議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 江南市

平成26年  5月 臨時会 05月13日−01号




平成26年  5月 臨時会 − 05月13日−01号







平成26年  5月 臨時会



平成26年                                第1号

          臨時江南市議会会議録

5月                                 5月13日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               平成26年5月13日(火曜日)

議事日程第1号

平成26年5月13日(火曜日) 午前9時開議

  第1 会議録署名者の指名

  第2 諸般の報告

  第3 会期の決定

  第4 議案第22号 江南市公平委員会委員の選任について

  第5 議案第23号 江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事請負契約の締結について

  第6 議案第24号 江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事請負契約の締結について

  第7 議案第25号 江南市副市長の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名者の指名

  日程第2 諸般の報告

       (1)例月出納検査の結果報告について

       (2)平成25年度議会改革特別委員会報告書について

       (3)議案の送付について

  日程第3 会期の決定

  日程第4 議案第22号 江南市公平委員会委員の選任について

  日程第5 議案第23号 江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事請負契約の締結について

  日程第6 議案第24号 江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事請負契約の締結について

  日程第7 議案第25号 江南市副市長の選任について

  日程追加 議長の辞職

  日程追加 議長の選挙

  日程追加 副議長の辞職

  日程追加 副議長の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(22名)

     1番   古田みちよ君        2番   鈴木 貢君

     3番   野下達哉君         4番   掛布まち子君

     5番   東 義喜君         6番   森 ケイ子君

     7番   尾関健治君         8番   江口雅明君

     9番   牧野圭佑君         10番   中西保夫君

     11番   山 登志浩君        12番   稲山明敏君

     13番   伊神克寿君         14番   古池勝英君

     15番   河合正猛君         16番   小林弘子君

     17番   木本恵造君         18番   沢田和延君

     19番   古田冨士夫君        20番   宮地友治君

     21番   高田健孝君         22番   福田三千男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員の職、氏名

事務局長         滝 紀彦君  議事課長         大倉由美子君

議事課主幹        今枝直之君  主任           八橋直純君

主事           徳永真明君  主事           前田裕地君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職、氏名

市長           堀  元君  副市長          石川勇男君

教育長          石井悦雄君  危機管理室長       小塚昌宏君

生活産業部長       武田篤司君  健康福祉部長       大竹 誠君



都市整備部長       鵜飼俊彦君  水道部長兼水道

                    事業水道部長       鈴木慎也君



市長政策室長       片野富男君  総務部長         佐藤和弥君

教育部長         菱田幹生君  秘書政策課長       松本朋彦君



総務課長         古田義幸君  教育委員会教育課長兼

                    少年センター所長     武馬健之君



     午前9時03分 開会



○議長(古田みちよ君) ただいまから平成26年江南市議会5月臨時会を開会いたします。

 本日ここに5月臨時会が招集されましたところ、議員の皆様には何かと御多用の中を御参集いただき、厚く御礼を申し上げます。

 本臨時会に市長から提出されております案件は、江南市公平委員会委員の選任についてを初め4議案でありますが、議会の常任委員の選任などの議会役員人事をお願いする極めて重要な議会でもあります。どうか議員の皆様におかれましては、円滑に議事を進められ、適切な議決をされますようお願い申し上げ、簡単ではございますが開会の挨拶といたします。

 なお、時節柄、上着、ネクタイの着用につきましては、適宜お取り計らいくださいますよう、よろしくお願いをいたします。

 市長。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) おはようございます。

 開会に当たりまして、一言御挨拶申し上げます。

 本日、5月臨時会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様におかれましては、極めて御多用の中、出席をいただきまして、まことにありがとうございます。

 平素は市政進展のため、それぞれのお立場で格別の御協力、御高配をいただいております。厚く御礼申し上げます。

 このたびの臨時会におきまして審議をお願いいたします案件は、ただいま議長さんから報告のありましたとおり、江南市公平委員会委員の選任についてを初め4議案であります。いずれも市政進展の上、重要な案件であります。慎重に御審議をいただきまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げまして、挨拶とさせていただきます。よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰状の伝達について



○議長(古田みちよ君) この際、会議に入ります前に、表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(滝紀彦君) 去る4月17日に開催されました第97回東海市議会議長会定期総会におきまして、福田三千男議員、高田健孝議員、河合正猛議員、木本恵造議員、沢田和延議員、江口雅明議員に表彰状が授与されましたので、その伝達を行います。

 名前をお呼びいたしましたら、前へお進みください。

 福田三千男議員。

     〔22番 福田三千男君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                         福田三千男様

 あなたは市議会議員の要職にあること15年鋭意市政の発展に寄与された功績は誠に顕著であります

 よって本会表彰規程によりこれを表彰いたします

 平成26年4月17日

  東海市議会議長会会長

                             浜松市議会議長

                             太田康隆(代読)

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(滝紀彦君) 高田健孝議員。

     〔21番 高田健孝君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                          高田健孝様

 以下同文でございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(滝紀彦君) 河合正猛議員。

     〔15番 河合正猛君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                          河合正猛様

 以下同文でございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(滝紀彦君) 木本恵造議員。

     〔17番 木本恵造君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                          木本恵造様

 以下同文でございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(滝紀彦君) 沢田和延議員。

     〔18番 沢田和延君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                          沢田和延様

 以下同文でございます。

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



◎事務局長(滝紀彦君) 江口雅明議員。

     〔8番 江口雅明君 登壇〕



○議長(古田みちよ君) 

                  表彰状

 江南市

                          江口雅明様

 あなたは市議会議員の要職にあること10年鋭意市政の発展に寄与された功績は誠に顕著であります

 よって本会表彰規程によりこれを表彰いたします

 平成26年4月17日

  東海市議会議長会会長

                             浜松市議会議長

                             太田康隆(代読)

     〔表彰状伝達〕

     (拍手)



○議長(古田みちよ君) 以上をもちまして表彰状の伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時13分 開議



○議長(古田みちよ君) ただいまから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名者の指名



○議長(古田みちよ君) 直ちに、お手元に配付いたしました議事日程の順序に従い会議を進めます。

 日程第1、会議録署名者には、会議規則第88条の規定により、議長において

  8番  江口雅明さん

  14番  古池勝英さん

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸般の報告



○議長(古田みちよ君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査の結果報告がありましたので、議席に配付いたしました。

 次に、議会改革特別委員会委員長から平成25年度議会改革特別委員会報告書が提出されましたので、議席に配付いたしました。

 次に、本臨時会の議案のうち、第22号から第24号までについては皆様方のお手元に送付されております。

 なお、議案第25号については、本日議席に配付いたしました。

 以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(古田みちよ君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 会期につきましては、議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から15日までの3日間とすることに決した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日から15日までの3日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から15日までの3日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第22号から



△日程第6 議案第24号まで



○議長(古田みちよ君) 日程第4、議案第22号 江南市公平委員会委員の選任についてから、日程第6、議案第24号 江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事請負契約の締結についてまでを一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) ただいま上程をいただきました議案第22号につきまして説明をさせていただきます。

 議案書の1ページをお願いいたします。

 平成26年議案第22号 江南市公平委員会委員の選任についてであります。

 下記の者を江南市公平委員会委員に選任したいと思いますので、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき、議会の同意をお願いするものであります。

 提案理由といたしましては、江南市公平委員会委員の川崎和男さんが平成26年5月24日に任期満了になられますので、後任の方を選任する必要があるからであります。

 後任には、江南市高屋町花戸95番地にお住まいの浅野總一郎さんをお願いするものであります。

 はねていただきまして、2ページには浅野總一郎さんの履歴を掲げてあります。次の3ページには、参考といたしまして本年5月1日現在の江南市公平委員会委員の名簿と地方公務員法の抜粋を、さらに4ページには江南市公平委員会設置条例の抜粋を掲げてありますので、御参照ください。

 以上で提案説明とさせていただきます。よろしくお願いします。

     〔総務部長 佐藤和弥君 登壇〕



◎総務部長(佐藤和弥君) 議案第23号及び第24号について御説明申し上げます。

 最初に、議案第23号について御説明申し上げますので、議案書の5ページをお願いいたします。

 平成26年議案第23号 江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事請負契約の締結についてでございます。

 平成26年4月16日一般競争入札に付しました江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事につきまして、下記のとおり契約を締結するため、江南市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づきまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 記といたしまして、契約の目的は江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事でございます。一般競争入札で、9業者で実施いたしました。その結果、契約金額は2億3,004万円で、契約の相手方は、江南市赤童子町南山98番地、安井建設株式会社 代表取締役 安井浩一でございます。

 提案理由といたしましては、江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事を施工するために必要があるからでございます。

 はねていただきまして、6ページをお願いいたします。

 参考といたしまして、仮契約書でございます。1は工事名、2は工事場所で、江南市上奈良町観音寺60番地でございます。3は工期で、本契約成立の翌日から平成26年9月30日まで、4は契約金額、5は契約保証金を定めております。

 なお、この契約書は、議会の議決を得た後、効力を生ずるものでございます。

 はねていただきまして7ページには、この建築工事を初め電気設備工事、管工事の請負契約につきまして掲げております。

 このページの一番下の行でございますが、この3つの契約金額の合計は3億3,333万1,200円でございます。

 以上で、議案第23号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案第24号について御説明申し上げますので、議案書の8ページをお願いいたします。

 平成26年議案第24号 江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事請負契約の締結についてでございます。

 平成26年4月16日一般競争入札に付しました江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事につきまして、下記のとおり契約を締結するため、江南市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づきまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 記といたしまして、契約の目的は江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事でございます。一般競争入札で、9業者で実施いたしました結果、契約金額は1億5,066万円で、契約の相手方は、江南市宮田町本田島131番地、昭和土建株式会社江南支店 支店長 尾関 豊でございます。

 提案理由といたしましては、江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事を施工するために必要があるからでございます。

 はねていただきまして、9ページをお願いいたします。

 参考といたしまして、仮契約書でございます。1は工事名、2は工事場所で、江南市村久野町門弟山272番地でございます。3は工期で、本契約成立の翌日から平成26年9月30日まで、4は契約金額、5は契約保証金を定めております。

 なお、この契約書は、議会の議決を得た後、効力を生ずるものでございます。

 はねていただきまして10ページには、この建築工事を初め電気設備工事、管工事の請負契約につきまして掲げております。

 このページの下から2行目でございますが、この3つの契約金額の合計は2億4,030万円でございます。

 なお、建具工事につきましては、後日発注するものでございます。

 以上で、議案第24号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(古田みちよ君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 議案精読のため、暫時休憩をいたします。

     午前9時21分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時50分 開議



○議長(古田みちよ君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第22号から議案第24号までについての質疑に入ります。

 質疑時間につきましては、議会運営委員会において御協議をいただきました結果、答弁を含め1人30分以内ということで、採決の結果、賛成多数で決した旨の報告を受けております。

 なお、質疑、答弁とも簡潔・明瞭にお願いし、議事運営に御協力いただきますよう、よろしくお願いをいたします。

 それでは発言を許します。

 質疑はありますか。

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) それでは発言を許します。

 東 義喜さん。

     〔5番 東 義喜君 登壇〕



◆5番(東義喜君) そんなに長く聞く予定ではありませんので、簡単にしたいと思います。

 議案第23号と議案第24号であります。契約案件でありますので、簡単に聞いておきたいと思いますが、1つはまず入札の関係で、既に入札結果につきましては公表されておりますので、それはそれで見ればわかることなんですが、参考のために一、二点だけ、ちょっと確認の意味も含めてお聞きをして、その上で若干の意見だけを申し述べたいと思っております。

 まずは入札結果、例えばまず議案第23号で、表題に出てくるのは校舎の改造工事という形で建設関係の契約があります。最終的には2億3,004万円の契約金額になります。それで、ちなみに参考資料として7ページに、1つ目は今の校舎の改造、いわゆる建築工事の部分、それから2つ目に電気設備部分があって、3番目に管工事の部分があるわけであります。

 まず、建設工事につきましては、既にここに表示がされておりますように、7ページを見て話をいたしますと、契約金額は2億3,004万円でありますし、そしてまた電気設備は4,767万1,200円、管工事は5,562万円でありますが、この3点について入札率だけをちょっと参考にお聞きしておきたいんですが。



◎総務部長(佐藤和弥君) 西部中学校校舎改造のほう、まず建築工事につきまして申し上げます。

 まず、入札につきましては税抜きで行っておりますので、税抜き価格で申し上げます。

 まず、建築工事につきましては、予定価格が税抜きで2億1,571万3,000円でございました。そして、落札額が2億1,300万円でございましたので、落札率は98.74%。そして、次に電気設備工事でございますが、こちらも税抜き価格ですが、予定価格が6,620万2,000円、落札額が4,414万円、落札率は66.67%。そして、管工事ですが、予定価格が税抜きで5,357万1,000円、落札額が5,150万円、落札率は96.13%でございます。



◆5番(東義喜君) 皆さんもお聞きのように、建築と管につきましてはそうした結果で、電気については66.67%ということで、競争が、入札らしいという感じは、数字だけですけどね、お見受けするわけでありますが、先ほども冒頭に言いましたように、既にこれはもう結果が出ていますので、ちなみにこの建築でいいますと、議場の説明でも9業者が参加をしたということでありましたけど、9業者のうちの一番高い数字は、先ほど安井建設さんの場合は税抜きで2億1,300万円という結果でありました。一番高い方は2億1,420万円でありましたので、一番高い人でも差は120万円。そうすると、予定価格2億1,571万3,000円で割り返すと、0.56%であります。つまり、0.56%の間に9業者が並んでおるという結果ですよね、これは。

 それから、2つ目は先ほど紹介いたしましたように、入札率は66.67%でありますから、これは最高額は6,540万円でありましたので、その差は約2,100万円ほどありますので、予定価格で割りますと32%ぐらいの幅におるよと、並んでおるという、そういう結果でした。

 それから管工事は、これも最高額は、この村川設備さんが落とした金額は5,150万円で、この入札の最高は5,300万円でありますから、150万円の差でありますので、2.8%の間に並んでおるという結果で、これは結果でありますから、適切な競争入札なのかというだけを意見としては申し述べておきたいと思います。

 あと門弟山のほうは、大体よく似ています、傾向は。門弟山のほうは、大体今のような状況を言いますと、この数字だけ言っておきますと、建築工事でいくと1.75%の間に9業者が並んでいました。電気工事は1.64%の間に7業者が並ぶ、管工事は1.92%の間に9業者が並ぶという結果でありました。これは結果でありますので、それだけをちょっと意見としては、本当に適切かどうかというのは、これは適切でしょうということなんでしょうけど、そういう結果だけを申し述べておきたい。

 2つ目に行きます。

 門弟山小学校の第24号議案についてお聞きします。

 10ページの最下段に、建具工事については後日発注という記載がありまして、まことに申しわけないんですが、勉強不足で、既に昨年同じ内容のことが契約でありました。今から見直してみましたら、載っておりました。宮田中学校にも同じやり方で、昨年これが行われておるんですが、まことに不勉強でして、今その非を認めたいと思うんですが、現在初めてこれを今回質問するわけであります。

 ここに、建具工事については後日発注ということで、私どもが議案の説明を受ける議運があったときに、どういう理由があったかといいますと、このサッシ工事については防衛省の補助を受けることができる内容だということで、他のものは文科省の関係でありますけど、そういうことで防衛の工事は、普通ですと文科省でいくと補助率は3分の1なんですけど、防衛省は65%の補助が受けられるので、少なくとも財政的には助かりますので、そういう形での扱いですというような説明だったんですね、そのときは。

 私が思うのは、私どもが今まで防衛省の関係で学供などの建設工事をやるときには、もともと建物を含めて一体に対して防衛の補助を受けてつくってきたという覚えがあったもんですから、なぜ今回、建具だけが防衛の補助になるのかということなんですね。なぜ本体の改造工事もやっていただけないのかという気がしたもんですから、あえてお聞きをするわけでありますが、その辺はどういう理由でサッシだけが対象になるのか、ほかのものはならないのかということなんですけど、それはどうでしょうか。



◎教育部長(菱田幹生君) 防衛の補助の対象につきましては、工事の計画段階におきまして補助の担当である東海防衛支局のほうに確認をとっておりまして、今回の工事につきましては、外部に面するサッシの取りかえ及び付随する工事のみが対象となるということでございます。

 今回の発注の分かれるということでございますが、門弟山小学校北舎改造工事につきまして、昨年12月末に文部科学省より平成26年度の計画を平成25年度へ前倒しが可能な事業について意向調査がございまして、この調査についてエントリーを行った結果、事業が採択されたことから、平成26年3月の補正予算をお認めいただきまして、繰越明許事業として実施するものでございます。

 ただ、門弟山小学校の建具工事につきましては、前倒しの対象にならないことから、従来の計画どおり、平成26年度に防衛施設周辺防音事業補助金を特定財源として実施してまいるものでございますので、その結果、今契約の工事とは分けて発注するというものでございますので、よろしくお願いいたします。



◆5番(東義喜君) これはもともと、御記憶があるように、3月補正で、いわゆるアベノミクスの経済対策で、15カ月予算といいましょうか、早目にお金が使えるよということで、先ほどのエントリーして3月補正で、もともとは平成26年度にやる予定だった工事ですね、門弟山についても、西部中についても、これは両方が3月補正で認められたわけでありますが、経済対策で前倒しでオーケーになったんですよ。

 それはそういうことなんですけど、じゃあその前倒しになったんだったら、丸々なったっていいじゃないかと私は疑問だったわけですよ、早い話がね。全てもともと改造工事をやる予定だったわけですよ、門弟山も、西部中も。平成26年度の新年度にやる予定だったやつを3月補正に前倒しで計上して認められたから、早目の入札になったということであります。

 私の疑問は、なぜ全体がならないのという話で、本体も含めて前倒しに、本体がなったわけだから、本体は前倒しでオーケーなわけだ、建築工事ね。だって、前倒ししたから建築工事は入札したわけでありますから、その中に含まれておるじゃないですかね、そのサッシも本体工事の中に。

     〔他に発言する者あり〕



◆5番(東義喜君) (続)だから、それが何でつかないのという話ですよ。

     〔他に発言する者あり〕



◆5番(東義喜君) (続)だから、なぜ使えないということなのか、だから確認だけなんですよ。



◎教育部長(菱田幹生君) 防衛省の補助金につきましては、騒音障害を防ぐ防音工事の助成などメニューがございまして、その中で先ほど申し上げたように、補助対象につきましては、防衛省の補助の対象にはならないというものを東海防衛支局のほうに確認を行っております。その中で、サッシ以外の部分、建具以外の部分につきましては、その補助の対象、メニューの中にそういったものがないということでございますので、建具については防衛省の補助、65%という有利な部分でございますので、そちらのほうを優先するために別発注になったということでございます。



◆5番(東義喜君) だから最初に、学供などの工事は、そんな別にサッシだけなんていう話じゃなかったんですよ。全体が防衛省の対象工事として、我々はそういうふうに認識をしてきました。何が違うのかというところですよね。

 今の話だと、防衛省にそういうメニューがありませんという話でありますけど、メニューがないならないでもいいんですけど、別にメニューがないだけの話であれば、同じように前倒しで防衛省補助で一緒に計上すればいいじゃないかという気がしたわけですよ。

 防衛省と文科省の差はあるということですよね、だから。片や防衛省、片や文科省ですので、だからもともと平成26年度で予定をしておった仕事でした、出発はね。経済対策で前倒しがいいですよということで手を挙げた。本来はそのまますこっと上げてもいいわけですけど、ただ財政的な理由でということで、防衛省のほうが使えるので、これはあえて外した。じゃあ外してもいいんですけど、これもあわせて一緒に発注できないのかという疑問があった、もう一方ではね。3月に前倒しの中に入れ込んでない、あえて抜き出したわけですよ。サッシ工事だけは抜き出して、逆に前倒しをしたというのがどうも流れですよね。

 もともと平成26年度にやる予定だったから、サッシ工事だけ予算上は置いたままにして、どっちかというと、それでほかの部分だけを前倒しにしたということですので、後日発注という言い方を、私が文面を読み違えたというか、そういうことで、いかにもサッシだけは後送りをしたのかという気がしたんですけど、そうではなくて、もともとは予定をしておった。ところが、財政的な援助が受けられるということで、防衛省の補助対象にしましょうということで抜き出しただけの話であって、あとは全部前倒しにしたということがどうも中身でありました。

 じゃあそういうことで、あと1点だけ、余り契約案件に関係ないんで、自分から言っておってはいかんですけど。

 たまたまサッシ工事が防衛省の補助が受けられるという話でありますけど、もし空調が入ったときは、防衛省の補助は、空調設備を例えば対象にしたときは受けられるんでしょうか。



◎教育部長(菱田幹生君) 今回の契約の工事には空調設備工事は含まれておりませんが、その点を東海防衛支局のほうに確認しましたところ、空調設備工事につきましては、全館空調をした場合に防衛施設周辺防音事業補助金の対象となるということでございますので、よろしくお願いいたします。



◆5番(東義喜君) だから、全館の場合ですね。ただし、3分の1でなくて65%。だから、そういう分離発注はどうも可能性がありそうですね、エアコンをつける場合。全館だと大変だということですけどね。でも65%の話が……、わかりました。

 それで、ちょっとこれは、ここの文面で、後日発注ということでありました。確認の意味で聞いておきたいんですけど、後日発注されますけど、ただこの建築工事だとか、電気設備だとか、管のほうは前倒しをする関係もあることと、もう1つは労務単価などが上がる予測がありましたですね、それは全体の工事請負費に係る話でありますけど。どうも3月の委員会では、労務単価のアップ率も見込んで一応予算を組み直したというふうに説明があったそうであります、この本体についてね。でも、それで大体おさまりそうだということでありましたが、たまたまサッシ工事については置いたままにしたわけですから、前倒しの対象にしなかったわけでありますので、サッシ工事については、そういう労務単価のアップ率などは見込んでないと私は予測したわけですけど、その辺の確認だけをしておきたいんですけど。それでもし、その分が見てなければ、本来は不足する可能性があるわけでありますけど、後日発注とはいうもののね。それは、じゃあどうするのかだけをお聞きしておきます。



◎教育部長(菱田幹生君) 建具工事につきましては、平成26年度当初予算の予算積算時の単価で積算しておりまして、それで予算計上しております。平成26年の2月に示されました労務単価につきましては、加味はしておりません。現在、平成26年4月に示されました労務単価をもとに見直しを行っているところでございまして、見直しの結果によっては、また補正予算をお願いすることもあり得るということでございます。



◆5番(東義喜君) 終わります。



○議長(古田みちよ君) ほかに質疑はありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 質疑も尽きたようですので、これをもちまして議案質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第22号から議案第24号までについては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、議案第22号から議案第24号までについては、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 暫時休憩をいたします。

     午前10時11分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時11分 開議



○議長(古田みちよ君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4、議案第22号 江南市公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 日程第5、議案第23号 江南市立西部中学校校舎改造(建築)工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第24号 江南市立門弟山小学校北舎改造(建築)工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第25号



○議長(古田みちよ君) 日程第7、議案第25号 江南市副市長の選任についてを議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

     〔市長 堀  元君 登壇〕



◎市長(堀元君) それでは、ただいま上程いただきました議案第25号につきまして説明をさせていただきます。

 議案書の1ページをお願いいたします。

 平成26年議案第25号 江南市副市長の選任についてであります。

 下記の者を江南市副市長に選任したいと思いますので、地方自治法第162条の規定に基づき、議会の同意をお願いするものであります。

 提案の理由といたしましては、江南市副市長 石川勇男さんが平成26年5月15日に任期満了になられますので、後任の副市長を選任する必要があるからであります。後任には石川勇男さんを再任でお願いするものであります。

 はねていただきまして、2ページには石川勇男さんの履歴を、次の3ページには参考といたしまして地方自治法の抜粋を掲げてありますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で提案説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(古田みちよ君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 議案精読のため、暫時休憩をいたします。

     午前10時15分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時40分 開議



○議長(古田みちよ君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第25号についての質疑に入ります。

 質疑時間につきましては、議会運営委員会において御協議をいただきました結果、答弁を含め1人15分以内ということで、採決の結果、賛成多数で決した旨の報告を受けております。

 なお、質疑、答弁とも簡潔・明瞭にお願いし、議事運営に御協力いただきますようお願いをいたします。

 それでは発言を許します。

 質疑はありますか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 質疑もないようですので、これをもちまして議案質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第25号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 御異議なしと認めます。よって、議案第25号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 日程第7、議案第25号 江南市副市長の選任について、これより討論に入ります。

 反対者の討論を許します。

     〔挙手する者あり〕



○議長(古田みちよ君) 掛布まち子さん。

     〔4番 掛布まち子君 登壇〕



◆4番(掛布まち子君) 議案第25号 江南市副市長の選任について、日本共産党議員団を代表し、反対の立場で討論を行います。

 反対の理由は、個人の資質や能力にかかわる点を問題にしているわけでは全くありません。堀市長のこの間の、特にごみ処理施設にかかわる対応については、筋の通らない、市民が主役の市政とは相入れない暴走と言っても過言ではない対応が数々見受けられました。市長の進め方に行き過ぎがあるならば、副市長として市民の立場に立ち、また職員の立場に立って是正を図る責任があったのではないでしょうか。この点で、市長にひたすら忠実に、その方針を実行してきた副市長の対応は残念であり、再任することには賛成できないと判断をいたしました。

 以上で反対討論といたします。



○議長(古田みちよ君) 賛成者の討論を許します。

     〔挙手する者あり〕



○議長(古田みちよ君) 河合正猛さん。

     〔15番 河合正猛君 登壇〕



◆15番(河合正猛君) 賛成の立場から討論をさせていただきます。

 今、反対の討論を聞いておりましたけれども、私は筋が違うと思います、反対の。これは副市長さんを選ぶ選任の議案でありながら、市長さんの批判をされておるということは全く趣旨が違うと思うんです。

 副市長はイエスマンだというような、彼女はそういう発言をされたんだけど、私は端的に言うと思い過ごしだと。それは、それまでにいろんな議論があった中で、副市長さん、行政側が判断した話であって、市長さんが暴走しておるしておらんという話もあるんだけれども、これは議会で決めたわけですよ、いろいろ。そういうことを踏まえながらお話をされたんなら別なんだけど、何か市長さんは暴走しておる、それについて副市長さんはイエスマンでやっておると。私はそれは議会制民主主義ではないと思っておりますので、反対の討論としては全く違うんじゃないかなあと思います。

 したがって、私は今回の副市長さんの人事については、賛成という立場でお話をさせていただいたということであります。終わります。以上です。



○議長(古田みちよ君) ほかに討論はありませんか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(古田みちよ君) 以上で討論を終結いたします。

 本案を起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(古田みちよ君) 御着席ください。

 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 石川副市長から発言の申し出がありましたので、これを許します。

 石川副市長。

     〔副市長 石川勇男君 登壇〕



◎副市長(石川勇男君) それでは、失礼をいたします。

 大変貴重な時間をいただきまして、まことに恐縮に存じます。

 議長さんのお許しをいただきましたので、一言御挨拶をさせていただきます。

 ただいまは、私の副市長選任の案件につきまして、議員の皆様方の御同意を賜りました。まことにありがとうございました。

 大変身に余る光栄に存じますとともに、その職務の重責さをひしひしと感じているところでございます。この4年間、大変微力ではございましたけれども、何とかその職責を務めることができましたのも、議員の皆様方の温かい御指導と御鞭撻のおかげであり、改めて心から御礼を申し上げます。

 副市長に選任同意をいただきましたからには、決意を新たに一生懸命、江南市政進展のために全力でその職責を果たしていく所存でございます。皆様方のより一層の温かい御指導と御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     (拍手)



○議長(古田みちよ君) 暫時休憩をいたします。

     午前10時48分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時12分 開議



○副議長(宮地友治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の辞職



○副議長(宮地友治君) 議長 古田みちよさんから、議長の辞職願が提出されました。

 議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、議長辞職の件を日程に追加することに決した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 古田みちよさんの議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、古田みちよさんの議長の辞職を許可することに決しました。

     〔1番 古田みちよ君 入場〕



○副議長(宮地友治君) 古田みちよさんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 古田みちよさん。

     〔1番 古田みちよ君 登壇〕



◆1番(古田みちよ君) 副議長さんのお許しをいただきまして、議長退任に当たりまして、一言お礼の御挨拶を申し上げます。

 昨年5月に就任以来1年間、議員の皆様方、そして堀市長さんを初め当局の皆様方の温かい御支援、そして御協力により、無事、議長の大任を果たすことができました。本当にありがとうございました。

 私にとって大変大きな挑戦であり、江南市の女性議長ということで、多くの市民の皆様から励ましのお言葉をいただきました。心から感謝申し上げる次第でございます。

 議長としてともに参加させていただきました議会改革特別委員会では、市民により開かれた議会を目指し、住民説明会の開催などに携わることができました。現在、市民との意見交換会の実施に向け、協議が進められているところでございます。委員の皆様と貴重な体験をさせていただきました。

 また、江南市は本年、60周年を迎え、スタートの行事にも参加をさせていただくことができましたことなど、大変にありがとうございました。

 この1年間、私にとって緊張あふれる充実した1年でありました。皆様方の御協力に深く感謝申し上げる次第でございます。

 中国の「摩訶止観」の中に、「快馬は鞭影を見るや正路につく」という言葉がございます。市民の声に謙虚に耳を傾け、進むべき道を外さないとの決意で、今後は貴重な経験を生かし、一議員として江南市政の発展に尽くしてまいりたいと思っております。

 引き続き皆様の御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますが、退任の挨拶とさせていただきます。本当に皆様、ありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の選挙



○副議長(宮地友治君) ただいま議長が欠員になりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 暫時休憩いたします。

     午後2時18分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時56分 開議



○副議長(宮地友治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 議長の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、副議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、副議長において指名することに決しました。

 議長に木本恵造さんを指名いたします。

 ただいま副議長において指名いたしました木本恵造さんを当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(宮地友治君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました木本恵造さんが議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました木本恵造さんが議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 ただいま議長に当選されました木本恵造さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 木本恵造さん。

     〔17番 木本恵造君 登壇〕



◆新議長(木本恵造君) 皆様の御配慮によりまして、指名推選ということで議長を拝命させていただくことになりました。

 5年前にも議長を一度拝命いたしておりますが、一生懸命やった部分もございますが、空回りした部分もあるかなと思っております。2回目でありますので、1回目の経験を生かして、市長さんがいつも言われます車の両輪であるということ、行政と、そして議会との中間をきっちりと、中立を守りながら、市民の幸せ向上を願いながら一生懸命頑張ってまいりたいと思います。

 また、議員のお一人お一人の御意見はしっかりと拝聴してまいりたいと思います。やじろべえのごとくふらふらはいたしましても、芯はぶれないように一生懸命やってまいりたいと思いますので、どうか議員各位におかれましては、絶大なる御支援と御協力を賜りますことをお願い申し上げまして、議長を拝命いたしました御挨拶とさせていただきます。どうかよろしくお願いをいたします。

     (拍手)



○副議長(宮地友治君) 議長 木本恵造さんと交代いたします。皆様には御協力をいただきまして、まことにありがとうございました。

     〔副議長 宮地友治君 退席 議長 木本恵造君 議長席に着く〕



○議長(木本恵造君) 暫時休憩いたします。

     午後4時01分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時20分 開議



○議長(木本恵造君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 副議長の辞職



○議長(木本恵造君) 副議長 宮地友治さんから、副議長の辞職願が提出されました。

 議会運営委員会におきまして御協議をお願いいたしました結果、副議長辞職の件を日程に追加することに決した旨の報告を受けております。

 お諮りいたします。

 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 宮地友治さんの副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、宮地友治さんの副議長の辞職を許可することに決しました。

     〔20番 宮地友治君 入場〕



○議長(木本恵造君) 宮地友治さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 宮地友治さん。

     〔20番 宮地友治君 登壇〕



◆20番(宮地友治君) 貴重な時間をいただきまして、発言の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。

 昨年5月に、議員の皆様の御推挙をいただき、副議長の大任を仰せつかりまして以来、古田みちよ議長のもとで副議長として皆様方のお力添えをいただきまして副議長責を全うできましたことは、皆様の御協力のものと深く感謝申し上げます。

 この1年間、私にとりましても、この上ない貴重な経験をさせていただきました。今後は一議員として市民の皆様の期待に応えられるよう、この貴重な経験を生かし、ふるさと江南のさらなる発展に取り組んでいく決意でございます。

 今後とも変わらぬ御指導、御鞭撻を心よりお願い申し上げますとともに、議員の皆様、そして議会事務局の皆様を初め職員の方々の御協力に対しまして心から感謝を申し上げ、退任の挨拶とさせていただきます。1年間、ありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 副議長の選挙



○議長(木本恵造君) ただいま副議長が欠員になりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 お諮りいたします。

 この際、時間の延長をしたいと思います。時間の延長をすることに、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、時間の延長をすることに決しました。

 暫時休憩いたします。

     午後4時25分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後5時00分 開議



○議長(木本恵造君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 副議長の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 副議長に稲山明敏さんを指名いたします。

 ただいま議長において指名いたしました稲山明敏さんを当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(木本恵造君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました稲山明敏さんが副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました稲山明敏さんが議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 ただいま副議長に当選されました稲山明敏さんから発言の申し出がありますので、これを許します。

 稲山明敏さん。

     〔12番 稲山明敏君 登壇〕



◆新副議長(稲山明敏君) ただいま議長さんのお許しをいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。

 このたび議員の皆様方の御推挙をいただき、江南市議会副議長を拝命させていただくことになりまして、心より感謝申し上げるとともに、大変光栄に存じます。

 非常に微力ではございますが、市政の推進と議会の円滑な運営のため全力を尽くし、副議長としての最大限の力を発揮し、木本議長を支えるよう一生懸命努力してまいりますので、議員の皆様方並びに堀市長を初め職員の皆様方の御指導、御鞭撻、御協力をお願い申し上げて、簡単ではございますけれど、副議長就任の御挨拶にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 本日は、まことにありがとうございました。

     (拍手)



○議長(木本恵造君) 本日の日程も残っておりますが、本日の会議はこの程度にとどめ、あす14日午前9時から本会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

     午後5時03分 散会

    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

           江南市議会議長    古田みちよ

           江南市議会新議長   木本恵造

           江南市議会副議長   宮地友治

           江南市議会議員    江口雅明

           江南市議会議員    古池勝英