議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 5年 12月 定例会(第4回) 12月22日−04号




平成 5年 12月 定例会(第4回) − 12月22日−04号







平成 5年 12月 定例会(第4回)



      平成5年第4回常滑市議会定例会会議録(第4号)

                          平成5年12月22日(水曜日)

議事日程(第4号)

 平成5年12月22日(水)午前9時30分 開議



日程
件名


第1
議案第66号 常滑市農業共済事業基金の設置及び管理に関する条例等の廃止について


第2
議案第67号 常滑市金山字西石田地内等の土地取得について


第3
議案第68号 常滑市樽水地内の土地取得について


第4
議案第69号 公有水面埋立てに関する意見について


第5
議案第70号 競走用モーター購入契約について


第6
議案第71号 平成5年度常滑市一般会計補正予算(第3号)


第7
議案第72号 平成5年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第2号)


第8
議案第73号 平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)


第9
議案第74号 平成5年度常滑市水道事業会計補正予算(第1号)


第10
議案第75号 平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第1号)


第11
意見書案第4号 道路整備の促進に関する意見書の提出について


第12
意見書案第5号 治水事業の推進に関する意見書の提出について


第13
決議案第1号 暴力追放に関する決議


(追加)
 


第14
議案第76号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について


第15
議案第77号 常滑市特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改正について


第16
議案第78号 常滑市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正について


第17
議案第79号 常滑市職員の給与に関する条例の一部改正について


第18
議案第80号 平成5年度常滑市一般会計補正予算(第4号)


第19
議案第81号 平成5年度常滑市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)


第20
議案第82号 平成5年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)


第21
議案第83号 平成5年度常滑市老人保健特別会計補正予算(第2号)


第22
議案第84号 平成5年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第3号)


第23
議案第85号 平成5年度常滑市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


第24
議案第86号 平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第3号)


第25
議案第87号 平成5年度常滑市水道事業会計補正予算(第2号)


第26
議案第88号 平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)



本日の会議に付議された事件

 議事日程(第4号)のとおり

出席議員(27名)

     1番  山田紀子君        2番  庭瀬健太郎君

     3番  山内升美君        4番  石原多巳雄君

     5番  沢田丸四郎君       6番  八木祥信君

     7番  片岡勝城君        8番  柴山東一郎君

     9番  川原和敏君        10番  村上道明君

     11番  伊藤忠二君        12番  森下忠治君

     13番  竹内弥一君        14番  岩田豊次君

     15番  後藤 正君        16番  中山勇弌君

     17番  杉江秀一君        18番  鯉江 勇君

     19番  鈴木輝明君        20番  山本 勇君

     21番  衣川仁市君        22番  西村武治君

     23番  竹内 満君        24番  中野勇夫君

     25番  稲葉民治郎君       26番  山田竹士君

     27番  鈴村乕夫君

欠席議員

     なし

説明のため出席した者の職氏名

 市長      石橋誠晃君    助役      水野幸雄君

 収入役     榊原福司君    教育長     竹内鉄英君

 参事      内田 顯君    企画管理部長  林 満男君

 総務部長    伊藤万之助君   民生部長    竹内忠雄君

 経済部長    森下美樹君    建設部長    渡辺敏一君

 開発部長    高木雄次君    競艇事業部長  鯉江勇二君

 病院事務局長  森 定之君    消防長     吉田大美君

 教育部長    高井稔和君    企画管理部次長兼企画調整課長

                          伊藤公雄君

 企画管理部次長兼職員課長     民生部次長兼福祉課長

         浜島孝夫君            伊藤 環君

 経済部次長兼土地改良課長     建設部次長兼土木課長

         片岡 昭君            山本武将君

 病院事務局次長 吉田哲夫君    教育部次長兼管理課長

                          吉田美彦君

 監査委員事務局長         秘書課長    土井真太郎君

         伊藤吉治君

 広報課長    森下 勝君    総務課長    片山達師君

 水道課長    桑山和久君議会事務局職員の出席者

 事務局長    山本昌利君    次長      古川増夫君

 次長補佐    神谷荘太郎君   主任      山下金男君

                          (午前9時30分 開議)



○議長(鈴村乕夫君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「議案第66号常滑市農業共済事業基金の設置及び管理に関する条例等の廃止について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第66号常滑市農業共済事業基金の設置及び管理に関する条例等の廃止について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る12月15日、委員全員出席の下に委員会を開催し、農業共済事業が知多地区農業共済事務組合に移管されたため関連条例を一括廃止するという本案を審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第66号は、原案のとおり可決されました。

         (竹内弥一君退席)



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第2、「議案第67号常滑市金山字西石田地内等の土地取得について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第67号常滑市金山字西石田地内等の土地取得について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る15日の委員会におきまして、県営ほ場整備事業鬼崎地区金山多屋工区内の公共用地をグリーンベルトとして12名の所有者から9,023.92平米を6,917万787円で取得したいとする本案につきまして慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第67号は、原案のとおり可決されました。

         (竹内弥一君入場)

         (森下忠治君退席)



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第3、「議案第68号常滑市樽水地内の土地取得について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第68号常滑市樽水地内の土地取得について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本案は農村基盤総合整備事業常滑二期地区の樽水工区内の公共用地を常滑野外活動センター用地として20名の所有者から3万5,610.18平米を3億1,005万2,555円にて取得したいとするもので、今回4回目となるものであります。15日の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第68号は、原案のとおり可決されました。

         (森下忠治君入場)



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第4、「議案第69号公有水面埋立てに関する意見について」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

         〔建設委員長 山本勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第69号公有水面埋立てに関する意見について建設委員会の審査結果をご報告いたします。去る16日、委員全員出席の下に委員会を開催し、常滑港区域内にふ頭用地を埋め立てるための公有水面埋立免許願書について愛知県知事より地元市長の意見を求められ、埋立てについて異議がないとする本案について、現地視察を行い慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第69号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第5、「議案第70号競走用モーター購入契約について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第70号競走用モーター購入契約について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本案は競走用モーター60台を1台当たり前年同額の61万275円にてヤマト発動機株式会社より随意契約にて購入したいとするもので、去る15日の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第70号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第6、「議案第71号平成5年度常滑市一般会計補正予算(第3号)」を議題といたします。

 各常任委員会の審査結果の報告を求めます。まず経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第71号平成5年度常滑市一般会計補正予算第3号のうち当経済委員会に分割付託となりました事項につきまして審査の結果をご報告いたします。去る15日の委員会において、国の総合経済対策の追加事業を含む6款農林水産業費について慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

         〔建設委員長 山本勇登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となっております議案第71号平成5年度常滑市一般会計補正予算第3号のうち当建設委員会に分割付託となりました事項について審査結果をご報告いたします。去る16日の委員会において、付託事項の8款土木費は地方債補正の追加に伴う則源振替を行うというもので、審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

         〔厚生委員長 西村武治君登壇〕



◆厚生委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となっております議案第71号平成5年度常滑市一般会計補正予算第3号のうち当厚生委員会に分割付託となりました事項について審査結果をご報告いたします。去る17日、委員全員出席の下に委員会を開催し、歳出3款1項2目常滑市福祉基金積立金1億円は、将来の高齢者など保健福祉施策の推進に必要な財源を確保する目的で平成4年3月に条例を定め設置いたしました常滑市福祉基金への積立金です。又、4款4項につきましては、平成4年度の病院事業会計におきまして発生しました不良債務相当額などや医療機器購入などの費用に充てるために常滑市民病院事業会計繰出金4億9,664万5,000円を増額するという病院事業費につきましで慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長杉江秀一君。

         〔総務文教委員長 杉江秀一君登壇〕



◆総務文教委員長(杉江秀一君) 

 ただいま議題となっております議案第71号平成5年度常滑市一般会計補正予算第3号のうち当総務文教委員会に分割付託となりました事項について審査結果をご報告いたします。本案は歳入歳出それぞれ7億7,268万3,000円を追加し、補正後の予算総額を202億5,735万9,000円とするもので、付託されました歳入及び歳出2款総務費を始めとする事項について、去る20日、委員全員出席の下に委員会を開催し慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について各委員長の報告は可決であります。よって各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第71号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第7、「議案第72号平成5年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第72号平成5年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算第2号につきまして経済委員会の審査結果をご報告いたします。本案は国の総合経済対策等を含むもので、歳入歳出それぞれ1,169万6,000円を追加し、予算の総額を8億2,773万3,000円とするとともに、地方債におきましても限度額を補正するというものでございまして、去る15日の委員会におきまして慎重審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第72号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第8、「議案第73号平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

         〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第73号平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第2号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本補正予算案は一日平均売上げを1,000万円の増額及び場間場外発売の増が主なもので、歳入歳出それぞれ34億4,851万4,000円を追加し予算の総額を868億1,190万7,000円とするものでございます。去る15日の委員会におきまして慎重審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第73号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第9、「議案第74号平成5年度常滑市水道事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

         〔建設委員長 山本勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第74号平成5年度常滑市水道事業会計補正予算第1号について建設委員会の審査結果をご報告いたします。16日の委員会において、平成8年度から平成10年度までの3年間における愛知用水受水について各年度の受水量の基本料金相当額を限度に債務負担行為を設定するもので、慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第74号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第10、「議案第75号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

         〔厚生委員長 西村武治君登壇〕



◆厚生委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第75号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算第1号について厚生委員会の審査結果をご報告申し上げます。今回の補正は、まず第2条に定めております収益的収支におきまして平成4年度の病院事業会計における不良債務相当額などの繰入れを、支出におきましては制ガン剤や血液製剤等の使用増加に伴う材料費の増額補正をお願いし、第3条におきましては資本的収支における収入が支出に対して不足する額の繰り入れをするという原案を去る17日の委員会において慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第75号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第11、「意見書案第4号道路整備の促進に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。19番鈴木輝明君。

         〔19番 鈴木輝明君登壇〕



◆19番(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました意見書案第4号道路整備の促進に関する意見書の提出について提案説明を申し上げます。道路整備事業につきましては、現在、平成5年度を初年度とする第11次道路整備5箇年計画により順次整備されております。しかしながら、道路整備はまだまだ遅れている状況下において、本市も国道247号線を始め県道、都市計画道路の改良工事が進められておりますが、これら道路も未改良区間が多く残っているのが現状であります。道路は経済活動や日常生活を支える最も基本的な施設であり、中部新国際空港の対岸部に位置する常滑市として市民の豊かな生活や活力あるまちづくりを図る上においても道路整備を早期に完了することが先決であります。したがいまして、平成6年度の予算編成に当たり道路整備事業費に格段の措置がなされるよう政府関係機関に意見書を提出したいとするものであります。以上、議員各位のご賛同をお願いいたしまして提案説明にさせていただきます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。意見書案第4号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって意見書案第4号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第12、「意見書案第5号治水事業の推進に関する意見書の提出について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。19番鈴木輝明君。

         〔19番 鈴木輝明君登壇〕



◆19番(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました意見書案第5号治水事業の推進に関する意見書の提出について提案説明を申し上げます。治水事業につきましては、河川改修を始めとして海岸事業、急傾斜地崩壊対策事業及び災害復旧事業と多岐にわたっており、自然災害等から市民を守る重要な事業であります。本市における河川につきましては従来より矢田川、井口川、稲早川が改修中であります。又、海岸におきましては西之口及び西阿野海岸が順次整備されてきております。更に、急傾斜地におきましても大谷浜條区域や市場区域の整備が進められております。このように市民生活に密着した安全な環境づくりのため、これら治水事業の推進を一層図らなければなりません。したがいまして、平成6年度の予算編成に当たり治水事業に格段の配慮がなされるよう政府関係機関に意見書を提出したいとするものであります。以上、議員各位のご賛同をお願いいたしまして提案説明に代えさしていただきます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。意見書案第5号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって意見書案第5号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第t3、「決議案第1号暴力追放に関する決議」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。19番鈴木輝明君。

         〔19番 鈴木輝明君登壇〕



◆19番(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました決議案第1号暴力追放に関する決議について提案説明を申し上げます。最近の暴力団犯罪はますます悪質化、多様化、巧妙化し社会秩序に大きな脅威を与えております。又、広域暴力団は組織の対立抗争事件や法の盲点を巧みに突いた悪質な資金源活動を繰り返しております。このような状況の下に昨年3月1日、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律が施行され、暴力団排除気運はこれまでになく大きな盛り上がりをみせ、各地域、職場において暴力追放組織が設立されています。こうした気運を背景として、警察の徹底した取締りや関係機関、団体の努力により暴力団組織の内部には相当な危機感と混乱が少なからず伺われるところでありますが、水面下では依然として悪質、巧妙な手口により民事介入暴力に関与するなど平穏な市民生活に重大な脅威を与えております。本年8月1日には、新たな暴力団情勢に対応するため暴力団対策法の一部改正法案が施行されました。又、本年3月25日には愛知県議会において暴力追放についての決議がなされていることから各市議会においても決議をし、改めて暴力追放のスクラムを組み、官民一体となって暴力排除運動の一層の高揚と推進を図ろうとするものであり、当市議会としてもお手元に配付の決議案のとおりその実現を期するものであります。以上、議員各位のご賛同をお願いいたしまして提案の説明とさせていただきます。

         〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。決議案第1号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって決議案第1号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 ここでお諮りいたします。市長から議案第76号から議案第88号までの「議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例」、「常滑市特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例」、「常滑市教育委員会教育長の給与等に関する条例」、「常滑市職員の給与に関する条例」の一部改正案4件及び「関係各補正予算案」9件の計13件が提出されました。この際、この13件を日程第14から日程第26として日程に追加し議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって、さよう日程に追加し議題とすることに決しました。

 日程第14、「議案第76号」から日程第26、「議案第88号」までの計13件を一括議題といたします。

 提案理由の総括説明を求めます。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 議案の追加をお願い申し上げ、ただいま上程されました議案第76号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてから議案第88号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算第2号までの13議案につきまして提案理由の総括説明を申し上げます。

 まず議案第76号及び議案第77号につきましては、議会の議員の報酬及び期末手当並びに特別職の職員で常勤の者、市長、助役、収入役の給料及び期末手当について改めたいとするものでございます。なお、報酬及び給料の額につきましては去る10月15日に特別職報酬等審議会を設置し、ご審議をお願いしていたところでございます。このたび11月16日付け当審議会の答申をいただきました。この答申には審議内容の説明がありました。その概要を申し上げますと、社会経済情勢の厳しい深刻な状況、一般企業におきます極めて深刻な状況、こうした状況の下、当市の財政状況も事業収入、主要財源の見通しが従来のような伸びを期待することは厳しい状況にある。一方、行政需要は大型の投資事業、高齢化社会に対応した福祉施策の充実など市民要望はますます多様化し増加していることが予想されること、こうした行政事情の中で職務と責任は重大である。これらの諸事情を踏まえ、更に近隣知多4市は今年4月以降改定されており現在の比較において常滑市は低い水準にあること。県下各市において相当数の市が本年4月以降に改定されていること。今年の春闘における民間賃金の引上げは3パーセント台後半となり約2パーセント人事院勧告によって行われること。この3つの点を考慮して慎重に審議がされましたと付記されて答申がされました。この答申を尊重し、それぞれの報酬月額並びに給料月額について改正をお願いするものでございます。又、期末手当の改正につきましては一般職の職員の給与改定に準じまして減額の改正を提案申し上げる次第であります。

 次に議案第78号につきましては、教育委員会教育長の給料月額の改正で、市三役に準じ同様の措置を講じさせていただきたいとするものでございます。

 次に議案第79号常滑市職員の給与に関する条例の一部改正でございますが、市職員の給与につきましては、毎年人事院勧告を基本に改正をお願いいたしておりまして、木年度におきましても去る8月7日に人事院は国会及び内閣に対して国家公務員の給料並びに諸手当につい1.92パーセントの引き上げを行い、本年4月1日から適用するよう勧告されました。国におきましては、この勧告を完全実施し関係給与法の改正が行われたところであります。したがいまして、市職員の給料につきましても国家公務員の給与改定に準じて所要の措置を講ずるため条例の改正を行うものであります。又、補正予算につきましては、これらの4議案に関連します所要の経費についてそれぞれの会計ごとに補正措置を講ずるものでございます。各議案の内容につきましては関係部課長等からご説明申し上げますのでよろしくご審議をいただきましてご決定を賜りますようお願い申し上げまして総括説明とさせていただきます。



○議長(鈴村乕夫君) 

 提案理由の総括説明は終わりました。

 これより順次補足説明を求めます。

 まず「議案第76号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」から「議案第79号常滑市職員の給与に関する条例の一部改正について」までの4件の補足説明を求めます。企画管理部長。



◎企画管理部長(林満男君) 

 ただいま一括議題となりました議案第76号から第79号までの4つの議案の条例改正につきまして補足の説明を申し上げます。

 まず最初に議案第76号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてご説明を申し上げます。この条例改正は議会の議員の報酬月額及び期末手当の支給割合について改正をお願いするものでございまして、その内容につきましては条例第1条中の報酬月額を議長については現行48万円を50万円に、副議長については現行43万3,000円を45万1,000円に、議員については現行40万6,000円を42万3,000円にそれぞれ改正するものでございます。又、第5条第2項中の期末手当の支給割合について、3月支給分については現行100分の55を100分の50に、12月支給分については現行100分の270を100分の260にそれぞれ引き下げの改正を行うものでございます。この結果、年間の期末手当の支給割合は現行5.45か月分から0.15か月分引き下げ5.3か月分となるものでございます。なお既に支給されました本年12月の期末手当につきましては、その引下げ分について来年3月支給予定の期末手当で精算するための特別措置を定めさせていただくものでございます。附則におきまして、この条例は公布の日から施行し、第5条第2項の期末手当の改正規定は平成5年12月1日から適用し、第1条の報酬月額の改正規定は平成6年1月1日から施行するものでございます。又、附則第2項及び第3項においては本年度の12月及び3月に支給する期末手当の額の特例規定を定めさせていただくものでございます。

 次に議案第77号常滑市特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改正について説明をさせていただきます。この条例改正は市長、助役及び収入役の給料月額及び期末手当の支給割合について改正をお願いするものでございます。その内容につきましては、条例第2条中の給料月額を市長については現行100万円を104万円に、助役については現行83万5,000円を86万5,000円に、収入役については現行76万5,000円を78万5,000円にそれぞれ改正するものでございます。又、第3条の2第2項中の期末手当の支給割合については、3月支給分については100分の55を100分の50に、12月支給分については100分の270を100分の260にそれぞれ引き下げるものでございます。この結果、期末手当の年間支給額は現行の5.45か月分から5.3か月分となり0.15か月分の引き下げとなるものでございます。なお既に支給されました本年12月の期末手当の取扱いにつきましては、先ほど説明させていただきました議員の期末手当の取扱いと同様でございます。附則といたしまして、この条例は公布の日から施行し、第3条の2第2項の期末手当の改正規定は平成5年12月1日から適用し、第2条の給料月額の改正規定は平成6年1月1日から施行するものでございます。又、附則第2項及び第3項については今年度の12月及び3月に支給する期末手当の額の特例規定を定めさせていただくものでございます。

 次に議案第78号常滑市教育委員会委員長の給与等に関する条例の一部改正についてご説明をさせていただきます。この条例改正は教育長の給料月額を改正するものでございまして、条例第2条中の給料月額を現行68万7,000円を70万5,000円に改めるものでございます。附則といたしまして、この条例は平成6年1月1日から施行するものでございます。なお県下各都市の三役、教育長の給与月額及び議員の報酬月額の状況等につきましては別添資料のとおりでございますのでよろしくお願いをいたします。

 続きまして、議案第79号常滑市職員の給与に関する条例の一部改正についてご説明を申し上げます。この条例改正は今年度の人事院の国家公務員に対する給与改定勧告に準じまして常滑市職員の給与等について所要の改正をお願いするものでございます。この改正の内容につきましては議案のほかに参考資料として常滑市職員の給与改定についての資料を添付させていただきましたので、まずその資料によりご説明をさせていただきます。参考資料の1ページからご覧をいただきたいと思います。初めに今回の給与改定率でございますが、給料、諸手当を含みまして全職員平均で2.1パーセントとなり、額にいたしまして月額7,323円の引き上げとなるものでございます。具体的な改定内容といたしましては、まず給料表の改定で国の俸給月額の改定に準じまして当市において該当いたします全給料表の給料月額を別表のとおり改定をさせていただくものでございます。この改定によりまして各給料表ごとの平均改定率でございますが、行政職給料表で平均1.96パーセント、医療職給料表(1)、これは医師でございますけども平均1.91パーセント、医療職給料表(2)で、これは薬剤師、技師の関係でございますが平均で1.94パーセント、医療職給料表(3)、看護婦の関係でございますが平均で2.3パーセント、全体にいたしますと平均で2.0パーセント、額にいたしまして給料は、本給は5,953円の引き上げとなるものでございます。なお初任給につきましては、一般行政職で高校卒が現行14万1,000円が14万4,200円に、短大卒が現行15万2,300円が15万5,600円に、大学卒が現行17万4,600円が17万8,400円にそれぞれ引き上げとなるものでございます。又、今回給料表の改定におきまして行政職給料表を現行の9級制から10級制に改めるものでございます。次に諸手当の改定でございますが、初めに扶養手当の改定につきましては、まず子供等配偶者以外の扶養親族のうち3人目以降の扶養手当の額1人につき現行月額1,000円を2,000円にするものでございます。1ページ繰っていただきまして2ページをお願いいたします。又、今回新たに満16歳から満22歳までの子を扶養する職員について子供1人につき規定の扶養手当に1,000円を加算することとするものでございます。次に住居手当の改定でございますが、まず借家・借間居住者に係る手当につきましては家賃の月額が2万3,000円以下の職員については現行どおり家賃の月額から1万2,000円を控除した額1万1,000円を据え置きとさしていただき、家賃の月額が2万3,000円を超える職員につきましては家賃の月額から2万3,000円を控除した額の2分の1の加算限度額を現行1万5,000円から1万6,000円に改めさせていただくものでございます。又、持家居住者の手当につきましては現行3,000円を3,500円に改正するものでございます。次に通勤手当の改定でございますが、今回は条例規定の範囲内における規則の改正で行うものでございますが、自動車等の交通用具使用者に係る通勤手当につきまして、それぞれの通勤距離に応じて2キロ未満から2キロ単位に、20キロ以上までの各11段階においてそれぞれ一律月額200円の引き上げをするものでございます。次に宿日直手当の改定でございますが、これは市役所、又は市民病院における宿直、又は日直勤務に対して勤務1回につき現行4,300円を4,600円に改めさしていただくとともに、その勤務が半日あるいは半日から引き続いて勤務をしていただく場合におきましての宿日直手当の額についてもそれぞれ改正をさせていただくものでございます。次に期末・勤勉手当の改定でございますが、今回の改正は期末手当の支給割合を改定するものでございまして、3月期においては現行0.55か月分を0.5か月分に、12月期については現行2.1か月分を2か月分にそれぞれ支給割合を引き下げるものでございます。これによりまして年間の期末・勤勉手当の支給割合は現行の5.45か月分から0.15か月分引き下げ5.3か月分となるものでございます。なお、本年度については既に支給済みの12月期の期末手当の引下げ分につきましては3月期の期末手当の中で減額措置をさしていただくための特例規定を定め調整をさせていただくものでございます。次に時間外勤務手当及び休日勤務手当の改定でございますが、今回の改正は労働基準法の改正により時間外及び休日勤務における割増賃金の最低基準が改正されたことによりまして、その支給割合について現行の100分の125を100分の125から100分の150までの範囲内で規則で定める割合とするものでございます。次にこの給料改定の実施時期でございますけども、平成5年4月1日から適用させていただくものでごさいます。ただし、宿日直手当の改正につきましては平成6年1月1日から又、時間外勤務手当及び休日勤務手当の改正につきましては平成6年4月1日から実施するものでございます。以上が今回の給与改定の主な内容でございます。なお資料の4ページ以降につきましてはそれぞれの改定事項に関する比較資料を添付させていただいておりますのでよろしくお願いを申し上げます。それではご提案申し上げております議案第79号の常滑市職員の給与に関する一部改正についての説明を改めてさせていただきます。まず条例第11条につきましては医師に対する初任給調整手当の改正でございまして、採用による欠員の補充が困難と認められる場合における支給月額の限度額を医療職給料表(1)の適用者について現行25万2,000円を25万8,600円に改め、それ以外の者については現行4万9,500円を5万100円にそれぞれ国の規定に準じまして改正をさせていただくものでございます。次に第12条は扶養手当に関する改正でございまして、第3項中配偶者以外の扶養親族のうち3人目以降の者について1人について現行1,000円を2,000円に改め又、第4項は扶養親族のうち満15歳に達する日以後の年度初めから満22歳となる年度末までの間の子につきまして1人につき1,000円の加算規定を定めるものでございます。次に第13条は扶養手当の支給に関する届出等の諸規定について改正をするものでございます。次に第14条は住居手当に関する改正でございまして第2項第1号については借家・借間居住者に関する手当について又、同項第2号は持家居住者に係る手当について先ほど申し上げさしていただきましたとおりそれぞれ改正をさせていただくものでございます。次に15条の2は単身赴任手当の改正でございまして、国の規定に準じまして赴任先の交通距離に応じた手当の加算限度額について現行1万8,000円を2万9,000円に改めさせていただくものでございます。次に第16条は時間外勤務手当の改正でございまして、その支給割合について現行100分の125を100分の125から100分の150までの範囲内で第1号及び第2号による時間外勤務の区分により規則で定める割合に改めるとともに、その勤務が深夜に係る場合の支給割合の加算規定を改正するものでございます。次に第17条は休日勤務手当の改正でございまして、時間外勤務手当と同様その支給割合について改正をするものでございます。次に第19条は宿日直手当の改正でございまして、それぞれ宿日直勤務の形態により勤務1回当たりの手当について先ほど説明させていただきましたとおり改正をするものでございます。次に第20条は期末手当の改正でございまして、その支給割合につきまして3月分及び12月分についてそれぞれ引き下げの改正を行うものでございます。次に給料表の改正につきましては、別表1の行政職給料表及び別表2の医療職給料表のとおり改正をさせていただくものでございます。附則といたしまして、この条例は公布の日から施行し、改正後の条例の規定は平成5年4月1日から適用するものでございます。ただし、第19条の宿日直手当の改正規定は平成6年1月1日から、第16条及び第17条の時間外勤務手当及び休日勤務手当の改正規定は平成6年4月1日から施行するものでございます。又、給料月額の改正に伴う切替え措置及び期末手当の引下げ改正に伴う今年度の期末手当の支給額に係る特例措置等についても附則で定めさしていただくものでございます。以上で一括議題となりました議案第76号から第79号までの4議案についての補足説明とさせていただきます。よろしくご審議をいただきましてご可決を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(鈴村乕夫君) 

 次に「議案第80号平成5年度常滑市一般会計補正予算(第4号)」から「議案第86号平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第3号)」までの7件の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第80号平成5年度常滑市一般会計補正予算第4号から議案第86号平成5年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第3号までにつきまして補足の説明を申し上げます。今回の各補正予算につきましては、先ほどの市長の総括説明及びただいまの議案第76号から第79号まで一括で説明を申し上げましたとおり議会の議員の報酬、期末手当を始め市三役の給料、期末手当、教育長の給与及び市職員の給与の改定に伴います報酬、給与費等とこれに関連する経費などにつきまして補正を行うとともに、当初予算に計上しました職員数について款項目の区分により調整させていただくものでございます。それでは各議案ごとに説明を申し上げます。

 まず初めに議案第80号一般会計につきましては、補正予算説明書の6ページに事項別明細書総括として記載してありますとおり、1款議会費の117万4,000円の増額以下、10款の教育費で464万2,000円の減額まで、退職手当の増額7,500万円を含めて差し引き合計1億5,939万7,000円の増額でございます。この財源につきましては予備費を減額しまして充当するものでございます。なお給料、職員手当の明細につきましては68ページ以降に記載のとおりでございまして、一般職員数は688人でございます。

 次に議案第81号交通災害共済事業特別会計につきましては、歳入歳出それぞれ199万3,000円を追加し予算の総額を2,901万円とするもので、2ページにありますとおり歳入では繰越金として199万3,000円を増額し、歳出において職員1人の人件費で10万2,000円を増額し、予算費に189万1,000円を組み入れさせていただくものでございます。

 続いて議案第82号の国民健康保険事業特別会計につきましては、2ページにありますとおり職員9人の人件費として1款1項の総務管理費において441万2,000円の増額でありまして、その財源として予備費を同額減額し充当するものでございます。

 議案第83号の老人保健特別会計につきましては、職員3人の人件費として1款1項の総務管理費において69万6,000円の増額であり、その財源として予備費を減額し充てるものでございます。

 議案第84号農業集落家庭排水処理施設特別会計につきましても職員4人に係る人件費で、2ページに記載してありますとおり60万7,000円の増額であり、財源といたしましても同じく予備費を充てるものでございます。

 議案第85号の下水道事業特別会計につきましては、2ペーシに記載のとおり1款の下水道総務費と2款下水道建設費を合わせて2人の職員人件費76万7,000円の増額でありまして、その財源として予備費を同額減額し充当するものでございます。

 次の議案第86号モーターボート競走事業特別会計につきましては、職員59人に係る人件費で、2ページに記載のとおり1款1項の総務管理費において857万2,000円の増額でございまして、この財源として予備費を同額減額して充当するものでございます。以上が議案第80号から議案第86号までの補正予算内容でございます。なお、この一般会計及び特別会計合わせて7会計の人件費補正額は1億7,455万3,000円の増額となるものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご可決を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(鈴村乕夫君) 

 次に「議案第87号平成5年度常滑市水道事業会計補正予算(第2号)」の補足説明を求めます。水道課長。



◎水道課長(桑山和久君) 

 ただいま議題となりました議案第87号平成5年度常滑市水道事業会計補正予算第2号について補足の説明を申し上げます。今回の補正につきましては、先ほど常滑市職員の給与に関する条例の一部改正に伴います給料及び諸手当の補正を始め退職手当、法定福利費についての補正を行うとともに、当初予算に計上いたしました職員数の実数との調整などを措置さしていただくものでございます。なお、職員数につきましては1名減の17名体制でございます。補正の内容につきましては、第2条収益的収入及び支出では、支出のうち営業費用につきましては381万4,000円を減額し、補正後の水道事業費を8億6,789万4,000円とするものでございます。又、第3条資本的収入及び支出では、支出のうち建設改良費につきまして49万2,000円を減額し、補正後の資本的支出額を5億8,617万7,000円とするものでございます。したがいまして、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3億1,686万2,000円は損益勘定留保資金等で補填したいとするものでございます。なお、第4条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち給与費につきましては、今回補正措置によりまして1億3,739万6,000円となるものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げ補足の説明といたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 次に「議案第88号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)」の補足説明を求めます。病院事務局長。



◎病院事務局長(森定之君) 

 ただいま議題となりました議案第88号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算第2号につきまして補足の説明を申し上げます。今回の補正は、先の常滑市職員の給与に関する条例の一部改正に伴います給料及び諸手当等の補正と当初見込みよりの職員数の減に伴う減額分の調整をさせていただくものでございまして、まず補正予算第2条では支出1款1項医業費用のうち給与費で1,789万円の減額補正をお願いし、補正後の病院事業費用を50億1,025万といたすものでございます。又、第3条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち給与費におきましても1,789万円を減額するという今回の補正措置により28億4,673万8,000円となるものでございます。何とぞよろしくご審議を賜りご決定くださいますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。庭瀬健太郎君。



◆2番(庭瀬健太郎君) 

 議案第80号の平成5年度常滑市一般会計補正予算第4号の中で質問をいたします。今度、給与改定をしてですね、そのことによって市税と人件費との割合がどういうふうになるかということについて質問をいたします。この12月の補正で、予想として12月補正では市税に対する一般会計の人件費がどれだけになるか、何パーセントになるかをご説明願いたいと思います。同時に年度末にはおよそどのくらいになるかという推定がございましたらそれもご説明を願いたいと思います。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 お答えをさせていただきます。平成5年度一般会計補正予算12月補正後の市税と人件費の割合についてでございますが、市税に対する人件費の割合、この人件費につきましては報酬から給与、共済費すべてを含めてございます。82.2パーセントでございます。なお、年度末の見込みということでどざいますが、予算上は余り変わらない結果になろうかと存じますが、決算の段階におきまして決算の統計上の処理上、各都市とその決算の仕方等で調整しますので数パーセント、この率より数パーセント下がった率になるということを予想しております。以上お答えとさせていただきます。



◆2番(庭瀬健太郎君) 

 一括で2回しか質問できないですか、ちょっと聞いときたいと思います。



○議長(鈴村乕夫君) 

 一応、そういうことになっておりますが。



◆2番(庭瀬健太郎君) 

 それでは今のですね、市税と人件費、一般会計における市税と人件費の問題でございますが、平成4年度の決算委員会において3年度の決算を認定いたしましたときに、3年度は73.5パーセントでございました。それでそのときの決算特別委員会の各会計への意見要望事項の中に明記いたしたところでございますが、されているわけでございますが、一般会計については財政構造を考え人件費は対市税73.5パーセントを超えないようにされたいという事項が1項目要望事項としてございます。市長もそのことを留意して今後対処したいというご意見だったと思うわけでございます。そして今年の決算特別委員会で平成4年度の決算認定を行った結果、その市税に対する人件費の割合は72.6パーセントというふうに約1ポイント下がったわけでございます。しかし、今お伺いしますと今回の給与改定によってですね、12月末現在で82.2パーセントというふうに又大きくなる。そして年度末にまあ数パーセント、5パーセント下がったとしても77パーセントぐらいになるのではなかろうかと予想されるわけでございます。そこでこの問題については市長のですね、このような常滑市の財政構造、財政構造の根幹の問題である市税と人件費の問題について今回ベース改定を行うに当たって市長がどのように考えられておるかという点についてお伺いしたいと思います。それから質問が1回しかできませんのでもう一つ病院会計についてお伺いをいたします。お伺いをすると同時に要望事項として意向を質したいと思うわけでございます。先ほど企画管理部長から説明のありました参考資料、常滑市職員の給与改定についてというとこの一番最後に資料9といたしまして県下各市給与実態比較表というのが出ておるわけでございます。これを見ますると30市、県下30市の職員数、人口、全職員数、普通会計職員数、そして一般行政職の職員数と平均給料月額、平均年齢というのがございまして、いわゆる一般職の職員の各市におけるその人員配置あるいは給与水準のおおよそがこれでつかめるわけでございます。貴重な資料だと思うわけでございますが、しかしこの職員の実態については分かるわけでございますが、病院事業の300を超える職員の実態については分からないわけでございます。そして今常滑市の病院事業においては3億台の3条赤字を抱えておるわけでございまして、その中でやはり赤字原因に大きく人件費の問題がかかわってきておる実態でございます。したがいまして、こういう給与の問題を提起されるときには是非参考資料に300人余の病院事業会計における職員の給与の水準実態、こういうものも把握できるような資料を添えて提出していただきたい。少なくとも知多、半田それから東海市ぐらいの公立病院、できれば県下の公立病院の各職種による給与水準そういうものが分かるような資料を添えていただきたいと思うわけでございますが、市長並びに関係、病院関係当局のそういうことについてご見解を聞いておきたいと思います。以上です。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいまご質問のうち平成3年度決算、平成4年度決算、その段階においては73.5パーセントから72.6パーセントにダウンしているが平成5年度の決算見込みにおいては予算上から数パーセントダウンするにしても七十数パーセントになるということに対しての人件費の今後の考え方でございますが、ちょっと私からその計算上の内容につきまして申し上げさせていただきたいと存じます。実は今回の補正予算等でも説明申し上げておりますとおり市税収入が現在の12月補正後の予算上におきましては、前年の決算71億6,000万円余に対しまして、今回補正で見とりますので70億9,100万円ということで前年の決算よりも1パーセント程度下がる予算見込みでございます。こうしたことから一方の人件費は増の中で分母となります市税収入が経済の伸展あるいは人件費の増に併せた形で伸びていないということが、その率で見ました場合に低下を余儀なくされている。率としてはアップを余儀なくされているという状況でございます。このことについてまずお答えをさせていただきます。よろしくお願いします。



◎病院事務局長(森定之君) 

 ただいまの庭瀬議員さんのご質問でございますが、今回の給与改定と言いますか、他の病院の実態は確かに資料として添付をしてございません。私どもで掌握しております状況につきましては昨年度の、いわゆる平成4年度の決算状況ということで職員数、各職種ごとの職員数並びに平均給与額という状況はある程度のところまでは承知しておるわけでございますが、その中身で申し上げますと各職種の給与の水準というものは他の公立病院、県下の公立病院の中では大体平均的な水準と言いますか、中位に位置するものと考えております。それからご要望のございました一般行政職の表で各自治体の状況が今回の資料の中に表わされておるわけでございますが、こうしたことにつきましては差し当たり当面、差し当たりと申しますか、今年度は実際知多地区の4病院の関係につきましても特に資料を持ち合わせておりません。来年度に向けましていろいろ検討して参りたいとこのように考えております。

 よろしくお願いします。



◎市長(石橋誠晃君) 

 市政の運営、市の運営は市税が基本でございます。おっしゃるとおりでございまして市税と人件費とのその比率は重要な課題でございまして、私も留意をしていくということでお答えいたしておりますし、そういうことで市政の運営を図っておるわけでございますが、さてそれでは事業をどうするのかということになりますと、もうそれぞれの事業がご承知のとおりそれぞれ必要なものばかりで事業をやめるわけにもいかないいう現状、又、職員を減らすということも、これは長い期間を見れば数的に減らすことはできますけれども非常に難しい問題でございまして、そういうことはすぐやるということはできませんで、やはり先ほども審議会の、報酬等審議会の中でもございました市民の要望は多様化をし高齢化社会での福祉対応あるいは大型特殊事業いろいろと増えておるわけでございまして、そうした中で人件費をどうしてくかということでございますが、ここ1〜2年真剣に検討しております。又、第3次総合計画でも皆さん方にも案をお示ししながら検討をいたしております。委託事業できるものは委託事業しながらこうしたことに留意をしながらやっていきたいというふうに考えております。



○議長(鈴村乕夫君) 

 ほかに質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案13件については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案13件は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。まず議案第76号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第76号は、原案のとおり可決されました。

 次に議案第77号常滑市特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改正については、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第77号は、原案のとおり可決されました。

 次に議案第78号常滑市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第78号は、原案のとおり可決されました。

 次に議案第79号常滑市職員の給与に関する条例の一部改正については、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第79号は、原案のとおり可決されました。

 次に議案第80号平成5年度常滑市一般会計補正予算第4号から議案第88号平成5年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算第2号までの9件の補正予算案を一括採決いたします。本補正予算案9件は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第80号から議案第88号までの9件は、原案のとおり可決されました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、会議を閉じることにいたしたいと思います。

 閉会に当たりまして、市長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 議長さんのお許しをいただきまして閉会に当たりまして謹んでごあいさつを申し上げます。去る12月8日から本日まで15日間にわたり開催をいただきました平成5年第4回市議会定例会もただいま閉会となりました。市長から提案申し上げました重要な多くの案件につきまして、いずれも慎重にご審議を賜りまして原案のとおり全員のご可決を賜りまして誠にありがとうございました。ご質疑あるいはご発言の中で賜りましたご意見、又、ご要望等につきまして、今後、行政執行の中で十分配慮して参る所存でございます。今後とも格別のご理解ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。なお、本日追加でお願いをいたしました特別職、三役等の給料並びに一般職員の給与等につきまして、報酬審議会の答申並びに人事院勧告に伴うものでございますが、この大変厳しい社会情勢の中、即決でお決めをいただきまして大変ありがとうございました。議員の皆様方におかれましてはご健康に留意をされまして、よい年をお迎えいただけますよう心から祈念を申し上げまして、閉会に当たりましてのお礼のあいさつに代えさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 これをもちまして、平成5年第4回常滑市議会定例会を閉会いたします。

                          (午前11時04分 閉会)

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

 平成5年 月 日

                  議長  鈴村乕夫

                  副議長 鈴木輝明

                  議員  伊藤忠二

                  議員  中山勇弌

                  議員  山本 勇