議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 5年  6月 定例会(第2回) 06月15日−04号




平成 5年  6月 定例会(第2回) − 06月15日−04号







平成 5年  6月 定例会(第2回)



      平成5年第2回常滑市議会定例会会議録(第4号)

                          平成5年6月15日(火曜日)

議事日程(第4号)

 平成5年6月15日(火)午前9時30分 開議



日程
件名


第1
議案第40号 常滑市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部改正について


第2
議案第41号 半田常滑高等看護学院組合規約の一部改正について


第3
議案第42号 榎戸下水路整備事業の工事請負契約について


第4
議案第43号 常滑市常滑公園の建設工事委託に関する協定について


第5
議案第44号 競走用ピット購入契約について


第6
議案第45号 競走用ボート購入契約について


第7
議案第46号 競走水面消波装置購入契約について


第8
議案第47号 平成5年度常滑市一般会計補正予算(第1号)


第9
諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について


第10
諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について


第11
諮問第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について



本日の会議に付議された事件

 議事日程(第4号)のとおり

出席議員(27名)

     1番  山田紀子君        2番  庭瀬健太郎君

     3番  山内升美君        4番  石原多巳雄君

     5番  沢田丸四郎君       6番  八木祥信君

     7番  片岡勝城君        8番  柴山東一郎君

     9番  川原和敏君        10番  村上道明君

     11番  伊藤忠二君        12番  森下忠治君

     13番  竹内弥一君        14番  岩田豊次君

     15番  後藤 正君        16番  中山勇弌君

     17番  杉江秀一君        18番  鯉江 勇君

     19番  鈴木輝明君        20番  山本 勇君

     21番  衣川仁市君        22番  西村武治君

     23番  竹内 満君        24番  中野勇夫君

     25番  稲葉民治郎君       26番  山田竹士君

     27番  鈴村乕夫君

欠席議員

     なし

説明のため出席した者の職氏名

 市長      石橋誠晃君    助役      水野幸雄君

 収入役     榊原福司君    教育長     竹内鉄英君

 参事      内田 顯君    企画管理部長  林 満男君

 総務部長    伊藤万之助君   民生部長    竹内忠雄君

 経済部長    森下美樹君    建設部長    渡辺敏一君

 開発部長    高木雄次君    競艇事業部長  鯉江勇二君

 病院事務局長  森 定之君    消防長     都築孝信君

 教育部長    高井稔和君    企画管理部次長兼企画調整課長

                          伊藤公雄君

 企画管理部次長兼職員課長     民生部次長兼福祉課長

         浜島孝夫君            伊藤 環君

 経済部次長兼土地改良課長     建設部次長兼土木課長

         片岡 昭君            山本武将君

 競艇事業部次長兼総務課長     病院事務局次長

         森岡哲造君            吉田哲夫君

 消防次長    吉田大美君    教育部次長兼管理課長

                          吉田美彦君

 監査委員事務局長         秘書課長    土井真太郎君

         伊藤吉治君

 広報課長    森下 勝君    総務課長    片山達師君

 都市計画

         都築克司君

 課長

議会事務局職員の出席者

 事務局長    山本昌利君    次長      古川増夫君

 次長補佐    神谷荘太郎君   主任      山下金男君

                          (午前9時30分 開議)



○議長(鈴村乕夫君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「議案第40号常滑市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第40号は、総務文教委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第2、「議案第41号半田常滑高等看護学院組合規約の一部改正について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。議案第41号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

  起立全員と認めます。よって議案第41号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第3、「議案第42号榎戸下水路整備事業の工事請負契約について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第42号は、建設委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第4、「議案第43号常滑市常滑公園の建設工事委託に関する協定について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第43号は、建設委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第5、「議案第44号競走用ピット購入契約について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第44号は、経済委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第6、「議案第45号競走用ボート購入契約について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第45号は、経済委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第7、「議案第46号競走水面消波装置購入契約について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第46号は、経済委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第8、「議案第47号平成5年度常滑市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。通告がありますので発言を許します。2番庭瀬健太郎君の発言を許します。



◆2番(庭瀬健太郎君) 

 ただいま議題となっております平成5年度常滑市一般会計補正予算第1号について質問をいたします。歳出の1款1項1目議会費、2)行政調査視察費187万5,000円及び2款1項1目一般管理費、1)特別職旅費37万5,000円の予算の問題についてお伺いをいたします。まず第1はこれは中国への行政調査視察の費用だと思うわけでございますが、このたびの中国視察は半田市徐州市友好提携訪中団という視察に参加するものだと思うわけでございます。その訪中団に一緒に同道することの意義について市長はどのように考えておられるかを説明していただきたいと思うわけでございます。常滑市からは前議長稲葉民治郎氏と水野助役、更に市会議員としては4人の市会議員の方が参加されると言いたいところですが、もはやされたということだということであります。聞くところによりますと旅費としては一人27万円、支度金が10万円余で合計一人37万5,000円の費用が掛かったと聞いております。行かれたのは5月26日から6月1日の7日間、徐州市、西安市、北京市の3市を訪問されたということであります。又、半田市を中心に総勢125名の団体だったとお伺いしております。又、半田市からは市会議員が、一般議員が8名、去年、今年の議長が1名ずつで計10名の議員の人が参加されたやに聞いております。で、説明を願いたいのは今回の訪中団の旅費の支出については、先ほども申しましたように旅費は27万円で後支度金ということで出しておるわけでございます。半田市の状況をお伺いいたしますと10人の方には旅費だけの支給で支度金はそれぞれ自分持ちというような形で10人の方が参加されたというふうに聞いておるわけでございます。又、半田市長は3月以来、5市5町を訪れられまして、この半田徐州市の友好提携訪中団に参画されるように働き掛けたけれども、結果的には半田の方と常滑の市会議員が参加するだけで、ほかの市町の議員さんは参加しなかったというふうに聞いておるわけでございます。そういうような状況であった今度の訪中視察の必要性について、つまり今回の予算提案をされる説明について市長の意見をお伺いしたいと思うわけでございます。それが第1点であります。第2点はこのように事を実施してしまってから予算を出して審議をするということは、これは地方自治法の本旨からいっても間違っているやり方だと思うわけであります。当然予算というものは1円たりとも又、1万円たりとも予算を議会に出し、議会で審議をし、議決をしてその議決をされた範囲において市長が執行権を行使すると、これが正しい自治法の行き方だと私は思っておるわけでございますが、市長はどのような見解をお持ちであるかお伺いをしたいと思うわけであります。特に市長は清潔・誠実・公正をモットーにしてやっていくということでございますので、全く自治法にのっとって当然執行予算、提案執行するべきだというふうに思うわけでございます。その点についても市長から篤とご説明を願いたいと思います。3つ目には、聞くところによると半田市長から声が掛かったのは3月2日でございまして、それ以来3月9日に常任正副委員長会議を行いこの検討を行い、4月6日の議長経験者会議を経て委員長会議で決められ、市長が4月26日の全協で報告をされたという順序を経とると思うわけでございます。そこでお伺いしたいのは、3月あるいは4月から考えても当然5月の11日には臨時議会があったわけでございまして、なぜ臨時議会のときに補正予算を出してこの件を審議し、議決をしておかなかったかということが残るわけでございます。5月の臨時議会のときに補正予算として出して、議決をしておけばちょうど5月の下旬から6月にかけて実施をする行事でありますので、これで正常な行政運営ということになると思うわけでございます。その点についてもなぜ5月議会に出さなかったか、あるいはもう了解していることだから後で決めればいいんだというふうに思ったのか、あるいは一応既定予算として議会費の方では1,194万7,000円の行政視察予算が一応組んである、あるいは執行部の特別職の行政調査視察費としては50万2,000円当初予算で組んであるからそれをやり繰りすればいいんだと考えられたのかどうか。そういうことはこれはできるようですけれども、結局今度の中国のこの行政視寮費は議決されていないわけでございますので、それは便宜主義であり私は自治法を逸脱する行為だというふうに思うわけでございます。やはりきちっと補正予算を組んで議決を得てから執行する。これが正しい行き方だと思うのですがいかがお考えか、市民の立場から私は質問をいたしておりますので市民に分かるように説明をお願いしたいと思います。



◎市長(石橋誠晃君) 

 庭瀬議員さんの中国訪中につきましてのご質問にお答えをさしていただきます。この中国、今回の訪問団につきましてのことでございますが、日中友好、中国、特にこの愛知県も江蘇省と友好提携をいたしておりまして、江蘇省内の市とそれぞれ常滑市なりの友好をここ約10年来やってきておるところでございます。特に徐州市、南京市、宜興市、南通市等の代表団が常滑市も訪問してくれておりまして、又、これまでも度々常滑市といたしましても代表団を送っておるところでございます。そうしたことで常滑市としても今回この半田の徐州市提携を機会を通じてまあ半田市長さんからの3月2日に要請があったということもそのうちの1つの理由にはなりますが、それだけでなしに常滑市の常滑市なりの友好を深めていきたいということも3月2日に半田市長さん来られまして要請がありまして、その後、じっくりと考え4月になりまして議長さんともご相談申し上げそのように取り計らいをさしていただいたというのがこの中国訪問の訪問団の理由でございます。それからこの予算を執行してから今回の第2回定例会にお願いした、5月に臨時議会があったではないかとこういうことでございますが、やはりこの地方自治体の予算は当初予算ではっきり決めて執行していくというのが本来の趣旨でございますが、その議会閉会中で起きた必要な事態の対応というのは、現計予算があればやはり臨時議会でなくて定例議会で普通会計については補正をしていくというのが一番いいではないかというふうに私は考えるわけでございます。その他、事務的な対応につきましては担当の総務部長からお答えをさせていただきます。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 庭瀬議員さんの質問いただきましたうち事務的な関係等につきましても申し上げさせていただきたいと思います。まず予算でございますが、改めて申し上げるまでもなく予算につきましてはその自治体が行う事務事業についてあらかじめ、いわゆる必要額を算定しまして議会に提案し、議決をいただいて実施するということは言うまでもございません。そして、その予算については、特に歳出科目について申し上げますと、歳出につきましては款、項、目、節という形で目的別に分別され予算を編成しております。そして、そのうち議決科目と言われておりますのは、いわゆる款、項の部分でございまして、これがそうした意味で議決科目というふうに承知をしているところでございます。そしてその議決科目である款、項の更に細分別について、これは執行の便宜上又、細かく目、節に分別されておるところでございます。そうした形で目、節の部分については執行科目というふうなとらえ方ができるわけでございます。そうした意味におきまして今回実施いたしました補正予算につきましては、予算書ご覧いただきますとおり歳出予算におきましては1款議会費1項議会費におきまして187万5,000円の増額補正であり、2款総務費1項総務管理費におきましてはそれぞれ337万5,000円、これにつきましては空港関係が300万円含んでおる補正内容でございます。そして、14款予備費の関係で525万円減額するという形で予算を編成していることによりまして、議決いただきます予算と言いますのは歳出予算補正のみについて款、項の部分についてお願いしているところでございます。そして、これを説明するという形で、これ又、地方自治法関係法令に定める様式等によって整えているわけで、これが補正予算説明書としてございます。で、内容を改めて申し上げますと6ページ、7ページ関係につきましては議会費、8ページ、9ページ関係につきましては総務費関係について事項別説明として記載しておるところでございます。で、予算の内容は説明欄にもございますが、議会費のうち行政調査視察費で187万5,000円を今回追加計上しているところでございます。で、ここの予算につきましては当初では1,194万7,000円のご議決をいただいております。なお、1,194万万7,000円のうち節としての金額は1,191万1,000円でございます。又、総務費関係につきましても説明欄にございますとおり3秘書事務費として特別職旅費として37万5,000円の計上でございます,で、これにつきましても当初予算におきまして50万2,000円計上し、ご議決をいただいているところでございます。したがいまして、まあ基本的な考え方としましては、予算のうち款、項、目、節、更にそれを説明する内容としましてそれぞれ議会費あるいは総務費におきまして、行政調査視察費あるいは特別職旅費として予算措置がしてございますので、この既定予算を執行科目の範囲内のものとして執行させていただいたという考え方でございます。そして今回の補正につきましては、補正予算書そのものの説明はただいまご覧いただいておるとおりでございますが、それを補う形で補正予算概要ということで参考資料が添付してございます。そしてその最後のページ、8ページですけれども、議会関係費、総務関係費につきましてそれぞれの行政調査視察費あるいは特別職旅費としての、更にその説明欄に中国徐州市視察という形で計上させていただきました。なお、ここで私が反省しておりますのは、中国徐州市視察についてこれを執行した経費を今ここで補正をお願いしたいという形でまあこういう資料等では説明されたことになるわけでございますが、これにつきましては元々当初予算で議決いただいております年間予算額を活用して中国徐州市視察に充てましたので、今後の執行見込に不足を生じますので今回ちょうどその不足見込額相当額が中国徐州市視察の額であるという考え方の下にこうした説明をしたわけでございますが、中国徐州市視察相当額を補正させていただき今後の執行に支障なきよう来したいという考え方で補正予算をお願いするものでございます。元々予算につきましては、当然庭瀬議員さんのおっしゃるように本来であれば1円たりとも間違いなく当初予算で編成し、その執行がなされれば理想的ではございますが、実質的には先ほど冒頭にも申し上げましたように議決いただいております款、項の額、更にその執行科目して定めております目、節の範囲内で執行をし、不足等を生じますものにつきましては適宜補正をして執行しているという考え方でございます。今回こうした形の中でご指摘いただきましたのは、私の方の認識が甘いという意味でのご叱正をいただいたということで心に深く刻んでおきたいと思います。よろしくお願いいたします。



◆2番(庭瀬健太郎君) 

 第1番目のですね、中国への徐州市ほかへの視察についての位置付けと申しますか、それについてはまあ市長から説明があった程度でまあよかろうというふうに思うわけでございます。そしてですね2番目と3番目でございますが、総務部長から細かくいわゆる行政事務的な予算の扱い方の説明があってそのとおりだと思うわけでございますが、しかし、まあ反省という意味でご発言があったようにですね、やはり理屈を付ければですねいろいろ付くわけなんです。しかし、大原則は予算は提案をし、審議をして議決をした予算を執行すると、これはもう大根本原則なんですね。そのことに沿うようにいろいろな行政的な運用をしてくというのが私は本来の正しい行政のやり方だと、執行部のやり方だというふうに思っております。で、そういう意味でですね、市長がですね、そのことに関して予算は定例会がいいんだと、途中で起こったことは適度に事務的にやり繰りをやって、そして定例会のときに今度のようにですね、あたかも今度のように後始末と言うか後追いと言いますか、そういうような形で出すのがいいような、そういうふうにやってくのがいいんだというような発言を市長がしとるということは私は誠に遣憾であります。それでもう一度ですね市長の見解を質しておきたいんですが、今回の事例からですね市長にはああそうかそう言われればやっぱり4月に話が決まったことだし5月の臨時議会があってそのときに予算も出したりしてるんだから補正しとけば良かったんだと、これはやっぱり反省すべきだわいなあというようなお気持ちやですね、お言葉が一言でもあったら私としては了解できるんですけれども、今後もですね途中に起こったことは全部行政的な手法でやり繰りをしちゃって、そして後追いでこうやって定例会に予算を出すというようなお気持ちを持っとるように聞こえるような先ほどの発言はですね、いささかいただきかねるというふうに思うわけでございまして、その点について市長は少しも反省がないんですかあるんですか。その点を聞いておきたいと思います。



◎市長(石橋誠晃君) 

 あのねえ先ほども私からお答えいたしましたようにこの根本はやはり予算を決めて執行していくのが基本ですということを申し上げました。その後にですね、議会閉会中に決定される事項につきましては、決める事項につきましてはやはり現計予算のあるものはやはりこら又大きな額でなくてもできるものは議会の皆さん方に申し上げ、事前審議ではなくて根本的なことを申し上げ、そうして公開の場でやってくとこういうことが基本でございまして、そういうことを申し上げたわけでございます。反省、市長が反省しとるのかせんのかということでございますが、これはなるべく早く決定をしてですね、予算を3月の末日でも決まれればそこでやるべきであるという時期的なことにつきましては、これは早く決めにゃいかんなという反省をしておるわけでございますが、例えば、庭瀬議員さんも市長さんをおやりですのでお分かりだし、そのとおりだとのことをやってみえますが、これは責めておるんじゃないですから、その点ご理解願いたいんですが、ということでございまして、同じような、基本的には同じような考えだというふうに思うわけでございます。こういう予算につきましてはしっかりと議員の皆さん方と十分討議をしながらやっていきたいというふうに考えております。



○議長(鈴村乕夫君) 

 通告者の発言は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第47号は、総務文教委員会に付託いたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第9、「諮問第1号」から日程第11、「諮問第3号人権擁護委員の候補者の推薦について」の3件を一括議題といたします。

 これより一括質疑に入ります。質疑はありませんかo

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案3件については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案3件は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

         (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。まず諮問第1号は、原案に異議ない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第1号は、原案に異議ない旨答申するに決しました。

 次に諮問第2号は、原案に異議ない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第2号は、原案に異議ない旨答申するに決しました。

 次に諮問第3号は、原案に異議ない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第3号は、原案に異議ない旨答申するに決しました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、散会といたします。

                          (午前10時01分 散会)