議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成22年  5月 臨時会 05月13日−02号




平成22年  5月 臨時会 − 05月13日−02号







平成22年  5月 臨時会



平成22年                                第2号

          臨時江南市議会会議録

5月                                 5月13日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成22年5月13日(木曜日)

議事日程第2号

 平成22年5月13日(木曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 常任委員の選任

  第3 議会運営委員の選任

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 常任委員の選任

  日程追加 議長の辞職許可

  日程追加 議長の選挙

  日程追加 副議長の辞職許可

  日程追加 副議長の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

     1番   野下達哉君         2番   古田みちよ君

     3番   鈴木 貢君         4番   今井敦六君

     5番   稲山明敏君         6番   伊神克寿君

     7番   高田健孝君         8番   山 登志浩君

     9番   中西保夫君         10番   牧野圭佑君

     11番   尾関健治君         12番   沢田和延君

     13番   高田良弘君         14番   古田冨士夫君

     15番   宮地友治君         16番   古池勝英君

     17番   河合正猛君         18番   小林弘子君

     19番   木本恵造君         20番   岩田一洋君

     21番   福田三千男君        22番   大脇澄夫君

     23番   東 義喜君         24番   森 ケイ子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         大脇重雄君  議事課長         川瀬和己君

議事課副主幹       大倉由美子君 主査           坪内俊宣君

主任           長谷川 崇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           堀  元君  副市長          陸浦歳之君

教育長          石井悦雄君  生活産業部長       奥村哲司君

健康福祉部長       滝 正直君  都市整備部長       石川勇男君

経営企画部長       大島茂樹君  教育部長         三ツ口和男君

会計管理者兼会計室長   平松和伸君  消防長          脇田和美君



生活産業部参事      永井嘉信君  都市整備部参事      暮石浩章君

兼防災安全課長             兼まちづくり課長



都市整備部参事      小池郁夫君  経営企画部参事      社本 亘君

兼土木建築課長             兼行政経営課長



教育委員会        河井照夫君  消防本部参事       滝 紀彦君

教育部参事兼              兼総務予防課長

生涯学習課長



総務課長         伊藤幸実君

     午前9時10分 開議



○議長(木本恵造君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(木本恵造君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い、会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第81条の規定により、議長において

  9番  中西保夫さん

  15番  宮地友治さん

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 常任委員の選任



○議長(木本恵造君) 日程第2、常任委員の選任を議題といたします。

 暫時休憩いたします。

     午前9時11分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時35分 開議



○副議長(古田冨士夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の辞職許可



○副議長(古田冨士夫君) 議長 木本恵造さんから、議長の辞職願が提出されました。

 議会運営委員会におきまして協議をお願いいたしました結果、議長辞職の件を日程に追加することに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(古田冨士夫君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 木本恵造さんの議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(古田冨士夫君) 御異議なしと認めます。よって、木本恵造さんの議長の辞職を許可することに決しました。

     〔19番 木本恵造君 入場〕



○副議長(古田冨士夫君) 木本恵造さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 木本恵造さん。

     〔19番 木本恵造君 登壇〕



◆19番(木本恵造君) 副議長さんのお許しをいただきまして、退任のごあいさつをさせていただきます。

 光陰矢のごとしと申しますが、就任のごあいさつをしたのが、まだ先日のようであります。あの折に、格別のお力添え、お願いを申し上げますとお願いいたしましたが、この1年間、大変皆様には格別のお力添えをいただきまして厚く御礼を申し上げます。本当に皆様、ありがとうございました。

 一番印象に残っておりますのは、新丸山ダム建設促進の意見書の提出でありました。あのときは日本共産党の皆さんにも御協力をいただき、本当にありがとうございました。いろいろな諸案件がございましたが、すべての皆様にお力添えを賜りましたことも、あわせて厚く御礼を申し上げる次第であります。

 きょうは、いろいろとお話がしたいなと思っておりましたが、あまり長くなって独演会になってはいけませんので、短くさせていただきますが、今の心境は、咲き誇るツバキが落ちる心境であります。行き届かない私を、副議長さん初め、そして大脇局長、スタッフの皆様が陰ひなたとなってお支えいただいたこと、厚く御礼を申し上げる次第であります。

 また、これからはアリのごとく天を仰ぎ見る一人の議員として活動していきたいと思っております。本当に皆様、1年間ありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の選挙



○副議長(古田冨士夫君) ただいま議長が欠員になりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(古田冨士夫君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 暫時休憩いたします。

     午前9時40分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時03分 開議



○副議長(古田冨士夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議長の選挙を行います。

 選挙は投票によることにいたします。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(古田冨士夫君) ただいまの出席議員数は、副議長を含めて24名であります。

 投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○副議長(古田冨士夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○副議長(古田冨士夫君) 配付漏れはなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○副議長(古田冨士夫君) 異状なしと認めます。

 この際、念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人氏名を記載の上、1番、野下達哉さんから議席順に投票をお願いいたします。

     〔投票〕



○副議長(古田冨士夫君) 副議長はこの席より投票いたします。

 投票漏れはありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○副議長(古田冨士夫君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(古田冨士夫君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番、野下達哉さん及び8番、山 登志浩さんを指名いたします。よって、お2人に立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○副議長(古田冨士夫君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票24票。有効投票中、岩田一洋さん15票、高田健孝さん7票、森 ケイ子さん2票。以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、岩田一洋さんが議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました岩田一洋さんが議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 ただいま議長に当選されました岩田一洋さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 岩田一洋さん。

     〔20番 岩田一洋君 登壇〕



○新議長(岩田一洋君) 副議長さんのお許しを得ましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 先ほどの選挙により江南市議会議長に選んでいただきまして、まことにありがとうございます。何分にも浅学非才な私でございます。先輩諸兄の教えを仰ぎ、議員の皆様方、また当局の皆様方の御指導と御協力を賜り、江南市発展のため、市政を担う一人として、粉骨砕身この役目を務めてまいりたいと思っておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     (拍手)



○副議長(古田冨士夫君) それでは、議長 岩田一洋さんと交代いたします。皆様には御協力をいただきまして、まことにありがとうございました。

     〔副議長 古田冨士夫君 退席

      議長 岩田一洋君 議長席に着く〕



○議長(岩田一洋君) 暫時休憩いたします。

     午前10時17分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時50分 開議



○議長(岩田一洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 副議長の辞職許可



○議長(岩田一洋君) 副議長 古田冨士夫さんから、副議長の辞職願が提出されました。

 議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、副議長辞職の件を日程に追加することに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 古田冨士夫さんの副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、古田冨士夫さんの副議長の辞職を許可することに決しました。

     〔14番 古田冨士夫君 入場〕



○議長(岩田一洋君) 古田冨士夫さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 古田冨士夫さん。

     〔14番 古田冨士夫君 登壇〕



◆14番(古田冨士夫君) 皆さん、こんにちは。

 議長さんのお許しをいただきましたので、一言ごあいさつさせていただきます。

 ちょうど1年前、この議場におきまして副議長の指名をいただきました。あっという間の1年間でございましたが、光陰矢のごとしということを木本前議長はおっしゃっていましたが、まさにそのとおりでございます。この間、木本議長の温かい御指導、さらには議員各位の皆様方の御支援、御協力をいただきまして、何とか1年間任務を全うすることができました。また、議会事務局のスタッフ、さらに堀市長を初めとする執行部の皆様方の温かい御支援と御協力のもとにここを迎えることができましたことを、厚く御礼申し上げる次第でございます。

 この後は一議員といたしまして、私の最近のモットーであります、素直で、謙虚で、明るく、明るい豊かな江南市づくりのために一議員として頑張ってまいりたいと思いますので、よろしく引き続きまして御指導、御鞭撻賜りますようお願いいたしまして、退任のあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 副議長の選挙



○議長(岩田一洋君) ただいま副議長が欠員になりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 暫時休憩いたします。

     午前10時54分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後0時00分 開議



○議長(岩田一洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 副議長の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名をすることにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 副議長に野下達哉さんを指名いたします。

 ただいま議長において指名いたしました野下達哉さんを当選人と定めることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岩田一洋君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました野下達哉さんが副議長に当選されました。

 ただいま当選されました野下達哉さんが議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 ただいま副議長に当選されました野下達哉さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 野下達哉さん。

     〔1番 野下達哉君 登壇〕



◆新副議長(野下達哉君) 一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいまは皆様の御推挙をいただきまして、副議長の任を拝しました。身の引き締まる思いでございます。まことにありがとうございました。

 まだまだ未熟者でございますが、副議長の任を拝した限りは、江南市議会、市政の発展のため、岩田議長を支え全力で頑張ってまいる決意でございます。何かと至らぬ点もあるかと思いますが、議員の皆様、職員の皆様の御協力、また御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。

     (拍手)



○議長(岩田一洋君) 暫時休憩いたします。

     午後0時04分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時30分 開議



○議長(岩田一洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 本日の日程も残っておりますが、定刻も間近でありますので、本日の会議はこの程度にとどめ、あす14日午前9時から本会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

     午後4時31分 散会

    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

            江南市議会議長    木本恵造

            江南市議会新議長   岩田一洋

            江南市議会副議長   古田冨士夫

            江南市議会議員    中西保夫

            江南市議会議員    宮地友治