議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成28年 12月 定例会 11月24日−01号




平成28年 12月 定例会 − 11月24日−01号







平成28年 12月 定例会



平成28年                                第1号

          定例江南市議会会議録

12月                                 11月24日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成28年11月24日(木曜日)

議事日程第1号

 平成28年11月24日(木曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 諸般の報告

  第3 会期の決定

  第4 議案第107号 人権擁護委員の推薦について

  第5 議案第108号 江南市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について

  第6 議案第109号 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定について

  第7 議案第110号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正について

  第8 議案第111号 江南市市税条例等の一部改正について

  第9 議案第112号 江南市個人情報保護条例の一部改正について

  第10 議案第113号 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

  第11 議案第114号 江南市国民健康保険税条例の一部改正について

  第12 議案第115号 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について

  第13 議案第116号 江南市地域情報センターの設置及び管理に関する条例の廃止について

  第14 議案第117号 江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例の廃止について

  第15 議案第118号 江南市立児童厚生施設に係る指定管理者の指定について

  第16 議案第119号 平成28年度江南市一般会計補正予算(第5号)

  第17 議案第120号 平成28年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

  第18 議案第121号 平成28年度江南市介護保険特別会計補正予算(第3号)

  第19 議案第122号 平成28年度江南市水道事業会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 諸般の報告

       (1)例月出納検査の結果報告について

       (2)議案の送付について

  日程第3 会期の決定

  日程第4 議案第107号 人権擁護委員の推薦について

  日程第5 議案第108号 江南市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定について

  日程第6 議案第109号 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定について

  日程第7 議案第110号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正について

  日程第8 議案第111号 江南市市税条例等の一部改正について

  日程第9 議案第112号 江南市個人情報保護条例の一部改正について

  日程第10 議案第113号 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

  日程第11 議案第114号 江南市国民健康保険税条例の一部改正について

  日程第12 議案第115号 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について

  日程第13 議案第116号 江南市地域情報センターの設置及び管理に関する条例の廃止について

  日程第14 議案第117号 江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例の廃止について

  日程第15 議案第118号 江南市立児童厚生施設に係る指定管理者の指定について

  日程第16 議案第119号 平成28年度江南市一般会計補正予算(第5号)

  日程第17 議案第120号 平成28年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

  日程第18 議案第121号 平成28年度江南市介護保険特別会計補正予算(第3号)

  日程第19 議案第122号 平成28年度江南市水道事業会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(22名)

     1番   古田みちよ君        2番   鈴木 貢君

     3番   野下達哉君         4番   山 登志浩君

     5番   中野裕二君         6番   掛布まち子君

     7番   東 義喜君         8番   森 ケイ子君

     9番   東猴史紘君         10番   安部政徳君

     11番   尾関健治君         12番   藤岡和俊君

     13番   河合正猛君         14番   伊藤吉弘君

     15番   幅 章郎君         16番   尾関 昭君

     17番   稲山明敏君         18番   伊神克寿君

     19番   牧野圭佑君         20番   古池勝英君

     21番   宮地友治君         22番   福田三千男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         栗本浩一君  議事課長         高田裕子君

主査           長谷川 崇君 主任           梶浦太志君

主事           徳永真明君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           澤田和延君  副市長          佐藤和弥君



教育長          村 良弘君  危機管理室長兼      小塚昌宏君

                    防災安全課長兼

                    防災センター所長



生活産業部長       武田篤司君  健康福祉部長       丹羽鉱貢君



都市整備部長       鈴木慎也君  水道部長兼水道      鵜飼俊彦君

                    事業水道部長



市長政策室長       片野富男君  総務部長         村井 篤君

消防長          小島孝修君  教育部長         菱田幹生君

市民サービス課長     山田順一君  農政課長         大岩直文君

保険年金課長       今枝直之君  秘書政策課長       松本朋彦君

税務課長         本多弘樹君  総務課長         古田義幸君



教育委員会教育課長兼   稲田 剛君

少年センター所長

     午前9時00分 開会



○議長(鈴木貢君) ただいまから平成28年江南市議会12月定例会を開会いたします。

 本日ここに12月定例会が招集されましたところ、議員の皆様には、年末を控え、何かと御多用の中を御参集いただき、まことにありがとうございます。厚くお礼申し上げます。

 本定例会に提出されております案件は、人権擁護委員の推薦についてを初め16議案であります。いずれも重要な案件でありますので、何とぞ慎重に御審議をいただきまして、適切な議決をされますようお願い申し上げ、簡単ではありますが、開会の御挨拶といたします。

     〔市長 澤田和延君 登壇〕



◎市長(澤田和延君) おはようございます。

 開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 本日、12月定例会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変御多用の中、出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 平素は市政進展のため、それぞれのお立場で格別の御協力、御高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 このたびの定例会におきまして御審議をお願いいたします案件は、ただいま議長さんから報告のありましたとおり、人権擁護委員の推薦についてを初め16議案であります。いずれも重要な案件であります。慎重に御審議の上、適切な議決を賜りますようお願いを申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時02分 開議



○議長(鈴木貢君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(鈴木貢君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い、会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第88条の規定により、議長において

  3番  野下達哉さん

  21番  宮地友治さん

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸般の報告



○議長(鈴木貢君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査の結果報告がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、本定例会の議案は皆様方のお手元に送付されております。

 以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(鈴木貢君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 会期につきましては、議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から12月14日までの21日間とすることに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は本日から12月14日までの21日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木貢君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月14日までの21日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第107号から



△日程第19 議案第122号まで



○議長(鈴木貢君) 日程第4、議案第107号 人権擁護委員の推薦についてから日程第19、議案第122号 平成28年度江南市水道事業会計補正予算(第2号)までを一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

     〔市長 澤田和延君 登壇〕



◎市長(澤田和延君) それでは、私からただいま上程いただきました議案第107号につきまして説明をさせていただきます。

 議案書の1ページをお願いいたします。

 平成28年議案第107号 人権擁護委員の推薦についてであります。

 下記の者を人権擁護委員候補者として推薦したいと思いますので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。

 提案理由といたしましては、人権擁護委員の下村美津枝さんが平成29年3月31日に任期満了となられますので、後任の方を推薦する必要があるからであります。

 後任には、江南市布袋町北213番地にお住まいの柴田広美さんをお願いするものでございます。

 はねていただきまして、2ページには柴田広美さんの履歴を掲げてあります。

 3ページには、参考といたしまして本年11月1日現在の人権擁護委員の名簿を、さらに4ページには人権擁護委員法の抜粋を掲げてありますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で提案説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔生活産業部長 武田篤司君 登壇〕



◎生活産業部長(武田篤司君) それでは、議案第108号及び議案第109号について御説明をさせていただきます。

 初めに、議案第108号について御説明させていただきますので、議案書の5ページをお願いいたします。

 平成28年議案第108号 江南市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例の制定についてでございます。

 江南市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、消費者安全法に基づき、消費生活センターの組織及び運営等について定めるため、制定する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、6ページをお願いいたします。

 江南市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例(案)でございます。

 第1条は、この条例の趣旨を規定したもので、消費者安全法第10条の2第1項の規定に基づき、消費生活センターの組織及び運営等について必要な事項を定めるものでございます。

 第2条は名称等についての規定で、センターの名称、位置及び所管区域を定めるものでございます。

 第3条はセンターの事務についての規定で、センターは消費者安全法第8条第2項各号に掲げる事務を行うと定めるものでございます。

 第4条は消費生活相談の事務を行う日及び時間についての規定で、これらを定め、公示すると定めるものでございます。

 第5条はセンターの長及び職員についての規定で、センターにはセンターの事務を掌理するセンター長及びセンターの事務を行うために必要な職員を置くと定めるものでございます。

 第6条は消費生活相談員の配置についての規定で、消費者安全法第10条の3第1項に規定する消費生活相談員資格試験に合格した者を消費生活相談員として置くと定めるものでございます。

 第7条は消費生活相談員の人材及び処遇の確保についての規定で、消費生活相談員の専門性や経験に十分配慮し、同一の者を再度任用することを排除しないことなど、消費生活相談員について適切な人材及び処遇の確保に必要に措置を講ずると定めるものでございます。

 第8条は研修の機会の確保についての規定で、センターの事務に従事する職員に対し、資質の向上のための研修の機会を確保すると定めるものでございます。

 はねていただきまして、7ページをお願いいたします。

 第9条は情報の管理についての規定で、センターの事務の実施により得られた情報の漏えい等の防止など、情報の適切な管理のために必要な措置を講ずると定めるものでございます。

 第10条は、委任についての規定でございます。

 附則でございます。この条例は、平成29年4月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第108号の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第109号について御説明させていただきますので、議案書の8ページをお願いいたします。

 平成28年議案第109号 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の制定についてでございます。

 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、農業協同組合法等の一部を改正する等の法律の施行に伴い、制定する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、9ページをお願いいたします。

 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例(案)でございます。

 第1条は、この条例の趣旨を規定したもので、農業委員会等に関する法律第8条第2項及び第18条第2項の規定に基づき、江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定めるものでございます。

 第2条は農業委員会の委員の定数についての規定で、委員の定数は10人とすることを定めるものでございます。

 第3条は推進委員の定数についての規定で、推進委員の定数は7人とすることを定めるものでございます。

 附則でございます。

 第1項は施行期日を定めたもので、この条例は平成29年7月20日から施行するものでございます。

 第2項は、この条例の制定に伴いまして、江南市農業委員会の選挙による委員の定数条例を廃止するものでございます。

 第3項は、江南市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものでございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、10ページをお願いいたします。

 江南市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例(案)の新旧対照表でございます。

 江南市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の第1条の報酬及び第4条の費用弁償の規定におきまして、別表の農業委員会委員の項の次に、農業委員会農地利用最適化推進委員の報酬の額を月額2万2,200円、旅費の額を他の委員等と同様の市議会議員相当額を加えるものでございます。

 以上で、議案第109号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔市長政策室長 片野富男君 登壇〕



◎市長政策室長(片野富男君) それでは、議案第110号について御説明をさせていただきますので、議案書の11ページをお願いいたします。

 平成28年議案第110号 江南市職員退職手当支給条例の一部改正についてでございます。

 江南市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 はねていただきまして、12ページをお願いいたします。

 江南市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で御説明させていただきますので、13ページをお願いいたします。

 第10条は失業者の退職手当について規定したもので、第9項につきまして、今回の雇用保険法の改正により、以前から支給されていた広域求職活動費に加え、求職活動に伴う経費の対象が拡大されたことから「求職活動支援費」と名称等が改められることに伴い、改めるものでございます。

 恐れ入りますが、12ページにお戻りをいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。

 第1項は施行期日を規定するもので、この条例は平成29年1月1日から施行するものでございます。

 第2項は経過措置を規定するもので、改正後の第10条第9項の規定は、この条例の施行の日以降に規定する行為をしたものについて適用し、この条例の施行の日前に支給すべき事由の生じた広域求職活動費に相当する退職手当の支給については、なお従前の例によるものでございます。

 以上で、議案第110号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔総務部長 村井 篤君 登壇〕



◎総務部長(村井篤君) それでは、議案第111号及び議案第112号について御説明申し上げます。

 初めに、議案第111号について御説明申し上げますので、議案書の14ページをお願いいたします。

 平成28年議案第111号 江南市市税条例等の一部改正についてでございます。

 江南市市税条例等の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、地方税法等の一部改正に伴う個人市民税の医療費控除の特例の創設等及び都市施設の充実を図るための法人市民税の不均一課税の適用期間の延長等について、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 はねていただきまして、15ページをお願いいたします。

 江南市市税条例等の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で説明をさせていただきますので、24ページをお願いいたします。

 江南市市税条例等の一部を改正する条例(案)の新旧対照表でございます。

 この改正案は、第1条と第2条に区分して構成しており、第1条関係は江南市市税条例を改正するもので、大きく6つの改正内容となっております。

 1つ目は、個人市民税及び法人市民税の延滞金の計算期間の見直しでございます。24ページの上段にございます第21条、はねていただきまして26ページ上段にございます第41条の2、次に29ページ上段にございます第46条、さらにはねていただきまして32ページ上段にございます第48条、以上4つの条文につきましては延滞金に関する規定で、国税における延滞税の計算期間の見直しに準じて、個人及び法人市民税に係る延滞金の計算期間等につきまして、申告書の提出後に納付すべき税額を減少させる更正があった後に、さらに増額更正や修正申告等があった場合は、その増額による納付すべき税額に達するまでの部分、これは減額更正前に納付された部分に限るものでございますが、一定の期間を控除するなど、所要の整備を図るものでございます。

 次に、34ページをお願いいたします。

 下段にございます第49条は市民税の減免に関する規定で、個人の市民税について、減免申請書における個人番号の記入が不要となりましたことから、改めるものでございます。

 次に、35ページをお願いいたします。

 中段にございます附則の第4条につきましては、特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例についての規定で、個人市民税に関して医療費控除の特例を新たに設けるものでございます。

 健康診断など健康の保持・増進への取り組みを行う個人が、一定のスイッチOTC医薬品を購入した費用について、その年中に支払った合計額が1万2,000円を超える部分の金額を、上限を8万8,000円といたしまして、その年分の総所得金額等から控除するもので、現行の医療費控除とどちらかを選択して控除するものでございます。

 なお、この制度は平成30年度から平成34年度までの5年間について適用されるものでございます。

 次に、36ページの上段にございます附則の第14条の2は軽自動車税の税率の特例に関する規定で、グリーン化を進める観点から、環境負荷の小さい軽四輪車等につきまして、その燃費性能に応じた軽課税率が導入され、平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規検査を受けた車両について、平成28年度に限り対象としてまいりましたが、税率の特例を1年間延長するものでございます。

 次に、37ページをお願いいたします。

 附則の第20条の2でございます。特例適用利子等及び特例適用配当等に係る個人の市民税の課税の特例に関するもので、今回新たに規定するものでございます。

 その内容といたしましては、台湾の機関からの利子等または配当等の支払いを日本に居住する者が受けた場合、これらに係る所得につきましては申告分離課税等によりまして個人住民税の所得割が課税されるものでございます。

 43ページをお願いいたします。

 43ページの最上段にございます第20条の2の2につきましては、ただいま御説明いたしました第20条の2を追加することにより条文を繰り下げるとともに、規定の整備を行うものでございます。

 次に、49ページをお願いいたします。

 附則の第21条は法人税割の税率の特例についての規定で、引き続き都市施設の充実を図るため、法人市民税の不均一課税の適用期間を延長するものでございます。

 現在、条例第33条の4に規定しております法人税割の税率100分の9.7を、資本金の額が1億円を超える法人もしくは法人税額が800万円を超える法人に対しましては税率を100分の12.1としております。この適用期間は平成29年3月31日までとなっておりますが、これを平成34年3月31日まで5年間延長させていただくよう改めるものでございます。

 その下にございます第2条関係は、江南市市税条例等の一部を改正する条例を改正するものでございます。

 平成27年4月臨時会におきましてお認めいただきました江南市市税条例等の一部を改正する条例の市たばこ税に関する経過措置について、その一部を改正するもので、先ほど御説明いたしました第21条の延滞金の計算期間に関する改正に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 恐れ入りますが、22ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 附則でございます。

 第1条は施行期日でございます。この条例は、平成29年1月1日から施行するものでございます。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行するものでございます。

 第1号といたしまして第1条中市税条例第49条及び附則第21条の改正規定は公布の日から、第2号といたしまして第1条中市税条例附則第14条の2の改正規定は平成29年4月1日から、第3号といたしまして第1条中市税条例附則第4条の改正規定及び次条第2項の規定は平成30年1月1日からそれぞれ施行するものでございます。

 続きまして、第2条は市民税に関する経過措置でございます。

 第1項は、第1条の規定による改正後の市税条例、以下「新条例」と申し上げますが、新条例第41条の2第4項の規定は、平成29年1月1日以後に新条例第41条の2第2項に規定する納期限が到来する個人の市民税に係る延滞金について適用するものでございます。

 第2項でございます。新条例附則第4条の規定は、平成30年度以後の年度分の個人の市民税について適用するものでございます。

 第3項といたしまして、新条例第46条第5項及び第48条第4項の規定は、平成29年1月1日以後に新条例第46条第3項または第48条第2項に規定する納期限が到来する法人の市民税に係る延滞金について適用するものでございます。

 第4項でございます。新条例附則第20条の2の規定は、平成29年1月1日以後に支払いを受けるべき外国居住者等の所得に対する相互主義による所得税等の非課税等に関する法律第8条第2項に規定する特例適用利子等、同法第12条第5項に規定する特例適用利子等もしくは同法第16条第2項に規定する特例適用利子等または同法第8条第4項に規定する特例適用配当等、同法第12条第6項に規定する特例適用配当等もしくは同法第16条第3項に規定する特例適用配当等に係る個人の市民税について適用するものでございます。

 なお、議案書の51ページには、参考といたしまして市税条例改正(案)の概要を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第111号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案第112号につきまして御説明申し上げますので、議案書の53ページをお願いいたします。

 平成28年議案第112号 江南市個人情報保護条例の一部改正についてでございます。

 江南市個人情報保護条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号利用法の一部改正に伴い、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 少し補足をさせていただきます。

 平成27年9月に番号利用法の一部改正が公布されましたが、番号利用法第9条第2項の条例で定める事務のうち、一部のものにつきましても国が設置・管理いたします情報提供ネットワークを用いた情報連携ができるように法律が改正されますので、江南市個人情報保護条例につきましても関連する規定を改正するものでございます。

 54ページをお願いいたします。

 江南市個人情報保護条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で御説明させていただきますので、55ページをお願いいたします。

 江南市個人情報保護条例の一部を改正する条例(案)の新旧対照表でございます。

 第2条第6号は情報提供等記録の定義を定めておりますが、番号利用法の改正に伴い、規定を一部整理するものでございます。

 第35条の2は情報提供等記録の提供先等への通知を定めるものでございますが、こちらも番号利用法の改正に伴い、規定を一部整理するものでございます。

 56ページをお願いいたします。

 第36条第2項第1号は、この規定の中で引用しております番号利用法第28条が番号利用法の改正によりまして1条繰り下がるため整理するものでございます。

 恐れ入りますが、54ページにお戻りくださいますようお願いいたします。

 附則でございます。この条例の施行期日を定めるもので、この条例は番号利用法附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日から施行するものでございます。

 なお、今回改正をお願いいたします第2条第6号及び第35条の2の規定につきましては、平成27年9月定例会におきまして江南市個人情報保護条例の一部改正により成立をしておりますが、まだ施行はされておりません。これらの規定の施行期日につきましては、今回の条例の施行期日と同日となっております。

 以上で、議案第112号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鵜飼俊彦君) 議案第113号について御説明申し上げますので、議案書の57ページをお願いいたします。

 平成28年議案第113号 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてでございます。

 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。提案理由といたしましては、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の整備を図る必要があるからでございます。

 はねていただきまして、58ページをお願いいたします。

 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で御説明させていただきますので、はねていただきまして59ページをお願いいたします。

 江南市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例(案)の新旧対照表でございます。

 第17条は退職手当について規定したもので、雇用保険法の一部改正に伴い、同条第6項中「、その者が退職の際勤務していた当該地方公営企業の事業を同法第5条第1項に規定する適用事業と」を削り、「高年齢継続被保険者」を「高年齢被保険者」に改め、同条第8項中「広域求職活動費」を「求職活動支援費」に改めるものでございます。

 恐れ入りますが、58ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 最下段の附則でございます。施行期日を規定するもので、この条例は平成29年1月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第113号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 丹羽鉱貢君 登壇〕



◎健康福祉部長(丹羽鉱貢君) 議案第114号について御説明申し上げますので、議案書の61ページをお願いいたします。

 平成28年議案第114号 江南市国民健康保険税条例の一部改正についてでございます。

 江南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、所得税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、国民健康保険税の課税の特例について所要の整備を図る必要があるからでございます。

 はねていただきまして、62ページをお願いいたします。

 江南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正内容につきましては、新旧対照表で御説明申し上げますので、64ページをお願いいたします。

 江南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例(案)の新旧対照表でございます。

 条項の説明の前に少し、改正内容につきましては、先ほど議案第111号 江南市市税条例等の一部改正についてで説明のありましたとおり、所得税法の改正に伴い、台湾の機関からの利子等または配当等の支払いを日本に居住する者が受けた場合、これらに係る所得について申告分離課税等により個人住民税の所得割が課せられることとなり、国民健康保険税の所得割の算定及び軽減判定に用いる総所得金額におきましても、これらに係る所得を含めることになりましたことから改正するものでございます。

 それでは、新旧対照表のほうの条項に入らせていただきます。

 そうしましたことで、附則第11項では、そうした特例適用利子等に係る国民健康保険税の課税の特例について、はねていただきまして65ページをお願いいたします。65ページの附則第12項は特例適用配当等に係る国民健康保険税の課税の特例について、新たに規定をするものでございます。

 第13項以降につきましては、この2項を追加することにより繰り下げるものでございます。

 恐れ入ります。63ページをお願いいたします。

 附則でございます。

 第1項は施行期日を規定するもので、この条例は平成29年1月1日から施行するものでございます。

 第2項は適用区分を規定するもので、この条例による改正後の江南市国民健康保険税条例の附則第11項及び第12項の規定は、平成29年1月1日以後に支払いを受けるべき外国居住者等の所得に対する相互主義による所得税等の非課税等に関する法律第8条第2項に規定する特例適用利子等、同法第12条第5項に規定する特例適用利子等もしくは同法第16条第2項に規定する特例適用利子等または同法第8条第4項に規定する特例適用配当等、同法第12条第6項に規定する特例適用配当等もしくは同法第16条第3項に規定する特例適用配当等に係る国民健康保険税について適用するものでございます。

 以上で、議案第114号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

     〔教育部長 菱田幹生君 登壇〕



◎教育部長(菱田幹生君) それでは、議案第115号について御説明いたしますので、議案書の67ページをお願いいたします。

 平成28年議案第115号 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございます。

 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、江南市横田教育文化事業基金の管理及び処分について見直しを図るため、改正する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、68ページをお願いいたします。

 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例(案)でございます。

 改正の内容につきましては、新旧対照表で説明させていただきますので、69ページをお願いいたします。

 江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例(案)の新旧対照表でございます。

 題名を江南市横田教育文化事業基金の設置及び管理に関する条例から江南市横田教育文化事業基金の設置、管理及び処分に関する条例に改めるものでございます。

 第3条では基金の財産の種類について改めるもので、第1号は国債証券(額面総額 5千万円)を有価証券に改め、国債証券以外の有価証券も財産とすることを規定いたしまして、第2号は第5条の規定により積み立てた現金を現金に改め、国債証券の償還金等を現金として財産とすることを規定するものでございます。

 第5条では、基金の運用から生ずる収益は、江南市横田教育文化事業特別会計歳入歳出予算に計上して、教育文化事業の経費に充てるものとし、余剰金のある場合は、基金に積み立てることができるを基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、この基金に編入するものとするに改めるものでございます。

 第6条では、「第3条第2号に規定する」を削り、これまで国債証券の利息で事業を運営していたものを国債証券の償還金等を事業の財源とすることを規定するものでございます。

 第7条は委任についての規定で、条文中「運用」を「処分」に改めるものでございます。

 恐れ入りますが、68ページにお戻りください。

 附則でございます。この条例は、平成29年4月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第115号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔市長政策室長 片野富男君 登壇〕



◎市長政策室長(片野富男君) それでは、議案第116号について御説明させていただきますので、議案書の70ページをお願いいたします。

 平成28年議案第116号 江南市地域情報センターの設置及び管理に関する条例の廃止についてでございます。

 江南市地域情報センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、江南市地域情報センターを分庁舎とするため、廃止する必要があるからであります。

 はねていただきまして、71ページをお願いいたします。

 江南市地域情報センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例(案)でございます。

 続きまして、附則でございます。この条例は、平成29年4月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第116号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔教育部長 菱田幹生君 登壇〕



◎教育部長(菱田幹生君) それでは、議案第117号について御説明いたしますので、議案書の72ページをお願いいたします。

 平成28年議案第117号 江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例の廃止についてでございます。

 江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例を廃止する条例を別紙のとおり定めるものでございます。

 提案理由といたしましては、江南市横田教育文化事業基金の運用の見直しを図ることに伴い、江南市横田教育文化事業を一般会計において経理するため、江南市横田教育文化事業特別会計を廃止する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、73ページをお願いいたします。

 江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例を廃止する条例(案)でございます。

 昭和58年条例第17号で制定いたしました江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例を廃止するものでございます。

 附則でございます。

 第1項、この条例は平成29年4月1日から施行するものでございます。

 第2項は、廃止前の江南市横田教育文化事業特別会計設置に関する条例の規定による江南市横田教育文化事業特別会計の平成28年度の収入、支出及び決算については、なお従前の例によるものでございます。

 以上で、議案第117号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 丹羽鉱貢君 登壇〕



◎健康福祉部長(丹羽鉱貢君) 議案第118号について御説明申し上げますので、議案書の74ページをお願いいたします。

 平成28年議案第118号 江南市立児童厚生施設に係る指定管理者の指定についてでございます。

 公の施設に係る指定管理者を下記のとおり指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 公の施設の名称は江南市立古知野児童館及び江南市立藤ケ丘児童館で、指定管理者は特定非営利活動法人キッズサポート江南、指定の期間は平成29年4月1日から平成34年3月31日まででございます。

 提案理由といたしましては、古知野児童館及び藤ケ丘児童館に係る指定管理者の指定期間が平成29年3月31日をもって終了するため、次期指定管理者を指定する必要があるからでございます。

 参考資料といたしまして、75ページから81ページに江南市立古知野児童館及び藤ケ丘児童館の管理及び運営に関する協定書(案)を、82ページから88ページに江南市立古知野児童館及び藤ケ丘児童館指定管理者業務仕様書(案)を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第118号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔総務部長 村井 篤君 登壇〕



◎総務部長(村井篤君) それでは、議案第119号について御説明申し上げますので、議案書の89ページをお願いいたします。

 平成28年議案第119号 平成28年度江南市一般会計補正予算(第5号)でございます。

 最初に、別冊の平成28年度12月補正予算説明資料により御説明申し上げますので、補正予算説明資料の1ページをお願いいたします。

 12月補正予算の各会計別予算一覧表でございます。

 一般会計、公共下水道事業特別会計及び水道事業会計の3つの会計で2億9,430万1,000円の補正をお願いするものでございます。

 なお、介護保険特別会計におきましても補正予算をお願いしておりますが、会計内での予算額を調整するもので、歳入歳出予算の増減はございません。

 2ページ、3ページには一般会計12月補正予算の款別一覧表を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、4ページ、5ページをお願いいたします。

 一般会計12月補正予算の一般財源調でございます。

 17款繰入金の補正額、マイナス2,283万5,000円は、今回の補正予算の財源調整といたしまして財政調整基金繰入金を減額するものでございます。

 次の19款諸収入の補正額204万5,000円は、すいとぴあ江南の梅の木がウメ輪紋病に感染し、その伐採のための補償金を県から受け入れるものでございます。

 6ページには一般会計12月補正予算の前年度比較表を、また7ページ以降には12月補正予算の説明資料として図面等を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 それでは、議案書にお戻りいただきまして、議案書の89ページをお願いいたします。

 平成28年度江南市一般会計補正予算(第5号)でございます。

 平成28年度江南市の一般会計の補正予算(第5号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億9,397万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ287億2,534万6,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 この第1表につきましては、90ページ、91ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、第2条の継続費の補正、第3条の繰越明許費、第4条の債務負担行為の補正、第5条の地方債の補正の内容につきましては、92ページ、93ページに掲げておりますので、最初に92ページをお願いいたします。

 初めに、上段の第2表 継続費補正でございます。

 2款総務費、1項総務管理費の業務継続計画策定事業につきましては、計画策定業務に係る委託契約の締結に伴い、総額及び平成28年度、平成29年度の年割額の変更をお願いするものでございます。

 次に、中段の第3表 繰越明許費でございます。

 3款民生費、3項生活保護費の臨時福祉給付金等給付事業につきましては1億2,019万5,000円を翌年度に繰り越すもので、これは国の2次補正予算に対応し、平成29年3月から給付金申請書の送付、受け付け、給付の開始を行うため、12月補正で措置し、翌年度で執行することになる事業費の繰り越しをお願いするものでございます。

 8款土木費、4項都市計画費、上段の布袋本町通線街路改良事業につきましては228万円を、下段の布袋駅東地区交通結節点整備事業につきましては3,175万1,000円をそれぞれ翌年度に繰り越すもので、これは国の2次補正予算の成立によりまして国庫交付金が配分されたため、平成29年度に予定しておりました事業を一部前倒しして12月補正で措置し、翌年度で執行することになる事業費の繰り越しをお願いするものでございます。

 下段の第4表 債務負担行為補正は、古知野児童館及び藤ケ丘児童館の平成29年度から平成33年度までの指定管理料につきまして債務負担行為をお願いするもので、限度額は1億1,425万円でございます。

 続きまして、93ページをお願いいたします。

 第5表 地方債補正でございます。

 最下段の合計、補正前の17億8,440万円から650万円を減額し、補正後は17億7,790万円とするものでございます。

 その内容でございますが、上段の……。

     〔他に発言する者あり〕



○議長(鈴木貢君) 暫時休憩いたします。

     午前10時00分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時01分 開議



○議長(鈴木貢君) それでは、休憩前に引き続き、提案理由の説明を続行いたします。

     〔総務部長 村井 篤君 登壇〕



◎総務部長(村井篤君) 大変失礼を申し上げました。

 93ページの第5表 地方債補正から説明をさせていただきます。

 最下段の合計、補正前の17億8,440万円から650万円減額し、補正後は17億7,790万円とするものでございます。

 その内容でございますが、上段の街路改良事業につきましては布袋本町通線街路改良事業で、国の2次補正予算の成立により国庫交付金が配分されたため、平成29年度に予定しておりました事業を一部前倒しして実施することに伴い地方債が増額となりますが、今年度中の執行が困難となった事業の事業費を減額することから、地方債の限度額の減額をお願いするものでございます。

 下段の雨水対策施設整備事業につきましては、国の2次補正予算の成立により国庫交付金が配分されたため、平成29年度に予定しておりました事業を一部前倒しして実施するもので、事業費の増額に伴い地方債の限度額の増額をお願いするものでございます。

 なお、今回の国の補正予算の対象事業に係る地方債の交付税措置につきましては、元利償還金の50%が後年度の基準財政需要額に算入されるとともに、残余分につきましても単位費用措置されるものでございます。

 94ページ、95ページには歳入歳出補正予算事項別明細書を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、全体の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、12月補正予算の内容につきまして、各部ごとに説明をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、私から総務部の所管いたします補正予算につきまして説明させていただきますので、100ページ、101ページをお願いいたします。

 上段の2款1項4目行政事務費、補正予算額は251万7,000円で、所管課は総務課でございます。

 内容につきましては、101ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 情報システム改修等事業は131万8,000円の補正をお願いするもので、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律及び主務省令改正等を受けまして、他の自治体と情報連携に必要なデータ形式が変更されたため、既存システムの改修を行うものです。特定財源といたしまして、国庫補助金87万8,000円を歳入予算に計上しております。

 次の公用車管理事業は119万9,000円の補正をお願いするもので、土木課が使用しております2トンダンプトラックが冠水している県道を走行中、エンジン内部に水が浸入し、使用不能となったため、更新するものでございます。特定財源といたしまして、自動車損害共済災害共済金32万円を歳入予算に計上しております。

 この車の更新につきましては、業務に支障が生じますので予算流用で対応させていただき、議決後、流用戻しをさせていただきたいと存じます。

 また、その上の163万9,000円の減額につきましては、公用車買いかえのための予算の執行残額を整理させていただくものでございます。

 次に、会計課の所管いたします補正予算について説明させていただきますので、同じページの最下段をお願いいたします。

 2款1項7目会計管理費、補正予算額は90万3,000円でございます。

 101ページの説明欄をお願いいたします。

 歳入歳出事務処理事業におきまして、セキュリティー強化のため情報系システムの運用方法が変更になることに伴い、収納事務に係る回線の切りかえを行う必要があることから補正をお願いするものでございます。

 以上で、全体と総務部及び会計課の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔危機管理室長兼防災安全課長兼防災センター所長 小塚昌宏君 登壇〕



◎危機管理室長兼防災安全課長兼防災センター所長(小塚昌宏君) それでは、危機管理室所管の補正予算につきまして御説明させていただきます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の100ページ、101ページ中段をお願いいたします。

 2款1項5目防災安全費、補正予算額はマイナス22万7,000円で、所管は防災安全課でございます。

 内容につきましては、101ページの説明欄にございますように、業務継続計画策定事業において、業務委託の契約締結に伴いまして委託料が確定いたしましたので、22万7,000円の減額をお願いするものでございます。

 なお、補正後の継続費の総額は950万4,000円で、その年割額は、平成28年度、平成29年度ともに、475万2,000円となるものでございます。

 以上で、危機管理室所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔生活産業部長 武田篤司君 登壇〕



◎生活産業部長(武田篤司君) それでは、生活産業部所管の補正予算につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、歳入について御説明を申し上げますので、議案書の98ページ、99ページの中段をお願いいたします。

 19款諸収入、5項2目雑入でございます。

 99ページ説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 商工観光課が所管いたしますウメ輪紋病感染樹木伐採補償金といたしまして、204万5,000円を受け入れるものでございます。

 内容につきましては、すいとぴあ江南植樹広場に4本ございました梅の木のうち1本が、植物防疫法により国が緊急防除の対象としておりますウメ輪紋ウイルスに感染していることが判明いたしまして、感染が確認されなかった周りの他の3本も含め伐採処分となったため愛知県から立木補償金を受けることから、補正予算をお願いするものでございます。

 次に、歳出について御説明させていただきますので、議案書の100ページ、101ページの下段をお願いいたします。

 2款総務費、1項総務管理費、6目市民生活費で、所管は市民サービス課でございます。補正予算額は33万3,000円をお願いするものでございます。

 内容につきましては、101ページ説明欄をお願いいたします。

 布袋ふれあい会館維持管理事業で、ガスメーターを交換する際の点検において、ガス漏れの可能性があるとの報告がございました。調査しましたところ、実習室床下の一部からごく微量のガス漏れがあることが判明いたしましたので、既設予算を流用し、直ちに修繕を行ったもので、この補正予算をお認めいただいた後に流用戻しさせていただくものでございます。

 はねていただきまして、106ページ、107ページ下段をお願いいたします。

 4款衛生費、2項1目清掃費で所管課は環境課でございます。補正予算額は、マイナス4,434万1,000円でございます。

 内容につきましては、107ページ説明欄をお願いいたします。

 施設維持管理事業につきまして、9月定例会で備品購入費の破砕機設備の補正予算5,373万円をお認めいただきましたが、契約の締結によりまして契約額が2,689万2,000円となりましたので、2,683万8,000円の補正減をお願いするものでございます。

 はねていただきまして、109ページの最上段の説明欄をお願いいたします。

 江南丹羽環境管理組合関係事業につきまして、組合負担金1,750万3,000円の補正減をお願いするものでございます。

 備考欄の事業運営費負担金につきましては、平成28年度の組合予算におきまして、歳入で平成27年度からの繰越金が確定したことによりまして繰越金が2,850万7,000円増額計上されたことによりまして、現年度分の構成市町の負担額が同額減額できることになりましたことから、江南市の負担分について平成27年のごみ搬入量割合に応じて1,754万8,909円の減額となるものでございます。

 その下の事業運営費負担金(平成27年度精算金分)につきましては、平成27年度の負担額が確定いたしましたので、平成12年に構成市町間で締結いたしました事業運営費負担金の精算に係る協議書に基づきまして、翌年度の平成28年度において精算を行うものでございます。毎年度当初予算におきましては前年の1月から12月までの搬入実績で算定して計上いたしておりますが、精算は当該年度の4月から翌年3月までの会計年度の搬入実績に置き直し、費用負担を案分して行うことになっておりまして、その結果、4万6,550円の増額となるものでございます。

 なお、江南丹羽環境管理組合の組合議会におきまして去る10月31日に開催されました定例会で、この負担金の精算に係る補正予算が議決されておりますので、御報告申し上げます。

 以上で、生活産業部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 丹羽鉱貢君 登壇〕



◎健康福祉部長(丹羽鉱貢君) 健康福祉部所管の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の102ページ、103ページをお願いいたします。

 3款1項2目障害者福祉費でございます。所管課は福祉課で、補正予算額は2,577万8,000円でございます。

 内容につきましては、103ページの説明欄をごらんください。お願いいたします。

 障害者福祉サービス給付事業は、障害者自立支援給付事業で1,918万円の補正をお願いするものでございます。これは、生活介護事業費及び訓練等給付事業費におきまして、利用される方が当初予算での見込みより増加していることなどによるものでございます。

 なお、この事業費の増額分に対しまして、特定財源として国庫負担金が2分の1、県負担金が4分の1、それぞれ財源措置されますので、歳入予算に計上しております。

 次に、下でございます。自立支援医療給付事業は、障害者自立支援医療給付事業で659万8,000円の補正をお願いるすものでございます。これは、障害者自立支援医療給付費におきまして、当初予算での見込みより給付額が増加したことなどによるものでございます。

 なお、この事業費の増額分に対しましては、特定財源として国庫負担金が2分の1、県費負担金が4分の1、それぞれ財源措置されておりますので、歳入予算に計上しております。

 次に、はねていただきまして、議案書の104ページ、105ページをお願い申し上げます。

 3款2項1目子育て支援費でございます。所管課は子育て支援課で、補正予算額は1,626万2,000円でございます。

 内容につきましては、106ページの説明欄をお願いいたします。

 子ども・子育て支援推進事業は351万1,000円の補正をお願いするもので、これは子ども・子育て支援新制度に移行しました私立幼稚園に対する施設型給付費で、対象となります江南第二幼稚園等の利用者が当初見込みよりも増加したことによるものでございます。

 次に、その下でございます。児童館指定管理事業につきましては、先ほどの議案第118号で御説明させていただきました古知野児童館及び藤ケ丘児童館の指定管理に係る債務負担行為をお願いするもので、期間は平成28年度から平成33年度まで、限度額は1億1,425万円でございます。

 次に、児童・遺児手当等事業につきましては、児童扶養手当事業で1,275万1,000円の補正をお願いするもので、これは児童扶養手当の受給者のうち、所得に応じて変動する一部受給者の支給額が見込みより増額となることによるものでございます。

 次に、106ページ、107ページをお願いいたします。

 3款3項1目生活保護費でございます。所管課は福祉課で、補正予算額は2億6,558万2,000円でございます。

 内容につきましては、107ページの説明欄をお願いいたします。

 臨時福祉給付金等給付事業で2億6,558万2,000円の補正をお願いするものでございます。これは、国の補正予算成立を受けまして、平成26年4月に実施した消費税率引き上げに伴う影響を緩和するため、再度、低所得者の世帯の方に対し、臨時福祉給付金を給付するものでございます。この事業費の増額分に対しましては、全額国庫補助金が財源措置されておりますので、歳入予算に計上しております。

 なお、年度内に事業を完了することができないため、費用の一部について繰越明許費をお願いするものでございます。

 また、別冊の平成28年度12月補正予算説明資料の8ページに事業の概要などを掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、健康福祉部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔都市整備部長 鈴木慎也君 登壇〕



◎都市整備部長(鈴木慎也君) 都市整備部所管の補正予算について御説明を申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書108ページ、109ページの下段をお願いいたします。

 8款3項1目河川費の所管課は土木課でございます。1目の河川費に356万4,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 説明欄をお願いいたします。

 雨水貯留施設維持管理事業で356万4,000円の補正をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしましては、本年8月に布袋中学校雨水貯留施設の排水ポンプに木片が詰まり、故障が判明したことによります排水ポンプ取りかえ工事費でございます。

 ポンプの取りかえは緊急を要することから、この工事費につきましては既に予算の流用により対応させていただいておりますので、この補正予算をお認めいただいた後に流用戻しをするものでございます。

 なお、市議会への御報告につきましては、さきの9月定例会の折、建設委員協議会で御報告させていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。

 はねていただきまして、110ページ、111ページをお願いいたします。

 8款4項1目市街地整備費の所管課は、まちづくり課でございます。1目の市街地整備費で1,984万9,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 説明欄をお願いいたします。

 補正の内容といたしましては、初めに上段の都市計画道路整備事業(布袋本町通線)につきまして、今年度に予定しておりました用地取得と物件補償費のうち、土地所有者、建物所有者、借家人が異なり、この3者とそれぞれ同時期に契約が必要な物件で、借家人の方が収用特例による農業振興地域での建築を希望されておりますことから、建築に必要となる手続の期間を考慮いたしまして、今年10月の農用地除外申請受け付けを最終期限として交渉を行ってまいりました。しかしながら、土地所有者の合意がいまだ得られていないため、用地費1件及び補償費2件などを減額するものでございます。この予算につきましては来年度の当初に計上させていただき、来年10月を同様の期限として交渉を続けてまいります。

 また、国の補正予算で都市再生整備計画事業に係る社会資本整備総合交付金が追加配分されたことを受けまして、平成29年度に予定しておりました用地費2件及び補償費2件などを増額するもので、特定財源として国庫支出金300万円と街路改良事業債450万円を予定しております。

 以上の減額分と増額分を合わせまして、3,407万3,000円の減額補正を行うものでございます。

 なお、交付金の増額分に係る予算につきましては、議決後から年度内での完了が困難なため、繰越明許費228万円をあわせてお願いするものでございます。

 次に、下段の交通結節点整備事業につきましても、布袋本町通線と同様に社会資本整備総合交付金が追加配分されたことを受けまして、平成29年度に予定をしておりました排水路整備工事のうち延長113メーター分について5,291万円の増額補正をお願いするもので、特定財源として国庫支出金2,360万円と雨水対策施設整備事業債2,640万円を予定しております。

 この工事につきましても、議決後から年度内での完了が困難なため、繰越明許費3,175万1,000円をあわせてお願いするものでございます。

 はねていただきまして、112ページ、113ページの上段をお願いいたします。

 布袋駅付近鉄道高架化整備事業につきましては、現在、本年度中を目標として名古屋方面の本線切りかえに向け整備を進めており、その切りかえに伴いまして中階層と名古屋方面に設置するエスカレーターの供用開始を予定しておりますことから、その維持管理負担金など101万2,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 続きまして、下段の8款5項1目住宅費の所管課は建築課でございます。1目の住宅費に160万8,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 説明欄をお願いいたします。

 住宅維持・管理事務の160万8,000円につきましては、市営住宅の退去者が例年になく多いことで、退去に伴う修繕料の予算額に不足が生じたことから増額補正をお願いするものでございます。

 空き家の有効活用を図るため、修繕料の一部につきましては既に予算の流用により対応させていただいておりますので、この補正予算をお認めいただいた後に流用戻しをするものでございます。

 以上で、都市整備部所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鵜飼俊彦君) 水道部の補正予算について御説明申し上げます。

 歳出について説明させていただきますので、議案書の114ページ、115ページの上段をお願いいたします。

 8款6項1目下水道費の所管は下水道課でございます。公共下水道事業特別会計繰出金事業につきまして、3万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、後ほど特別会計のほうで御説明申し上げますので、ここでの説明は省略させていただきます。

 以上で、水道部所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔消防長 小島孝修君 登壇〕



◎消防長(小島孝修君) 消防本部所管の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の114ページ、115ページ下段をお願いいたします。

 9款消防費、1項消防費、1目総務予防費、所管は総務予防課で、補正予算額210万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、115ページ説明欄をお願いいたします。

 消防車両整備保全事業で、小型動力ポンプつき水槽車板金修繕でございます。

 平成28年2月24日、建物火災出動時に力長信号交差点信号柱に接触し、破損したもので、早急に修繕をする必要がありましたので、流用により対応させていただきました。この補正予算をお認めいただいた後に流用戻しをするものでございます。その財源といたしましては、自動車損害共済災害共済金を充当してまいります。

 以上で、消防本部所管の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鵜飼俊彦君) 議案第120号について御説明申し上げますので、議案書の116ページをお願いいたします。

 平成28年議案第120号 平成28年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございます。

 平成28年度江南市の公共下水道事業特別会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条は歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億6,471万7,000円とするものでございます。

 第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によると定めるものでございます。

 この第1表につきましては117ページに掲げてございます。

 また、118ページから120ページには歳入歳出補正予算事項別明細書の総括を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、121ページ、122ページをお願いいたします。

 2の歳入について御説明申し上げます。

 上段の5款1項1目一般会計繰入金で3万6,000円を増額するものでございます。

 次に、3の歳出について御説明申し上げます。

 下段の1款1項1目総務管理費で3万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 下水道使用料賦課徴収事業3万6,000円につきましては、水道事業及び下水道使用料の収納事務に係る情報系システムの回線切りかえに伴い、水道事業会計に係る経費のうち下水道課負担分を下水道使用料収納事務負担金といたしまして増額するものでございます。

 以上で、議案第120号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 丹羽鉱貢君 登壇〕



◎健康福祉部長(丹羽鉱貢君) 議案第121号について御説明申し上げますので、議案書の123ページをお願いいたします。

 平成28年議案第121号 平成28年度江南市介護保険特別会計補正予算(第3号)でございます。

 平成28年度江南市の介護保険特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては124ページに、歳入歳出補正予算事項別明細書を125ページから127ページに掲げてございますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、128ページ、129ページをお願いいたします。

 今回の補正予算の財源であります歳入予算でございますが、3款、4款、5款、7款の各款において財源調整をさせていただくもので、歳入の総額の増減額はないものでございます。

 次に、歳出の補正予算の内容について説明させていただきますので、130ページ、131ページをお願いいたします。

 今回の補正予算では、2款保険給付費におきまして当初予算において不足が見込まれる事業について増額をお願いするものですが、現段階で予算に余裕が見込まれる事業費を減額して予算更正をさせていただくものでございます。したがいまして、2款の保険給付費の総額に増減はございませんので、よろしくお願いいたします。

 そうしましたことで、各款の説明をさせていただきます。

 130ページの2款1項1目介護サービス等諸費の補正予算額は4,021万5,000円の減額でございます。

 内容につきましては、131ページの上段の説明欄をお願いいたします。

 介護保険居宅サービス等給付事業で4,021万5,000円の減額をお願いするものでございます。これは、地域密着型介護サービス給付事業におきまして、見込みより利用が少なかったことによるものでございます。

 はねていただきまして、132ページをお願いいたします。

 2項1目介護予防サービス等諸費でございます。補正予算額は3,832万円の増額でございます。

 内容につきましては、133ページの上段をお願いいたします。

 介護保険居宅サービス等給付事業で3,832万円の増額をお願いするものでございます。これは、介護予防サービス給付事業におきまして、利用件数が見込みより多かったことによるものでございます。

 続きまして下段、4項1目高額介護サービス等費でございます。補正予算額は189万5,000円の増額でございます。

 内容につきましては、133ページの下段の説明欄をお願いいたします。

 高額介護サービス費等支給事業で19万1,000円の増額をお願いするものでございます。これは、高額介護予防サービス費支給事業におきまして、高額介護予防サービス費の該当が見込みより多かったことによるものです。

 はねていただきまして、135ページの説明欄をお願いいたします。

 高額医療合算介護サービス等費支給事業で170万4,000円の増額をお願いするものでございます。これは、要介護の方が対象となります高額医療合算介護サービス費支給事業及び要支援の方が対象の高額医療合算介護予防サービス費支給事業におきまして、ともに該当する方が見込みより多かったことによるものでございます。

 以上で、議案第121号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鵜飼俊彦君) 議案第122号について御説明申し上げますので、議案書の136ページをお願いいたします。

 平成28年議案第122号 平成28年度江南市水道事業会計補正予算(第2号)でございます。

 第1条は総則でございます。

 平成28年度江南市水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第2条は、収益的収入及び支出の補正についてでございます。

 予算第3条に定めました収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 収入につきましては、第1款水道事業収益のうち、第1項の営業収益を3万6,000円増額いたしまして、補正後の第1款水道事業収益は15億2,312万4,000円とするものでございます。

 支出につきましては、第1款水道事業費用のうち、第1項の営業費用を31万5,000円増額、第2項の営業外費用を2万円減額いたしまして、補正後の第1款水道事業費用は13億5,181万1,000円とするものでございます。

 はねていただきまして、137ページには補正予算実施計画を、138ページには予定キャッシュ・フロー計算書を、139ページ、140ページには予定貸借対照表を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 内容につきましては、補正予算事項別明細書にて御説明申し上げますので、141ページ、142ページをお願いいたします。

 収益的収入及び支出でございます。

 収入につきましては、1款1項3目他会計負担金で3万6,000円を増額するものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 下水道使用料収納事務負担金といたしまして、下段支出の1款1項4目業務費に計上しております収納事務回線切替委託料のうち、公共下水道事業特別会計の負担分でございます。

 支出につきましては、1款水道事業費用で29万5,000円を増額するものでございます。

 内訳といたしまして、1項4目業務費で31万5,000円を増額するものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 収納事務回線切替委託料につきましては、先ほど総務部長から説明を申し上げました収納事務回線の切りかえ費用のうち、水道事業会計分でございます。

 下段、2項2目消費税及び地方消費税で2万円を減額するものでございます。

 以上で、議案第122号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木貢君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 この際、議案第107号について精読のため、暫時休憩いたします。

     午前10時42分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時10分 開議



○議長(鈴木貢君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第107号 人権擁護委員の推薦についての質疑に入ります。

 質疑時間につきましては、議会運営委員会において御協議をいただきました結果、答弁を含め1人15分以内ということで決した旨の報告を受けております。

 質疑、答弁とも簡潔・明瞭にお願いし、議事運営に御協力いただきますようお願いいたします。

 それでは、発言を許します。

 質疑はありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木貢君) 質疑もないようですので、これをもちまして議案質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第107号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木貢君) 御異議なしと認めます。よって、議案第107号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 暫時休憩いたします。

     午前11時11分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時12分 開議



○議長(鈴木貢君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4、議案第107号 人権擁護委員の推薦についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木貢君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 あすからは議案精読のため休会といたします。

 次回は11月29日午前9時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

     午前11時12分 散会

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

           江南市議会議長    鈴木 貢

           江南市議会議員    野下達哉

           江南市議会議員    宮地友治