議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 小牧市

平成19年 4月20日小牧駅周辺活性化委員会−04月20日-01号




平成19年 4月20日小牧駅周辺活性化委員会

      〈 開会10:58 〉
○委員長 これより小牧駅周辺活性化委員会を開会いたします。
 議事に入ります前に、春の定期人事異動によりまして、当委員会所管の担当部、課職員にも異動がありましたので、担当部長からあいさつを兼ね職員の紹介をお願いします。
◎市民部長 初めに、市民部の方から御紹介をさせていただきます。
 この4月から市民部長となりました、水道部からまいりましたが、拝命いたしました波多野でございます。何分にもよろしくお願いいたします。
 それから、昨年より引き続きでございますが、市民部次長の安達でございます。よろしくお願いいたします。
◎市民部次長 引き続きよろしくお願いします。
◎市民部長 それから、この4月1日から商工課長となりました柴田課長でございます。
◎商工課長 柴田でございます。よろしくお願いいたします。
◎市民部長 よろしくお願いいたします。
◎建設部長 それでは、4月から同じく建設部長に就任しました舟橋でございます。水道部からまいりましたが、今後ともひとつよろしくお願い申し上げます。駅前活性化推進室を共同しながら業務を行ってまいりますが、私ども建設部所管のまず紹介をさせていただきます。
 こちらにおりますのが都市整備部門を担当いたします次長の樋口でございます。
◎建設部次長 よろしくお願いします。
◎建設部長 引き続いて担当しております和嶋都市整備課長であります。
◎都市整備課長 よろしくお願いします。
◎建設部長 どうぞよろしくお願い申し上げます。
◎建設部参事 本日は大変お忙しい中、特別委員会を開催していただきまして、ありがとうございます。私が所管いたします職員につきましては、今回異動はありませんでした。室長の水野ともども今後とも頑張っていきたいと思っておりますので、引き続き御指導いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
○委員長 これより議事に入ります。議題1、小牧駅周辺整備計画についてを議題といたします。
 まず、前回の委員会で小牧駅周辺整備に関する提言書の内容を各派で協議して意見集約をしてきてくださいというお願いをしておきましたので、その辺の各派の集約結果を順次報告していただきたいと思います。
◆丹羽 市民クラブの方で提言書につきまして検討させていただきました。余り皆さん方に御報告できるような内容ではなかったんですが、桃花台線、あるいはラピオの新しく入店されます平和堂さんの営業等を見守りながら、これから検討をしていくというような格好に、意見として出ておりました。立駐の件ですが、立駐の案も図面に示されておりましたが、この件につきましても、もう少し周辺の推移を見ながら検討していった方がいいんじゃないかというような意見が出ておりました。そして、公共事業の公益施設というようなことで、4階がどういうものになるのかということで意見が出ておりまして、私の方のクラブとしましては、ここに書いてありますような図書館の用途に使ったらどうかというような意見が出ておりました。そして、駅西広場の改修の案ですが、A、Bそれぞれこれからじっくり検討していきたいということで、積極的にこうした方がいいというようなことは意見としてまとめることができませんでしたので、御報告させていただきます。
 簡単ですが、以上で報告とさせていただきます。
◆菊地 クラブの方でおおむね把握はしておってもらいまして、意見集約しましたが、やはり今、平面的な考え方でありますので、もう少し立体化を考えてほしいと。駒止の方へ公共駐車場を移しますので、今現在の旧41を渡るデッキの利用者も少ないと、あれをなしにして全体を、デッキを人が、そして1階部分を車というふうに人と車を分けるべきだという意見が大体クラブの意見ということでございます。バス、またタクシー乗降等については、問題にはならなかったということでございます。
○議長 先回いただきました提言書、これを基本的に皆さんと一緒に意見を交わし合いました。それで、基本的に、もうしばらくじっくりと時間をかけてもう少し見させてもらった方がいいんではないかと、ここでAがいいとかBがいいとか、こういう今の段階ではまだないんではないかと、もうしばらくいろんな御意見等をお聞きしながら、一番いい部分でやっていった方がいいんではなかろうかと、今の段階では、A、Bどちらの云々という結論的な部分は出ておりません。もうしばらくいろんな皆様方の御意見をお聞きした方がいいんではないかと、こういう話でありました。
○副委員長 新政クラブの意見としては、A案、B案どちらがいいかという2つの中で見れば、A案の方がいいんじゃないかという意見の方がやはり多かったと思います。ただ、それだけではなくて、細かい部分については特にこれから詰めていく必要があるんじゃないかということでしたので、A案が絶対いいとか、そういう結論的なものではなくて、ここに示されているA案、B案で見たらどうだという中では、A案の方がいいんじゃないかという意見が多かったように思います。
 以上です。
◆楠 私どもは、去る3月で私の代表質問の中でもこの件に触れましたけれども、じっくりと時間をかけていろいろ意見を聞きながら、かつ、いろんな今後の情勢次第で、平和堂がヨーカ堂にかわって入居する、その推移なんかも見なければいけないんではないかということですし、A・B案で共通しているんだけれども、A街区の北側ですね、ここはもう既に着手されておるわけで、これはこれで民間が進められればそれでいいんではないかと。南側の2つのブロック分けしておるわけだけれども、これについては、ハコモノは必要ないというのが私どもの立場です。いずれにいたしましても、じっくり情勢やら意見やら聞きながら進めていけばいいかと。
○委員長 各会派から御意見が出ております。全般的にいうと、まだ今の段階ではなかなかどちらということも決め切れない、もう少しじっくり考えた方がいいんじゃないかと、そんな意見が多かったような気がします。その辺が今回の策定協議会との関連で、それぐらいの時間をかけなさいと、こういうことだと思いますけど、今各会派から出たような意見に対して、何か理事者の方で御意見あるいは補足説明等があったらお願いいたします。
◎建設部参事 それぞれ御意見ありがとうございます。また後から協議会のスケジュールなど御説明させていただきますが、きょういただいた御意見など、またそういった中で協議をさせていただきながら、またこの特別委員会との連携を密にしてやっていきたいと思っておりますので、今後とも御指導いただきたいと、そんなふうに思っております。特別補足するものはございません。
○委員長 では、各会派からの意見は、これから開かれます小牧駅周辺整備計画策定協議会において今後、小牧駅周辺整備計画を策定される段階において十分検討されるよう私からもお願いしておきます。
 では、続いて理事者から資料等、内容の説明を求めます。
◎小牧駅前活性化推進室長 それでは、小牧駅周辺整備計画策定協議会の関係について御説明させていただきます。
 お手元の資料1をお願いいたします。小牧駅周辺整備計画策定協議会の委員についてであります。
 今回、市長より委員に任命させていただく予定の方々は、お手元の表のとおりでございます。市民代表、学識経験者、商工会議所、行政機関の各関係機関と御相談し選定させていただきました。その結果、市民代表の方が6名、学識経験者の方が3名、商工会議所から選出をいただきました方が3名、行政機関が6名、合わせて18名の方々にお願いすることとなりました。
 なお、委員の人数に関しましては、委員会から御意見をいただき、検討させていただきました結果、やはり必要最小限の関係機関の方々にお願いしようといたしますと、この程度の人数となります。御理解をよろしくお願いいたします。
 次に、資料2をお願いいたします。小牧駅周辺整備計画策定協議会のスケジュールについて御報告をさせていただきます。
 第1回協議会を4月26日に行う予定でおります。その折には、記述にありますとおり、任命式、委員紹介、会長の選出、経過報告、基礎データの報告、「小牧駅周辺整備に関する提言書」の説明を行った上で、市民アンケートの実施検討、今後の予定について協議していただく予定をしております。また、当委員会の御意見につきましては、関係機関の意見紹介として事務局より報告をさせていただきます。
 その後、市民アンケート調査を行い、6月1日の第2回協議会以降8月中旬までにおおむね5回程度の協議会を開催しながら小牧駅周辺整備計画を策定していただき、市長に報告をしていただきたいと考えております。
 続きまして、資料3をお願いいたします。小牧駅周辺整備に関する市民アンケート調査(案)であります。
 市民アンケートにつきましては、幅広く市民の皆さんの御意見をお聞きし、検討の基礎的な資料とするとともに、今後、定期的に実施することで事業評価の資料としても活用していきたいと考えております。実施の方法につきましては、小牧市在住の18歳以上の方の中から、年代、住所地のバランスを考慮した上で無作為に3,000人の方を選ばさせていただき、郵送により配付、回収を行うものでございます。
 裏面の1ページ目をお願いいたします。初めに、集計時にお答えいただいた方の属性を区分するため、住所、性別、年齢、家族構成、居住年数をお伺いしております。
 2ページをお願いいたします。ここでは、小牧駅周辺の各施設の利用頻度、交通アクセスの方法を把握するため、目的地ごとに出かける頻度、利用する交通手段をお伺いします。
 3ページ、4ページをお願いします。ここでは、小牧駅周辺のまちづくりに対する評価をいただくため、各項目において、満足度、個人の重要度をお伺いしております。
 5ページ、6ページをお願いいたします。ここでは、今後のまちづくりの取り組みに関しての御意見をお伺いするため、各項目において具体的な施設の実施についてお考えをお伺いし、そして最後に小牧駅周辺のまちづくりについて幅広く御意見をいただこうと自由記述欄を設けております。
 以上、簡単でありますが、説明を終わります。よろしくお願いします。
◎商工課長 それでは、平成18年度の小牧駅周辺活性化に対する商工課としての取り組みについて報告いたします。
 平成18年度、商工課では、がんばる商店街推進事業費補助金を活用し、地域のまちづくりと連携した商業活性化策として、中心市街地にぎわい創出事業、小牧山お月見まつり、小牧市商店街防犯対策事業の3事業を実施しました。中でも中心市街地にぎわい創出事業は、商工会議所を事業主体とし中心市街地にぎわい創出協議会を設立し、市民や諸団体による公募、提案等によるにぎわい創出事業を審査・承認し実施するもので、協議会は平成18年度中に13回開催され、にぎわい創出事業に決定され実施された事業は、資料4としてお手元に配付いたしました中心市街地にぎわい創出事業一覧のとおりであります。これにより実施した事業は9事業で、全体の来場者数は約7,800人でありました。また、次ページには協議会委員の名簿を添付しましたので、参考にしてください。
 以上でございます。
○委員長 説明は終わりました。質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。
◆菊地 策定協議会の委員についてでありますけども、女性が2人ですか、もう少し女性の意見を拾うためにも、その辺の割合を一考する余地はないかなと、こんなふうに思いますが、御意見どうでしょう。
◎建設部参事 委員言われるとおりのことでありまして、事務局としましては、一人でも多くの女性の方の参画をということで今までお願いをしてきたわけですが、やはり団体から推薦ということになっておりますので、今の段階ではこういう形で進めていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
◆菊地 そういう居住区の代表とか、そういう面でもう少し、主に買い物だとかお出かけになるのは女性の方が多いと思うんですよ。事業的なことですといろんな男性の声もいいんですが、住まいという感覚からいきますと、もう少し地元住民代表の御婦人方を入れるのもいいんじゃないかと思いますけど、決まってしまっておる、ここへ追加するというのが難しいということなのか、一考できる余裕があるか、その辺をちょっと聞かしてください。
◎建設部参事 次の協議会の開催が26日ということで、日にちも迫ってきておりますので、追加するというのはなかなか大変かなというふうに思っておりますので、こういったメンバーでやっていきたいと思います。また、女性の意見につきましては、アンケートなどをとりまして、そういったものの中から女性の意見、そういったものも重要視しながら今後の作業を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
◆小林 菊地委員と同じような意見ですが、例えば、女性がほとんど生活の主体になって、活性化というのは女性が動かんと活性化しないんですよね、男だけでは。そういう意味で、やはりこれから意見を聞くという場合は、女性の意見というのもこれから重要になってくると思いますし、非常に参考になると思いますので、そのような配慮を私からもお願いしたいと思います。
 以上です。
○委員長 ほかにないですか。
 なさそうですので、質疑を終了いたします。
 以上で、議題1、小牧駅周辺整備計画についてを終わります。
         ───────────────────────────
○委員長 続いて、議題2、その他についてを議題といたします。せっかくの機会ですので、何かあったら発言を許します。
        (「なし」の声)
 なければ、これをもって、議題2、その他についてを終わります。
         ───────────────────────────
○委員長 以上で小牧駅周辺活性化委員会を終了いたします。どうもありがとうございました。
      〈 閉会11:19 〉

 上記の模様を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名します。
                    平成19年4月20日
 小牧駅周辺活性化委員会
         委員長