議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成27年  6月 定例会 06月11日−01号




平成27年  6月 定例会 − 06月11日−01号







平成27年  6月 定例会



平成27年                                第1号

          定例江南市議会会議録

6月                                 6月11日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成27年6月11日(木曜日)

議事日程第1号

 平成27年6月11日(木曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 諸般の報告

  第3 会期の決定

  第4 江南市選挙管理委員及び補充員の選挙

  第5 議案第33号 丹葉地方教育事務協議会規約の変更について

  第6 議案第34号 自動食器洗浄機売買契約の締結について

  第7 議案第35号 平成27年度江南市一般会計補正予算(第1号)

  第8 議案第36号 平成27年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  第9 議案第37号 平成27年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

  第10 議案第38号 平成27年度尾張都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

  第11 議案第39号 平成27年度江南市水道事業会計補正予算(第1号)

  第12 報告第3号 平成26年度江南市一般会計継続費繰越計算書について

  第13 報告第4号 平成26年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  第14 報告第5号 平成26年度江南市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書について

  第15 報告第6号 平成27年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 諸般の報告

       (1)例月出納検査の結果報告について

       (2)江南市財政状況の公表の送付について

       (3)議案の送付について

  日程第3 会期の決定

  日程第4 江南市選挙管理委員及び補充員の選挙

  日程第5 議案第33号 丹葉地方教育事務協議会規約の変更について

  日程第6 議案第34号 自動食器洗浄機売買契約の締結について

  日程第7 議案第35号 平成27年度江南市一般会計補正予算(第1号)

  日程第8 議案第36号 平成27年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  日程第9 議案第37号 平成27年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第10 議案第38号 平成27年度尾張都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第11 議案第39号 平成27年度江南市水道事業会計補正予算(第1号)

  日程第12 報告第3号 平成26年度江南市一般会計継続費繰越計算書について

  日程第13 報告第4号 平成26年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第14 報告第5号 平成26年度江南市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書について

  日程第15 報告第6号 平成27年度江南市土地開発公社の経営状況について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(22名)

     1番   古田みちよ君        2番   鈴木 貢君

     3番   野下達哉君         4番   山 登志浩君

     5番   中野裕二君         6番   掛布まち子君

     7番   東 義喜君         8番   森 ケイ子君

     9番   東猴史紘君         10番   安部政徳君

     11番   尾関健治君         12番   藤岡和俊君

     13番   河合正猛君         14番   伊藤吉弘君

     15番   幅 章郎君         16番   尾関 昭君

     17番   稲山明敏君         18番   伊神克寿君

     19番   牧野圭佑君         20番   古池勝英君

     21番   宮地友治君         22番   福田三千男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         栗本浩一君  議事課長         高田裕子君

議事課主幹        今枝直之君  主任           梶浦太志君

主事           前田裕地君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           澤田和延君  副市長          石川勇男君

教育長          石井悦雄君  危機管理室長       小塚昌宏君

生活産業部長       武田篤司君  健康福祉部長       大竹 誠君



都市整備部長       鵜飼俊彦君  水道部長兼水道      鈴木慎也君

                    事業水道部長



市長政策室長       片野富男君  総務部長         佐藤和弥君

消防長          丹羽鉱貢君  教育部長         菱田幹生君

高齢者生きがい課長    川田 保君  保険年金課長       本多弘樹君



まちづくり課統括幹    野田憲一君  水道部下水道課長     小林悟司君

兼布袋駅周辺整備事務所長



行政経営課長       村瀬正臣君  教育委員会教育課長兼   武馬健之君

                    少年センター所長



総務予防課長       古田勝己君

     午前9時01分 開会



○議長(古池勝英君) ただいまから平成27年江南市議会6月定例会を開会いたします。

 本日ここに一般選挙後の最初の定例会であります6月定例会が招集されましたところ、議員の皆様には何かと御多用の中を御参集いただき、まことにありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

 本定例会に提出されております案件は、江南市選挙管理委員及び補充員の選挙並びに丹葉地方教育事務協議会規約の変更についてを初め7議案と4報告であります。いずれも重要な案件でありますので、何とぞ慎重に御審議をいただきまして、適切な議決をされますようお願い申し上げます。

 簡単ではありますが、開会の御挨拶とさせていただきます。

 なお、この際、時節柄、ネクタイ、上着の着用につきましては、適宜お取り計らいをくださいますようお願いいたします。

     〔市長 澤田和延君 登壇〕



◎市長(澤田和延君) おはようございます。

 開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 本日、6月定例会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変御多用の中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 平素は市政進展のため、それぞれのお立場で格別の御協力、御高配をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 このたびの定例会におきましては御審議をお願いいたします案件は、ただいま議長さんから御報告のありましたとおり、丹葉地方教育事務協議会規約の変更についてを初め7議案と4報告であります。いずれも重要な案件であります。慎重に御審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時04分 開議



○議長(古池勝英君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(古池勝英君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い、会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第88条の規定により、議長において

  3番  野下達哉さん

  21番  宮地友治さん

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸般の報告



○議長(古池勝英君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から、例月出納検査の結果報告がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、市長から、江南市財政状況の公表の送付がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、本定例会の議案は皆様方のお手元に送付されております。

 以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(古池勝英君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 会期につきましては、議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、お手元に配付いたしました会期日程(案)のとおり、本日から7月1日までの21日間とすることに決定した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から7月1日までの21日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から7月1日までの21日間とすることに決しました。

 この際、一般選挙後の初回の定例会でありますので、市長の施政方針についての所信表明を求めます。

     〔市長 澤田和延君 登壇〕



◎市長(澤田和延君) 本日ここに、平成27年江南市議会6月定例会が開会されるに当たり、私の施政に対する方針を述べまして、市議会議員各位並びに市民の皆様の深い御理解と御協力をお願いするものでございます。

 私は、このたびの市長選挙におきまして、多くの市民の皆様の御支援を賜り、第9代江南市長として江南市政を担わせていただくことになりました。課せられた使命の大きさと重責を厳粛に受けとめ、市政発展のため全身全霊で取り組んでまいる所存でございます。

 私は、今の地方自治体の行政に求められるもの、それは自分たちで考え、実行していく能力、地域の課題を敏感にキャッチし、スピード感を持って対応していくことと考えております。

 そのために、市役所の組織につきまして、風通しのよい職場環境を構築し、職員一人一人の意識改革により、市役所の組織力を向上させるとともに、対話と市民の皆様の目線を重要視する行政運営を基本とした市民の皆様に開けた行政をつくってまいりたいと考えるものでございます。

 さて、我が国は、人口減少と地域経済の縮小という大きな課題に直面しており、本市にとっても避けては通れない重要な課題となっているところでございます。

 人口減少は、社会経済情勢に深刻な影響を与えることが懸念されるところであり、こうした課題に対応していくため、今年度、江南市版のまち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、人口減少や少子・高齢化に歯どめをかけることができるよう、地方創生に向けた取り組みをしてまいります。

 この取り組みとしましては、国の交付金を活用して、安心して子供を産み、育てながら働き続けることができるよう、子育て環境を整備し、乳児から中学生まで切れ目なく子育てを支援してまいりたいと考えております。

 また、国の交付金及び県の補助金を活用して、江南商工会議所が実施いたします地域限定の「藤花ちゃんプレミアム商品券」発行事業に補助金を交付し、個人消費の喚起と誘発効果による地元消費の拡大及び地域経済の活性化を図ってまいります。

 我が国の経済は、内閣府による5月の月例経済報告では、景気は緩やかな回復基調が続いていると見込まれております。

 平成27年度の本市の財政は、一般財源の根幹をなす市民税が増額すると見込まれております。しかし、少子・高齢化への対応や、今後、大型事業など多額の財政負担が必要となるさまざまな財政需要を抱えており、限られた財源の中で市民ニーズに合った事業の取捨選択を行い、計画的で効率的な財政運営を進めていく必要があります。

 こうした状況の中、今後における主な施策につきまして、市民の皆様にお示しをしました項目に沿って述べさせていただきます。

 まず1つ目は、教育の分野、「子供から大人まで輝きを引き出す」でございます。

 文化振興で心を豊かにする地域づくりとしましては、人生を豊かにしてくれる文化と気軽に触れ合える環境を整えてまいります。

 また、市の芸術文化発信の拠点であります市民文化会館の利用者の利便性をより一層向上させ、市民の皆様の教養を深め、文化の高いまちづくりを進めてまいります。

 コミュニティ・スクール事業の推進としましては、子供たちの豊かな成長を支え、地域とともにある学校づくりを推進するため、古知野西小学校と西部中学校をコミュニティ・スクールの実践校に指定し、コミュニティ・スクールの設置に向けた準備を進めてまいります。

 総合型地域スポーツクラブの設立としましては、生涯にわたって誰もが気軽にスポーツに親しむことができる環境の基盤づくりと、地域の方々が交流を深めて文化的で健康な生活を送るためのスポーツクラブ設立を支援してまいります。

 図書館事業の充実としましては、読み聞かせ等、低年齢の子供から本と触れ合うことができるよう、子供の読書環境を整備するとともに、国の交付金を活用して、市内在住または在学・在園の小学生以下の子供を対象に子供読書通帳を配付し、子供の読書意欲の向上を図ってまいります。

 また、新図書館につきましては、知の拠点づくりに向けて、基本的な構想を策定できるよう準備してまいります。

 2つ目は、高齢者の分野、「みんなで助け合う安心な江南(まち)づくり」でございます。

 市民の足としての公共交通の確立としましては、市独自の公共交通システムでありますいこまいCAR、既存の路線バスや大口町コミュニティバス等を含めた公共交通につきまして、今後も利用状況をよく精査し、江南市の公共交通の確立に努めてまいります。

 高齢者のサロン活動の支援・充実としましては、地域のサロンに歩いて参加できるようにする等、高齢者福祉サービスを充実し、ひきこもりや介護予防に取り組んでまいります。

 3つ目は、子育ての分野、「住みたくなる子育て先進市に」でございます。

 子ども医療費の無料化の拡大としましては、現在、一部自己負担となっている小学4年生から中学3年生までの通院医療費についても無料とし、子育てしやすい環境と子供の健康保持に努めてまいります。

 学童保育所の整備としましては、現在、古知野児童館において実施しております古知野東小学校の学童保育について、学校敷地内に新たな学童保育室を整備するため、設計委託を実施してまいります。

 門弟山小学校の学童保育について、新たな学童保育室を建設し、児童の受け入れ態勢の充実を図ってまいります。

 また、古知野西小学校の体育館の一室を古知野西学童保育所分室として利用して実施しております古知野西小学校の学童保育について、今年度から放課後子ども総合プランを実施するため、臨時校舎を学童保育所分室として整備してまいります。

 保育園の低年齢児の受け入れ拡大としましては、増大している保育需要に積極的に対応するため、国の交付金を活用して、倉庫等空きスペースを保育室、乳児室等に改修し、入所定員の拡大を図ってまいります。

 民間力を利用した子育て支援、協働ステーションの空間づくりとしましては、民間の力を利用しながら、江南駅及び布袋駅の近くに利便性の高い子育て支援施設を整備する等、保護者が安心して仕事に打ち込めるよう、子育て世代の支援に努めてまいります。

 4つ目は、健康の分野、「10万人の健康づくりで江南(まち)を元気に!」でございます。

 こうなん健康マイレージによる健康への自己啓発の推進としましては、市民の皆様が健康づくりにつながる取り組みを実践することで、ポイントを獲得し、優待カードを取得できる健康マイレージ事業を実施する等、健康への意識の啓発と自己予防による医療費の削減に努めてまいります。

 データヘルス計画の策定としましては、江南市国民健康保険加入者を対象とした保健事業の実施計画としてデータヘルス計画を策定し、被保険者の健康保持と増進を図ってまいります。

 5歳児健診の実施としましては、発達障害の早期発見と支援のための健診を視野に入れて、実施を検討してまいります。

 5つ目は、暮らしの分野、「市民の暮らし第一で江南(まち)はもっとよくなる」でございます。

 新布袋駅舎へのエスカレーターの設置としましては、布袋駅付近鉄道高架化整備事業に伴う新布袋駅舎にエスカレーターを設置し、利用者の利便性の向上に努めてまいります。

 江南駅前・布袋駅東の開発の検討としましては、江南駅・布袋駅付近で慢性的に発生している交通混雑の緩和や、円滑で安全な交通環境の改善に努めてまいります。

 布袋駅東地区につきましては、布袋駅付近鉄道高架化整備事業の進捗に合わせて、駅前広場及び周辺道路等の基盤整備を行うことにより交通結節機能を改善し、また開発による魅力的で快適なまちづくりを進めることにより、駅周辺に人のにぎわいを呼び込んでまいります。

 市内浸水地域の早期対策としましては、かねてから浸水被害が発生しやすい山尻町地内に雨水貯留施設を整備する等、浸水地域への対策を進めてまいります。

 主要市道、橋梁等の整備促進としましては、主要市道の改築や橋梁長寿命化等を計画的に進めるとともに、道路側溝、舗装工事を実施し、生活道路等の安全性の確保及び利便性の向上に努めてまいります。

 6つ目は、危機管理の分野、「想定外とは言わせない、災害に強い人づくり江南(まち)づくり」でございます。

 南海トラフの巨大地震を見据えた地域防災計画の見直しとしましては、東日本大震災での教訓を踏まえ、南海トラフ巨大地震等、過去に経験したことがないような自然災害にも対応できるよう、地域防災計画の早期の見直しを図り、市民の皆様の安全確保に努めてまいります。

 BCP(業務継続計画)の早期策定としましては、地震等による災害時において、復旧体制の構築と同時に行政機能の中断を最小限にとどめる計画を策定してまいります。

 また、水道事業につきましても、市民生活において重要なライフラインである水道施設は、災害時においても、その機能を速やかに高いレベルで維持・回復することが必要であるため、事業継続計画を策定してまいります。

 防災センターへの太陽光発電・蓄電池システムの設置としましては、災害時の拠点となる江南市防災センターに太陽光発電及び蓄電池システムを設置し、停電時における電力供給体制を強化してまいります。

 乳児避難所資機材の整備としましては、国の交付金を活用して、新たに乳児に特化した避難所として指定いたします愛知江南短期大学に、避難所に必要な防災資機材を整備し、災害時における乳児と保護者の心身の支援を図ってまいります。

 女性消防職員・団員の採用による防火意識の促進としましては、女性目線で防火等の意識啓発と救急対応に努めてまいります。

 防火水槽施設の震災対応化としましては、低コストのシートを取りつけ、地震に強い防火水槽に改良し、被災時における消防水利の確保に努めてまいります。

 7つ目は、経済の分野、「企業誘致と地域ブランド戦略の推進」でございます。

 計画的な企業の誘致による地域経済と雇用の拡大としましては、地域経済の活性化とともに市民の皆様の雇用拡大を図るため、市内の既存企業への支援策及び江南市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例の施行により、規制緩和の対象地区への進出企業に対する支援策等を盛り込んだ基本的な方針を策定してまいります。

 市のプロモーション映像の作成によるシティーセールス推進としましては、市のプロモーション映像を作成し、江南市のブランド力のアップやシティーセールスに活用する等、人口の増加や企業誘致の促進につなげてまいります。

 曼陀羅寺公園の整備としましては、藤まつり等、多くの人でにぎわう曼陀羅寺公園内の築山周辺の園路及び藤棚等を改修し、より安心・安全な公園として整備することで、さらなる観光客の誘客に努めてまいります。

 8つ目は、環境の分野、「環境循環都市の実現」でございます。

 資源ごみリサイクルセンターの常設としましては、資源ごみをいつでも排出できるような見直しを行う等、ごみ減量やリサイクル率の向上に努めてまいります。

 民間の力を生かした新ごみ処理施設の建設としましては、江南市を含む2市2町の喫緊の課題であります新ごみ処理施設建設の早期実現に向け、地元の皆様との対話を重視し、これまで以上に丁寧で真摯な対応に努めてまいります。

 また、施設の建設につきましては、行政コストを最小限にできるよう、民間企業のノウハウの利用も含めて2市2町でしっかりと検討してまいります。

 最後に、「改革の推進」でございます。

 市民参加による事務事業の見直しとしましては、市民の皆様にとって本当に必要なものかを判断するに当たり、市民参加型の事業仕分けを実施し、事業の見直しを進めてまいります。

 公共施設等総合管理計画の策定としましては、公共施設の老朽化対策が全国的な課題となっている中、公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するための公共施設等総合管理計画を策定してまいります。

 タウンミーティングの開催としましては、市民の皆様の声を直接聞く機会としてタウンミーティングを実施し、市政運営に反映させてまいります。

 行政改革と成長政策の連動と実行としましては、これまでの構造改革をさらに一歩進め、行政改革と成長政策を連動して実行してまいります。

 (仮称)第6次総合計画の策定としましては、市を取り巻く社会経済情勢の変化や複雑・多様化する行政ニーズに対応していくため、総合的、中・長期的な視点に立った新たなまちづくりの目標と、その実現方策を示す次期総合計画の策定を進めてまいります。

 市長退職金の削減としましては、市職員の退職金削減に準じ、私の退職金につきましても大幅な削減を実施してまいります。

 以上、私の施政に対する所信を述べさせていただきました。私は、こうした事業を進めていくことで、江南市はもっとよくなると信じており、市民の皆様の笑顔があふれる未来をつくっていくことができるよう、まちづくりを進めてまいりたいと考えるものでございます。

 平成27年度は、市政の新たなかじ取りの第一歩となる非常に重要な年度と考えております。市役所が市内最大のサービス業として、市民の皆様の考えに立った行政運営を行い、市民の笑顔があふれるまち、郷土を愛し誇りが持てるまち江南の実現に向け、市長として全力を傾注してまいります。

 市議会議員各位並びに市民の皆様の深い御理解とお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げまして、私の施政方針とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(古池勝英君) 以上で、市長の施政方針の所信表明を終わります。

 なお、市長の施政方針の全文につきましては、印刷に付して、後ほどお手元に配付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 江南市選挙管理委員及び補充員の選挙



○議長(古池勝英君) 日程第4、江南市選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。

 このことにつきましては、お手元に配付いたしましたとおり、選挙管理委員及び補充員の任期が6月28日に満了する旨の通知がありましたので、地方自治法第182条の規定により選挙を行います。

 先に、選挙管理委員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 選挙管理委員には、古池庸男さん、須賀陽子さん、齋藤 隆さん、栗本澄子さんを指名いたします。

 ただいま議長において指名いたしました4人を当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました古池庸男さん、須賀陽子さん、齋藤 隆さん、栗本澄子さんが選挙管理委員に当選されました。

 続いて、補充員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 補充員には、服部正三郎さん、伊神 喬さん、津田美智子さん、岩田進市さんを指名いたします。

 ただいま議長において指名いたしました4人を当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古池勝英君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました服部正三郎さん、伊神 喬さん、津田美智子さん、岩田進市さんが補充員に当選されました。

 なお、委員に欠員が生じたときの補充員の補充の順序は指名順といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第33号から



△日程第15 報告第6号まで



○議長(古池勝英君) 日程第5、議案第33号 丹葉地方教育事務協議会規約の変更についてから、日程第15、報告第6号 平成27年度江南市土地開発公社の経営状況についてまでを一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

     〔教育部長 菱田幹生君 登壇〕



◎教育部長(菱田幹生君) それでは、議案第33号及び議案第34号について御説明申し上げます。

 最初に、議案第33号につきまして説明させていただきますので、議案書の1ページをお願いいたします。

 平成27年議案第33号 丹葉地方教育事務協議会規約の変更についてでございます。

 地方自治法第252条の6の規定に基づき、丹葉地方教育事務協議会規約を別紙のとおり変更するものでございます。

 提案理由といたしましては、義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律の一部改正等に伴い、変更する必要があるからでございます。

 はねていただきまして、2ページをお願いいたします。

 丹葉地方教育事務協議会規約の一部を変更する規約(案)でございます。

 変更内容につきましては、新旧対照表により御説明申し上げますので、3ページをお願いいたします。

 丹葉地方教育事務協議会規約の一部を変更する規約(案)の新旧対照表でございます。

 第4条第2号を、「小学校及び中学校の教科用図書の採択に関する事務」を「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律第13条第4項に規定する採択地区協議会の庶務に関する事務」と改めるとともに、「左に」を「次に」に改める字句の整理をするものでございます。

 恐れ入りますが、2ページにお戻りいただきますようお願いいたします。

 この規約は、平成27年7月7日から施行するものでございます。

 以上で、議案第33号の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。

 続きまして、議案第34号について説明をさせていただきますので、議案書の4ページをお願いいたします。

 平成27年議案第34号 自動食器洗浄機売買契約の締結についてでございます。

 平成27年5月18日、指名競争入札に付しました自動食器洗浄機の購入につきまして、下記のとおり契約を締結するため、江南市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 契約の目的といたしまして、自動食器洗浄機の購入でございます。契約の方法は指名競争入札により、7者で実施いたしました。その結果、契約金額は3,477万6,000円で、契約の相手方といたしましては名古屋市中村区名駅南3丁目13番20号、株式会社中西製作所名古屋支店 支店長 平山康雄でございます。

 提案の理由といたしましては、自動食器洗浄機を購入するため、必要があるからでございます。

 はねていただきまして、5ページをお願いいたします。

 参考資料の仮売買契約書でございます。

 1は品名及び規格、品質、数量、2は契約金額、3は契約保証金を定めており、4の納入期限は平成27年8月7日で、5の納入場所は江南市木賀町大門59番地、江南市立南部学校給食センターと定めているものでございます。

 なお、この契約書は議会の議決を得た後、効力を生ずるものでございます。

 以上で、議案第34号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔総務部長 佐藤和弥君 登壇〕



◎総務部長(佐藤和弥君) 議案第35号について御説明申し上げますので、議案書の6ページをお願いいたします。

 平成27年議案第35号 平成27年度江南市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 最初に、別冊の平成27年度6月補正予算説明資料により御説明申し上げますので、補正予算説明資料の1ページをお願いいたします。

 6月補正予算各会計別予算一覧表でございます。一般会計、国民健康保険特別会計、公共下水道事業特別会計、江南布袋南部土地区画整理事業特別会計及び水道事業会計の5会計で5億9,219万9,000円の補正をお願いするものでございます。

 2ページ、3ページには、一般会計6月補正予算の款別一覧表を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、4ページ、5ページをお願いいたします。

 一般会計6月補正予算一般財源調べでございます。

 17款繰入金の補正額3億2,475万4,000円につきましては、今回の補正予算における財源調整として財政調整基金から繰り入れるものでございます。

 6ページには一般会計6月補正予算前年度比較表、また7ページ以降には6月補正予算の説明資料として図面などを掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、各課にわたります事業につきまして御説明申し上げますので、説明資料の9ページをお願いいたします。

 国の地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策であります地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金の対象事業でございます。地域創生先行型の交付金を活用するもので、江南市への交付限度額は5,633万9,000円、このうちの1,000万円分につきましては地方版総合戦略等策定事業に充てることとしておりますので、残りの4,633万9,000円分について乳児避難所資機材整備事業を初め4事業に充ててまいるものでございます。

 それでは、恐れ入りますが、議案書にお戻りいただきまして、議案書の6ページをお願いいたします。

 平成27年度江南市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 平成27年度江南市の一般会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億8,291万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ266億7,843万2,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては、7ページ、8ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次の第2条 継続費の補正及び第3条 債務負担行為につきましては9ページに、第4条 地方債の補正につきましては10ページにその内容を掲げておりますので、最初に9ページをお願いいたします。

 上段の第2表 継続費補正でございます。

 2款総務費、1項総務管理費の(仮称)第6次総合計画策定事業につきましては、次期総合計画として(仮称)第6次総合計画を策定するため、新たに平成27年度より3年間の継続費をお願いするものでございます。

 なお、事業費の総額は2,034万8,000円で、年割額は平成27年度が586万5,000円、平成28年度が881万3,000円、平成29年度が567万円でございます。

 次に、中段の2款総務費、2項徴税費の土地評価事業につきましては、土地評価設定業務委託の契約締結に伴い、総額及び年割額の変更をお願いするものでございます。

 次の10款教育費、5項保健体育費の新体育館建設事業につきましては、公共工事設計労務単価の引き上げなどに伴い、総額及び平成27年度の年割額の変更をお願いするものでございます。

 次に、下段の第3表 債務負担行為でございます。

 布袋駅の利用者の利便を図るため、鉄道事業者と駅構内のエスカレーター設置に向けた協議を進めるに当たり、平成27年度から平成30年度までの期間の債務負担行為の設定をお願いするものでございます。限度額は2億3,000万円でございます。

 続きまして、10ページをお願いいたします。

 第4表 地方債補正でございます。

 限度額を、補正前の17億6,540万円から1億4,150万円増額し、補正後は19億690万円とするものでございます。

 その内容でございますが、上段の鉄道高架化整備事業につきましては、国庫交付金、これは社会資本整備総合交付金でございますが、この交付金が当初の予定より下回ることに伴い、この減額分の財源を地方債で補うため、地方債の限度額の増額をお願いするものでございます。

 中段の橋りょう長寿命化事業につきましては、橋梁長寿命化計画に基づき、橋梁3橋の耐震化等工事を実施するための財源として地方債の追加をお願いするものでございます。

 下段の雨水貯留施設整備事業につきましては、集中豪雨時の浸水被害対策として、雨水貯留施設の設置工事を実施するための財源として地方債の追加をお願いするものでございます。

 なお、今回補正をお願いしております地方債の交付税措置でございますが、橋りょう長寿命化事業及び雨水貯留施設整備事業につきましては、今年度における財源対策債分の元利償還金の50%が普通交付税の基準財政需要額に算入されることになっております。

 次の11ページ、12ページには、歳入歳出補正予算事項別明細書を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、全体の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、6月補正予算の内容につきまして各部ごとに説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、私から総務部の所管いたします補正予算について説明させていただきますので、21ページ、22ページの下段をお願いいたします。

 2款総務費、2項徴税費、1目税務費、補正予算額はマイナスの82万7,000円で、所管課は税務課でございます。

 内容につきましては、22ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 土地調査評価事業マイナス82万7,000円の補正につきましては、先ほど第2表 継続費補正で説明させていただきましたとおり、土地評価設定業務委託の契約締結に伴い委託料が確定いたしましたので、予算の減額をお願いするものでございます。

 なお、補正後の継続費の総額は2,426万8,000円で、その年割額は平成27年度が471万4,000円、平成28年度が1,198万8,000円、平成29年度が756万6,000円となるものでございます。

 以上で、全体と総務部の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔市長政策室長 片野富男君 登壇〕



◎市長政策室長(片野富男君) それでは、市長政策室の所管いたします補正予算につきまして説明をさせていただきますので、議案書の19ページ、20ページの上段をお願いいたします。

 2款1項1目地域協働費、所管は地域協働課で、補正予算額は140万円でございます。

 内容につきましては、20ページの説明欄をごらんください。

 地域団体支援事業の区長・町総代事業140万円の補正につきましては、一般財団法人自治総合センターからのコミュニティ助成事業助成金を活用いたしまして、和田区の和田公民館の整備費に対し助成をするものでございます。この助成金は、市町村を交付先としており、和田区へは市を経由して支出をしてまいります。

 次に、2段目の2款1項2目秘書政策費、所管は秘書政策課で、補正予算額は1,688万1,000円でございます。

 内容につきましては、20ページの説明欄をごらんください。

 仮称でございます。第6次総合計画策定事業につきましては、戦略プロジェクト事業として586万5,000円の補正をお願いするものでございます。

 江南市戦略計画の計画期間が平成29年度で終了するに当たり、総合的、中・長期的な視点に立った市のまちづくりの目標と、その実現方策を示す次期総合計画を策定するための支援業務を委託するものでございます。

 また、事業につきましては、平成27年度から平成29年度までの3カ年の継続事業とするものでございます。

 次の公共施設等総合管理計画策定事業につきましては、戦略プロジェクト事業として1,101万6,000円の補正をお願いするものでございます。公共施設の老朽化対策が全国的な課題となっている中、市が所有する全ての公共施設等を対象に施設等の現状、施設全体の管理に関する基本的な方針につきまして、公共施設等総合管理計画として策定するための支援業務を委託するものでございます。

 以上で、市長政策室所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔危機管理室長 小塚昌宏君 登壇〕



◎危機管理室長(小塚昌宏君) それでは、危機管理室所管の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 歳出につきまして御説明申し上げますので、議案書の19、20ページの下段をお願いいたします。

 2款1項5目防災安全費、所管は防災安全課で、補正予算額3,083万9,000円の増額をお願いするものでございます。

 最初に、自主防災組織運営事業の自主防災組織資機材助成事業といたしまして50万円の増額をお願いするものでございます。

 20ページの説明欄にございますコミュニティ助成事業交付金の内容といたしましては、古知野東小学校下自主防災会が事業主体となり、市が避難所として指定している古知野東小学校に車椅子簡易トイレ、更衣室パネルなど、災害時に使用する資機材を整備するものでございます。

 なお、この事業を実施するに当たり、特定財源といたしまして、事業費の全額を一般財団法人自治総合センターのコミュニティ助成事業助成金で充当してまいるものでございます。

 次に、太陽光発電及び蓄電池システム設置事業といたしまして2,572万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 同じく20ページの説明欄にございます設置工事の内容といたしましては、発電量10キロワットの太陽光パネルと蓄電容量15キロワットアワーの蓄電池による防災用電力供給システムを防災センターに設置するものでございます。

 なお、この事業を実施するに当たり、特定財源といたしまして2,511万円を県からの再生可能エネルギー等導入推進基金事業費補助金で充当してまいるものでございます。

 次に、乳児避難所資機材整備事業といたしまして389万4,000円の増額をお願いするものでございます。

 これは、愛知江南短期大学を乳児避難所に指定し、乳児とその保護者に対し、災害時の避難生活支援のための防災資機材等を整備するものでございます。

 同じく20ページの説明欄にございます事業内容といたしましては、粉ミルクや飲料水など、一般事業用消耗品及び啓発用ポスターの印刷、並びに収納庫や発電機などの防災資機材と防災用井戸給水ポンプを備品として整備を図るものでございます。

 なお、この事業を実施するに当たり、特定財源といたしまして、事業費の全額を国からの地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を充当してまいるものでございます。

 はねていただきまして、議案書の21ページ、22ページの上段をお願いいたします。

 放置自転車対策事業の駐車場施設管理事業といたしまして71万9,000円の増額をお願いするものでございます。

 現在、布袋駅西側周辺には2カ所の駐車場を整備しておりますが、収容能力を超え、自転車が路上にはみ出し、近隣住民に迷惑をかけている状況で、今回、(仮称)布袋駅西一時自転車等駐車場を整備することで、路上の安全確保と環境美化を図るものでございます。

 同じく22ページの説明欄にございます事業費の内容といたしましては、その敷地の借り上げ料8カ月分と一時的な利用とするための整備工事費でございます。

 なお、補正予算説明資料の10ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、危機管理室所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔健康福祉部長 大竹 誠君 登壇〕



◎健康福祉部長(大竹誠君) 健康福祉部所管の補正予算につきまして御説明を申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の23ページをお願いいたします。

 3款2項1目子育て支援費でございます。所管課は子育て支援課で、補正予算額は8,821万6,000円でございます。

 内容につきましては、24ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 低年齢児受入拡大対策事業は1,843万円の補正をお願いするもので、研修業務委託料130万円のうち30万円については、低年齢児保育に係る保育士研修を計画してまいりますが、子ども・子育て支援新制度の実施に伴い、幼稚園において一時預かり事業を市の委託事業として実施しているため、市の保育士とともに当該幼稚園の教諭にも参加をしていただき、実施をするものでございます。

 また、130万円のうち残りの100万円につきましては、病児・病後児保育を市の事業として実施をする準備として、ファミリー・サポート・センターの援助会員等を対象とした病児・病後児保育に係る研修事業を行うものです。

 工事請負費は、布袋北保育園において、低年齢児の受け入れ枠をふやすために、倉庫などとなっている部屋を保育室に改修するもので、1,647万円を計上しております。

 また、備品購入費は、低年齢児保育に使用する乳母車、木製サークルなどの購入費で、66万円を計上しております。

 この事業につきましては、全額国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を充当してまいります。

 別冊の平成27年度6月補正予算説明資料の9ページに地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金対象事業の一覧を掲げておりますので、後ほど御参照賜りたいと存じます。

 次の学童保育所整備事業は6,978万6,000円の補正をお願いするもので、(仮称)古知野東小学校学童室を平成28年度に建設していくための設計委託料1,769万1,000円を計上しております。

 また、(仮称)門弟山小学校学童室の建設のための工事費4,813万6,000円及び役務費には電話回線の移設料、建築確認申請手数料、完了検査手数料を、委託料には工事監理委託料271万1,000円を計上しております。

 さらに、古知野西小学校の既設プレハブ校舎を同小学校区の学童保育所の分室として活用するため、プレハブ校舎の床改修工事費45万4,000円を、また日没後の送迎などに配慮をいたし、外灯の設置工事費26万円を、備品購入費には児童用の座卓の購入費などを計上しております。

 これらの事業の財源といたしまして、(仮称)門弟山小学校学童室建設費には国庫交付金1,449万円及び県補助金466万6,000円を、また古知野西学童保育所分室の整備費には、国庫交付金34万2,000円の充当を予定しており、いずれも歳入予算に計上しております。

 なお、別冊の平成27年度6月補正予算説明資料の11ページには(仮称)古知野東小学校学童室整備位置図、12ページには(仮称)門弟山小学校学童室整備位置図をそれぞれ掲載しておりますので、御参照賜りたいと存じます。

 続きまして、下段にございます2目医療助成費でございます。所管課は保険年金課でございます。

 子ども医療費助成事業の通院分につきましては、平成27年4月診療分から助成割合は3分の2助成でございますが、中学校3年生までに対象を拡大しているところでございます。今回は、この拡大に係る経費に対しまして、国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を充当し、活用させていただくため、2,315万3,000円の財源更正をお願いするものでございます。

 はねていただきまして、25ページ、26ページの上段をお願いいたします。

 3款3項1目生活保護費でございます。所管課は福祉課で、補正予算額は259万2,000円でございます。

 内容につきましては、26ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 生活保護システム運用事業は、7月からの生活保護基準見直しに伴いまして、システム改修の費用をお願いするものでございます。

 なお、この事業の増額分に対しましては、特定財源として国庫負担金が2分の1財源措置されますので、歳入予算に計上をしております。

 続きまして、下段にございます4款衛生費、1項保健衛生費、1目健康づくり費でございます。所管課は健康づくり課で、補正予算額は69万8,000円でございます。

 内容につきましては、26ページの説明欄をお願いいたします。

 健康推進事業は62万1,000円の補正をお願いするものでございます。平成26年秋より、愛知県が市町村との共同事業としてあいち健康マイレージ事業を開始し、順次各市町村が共同実施をしております。江南市におきましても、今年度の実施を予定するものでございます。

 この事業は、健康につながる取り組みを実践した者に対しポイントを付与し、一定のポイント獲得者に優待カードを交付するものでございます。

 別冊の平成27年度6月補正予算説明資料の13ページに、こうなん健康マイレージ事業の内容を掲げておりますので、御参照賜りたいと存じます。

 その下、予防接種事業は7万7,000円の補正をお願いするものでございます。定期予防接種による健康被害に対する健康被害者給付費及び健康被害者見舞金でございます。

 この事業費に対しましては、特定財源として、県から予防接種事故対策費補助金として4分の3が財源措置されますので、歳入予算に計上をいたしております。この補助金は、江南市が平成25年度に実施をいたしました定期予防接種による健康被害認定が、厚生労働省にて平成27年3月4日付でされましたことを受け、医療費・医療手当の支給を行ったものに対する補助金でございます。

 なお、このことにつきましては、去る4月9日の厚生文教委員協議会におきまして、認定を受けた方からの早い時期での支給請求があった場合には予算の流用等をさせていただき、支払いに応じてまいりたいと、その旨のお願いをさせていただきました。実際には、4月20日に御請求があり、5月15日に支払いを済ませておりまして、今般、補正予算の御議決をいただいた後で予算額の補填をさせていただくものでございます。

 以上で、健康福祉部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔生活産業部長 武田篤司君 登壇〕



◎生活産業部長(武田篤司君) 生活産業部所管の補正予算につきまして御説明を申し上げます。

 歳出について御説明をいたしますので、議案書の27、28ページの上段をお願いいたします。

 7款1項1目商工費でございます。所管は産業振興課で、補正予算額は648万円をお願いするものでございます。

 内容につきましては、28ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 企業誘致推進事業でございます。この事業は、戦略プロジェクト事業といたしまして、雇用の安定と創出及び地域経済の活性化を図ることを目的に、市内の既存企業に対する支援策や、江南市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例の施行によりまして、規制緩和の対象地区への企業進出を推進するための支援策等を盛り込んだ企業誘致等の基本方針を策定するものでございます。

 以上で、生活産業部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。

     〔都市整備部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎都市整備部長(鵜飼俊彦君) 都市整備部所管の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の27ページ、28ページの中段をお願いいたします。

 8款2項1目道路橋りょう費でございます。所管課は土木課でございます。

 1目の道路橋りょう費に1億9,385万3,000円の補正増をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 橋りょう長寿命化事業といたしまして、4,520万8,000円の増額補正をお願いするものでございます。委託料といたしまして1,496万9,000円を、工事請負費といたしまして3,023万9,000円をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしましては、江南市橋梁長寿命化修繕計画の優先順位に基づき橋梁の予防修繕を実施することにより、長寿命化を図るとともに耐震化を進めるもので、委託料といたしまして橋梁点検を27橋、工事請負費といたしまして平成橋を初めとする3橋を施行するものでございます。

 なお、特定財源といたしまして国の社会資本整備総合交付金(道路事業)2,030万5,000円を予定しておるものでございます。

 次に、その下の主要市道改築事業といたしまして、工事請負費に3,602万1,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしまして、幹線道路修繕計画に基づき修繕工事を行うもので、2路線、延長1,005メートルの整備を行うものでございます。

 なお、特定財源といたしまして国の社会資本整備総合交付金(道路事業)1,485万円を予定いたしております。

 はねていただきまして、29ページ、30ページをお願いいたします。

 上段の江南13号踏切拡幅改良事業の負担金、補助及び交付金といたしまして、490万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。この事業は、現在、扶桑町との市境で実施しております青木川の河川改修工事に伴う名鉄犬山線橋梁改築事業にあわせて施行いたしました江南13号踏切の拡幅改良後に、踏切の拡幅部分の維持管理費用として負担するもので、愛知県から協議がありまして、補修費について変更がありましたので補正するものでございます。

 次に、道路維持管理事業といたしまして、264万7,000円の増額補正をお願いするものでございます。道路草刈委託事業の委託料といたしまして163万円、街路樹保全委託事業の委託料といたしまして101万7,000円でございます。

 補正の内容といたしましては、新積算基準等への対応といたしまして、平成27年2月の労務単価及び同年5月の諸経費率の改正に伴い、予算に不足額が生じるため、増額補正をお願いするものでございます。

 次に、道路側溝・舗装工事等事業といたしまして1億円の増額補正をお願いするものでございます。側溝舗装等工事費につきましては、当初予算で7,439万5,000円をお認めいただいており、今回の補正と合わせますと予算額合計が1億7,439万5,000円になるものでございます。

 工事の施工箇所につきましては、各地域からの要望をもとに現地調査を行い、必要性や事業効果を考慮し、整備を進めてまいります。

 次に、木賀南交差点改良事業といたしまして507万4,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしましては、東西の道路が交差点内で屈曲している木賀南交差点の北側に用地を取得することで、交差点全体の線形を見直し、渋滞の緩和を図るもので、土地鑑定1筆と測量設計委託1件を行うものでございます。

 なお、補正予算説明資料の14ページから17ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 はねていただきまして、31ページ、32ページをお願いいたします。

 8款3項1目河川費でございます。所管課は土木課でございます。1目の河川費に6,691万6,000円の補正増をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 雨水貯留施設整備事業といたしまして、6,598万7,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしましては、山尻町地内において寄附を受けました土地を有効活用し、周辺地域の浸水被害の軽減を目的として雨水貯留施設を建設するものでございます。

 なお、特定財源といたしまして国の社会資本整備総合交付金(河川事業)1,210万円を予定いたしております。

 補正予算説明資料の18ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、河川維持管理事業といたしまして92万9,000円の増額補正をお願いするものでございます。こちらの補正につきましても、新積算基準等への対応といたしまして、平成27年2月の労務単価及び同年5月の諸経費率の改正に伴い、予算に不足額が生じるため、増額補正をお願いするものでございます。

 続きまして、下段をお願いいたします。

 8款4項1目市街地整備費でございます。所管課はまちづくり課でございます。1目の市街地整備費に2,756万円の補正増をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 交通結節点整備事業といたしまして、2,555万9,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 補正の内容といたしましては、布袋駅東地区において、鉄道高架化整備事業の進捗に合わせて実施いたします道路整備のための物件調査及び雨水排水対策施設整備のための詳細設計を行うものでございます。

 なお、特定財源といたしまして国の社会資本整備総合交付金(都市再生整備計画事業)940万円を予定いたしております。

 補正予算説明資料の19ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 次に、議案書の33ページ、34ページの上段をお願いいたします。

 戦略プロジェクト、布袋駅付近鉄道高架化整備事業におきまして、国庫交付金であります社会資本整備総合交付金の内示額が予算額を大幅に下回ったため、財源更正をお願いするものでございます。

 特定財源といたしまして、社会資本整備総合交付金(道路事業)においては8,080万円の補正減、また社会資本整備総合交付金(都市再生整備計画事業)においても5,858万円の補正減と、これに伴います地方債1億1,020万円の補正増を行います財源更正をお願いするものでございます。

 なお、地方債補正につきましては、議案書10ページ、第4表 地方債補正の最上段に掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 その下の戦略プロジェクト布袋駅エスカレーター設置事業に係る債務負担行為をお願いするものでございます。現在進めております鉄道高架化事業により、新しくなる布袋駅へエスカレーターを設置していくもので、期間を平成27年度から平成30年度までとする限度額2億3,000万円の債務負担行為の補正予算をお願いするものでございます。

 なお、債務負担行為につきましては、議案書9ページ、下段の第3表 債務負担行為に掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 その下の戦略プロジェクト区画整理運営事業といたしまして200万1,000円の補正増をお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、後ほど特別会計にて御説明申し上げますので、ここでの説明は省略させていただきます。

 続きまして、下段をお願いいたします。

 8款4項2目公園緑地費でございます。所管課はまちづくり課でございます。2目の公園緑地費に1,872万8,000円の補正増をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 曼陀羅寺公園築山周辺整備事業といたしまして、1,872万8,000円の増額補正をお願いするもので、曼陀羅寺公園来園者の満足度向上と園内の適正な管理を行うため、築山の階段、園路の舗装及び藤棚の改修をお願いするものでございます。

 なお、財源内訳につきましては、全て一般財源で行います。

 補正予算説明資料の20ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、都市整備部所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鈴木慎也 君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鈴木慎也君) 水道部の補正予算について御説明申し上げます。

 歳出について説明させていただきますので、議案書の35ページ、36ページの上段をお願いいたします。

 8款6項1目下水道費の所管は下水道課でございます。公共下水道事業特別会計繰出金事業といたしまして、410万5,000円の増額をお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、後ほど特別会計のほうで御説明申し上げますので、ここでの説明は省略をさせていただきます。

 以上で、水道部所管の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔消防長 丹羽鉱貢君 登壇〕



◎消防長(丹羽鉱貢君) 消防本部所管の補正予算につきまして御説明を申し上げます。

 歳出について御説明申し上げますので、議案書の35、36ページの中段をお願いいたします。

 9款1項1目総務予防費、所管課は総務予防課で、補正予算額は555万4,000円でございます。

 事業内容につきましては、36ページ説明欄をお願いいたします。

 消防団運営事業でございます。消防団の装備の基準等の改正に伴い、消防団活動中の安全性と行動性を高めるために救助用安全靴を全団員に貸与するもので、需用費148万3,000円をお願いするものでございます。

 なお、特定財源としましてコミュニティ助成事業助成金91万5,000円を充てるものでございます。

 次に、その下段でございます。

 戦略プロジェクト事業の消防団充実強化事業でございます。消防団を中核とした地域防災力の充実強化を図ることを目的に、きめ細やかな活動が期待される女性消防団員の活動支援に伴うもので、被服等貸与品として需用費49万円をお願いするものでございます。男性消防団員同様に、特定財源としましてコミュニティ助成事業助成金8万5,000円を充てるものでございます。

 次に、その下段にございます事業名、消防救急デジタル無線受令機等更新事業も戦略プロジェクト事業でございます。通信事業共同化に伴うもので、消防団車両13台全ての消防団車両無線受令機の更新をするもので、備品購入費358万1,000円をお願いするものでございます。

 続きまして、2目消防署費、所管は消防署で、補正予算額は425万8,000円でございます。

 事業内容につきましては、36ページ最下段の説明欄をお願いいたします。

 消防水利整備事業におきまして211万7,000円をお願いするものでございます。内容につきましては、防火水槽敷地の土地所有者の方から土地の返還の要望があり、それを受けまして防火水槽撤去工事の設計をしようとしましたが、防火水槽と住宅が隣接しており、撤去工事による住宅への影響が懸念されるため、市ではこの設計が難しいことから専門業者に委託するものでございます。

 なお、参考といたしまして、別冊の補正予算説明資料の21ページに防火水槽撤去位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと思います。

 次に、38ページ上段の説明欄にございます新規事業の防火水槽震災対応化事業におきましては、214万1,000円をお願いするものでございます。内容につきましては、大震災が発生した場合に、既存の耐震性防火水槽だけでは市内の消防水利を均等に確保することが困難なことから、老朽化しました防火水槽に漏水防止シートを水槽内に施工することにより、地震等で防火水槽本体に破損が生じても漏水しない簡易耐震構造としつつ、本体の延命も図るものでございます。

 なお、参考といたしまして、別冊の補正予算説明資料22ページに防火水槽耐震対応化事業位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと思います。

 以上で、消防本部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔教育部長 菱田幹生君 登壇〕



◎教育部長(菱田幹生君) それでは、教育部所管の補正予算につきまして御説明を申し上げます。

 歳出について御説明させていただきますので、議案書の37ページ、38ページをお願いいたします。

 37ページ中段の10款1項1目教育支援費でございます。所管は教育課で、補正予算額13万円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、38ページ説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 研究指定校調査研究事業の学力充実プラン推進事業でございますが、児童・生徒の学力向上のために、学校における学習に加え、家庭との連携が不可欠であり、家庭学習の方法の開発及び家庭学習を生かす授業モデルの構築により、子供たちの基礎的・基本的な知識・技能の定着を図るものでございます。この事業は、特定財源として事業費の全額に県の学力充実プラン推進事業委託金を予定しております。

 37ページにお戻りいただきまして、10款1項2目教育環境費でございます。所管は教育課で、補正予算額154万円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、38ページからの説明欄になりますが、放課後子どもプラン事業で放課後の子供たちの安全で健やかな活動場所を確保するため、古知野西小学校の余裕教室を活用し、新たに放課後子ども教室を開設するものでございます。この事業は、特定財源として事業費の一部に県の補助金73万7,000円を予定しております。

 はねていただきまして、39ページ中段、10款2項1目小学校費でございます。所管は教育課で、補正予算額144万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、右側40ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 コミュニティ・スクール事業15万円につきましては、子供たちの豊かな成長を支え、地域とともにある学校づくりを推進するため、古知野西小学校をコミュニティ・スクールの実践校に指定し、コミュニティ・スクールの設置に向けた準備を進めてまいるものでございます。この事業は、特定財源として事業費の一部に国の補助金5万円を予定しております。

 次に、その下の学校施設管理事業129万6,000円につきましては、草井小学校図書室の空調設備が故障し、学校運営業務に支障が生じるため、改修工事を行うものでございます。

 はねていただきまして、41ページ、42ページをお願いいたします。

 41ページ上段の10款3項1目中学校費でございます。所管は教育課で16万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容といたしましては、42ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 コミュニティ・スクール事業といたしまして、小学校費と同様に西部中学校をコミュニティ・スクールの実践校に指定し、コミュニティ・スクールの設置に向けた準備を進めてまいるものでございます。この事業につきましても、特定財源として事業費の一部に国の補助金5万5,000円を予定しております。

 続きまして、41ページにお戻りいただきまして、41ページ中段、10款4項1目生涯学習費でございます。所管は生涯学習課で、補正予算額86万2,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、42ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 子ども読書活動推進事業で、子供の読書意欲の向上を図るため、小学生を対象に読書通帳を配布する事業でございます。この事業は、特定財源として地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金86万2,000円を予定しております。

 41ページにお戻りいただきまして、10款4項2目文化交流費でございます。所管は生涯学習課で、補正予算額365万3,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、42ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 市民文化会館管理運営事業は125万3,000円で、市民文化会館を利用する方のサービスの向上を図るため、会議室等において無線LANが利用できるよう、環境整備工事を実施するものでございます。

 次の文化財保護事業は240万円で、一般財団法人自治総合センターからコミュニティ助成事業助成金を活用いたしまして、鹿子島区の獅子屋形修復によるコミュニティー活動の活性化事業に対し助成をするものでございます。この助成金は、市町村を交付先としており、鹿子島区へは市を経由して支出してまいります。この事業は、特定財源としてコミュニティ助成事業助成金240万円を予定しております。

 はねていただきまして、43ページ、44ページをお願いします。

 10款5項1目体育費でございます。所管は生涯学習課で、補正予算額786万9,000円の増額をお願いするものでございます。

 内容につきましては、44ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 各種スポーツ大会開催事業は150万円で、生涯にわたってスポーツを楽しむことができる環境づくりを目的として、総合型地域スポーツクラブ設立への支援及び自主運営による各種教室等の開催に対する補助等を実施するもので、特定財源として総合型地域スポーツクラブ活動助成金82万2,000円を予定しております。

 次の新体育館建設事業は636万9,000円で、新積算基準等への対応で、労働市場の実勢価格を適切に反映するため公共工事設計労務単価の引き上げ改定等を適用し、新体育館建設に係る実施設計の積算基準を新基準にて委託料を再積算した結果、予算に不足が生じるため、継続費の平成27年度分を補正させていただくものでございます。

 以上で、教育部所管の補正予算の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(古池勝英君) 提案理由の説明中でありますが、暫時休憩いたします。

     午前10時30分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時51分 開議



○議長(古池勝英君) 休憩前に続き会議を開きます。

 提案理由の説明を続行いたします。

     〔健康福祉部長 大竹 誠君 登壇〕



◎健康福祉部長(大竹誠君) 議案第36号につきまして御説明を申し上げますので、議案書の45ページをお願いいたします。

 平成27年議案第36号 平成27年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成27年度江南市の国民健康保険特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ193万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ120億1,674万7,000円とするものでございます。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 第1表につきましては、46ページに掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、補正予算の内容を御説明いたしますので、50ページ、51ページをお開きいただきますようお願いいたします。

 下段にございます歳出により御説明申し上げます。

 1款1項1目一般管理費で、補正予算額は193万9,000円でございます。

 内容につきましては、右側の51ページの説明欄をごらんいただきますようお願いいたします。

 保健事業のデータヘルス計画策定事業におきまして、医療保険者が持つ健康診査の結果やレセプト等の医療情報を活用した分析を行い、健康課題を明確にした上で、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施計画を策定する必要があることから、データヘルス計画策定委託料といたしまして193万9,000円の補正をお願いするものでございます。

 なお、特定財源といたしまして、全額国の特別調整交付金を予定するものでございます。

 以上で、議案第36号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鈴木慎也 君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鈴木慎也君) 議案第37号について御説明申し上げますので、議案書の52ページをお願いいたします。

 平成27年議案第37号 平成27年度江南市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成27年度江南市の公共下水道事業特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,508万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億9,681万8,000円とするものでございます。

 第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものと定めるものでございます。

 この第1表につきましては、53ページに掲げてございます。

 次に、地方債の補正といたしまして、第2条は、既定の地方債の変更は「第2表 地方債補正」によると定めるものでございます。

 この第2表につきましては、54ページに掲げてございます。

 また、55ページ、56ページには、歳入歳出補正予算事項別明細書を掲げておりますので、御参照いただきたいと存じます。

 続きまして、57ページ、58ページをお願いいたします。

 2の歳入について御説明申し上げます。

 1款1項1目下水道事業費負担金は630万6,000円の増額でございます。これは、江森・山尻地区の負担金事業の地元負担金でございます。

 3款1項2目下水道事業費交付金は1,757万5,000円の増額で、この内訳といたしまして、汚水処理施設整備交付金が482万4,000円の減額、社会資本整備総合交付金が2,239万9,000円の増額でございます。

 5款1項1目一般会計繰入金は410万5,000円の増額でございます。

 8款1項1目下水道事業債は6,710万円の増額でございます。

 59ページ、60ページをお願いいたします。

 次に、3の歳出について御説明申し上げます。

 2款1項1目下水道事業費で9,508万6,000円の増額をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 上段の実施設計測量委託事業の144万8,000円は、新積算基準等への対応といたしまして、平成27年2月の労務単価及び同年5月の諸経費率の改正に伴う事業費の増額、並びに本年4月の汚水処理施設整備交付金の内示額の減額に伴う財源更正を行うものでございます。

 下段の管きょ布設事業9,363万8,000円は、実施設計測量委託事業と同様に新積算基準等への対応を行うとともに、国庫交付金の内示額に合わせて一般財源及び起債による措置を行うものでございます。

 このうち、新積算基準等への対応の積算につきましては、62ページの説明の備考欄に記載しており、その金額の総額は4,203万3,000円となるものでございます。

 また、残る5,160万5,000円は、歳入で先ほど御説明申し上げました社会資本整備総合交付金2,239万9,000円の増額を活用いたしまして、次年度の予定工事を前倒して実施するものでございます。

 予算編成に当たりましては、国庫交付金につきましては近年の配当率をもとに歳入を見込んでいるところでございますが、江南市が下水道未普及解消モデル都市として、低コスト工法や、国が推奨する新たな契約方式の検討に取り組んでおりますことから、国庫交付金の内示額が歳入見込みを大きく上回ったことによるものでございます。

 なお、別冊の補正予算説明資料23ページには工事位置図を掲げておりますので、御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第37号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔都市整備部長 鵜飼俊彦君 登壇〕



◎都市整備部長(鵜飼俊彦君) 議案第38号につきまして御説明申し上げますので、議案書の63ページをお願いいたします。

 平成27年議案第38号 平成27年度尾張都市計画事業江南布袋南部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ200万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,538万9,000円とするものでございます。

 歳出につきまして御説明申し上げますので、議案書の68ページ、69ページの下段をお願いいたします。

 2款1項1目土地区画整理事業費におきまして、200万1,000円の補正増をお願いするものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 道路・排水路等整備事業といたしまして、200万1,000円の増額補正をお願いするものでございます。この事業の財源につきましては、特定財源といたしまして一般会計繰入金200万1,000円を予定いたしております。

 補正の内容といたしましては、土地区画整理地区内の権利者から仮換地の土地利用を始めたいとの要望があり、そのため国道155号歩道部における乗り入れ口設置工事が必要となったため施行するものでございます。

 補正予算説明資料の24ページに位置図を掲げておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第38号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔水道部長兼水道事業水道部長 鈴木慎也 君 登壇〕



◎水道部長兼水道事業水道部長(鈴木慎也君) 議案第39号について御説明申し上げますので、議案書の70ページをお願いいたします。

 平成27年議案第39号 平成27年度江南市水道事業会計補正予算(第1号)でございます。

 第1条は、総則でございます。平成27年度江南市水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによるものでございます。

 第2条は、収益的支出の補正についてでございます。

 予算第3条中、収益的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。第1款水道事業費用のうち、第1項の営業費用を1,093万2,000円増額、第2項の営業外費用を67万8,000円減額いたしまして、補正後の第1款水道事業費用は13億7,370万2,000円とするものでございます。

 第3条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正についてでございます。

 予算第6条中の職員給与費1億1,696万7,000円を25万1,000円増額し、1億1,721万8,000円に改めるものでございます。

 はねていただきまして、71ページには補正予算実施計画を、72ページには予定キャッシュ・フロー計算書を、73ページ、74ページには予定貸借対照表を掲げておりますので、御参照いただきたいと存じます。

 内容につきましては、補正予算事項別明細書にて御説明申し上げますので、75ページ、76ページをお願いいたします。

 収益的支出につきまして、1款水道事業費用で1,025万4,000円の増額をお願いするものでございます。

 初めに、1款1項2目配水及び給水費で1,093万2,000円増額するものでございます。

 右側の説明欄をお願いいたします。

 上段の配水管等維持管理事業の180万6,000円につきましては、水道課の職員が育児休業するため、その代替といたしまして臨時職員の賃金及び法定福利費でございます。

 その下、事業継続計画策定事業の912万6,000円につきましては、震災などの非常時における危機管理体制を整備するため、その被害想定に基づき水道機能の維持、回復に必要な対応を取りまとめた事業継続計画の策定委託料でございます。

 次に、1款2項2目消費税及び地方消費税で67万8,000円を減額するものでございます。これは、企業会計管理事業の消費税等申告事業といたしまして、1款1項2目配水及び給水費の増額補正に伴い、仮払消費税の増額分を消費税及び地方消費税の額から減額するものでございます。

 なお、別冊の補正予算説明資料25ページには消費税計算書を掲げておりますので、御参照いただきたいと存じます。

 以上で、議案第39号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔副市長 石川勇男君 登壇〕



◎副市長(石川勇男君) それでは私から、報告第3号から報告第6号までの御説明をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いをいたします。

 議案書の77ページをお願いいたします。

 平成27年報告第3号 平成26年度江南市一般会計継続費繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をするものでございます。

 はねていただきまして、78ページをお願いいたします。横書きの計算書でございます。

 この継続費繰越計算書の事業名に掲げておりますように、上段の庁舎管理事業と、下段の本庁舎耐震補強等事業の2事業でございます。

 初めに、上段の庁舎管理事業につきましては、平成26年度と平成27年度の2カ年の継続費でお認めをいただいた事業でございます。継続費の予算総額といたしましては2,977万6,000円でございまして、このうち平成26年度の継続費の予算減額35万7,000円に対しまして、支出済み額は34万5,000円でございますので、差し引き残額1万2,000円を平成27年度に繰り越しさせていただくものでございます。

 次に、下段の本庁舎耐震補強等事業につきましては、平成25年度から平成27年度までの3カ年の継続費でお認めをいただいた事業でございます。継続費の予算総額といたしましては7億5,962万6,000円でございまして、このうち平成26年度の継続費の予算減額5億7,142万3,000円に対しまして、平成26年度の支出済み額は5億6,530万円でございますので、差し引き残額612万3,000円を平成27年度に繰り越しさせていただくものでございます。

 なお、それぞれの事業の繰越額の明細につきましては、次の79ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 続きまして、議案書の80ページをお願いいたします。

 平成27年報告第4号 平成26年度江南市一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をするものでございます。

 はねていただきまして、81ページをお願いいたします。横書きの計算書でございます。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますのは、事業名の最上段の地方版総合戦略等策定事業から最下段の布袋駅付近鉄道高架化整備事業までの3事業でございます。

 最初に、最上段の事業名が地方版総合戦略等策定事業と、その下のプレミアム付商品券発行支援事業の2事業につきましては、国の地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策による補正予算を活用いたしまして、平成26年度の3月の補正予算にて予算計上をお願いいたし、あわせまして繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 また、最下段の布袋駅付近鉄道高架化整備事業につきましては、平成26年度の当初予算にて予算計上をいたしておりましたけれども、平成26年度中にはその事業の一部が完了できないということで、3月の補正予算にて繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 なお、事業ごとにそれぞれの翌年度への繰越額を掲げておりますけれども、その合計で4億4,825万2,000円を繰り越しさせていただくものでございます。

 この翌年度繰越額の財源内訳といたしましては、未収入特定財源といたしまして、国庫支出金、県支出金及び地方債の合計が2億9,474万400円で、その残りが一般財源で1億5,351万1,600円でございます。

 また、この一般財源につきましては繰越金を充当し、その財源とさせていただくものでございます。

 なお、それぞれの事業の繰越額の明細につきましては、次の82ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 続きまして、議案書の83ページをお願いいたします。

 平成27年報告第5号 平成26年度江南市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をいたすものでございます。

 はねていただきまして、84ページをお願いいたします。横書きの計算書でございます。

 この繰越明許費繰越計算書に掲げておりますのは、介護保険システム改修事業でございます。この事業につきましては、介護保険制度の改正に伴うシステム改修の一部について、国が平成26年度の補正予算対応としたため、平成26年度の3月の補正予算にて予算計上をお願いいたし、あわせて繰越明許をお認めいただいているものでございます。

 翌年度への繰越額は381万9,600円で、その財源内訳といたしましては、既収入特定財源といたしまして、国庫支出金とその他財源の一般会計繰入金の合計が381万9,600円でございます。

 なお、繰越額の明細につきましては、次の85ページに参考資料を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 それでは、続きまして報告第6号の説明をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いをいたします。

 議案書の86ページをお願いいたします。

 平成27年報告第6号 平成27年度江南市土地開発公社の経営状況についてでございます。

 地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、別紙のとおり報告をさせていただくものでございます。

 2枚はねていただきまして、平成27年度江南市土地開発公社予算書の1ページをお願いします。

 予算の内容といたしまして、第2条では収益的収入及び支出の予定額を掲げております。

 まず収入といたしまして、第1款事業収益、第1項附帯等事業収益は16万9,000円でございます。これは、土地の貸付料でございます。

 次に、第2款事業外収益は4万9,000円でございます。その内訳は、第1項受取利息の1,000円、第2項有価証券利息の4万8,000円で、これは基本財産などの利息でございます。

 次に、支出といたしまして、第1款販売費及び一般管理費11万円でございます。

 これは、土地開発公社の事務費であり、報酬、需用費、公租公課などでございます。これに係ります細目説明書を5ページ、6ページに掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 次に、第3条は資本的収入及び支出の予定額でございます。金融機関からの借り入れがなくなりましたことから、収入及び支出はございません。

 はねていただきまして、2ページをお願いいたします。

 ここでは、土地開発公社の予算の実施計画書を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 はねていただきまして、3ページをお願いいたします。

 このページでは、平成26年度の仮決算に伴う財務諸表を掲げております。上段は予定損益計算書で、当期純利益として22万円を見込んでおるものでございます。下段には予定貸借対照表を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 次に、4ページをお願いいたします。

 上段には平成27年度の予定貸借対照表を、下段には予定公有用地などの取得原価計算書を掲げております。

 また、2枚はねていただきまして、7ページには資金計画を掲げておりますので、後ほど御参照を賜りたいと存じます。

 以上、土地開発公社の経営状況の報告とさせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(古池勝英君) 以上で、提案理由の説明を終わります。

 これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 あすからは、議案精読のため休会といたします。

 次回は16日午前9時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

     午前11時19分 散会

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

           江南市議会議長    古池勝英

           江南市議会議員    野下達哉

           江南市議会議員    宮地友治