議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成21年  6月 定例会 06月05日−01号




平成21年  6月 定例会 − 06月05日−01号







平成21年  6月 定例会



平成21年                               第1号

          定例江南市議会会議録

6月                                 6月5日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成21年6月5日(金曜日)

議事日程第1号

 平成21年6月5日(金曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 諸般の報告

  第3 会期の決定

  第4 議案第42号 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更について

  第5 議案第43号 愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

  第6 議案第44号 江南市手数料条例の一部改正について

  第7 議案第45号 江南市土地開発基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について

  第8 議案第46号 財産の処分について

  第9 議案第47号 消防ポンプ自動車売買契約の締結について

  第10 議案第48号 平成21年度江南市一般会計補正予算(第1号)

  第11 議案第49号 平成21年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  第12 報告第1号 平成20年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  第13 報告第2号 平成20年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

  第14 報告第3号 平成20年度江南市水道事業会計予算繰越報告について

  第15 報告第4号 平成21年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 諸般の報告

       (1)例月出納検査の結果報告について

       (2)江南市財政状況の公表について

       (3)第85回全国市議会議長会定期総会議案について

       (4)平成20年度議会改革検討委員会報告書について

       (5)議案の送付について

  日程第3 会期の決定

  日程第4 議案第42号 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更について

  日程第5 議案第43号 愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

  日程第6 議案第44号 江南市手数料条例の一部改正について

  日程第7 議案第45号 江南市土地開発基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について

  日程第8 議案第46号 財産の処分について

  日程第9 議案第47号 消防ポンプ自動車売買契約の締結について

  日程第10 議案第48号 平成21年度江南市一般会計補正予算(第1号)

  日程第11 議案第49号 平成21年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  日程第12 報告第1号 平成20年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第13 報告第2号 平成20年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第14 報告第3号 平成20年度江南市水道事業会計予算繰越報告について

  日程第15 報告第4号 平成21年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

     1番   野下達哉君         2番   古田みちよ君

     3番   鈴木 貢君         4番   今井敦六君

     5番   稲山明敏君         6番   伊神克寿君

     7番   高田健孝君         8番   山 登志浩君

     9番   中西保夫君         10番   牧野圭佑君

     11番   尾関健治君         12番   沢田和延君

     13番   高田良弘君         14番   古田冨士夫君

     15番   宮地友治君         16番   古池勝英君

     17番   河合正猛君         18番   小林弘子君

     19番   木本恵造君         20番   岩田一洋君

     21番   福田三千男君        22番   大脇澄夫君

     23番   東 義喜君         24番   森 ケイ子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         大脇重雄君  議事課長         川瀬和己君

議事課副主幹       大倉由美子君 議事課副主幹       栗本浩一君

主査           坪内俊宣君  主任           長谷川 崇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           堀  元君  副市長          陸浦歳之君

教育長          石井悦雄君  生活産業部長       津田勝久君

健康福祉部長       大島茂樹君  都市整備部長       石川勇男君

経営企画部長       尾関晴紀君  教育部長         脇田和美君

会計管理者兼会計室長   平松和伸君  消防長          大脇昭夫君



都市整備部参事      暮石浩章君  経営企画部参事      社本 亘君

兼まちづくり課長            兼行政経営課長



教育委員会        河井照夫君  防災安全課長       三輪美吉君

教育部参事兼

生涯学習課長



産業振興課長       岡地 信君  保険年金課長       江口 勲君

水道課長         宮部良平君  総務課長         椙村徹師君

消防本部総務予防課長   滝 紀彦君

     午前9時01分 開会



○議長(木本恵造君) ただいまから平成21年江南市議会6月定例会を開会いたします。

 本日ここに6月定例会が招集されましたところ、議員の皆様には、何かと御多忙のところ御参集いただき、まことにありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

 本定例会に提出されます案件は、尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更についてを初め8議案と4報告であります。いずれも重要な案件でありますので、何とぞ慎重御審議をいただきまして、適切なる議決をされますようお願い申し上げます。

 いよいよ梅雨の時期に入りました。皆様方には健康に御留意いただき、議会運営に格別の御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

 なお、この際、お願いしておきますが、時節柄、上着の着用につきましては、適宜お取り計らいくださいますようお願いいたします。

 市長。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 本日、6月定例会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変御多用の中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 平素は市勢進展のため、それぞれのお立場で格別の御協力、御高配をいただき、厚く御礼申し上げます。

 このたびの定例会におきまして御審議をお願いいたします案件は、ただいま議長さんから御報告のありましたとおり、尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更についてを初め8議案と4報告であります。いずれも重要な案件であります。慎重に御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰状の伝達について



○議長(木本恵造君) この際、会議に入ります前に、表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(大脇重雄君) 去る5月27日に開催されました第85回全国市議会議長会定期総会におきまして、高田良弘議員、福田三千男議員、高田健孝議員、河合正猛議員、岩田一洋議員、沢田和延議員に表彰状が授与されましたので、その伝達を行います。

 高田良弘議員。

     〔13番 高田良弘君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 高田良弘殿

 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第85回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします

 平成21年5月27日

                              全国市議会議長会

                               会長 五本幸正

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(大脇重雄君) 福田三千男議員。

     〔21番 福田三千男君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 福田三千男殿

 以下同文でございます。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(大脇重雄君) 高田健孝議員。

     〔7番 高田健孝君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 高田健孝殿

 以下同文でございます。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(大脇重雄君) 河合正猛議員。

     〔17番 河合正猛君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 河合正猛殿

 以下同文でございます。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(大脇重雄君) 岩田一洋議員。

     〔20番 岩田一洋君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 岩田一洋殿

 以下同文でございます。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(大脇重雄君) 沢田和延議員。

     〔12番 沢田和延君 登壇〕



○議長(木本恵造君) 

                  表彰状

                                 江南市

                                 沢田和延殿

 以下同文でございます。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



○議長(木本恵造君) 私も、ただいま伝達いたしました皆様と同様、10年表彰を受けておりますので、御報告いたします。

 どうも皆様、おめでとうございます。

     (拍手)



○議長(木本恵造君) 以上をもちまして、表彰状の伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時10分 開議



○議長(木本恵造君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(木本恵造君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い、会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第81条の規定により、議長において

  3番  鈴木 貢さん

  22番  大脇澄夫さん

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸般の報告



○議長(木本恵造君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査の結果報告がありましたので、印刷に付して議席に配付いたしました。

 次に、市長から江南市財政状況の公表の送付がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、第85回全国市議会議長会定期総会におきまして議決されました案件を印刷に付して議席に配付いたしました。

 次に、議会改革検討委員会から平成20年度議会改革検討委員会報告書が提出されましたので、議席に配付いたしました。

 次に、本定例会の議案は皆様のお手元に送付されております。

 以上、報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(木本恵造君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 会期につきましては、議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から22日までの18日間とすることに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から22日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から22日までの18日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第42号から



△日程第15 報告第4号まで



○議長(木本恵造君) 日程第4、議案第42号 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更についてから、日程第15、報告第4号 平成21年度江南市土地開発公社の経営状況についてまで、一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

 生活産業部長。

     〔生活産業部長 津田勝久君 登壇〕



◎生活産業部長(津田勝久君) 議案第42号につきまして御説明を申し上げますので、議案書の1ページをお願いいたします。

 平成21年議案第42号 尾張農業共済事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び尾張農業共済事務組合規約の変更についてでございます。

 地方自治法第286条第1項の規定により、平成21年9月30日をもって西春日井郡春日町を脱退させることとし、尾張農業共済事務組合規約を次のとおり変更することについて、議会の議決をお願いするものでございます。

 提案理由といたしまして、平成21年10月1日から西春日井郡春日町を廃し、その区域を清須市に編入するため、尾張農業共済事務組合規約を変更する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、2ページをお願いします。

 尾張農業共済事務組合規約の一部を変更する規約(案)でございます。

 変更内容につきましては、新旧対照表で御説明を申し上げますので、3ページをお願いいたします。

 第2条は、組合を組織する地方公共団体を指定しております。現在、組合は19市町で構成しておりますが、ここから春日町を削り、18市町とするものでございます。

 第5条では、組合の議会の議員の定数について、「27人」を「26人」に改めるものでございます。

 第8条は、執行機関の組織及び選任について規定したものでございまして、第3項で規定する副管理者の選出について、第3号の第3区における構成市町の名称につきまして、第2条と同様の整理をさせていただくものでございます。

 恐れ入りますが、2ページにお戻りをいただきたいと存じます。

 附則でございます。この規約は、平成21年10月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第42号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 大島茂樹君 登壇〕



◎健康福祉部長(大島茂樹君) 議案第43号について御説明申し上げますので、議案書の4ページをお願いいたします。

 平成21年議案第43号 愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてでございます。

 地方自治法第291条の3第1項の規定により、平成21年9月30日をもって西春日井郡春日町を脱退させることとし、愛知県後期高齢者医療広域連合規約を次のとおり変更することについて、議会の議決をお願いするものでございます。

 提案理由といたしましては、平成21年10月1日から西春日井郡春日町を廃し、その区域を清須市に編入するため、愛知県後期高齢者医療広域連合規約を変更する必要があるからであります。

 5ページをお願いいたします。

 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約(案)でございます。

 変更内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、6ページをお願いいたします。

 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約(案)の新旧対照表でございます。

 別表第2でございますが、選挙区分2の選挙区市町村のうち、春日町を削除するものでございます。

 5ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。この規約は、平成21年10月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第43号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔生活産業部長 津田勝久君 登壇〕



◎生活産業部長(津田勝久君) 議案第44号について御説明を申し上げますので、議案書の7ページをお願いいたします。

 平成21年議案第44号 江南市手数料条例の一部改正についてでございます。

 江南市手数料条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、住民基本台帳カードの普及促進に取り組むに際して、発行手数料を平成21年7月1日から平成23年3月31日までの間、無料にするため必要があるからでございます。

 はねていただきまして、8ページをお願いいたします。

 江南市手数料条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表により説明をさせていただきますので、9ページをお願いいたします。

 現行の附則を附則第1項とし、第2項として、平成21年7月1日から平成23年3月31日までの間に限り、別表1総務関係の表住民基本台帳カードの交付の項中「500円」を「無料」とする文言を追加するものでございます。

 恐れ入りますが、8ページにお戻りをいただきたいと存じます。

 附則でございます。この条例は、平成21年7月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第44号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔経営企画部長 尾関晴紀君 登壇〕



◎経営企画部長(尾関晴紀君) 議案第45号を説明させていただきますので、10ページをお願いいたします。

 平成21年議案第45号 江南市土地開発基金の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございます。

 江南市土地開発基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、江南市土地開発基金を減額し、一般会計に繰り入れるため、改正する必要があるからであります。

 最初に、土地開発基金を減額する理由につきまして説明させていただきますので、12ページの次、12−1ページ、参考資料、国営木曽三川公園用地売却に伴う損失補てんの概要をお願いいたします。この資料は、国へ売却を予定いたします平成21年6月30日現在で作成をいたしております。

 1の(1)土地開発公社が保有しております国営木曽三川公園用地は、面積1万8,570.07平方メートルで、簿価額は7億1,742万834円であります。そして、(2)の売却の対象外となります面積881.61平方メートル、簿価額3,405万9,397円を除きまして、今回、国への売却対象用地が(3)の面積1万7,688.46平方メートルで、簿価額は6億8,336万1,437円であります。国への売却に当たりましては、実測及び時価となるため、(4)に記載しておりますとおり、面積1万7,181.78平方メートル、売却額2億7,956万2,748円となり、それに売却用地内の立木の補償金37万1,600万円を加えました2億7,993万4,348円が土地開発公社の収入となるものであります。(5)の土地開発公社の損失につきましては、(3)の?簿価額6億8,336万1,437円から(4)の?の売却額等2億7,993万4,348円を引きました4億342万7,089円の損失額となるところであります。

 2でこの損失額の補てん内訳といたしまして、土地開発公社の内部留保資金1億7,390万7,435円と市の損失補てん金2億2,951万9,654円で補てんいたすものであります。この市の損失補てん金の財源内訳といたしまして、この後、御説明いたします議案第46号 財産の処分についての国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」用地の売却収入及び補償金の収入の合計額1億3,313万803円を充て、残りの9,638万8,851円につきましては、土地開発基金を減額して充ててまいるものでございます。

 なお、参考といたしまして、土地開発基金の現在高につきましては、7億207万5,340円でございます。そして、今回9,638万8,851円を減額いたしますと、基金残高6億568万6,489円となるものでございます。

 それでは、11ページをお願いいたします。

 江南市土地開発基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、12ページをお願いいたします。

 第3条第1項は基金の額を定める規定でありまして、「7億円」を「6億568万6,000円」に改めるものでございます。

 11ページにお戻りください。

 附則でございます。第1項につきましては、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 第2項につきましては、この条例の施行に伴い余剰となる額は、一般会計歳入歳出予算の定めるところにより繰り入れることとするものでございます。

 以上で、議案第45号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔都市整備部長 石川勇男君 登壇〕



◎都市整備部長(石川勇男君) 議案第46号について御説明申し上げます。

 議案書の13ページをお願いいたします。

 平成21年議案第46号 財産の処分についてでございます。

 国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」の用地といたしまして、下記の土地を処分しようとするもので、江南市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 その所在地は、江南市宮田神明町緑45番のほか74筆でございます。それらの面積は8,132.81平方メートルで、処分予定価格は1億3,309万8,103円でございます。また、契約の相手方につきましては、分任支出負担行為担当官中部地方整備局木曽川上流河川事務所長 高野匡裕でございます。

 提案の理由といたしましては、国営木曽三川公営「江南花卉園芸公園」の用地として処分する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、14ページから16ページには土地の表示を一覧表として、また参考資料といたしまして、17ページから19ページには土地等の売買に関する契約書の案を、20ページには用地の売り払い箇所図を、21ページには用地の売り払い公図を掲載しておりますので、後ほど御参照賜りたいと存じます。

 以上で、財産の処分についての説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔消防長 大脇昭夫君 登壇〕



◎消防長(大脇昭夫君) 議案第47号につきまして御説明申し上げますので、議案書の22ページをお願いいたします。

 平成21年議案第47号 消防ポンプ自動車売買契約の締結について。

 平成21年5月8日指名競争入札に付した消防ポンプ自動車の購入について下記のとおり契約を締結するため、江南市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 契約の目的といたしましては、消防ポンプ自動車の購入であります。契約の方法は指名競争入札で、7者で実施いたしました。その結果、契約金額は2,814万円で、契約の相手方といたしましては、一宮市時之島字中屋敷29番地、株式会社三陽商会、代表取締役 溝口章治でございます。

 提案の理由といたしましては、消防ポンプ自動車を購入するため、必要があるからでございます。

 はねていただきまして、23ページをお願いいたします。

 参考資料といたしまして、仮売買契約書を添付いたしております。納入期限は平成21年11月26日で、納入場所は、江南市赤童子町大堀70番地、江南市消防本部と定めているものであります。

 なお、この契約書は、議会の議決を得た後で効力を生ずるものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔経営企画部長 尾関晴紀君 登壇〕



◎経営企画部長(尾関晴紀君) 議案第48号の説明をさせていただきます。

 お手数ですが、最初に別冊の平成21年度6月補正予算説明資料をお願いいたします。

 1ページをお願いいたします。各会計別予算一覧表を掲げております。一般会計及び国民健康保険特別会計の2会計で、合計2億7,069万8,000円の補正をお願いするものでございます。

 2ページ、3ページには、一般会計6月補正予算款別一覧表を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、4ページ、5ページをお願いいたします。

 一般会計6月補正予算一般財源調べでございます。

 最初に、15款財産収入1億3,309万8,000円の補正でありますが、先ほどの議案第46号の財産の処分についての収入でありまして、国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」用地として、8,132.81平方メートルを国に売却することによる土地売払収入でございます。

 なお、この資料の9ページ、10ページには、用地売り払い箇所図・公図を掲げておりますので、後ほど御参照ください。

 次に、18款繰越金3,245万6,000円の補正でありますが、これは前年度純繰越金が現時点で約9億円の見込みでございまして、この中より今回の補正予算の財源に充てるものでございます。なお、未計上の留保額につきましては、今後の財政運営に活用してまいりますが、純繰越金の2分の1を下回らない額を地方財政法第7条の規定により、財政調整基金への積み立てを予定いたしております。

 次に、19款諸収入3万2,000円の補正でありますが、これは国に売却いたします国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」用地内にある立木に対する補償金でございます。

 合計欄でありますが、一般財源といたしまして1億6,558万6,000円の補正をお願いしまして、補正後178億6,889万9,000円となるものでございます。

 6ページには、6月補正予算前年度比較表を、また7ページ以降には、補正予算説明資料を掲げておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、議案第48号の説明をさせていただきますので、議案書の24ページをお願いいたします。

 平成21年議案第48号 平成21年度江南市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億6,868万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ235億3,012万9,000円とするもので、第2項では、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 この第1表につきましては、25ページ、26ページに掲げておりますので、後ほど御参照ください。

 次に、第2条 継続費の補正でありますが、この内容につきましては、27ページにその内容を掲げておりますので、27ページをお願いいたします。

 当初予算でお認めいただきました、2款総務費、2項徴税費の土地評価事業と8款土木費、4項都市計画費の緑の基本計画策定事業につきまして、契約の締結により、総額及び年割額の補正をお願いするものでございます。

 引き続きまして、6月補正予算の内容につきまして、各部ごとに説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 最初に、経営企画部の所管いたします補正予算につきまして説明をさせていただきますので、35ページ、36ページをお願いいたします。

 2款総務費、1項総務管理費、2目行政経営費をお願いいたします。所管課は行政経営課でございます。安全衛生管理事業で18万9,000円の補正をお願いしております。これは、メキシコに端を発しました新型インフルエンザの世界的な広がりの中、国内で感染者が確認され、その後の短期間での感染者の拡大を受けまして、事業所として事業の運営における感染機会を減らすなど、感染防止の対応といたしまして、職員用にマスク1万8,000枚の購入をするものでございます。なお、購入に当たりましては、早期の確保を図るため、予算流用の上、対応させていただいているところでございます。

 次に、中段の2項徴税費、1目徴税費でございます。所管課は税務課でございます。土地調査評価事業で108万1,000円の減額をお願いしております。これは、土地評価設定業務委託料の契約額の確定に伴います補正でございます。補正前722万4,000円を108万1,000円減額し、補正後614万3,000円とさせていただくものでございます。

 この事業に係る継続費の補正額につきましては、備考欄に掲げておりますとおり、年割額といたしまして、平成21年度が補正前722万4,000円を補正後614万3,000円に、平成22年度が補正前1,619万1,000円を補正後1,371万3,000円に、平成23年度が補正前1,122万5,000円を補正後954万4,000円に補正させていただくもので、補正前の総額は3,464万円、補正後の総額は2,940万円でございます。

 以上で、全体及び経営企画部の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔生活産業部長 津田勝久君 登壇〕



◎生活産業部長(津田勝久君) 生活産業部所管の補正予算について、御説明を申し上げます。

 歳出について御説明を申し上げますので、議案書の35、36ページの上段をお願いいたします。

 2款1項4目防災安全費でございます。所管は防災安全課でございまして、補正予算額は150万円をお願いしております。説明欄にありますように、防災力向上事業で災害時要援護者用資機材整備費助成金150万円の事業内容は、古知野南小学校下の古知野区を初め五つの自主防災会の連合体が自主事業主体となって、自治総合センターコミュニティ助成金を活用し、避難所として指定している古知野南小学校に収納庫、車いす及び車いすの方も利用できる仮設トイレ、簡易間仕切り、そして更衣室用パネルなどを整備するものでございます。

 また、この事業を実施するに当たり、特定財源として歳入する自治総合センターの助成金は市町村を交付先としており、自主防災組織へは市を経由して支出してまいります。なお、小・中学校など地震災害時における20ヵ所の避難所について、平成20年度から計画的に資機材の整備を進めており、今回の補正で市が別途整備する部分と合わせ8ヵ所が整備済みとなるものでございます。

 次に、すぐ下の5目市民生活費でございます。所管は市民サービス課でございます。平成13年の電波法の改正に伴う地上デジタル放送移行対策事業で66万3,000円の補正をお願いしております。事業内容は、布袋ふれあい会館に起因する地上アナログ放送のテレビ電波受信障害対策区域において、地上デジタル放送に与える影響について調査するものでございまして、基本的な部分につきましては、各部、各施設共通でございますので、最初に御説明申し上げる生活産業部において一括説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 今回行う調査につきまして、受信障害の原因が施設の遮へいの場合と施設への反射とでは調査方法が異なってまいります。布袋ふれあい会館、力長、山王、東野の三つの市営住宅及び古知野東、古知野西、古知野北、宮田、草井の五つの小学校の受信障害は施設の遮へいが原因でありますので、30メートルから50メートル四方に1ヵ所の調査地点を設けてまいります。また、すいとぴあ江南の障害は施設への反射が原因でありますので、200メートルから300メートル四方に1ヵ所の調査地点を設け、瀬戸局から送信されるNHK総合、NHK教育、東海テレビ、CBCテレビ、メーテレ、テレビ愛知、中京テレビのデジタル7波について調査・測定を行うものでございます。調査の時期といたしましては、平成21年7月から12月の間を予定いたしております。

 なお、すいとぴあ江南及び三つの市営住宅につきましては、施設内のテレビ電波受信設備についてもあわせて調査をするものでございます。事業費の総額といたしまして、443万5,000円をお願いいたしておりますが、その財源といたしまして、事業費の全額に緊急雇用創出事業基金事業費補助金を充ててまいります。

 なお、別冊の6月補正予算説明資料の8ページに対象施設、調査箇所数、予算額などを掲げておりますので、後ほど御参照をいただきたいと存じます。

 次に、布袋ふれあい会館の具体的な事業内容といたしましては、現在、57戸で施設の遮へいによる地上アナログ放送の電波受信障害が生じており、平成14年12月に設置した共同アンテナにより障害の改善を図っているところでございます。地上デジタル放送への移行対策として、電波障害区域内の15ヵ所で地上デジタル放送に与える影響を調査するもので、その調査費用として66万3,000円をお願いするものでございます。

 はねていただきまして、37、38ページの上段をお願いいたします。

 2款3項1目戸籍住民基本台帳費で、所管は市民サービス課でございます。先ほどの議案第44号 江南市手数料条例の一部改正で御説明申し上げましたとおり、住民基本台帳カードの発行手数料(1枚500円)を平成21年7月1日から平成23年3月31日までの間、無料にすることから、今年度分に係る手数料収入について、財源更正をお願いするものでございます。

 はねていただきまして、39、40ページの上段をお願いいたします。

 5款1項1目労働費で、所管は産業振興課でございます。すいとぴあ江南の地上デジタル放送移行対策事業で、55万円の補正をお願いしております。具体的な事業内容といたしましては、現在、285戸で施設への反射による地上アナログ放送の電波受信障害が生じており、平成6年10月及び平成7年3月に設置した共同アンテナにより障害の改善を図っているところでございます。地上デジタル放送への移行対策として、電波障害区域内の8ヵ所でその影響を調査するもので、その調査費用として39万2,000円を、また、すいとぴあ江南には、現在、宿泊室を初めとして26台のテレビを共同施設で受信をしております。屋上アンテナの受信状況やテレビの端末などの受信設備についてもあわせて調査をいたしますので、その調査費用として15万8,000円をお願いしております。

 次に、その下段、7款1項1目商工費でございます。所管は産業振興課で、緊急保証制度等融資助成金として2,700万円の補正をお願いしております。これは、原材料価格の高騰等により企業の経営状況が悪化している中、昨年10月31日から中小事業者の資金繰りを支援するための緊急保証制度が実施されております。本市におきましても緊急保証制度を利用するための認定申請が平成20年10月31日から平成21年3月31日までの間に221件あり、191件の保証申し込みがされております。また、本年4月に入り若干の減少傾向が見られるものの、依然、認定申請が続いております。こうした状況から、市内中小事業者の業績悪化が相当進んでいるものと推察されますので、緊急保証制度等の融資に係る信用保証料の一部を助成する制度を新たに創設することにより、これら中小事業者の方を支援するものでございます。

 その内容につきましては、平成21年4月1日から平成22年3月31日までに保証決定をされた融資額に係る信用保証料の50%について、上限額を10万円として助成するものであります。これは、市が別に実施している商工業振興資金助成制度において、資金の融資額の現状が800万円以下がほとんどであり、現在、500万円を超え800万円以下の場合、通常の助成制度においては融資額に係る信用保証料の60%を助成いたしております。この800万円に係る信用保証料は、7年返済で計算いたしますと24万6,400円になりますので、その約半額である10万円を限度とし、また助成件数につきましては、4月の認定件数が39件、5月は24件でありましたので、6月以降は月20件ほどを見込み、本年度分として270件の助成を見込んだものでございます。

 なお、近隣の犬山市が補助率50%、限度額10万円で助成を行っており、扶桑町におきましても江南市と同じ条件の助成制度を創設すると聞いております。

 以上で、生活産業部に係る補正予算の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 大島茂樹君 登壇〕



◎健康福祉部長(大島茂樹君) 健康福祉部所管の補正予算につきまして、御説明申し上げます。

 歳出について御説明いたしますので、議案書の37ページ、38ページの下段をお願いいたします。

 4款衛生費、1項保健衛生費、1目健康づくり費でございます。所管課は健康づくり課で、補正予算額は10万5,000円でございます。内容につきましては、説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。感染症予防・対策事業において、新型インフルエンザ対策用として10万5,000円の補正をお願いするものでございます。これは、先ほど2款総務費のうち2目行政経営費のところで説明がありましたが、新型インフルエンザの感染防止に備えるものとして、備蓄用のマスク1万枚を購入するものでございます。

 なお、早期に対応する必要があるため、予算流用の上、確保する旨、5月1日に開催されました議会運営委員会で御報告させていただいているところでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔都市整備部長 石川勇男君 登壇〕



◎都市整備部長(石川勇男君) 都市整備部所管の補正予算につきまして、御説明をさせていただきます。

 議案書の41ページ、42ページの上段をお願いいたします。

 8款土木費、4項都市計画費、1目市街地整備費でございます。所管はまちづくり課でございます。1目の市街地整備費に2億2,952万円の補正増をお願いするものでございます。説明欄をお願いいたします。江南市土地開発公社損失補填事業といたしまして、2億2,952万円をお願いするものでございます。この補正の内容につきましては、江南市土地開発公社において先行取得をいたしておりました国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」の用地を国へ売却することにより生じる損失を補てんするため、補償補てん及び賠償金として2億2,952万円の損失補償をお願いするものでございます。この事業の財源といたしましては、一般財源といたしまして、議案第46号の財産の処分についてで御説明を申し上げました、市が所有する国営木曽三川公園「江南花卉園芸公園」の事業用地の処分費であります1億3,309万8,103円及び立木の補償金3万2,700円を充当させていただくとともに、特定財源といたしまして、江南市土地開発基金繰入金の9,638万8,000円をそれぞれ充当させていただくものでございます。

 また、補正予算説明資料の9ページには用地の売り払い箇所図を、10ページには用地の売り払い公図を掲載しておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、2目の公園緑地費において42万3,000円の減額をお願いするものでございます。説明欄をお願いいたします。緑の基本計画策定事業で42万3,000円の減額補正をするものでございます。これは、緑の基本計画策定事業支援委託料の契約額の確定に伴います補正減でございます。この緑の基本計画策定事業につきましては、平成21年度、22年度の2ヵ年の継続費でお願いいたしており、その年割額の平成21年度の補正前640万8,000円を42万3,000円減額し、補正後598万5,000円とさせていただくとともに、平成22年度の補正前372万4,000円を補正後346万5,000円に補正させていただくもので、その2ヵ年の総額は、補正前の1,013万2,000円が68万2,000円の減額となり、補正後は945万円となるものでございます。

 続きまして、中段の8款土木費、5項1目住宅費をお願いいたします。所管は土木建築課でございます。地上デジタル放送移行対策事業で177万7,000円の補正をお願いいたしております。対象施設は、力長、山王、東野の市営住宅3団地でございます。事業の内容の基本的な部分は、先ほど生活産業部長が説明いたしましたので、省略させていただきます。

 市営住宅が原因となる地上アナログ放送受信障害区域における地上デジタル放送受信状況調査についての具体的な事業内容といたしましては、力長市営住宅関連で23戸、山王市営住宅関連で11戸、東野市営住宅関連で27戸の施設の遮へいによる地上アナログ放送の受信障害が生じており、その対策といたしましては、力長住宅では平成7年8月24日から、山王住宅では平成4年3月10日から、東野住宅では平成10年9月2日から、それぞれ共同アンテナを設置して障害の改善を図っているところでございます。地上デジタル放送への移行対策として、3団地の障害区域内について、力長住宅7ヵ所、山王住宅5ヵ所、東野住宅5ヵ所で地上デジタル放送に与える影響を調査するもので、その調査費用といたしまして97万円をお願いするものでございます。

 また、市営住宅につきましては、施設内の受信設備についてもあわせて調査いたしますので、力長住宅2棟、山王住宅4棟、東野住宅2棟の調査費用といたしまして、80万7,000円をお願いするものでございます。

 補正予算説明資料の8ページに詳細を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔消防長 大脇昭夫君 登壇〕



◎消防長(大脇昭夫君) 消防本部所管の補正予算につきまして、御説明を申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の43ページ、44ページをお願いいたします。

 上段でございます。9款消防費、1項消防費、2目消防署費でございます。所管課は消防署で、補正予算額は58万6,000円でございます。補正の内容につきましては、44ページの説明欄をごらんいただきたいと存じます。救急・救助出動事業の中にあります11節消耗品費で、新型インフルエンザ対策用として58万6,000円の補正をお願いするものでございます。これは患者搬送に際し、救急隊員が新型インフルエンザに感染しないよう感染防止衣、マスク、手袋等の着用資機材300セットを購入するものでありますが、先ほど健康福祉部長が説明いたしましたように、こうした資機材を早期に確保する必要から、既設予算の中で既に対応いたしたところであります。

 なお、今回の購入により、在庫と合わせ約600セットの感染防止用資機材が備蓄できることになり、対応できる期間は約2週間分となりましたが、御承知のように、6月1日に大口町の住民の方が新型インフルエンザの患者であることが確認されましたので、確認された以降3日間、救急隊員が感染防止衣等を着用して業務についておりましたことを御報告させていただき、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔教育部長 脇田和美君 登壇〕



◎教育部長(脇田和美君) 教育部所管の補正予算につきまして、御説明申し上げます。

 議案書の43、44ページをお願いいたします。所管は教育課でございます。中段の10款1項1目教育支援費であります。研究指定校調査研究事業として、89万円の補正をお願いしております。その内訳として、教育課程研究事業の9万円と理科支援員等配置事業の80万円であります。

 教育課程研究事業につきましては、県の委託金を財源として、学校教育の質的向上を図るために指定された学校が教育課題を研究し、その研究成果を県内の学校教育に反映させることを目的に行う事業であります。古知野中学校が平成21年度、22年度の2年間、研究指定校として、確かな考えを持ち、互いに深め合うことができる生徒の育成を研究テーマとして、授業研究に取り組んでいきます。現在の子供たちは、コミュニケーションの苦手な者が多く、この力を高めるために言語活動に焦点を当てた授業展開や指導の工夫を目指します。この言語活動とは、話すこと、聞くこと、書くこと、読むことを含め、実生活のさまざまな場面の中で行われる活動であり、今回の学習指導要領の改善においても思考力、判断力、表現力などを育成する上で重要な役割を果たすものとして位置づけられております。この研究を行うために学校内に研究組織をつくり、ことしの10月ごろに研究成果の中間発表を行い、来年の10月ごろに県内の先生方を招いて研究発表を行っていく予定であります。

 次の理科支援員等配置事業につきましては、これも県の委託金を財源としており、小学校5・6年生の理科の観察・実験等の時間に理科支援員や特別講師を配置し、教員と協力して授業を行い、理科授業の充実・活性化とともに教員の指導力の向上を図ることを目的として行っていくもので、古知野南小学校と布袋北小学校で実施します。この事業は、既に4月から支援員を配置しておりますが、平成21年3月初旬に該当する学校が決定し、当初予算に計上できなかったために当初予算を流用して実施しております。これにつきましては、3月の厚生文教委員協議会で御報告をさせていただいたところであります。

 次のページをお願いいたします。

 10款2項1目小学校費の地上デジタル放送移行対策事業として144万5,000円の補正をお願いしております。対象施設は、古知野東、古知野西、古知野北、宮田、草井の五つの小学校であります。事業内容の基本的な部分は生活産業部長が説明いたしましたので、省略をさせていただきます。

 対象となっている五つの小学校では、現在、43戸が学校施設による遮へいで地上アナログ放送の受信障害が生じております。各校に共同受信アンテナを設置して、障害の改善を図っているところであります。地上デジタル放送への移行対策といたしましては、五つの小学校における障害区域のうち、23ヵ所におきまして地上デジタル放送に与える影響を調査するもので、その調査費用をお願いするものであります。

 次に、下段の10款3項1目中学校費であります。学校施設管理事業といたしまして596万5,000円をお願いしております。これは、平成20年度に学校施設における吹きつけアスベスト等分析調査を実施した結果、西部中学校階段室にアスベストが含有されていることが判明し、夏休みの除去工事までの養生のための工事費と除去工事費をお願いするものであります。

 上段の養生工事費66万8,000円につきましては、当初予算を流用し、始業式が始まる前に階段上げ裏及び踊り場天井をビニールで覆うなどの工事を実施しております。この養生工事の実施につきましては、3月30日の全員協議会で御報告をさせていただいたところであります。

 また、下段のアスベスト除去工事費529万7,000円につきましては、夏休み中に生徒の安全を考慮して実施してまいります。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 大島茂樹君 登壇〕



◎健康福祉部長(大島茂樹君) 議案第49号について御説明申し上げますので、議案書の47ページをお願いいたします。

 平成21年議案第49号 平成21年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成21年度江南市の国民健康保険特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ201万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ93億1,488万2,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては、48ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 補正の内容につきましては、歳出により御説明申し上げますので、52ページ、53ページの下段をお願いいたします。

 2款後期高齢者支援金等、1項1目後期高齢者支援金でございます。補正予算額は201万2,000円でございます。内容につきましては、説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。保険給付事業において、後期高齢者支援金支払事業は199万8,000円、後期高齢者関係事務費拠出金支払事業は1万4,000円の補正をお願いするものでございます。これは、国民健康保険及び被用者保険の保険者が加入者数に応じて納付するもので、社会保険診療報酬支払基金への納付金額の決定による差額分について補正をお願いするものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔副市長 陸浦歳之君 登壇〕



◎副市長(陸浦歳之君) それでは、報告の第1号及び第2号の説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 議案書の54ページをお願いいたします。

 平成21年報告第1号 平成20年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書についてであります。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、別紙のとおり報告をいたすものであります。

 はねていただきまして、55ページをお願いいたします。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますのは、事業名の最上段の定額給付金給付事業(事務費分)から57ページ、最下段の衛生管理強化事業までの26事業であります。

 最初に、55ページの最上段の定額給付金給付事業(事務費分)、その下の定額給付金給付事業(事業費分)、はねていただきまして、56ページの上から4段目の子育て応援特別手当事業(事務費分)、その下の子育て応援特別手当事業(事業費分)につきましては、国の全額補助を受けて実施いたしているものであります。平成21年3月補正予算で予算計上をお願いいたしましたが、平成20年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものであります。

 次に、56ページの最上段の在宅障害者デイサービス施設「あゆみ」施設管理運営事業から(仮称)第2子育て支援センター整備事業までの3事業につきましては、平成21年3月補正予算で国の地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金を活用して、平成21年度に予定しておりました事業を前倒しして予算計上をお願いいたしましたが、平成20年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものであります。

 なお、56ページ、2段目の広域連合支援事業につきましては、システム改修分と軽自動車購入分の二つの内容を含めておりますが、国の地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金の対象は軽自動車購入分であります。また、システム改修分につきましては、平成20年12月補正予算で予算計上をお願いいたし、平成21年3月に予算の減額とともに平成20年度中には事業が完了できないということで繰越明許をお認めいただいているものであります。

 次に、55ページにお戻りいただきまして、上から3段目の道路照明灯設置事業から最下段の太陽電池内蔵型停止鋲設置事業、はねていただきまして、56ページの下から4段目の可燃ごみ収集運搬事業、その下の橋りょう長寿命化事業、最下段の王塚主幹線排水路整備事業、57ページの上から4段目の新設消火栓負担金事業から最下段の衛生管理強化事業につきましては、平成21年3月補正予算で国の地域活性化・生活対策臨時交付金を活用して、平成21年度に予定しておりました事業を前倒しして予算計上をお願いいたしましたが、平成20年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものであります。

 なお、小学校費の施設耐震補強事業には、布袋北小学校の校舎耐震補強設計委託分と古知野南小学校及び藤里小学校の校舎耐震補強工事分が含まれておりますが、国の地域活性化・生活対策臨時交付金の対象は布袋北小学校の校舎耐震補強設計委託分であります。また、中学校費の施設耐震補強事業につきましても、古知野中学校及び宮田中学校の校舎耐震補強設計委託分と布袋中学校の校舎改造工事分が含まれておりますが、国の地域活性化・生活対策臨時交付金の対象は古知野中学校及び宮田中学校の校舎耐震補強設計委託分であります。そして、古知野南小学校及び藤里小学校の耐震補強工事分、布袋中学校の校舎改造工事分につきましても同様に、平成21年3月補正予算で予算計上をお願いいたし、平成20年度中には事業が完了できないということで、あわせて繰越明許をお認めいただいているものであります。

 次に、56ページの下から2段目、道路側溝・舗装工事等事業につきましては、側溝工事1件と防護さく設置工事2件につきまして、請負業者の破産により平成20年度中には事業が完了しないということで、平成21年3月に繰越明許をお認めいただいているものであります。

 次に、57ページ、最上段の江南駅バリアフリー化対策事業から江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰出金事業、遊歩道・サイクリングロード整備事業までの3事業につきましては、平成20年度中には事業が完了しないということで、平成21年3月に繰越明許をお認めいただいているものであります。

 なお、事業ごとにそれぞれの翌年度繰越額を掲げておりますが、合計額で24億2,738万6,677円を繰り越しさせていただくわけであります。この翌年度繰越額の財源内訳は、既収入特定財源といたしまして国庫支出金が955万3,871円、未収入特定財源といたしまして国庫支出金が20億1,420万9,711円、地方債が3億2,800万円、残りが一般財源で7,562万3,095円であります。これにつきましては繰越金を充当し、財源とさせていただくものであります。

 なお、それぞれの事業の繰り越しの明細につきましては、次の58ページから60ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 続きまして、61ページをお願いいたします。

 平成21年報告第2号 平成20年度尾張北部都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてであります。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものであります。

 はねていただきまして、62ページをお願いいたします。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますように、物件移転補償事業であります。この事業につきましては、平成20年度当初予算及び平成21年3月補正予算でそれぞれ予算計上をお願いいたしましたが、平成20年度中には事業が完了できないということで、平成21年3月に繰越明許をお認めいただいているものであります。

 なお、翌年度へは6,115万7,000円を繰り越しさせていただくわけであります。この翌年度繰越額の財源内訳は、既収入特定財源といたしまして、その他財源であります一般会計繰入金が1,123万5,000円、未収入特定財源といたしまして国庫支出金が1,402万2,000円、一般会計における未収入特定財源であります地方債を財源とする一般会計繰入金が3,590万円でございます。

 なお、繰越額の明細につきましては、次の63ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 以上、報告第1号、第2号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔都市整備部長 石川勇男君 登壇〕



◎都市整備部長(石川勇男君) 報告第3号につきまして、御説明をさせていただきます。

 議案書の64ページをお願いいたします。

 平成21年報告第3号 平成20年度江南市水道事業会計予算繰越報告についてでございます。

 地方公営企業法第26条第3項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものであります。

 はねていただきまして、65ページをお願いいたします。

 この予算繰越計算書に掲げておりますように、その事業名は消火栓設置工事でございます。この事業につきましては、平成20年度の当初予算及び平成21年3月の補正予算でそれぞれ予算計上をお願いいたしましたが、3月補正でお願いいたしました事業につきましては、平成20年度中にはその事業が完了できないということで、翌年度に予算を繰り越しさせていただくものでございます。この翌年度繰越額の財源といたしましては、消火栓設置工事負担金が97万8,000円でございます。

 以上で、水道事業会計予算繰越計算書の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔副市長 陸浦歳之君 登壇〕



◎副市長(陸浦歳之君) 報告第4号の説明をさせていただきます。

 議案書の66ページをお願いいたします。

 平成21年報告第4号 平成21年度江南市土地開発公社の経営状況についてであります。

 地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をさせていただくものでございます。

 1ページをお願いいたします。

 平成21年度江南市土地開発公社予算であります。予算の内容といたしまして、第2条では、収益的収入及び支出の予定額を掲げております。収入といたしまして、第1款事業外収益は18万1,000円であります。その内訳は、第1項受取利息で1,000円、第2項有価証券利息で12万円、第3項雑収益で6万円であり、これは基本財産等の利息と土地貸付料であります。

 次に、支出といたしまして、第1款販売費及び一般管理費10万9,000円であります。これは土地開発公社の事務費であり、報酬、旅費、需用費などであります。

 これに係ります細目説明書を5ページ、6ページに掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 次に、第3条は、資本的収入及び支出の予定額であります。収入といたしましては、第1款資本的収入、第1項借入金は1,020万6,000円であります。これは、公社の借入金に係る支払い利息を借り入れるものであります。

 次に、支出といたしまして、第1款資本的支出、第1項公有地取得事業費1,020万6,000円であります。これは借入金に係る支払い利息であります。

 第4条では、借入金の限度額、借入利率、借入先及び償還方法を定めております。

 2ページをお願いいたします。

 土地開発公社の予算実施計画書を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 3ページをお願いいたします。

 平成20年度の仮決算に伴う財務諸表を掲げております。上段は予定損益計算書で、当期純損失として998万3,000円を見込んでおります。これは、公有地を時価により売却したことに伴う損失であります。下段には予定貸借対照表を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 4ページをお願いいたします。

 上段には平成21年度の予定貸借対照表を、下段には予定公有用地等取得原価計算書を掲げております。また、7ページには資金計画を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 以上、土地開発公社の経営状況の報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(木本恵造君) これをもちまして本日の日程は全部終了いたしました。

 6月8日、9日は議案精読のため休会といたします。

 次回は、10日午前9時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

     午前10時30分 散会

    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

            江南市議会議長    木本恵造

            江南市議会議員    鈴木 貢

            江南市議会議員    大脇澄夫