議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成22年  6月 定例会 06月02日−01号




平成22年  6月 定例会 − 06月02日−01号







平成22年  6月 定例会



平成22年                                第1号

          定例江南市議会会議録

6月                                 6月2日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成22年6月2日(水曜日)

議事日程第1号

 平成22年6月2日(水曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 諸般の報告

  第3 会期の決定

  第4 議案第44号 人権擁護委員の推薦について

  第5 議案第45号 江南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

  第6 議案第46号 江南市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

  第7 議案第47号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正について

  第8 議案第48号 江南市火災予防条例の一部改正について

  第9 議案第49号 平成22年度江南市一般会計補正予算(第3号)

  第10 議案第50号 平成22年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  第11 議案第51号 平成22年度江南市老人保健特別会計補正予算(第1号)

  第12 報告第1号 平成21年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  第13 報告第2号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

  第14 報告第3号 平成21年度江南市一般会計事故繰越し繰越計算書について

  第15 報告第4号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書について

  第16 報告第5号 平成22年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 諸般の報告

       (1)例月出納検査の結果報告について

       (2)江南市財政状況の公表について

       (3)平成22年議案第38号 請負契約の契約保証金についての報告について

       (4)第86回全国市議会議長会定期総会議案について

       (5)議案の送付について

  日程第3 会期の決定

  日程第4 議案第44号 人権擁護委員の推薦について

  日程第5 議案第45号 江南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

  日程第6 議案第46号 江南市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

  日程第7 議案第47号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正について

  日程第8 議案第48号 江南市火災予防条例の一部改正について

  日程第9 議案第49号 平成22年度江南市一般会計補正予算(第3号)

  日程第10 議案第50号 平成22年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  日程第11 議案第51号 平成22年度江南市老人保健特別会計補正予算(第1号)

  日程第12 報告第1号 平成21年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第13 報告第2号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第14 報告第3号 平成21年度江南市一般会計事故繰越し繰越計算書について

  日程第15 報告第4号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書について

  日程第16 報告第5号 平成22年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

     1番   野下達哉君         2番   古田みちよ君

     3番   鈴木 貢君         4番   今井敦六君

     5番   稲山明敏君         6番   伊神克寿君

     7番   高田健孝君         8番   山 登志浩君

     9番   中西保夫君         10番   牧野圭佑君

     11番   尾関健治君         12番   沢田和延君

     13番   高田良弘君         14番   古田冨士夫君

     15番   宮地友治君         16番   古池勝英君

     17番   河合正猛君         18番   小林弘子君

     19番   木本恵造君         20番   岩田一洋君

     21番   福田三千男君        22番   大脇澄夫君

     23番   東 義喜君         24番   森 ケイ子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         大脇重雄君  議事課長         川瀬和己君

議事課副主幹       大倉由美子君 主査           坪内俊宣君

主任           長谷川 崇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           堀  元君  副市長          石川勇男君

教育長          石井悦雄君  生活産業部長       奥村哲司君

健康福祉部長       滝 正直君  都市整備部長       暮石浩章君

経営企画部長       大島茂樹君  教育部長         三ツ口和男君



会計管理者兼会計室長   平松和伸君  経営企画部参事      社本 亘君

                    兼行政経営課長



消防本部参事       滝 紀彦君  市民サービス課長     江端義人君

兼総務予防課長



高齢者生きがい課長    安藤利継君  保険年金課長       江口 勲君



まちづくり課主幹     丹羽鉱貢君  行政経営課主幹      山田敏彦君

兼布袋駅周辺整備事務所長



総務課長         伊藤幸実君  教育委員会教育課長    鈴木慎也君

                    兼少年センター所長



消防署長         大森幹根君

     午前9時04分 開会



○議長(岩田一洋君) ただいまから平成22年江南市議会6月定例会を開会いたします。

 本日ここに6月定例会が招集されましたところ、議員の皆様には、何かと御多忙のところ御参集いただき、まことにありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

 本定例会に提出されております案件は、人権擁護委員の推薦についてを初め8議案と5報告であります。いずれも重要な案件でありますので、何とぞ慎重に御審議をいただきまして、適切なる議決をされますようお願い申し上げまして開会のごあいさつといたします。

 なお、この際、お願いしておきますが、時節柄、上着の着用につきましては、適宜お取り計らいいただきますようお願いをいたします。

 市長。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) 改めまして、おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 本日、6月定例会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変御多用の中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 平素は市勢進展のため、それぞれのお立場で格別の御協力、御高配をいただき、厚く御礼申し上げます。

 このたびの定例会におきまして御審議をお願いいたします案件は、ただいま議長さんから御報告のありましたとおり、人権擁護委員の推薦についてを初め8議案と5報告であります。いずれも重要な案件であります。慎重に御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時07分 開議



○議長(岩田一洋君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(岩田一洋君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い、会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第81条の規定により、議長において

  10番  牧野圭佑さん

  14番  古田冨士夫さん

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸般の報告



○議長(岩田一洋君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査の結果報告がありましたので、印刷に付して議席に配付いたしました。

 次に、市長から江南市財政状況の公表の送付がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、市長から平成22年議案第38号 請負契約の契約保証金についての報告がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、第86回全国市議会議長会定期総会におきまして議決されました案件を印刷に付して議席に配付いたしました。

 次に、本定例会の議案は皆様方のお手元に送付されております。

 以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(岩田一洋君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 会期につきましては、議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から21日までの20日間とすることに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から21日までの20日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から21日までの20日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第44号から



△日程第16 報告第5号まで



○議長(岩田一洋君) 日程第4、議案第44号 人権擁護委員の推薦についてから、日程第16、報告第5号 平成22年度江南市土地開発公社の経営状況についてまで、一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) ただいま上程いただきました議案第44号について説明をさせていただきます。

 議案書の1ページをお願いいたします。

 平成22年議案第44号 人権擁護委員の推薦についてであります。

 下記の者を人権擁護委員候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。

 提案理由といたしましては、人権擁護委員の伊代田誠二さんが平成22年9月30日に任期満了になられますので、後任の方を推薦する必要があるからであります。

 後任には、鈴木敬子さんをお願いするものであります。

 はねていただきまして、2ページには鈴木敬子さんの履歴を掲げてあります。次の3ページには、参考といたしまして、6月1日現在の人権擁護委員の名簿を、さらに4ページには人権擁護委員法の抜粋を掲げてありますので、御参照ください。

 以上で提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔経営企画部長 大島茂樹君 登壇〕



◎経営企画部長(大島茂樹君) 議案第45号から議案第47号まで、一括して御説明申し上げます。

 議案書の5ページをお願いいたします。

 平成22年議案第45号 江南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてでございます。

 江南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部改正に伴い、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 6ページをお願いいたします。

 江南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、7ページをお願いいたします。

 第8条の3は、育児または介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限について規定したもので、第2項は、時間外勤務の免除について定めるものでありますが、3歳未満の子のある職員が子を養育するために請求した場合には、当該職員の業務を処理するための措置を講ずることが著しく困難である場合を除き、時間外勤務をさせてはならないことを新たに定めるものでございます。

 第3項は、育児を行う職員の時間外勤務の制限を定めたものでありますが、第2項が新たに加わることに伴い、改正前の第2項を1項繰り下げるとともに、条文中の字句を削除すること、また、職員の配偶者が常態として子を養育することができる場合においても、職員が請求した場合には、時間外勤務が制限されるものと改めるために字句を削除するものでございます。

 8ページをお願いいたします。

 第4項は、介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限を定めたものでありますが、第2項が新たに加わることに伴い、改正前の第3項を1項繰り下げるとともに、条文中の引用する項を改めること、また、職員の配偶者が常態として子を養育することができる場合においても、職員が請求した場合には、時間外勤務が制限されるものと改めるために字句を削除するものでございます。

 第5項は、第2項が新たに加わることに伴い、改正前の第4項を1項繰り下げるとともに、条文中の引用する項を改めるものでございます。

 6ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。第1項は施行期日の規定で、この条例は、平成22年6月30日から施行するものでございます。ただし、第2項の規定は、公布の日から施行するものでございます。第2項は経過措置の規定で、改正条例の施行日以後に改正条例の規定による時間外勤務の免除、または制限の請求を行おうとする職員は、施行日前においても請求を行うことができると規定するものでございます。

 続いて、議案第46号を説明させていただきますので、10ページをお願いいたします。

 平成22年議案第46号 江南市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてでございます。

 江南市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、国家公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律による地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 11ページをお願いいたします。

 江南市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、13ページをお願いいたします。

 第2条は、育児休業をすることができない職員について規定したもので、改正前の第1号及び第2号は、育児休業法第2条第1項に規定されているため削除すること。また、第5号及び第6号は、職員の配偶者が育児休業中である場合や配偶者が常態として子を養育することができる場合にあっても、職員が育児休業を取得することができると改めるため削除するとともに、改正前の第1号及び第2号を削除することに伴い、第3号及び第4号を2号繰り上げるものでございます。

 第2条の2は、育児休業法第2条第1項ただし書きの人事院規則で定める期間を基準として、条例で定める期間の見出しにより、再度の育児休業を取得できる場合の最初の育児休業の期間を、子の出生日以後57日間とすることを新たに定めるものでございます。

 第3条は、育児休業法第2条第1項ただし書きの条例で定める特別の事情として見出しを改めるとともに、14ページの第1号は、改正前の第5条第2号が改正後においては、第5条の本文中に包括されることに伴い、引用する語及び字句を整理するものでございます。

 第4号は、夫婦が交互に育児休業等を取得したかどうかにかかわらず、職員が最初の育児休業取得後、3ヵ月以上経過すれば、再度の育児休業を取得することができると改めるものでございます。

 第5号は、条文中の字句を整理するものでございます。

 15ページをお願いいたします。

 第5条は、育児休業の承認の取消事由について規定したもので、職員の配偶者が常態として子を養育することができることとなった場合でも取り消し事由には該当しないとすることに改めるため、改正前の第1号を削除し、第2号を本文中に包括するよう改めるものでございます。

 第10条は、育児短時間勤務をすることができない職員について規定したもので、改正前の第1号及び第2号は、育児休業法第10条第1項に規定されているため削除すること。また、第5号及び第6号は、職員の配偶者が育児休業中である場合や職員が育児短時間勤務をすることにより、子を養育しようとする時間において、配偶者が子を養育することができる場合にあっても、職員が育児短時間勤務をすることができると改めるため削除するとともに、改正前の第1号及び第2号を削除することに伴い、第3号及び第4号を2号繰り上げるとともに、第4号の条文中の条例番号について、既に第2条第4号の条文中にあらわされていることから削除するものでございます。

 16ページをお願いいたします。

 第11条は、育児短時間勤務の終了の日の翌日から起算して1年を経過しない場合に育児短時間勤務をすることができる特別の事情について規定したもので、第1号は、育児短時間勤務についての引用規定を加えるとともに、改正前の第14条第1号が削除されることに伴い、引用する号を改めるとともに字句の整理をするものでございます。

 17ページをお願いいたします。

 第4号は、改正前の第14条第1号が削除されることに伴い、引用する号を改めるものでございます。

 第5号は、夫婦が交互に育児休業等を取得したかどうかにかかわらず、職員が最初の育児短時間勤務をした後、3ヵ月以上経過すれば、前回の育児短時間勤務の終了から1年以内であっても育児短時間勤務をすることができると改めるものでございます。

 第14条は、育児短時間勤務の承認の取り消し事由について規定したもので、職員が育児短時間勤務により子を養育している時間に、職員の配偶者が子を養育することができることとなった場合でも取り消し事由には該当しないとすることに改めるため、第1項を削除するものでございます。

 18ページをお願いいたします。

 第21条は、部分休業をすることができない職員について規定したもので、改正前の第1号は育児休業法第19条第1項に規定されているため削除すること。また、第3号及び第4号は、職員の配偶者が育児休業中である場合や職員が部分休業により子を養育しようとする時間に、配偶者が子を養育することができる場合にあっても職員は部分休業をすることができると改めるため削除するとともに、第2号を本文中に包括するよう改めるものでございます。

 第22条は、部分休業の承認について規定したもので、部分休業についての引用規定を加えるものでございます。

 12ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。第1項は施行期日の規定で、この条例は、平成22年6月30日から施行するものでございます。

 第2項は経過措置の規定で、改正条例の施行日前に改正前の規定により、職員が育児休業等計画書により申し出た再度の育児休業または育児短時間勤務の請求の計画は、施行日以後はそれぞれ改正後の規定により申し出た計画とみなすことを定めるものでございます。

 続いて、議案第47号を説明させていただきますので、19ページをお願いいたします。

 平成22年議案第47号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正についてでございます。

 江南市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、雇用保険法の一部改正に伴い、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 20ページをお願いいたします。

 江南市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、21ページをお願いいたします。

 第10条は、失業者の退職手当について規定したもので、第5項及び第6項は、雇用保険法第38条第1項において短期雇用特例被保険者の定義を、改正前は、季節的に雇用される者、または同一の事業主に引き続き被保険者として雇用される期間が1年未満である短期の雇用につくことを常態とする者のいずれかに該当する者と定められていたものを、改正後は、季節的に雇用される者のうち、4ヵ月以内の期間を定めて雇用される者、または1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である者のいずれにも該当しない者と改正されたことに伴い、字句の整理をするものでございます。

 22ページをお願いいたします。

 第9項第4号並びに第12項第1号及び23ページの第2号は、雇用保険法第56条の2が第56条の3に改正されたことに伴い、引用する条を改めるものでございます。

 20ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上で、議案第45号から第47号までの説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをいたします。

     〔副市長 石川勇男君 登壇〕



◎副市長(石川勇男君) 議案第48号を御説明申し上げますので、議案書の24ページをお願いいたします。

 平成22年議案第48号 江南市火災予防条例の一部改正についてでございます。

 江南市火災予防条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案の理由といたしましては、固体酸化物型燃料電池の実用化に伴い、固体酸化物型燃料電池による発電設備の位置、構造及び管理の基準を定めるなど、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 はねていただきまして、25ページをお願いいたします。

 江南市火災予防条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明させていただきますので、26ページをお願いいたします。

 初めに、第8条の3は、燃料電池の発電設備について規定をしております。

 今回の改正は、この燃料電池発電設備につきまして、これまでに実用化されております固体高分子型、リン酸型及び溶融炭酸塩型の燃料電池に加えまして、固体酸化物型の燃料電池の実用化及び商品化に一定の進捗が見られたことを踏まえまして、今年3月30日に、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取り扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令が改正されました。こうした中で、この第8条の3第1項にあります燃料電池の発電設備につきまして、これまでの固体高分子型、リン酸型及び溶融炭酸塩型の三つの燃料電池発電設備に、新たに固体酸化物型の燃料電池を加えるものでございます。

 この固体酸化物型燃料電池でありますが、これは水素と酸素を化学反応させて電解質に固体酸化物であるセラミックスを用いた燃料電池のことをいうものでございます。

 続きまして、第2項は、屋内に出力10キロワット未満で安全装置がついた固体高分子型燃料電池の発電設備を設置した場合の管理基準について規定をいたしておりまして、これに固体酸化物型燃料電池を加えるものでございます。

 27ページをお願いいたします。

 中段にございます第29条の5は、住宅用防災警報器等の設置免除についてを規定いたしております。今回の改正は、近年、共同住宅の一部を利用いたしまして小規模なグループホームなどの福祉施設を開設する場合がふえている状況から、これらに対応するため、特定共同住宅等における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令が、今年2月5日に改正され、こうした福祉施設について、通常用いられる消防用設備等にかえて共同住宅用のスプリンクラー設備や自動火災報知設備等に関する規定が追加されたものでございます。こうしたことから、この省令の第3条にこの1項が追加されたことに伴い、項ずれが生じてまいりましたので、所要の整備を図るものございます。

 こうした中で、この第29条の5第3号は、共同住宅用のスプリンクラー設備の設置基準を規定しておりますが、先ほど御説明いたしましたように、項ずれによりまして「第3条第2項第2号」を「第3条第3項第2号」に改めるものでございます。

 また第4号は、共同住宅用火災報知器設備の設置基準について規定をしておりますが、これも項ずれによりまして「第3条第2項第3号」を「第3条第3項第3号」に改めるものでございます。

 28ページをお願いいたします。

 第5号は、住戸用自動火災報知設備の設置基準について規定をしておりますが、これも先ほどと同様、項ずれによりまして「第3条第2項第4号」を「第3条第3項第4号」に改めるものでございます。

 なお、それぞれの項ずれによる改正をお願いいたしましておりますけれども、内容については変更はございません。

 恐れ入りますが、25ページにお戻りいただきたいと存じます。

 附則でございます。第1項は施行期日についての規定でございます。

 この条例は、平成22年12月1日から施行するものでございます。ただし、第29条の5の改正規定につきましては、公布の日から施行するものでございます。

 第2項は経過措置についての規定でございます。

 この条例の施行の際、現に設置済み、または設置工事がされている固体酸化物型燃料電池の発電設備のうち、改正後の江南市火災予防条例第8条の3の規定に適合していないものにつきましては、当該規定は適用しないとするものでございます。

 以上で、議案第48号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔経営企画部長 大島茂樹君 登壇〕



◎経営企画部長(大島茂樹君) 議案第49号につきまして、御説明申し上げます。

 最初に、別冊の平成22年度6月補正予算説明資料により説明させていただきますので、1ページをお願いいたします。

 6月補正予算各会計別予算一覧表でございます。

 一般会計、国民健康保険特別会計、老人保健特別会計の3会計で合計2,602万円の補正をお願いするものでございます。

 2ページ、3ページには一般会計6月補正予算款別一覧表を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に4ページ、5ページをお願いいたします。

 一般会計6月補正予算一般財源調べでございます。

 最初に、17款繰入金38万7,000円の補正でありますが、老人保健医療費の精算に伴う老人保健特別会計からの繰入金でございます。

 次に、18款繰越金353万円の補正でありますが、前年度純繰越金が現在約7億円の見込みであり、この中より今回の補正予算の財源に充てるものでございます。

 なお、未計上の留保額につきましては、今後の財政運営に活用してまいりますが、純繰越金の2分の1を下回らない額を地方財政法第7条の規定により、財政調整基金への積み立てを予定しております。補正額の合計としましては391万7,000円、補正後は約76億9,035万4,000円となるものでございます。

 6ページには、一般会計6月補正予算前年度比較表を、また7ページ以降には、一般会計6月補正予算説明資料を掲げております。

 次に、各課にわたります事業につきまして説明させていただきますので、8ページをお願いいたします。

 地上デジタル放送移行対策事業でございます。

 地上デジタル放送への移行対策としまして、市の施設に起因する地上アナログ放送の受信障害対策区域において、地上デジタル放送に与える影響について調査した結果、布袋ふれあい会館で1戸、宮田小学校で4戸の2施設5戸の受信障害と、発信基地局が瀬戸市へ移行されたことによる影響により、武道館を起因とする受信障害が1戸確認されましたので、合わせて3施設6戸に対し、受信障害の改善措置としてケーブルテレビへ接続する方法で対処することとし、そのための費用としまして181万6,000円をお願いするものでございます。

 なお、中段の3.経費内訳の表には、担当部課名、施設名、受信障害戸数、事業費を掲げております。また、一般会計補正予算書の該当ページを掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、9ページをお願いいたします。

 緊急雇用創出事業基金事業費補助金対象事業でございます。

 昨年度に引き続き、緊急雇用創出事業基金事業費補助金を活用いたしまして、65歳以上のひとり暮らしの方に救急医療情報キットを配布する救急医療情報キット(安心キット)配布事業及び小・中学校15校の校舎窓ガラスの清掃を委託する学校施設管理事業の2事業を実施するもので、そのための費用としまして1,579万4,000円をお願いするものでございます。

 続きまして、議案書にお戻りいたしまして、29ページをお願いいたします。

 平成22年議案第49号 平成22年度江南市一般会計補正予算(第3号)でございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,014万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ247億7,399万7,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては30ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で全体の説明を終わらせていただきます。

 なお、各部における補正予算の内容につきましては、地上デジタル放送移行対策事業は省略させていただき、その他の事業につきまして、歳出予算において関係する部より御説明させていただきますので、よろしくお願いをいたします。

     〔健康福祉部長 滝 正直君 登壇〕



◎健康福祉部長(滝正直君) 健康福祉部所管の補正予算につきまして、御説明を申し上げます。

 歳出について御説明を申し上げますので、議案書の36ページ、37ページの中段をお願いいたします。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目高齢者福祉費でございます。所管課は高齢者生きがい課で、補正額は1,086万7,000円でございます。内容につきましては、説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 救急医療情報キット配布事業として1,086万7,000円の補正をお願いするものでございます。事業の詳細につきましては、補正予算説明資料により御説明させていただきますので、説明資料の10ページをお願いいたします。

 事業目的は、65歳以上のひとり暮らしの方に医療情報を保管する救急医療情報キット(安心キット)でございますが、これを配布し、自宅内で病状や緊急連絡先などを説明できない状態や状況に置かれた場合の迅速な救命活動を支援することにより、安心と安全の確保を図ってまいるものでございます。

 事業内容としまして、対象者は65歳以上のひとり暮らしの方で、平成22年4月1日現在では3,667人お見えになります。

 実施方法は、調査員がそれぞれの住居を訪問して、かかりつけの医療機関、服薬、緊急措置連絡網などの情報を救急医療情報カードに記入し、安心キットの容器に入れて冷蔵庫に保管するものでございます。これらの情報は、高齢者生きがい課と消防署が共有し、緊急時において迅速に活用できるようにしていくものでございます。

 実施時期は、この8月から平成23年3月までを予定しております。

 周知につきましては、市の広報、ホームページでお知らせしてまいります。

 事業費は1,086万7,000円でございますが、特定財源は緊急雇用創出事業基金事業費補助金として全額愛知県より受け入れ、実施してまいるものでございます。

 説明資料の9ページに緊急雇用創出事業基金事業費補助金対象事業として健康福祉部高齢者生きがい課の救急医療情報キット配布事業を掲げておりますので、御参照いただきたいと存じます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔教育部長 三ツ口和男君 登壇〕



◎教育部長(三ツ口和男君) 教育部所管の補正予算につきまして、御説明申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の36、37ページをお願いいたします。

 最初に、下段の10款1項1目教育支援費でございます。所管は教育課でございます。

 研究指定校調査研究事業として43万円の補正をお願いしております。

 説明欄にございます授業の心と技向上推進事業は、県の委託金を財源として、団塊世代の退職により毎年多くの新任教師が採用され、急激な若返りが進む中、地域において指導実績の豊富である教員経験者や大学教授などを指導者として学校で継続的に活用することにより、地域の学校で蓄積してきた授業の心やわざを次世代に引き継ぎ、教員の授業力の向上を図るとともに、子供たちの学習意欲を高めることを目的としております。

 そこで、平成21年度と22年度の2ヵ年にて、研究指定校として、「確かな考えを持ち互いに深め合うことができる生徒の育成」をテーマに取り組んでおります古知野中学校を、この事業の対象校として研究効果の一層の向上を図るものでございます。

 はねていただきまして、38、39ページをお願いいたします。

 2項1目小学校費の学校施設管理事業の校舎窓ガラス清掃委託料として325万6,000円の補正をお願いしております。

 事業の内容としましては、県の緊急雇用創出事業基金事業費補助金を財源といたしまして、清掃専門業者との委託契約により、ハローワークや公募を通じて委嘱者を雇用し、夏休み期間中に小学校校舎等の窓ガラスを清掃するものでございます。

 次に、中段の3項1目中学校費の学校施設管理事業の校舎窓ガラス清掃委託料として167万1,000円の補正をお願いしております。事業の内容につきましては、ただいま御説明させていただきました小学校費と同様でございます。

 両事業における雇用の内容といたしましては、受託者1名が作業員4名の指揮・監督を行い、2組を編成いたします。8名の作業員が21日間の清掃を行うことで、小・中学校を合計いたしますと延べ168人の雇用が確保できるものでございます。

 次に、学校施設管理事業で、西部中学校体育館放送機器用電気設備工事費として85万1,000円、また放送機器の備品購入費として125万円の補正をお願いしております。

 事業の内容といたしましては、西部中学校体育館の放送設備は、平成20年度ごろ、使用中に突然異常を生じることがあり、その頻度が増加している現状でございます。平成21年度の卒業式を目前にした2月には、故障の程度が激しく、音響の専門業者の修理を依頼しましたが、既存の放送設備は昭和56年度の体育館建設時に設置され、約30年間を経過していることから、部品の手配も困難であり、修理不能との報告がございました。また、平成21年度の卒業式及び平成22年度の入学式には、リース業者による仮設設備で行いましたが、今後の行事の不都合が生じるため、早期の改修が必要になり、今回、放送機器類につきましては備品購入費で、その配線、取りつけ調整を工事請負費で設備の更新を行うものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔健康福祉部長 滝 正直君 登壇〕



◎健康福祉部長(滝正直君) 議案第50号及び第51号について御説明申し上げます。

 最初に、議案第50号について御説明申し上げますので、議案書の40ページをお願いいたします。

 平成22年議案第50号 平成22年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成22年度江南市の国民健康保険特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ122万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ94億432万5,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては41ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 補正の内容につきましては、歳出により御説明申し上げますので、45ページ、46ページの下段をお願いいたします。

 3款後期高齢者支援金等、1項1目後期高齢者支援金でございます。補正予算額は122万9,000円でございます。内容につきましては、説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。保険給付事業の後期高齢者支援金支払事業として122万9,000円の補正をお願いするものでございます。これは、国民健康保険及び被用者保険の保険者が加入者数に応じて納付するもので、社会保険診療報酬支払基金への納付金額の決定による差額分について補正をお願いするものであります。

 以上で、議案第50号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案第51号について御説明申し上げますので、議案書の47ページをお願いいたします。

 平成22年議案第51号 平成22年度江南市老人保健特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成22年度江南市の老人保健特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ465万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,077万9,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。第1表につきましては、48ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 補正の内容につきましては、歳出により御説明申し上げますので、54ページ、55ページをお願いいたします。

 上段でございますが、2款諸支出金、1項1目償還金は426万3,000円の補正をお願いするものでございます。これは、平成21年度の医療費に係る社会保険診療報酬支払基金交付金の精算及び医療費に係る国庫負担金と県負担金の精算に伴う返納金でございます。

 次に、下段の2項1目繰出金38万7,000円の補正につきましても、平成21年度分医療費の精算に伴う一般会計繰出金であります。

 なお、平成22年度6月補正予算説明資料の11ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第51号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔副市長 石川勇男君 登壇〕



◎副市長(石川勇男君) それでは、報告第1号から第5号までの説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 議案書の56ページをお願いいたします。

 平成22年報告第1号 平成21年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものでございます。

 はねていただきまして、57ページをお願いいたします。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますのは、事業名の最上段の地上デジタル放送移行対策事業から、次の58ページの最下段の太陽光パネル設置事業までの18事業でございます。

 最初に、57ページの最上段の本庁舎の地上デジタル放送移行対策事業、次に、上から3段目の保育園施設工事事業、上から6段目のすいとぴあ江南の地上デジタル放送移行対策事業、その下の王塚主幹線排水路整備事業、最下段の江南緑地公園(草井)整備事業、はねていただきまして、58ページの最上段の消防防災施設等整備事業、次の消防団分団本部車庫更新事業、次の学校施設管理事業につきましては、国の地域活性化・きめ細かな臨時交付金などを活用して、平成21年度の補正予算に各事業の前倒しで予算の計上をお願いいたし、21年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 57ページにお戻りいただきまして、上から2段目の防災行政無線更新事業、次に上から4段目の児童手当事業、その次の予防接種事業、その三つ下の布袋駅付近鉄道高架化整備事業、その次の江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰出金事業、その次の遊歩道・サイクリングロード整備事業の6事業につきましては、平成21年度の当初予算や補正予算で予算の計上をお願いし、21年度中には事業が完了できないということで、繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 はねていただきまして、58ページでございます。58ページの上から4段目の布袋北小学校の施設耐震補強事業、その次の古知野中学校及び宮田中学校の施設耐震補強事業、次の北部中学校の体育館の施設改築事業、最下段の同じく北部中学校の体育館の太陽光パネル設置事業の4事業につきましては、21年度の補正予算で予算の計上をお願いし、21年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 なお、各事業ごとにそれぞれ翌年度繰越額を掲げておりますが、それらの合計で13億5,684万2,746円を繰り越しさせていただくわけでございます。この翌年度繰越額の財源内訳は、既収入特定財源といたしまして、繰入金が3,432万2,290円、未収入特定財源といたしまして国庫支出金、地方債などの合計で11億8,741万5,600円、残りが一般財源で1億3,510万4,856円でございます。これらにつきましては、繰越金を充当し、財源とさせていただくものでございます。

 なお、それぞれの事業の繰り越しの明細につきましては、次の59ページから60ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 続きまして、61ページをお願いいたします。

 平成22年報告第2号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告いたすものでございます。

 はねていただきまして、62ページをお願いいたします。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますように、物件移転補償事業でございます。この事業につきましては、平成21年度の当初予算及び補正予算で予算の計上をお願いし、平成21年度中には一部事業が完了できないということで、繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 翌年度繰越額5,441万4,000円の財源内訳は、既収入特定財源といたしまして、その他財源でございます一般会計繰入金が1,521万4,000円、未収入特定財源といたしまして国庫支出金が1,650万円、一般会計における未収入特定財源でございます地方債を財源とする一般会計繰入金が2,270万円でございます。

 なお、繰越額の明細につきましては、次の63ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 次に、報告第3号の説明をさせていただきますので、64ページをお願いいたします。

 平成22年報告第3号 平成21年度江南市一般会計事故繰越し繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第150条第3項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものでございます。

 はねていただきまして、65ページをお願いいたします。

 この事故繰越し繰越計算書に掲げておりますのは、8款土木費、4項都市計画費の江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰出金事業で、支出負担行為額の3,590万円のうち、支出未済額の1,200万円を平成22年度に繰り越すものでございます。

 その内容につきましては、報告第4号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書で、物件移転補償事業1,278万1,000円の事故繰越を報告いたしますが、この翌年度繰出金の財源内訳は、一般会計繰入金でございまして、この一般会計繰入金1,200万円につきましては、事業完了後、一般会計におきまして地方債を借り入れ、特別会計に繰り出すものでございます。

 なお、繰越額の明細につきましては、次の66ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照賜りたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 続きまして、67ページをお願いいたします。

 平成22年報告第4号 平成21年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第150条第3項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものでございます。よろしくお願いいたします。

 はねていただきまして、68ページをお願いいたします。

 この事故繰越し繰越計算書に掲げておりますように、物件移転補償事業でございます。この事業につきましては、平成21年3月に繰越明許をお認めいただいているもののうち、1軒の建物の移転補償費について、21年度中に物件移転の完了をする見込みでございましたが、被補償者の避けがたい理由によりまして、建物の取り壊しが完了できないということで、22年度に事故繰越をお願いするものでございます。

 なお、翌年度へは1,278万1,000円を繰り越しさせていただくわけでございます。この翌年度繰越額の財源内訳は、既収入特定財源といたしまして、その他財源でございます一般会計繰入金が78万1,000円、未収入特定財源といたしまして、地方債を財源とする一般会計繰入金が1,200万円でございます。

 なお、繰越額の明細につきましては、次の69ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。よろしくお願いいたします。

 このたびの物件移転補償事業につきましては、行政の責任の範囲を超えた内容が多分にあるとはいえ、今後、より一層の注意を払い、適切に事後処理をしてまいる所存でございます。どうか御理解いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 それでは続きまして、報告第5号の説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 議案書の70ページをお願いいたします。

 平成22年報告第5号 平成22年度江南市土地開発公社の経営状況についてでございます。

 地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告させていただくものでございます。

 はねていただきまして、平成22年度江南市土地開発公社予算の1ページをお願いいたします。

 予算の内容といたしまして、第2条では、収益的収入及び支出の予定額を掲げております。

 収入といたしまして、第1款事業収益、第1項附帯等事業収益は10万4,000円でございます。これは土地の貸付料でございます。

 次に、第2款事業外収益は12万1,000円でございます。その内訳は、第1項受取利息で1,000円、第2項有価証券利息で12万円で、これは基本財産などの利息でございます。

 次に、支出といたしまして、第1款販売費及び一般管理費11万円でございます。これは土地開発公社の事務費であり、報酬、旅費、需用費などでございます。これに係ります細目説明書を5ページ、6ページに掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。よろしくお願いいたします。

 次に第3条は、資本的収入及び支出の予定額でございます。

 収入といたしましては、第1款資本的収入、第1項借入金は347万円でございます。これは、公社の借入金に係る支払利息を借り入れるものでございます。

 次に、支出といたしまして、第1款資本的支出、第1項公有地取得事業費347万円でございます。これは借入金に係る利息でございます。

 第4条では、借入金の限度額、借入利率、借入先及び償還方法を定めております。

 2ページをお願いいたします。

 ここでは土地開発公社の予算実施計画書を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 3ページをお願いいたします。

 このページでは、平成21年度の仮決算に伴う財務諸表を掲げております。上段は予定損益計算書で、当期の純損失といたしまして1億7,381万5,000円を見込んでおります。これは、公有地を時価により売却したことに伴う損失でございます。下段には予定貸借対照表を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 4ページをお願いいたします。

 上段には平成22年度の予定貸借対照表を、下段には予定公有用地等取得原価計算書を掲げております。また、はねていただきまして7ページには、資金計画を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 以上で、土地開発公社の経営状況の報告とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(岩田一洋君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 この際、議案第44号について、精読のため、暫時休憩いたします。精読時間は15分でお願いいたします。

     午前10時08分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時40分 開議



○議長(岩田一洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第44号 人権擁護委員の推薦についての質疑に入ります。

 質疑時間につきましては、議会運営委員会において御協議をいただきました結果、答弁を含め1人15分以内ということで採決の結果、賛成多数で決した旨の報告を受けております。質疑、答弁とも簡潔・明瞭にお願いし、議事運営に御協力いただきますようお願いいたします。

 それでは発言を許します。質疑はありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 質疑もないようでございます。

 これをもちまして、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第44号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 異議なしと認めます。よって、議案第44号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 暫時休憩いたします。

     午前10時41分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時41分 開議



○議長(岩田一洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4、議案第44号 人権擁護委員の推薦についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 これをもちまして本日の日程は全部終了いたしました。

 明日から議案精読のため休会といたします。

 次回は、7日午前9時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

     午前10時42分 散会

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

           江南市議会議長    岩田一洋

           江南市議会議員    牧野圭佑

           江南市議会議員    古田冨士夫