対象に含め、政令指定商品制を廃止することにより、原則としてすべてのクレジット契約を適用対象とすること。
 5ページをお願いします。
 4、登録制の導入として、個品方式のクレジット事業者(契約書型クレジット)について、登録制を設け、契約書面交付義務及び及びクーリング・オフ制度を規定すること。
 以上の事項を実現するよう強く要望するものであり、地方自治法第99条の規定により、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、経済産業大臣あてに意見書を提出するものであります。
 続いて、7ページをお願いします。議案第91号「道路整備の促進と財源確保に関する意見書の提出について」であります。
 8ページをお願いします。
 道路は、豊かな生活や経済・社会活動を支える最も基本的かつ欠くことのできない社会基盤であります。
 本市は、東名・名神高速道路、中央自動車道、さらに名古屋都心と直結した名古屋高速道路が利用できる自動車交通の要衝都市であります。現在、本市では、安心・安全で快適な生活道路の整備とあわせて、高速道路を補完する幹線道路の整備を急務として計画的に取り組んでいるところであります。
 こうした状況下において、「道路特定財源の見直しに関する具体策」が平成18年12月に閣議決定されました。地方公共団体が、真に必要な道路整備や維持管理の財源に、毎年多くの一般財源を投入している実情の中で、道路特定財源を他の使途へ転用を図ることは、地方の道路整備を大きく停滞させるだけでなく、日常の道路管理にも影響し、地域住民や社会経済活動に多大な影響を及ぼすものと危惧しています。
 よって、国におかれましては、道路特定財源の趣旨を十分認識し、地方の実情を勘案しながら地方道路整備の着実なる進展に向けた財源を措置されるよう強く要望するものであり、地方自治法第99条の規定により、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣あてに意見書を提出するものであります。
 以上、3件の意見書の提出を求める議案に対し、議員皆様方の満場の御賛同を賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 提案理由の説明は終わりました。
 質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
◆4番(西尾貞臣)
 質疑の発言もないようであります。質疑を終結せられ、上程中の議案については委員会付託を省略し直ちに討論に入られたい動議を提出いたします。
  (「賛成」の声)
○議長(三ッ岩薫)
 ただいま西尾貞臣議員より動議が出され、動議は成立いたしました。動議のとおり決するに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、質疑を終結し、委員会付託を省略し直ちに討論に入ります。
 ただいまのところ発言通告はありません。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
 発言なしと認めます。よって、討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 議案第89号については、これを原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第89号「学級規模の縮小と次期定数改善計画の実施を求める意見書の提出について」は、原案のとおり可決されました。
 議案第90号については、これを原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第90号「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書の提出について」は、原案のとおり可決されました。
 議案第91号については、これを原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第91号「道路整備の促進と財源確保に関する意見書の提出について」は、原案のとおり可決されました。
 以上をもって、本定例会に付議された案件は全部議了いたしました。
 これをもって、平成19年小牧市議会第3回定例会を閉会いたします。
             (午前10時38分 閉 会)



             (午前10時38分 閉会式)
◎議会事務局長(高木映司)
 ただいまから平成19年小牧市議会第3回定例会の閉会式を行います。
 市長あいさつ。
  (中野直輝市長 登壇)(拍手)
◎市長(中野直輝)
 平成19年第3回定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 本議会に提案をさせていただきました議案につきましては、いずれも慎重審議の上議決を賜り、大変ありがとうございました。また、本会議を通しまして議員各位から賜りました御意見、御提言につきましては、今後の市政運営に反映をさせていただきたいと思います。
 14期の市議会議員の皆さんにおかれましては、残す任期もあとわずかとなりました。再度市議会議員の選挙に向け挑戦をされる方、あるいはまた御勇退をされます方、さまざまではありますけれども、選挙に出られる方につきましては、御健闘を祈るものであります。また、勇退されます方につきましては、長年市政発展のため御尽力を賜りまして、心から厚くお礼を申し上げます。この4年間で各分野にわたり着実に各種施策の推進ができました。市民福祉の向上にもつながったわけでありますけれども、これも議員各位の温かい御支援、御理解のたまものであります。
 まだまだ暑さが続くわけでありますけれども、お体に十分御留意の上、それぞれ選挙に励んでいただき、あるいはまた今後とも大所高所から御高配を賜りますことを心からこいねがいまして、ごあいさつとさせていただきます。大変ありがとうございました。(拍手)
◎議会事務局長(高木映司)
 議長あいさつ。
  (三ッ岩薫議長 登壇)(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 平成19年小牧市議会第3回定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 今定例会が私ども第14期の最後の定例会になったわけでございます。議員の皆さんにおかれましては、今回提出されました議案を慎重審議いただきまして、ただいまは適切な御決議をいただきましたことに対しまして、厚く心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。
 また、私事でございますけれども、この1年間、議長の役割を皆さん方の御努力と、そして御指導のたまもので無事に終えることができました。このことに対しましても心から厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 また、私ども14期の議員に対しまして、市長はじめ理事者の方々から温かい御理解と御協力をいただきましたこと、重ねて温かく見守っていただいたことに対しまして感謝を申し上げる次第でございます。本当にありがとうございました。
 これからいよいよ15期に向けていく議員の方もお見えでございます。今期で勇退をしていく議員もおります。いずれにしましても、この小牧市議会の議会の中でともに一緒に闘ってきた仲間でございます。どうかこれから一緒になって、また健康に留意をしていただいて、15期を目指して頑張られる議員の方については、御活躍を心から御祈念申し上げます。また、勇退される議員の皆さんにつきましては、どうかお体に十分注意をしていただき、これからも市政発展のためにしっかりとまた大所高所の中でよろしく御祈念のほどをお願い申し上げたい、このように思う次第でございます。
 簡単でございますが、きょうの最後のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)
◎議会事務局長(高木映司)
 これをもって、閉会式を終わります。
             (午前10時42分 閉 式)



△議事日程
  平成19年小牧市議会第3回定例会議事日程(第4日)
           平成19年9月11日午前10時 開議

第1 諸般の報告
  1 提出議案の報告
第2 議案及び請願審議
  自 議案第69号 ┐
  至 議案第87号 │
          ├ 委員会審査報告・質疑・討論・採決
  自 請願第1号 │
  至 請願第3号 ┘
  自 議案第89号 ┐
          ├ 上程・提案説明・質疑・委員会付託(省略)・討論・採決
  至 議案第91号 ┘



 上記の模様を録取し、その相違なきを証するためここに署名します。
                        平成19年9月11日

    小 牧 市 議 会

        議     長   三 ッ 岩     薫

        会議録署名議員   加  藤  晶  子

        会議録署名議員   橋  本  哲  也