議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 4年 12月 定例会(第4回) 12月08日−01号




平成 4年 12月 定例会(第4回) − 12月08日−01号







平成 4年 12月 定例会(第4回)



       平成4年第4回常滑市議会定例会会議録(第1号)

                          平成4年12月8日(火曜日)

議事日程(第1号)

 平成4年12月8日(火)午前9時30分 開会



日程
件名


第1
会議録署名議員の指名


第2
会期の決定


第3
諸般の報告
  (1)例月出納検査結果報告(8月、9月、10月分)
  (2)常滑市土地開発公社にかかる報告
     平成4年度補正予算


第4
議案の一括上程
 「議案第69号〜議案第76号」
 「同意案第3号〜同意案第5号」
 「諮問第1号〜諮問第2号」
  (1)提案理由の総括説明
  (2)補足説明



本日の会議に付議された事件

 議事日程(第1号)のとおり

出席議員(27名)

      1番  山田紀子君        2番  庭瀬健太郎君

      3番  山内升美君        4番  石原多巳雄君

      5番  沢田丸四郎君       6番  八木祥信君

      7番  片岡勝城君        8番  柴山東一郎君

      9番  川原和敏君        10番  村上道明君

      11番  伊藤忠二君        12番  森下忠治君

      13番  竹内弥一君        14番  岩田豊次君

      15番  後藤 正君        16番  中山勇弌君

      l7番  杉江秀一君        l8番  鯉江 勇君

      19番  鈴木輝明君        20番  山本 勇君

      21番  衣川仁市君        22番  西村武治君

      23番  竹内 満君        24番  中野勇夫君

      25番  鈴村乕夫君        26番  山田竹士君

      27番  稲葉民治郎君

欠席議員

      なし

説明のため出席した者の職氏名

 市長       石橋誠晃君     助役       水野幸雄君

 収入役      榊原福司君     教育長      竹内鉄英君

 参事       内田 顯君     企画管理部長   林 満男君

 総務部長     伊藤万之助君    民生部長     竹内忠雄君

 経済部長     森下美樹君     建設部長     渡辺敏一君

 開発部長     高木雄次君     競艇事業部長   鯉江勇二君

 病院事務局長   森 定之君     消防長      都築孝信君

 教育部長     高井稔和君     企画管理部次長兼企画調整課長

                             伊藤公雄君

 民生部次長兼福祉課長         経済部次長兼土地改良課長

          伊藤 環君              片岡 昭君

 建設部次長兼土木課長         競艇事業部次長兼総務課長

          山本武将君              森岡哲造君

 病院事務局次長  吉田哲夫君     消防次長     吉田大美君

 秘書課長     土井真太郎君    広報課長     森下 勝君

 総務課長     片山達師君

議会事務局職員の出席者

 事務局長     山本昌利君     次長       古川増夫君

 次長補佐     神谷荘太郎君    主任       山下金男君

                          (午前9時30分 開会)



○議長(稲葉民治郎君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまから平成4年第4回常滑市議会定例会を開会いたします。

 招集に際しまして、市長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 皆さんおはようございます。議長さんのお許しをいただきまして招集のごあいさつを申し上げます。議員の皆様方には日ごろから市政並びに地域の発展、市民福祉の向上のために深いご理解とご指導を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。本日、平成4年第4回市議会定例会を招集申し上げましたところ、師走何かとお忙しい中を議員の皆様方の全員のご出席をいただきまして誠にありがとうございました。本議会に提案申し上げます議案は補正予算を始め条例の制定等いずれも重要な案件でございます。何とぞ慎重にご審議を賜りましてご決定を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、招集に当たりましてのあいさつに代えさせていただきます。ありがとうございます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので本日の会議を開き、議事日程の順序に従い会議を進めます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(稲葉民治郎君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により議長において指名いたします。2番庭瀬健太郎君、14番岩田豊次君、21番衣川仁市君、23番竹内満君を指名いたします。



○議長(稲葉民治郎君) 

 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は本日から12月22日までの15日間とし、お手元に配付の日程案のとおりとすることにいたしたいと存じますが、ご異議ございませんか。

         (「異議なし」の声あり)



○議長(稲葉民治郎君) 

 ご異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。よろしくお願いいたします。



○議長(稲葉民治郎君) 

 日程第3、「諸般の報告」をいたします。

 監査委員から「例月出納検査結果報告8月、9月、10月分」について、市長から「常滑市土地開発公社にかかる報告」について、報告書がそれぞれ提出されておりますので、その写しを配付いたしまして報告とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 日程第4、「議案の一括上程」を行います。

 「議案第69号から議案第76号」、「同意案第3号から同意案第5号」、「諮問第1号及び諮問第2号」、以上計13件を一括上程し議題といたします。

 これより提案理由の総括説明を求めます。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 ただいま一括上程されました議案の総括説明を申し上げます。本日開催されました平成4年第4回市議会定例会に市長からご提案申し上げご審議いただきます案件は、条例の制定案1件、単行議案3件、補正予算案4件、同意案3件、諮問2件の計13件でございます。それぞれの議案につきまして総括的な説明を申し上げます。

 まず議案第69号常滑市小脇公園の設置及び管理に関する条例の制定につきましては、常滑市小脇公園の設置に伴い小脇公園の円滑な管理を図るため条例を制定するものでございます。

 議案第70号あらたに生じた土地の確認につきましては、港湾施設用地として常滑港内の公有水面埋立てをしたので、あらたに生じた土地の確認をお願いするものでございます。

 議案第71号公有水面埋立に伴う町の区域の変更につきましては、常滑港内の公有水面埋立地を保示町5丁目に編入するものでございます。

 議案第72号は競走用モーター購入契約につきまして、モーターボート競走用モーター60台を3,661万6,500円で購入するものでございます。

 議案第73号から第76号につきましては、平成4年度におきます常滑市のそれぞれの補正でございまして、会計別補正額につきましては一般会計7億3,966万8,000円、農業集落家庭排水処理施設特別会計3億9,009万9,000円、モーターボート競走事業特別会計60億6,421万2,000円、常滑市民病院事業会計の収益的収入で1億3,083万5,000円、収益的支出で1億6,960万円を、資本的収入で9,651万1,000円を補正するものでございます。このうち一般会計の補正につきましては、国の総合経済対策に伴うものを措置するとともに年度内に緊急に補正が必要となったものを措置したもので7億3,966万8,000円を増額し、補正後の額を199億622万円とするものでございます。

 次に同意案第3号につきましては、常滑市固定資産評価審査委員会委員の選任について、又、同意案第4号及び第5号につきましては、常滑市教育委員会委員の任命について、それぞれ議会の同意をお願いするものでございます。

 諮問第1号及び第2号につきましては、人権擁護委員の候補者の推薦について議会の意見をお願いするものでございます。以上をもちまして、甚だ簡単でございますが、総括説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りましてご決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 以上で市長の提案理由の総括説明は終わりました。

 これより順次補足説明を求めます。

 まず「議案第69号常滑市小脇公園の設置及び管理に関する条例の制定について」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(森下美樹君) 

 ただいま議題となりました議案第69号常滑市小脇公園の設置及び管理に関する条例の制定につきまして補足の説明を申し上げます。この条例は、坂井字小脇地内に現在建設中の管理棟を始めとするふれあい広場等、公園の設置及び管理につきまして必要な事項を地方自治法の規定によりまして制定をいたすものでございます。内容といたしましては、第1条では条例の趣旨を、第2条では農業振興を図るとともに、都市住民に対して自然環境及び農業に親しみながら理解を深める機会を提供することによりまして、ふれあいを通じて地域の活性化を図るための施設として小脇公園を設置するものでございます。第3条の1項では管理棟内の研修室とふれあい広場の利用で、競技会、展示会、博覧会、その他これらに類します催しをしようとする者の利用につきましては市長の許可を受けなければならないと規定したものでございます。又、第2項では許可について条件を付することができると定めたものでございます。続いて、第4条では利用の制限を、第5条では利用許可の取消し等について定めたものでございます。又、第6条では権利譲渡等の禁止を、第7条では研修室、ふれあい広場について許可を受けた利用者は、別表で定める使用料、研修室につきましては午前、午後それぞれ520円を、ふれあい広場につきましては午前、午後それぞれ2,280円を納付しなければならないといたしまして、ただし書でこれを減免することができることを定めたものでございます。続いて、第8条では使用料の還付についてを、第9条では原状回復の義務を、第10条では損害賠償をそれぞれ定めたものでございます。続いて、第11条では市長は小脇公園の管理を小鈴谷地区活性化推進協議会に委託するものとするという管理委託先についての定めをいたしたものでございます。第12条は委任事項でございます。なお附則といたしまして、この条例は平成5年4月1日から施行いたすものでございます。次に常滑市使用料及び手数料条例の一部を次のように改正をいたすものでございまして、別表第1、行政財産の目的外使用において、常滑市小脇公園内に自動販売機を設置をいたす関係がございまして、自動販売機1台につき1年1,550円と定めたものでございます。又、別表7条関係につきましては、先ほども申し上げましたように小脇公園の管理棟内の研修室とふれあい広場についての使用料を午前と午後に区分をいたしまして、使用料の額をそれぞれ520円、2,280円と定めたものでございます。又、条例の最後の参考資料といたしまして、常滑市小脇公園の平面図を添付させていただいております。今回、使用料を徴収いたします関係につきましては、緑で塗ってございますふれあい広場、これについての規定並びにその右側、現在印は赤でしてございますが、今年度建設しております公園管理施設の中の研修室の使用料についてを定めたものでございます。又、右側の黄色く塗ってありますのが今年度建設をいたしております農業紹介施設、いわゆるバーベーキュウハウスというような形のものを建設いたしておるものでございます。一応ご参考までに添付をさせていただいておりますのでよろしくお願いを申し上げます。以上が本条例の内容でございます。よろしくご審議を賜りましてご可決賜りますようお願いを申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第70号あらたに生じた土地の確認について」及び「議案第71号公有水面埋立に伴う町の区域の変更について」の2件の補足説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(渡辺敏一君) 

 ただいま一括議題となりました議案第70号及び第71号につきまして補足の説明を申し上げます。この案件は、愛知県が昭和61年度から継続して実施しております常滑港の改修事業によりまして港内にふ頭用地として公有水面を埋め立て、造成した土地につきまして、法の規定に基づいて所要の手続をするよう県から通知がありましたのでお願いするものでございます。

 まず議案第70号あらたに生じた土地の確認についてでございますが、保示町3丁目5番地、保示町4丁目161番地、保示町5丁目167及び168番地地先の公有水面埋立てが竣功認可されましたので、その面積992.89平方メートルをあらたに生じた土地として確認するために地方自治法の規定に基づきまして議会の議決をお願いするものでございます。

 次に議案第71号公有水面埋立に伴う町の区域の変更についてでございますが、保示町3丁目5番地、保示町4丁目161番地、保示町5丁目167及び168番地地先の公有水面が竣功認可されましたので、その用地を保示町5丁目に992.89平方メートル編入するために地方自治法の規定に基づきまして議会の議決をお願いするものでございます。以上が議案の内容でございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げまして補足の説明とさしていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第72号競走用モーター購入契約について」の補足説明を求めます。競艇事業部長。



◎競艇事業部長(鯉江勇二君) 

 ただいま議題となりました議案第72号競走用モーター購入契約につきまして補足の説明を申し上げます。競走に使いますモーターは、運輸省令によりまして登録合格したものを使っておるわけでございますが、基本的にはその期間は1年間でございます。現在使っております競走用モーターが平成5年4月22日で登録期限切れとなるわけでございまして、この後に備えまして新しいモーターを購入するために地方自治法並びに市条例の規定によりまして議会の議決をお願いするものでございます。内容でございますが、競走用モーターヤマト302型を1台当たり消費税込みで61万275円、この60台分3,661万6,500円でヤマト発動機株式会社と随意契約により購入をいたしたいとするものでございます。なお、工期につきましては契約の日から平成5年2月28日まででございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第73号平成4年度常滑市一般会計補正予算(第3号)」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第73号平成4年度常滑市一般会計補正予算第3号につきまして補足の説明を申し上げます。今回の補正につきましては、国の総合経済対策に伴います漁港関係事業、常滑公園整備事業を始め市民病院事業会計繰出金、県ぽ鬼崎地区蒲池榎戸工区換地清算負担金、消防庁舎整備事業等、今回、特に必要が生じた事務事業費並びに給与改定等により必要となります財源などにつきまして措置させていただくものでございます。第1条で定めます歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出それぞれ7億3,966万8,000円を追加し、補正後の予算の総額を199億622万円とするものでございます。この補正内容につきましては、議案の次にとじてあります補正予算説明書の26ページからご覧いただきたいと存じます。初めに歳出から説明をさせていただきます。まず2款総務費につきましては、1項総務管理費の9目企画費におきまして国土利用計画事務費として土地所有・利用実態調査費で53万円計上するもので、県から委託を受けまして国が土地政策を進めるために必要となります生産緑地、農地転用等に係る資料の調査、収集を行うものでございます。28ページ、2項徴税費2目賦課徴収費におきましては、徴収事務費で240万円を増額するもので、これは個人市県民税、固定資産税等の本年度の前納実績に併せ納期前納付報償金を増額させていただくものでございます。次に4款の衛生費につきましては、4項1目病院事業費におきまして、常滑市民病院事業会計繰出金で1億1,401万4,000円を増額計上するものでございまして、3条予算関係の収益的収支において救急医療などに係る人件費アップ分に伴う経費補助金で1,750万3,000円及び4条予算関係の資本的収支の不足分を補うために出資金として9,651万1,000円を増額し繰り出しするものでございます。32ページからの6款農林水産業費につきましては、1項農業費3目農業振興費において、水田農業確立対策事業費のうち集団転作団地化助成金で275万1,000円増額するもので、当初予算では50万円計上しておりましたが、このたび面積等が確定いたしました、40.4ヘクタールでございます。こうしたことに伴いまして行うものでございます。次の農業者自主技術開発支援事業補助金106万4,000円については、フォーミディブル研究会に対するもので、これはらんの新種でありますフォーミディブルの研究に自主的に取り組んでおります技術開発に対し支援するもので県からの補助金が市の予算を通して交付されるものでございます。6目農村基盤総合整備事業費におきましては、農業集落家庭排水処理施設特別会計繰出金で1,000万円の増額で、このたびの国の総合経済対策に伴い矢田、前山、小鈴谷の事業費が増額変更されましたので財源不足分を繰り出しするものであります。県ぽ鬼崎地区蒲池榎戸工区換地清算負担金の5,159万7,000円は、工区内の換地処分を行うことに当たりまして公共用地分として先行取得しております土地価格と計画公共用地、すなわち蒲池農村公園3,402平方メートル、榎戸農村公園2,350平方メートル、産業会館用地6,701平方メートル、小学校用地2万4,726平方メートルそれぞれについての従前地評価額との差額を覚書に基づき清算するものでございます。次の3項水産業費4目漁港建設費におきましては、いずれも国の総合経済対策に伴い事業費を増額するもので、鬼崎漁港改修事業費は物揚場護岸で3,100万円、鬼崎漁港利用調整事業費は西防波堤及び護岸の異形ブロック、テトラポットのことでございますが、これらの製作費で6,000万円、それから苅屋漁港高潮対策事業費は異形ブロックによる古場町地先の消波工で5,000万円をそれぞれ増額するものでございます。以上、合わせまして農林水産業費では2億641万2,000円の増額となるものでございます。次の8款の土木費につきましては、5項4目都市公園費におきまして常滑公園整備事業費について2,000万円増額するもので、国の総合経済対策に伴いまして県補助対象事業を一部国庫補助対象事業に組み替えするとともに、造園費として駐車場整備工事費、排水工事費等で追加するものでございます。 38ページ、9款の消防費につきましては、3目消防施設費におきまして消防本部消防庁舎整備事業費で1億320万円を計上するものでございまして、土地開発基金で取得しております消防本部西隣の土地173.55平方メートル及び建物延べ面積で294.16平方メートルを一般会計による買戻しで、この分が7,468万2,000円と取得いたしました建物の改修整備工事費等で2,851万8,000円を新たに増額するものでございます。次に14款の予備費につきましては、今回補正額の39.6パーセントを占める2億9,311万2,000円を増額し、補正後の計を3億8,066万円とするものでございます。これは本定例会の最終日に提案を予定させていただいております人事院勧告に基づくものなど人件費補正のため、その財源として留保させていただきたいとすることによるものでございます。

 続きまして、歳入関係について説明を申し上げます。10ページに戻っていただきたいと存じます。まず1款市税につきましては、本年度の調停実績などに基づき各税目ごとに年度末までの収入見込額積算により差し引き増減するものでございまして、1項市民税におきましては、1目個人分において納税義務者数の増に伴い均等割で100万円、分離課税となります譲渡所得及び給与所得が当初の見込みより伸びたことによりまして所得割で3億1,800万円を追加計上し、一方、2目法人分では景気の後退等により大手企業を始め法人の収益減収から法人税割を7,900万円減額さしていただきたいとするものでございます。次の2項固定資産税におきましては、1目固定資産税で従来の長期営農継続農地に係る宅地並課税及び地目変更等により土地で7,900万円、当初見込んだ伸び率を上回ったことによりまして家屋で2,300万円を追加計上し、償却資産では設備投資の伸びが減少したことにより2,600万円を減額するものでございます。国有資産等所在市町村交付金は本年度分が確定したことに伴い55万円増額するものでございます。次に5項の特別土地保有税におきましては、大谷工業団地等で保有分として課税対象になったことによるものを合わせて4,481万円を、又、今年度新たに土地取得により課税対象になりました所得分で1,200万円をそれぞれ追加計上するものでございます。次の6項都市計画税におきましては、固定資産税と同様の理由により土地、家屋合わせて2,700万円を追加計上するものでございます。以上、差し引き合計して市税では今回の歳入補正の54.1パーセントを占める4億36万円を増額し、補正後の計を71億5,416万円とするものでございます。次に10款の国庫支出金につきましては、2項国庫補助金において、国の総合経済対策に伴いまして鬼崎漁港改修事業費補助金で1,500万円、苅屋漁港高潮対策事業費補助金で2,500万円、常滑公園整備事業費補助金で2,500万円それぞれ増額するもので合わせまして6,500万円の増額となるものでございます。20ページからの11款県支出金につきましては、2項県補助金におきまして、フォーミディブル研究会に対する農業者自主技術開発支援事業費補助金で106万4,000円を計上し、国の総合経済対策に伴い鬼崎漁港改修事業費補助金で1,050万円、鬼崎漁港利用調整事業費補助金で5,000万円、苅屋漁港高潮対策事業費補助金で2,000万円をそれぞれ追加計上し、常滑公園整備事業費補助金は900万円の減額で、これは単県補助事業となっていたものが国庫補助事業に採択されたことに伴います減額でございます。石油貯蔵施設立地対策等交付金は消防ポンプ自動車に充当するもので交付金額の確定に伴い121万4,000円増額するものでございます。23ページ、3項の委託金においては、土地所有・利用実態調査交付金で新たに53万円計上するものでございます。以上、合わせまして県支出金では7,430万8,000円の増額となるものでございます。次に16款の諸収入につきましては、競艇事業収入におきまして一日平均売上額を当初予算において3億3,000万円でありましたものを、今回3億4,000万円見込むことにより歳入補正額の27パーセントを占める2億円を増額し、補正後の計を39億円とするものでございます。以上で歳入歳出の補正総額は7億3,966万8,000円となるものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第74号平成4年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第2号)」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(森下美樹君) 

 ただいま議題となりました議案第74号平成4年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算第2号につきまして補足の説明を申し上げます。今回の補正は、国の総合経済対策の一環といたしまして実施されます公共事業等の追加に伴うものが主な内容でございまして、予算書第1条で定めます歳入歳出ともに3億9,009万9,000円を増額し、補正後の額をそれぞれ10億7,340万4,000円といたすものでございます。統いて第2条におきましては債務負担行為の補正でございます。4ページをお開きいただきたいと思います。今回の国の措置といたしまして、債務負担行為を得て事業の早期促進を図るものでございまして、矢田地区におきまして3,643万2,000円、小鈴谷地区におきまして3,693万8,000円をそれぞれ補正するものでございます。続いて第3条の地方債の補正につきましては、5ページの第3表地方債の補正のとおり事業費の追加に伴い補正後の起債の限度額を2億3,110万円に変更をさせていただくものてございます。それでは歳入からご説明を申し上げます。12ページをお開きいただきたいと思います。2款県支出金では矢田、前山、小鈴谷にかかわります集落排水事業費の県補助金といたしまして2億7,220万7,000円の増額をいたすものでございます。又、事業遂行に伴いまして3款寄附金では、事業費に対する地元の寄附金といたしまして3地区合計で1,599万2,000円の増額でございます。14ページの繰入金におきましては一般会計から1,000万円の増額をさせていただき、7款市債におきましては9,190万円、3地区の合計9,190万円の増額をさせていただいたものでございまして、歳入補正の総額は3億9,009万9,000円といたしたものでございます。続きまして歳出16ページをお開きいただきたいと思います。歳出2款の事業費におきましては、3地区におけます施設整備費の計上でございまして、矢田地区におきましては1億7,101万6,000円の増額を、前山地区につきましては6,679万2,000円を、小鈴谷地区につきましては1億5,380万6,000円の追加をさせていただき、3地区の合計におきまして3億9,161万4,000円の措置をさせていただいたものでございます。次に4款の予備費におきましては、予算編成上151万5,000円の減額をいたしたものでございます。したがいまして、歳出の補正総額は3億9,009万9,000円といたしたものでございます。以上が今回の補正予算第2号の内容でございます。よろしくご審議賜りご可決を賜りますようお願いを申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第75号平成4年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)」の補足説明を求めます。競艇事業部長。



◎競艇事業部長(鯉江勇二君) 

 ただいま議題となりました議案第75号平成4年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第2号につきましてご説明を申し上げます。今回の補正は、現在までの実績と今後の執行見込み等を勘案いたしまして、まず歳入におきましては一日平均売上を当初の3億3,000万円から1,000万円増の3億4,000万円とすること、又、受託事業収入におきまして、当初43億8,100万円でございますが、これに33億7,447万1,000円増加をいたしまして、補正後の額を77億5,547万1,000円とすること。一方、歳出におきましてはこれら売上げの増額に伴います払戻金、法定交・納付金の増額分並びに受託事業収入に係る本場繰出金、払戻金、返還金等の経費増加分並びに来年3月26日から開催する施設改善レースに伴う選手賞金等経費の増加分、一般会計等への繰出金などを調整をするもので、補正予算第1条で定めますとおり歳入歳出それぞれ60億6,421万2,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ761億8,367万1,000円とするものであります。では、これらの内容につきましてまず歳入10ぺージでございますがご説明を申し上げます。1款競艇事業収入の1目勝舟投票券発売収入におきましては、一日平均売上を1,000万円増額することにより18億円の増、2目入場料におきましては今後の見込みで630万円の増、3目受託事業収入につきましては、臨時特別場間場外発売関係で現在までの実績と今後の売上げを見込みまして場外発売収入を始め払戻金等合わせまして33億7,447万1,000円を増額するものであります。4款12ページでございますが、繰入金につきましては、BIG・WAVEプラン5か年計画のうちの初年度埋立関連事業、総合表示盤設置事業等の本年度事業予定に併せまして8億8,100万円を増額し、補正後の額を22億9,100万円とするものであります。6款諸収入の1目雑入においては、医師の報償費の経費増加分の2分の1の額244万1,000円を愛知県モーターボート競走会負担分として措置するものでございます。続きまして歳出に入ります。14ページでございます。1款総務費の3目施設改善費については、歳入の繰入金に係るもので埋立関連事業、総合表示盤設置事業等の本年度事業予定22億9,100万円と当初でご議決いただきました額14億1,000万円の差額8億8,100万円を財源振替を行うものでございます。 16ページをご覧いただきたいと思います。2款事業費2項開催事業費の1目選手関係費から3目ファン関係費までについては来年の施設改善レースに係る経費でございまして、1目選手関係費では4,734万8,000円、2目広報宣伝費で6,256万2,000円、3目ファン関係費で397万5,000円の増、4目払戻金13億4,100万円及び5目交付金1億144万8,000円の増で、それぞれ売上げ等の増加見込みに伴う経費の補正でございます。次に18ページ、6目の開催諸費につきましては、医師報償費の経費増加分488万3,000円でございます。7目受託事業費につきましては歳入においてご説明申し上げました受託事業収入に見合う経費の増加分を措置させていただくもので、本場繰出金13億7,900万円、払戻金返還金10億4,300万円及びその他必要経費の合計で24億8,587万円の増額となるものでございます。なお、現在まで笹川賞競走、グランドチャンピオン決定職競走、モーターボート記念競走、全日本選手権競走の4競走の場外発売が実施いたしましたところでございますが、本場繰出金及び払戻金返還金の経費が予期した以上に売れたという関係で若干の不足が生じました。これにつきましては過日予備費の充用で措置をさせていただいておりますのでご報告を申し上げまず。続きまして、20ページの3款諸支出金1目繰出金につきましては、当市一般会計へ2億、半田市へ3,000万円、計2億3,000万円の増でございます。22ぺージの4款予備費につきましては、今回17億8,712万6,000円を追加し、補正後の額を38億3,658万5,000円とするものでございます。以上よろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げまして説明を終わらせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「議案第76号平成4年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第1号)」の補足説明を求めます。病院事務局長。



◎病院事務局長(森定之君) 

 ただいま議題となりました議案第76号平成4年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第1号)につきまして補足の説明を申し上げます。今回の補正につきましては、第2条で定めております業務の予定量を上半期の実績に合わせ見直しをし、一日平均の入院患者数220人を215人に、又、外来患者数では700人を740人にそれぞれ補正するものと、入院収益及び外来収益の一人一日当たりの単価を本年4月1日からの診療報酬改定をも折り込んだ実績単価に見直しをすることとともに、外来患者の増による薬品費等材料費並びに資本的収入での収入額が支出額に対しまして不足する額の繰り入れをお願いいたしたいとすることによる増額補正が主なものでございます。その内容についてでございますが、まず第3条の収益的収入及び支出の補正につきましては、1款1項医業収益のうち入院収益におきまして1億1,333万2,000円の増額を、又、その他医業収益では救急医療の確保等に要する経費の実績として1,750万3,000円の繰り入れをお願いいたすことにより、補正後の病院事業収益を42億3,317万3,000円といたすものでございます。一方の支出では1款1項医業費用のうち薬品購入等の材料費で1億6,960万円の増額補正をお願いし、補正後の病院事業費用では47億898万2,000円となるものでございます。次に第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、本文括弧書中の一時借入金での措置条項を削除させていただき、収入が支出に対し不足する額9,651万1,000円を1款1項の出資金において補正増を行い、補正後の資本的収入を1億8,320万7,000円に改めるものでございます。なお、第5条のたな卸資産の購入限度額におきましては、今回の薬品費等材料費の増額補正によりまして購入限度額を13億9,211万6,000円に改めるものでございます。以上が今回の補正の内容でございます。よろしくご審議をいただきましてご決定くださいますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「同意案第3号常滑市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の補足説明を求めます。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 ただいま議題となりました同意案第3号常滑市固定資産評価審査委員会委員の選任につきまして説明を申し上げます。現在、同委員会委負をお務めいただいております竹内錠作氏が本年12月14日で任期満了となり、引き続き同氏を再任いたしたいと存じまして議会のご同意をお願い申し上げるものでございます。なお、同氏の経歴等につきましては議案書記載のとおりでございまして省略させていただきますが、何とぞ議員の皆様のご同意をお願い申し上げ説明とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「同意案第4号」及び「同意案第5号常滑市教育委員会委員の任命について」の2件の補足説明を求めます。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 ただいま一括議題となりました同意案第4号及び第5号常滑市教育委員会委員の任命につきまして説明を申し上げます。現在、教育委員の瀧田資也氏及び伊奈節子氏が本年12月22日をもって任期満了となるため伊奈節子氏を引き続き再任、又、瀧田資也氏の後任に鯉江本町5丁目74番地、山川公朗氏を任命いたしたく地方教育行政の組織及び運営に関する法律の定めによりまして議会の同意をお願いするものでございます。なお、両氏の経歴等につきましては資料のとおりでございます。何とぞ議員の皆様のご同意を賜りますようお願い申し上げ説明とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 次に「諮問第1号」及び「諮問第2号人権擁護委員の候補者の推薦について」の2件の補足説明を求めます。市長。



◎市長(石橋誠晃君) 

 ただいま一括議題となりました諮問第1号及び第2号の人権擁護委員の候補者の推薦につきまして説明を申し上げます。法務大臣が委嘱する人権擁護委員の推薦は、人権擁護委員法の規定により議会の意見を聞いて市長が推薦するものと定められております。諮問第1号の人権擁護委員山西要子氏は平成5年2月14日任期満了のため、諮問第2号の伊藤直子氏は平成5年4月14日任期満了のためそれぞれ引き続き人権擁護委員として推薦いたしたいとするものでございます。したがいまして、今回両氏につきまして議会のご意見をお願いするものでございます。なお、両氏の経歴等につきましては議案書記載のとおりでございます。何とぞ議員の皆様のご同意を賜りますようお願いを申し上げ説明とさせていただきます。



○議長(稲葉民治郎君) 

 以上をもちまして、補足説明はすべて終了いたしました。

 これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、散会といたします。

                          (午前10時29分 散会)