議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 小牧市

平成18年第 4回定例会−12月01日-01号




平成18年第 4回定例会

          平成18年小牧市議会第4回定例会会議録

? 平成18年12月1日第4回市議会定例会(第1日)を小牧市役所議事室に招集された。
? 出席議員は次のとおりである。
   1 菊 地 鐵 明          2 本 多 修一郎
   3 山 下 智 也          4 西 尾 貞 臣
   5 長 江 喜 章          6 坂 本 泰 之
   7 森   秀 美          8 安 江 美代子
   9 川 島 公 子         10 ( 欠 員 )
  11 山 田 哲 茂         12 宮 田 嘉 香
  13 稲 山 善 彦         14 丹 羽 和 男
  15 加 藤 晶 子         16 橋 本 哲 也
  17 竹 内 里 美         18 楠   孝 一
  19 小 澤 成 光         20 伊 藤 宏 行
  21 滝 澤 秀 樹         22 水 谷   勉
  23 野 村   進         24 伊 藤 博 規
  25 藤 倉 小二郎         26 三ッ岩   薫
  27 舟 橋 昭 治         28 小 林   一
  29 小 柳 松 夫         30 穂 積 英 一
? 欠席議員は次のとおりである。
  な し
? 地方自治法第 121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
  市長      中 野 直 輝    助役      森 川 勝 己
  収入役     服 部   勲    教育長     副 島   孝
  企画部長    棚 村 重 三    総務部長    林   義 弘
  消防長     横 井 孝 男    教育部長    倉 地 謙 三
  市民病院事務局長松 山 憲 男    市民部長    沖 本 嘉一郎
  福祉部長    永 井 利 保    環境部長    村 上 秀 斎
  建設部長    永 井   修    建設部参事   長谷川 由 光
  水道部長    舟 橋   博    企画部次長   山 下 光 雄
  総務部次長   伊 藤 十代司    総務部次長   青 山 恵 史
  監査委員事務局長舟 橋 勝 秀    副消防長    石 黒 行 雄
  消防署長    中 山 敏 秋    教育部次長   大 島 治 朗
  教育部次長   若 松 邦 義    市民病院事務局次長
                             前 田 伸 博
  市民部次長   安 達 健 次    福祉部次長   西 尾 和 則
  福祉部次長   大 野 和 美    建設部次長   梶 田 広 美
  建設部次長   林   孝 充    水道部次長   波多野 憲 二
? 市長等より出席申し出のあった説明員の補助員として会議に出席した者は次のとおりである。
  秘書課長    宮 田 一 正
? 本会議の書記は次のとおりである。
  事務局長    江 口 光 広    事務局次長   高 木 映 司
  議事課長補佐  倉 地 浩 司    書記      河 村 昌 二
? 会議事件は次のとおりである。
  会議録署名議員の指名
  会期の決定
  議席の一部変更
  諸般の報告
   1 提出議案の報告
   2 説明員出席要求者の報告
   3 監査委員による監査の結果に関する報告について(自報告第39号〜至報告第41号)
   4 平成17年度小牧市継続費精算報告書(報告第42号)
   5 専決処分について(報告第43号)
  議員派遣について
  陳情提出
   自 陳情第7号
   至 陳情第8号
  議案審議
   議案第 128号 小牧市監査委員に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第 129号 小牧市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第 130号 先端屈折式はしご自動車の取得について
   議案第 131号 愛日地方教育事務協議会規約の一部変更について
   議案第 132号 東部地区整備事業土壌改良工事請負契約の締結について
   議案第 133号 愛知県後期高齢者医療広域連合の設立について
   議案第 134号 小牧市道路線の廃止について
   議案第 135号 小牧市道路線の認定について
   議案第 136号 平成18年度小牧市一般会計補正予算(第4号)
   議案第 137号 平成18年度小牧市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 138号 平成18年度尾張北部都市計画事業小牧小松寺土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第 139号 平成18年度尾張北部都市計画事業小牧文津土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)
   議案第 140号 平成18年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 141号 平成18年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 142号 平成18年度尾張北部都市計画事業小牧原北屋敷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 143号 平成18年度小牧市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 144号 平成18年度小牧市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
   議案第 145号 平成18年度小牧市水道事業会計補正予算(第1号)
   議案第 146号 平成17年度小牧市一般会計歳入歳出決算
   議案第 147号 平成17年度小牧市土地取得特別会計歳入歳出決算
   議案第 148号 平成17年度小牧市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 149号 平成17年度尾張北部都市計画事業小牧小松寺土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 150号 平成17年度尾張北部都市計画事業小牧文津土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 151号 平成17年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 152号 平成17年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 153号 平成17年度尾張北部都市計画事業小牧原北屋敷土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 154号 平成17年度小牧市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 155号 平成17年度小牧市老人保健特別会計歳入歳出決算
   議案第 156号 平成17年度小牧市公共駐車場事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 157号 平成17年度小牧市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 158号 平成17年度小牧市介護保険事業特別会計歳入歳出決算
   議案第 159号 小牧市公平委員会委員の選任について
   議案第 160号 小牧市固定資産評価審査委員会委員の選任について



             (午前9時59分 開会式)
◎議会事務局長(江口光広)
 ただいまから平成18年小牧市議会第4回定例会の開会式を行います。
 議長あいさつ。
  (三ッ岩薫議長 登壇)(拍手)
○議長(三ッ岩薫)
 おはようございます。平成18年小牧市議会第4回定例会を開催させていただきます。その前に一言ごあいさつをさせていただきます。
 今回はあっという間に議長に就任してから2カ月がたちました。また、1年も早いもので、きょうが12月の1日という、本当に時というのは速く流れていくものだなと考えております。この1年大変大きな問題が出てまいりました。一つは桃花台線の廃止、そしてイトーヨーカ堂の撤退、そして最後に桃花台の地盤沈下という大変市政運営上大きな問題が出てまいりました。こうしたことをしっかりと受けとめて、市議会としても早い問題の解決に向けて頑張ってまいりたい、このように決意をしております。
 また、今回の定例会におきまして、議員皆様方の全員の御出席をいただきました。そして、市長以下職員、関係者の皆さん方のお忙しい中に御出席をいただきまして定例会を開催することになりました。今回提案されております議案は、大変市民の皆さん方の生活において重要な議案ばかりでございます。どうか慎重審議をしていただき適切な議決を賜りますとともに、議事の運営に皆様方のお力をいただきますことをお願い申し上げまして、一言ごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。(拍手)
◎議会事務局長(江口光広)
 市長あいさつ。
  (中野直輝市長 登壇)(拍手)
◎市長(中野直輝)
 皆さんおはようございます。平成18年第4回定例会を招集させていただきましたところ、議員各位には御多忙の中、御参集を賜り、ありがとうございました。
 先ほど議長からもお話があったところでありますが、今定例会に提案させていただきます議案は条例案など33議案であります。いずれも市政運営上重要な議案でありますので、慎重に御審議をいただき御賛同を賜りますようにお願いをいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
◎議会事務局長(江口光広)
 これをもって、開会式を終わります。
             (午前10時02分 閉 式)



             (午前10時02分 開 会)
◎議会事務局長(江口光広)
 ただいまの出席議員は29名であります。
○議長(三ッ岩薫)
 ただいまから平成18年小牧市議会第4回定例会を開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程については、別紙でお手元に配付いたしましたとおりであります。
 日程第1、「会議録署名議員の指名について」、本件は会議規則第79条の規定により、議長において、7番 森 秀美議員、27番 舟橋昭治議員を指名いたします。
 日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。
 お諮りいたします。今定例会の会期は、別紙でお手元に配付いたしましたとおり、本日から12月22日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は、本日から12月22日までの22日間と決定いたしました。
 日程第3、「議席の一部変更」を議題といたします。
 議員の所属会派の異動に伴う議席の一部変更をいたしたいと思います。
 お諮りいたします。変更する議席は議長より指定したいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、直ちに指定いたします。
 事務局長に変更議席の朗読をさせます。
◎議会事務局長(江口光広)
 それでは、一部変更議席の朗読をさせていただきます。敬称は省略させていただきます。
 2番 長江喜章、5番 坂本泰之、6番 本多修一郎、23番 伊藤博規、24番 小柳松夫、27番 小林 一、28番 野村 進、29番 舟橋昭治。
 以上でございます。
○議長(三ッ岩薫)
 お諮りいたします。ただいま事務局長に朗読させましたとおり議席を一部変更することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、ただいま指定をいたしましたとおり議席を一部変更することに決しました。
 ここで暫時休憩いたします。
             (午前10時05分 休 憩)



             (午前10時06分 再 開)
○議長(三ッ岩薫)
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第4、「諸般の報告について」、本日議会に提出されました議案については、お手元に配付いたしました33件であります。
 以上をもって、提出議案の報告にかえます。
 次に、今定例会の説明員として、市長以下関係職員及び代表監査委員に対して地方自治法第121条の規定により出席を求めましたので、御報告申し上げます。
 続いて、監査委員による監査の結果に関する報告について、報告第39号から報告第41号までの3件が監査委員より議長のもとまで提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりでありますので、これをもって報告にかえます。
 続いて、報告第42号「平成17年度小牧市継続費精算報告書」、報告第43号「専決処分について」、以上2件が市長より提出されております。これもお手元に配付いたしましたとおりでありますので、これをもって報告にかえます。
 日程第5、「議員派遣について」を議題といたします。
 別紙でお手元に配付いたしましたとおり、議長を地方自治法第100条及び会議規則第156条の規定に基づき議会運営委員会行政調査に派遣いたしたいと思います。
 お諮りいたします。別紙でお手元に配付いたしましたとおり、議長を派遣することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、別紙でお手元に配付いたしましたとおり、議長を派遣することに決しました。
 日程第6、「陳情提出について」、本日までに議長のもとに提出されました陳情は、陳情文書表のとおり2件であります。これをもって陳情受理の報告にかえ、所管常任委員会に送付いたします。
 日程第7、「議案審議」に入ります。
 議案第128号及び議案第129号の議案2件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎総務部長(林義弘)
 ただいま上程されました議案第128号につきまして、提案理由とその内容について説明をさせていただきます。議案書の1ページをお願いいたします。議案第128号「小牧市監査委員に関する条例の一部を改正する条例の制定について」であります。
 この条例案の提出理由でありますが、2ページをごらんいただきたいと思います。地方自治法の一部改正が平成18年6月7日に公布、施行されたことに伴いまして、所要の整備を行うため必要があるからであります。
 改正内容につきましては、条例案のあらましで説明をさせていただきますので、3ページをお願いいたします。
 1点目といたしまして、地方自治法の一部改正により監査委員の定数が同法に定められたことに伴い、所要の規定の整備を行うものであります。
 2点目といたしまして、その他所要の規定の整備を行うものであります。
 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。
 以上で説明とさせていただきます。
◎消防長(横井孝男)
 続きまして、議案第129号について、その提案理由と内容について御説明を申し上げます。議案書5ページをお開きいただきたいと思います。議案第129号「小牧市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正する条例の制定について」であります。
 6ページをお願いいたします。提出理由ですが、この案を提出いたしますのは、消防表彰規程の改正に伴い、所要の整備を行うため必要があるからでございます。
 内容につきましては、7ページの条例案のあらましにより御説明させていただきます。今回の改正は、平成18年9月26日に公布、施行された非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令を受け、引用する条項等の整備を行うため、消防表彰規程の一部改正が10月6日に告示、施行されました。この消防表彰規程の改正に伴い、引用する規定等の整備を行おうとするものでございます。
 なお、この条例は公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用するものでございます。
 以上、提案説明といたします。
○議長(三ッ岩薫)
 議案第130号から議案第135号までの議案6件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎消防長(横井孝男)
 ただいま上程されました議案第130号について、提案説明とその内容について説明申し上げます。議案書9ページをお願いいたします。議案第130号「先端屈折式はしご自動車の取得について」であります。
 この案を提出いたしますのは、昭和62年10月に本署に配備いたしました35mはしご付消防ポンプ自動車の老朽化に伴い、新しく取得するものでございます。
 そこで、去る10月24日に指名競争入札を行い落札者が決定いたしましたので、議会の議決をいただき購入契約を締結しようとするものでございます。
 内容ですが、名称は先端屈折式はしご自動車、取得財産は35m伸縮水路付先端屈折式はしご付消防自動車1台、取得金額は1億2,075万円、契約の相手方は名古屋市中区上前津一丁目2番24号、日本機械工業株式会社名古屋営業所、所長 橘 勲夫氏であります。契約の方法は、4社による指名競争入札であります。
 以上、提案説明といたします。よろしくお願いいたします。
◎教育部長(倉地謙三)
 それでは、議案第131号について説明をさせていただきます。議案書の11ページをお願いいたします。議案第131号「愛日地方教育事務協議会規約の一部変更について」であります。
 愛日地方教育事務協議会は、各関係市町が相互に連絡調整を図ることにより各関係市町区域内の教育水準の維持向上を図ることを目的として設けられております。
 その提出理由でありますが、13ページから14ページをお願いいたします。この案を提出させていただきますのは、愛日地方教育事務協議会の事務の見直しに伴いまして、尾張教育事務所及び愛日地方教育事務協議会を構成します市町教育委員会の役割分担の調整のため、愛日地方教育事務協議会規約を変更する必要があるからでございます。
 内容につきましては、15ページの規約案のあらましにより説明をさせていただきます。
 規約案の内容でありますが、協議会の担任する事務には、特定の事務の管理及び執行するものと、もう一つ事務の管理及び執行について連絡調整を図るものとがありますが、この事務の管理及び執行について連絡調整を図るものに、小学校及び中学校の教育課程並びに学校運営の推進に関する事務を加えるものでございます。
 2点目で、協議会の事務所を現在ある尾張教育事務所内から会長の属する市町の教育委員会事務局内とするものでございます。
 3点目で、関係市町教育委員会が協議して定める市町の監査委員は、決算終了時より3月以内に協議会出納を検査するというものでございます。
 4点目として、その他所要の規定の整備を行う。
 なお、この規約は平成19年4月1日から施行するものでございます。
 以上でございます。
◎市民部長(沖本嘉一郎)
 それでは、議案第132号につきまして御説明申し上げます。議案書の17ページをお願いいたします。議案第132号「東部地区整備事業土壌改良工事請負契約の締結について」であります。
 この工事は、東部地区整備事業区域内の土質がよくなく地耐力が低い部分の土壌改良を行うものであり、10月30日指名競争入札を行い落札者が決定しましたので、議会の議決を求めるものであります。
 その内容でありますけれども、工事名は東部地区整備事業土壌改良工事、工事場所は小牧市大字大草地内、工事概要は土壌改良工事、盛土工事一式、請負契約金額は1億9,530万円であります。請負契約者は、名古屋市中区大井町6番14号、飛島建設株式会社名古屋支店、支店長 安藤保雄氏であります。契約の方法は、12社による指名競争入札であります。
 なお、18ページに工事個所の位置図を添付させていただきましたので、御参照賜ればと思います。
 以上で説明とさせていただきます。よろしくお願いします。
◎福祉部長(永井利保)
 続きまして、議案第133号について御説明申し上げます。19ページをお開き願います。議案第133号「愛知県後期高齢者医療広域連合の設立について」であります。
 25ページをお願いします。この議案の提出理由でありますが、愛知県後期高齢者医療広域連合を設立するため必要があるからであります。
 この内容につきましては、26、27ページの規約案のあらましによって御説明申し上げます。
 1点目として、高齢者の医療の確保に関する法律に基づく後期高齢者医療に関する事務を処理するため、愛知県内の全市町村により組織する愛知県後期高齢者医療広域連合を設立するものであります。第1条から第3条関係です。
 2点目として、まず広域連合が処理する事務としましては、被保険者の資格の管理、医療給付、保険料の賦課、保険事業などに関する事務であります。また、市町村が処理する事務としましては、被保険者の資格管理に関する申請及び届出の受付、被保険者証及び資格証明書の引き渡し、被保険者証及び資格証明書の返還の受付、医療給付に関する申請及び届出の受付並びに証明書の引き渡し、保険料に関する申請の受付などに関する事務であります。第4条関係です。なお、保険料の徴収は市町村が行うこととなりますが、これは法律に規定されておりますことから、規約ではあえて触れておりません。
 3点目として、広域連合の議会の議員の定数は34人とするものであります。第7条関係です。
 4点目として、広域連合の議会の議員は、構成市町村の議員のうちから選出し、愛知県内を14の選挙区に分け、選挙区市町村の各議会において、24、25ページにあります別表第2に掲げる定数を選挙するものであります。また、名古屋市を除く各選挙区における選挙については、各市町村議会において、その定数の3分の1以上の推薦があった者を候補者とするものであります。第8条関係です。
 5点目として、広域連合の執行機関の組織として、構成市町村の長のうちから広域連合長及び副広域連合長それぞれ1人を置くものであります。第11条及び第12条関係です。
 6点目として、広域連合に選挙管理委員会を置き、委員は4人とするものであります。第15条関係です。
 7点目として、広域連合に監査委員2人を置くものであります。第16条関係です。
 8点目として、広域連合の経費は、構成市町村の負担金、事業収入、国及び県の支出金及びその他の収入をもって充て、構成市町村の負担金の負担割合につきましては、下段表中の共通経費、すなわち事務的経費でありますが、全市町村で、均等割10%、高齢者人口割、これは後期高齢者75歳以上の人口割でありますが、45%、人口割45%の割合で按分し負担し合うものであります。また、医療給付に要する経費は、高齢者の医療の確保に関する法律第98条に定める市町村の一般会計において負担すべき額で、これは現在の老人保健制度の中でも医療給付費の12分の1を一般会計から特別会計に繰り入れしておりますが、これを広域連合に負担していくものであります。次に、保険料その他の納付金は、同法第105条に定める市町村が納付すべき額で、これは市町村が徴収した保険料等の実額及び低所得者等の保険料軽減額相当額を負担するものであります。第17条関係です。
 なお、この規約は平成19年3月20日から施行し、第11条第2項及び第12条第5項の規定は平成19年4月1日から施行しようとするものであります。
 以上で説明とさせていただきます。
◎建設部長(永井修)
 それでは、続きまして議案第134号及び135号について御説明を申し上げます。
 議案書の29ページをお願いいたします。議案第134号「小牧市道路線の廃止について」であります。道路法第10条第3項の規定により市道路線を廃止しようとするものでございます。
 30ページをお願いします。提出理由でありますが、既認定路線を整理するため必要があるからであります。廃止調書にありますように、今回廃止しようとする路線は太良1号線ほか2路線で、延長は3路線合わせまして2,617.6メートルであります。小牧市東部地区整備事業に伴いまして一たん廃止し、次の議案第135号で再認定をお願いするものであります。
 参考資料として、31ページに市道路線廃止個所図を添付させていただいております。
 33ページをお願いいたします。議案第135号「小牧市道路線の認定について」であります。道路法第8条第2項の規定により市道路線を認定しようとするものでございます。
 34ページをお願いいたします。提出理由でありますが、市民の利便を増進するため必要があるからであります。今回認定をしようとする路線は、認定調書にありますように年上坂23号線ほか4路線で、総延長は5路線合わせまして1,633メートルであります。認定調書の1番から3番路線につきましては東部地区整備事業によるもので、4番、5番路線につきましては再認定をお願いするものであります。
 参考資料として、35ページに市道路線認定個所図を添付させていただいております。
 以上、2議案の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(三ッ岩薫)
 議案第136号から議案第145号までの議案10件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎総務部長(林義弘)
 ただいま上程されました議案第136号につきまして説明させていただきます。議案書の37ページをお願いいたします。議案第136号「平成18年度小牧市一般会計補正予算(第4号)」についてであります。
 歳入歳出予算の補正であります。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ 9,986万1,000円を追加し、総額を歳入歳出それぞれ463億5,094万4,000円とするものであります。第2条の繰越明許費、第3条の債務負担行為の補正及び第4条の地方債の補正につきましては、後ほど説明させていただきます。
 38ページ、39ページをお願いします。初めに、38ページの歳入であります。15款2項国庫補助金で600万円の減額をするものであります。土木費国庫補助金の減額であります。スポーツ公園整備事業の事業費の変更によるものであります。16款2項県補助金では636万3,000円の増額をお願いするものであります。民生費県補助金及び商工費県補助金の増額であります。障害児支援事業の増額による児童居宅生活支援費補助金235万6,000円の増額と中心市街地及び商店街の活性化を図るために設けられました愛知県のがんばる商店街推進事業費補助金の採択を受けたため400万7,000円の計上をお願いするものであります。3項委託金では1,564万8,000円の増額であります。総務費委託金で愛知県議会議員一般選挙費委託金の計上であります。18款1項寄附金で 100万円の増額であります。去る11月6日に篤志家より社会福祉基金に積み立ててほしいという御寄附をいただきましたので、計上するものであります。20款1項繰越金は前年度繰越金を財源化するものであります。21款4項雑入では250万円の増額でありますが、財団法人自治総合センターから交付されますコミュニティ助成事業に対する助成金であります。22款1項市債では1,620万円の増額であります。スポーツ公園整備事業の事業費の変更によるものであります。
 39ページをお願いします。歳出であります。1款1項議会費では163万8,000円の増額であります。一般職の人事異動による人件費の調整であります。
 2款総務費は1億7,056万8,000円の増額をお願いするものであります。1項総務管理費の1億5,609万7,000円の増額は、人事異動等による調整及び退職手当の増額が主なものであります。2項徴税費及び3項戸籍住民基本台帳費は人件費の調整によるものであります。4項選挙費は平成19年3月30日告示予定の愛知県議会議員一般選挙の準備経費が主なものであります。5項統計調査費及び6項監査委員費は人件費の調整によるものであります。7項生活費は、コミュニティ助成事業助成金250万円、防犯対策事業として小牧駅ほか5駅の自転車駐車場に防犯カメラを設置する経費及び市内全戸に防犯啓発用プレートを配布する経費2,310万円並びに人件費の調整であります。8項環境整備費は人件費の調整であります。
 3款民生費は9,823万2,000円の減額でありますが、1項社会福祉費は9,868万2,000円の増額で、一般被保険者療養給付費の増加などによる国民健康保険事業特別会計への繰出金の増額などによるものであります。2項老人福祉費は554万2,000円の減額であります。人件費の調整による減額や後期高齢者医療広域連合設立準備事業費の計上などをお願いするものであります。3項児童福祉費は人件費の調整による減額と障害児支援事業の増額などであります。4項生活保護費も人件費の調整であります。
 4款衛生費は1,259万円の減額であります。1項保健衛生費は人件費の調整であります。2項清掃費は人件費の調整及びごみ収集事業の減額などであります。
 6款1項農業費の208万3,000円の減額は、人件費の調整による減額及び尾張農業共済事務組合への負担金の増額などをお願いするものであります。
 7款1項商工費は3,105万円の増額であります。人件費の調整及び中小企業支援事業の増額並びに愛知県が新たに制度化しましたがんばる商店街推進事業費補助金の採択を受けたことによりましてラピオ商店街の防犯対策事業への補助金をお願いするものであります。
 8款土木費は、39ページから40ページにまたがっておりますが、8,850万円の増額をお願いするものであります。1項土木管理費の171万5,000円の増額は人件費の調整によるもので、2項道路橋りょう費の5,240万9,000円の増額は人件費の調整による減額と北外山文津線交差点改良事業として北外山文津線と国道155号線の交差点の改良をするための工事費及び用地購入費の計上をお願いするものであります。40ページをお願いします。上段の3項河川費は人件費の調整による428万2,000円の減額、4項都市計画費の3,836万8,000円の増額は、再開発ビル「ラピオ」からのイトーヨーカ堂撤退表明を受けましてラピオの権利床の再配置計画と駅周辺整備計画を策定するための市街地整備事業の増額、スポーツ公園整備事業の増額、名鉄味岡駅東側の駅前広場整備に伴い新たに駅東口を設置する協議が整いましたので名鉄への建設工事負担金の計上などであります。
 9款1項消防費、2,556万3,000円の減額は人件費の調整によるものであります。
 10款教育費は5,342万7,000円の減額でありますが、1項の教育総務費から6項保健体育費まで、すべて人件費の調整によるものであります。
 41ページをお願いいたします。繰越明許費であります。第2表に記載してあります3つの事業をお願いするものであります。まず1つ目の北外山文津線交差点改良事業は工事の年度内完成が難しいため、2つ目の市街地整備事業は先ほど説明しましたラピオの権利床の再配置計画と駅周辺整備計画の策定の年度内完了が難しいため、また3つ目の土地区画整理事業関連事業は味岡駅前広場及び味岡駅東口建設工事の年度内完了が難しいため、それぞれ繰越明許費の設定をお願いするものであります。
 続きまして、債務負担行為の補正であります。第3表の2つの事業についてお願いするものであります。1つ目は金属類収集委託事業でありますが、18年度から19年度までの期間で限度額を1,790万円と設定しようとするものであります。平成19年度から金属類の収集業務を委託化するため準備期間を確保しようとするものであります。2つ目は北部学校給食センター給食調理委託事業で、平成18年度から19年度までの期間で限度額を8,500万円と設定しようとするものであります。本年8月から委託化した給食調理業務を来年度も委託するため準備期間を確保しようとするものであります。
 第4表の地方債補正であります。公園緑地施設整備事業で、スポーツ公園整備事業費の変更に伴い増額をお願いするものであります。限度額を補正前8,100万円から 1,620万円増額し9,720万円にしようとするものであります。なお、起債の方法、利率、償還の方法につきましては補正前と同じでございます。
 以上で一般会計補正予算案の説明とさせていただきますが、別添で補正予算に関する説明書を提出させていただいております。御参照くださいますようお願い申し上げます。
 以上です。
◎福祉部長(永井利保)
 続きまして、議案第137号及び144号の2議案について御説明申し上げます。
 43ページをお願いします。初めに、議案第137号「平成18年度小牧市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」についてであります。
 歳入歳出予算の補正で、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億 5,869万4,000円を追加し、総額をそれぞれ121億1,847万8,000円にしようとするものであります。
 44、45ページをお願いします。まず歳入は、3款1項国庫負担金、5,158万9,000円の増額で、これは一般被保険者療養給付費及び老人保健医療費拠出金の増加に伴う負担金増によるものであります。4款1項療養給付費等交付金、3億3,694万8,000円の増額で、退職被保険者等の療養給付費や療養費の増加に伴う交付金増によるものであります。5款2項県補助金、910万3,000円の増額で、一般被保険者療養給付費及び老人保健医療費拠出金の増加に伴う交付金増によるものであります。8款1項他会計繰入金、1億92万9,000円の増額で、一般被保険者療養給付費及び老人保健医療費拠出金などの増加に伴い一般会計から繰り入れしようとするものであります。9款1項繰越金、6,012万5,000円の増額で、前年度の繰越金を財源化しようとするものであります。
 次に歳出でありますが、1款1項総務管理費、837万9,000円の増額で、制度改正に伴う国民健康保険システムの修正費であります。2款1項療養諸費、4億4,289万円の増額で、一般被保険者及び退職被保険者等の療養給付費や療養費の増加によるものであります。3款1項老人保健拠出金、8,115万9,000円の増額で、医療費拠出金の額の確定によるものであります。9款1項償還金及び還付加算金、2,626万6,000円の増額で、一般被保険者過年度分保険税の還付金や平成17年度一般被保険者療養給付費の確定による国庫負担金の精算返還金であります。
 次に、71ページをお願いします。議案第144号「平成18年度小牧市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)」についてであります。
 歳入歳出予算の補正で、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,275万円を追加し、総額をそれぞれ46億317万1,000円にしようとするものであります。
 72、73ページをお願いします。まず歳入は、3款1項国庫負担金772万8,000円、一つ飛んで5款1項県負担金483万円、7款1項一般会計繰入金348万1,000円のそれぞれ増額で、保険給付費の増加などに伴う増額分であります。2段上の4款1項支払基金交付金、80万3,000円の減額で、平成17年度介護保険給付費の確定による支払基金交付金の精算を本年度交付金との相殺で行ったことなどによるものであります。8款1項繰越金、2,751万4,000円の増額で、前年度繰越金の一部を財源化するものであります。
 次に歳出は、1款1項総務管理費、135万円の減額で、臨時嘱託職員の人件費の調整分であります。2款1項介護サービス等諸費、3,864万2,000円の増額で、居宅介護サービス計画給付費の増加によるものであります。7款1項償還金及び還付加算金、545万8,000円の増額で、平成17年度介護保険給付費の確定による国庫負担金及び県負担金の精算返還金であります。
 以上この2議案につきましては、別冊の補正予算に関する説明書を添付させていただきましたので、御参照賜りますようお願いし、説明とさせていただきます。
◎建設部長(永井修)
 それでは、続きまして議案第138号から議案第142号までの議案5件を一括して御説明を申し上げます。
 戻っていただきまして、議案書の47ページをお願いいたします。議案第138号「平成18年度尾張北部都市計画事業小牧小松寺土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ249万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億3,640万2,000円とするものであります。
 48、49ページをお願いします。まず歳入でありますが、3款1項一般会計繰入金で 249万2,000円の減額を、一方、歳出でありますが、1款1項総務管理費で249万 2,000円の減額でありますが、人事異動等による人件費調整分であります。
 続きまして、議案書の51ページをお願いします。議案第139号「平成18年度尾張北部都市計画事業小牧文津土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,975万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ5億3,333万7,000円とするものであります。
 52、53ページをお願いいたします。歳入でありますが、3款1項国庫補助金で530万円の増額を、4款1項一般会計繰入金で24万3,000円の減額を、5款1項繰越金で 1,470万円の増額をお願いするものであります。一方、歳出でありますが、1款1項総務管理費で24万3,000円の減額でありますが、人事異動等に伴う人件費調整分であります。また、2款1項事業費で2,000万円の増額でありますが、物件移転補償1件を予定いたしております。
 55ページをお願いいたします。議案第140号「平成18年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,535万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億3,161万6,000円とするものであります。第2条の繰越明許費につきましては、第2表にて御説明を申し上げます。
 56、57ページをお願いいたします。歳入でありますが、6款1項一般会計繰入金で 464万4,000円の減額を、7款1項繰越金で4,000万円の増額をお願いするものであります。歳出でありますが、1款1項総務管理費で464万4,000円の減額でありますが、人事異動等に伴う人件費調整分であります。2款1項事業費で4,000万円の増額をお願いいたしておりますが、1級河川原川の橋りょう整備に支障となるNTTケーブルの移設を行う予定をいたしております。
 58ページをお願いいたします。第2表繰越明許費でございますが、1級河川原川の橋りょう整備に支障となるNTTケーブルの移設は年度内完了が困難でありますので、4,000万円の繰り越しをお願いするものでございます。
 議案書の59ページをお願いいたします。議案第141号「平成18年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ421万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ18億5,996万9,000円とするものであります。
 60、61ページをお願いいたします。歳入でありますが、5款1項一般会計繰入金で 421万5,000円の減額を、一方、歳出で、1款1項総務管理費で421万5,000円の減額でありますが、人事異動等に伴う人件費の調整分であります。
 63ページをお願いします。議案第142号「平成18年度尾張北部都市計画事業小牧原北屋敷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ90万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億2,605万2,000円とするものであります。
 64、65ページをお願いいたします。歳入でありますが、4款1項一般会計繰入金で90万7,000円の減額を、一方、歳出では、1款1項総務管理費で90万7,000円の減額でありますが、人事異動等に伴う人件費調整分であります。
 以上、御説明を申し上げましたが、別冊で補正予算に関する説明書を添付させていただいておりますので、御参照いただきますことをお願い申し上げまして、提案説明とさせていただきます。
◎水道部長(舟橋博)
 続きまして、議案第143号及び議案第145号の2議案について一括して御説明を申し上げます。
 恐れ入ります、議案書67ページをお開き願います。議案第143号「平成18年度小牧市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」であります。
 第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ186万円を追加し、歳入歳出それぞれ44億3,219万4,000円とするものであります。
 68ページ、69ページをお開き願います。まず歳入でありますが、5款1項一般会計繰入金で614万円の減額を、6款1項繰越金では800万円の増額をお願いし、一方、歳出では、1款1項総務管理費で421万9,000円の減額を、2款1項下水道建設費では 607万9,000円の増額をお願いしております。内容といたしましては、人事異動等に伴う人件費の調整分と汚水管整備事業に要します物件移転補償費の増額分であります。
 続きまして、議案第145号についてであります。恐れ入ります、議案書75ページをお開き願います。議案第145号「平成18年度小牧市水道事業会計補正予算(第1号)」についてであります。
 今回補正をお願いしますのは、人事異動等に伴う人件費の調整分であります。第2条で水道事業会計予算書第2条で定めております建設改良事業費に60万1,000円を増額し1億2,636万5,000円に改め、第3条関係では収益的支出のうち第1款第1項営業費用予定額から623万6,000円を減額し26億6,117万2,000円とするものであります。第4条では、資本的収支の本文括弧書きで資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額7億2,007万4,000円は、過年度分損益勘定留保資金6億9,589万5,000円と当年度分消費税及び地方消費税資本的支出調整額2,417万9,000円で補てんするものとし、第1款資本的支出のうち第1項建設改良費に218万8,000円を増額し9億3,623万6,000円とするものであります。第5条では、予算第7条で定める議会の議決を経なければ流用することができない職員給与費から416万8,000円を減額し4億1,887万1,000円にするものであります。
 なお、別冊で補正予算に関する説明書を添付させていただいておりますので、御参照いただきますようお願い申し上げまして、説明とさせていただきます。
 以上であります。
○議長(三ッ岩薫)
 議案第146号から議案第158号までの議案13件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎助役(森川勝己)
 それでは、ただいま議題となりました議案第146号から第158号までの平成17年度小牧市一般会計及び特別会計の決算議案13件につきまして、一括して提案理由とその内容の概要について御説明を申し上げます。
 この議案につきましては、決算書をはじめそれぞれ別冊で資料を提出させていただいておりますが、そのうちの平成17年度主要施策成果説明書により説明をさせていただきたいと存じます。
 まず提案理由といたしましては、地方自治法第233条第3項の規定によりまして議会の認定を受けようとするものであります。
 それでは、1ページをお開きいただきたいと思います。概況を申し上げますと、平成17年度は、市制施行50周年を記念した各種事業を開催し、市民の皆様とともに節目となる年を盛大に祝い、本市の新たな歴史づくりに歩みを進める格別の意味を持った年となりました。
 予算の執行に当たりましては、経費の節減合理化と適正かつ効率的な執行に努めました。その結果、一般会計と12の特別会計を合わせた決算額は、歳入総額は768億7,451万円、歳出総額は738億3,110万円となり、差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は対前年度比8.0%増の22億5,621万円となりました。
 市債の一般会計と特別会計を合わせました平成17年度末現在高は384億7,688万円となり、前年度末より14億500万円減少いたしました。一方、基金残高は299億9,560万円となり、前年度より21億463万円の増となりました。
 また、主要な財政指標につきましては、経常収支比率は前年度に比して3.6ポイント低下し71.3%、公債比率は1.1ポイント低下し5.3%、財政力指数は0.04ポイント上昇し1.35となるなど、いずれの指標も良好であり、依然として健全な財政構造を保持している状況であります。
 1枚はねていただきまして、2ページには会計別決算収支状況、3ページには会計別の繰越事業の一覧を掲載いたしましたので、御参照いただきたいと思います。
 4ページ、5ページをお願いいたします。4ページには、上段に会計別市債の状況を、下段に基金の状況をそれぞれ表示いたしております。5ページには、普通会計ベースの主な財政指標4項目の年度別数値を掲載いたしております。先ほど申し上げましたとおり、どの指標におきましても良好な数値を示しており、引き続き健全財政を保持いたしております。
 7ページをお願いいたします。議案第146号「平成17年度小牧市一般会計歳入歳出決算」についてであります。総括で御説明を申し上げます。
 平成17年度の一般会計歳入総額は対前年度比0.7%減の449億4,918万5,040円、歳出総額は2.2%減の428億6,036万5,061円となり、翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は17億7,642万3,979円となりました。
 歳入決算額では、歳入の根幹をなす市税が、4.7%、13億5,300万円余増の302億 4,100万円余となりました。これは、法人市民税が企業の業績回復によりまして17.5%、7億6,000万円余の大幅な増額となったことや、個人市民税が納税義務者の増加などによりまして5.4%、3億7,700万円余増となったことなどによるものであります。
 その他の収入では、国の三位一体の改革による所得譲与税の増などによりまして、地方譲与税が21.4%、1億9,400万円余の増額、国庫支出金が住宅市街地基盤整備事業補助金の増などによりまして8.8%、2億5,100万円余の増、県支出金が保険基盤安定負担金の増などによりまして10.0%、1億2,000万円余の増となりました。一方、市債につきましては、市民税等減税補てん債の大幅な減により、78.9%、28億7,400万円余の減となりました。
 財源構造につきましては、自主財源が347億9,800万円余で、構成比は77.4%、前年度に比しまして5.1ポイント上昇いたしました。また、一般財源につきましては、374億9,000万円余で、構成比は83.4%、前年度に比して0.9ポイント低下いたしました。
 次に、歳出の決算額でありますが、目的別決算額の構成比では、土木費が111億 9,500万円余で26.1%、民生費が100億400万円余で23.4%、次いで総務費が14.2%、教育費が13.0%となっております。
 平成16年度決算額と大きく増減しているものとしましては、公債費が市民税等減税補てん債の満期一括償還金の皆減などによりまして50.1%、24億5,800万円余の減、民生費が乳幼児医療扶助費や(仮称)村中保育園の施設建設事業費の増などによりまして6.9%、6億4,700万円余の増額、土木費が都市基盤整備基金積立金や岩崎小牧原新田線新設改良事業費の増などによりまして4.7%、4億9,700万円余の増、農林費につきましては愛知用水二期事業建設負担金の皆増によりまして123.2%、3億4,700万円余の増となりました。
 歳出の性質別決算では、人件費をはじめといたします義務的経費が151億9,400万円余で構成比が35.4%、普通建設事業費と災害復旧費を合わせました投資的経費が55億3,900万円余で12.9%、その他の経費が51.7%となりました。
 積立金は、財政調整基金積立金と都市基盤整備基金積立金の大幅な増などによりまして、対前年度比86.4%、10億6,400万円余の増となりました。
 人件費につきましては、退職手当の減などによりまして、対前年度比4.0%、3億3,200万円余の減額となりました。
 扶助費は、乳幼児医療扶助費、児童手当、児童扶養手当、身体障害者居宅生活支援費がそれぞれ増となったことなどにより、5.5%、2億4,300万円余の増額となりました。
 補助費等は、小牧岩倉衛生組合運営費負担金や防犯対策補助金の減などによりまして、1.5%、4,900万円余の減となりました。
 なお、9ページから13ページに決算状況諸表を、そして、14ページから22ページには歳入決算額の状況を、また、23ページから27ページには歳出決算額の状況を掲載いたしております。さらに、28ページからは主要な施策の成果を事業ごとに前年度との比較をまじえまして掲載をいたしましたので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上で平成17年度小牧市一般会計歳入歳出決算の説明とさせていただきます。
 続きまして、特別会計について御説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、227ページをお開きいただきたいと思います。議案第147号「平成17年度小牧市土地取得特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本年度は、将来の福祉事業に対応する施設用地として愛知県から土地を購入したことにより土地開発基金借入金が皆増しましたが、公共用地先行取得事業債の償還が平成16年度で終了したため公債費が皆減しております。この結果、歳入歳出決算の総額は、対前年度比54.7%、2億3,700万円余減の1億9,605万1,784円となりました。
 229ページをお願いいたします。議案第148号「平成17年度小牧市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 国民健康保険は、地域住民の医療の確保と生活の安定のための地域保険として不可欠な制度であります。本年度も医療費の適正化・効率化を図るとともに、地域住民の健康保持のため、疾病予防教育、健康診査等の支援を実施し、国民健康保険事業の安定化に努めました。この結果、歳入総額は109億4,174万7,065円、歳出総額は108億8,131万9,814円となり、歳入歳出差引額は6,042万7,251円となりました。
 1枚はねていただきたいと思いますが、歳入の主なものは、国民健康保険税、次いで国庫支出金、療養給付費等交付金、繰入金の順であります。一方、歳出の主なものは、歳出総額の66.5%を占めております保険給付費、次いで老人保健拠出金であります。
 235ページをお開きいただきたいと思います。議案第149号「平成17年度尾張北部都市計画事業小牧小松寺土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本事業は、平成3年10月に事業認可を得て、平成5年7月に仮換地指定を行い、事業推進に努めてまいりました。本年度も引き続き、物件移転補償及び道水路の新設工事等を実施いたしました。この結果、歳入総額は4億2,684万7,627円、歳出総額は3億7,960万3,866円となり、実質収支額は3,079万5,761円となりました。
 1枚はねていただきますと、平成17年度末におけます事業の進捗状況については、道路整備率が92.7%、保留地処分率は77.3%となっております。
 239ページをお開きください。議案第150号「平成17年度尾張北部都市計画事業小牧文地土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本事業は、平成10年11月に事業認可を得て、平成13年12月に仮換地指定を行い、事業推進に努めてまいりました。本年度も引き続き、物件移転補償並びに道路の新設工事等を実施いたしました。この結果、歳入総額は5億9,940万4,203円、歳出総額は4億5,310万1,383円となり、実質収支額は1億3,332万6,820円となりました。
 1枚はねていただきたいと思います。平成17年度末におけます事業の進捗状況につきましては、道路整備率が29.0%、保留地処分率は9.0%となっております。
 243ページをお願いいたします。議案第151号「平成17年度尾張北部都市計画事業小牧岩崎山前土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本事業は、平成4年11月に事業認可を得て、平成6年12月に仮換地指定を行い、事業の推進に努めてまいりましたが、本年度も引き続き、物件移転補償、道路の新設改良工事を実施いたしました。この結果、歳入総額は12億6,611万4,418円、歳出総額は10億3,409万8,749円となり、実質収支額は9,581万3,669円となりました。
 1枚はねていただきまして、平成17年度末におけます事業の進捗状況については、道路整備率が64.8%、保留地処分率は48.9%となっております。
 247ページをお願いいたします。議案第152号「平成17年度尾張北部都市計画事業小牧南土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本事業は、平成7年3月に事業認可を得て、平成10年6月に仮換地指定を行い、事業推進に努めてまいりました。本年度も引き続き、物件移転補償並びに道水路の新設工事等を実施いたしました。その結果、歳入総額は23億9,789万443円、歳出総額は21億1,298万5,116円となり、実質収支額は3,481万327円となりました。
 1枚はねていただきたいと思いますが、平成17年度末におけます事業の進捗状況につきましては、道路整備率が38.1%、保留地処分率は29.6%となっております。
 251ページをお願いいたします。議案第153号「平成17年度尾張北部都市計画事業小牧原北屋敷土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本事業は、平成7年11月に事業認可を得て、平成9年7月に仮換地指定を行い、事業推進に努めてまいりました。本年度も引き続き、物件移転補償並びに道水路の新設工事等を実施し、その結果、歳入総額は2億2,618万4,088円、歳出総額は2億452万6,199円となり、実質収支額は2,165万7,889円となりました。
 1枚はねていただきまして、平成17年度末におけます事業の進捗状況につきましては、道路整備率が96.7%、保留地処分率は80.6%となっております。
 255ページをお願いいたします。議案第154号「平成17年度小牧市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 本年度も良好な生活環境を確保するために、引き続き幹線管渠の整備及び面整備の積極的な推進並びに下水道普及率と水洗化率の向上を図るとともに、経費の節減等に努めてまいりました。この結果、歳入総額は43億5,913万232円、歳出総額は41億6,268万7,291円となり、実質収支額は1億3,736万2,941円となりました。
 260ページをお願いいたします。平成17年度末の下水道普及状況等について掲載をいたしております。御参照いただければと存じます。
 261ページの方をごらんいただきたいと思います。議案第155号「平成17年度小牧市老人保健特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 老人保健医療の受給者は前年度より389人減少して1万178人となったものの、1人当たりの医療費は高齢化の進展によりまして5万2,000円ほど増加し74万4,653円となりました。こうした状況の中、老後における健康保持と適切な医療の確保を図るため、医療費の適正化を推進し健全な運営に努めてまいりましたが、支払基金交付金や国庫負担金などの翌年度受入額が例年よりも大きくなりました。この結果、歳入総額は75億5,605万4,213円、歳出総額はこれを超える76億6,981万8,707円となり、1億1,376万4,494円の歳入不足となりました。このため、財政の非常手段といたしまして、翌年度歳入の繰上充用を行ったところであります。
 265ページをお願いいたします。議案第156号「平成17年度小牧市公共駐車場事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 平成17年度の利用台数は対前年度比14.5%増の延べ8万2,201台となりました。決算では、歳入歳出総額はそれぞれ1億496万8,599円となりました。歳入の主なものは繰入金、使用料及び手数料であり、歳出では公債費及び駐車場管理運営費の公共駐車場費であります。
 267ページをお願いいたします。議案第157号「平成17年度小牧市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 平成8年度から開始いたしました本事業でありますが、平成17年度は受益者分担金の徴収、大草浄化センターの維持管理を行いました。この結果、歳入歳出とも総額は対前年度比73.3%減の3,810万3,218円となりました。減額の主な理由は、整備事業が平成16年度で終了したことなどであります。
 271ページをお願いいたします。議案第158号「平成17年度小牧市介護保険事業特別会計歳入歳出決算」についてであります。
 介護を社会全体で支える制度として平成12年4月から始まりました介護保険事業は、全国的な利用者の増加とあいまって、予想を超えて給付費がふえ続けるという現状にあり、制度の大きな転換期を迎えようといたしております。このような状況の中、本市におきましては、第2次介護保険事業計画に基づき、サービスの質と量の確保を図るとともに、制度の適正な運営に取り組んだところであります。この結果、歳入総額は38億1,283万6,214円、歳出総額は37億3,347万4,777円となり、歳入歳出差引額は7,936万1,437円となりました。歳入の主なものは、支払基金交付金、介護保険料、国庫支出金、繰入金であり、歳出の主なものは、次のページになりますが、歳出の94.6%を占めております保険給付費であります。
 恐れ入りますが、277ページをお願いいたします。基金の運用状況であります。地方自治法第241条第5項の規定に基づきまして提出いたしました特定の目的のための定額の資金を運用するための基金は、本市ではこの土地開発基金だけであります。平成17年度末の基金総額は64億8,588万7,014円であります。その運用状況は、土地取得特別会計に17億6,348万2,234円、土地開発公社に43億5,200万円を貸し付けており、運用残額は3億7,040万4,780円であります。
 以上、平成17年度の一般会計及び特別会計、合わせまして13議案の提出理由とその内容を御説明申し上げました。添付資料といたしまして、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書、監査委員によります歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書をあわせて提出させていただいております。これらを御参照の上、原案のとおり御認定をいただきますようお願いを申し上げまして、説明を終わらせていただきます。
○議長(三ッ岩薫)
 ただいま議題といたしております議案第128号から議案第158号までの議案31件の質疑については後日の本会議において行いますので、御了承願います。
 次に、議案第159号及び議案第160号の議案2件を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎助役(森川勝己)
 それでは、続きまして私の方から議案第159号、160号につきまして御説明を申し上げたいと思います。
 議案書の77ページをお開きいただきたいと思います。議案第159号「小牧市公平委員会委員の選任について」であります。
 提出の理由でありますが、委員の稲垣弘子氏の任期が平成18年12月31日に満了することに伴いまして、後任者を選任する必要があるからであります。この内容につきましては、地方公務員法第9条の2第2項の規定によりまして議会の同意を求めようとするものであります。
 後任者につきましては、引き続き、住所は小牧市大字二重堀1660番地、氏名は稲垣弘子氏であります。生年月日は昭和17年4月8日生まれであります。
 裏面の78ページの方に参考資料として同氏の経歴書を添付させていただきましたので、御参照いただきたいと思います。
 次に、79ページの方をお願いいたします。議案第160号「小牧市固定資産評価審査委員会委員の選任について」であります。
 提出の理由でありますが、委員の磯部立氏の任期が平成18年12月24日に満了することに伴いまして、後任者を選任する必要があるからであります。この内容につきましては、地方税法第423条第3項の規定によりまして議会の同意を求めようとするものであります。
 後任者につきましては、住所は小牧市大字間々原新田121番地2、氏名は森康行氏であります。生年月日は昭和18年7月4日生まれであります。
 裏面の80ページに参考資料としまして同氏の経歴書を添付させていただきましたので、御参照いただきたいと存じます。
 いずれもお認めいただきますようお願いを申し上げまして、説明とさせていただきます。
○議長(三ッ岩薫)
 提案理由の説明は終わりました。
 質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
◆11番(山田哲茂)
 質疑の発言もないようであります。質疑を終結せられ、上程中の議案については委員会付託を省略し直ちに討論に入られたい動議を提出いたします。
  (「賛成」の声)
○議長(三ッ岩薫)
 ただいま山田哲茂議員より動議が出され、動議は成立いたしました。動議のとおり決するに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、質疑を終結し、委員会付託を省略し直ちに討論に入ります。
 ただいまのところ発言通告はありません。発言はありませんか。
  (「なし」の声)
 発言なしと認めます。よって、討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 議案第159号については、これを同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第159号「小牧市公平委員会委員の選任について」は、同意されました。
 議案第160号については、これを同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」の声)
 御異議なしと認めます。よって、議案第160号「小牧市固定資産評価審査委員会委員の選任について」は、同意されました。
 以上をもって、本日の議事日程については全部終了いたしました。
 次の本会議は12月8日午前10時より開きますので、定刻までに御参集願います。
 これをもって、本日の会議は散会いたします。
             (午前11時17分 散 会)



△議事日程
  平成18年小牧市議会第4回定例会議事日程(第1日)
           平成18年12月1日午前10時 開議

第1 会議録署名議員の指名
    (   番            議員)
    (   番            議員)
第2 会期の決定
    (   日間)
第3 議席の一部変更
第4 諸般の報告
  1 提出議案の報告
  2 説明員出席要求者の報告
  3 監査委員による監査の結果に関する報告について(自報告第39号〜至報告第41号)
  4 平成17年度小牧市継続費精算報告書(報告第42号)
  5 専決処分について(報告第43号)
第5 議員派遣について
第6 陳情提出
  自 陳情第7号
  至 陳情第8号
第7 議案審議
    議案第 128号 ┐
           ├ 上程・提案説明
    議案第 129号 ┘
  自 議案第 130号 ┐
           ├ 上程・提案説明
  至 議案第 135号 ┘
  自 議案第 136号 ┐
           ├ 上程・提案説明
  至 議案第 145号 ┘
  自 議案第 146号 ┐
           ├ 上程・提案説明
  至 議案第 158号 ┘
    議案第 159号 ┐ 上程・提案説明・質疑・委員会付託(省略)・討論・
           ├
    議案第 160号 ┘ 採決



△会期日程(案)
  平成18年小牧市議会第4回定例会会期日程(案)
           平成18年12月1日午前10時 開議
┌─┬─┬─┬─────┬─────┬────────────────────┐
│月│日│曜│ 会議種別 │ 開議時間 │     事        項     │
├─┼─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │ │ │     │     │会議録署名議員の指名、会期の決定、議席の│
│ │ │ │     │     │一部変更、諸般の報告、議員派遣について、│
│ │1│金│ 本 会 議 │ 午前10時 │陳情提出、議案上程・提案説明(人事案件に│
│ │ │ │     │     │ついては質疑・委員会付託(省略)・討論・│
│ │ │ │     │     │採決)                 │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │2│土│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │3│日│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │4│月│ 休  会 │     │(議案精読)              │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │5│火│ 休  会 │     │(議案精読)              │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │6│水│ 休  会 │     │(議案精読)              │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │7│木│ 休  会 │     │(議案精読)              │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │8│金│ 本 会 議 │ 午前10時 │一般質問                │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │9│土│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│12│10│日│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │11│月│ 本 会 議 │ 午前10時 │一般質問                │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │ │ │     │     │一般質問、質疑・委員会付託(決算特別委員│
│ │12│火│ 本 会 議 │ 午前10時 │                    │
│ │ │ │     │     │会構成)                │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │13│水│ 委 員 会 │ 午前10時 │決算特別委員会             │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │14│木│ 委 員 会 │ 午前10時 │決算特別委員会             │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │15│金│ 委 員 会 │ 午前10時 │総務委員会               │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │16│土│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │17│日│ 休  会 │     │                    │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │18│月│ 委 員 会 │ 午前10時 │文教委員会               │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │19│火│ 委 員 会 │ 午前10時 │福祉環境委員会             │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │20│水│ 委 員 会 │ 午前10時 │建設委員会               │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │21│木│ 休  会 │     │(委員会予備日)            │
│ ├─┼─┼─────┼─────┼────────────────────┤
│ │22│金│ 本 会 議 │ 午後1時 │委員会審査報告・質疑・討論・採決    │
└─┴─┴─┴─────┴─────┴────────────────────┘



△議員派遣について
  議員派遣について

                            平成18年12月1日

 地方自治法第100条及び小牧市議会会議規則第156条の規定により次のとおり議員を派遣する。
                  記
1 議会運営委員会行政調査
 (1)派遣目的  議会運営に関する調査
 (2)派遣場所  議会運営委員会において決定した場所
 (3)派遣期間  平成19年1月16日及び17日(2日間)
 (4)派遣議員  議長



△陳情文書表
  陳 情 文 書 表(第4回定例会第1日)
┌──┬─────┬─────────────────┬───────┬───┐
│整理│ 受  理 │                 │ 陳 情 者 │所 管│
│  │     │   陳  情  の  要  旨  │       │   │
│番号│ 年 月 日 │                 │ 住所・氏名 │委員会│
├──┼─────┼─────────────────┼───────┼───┤
│  │     │   私立幼稚園関係予算に関す  │       │   │
│  │     │   る陳情について       │       │   │
│  │     │ 小牧市の私立幼稚園では幼児教育を│       │   │
│  │     │担う使命の他にも、子育て支援として│       │   │
│  │     │の地域交流・子育ての情報提供・預か│       │   │
│  │     │り保育は基より、障害児の受け入れな│       │   │
│  │     │ども許容範囲の模索を繰り返しながら│       │   │
│  │     │取り組んでいる。         │       │   │
│  │     │ ついては、小牧市における子育て支│       │   │
│  │     │援のさらなる充実のため、保護者に対│       │   │
│  │     │する補助の拡充について、下記事項に│       │   │
│  │     │一層のご高配を賜りたい。     │       │   │
│  │     │        記        │       │   │
│  │     │1 保護者負担教育費軽減補助の拡大│       │   │
│  │     │ について            │       │   │
│  │     │  小牧市就園奨励費制度における、│小牧市林1831-2│   │
│  │     │ 第3番目以降の児童への補助金を増│小牧市私立幼稚│   │
│  │     │ 額すること           │園      │   │
│ 7 │ 18.10.5 │2 特殊教育費補助金について   │PTA連合協議会 │文 教│
│  │     │  特殊教育が必要な障害児の保育が│会長     │   │
│  │     │ 充実するよう、養護教諭及びスクー│ 中本知代  │   │
│  │     │ ルカウンセラーを確保する人件費を│  外19名 │   │
│  │     │ 補助すること          │       │   │
│  │     │3 幼児の給食費補助金について  │       │   │
│  │     │ 幼児の食育の充実のために給食費補│       │   │
│  │     │ 助をすること          │       │   │
│  │     │4 小牧市私立幼稚園運営費補助金の│       │   │
│  │     │ 増額について          │       │   │
│  │     │  幼稚園の運営における公私格差是│       │   │
│  │     │ 正と教育条件の向上のため、補助金│       │   │
│  │     │ の一層の増額と共に、補助対象の拡│       │   │
│  │     │ 大をすること          │       │   │
│  │     │5 小牧市私立幼稚園連合協議会運営│       │   │
│  │     │ 費補助金の増額について     │       │   │
│  │     │  幼児教育の振興と地域活動の拡充│       │   │
│  │     │ のため、補助金の一層の増額をする│       │   │
│  │     │ こと              │       │   │
├──┼─────┼─────────────────┼───────┼───┤
│  │     │   平成19年度教育予算に関す  │       │   │
│  │     │   る陳情書          │       │   │
│  │     │ 学校週5日制が定着し、学校現場で│       │   │
│  │     │は基礎基本の定着や、地域との連携を│       │   │
│  │     │めざした学習活動が進められるととも│       │   │
│  │     │に、特色ある学校づくりをめざし、工│       │   │
│  │     │夫を凝らした取り組みが行われてい │       │   │
│  │     │る。また、不登校や非行問題行動をは│       │   │
│  │     │じめとする様々な教育課題の解決にむ│       │   │
│  │     │けて、子どもを中心にすえた教育が行│       │   │
│  │     │われている。しかし、子どもたちを取│       │   │
│  │     │り巻く環境は急速に変化している。未│       │   │
│  │     │来を夢見る子どもたちが安全で安心し│       │   │
│  │     │て学校生活が送れることを願い、諸施│       │   │
│  │     │策の実施が求められている。本市小中│       │   │
│  │     │学校の教育に対しても、保護者・地域│       │   │
│  │     │住民の期待はますます増大している。│       │   │
│  │     │ 小牧市教員組合は、教育に責任をも│       │   │
│  │     │つ立場にあるものとして、その責任の│       │   │
│  │     │重大さ再認識し、全ての子どもたちに│       │   │
│  │     │「生きる力」を育み、どの子にとって│       │   │
│  │     │も「わかる授業」「楽しい学校」をめ│       │   │
│  │     │ざして、日々の教育活動に全力を注い│       │   │
│  │     │でいる。             │       │   │
│  │     │ 本市においては、昨年度の教育予算│       │   │
│  │     │編成にあたり、市単独非常勤講師や日│       │   │
│  │     │本語教育指導員の配置、新しい教育推│       │   │
│  │     │進に関する予算化、快適に授業に取り│小牧市桃ヶ丘二│   │
│  │     │組めるような教室環境整備など、子ど│丁目1    │   │
│ 8 │ 18.10.18 │もたちの健やかな成長をめざした教育│小牧市教員組合│文 教│
│  │     │推進や社会情勢の変化に対応できる学│執行委員長  │   │
│  │     │校運営等に加え、教職員の健康診断の│ 安藤敏基  │   │
│  │     │面でも、多大なるご理解を示していた│ 外559名 │   │
│  │     │だいた。             │       │   │
│  │     │ 21世紀を生きる子どもたちが、確か│       │   │
│  │     │な学力を身につけ、豊かな心を育むこ│       │   │
│  │     │とができるよう、わたしたち組合員は│       │   │
│  │     │力を合わせ、今後も教育活動に励む覚│       │   │
│  │     │悟である。            │       │   │
│  │     │ 「教育は未来への先行投資」といわ│       │   │
│  │     │れるが、平成19年度の予算編成にあた│       │   │
│  │     │り、本市教育が一層充実・向上するよ│       │   │
│  │     │う、下記事項についてご高配を賜りた│       │   │
│  │     │い。               │       │   │
│  │     │        記        │       │   │
│  │     │1 ゆきとどいた教育を推進するた │       │   │
│  │     │ め、小学1年生での学級規模縮小の│       │   │
│  │     │ 継続と小学2年生での学級規模縮小│       │   │
│  │     │ の拡大にむけて小牧市として努める│       │   │
│  │     │ こと              │       │   │
│  │     │2 児童生徒の健全育成のため、市単│       │   │
│  │     │ 独非常勤講師や語学相談員をはじめ│       │   │
│  │     │ とした学校教育を支援する人的配置│       │   │
│  │     │ を充実させること        │       │   │
│  │     │3 児童生徒が安全で安心な学校生活│       │   │
│  │     │ を送るために、学校の施設・設備の│       │   │
│  │     │ 充実及び改善を図ること     │       │   │
│  │     │4 教職員の健康診断について、医療│       │   │
│  │     │ 機関で実施するよう改善すること │       │   │
└──┴─────┴─────────────────┴───────┴───┘