議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 3年  3月 定例会(第1回) 03月07日−01号




平成 3年  3月 定例会(第1回) − 03月07日−01号







平成 3年  3月 定例会(第1回)



      平成3年第1回常滑市議会定例会会議録(第1号)

                         平成3年3月7日(木曜日)

議事日程(第1号)

 平成3年3月7日(木) 午前9時30分 開会



日程
件名


第1
会議録署名議員の指名


第2
会期の決定


第3
諸般の報告
  (1) 例月出納検査結果報告(11月、12月、1月分)
  (2) 定期監査結果報告
  (3) 財政援助団体等監査結果報告
  (4) 常滑市土地開発公社にかかる報告
     平成2年度事業計画の変更及び補正予算
     平成3年度事業計画及び予算


第4
議案の一括上程
 「承認案第1号」
 「議案第1号〜議案第34号」
 「同意案第1号〜同意案第2号」
  (1) 平成3年度施政方針及び提案理由の総括説明
  (2) 補足説明



本日の会議に付議された事件

  議事日程(第1号)のとおり

出席議員(28名)

    1番  杉江秀一君        2番  伊藤次郎君

    3番  角野和昭君        4番  石原多巳雄君

    5番  沢田丸四郎君       6番  八木祥信君

    7番  片岡勝城君        8番  後藤 正君

    9番  沢田市郎君        10番  中山勇弌君

    11番  佐々木志津江君      12番  沢田信也君

    13番  鯉江 勇君        14番  鈴木輝明君

    15番  山本 勇君        16番  久田貞夫君

    17番  衣川仁市君        18番  西村武治君

    19番  竹内 満君        20番  中野勇夫君

    21番  山本国夫君        22番  片山 宏君

    23番  鈴村乕夫君        24番  桑山金義君

    25番  稲葉民治郎君       26番  山田竹士君

    27番  村上一良君        28番  伊藤 渉君

欠席議員

    なし

説明のため出席した者の職氏名

   市長             中村克巳君

   助役             石橋誠晃君

   収入役            榊原福司君

   教育長            竹内鉄英君

   企画管理部長         森下美樹君

   総務部長           伊藤万之助君

   民生部長           竹内忠維君

   経済部長           青山竹次君

   建設部長           水野幸雄君

   開発部長           高木雄次君

   競艇事業部長         鈴木康男君

   病院事務局長         森 定之君

   消防長            内田福三君

   教育部長           高井稔和君

   企画管理部次長兼企画調整課長 鯉江勇二君

   経済部次長兼商工観光課長   山本昌利君

   建設部次長兼土木課長     渡辺敏一君

   監査委員事務局長       山本 武君

   秘書課長           明壁尊弘君

   広報課長           山西昭夫君

   職員課長           浜島孝夫君

   総務課長           吉田美彦君

   税務課長           伊藤 環君

   交通安全課長         加賀井 洌君

   市民課長           古川増夫君

   福祉課長           林  賢君

   農業水産課長         岩田利彦君

   土地改良課長         片岡 昭君

   換地課長           水谷 巌君

   用地対策室長         桑山和久君

   開発建築課長         杉江 潤君

   都市計画課長         都築克司君

   競艇総務課長         吉田哲夫君

   病院管理課長         伊藤吉治君

   水道課長           池崎満雄君

   消防総務課長         平野富男君

   教委管理課長         伊藤公雄君

   教委社会教育課長       永柳説誠君

   教委体育課長         山本武将君

議会事務局職員の出席者

   事務局長           林 満男君

   次長             藤森直樹君

   主任主査           神谷荘太郎君

   書記             山下金男君

                            (午前9時30分 開会)



○議長(伊藤渉君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまから平成3年第1回常滑市議会定例会を開会いたします。

 招集に際しまして、市長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 おはようございます。議員皆様方には日ごろ、地域の発展と市民生活の向上に格別のご理解とご尽力を賜っておられますことに対しまして、改めて敬意と感謝を申し上げます。さて、平成3年第1回市議会定例会をお願い申し上げましたところ、ご多用中にもかかわりませずご出席くださいまして誠にありがとうございました。本議会はご案内のとおり平成2年度の最終予算の補正並びに新年度、平成3年度の事務事業並びにそれを裏付けいたしまする当初予算を始めといたしまして、数多くの議案が用意されているところでございます。何とぞ円滑な議会運営に対しまして格別のご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、招集に当たりましてのごあいさつに代えさせていただぎます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので本日の会議を開き、議事日程の順序に従い会議を進めます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤渉君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により議長において指名いたします。

 6番八木祥信君、15番山本勇君、18番西村武治君、25番稲葉民治郎君を指名いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から3月22日までの16日間とし、お手元に配付の日程案のとおりとすることにいたしたいと存じますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 ご異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第3、「諸般の報告」をいたします。

 監査委員から「例月出納検査結果報告11月、12月、1月分」、「定期監査結果報告」、「財政援助団体等監査結果報告」について、市長から「常滑市土地開発公社にかかる報告」について報告書がそれぞれ提出されておりますので、その写しを配付いたしまして報告とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第4、「議案の一括上程」を行います。

 「承認案第1号」、「議案第1号から議案第34号」、「同意案第1号及び同意案第2号」、以上計37件を一括上程し議題といたします。

 これより平成3年度施政方針及び提案理由の総括説明を求めます。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 平成3年第1回常滑市議会定例会に当たりまして、施政の方針と提出議案の総括説明を申し上げ議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。今、常滑市にとりましても又、常滑市民にとりましても一番大きな関心が寄せられております中部新国際空港につきましては、市民生活の立場に立ちましてそれに徹することを基本理念といたしまして必要な調査及び情報収集を進め、市民並びに市民を代表されます議員皆様のご意見を十分受け止め、細心の注意と努力を払いながら対処いたしたいと存じます。計画中の公有水面の埋立事業につきましては、引き続き関係漁業協同組合等のご協力を得て事業着手に向けて努力いたして参ります。常滑公園内の新体育館の建設、都市計画街路の整備など、国県の補助事業につきましては、議会皆様のご支援もいただきながら、国県の理解を深め事業の促進を図って参ります。又、市の単独事業あるいは区長申請等にかかわります地域関連あるいは生活関連と呼ばれておりまする事業等につきましてもできるだけ配慮し、地域の発展と市民福祉の向上に努力する決意でございます。なお、平成3年度はご案内のとおり、年度当初におきまして統一地方選挙が行われます、が、市行政がそれによって成すべきことが遅れたり成されなかったりということがないよう事業計画を立てて、又、それに必要な予算措置を講じているものでございます。

 さて、本定例会に提出申し上げます執行部からの議案は、承認案1件、条例の制定案2件、条例の一部改正案8件、単行議案10件、補正予算案5件、当初予算案9件、人事議案2件の計37件でございます。主な議案につきましてその概要を説明申し上げます。

 承認案第1号につきましては、平成2年度交通災害共済事業特別会計で共済見舞金に不足が見込まれるために予算の専決をいたしましたので、これを報告し承認を求めるものでございます。

 議案の第1号につきましては、地方税法の一部改正が3月以降になるために納期の特例を定めるものでございます。

 議案第2号常滑市ねたきり老人介護者手当支給条例の制定につきましては、ねたきり老人の介護者とその家族の生活の安定と負担の軽減を図るために手当を支給するという条例でございまして、もって老人福祉の向上を図りたいとするものでございます。

 議案第5号から8号までの4件につきましては、常滑市公共施設管理協会が設立されたことに伴いまして必要な措置を講じたいとするものでございます。

 議案第9号につきましては、公営住宅法施行令の一部改正に伴いまして市営住宅の入居金に係る収入基準等を改正したいとするものでございます。

 議案第10号につきましては、常滑市消防団員の報酬の額につきまして、平成3年4月1日から改正し処遇の改善を図りたいとするものでございます。

 議案第11号常滑市国土利用計画の制定につきましては、平成12年、西暦2000年を目標年次にいたしまして市民生活の確保と安定、そして市域の均衡のとれた発展を図り、秩序ある国土利用行政の指針とするために、土地利用区分ごとの転換総量を定めるものでございます。

 議案第12号につきましては、県営土地改良事業の負担金を定めるものでございまして、老朽ため池等整備事業が実施されるに当たり、事業に要する費用のうち地元負担金については市が負担することを定めるものでございます。

 議案第13号並びに14号につきましては、市道の路線につきまして議会のご議決をいただきたいとするものでございます。

 議案第15号から20号までの6件につきましては、モーターボート競走施行に伴います勝舟投票券の臨時特別場間場外発売並びに払戻の事務受託に関することにつきまして、ご議決をお願い申し上げるものでございます。

 議案第21号から25号につきましては、平成2年度におきます常滑市の一般会計始め特別会計並びに企業会計につきまして最終の必要な予算の補正をお願い申し上げるものでございます。このうち一般会計につきましては、補正前の額に対しまして補正額4億5,996万7,000円を加えまして、補正後の総領を200億9,321万5,000円とさしていただくものでございます。

 議案第26号から34号につきましては、平成3年度におきます常滑市の一般会計、特別会計並びに企業会計につきましての当初予算でございます。このうち一般会計につきましては、前年度に比べまして25億1,000万円の増加、総額181億8,600万円という大型の予算を組まさせていただいたものでございます。

 同意案第1号並びに第2号につきましては、常滑市固定資産評価審査委員会委員及び常滑市教育委員会委員のそれぞれにつきまして任期満了となりましたので引き続きそれぞれのお方を再選、再任したいので、議会の同意をお願い申し上げるものでございます。以上、37件のうち主なものの概要につきましてご説明を申し上げました。何とぞ慎重にご審議いただきましてご決定いただきますようお願いを申し上げまして総括説明に代えさせていただぎます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 以上で、市長の施政方針及び提案理由の総括説明は終わりました。

 これより順次補足説明を求めます。

 まず「承認案第1号平成2年度常滑市交通災害共済事業特別会計補正予算の専決処分の承認について」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました承認案第1号平成2年度常滑市交通災害共済事業特別会計補正予算の専決処分の承認について補足の説明を申し上げます。今回、承認をお願いいたしますのは、交通災害共済加入者の交通事故に対する見舞金が増加いたしまして、既定予算額では対応できなくなりましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき平成3年2月19日に予算の補正について専決処分いたしましたので、同条第3項の視定によりこれを議会に報告し承認をお願いするものでございます。補正予算の内容につきましては、10ページに記載のとおり1款1項交通災害共済事業費2目の共済見舞金を200万円追加補正をいたし、その財源といたしまして9ページに記載のとおり一般会計繰入金を200万円増額措置し対処いたしたものでございます。その結果、歳入歳出予算の総額は2,983万4,000円となるものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第1号平成3年度における固定資産税及び都市計画税に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第1号平成3年度における固定資産税及び都市計画税に係る第1期の納期の特例に関する条例の制定について補足の説明を申し上げます。市税の賦課徴収の根拠となっております地方税法の一部改正案が、現在、国会に提出され審議中でございまして、その成立時期は3月下旬以降の見通しでございます。この改正案の中には固定資産税及び都市計画税の課税標準額の算定に必要な負担調整率の改正案が含まれており賦課事務等の円滑な処理を図るため特例条例の制定をお願いするものでございます。本条例の内容といたしましては、平成3年度に限り固定資産税及び都市計画税に係る第1期の納期を例年より1か月遅らせ5月1日から5月31日までとするものでございまして、附則において施行期日及び失効について定め、併せて昭和60年度における特例条例の廃止について定めるものでございます。以上よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第2号常滑市ねたきり老人介護者手当支給条例の制定について」の補足説明を求めます。民生部長。



◎民生部長(竹内忠雄君) 

 ただいま議題となりました議案第2号常滑市ねたきり老人介護者手当支給条例の制定について補足の説明を申し上げます。この条例は家庭においてねたきり老人を介護してみえる家族の方々のご苦労に対しまして、少しでも負担を軽減したいとの考えから介護者に対して手当を支給するため条例の制定をお願い申し上げるものでございます。本条例の内容としましては、第1条では本条での制定目的をねたきり老人の介護者に対し介護者手当を支給することにより、その家族の生活の安定と介護者の負担軽減を図り福祉の増進に寄与することと定め、第2条では用語の定義としまして、ねたきり老人の介護者とは、65歳以上で3か月以上常時臥床、又はこれに準ずる状況にありまして生活介護を受けている老人を常時介護している者と定めるものであります。第3条では支給要件を常滑市内に居住している老とし、特別養護老人ホーム等の施設に入所している老人及び同一世帯でない老人の介護者は除くこととするものであります。第4条では申請及び認定を、前条の支給要件に該当する介護老が手当の支給を受けようとするときには市長に申請を行うこと、及び申請を受けた市長は受給資格を審査して申請者にその旨を通知することを定めるものであります。第5条では手当の支給を、手当は月額3,000円と定め申請のあった日の属する月の翌月から支給すべき理由が消滅した日の属する月までの間を支給し、この手当は4月、8月、12月の3期に分けて支給するもので、第6条の支給制限をしたとき及び第8条の受給資格を喪失したときには、支給月に関係なくその月分まで支給することができるとするものであります。第6条では支給の制限を、第7条では未支払の手当を、介護者か死亡した場合、その者に支給すべき手当があるときには遺族に未支給分の手当を支給することとし、第8条では受給資格の喪失を、介護者、又はねたきり老人が死亡したときと第3条に規定をしております市民でなくなったとき、又は施設に入所した場合、同一世帯でなくなった場合においては資格を喪失するものと定めるものでございます。第9条では不正利得の返還を、第10条で本条例の施行に関しまして必要な事項は別に規則で定めるものとするものでございます。附則としまして、本条例は平成3年4月1日から施行するとするものでございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げまして補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第3号常滑市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について」の補足説明を求めます。企画管理部長。



◎企画管理部長(森下美樹君) 

 ただいま議題となりました議案第3号常滑市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正につきまして補足の説明を申し上げます。今回の改正は、職員の勤務時間の規定につきまして改正をお願いするものでございまして、このたび労働基準法第32条で定められております労働時間の週40時間制について段階的に短縮を図るため当分の間、暫定措置として政令で定められている法定労働時間が平成3年4月1日から1週間につき46時間から44時間に改正されたことに伴いまして、市職員の勤務時間につきましても条例準則に基づき1週間の勤務時間の最高限を46時間から44時間に改正するものでございます。なお、現在の市職員の勤務時間は規則におきまして週40時間45分と定められておりますので、今回の改正により実質の勤務時間が変わることはないという内容でございます。附則におきまして、この条例は平成3年4月1日から施行するものでございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第4号常滑市職員の旅費に関する条例の一部改正について」の補足説明を求めます。企画管理郡長。



◎企画管理部長(森下美樹君) 

 ただいま議題となりました議案第4号常滑市職員の旅費に関する条例の一部改正につきまして補足の説明を申し上げます。今回の改正は、職員の旅費について国家公務員の旅費の規定に準じまして、赴任に伴う旅費の規定を新たに設けるとともに、在勤地内いわゆる市内旅費につきまして支給規定の整備を図ることが主な内容でございます。このうち職員の赴任に伴う旅費につきましては、職員の採用、又は転任に伴い住居を移転した場合に支給する旅費でございまして、国及び県においては既に規定化されているもので、このたび県の指導もございまして条例準則に基づき改正をお願いするものでございます。それでは条例の改正内容につきましてご説明申し上げます。まず第2条におきましては、赴任についての定義を定めるものでございまして、新たに採用された職員で市長が特に定める者、又は転任を命ぜられた職員がその採用、又は転任に件い住居を移転するために旅行する場合を定めるものでございます。この適月者といたしましては、現在のところ市民病院のお医者さんで医師住宅に入居移転した場合に該当するものとこのように現在は考えております。次に第3条では旅費の支給規定において新たに赴任する場合の支給規定を加えるものでございます。第6条においては、旅費の種類について新たに赴任に伴う旅費として移転料、着後手当及び扶養親族移転料を加え、それぞれについての支給規定を定めるものでございます。第8条から11条につきましては、旅費の計算方法及び支給手続について規定の整備を図るものでございます。18条の2においては、赴任に伴う移転料の額について定めるものでございまして、その額は扶養親族と共に移転する場合は別表に定める額とし、一定の距離区分に応じまして最低50キロ未満で9万3,000円、最高1,000キロメートル以上で26万1,000円といたすものでございます。なお、赴任の際、扶養親族を移転しない場合つまり単身赴任の場合はその2分1の額とし、又、赴任後1年以内に扶養親族を移転する場合も同様2分の1の支給をするものと定めるものでございます。18条3におきましては着後手当の額について定めるもので、その額は日当及び宿泊料のそれぞれ5日分及び5夜分といたすものでございます。18条の4においては扶養親族移転料の額について定めるものでございまして、扶養親族の人数及び年齢に応じて支給することを定めたものでございます。19条については、長期滞在者にかかわる日額旅費を支給する場合の規定につきまして整備をいたすものでございます。20条におきましては、いわゆる市内旅費の支給規定を改めるものでございまして、現行規定では電車、バス等の交通機関を利用した場合に限りその実費を支給することとなっておりますが、実態としては公務上市内で行動する場合において交通機関を利用することが困難な場合、又は公用車も利用できない場合もあることから、今回、特に公務上必要と認めた場合において交通機関の利用にかかわらず私用車の公務使用についても旅費の支給をできる旨、規定を定めるものでございます。この場合の旅費は市長が別に定めることとし、その額は1キロ以上について一律1回150円といたすものでございます。21条、22条については旅行中の退職及び死亡等による旅費について、新たに赴任に伴う旅費の規定を加え整備をいたすものでございます。次に別表においては、新たに赴任に伴う移転料の額について定めるものでございます。附則といたしまして、この条例は平成3年4月1日から施行することとし、併せて経過措置を定めたものでございます。なお、参考資料として別途条例改正の主な概要について添付をさせていただいておりますので、よろしくお願いを申し上げます。以上をもちまして補足の説明とさせていたたきます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第5号常滑市民体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正について」及び「議案第6号常滑市学校屋外体育施設夜間照明の設置及び管理に関する条例の一部改正について」の2件の補足説明を求めます。教育部長。



◎教育部長(高井稔和君) 

 ただいま一括議題となりました議案第5号及び議案第6号につきまして補足の説明を申し上げます。初めに、議案第5号常滑市民体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、今回の改正は市民体育館の利用申請受付を始め施設の維持管理などの管理業務を本年4月から発足いたします常滑市公共施設管理協会に委託することによりまして所要の改正をお願いするものでございます。改正の内容といたしましては、職員条項の第3条を削り、使用の許司条項の第4条から委任条項の第15条までをそれぞれ1条ずつ繰り上げ、管理委託条項の第13条を市長は体育館の管理を常滑市公共施設管理協会に委託するものとするに改めるものでございます。又、第4条から第15条までをそれぞれ1条ずつ繰り上げましたことによりまして、別表第1及び第2中括弧書の第9条関係となっておりますのを第8条関係に改め、附則におきまして、この条例は平成3年4月1日から施行するとするものでございます。

 続きまして、議案第6号常滑市学校屋外体育施設夜間照明の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、この改正は学校屋外の夜間照明施設の管理業務を本年4月から常滑市公共施設管理協会に委託することによりまして所要の改正をお願いするものでございます。改正の内容は、過料条項の第11条と委任条項の第12条をそれぞれ1条ずつ繰り下げ、新たに第11条といたしまして管理委託条項を定め、市長は学校屋外照明施設の管理を常滑市公共施設管理協会に委託するものとすると定めるものでございます。なお、附則におきまして、本条の施行日を平成3年4月1日からといたすものでございます。よろしくご審議をいただきご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第7号常滑市グリーンスポーツセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正について」及び「議案第8号常滑市都市公園条例の一部改正について」の2件の補足説明を求めます。開発部長。



◎開発部長(高木雄次君) 

 ただいま一括議題となりました議案第7号及び議案第8号につきまして補足の説明を申し上げます。初めに、議案第7号常滑市グリーンスポーツセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正につきましてでございますが、平成3年4月から発足します常滑市公共施設管理協会に管理業務を委託するため条例の一部改正で、内容といたしまして、12条で市長はグリーンスポーツセンターの管理を常滑市公共施設管理協会に委託することと定め、現行11条の委任を13条に繰り下げるものでございます。

 次に、議案第8号常滑市都市公園条例の一部改正につきまして補足の説明を申し上げます。この一部改正は大曽公園につきましても管理業務を常滑市公共施設管理協会に委託することに伴い、併せて条例一部内容の見直しによる所要の改正をお願いするものでございます。改正の内容につきましては、議案に別添資料を添付させていただきました。3枚目の資料により説明させていただきます。最初に第1ページの第10条使用料につきましては、大曽公園内にありますプール、野球場、庭球場等の施設を利用するときに納めていただいております有料公園施設の使用利だけを定めており、今回3ページの別表第2のとおり公園内における行為、公園施設の設最及び管理、公園の占用料について使用料の定めがなく加えたものでございます。今回、新たにこの別表第2を定めることにより改正後の欄のアンダーラインのところへ、及び別表第3の字句を追加したものでございます。次に第12条管理委託につきましては、委託先を常滑市公共施設管理協会に委託するため改めるものでございます。次に2ページ第14条使用料の徴収につきましては、施設の使用料及び公園の許可の際に使用料を徴収するため、現行期間3か月をこえない場合を削除し、2項の現行公園の使用料期間を3か月こえる場合、4期に分けて徴収する条文を、改正後は公園使用料のうち占用料等は年単位の使用料のため、翌年度以降の徴収を年払いとし、期限を4月30日までに徴収することができると定めたものでございます。次の現行の3項は、使用料の額が月単位の場合、日数に端数を生じた場合の日割計算の算定を定めておりましたが、公園施設使用料はすべて時間及び日数単位となっているため、この日割計算は必要なく、別表2として追加する使用料は、第8条の占用料等の料金であり、改正後を3項では月単位で定めている場合、公園の使用期間が月未満であるときは月として算定することとし、4項で年単位で定めている場合、使用期間が1年未満のものは月割計算に改正するものであります。第15条使用料の減免につきましては、還付、又は減免を受けようとする者の申請について、市長に提出するよう定めるものでございます。以上が資料説明でございます。それでは議案の内容につきましてご説明を申し上げます。第10条使用料につきましては、公園の占用料等の使用料の別表2に別表3の字句を加えたものでございます。12条管理委託につきましては、大曽公園の管理を常滑市公共施設管理協会に委託することにより改めるものでございます。14条第1項中の使用料の徴収は、公園の利用期間が3か月をこえる場合を削り、第2項公園使用料の使用の期間が2年度以上にわたる場合の徴収方法、第3項で使用期間の端数計算、第4項で使用料の月割計算方法を定めたものでございます。15条中に還付又はの字句を加え、第2項に使用料の還付、免除の場合の申請について市長に提出するよう加えたものでございます。使用料の別表で公園施設等の使用料を別表2として加え、別表2を繰り下げるものでございます。附則におきまして、この条例は平成3年4月1日から施行したいとするものであります。以上よろしくご審議賜りましてご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第9号常滑市営住宅管理条例の一部改正について」の補足説明を求めます。開発部長。



◎開発部長(高木雄次君) 

 ただいま議題となりました議案第9号常滑市営住宅管理条例の一部改正につきまして補足の説明を申し上げます。このたび公営住宅法施行令の一部改正がこの1月22日に公布されまして、4月1日より施行することになりました。今回の改正は近年における所得の動向を考慮し、入居収入基準を現状に即して引き上げるとともに、収入超過基準、明渡し基準等の改正を行うものでございます。この改正に併せまして条例の一部を改正いたすものでございます。改正の内容につきましては、別添資料により説明を申し上げたいと存じます。資料をご覧いただきたいと思います。まず入居収入基準でございますが、これは第4条第6号及び第7号、5条の2号、24条の3項に該当いたすもので、入居資格として収入基準でございます。第1種住宅におきましては、現行10万円を超え16万2,000円以下を、1万5,000円アップの11万5,000円を超え3万6,000円アップの19万8,000円以下に、又、第2種住宅におきましては、10万円以下を1万5,000円アップの11万5,000円以下と引き上げ改正いたすものでございます。次の収入超過基準につきましては、第26条2項第1号に該当いたすもので、収入超過者となる収入基準でございます。第1種住宅におきましては、16万2,000円を超え20万4,000円以下を、19万8,000円を超え24万5,000円以下といたすもので、以下ご覧のとおり引き上げ改正をいたすもので、括弧書につきましては各段階別の割増料でございます。次の高額所得基準でございますか、第24条の2、第1項の表中に該当する明渡し請求にかかわる高額所得者となる収入基準でございまして、26万9,000円を7万円アップの33万9,000円に引き上げ改正いたすものでこざいます。附則におきまして、この条例は平成3年4月1日から施行いたしたいとするものであります。以上よろしくご審議賜りましてご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第10号常滑市消防団条例の一部改正について」の補足説明を求めます。消防長。



◎消防長(内田福三君) 

 ただいま議題となりました議案第10号常滑市消防団条例の一部改正について補足の説明を申し上げます。議員の皆様方には消防団活動に深いご理解をいただき、ご指導ご鞭撻を賜っておりますことこの席を借りまして厚くお礼を申し上げます。消防団員は地域住民の生命、身体及び財産を火災などから守るため、日夜、火災消火訓練を始め火災消火活動、又、警備活動にとご活躍をいただいておるところでございます。このたびの条例の一部改正は、団員の年報酬が昭和57年に改正されましてから9年据置きをいたしておりますので、年報酬を引き上げて処遇の改善を図りたいとするものでございます。お手元の資料2枚目をお開きいただきたいと存じます。報酬一覧表別表1でございますが、左から階級、現行報酬、改正案、引上率、引上額の順で記載いたしでございます。消防団長におきましては、現行28万円に対しまして5万5,000円を引き上げ33万5,000円としたいとするものでございます。副団長以下、記載のとおりそれぞれ引き上げたいとするもので、平均の引上率は11.44パーセントでございます。附則としまして、平成3年4月1日から施行したいとするものでございます。以上よろしくご審議を賜りましてご可決くださいますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第11号常滑市国土利用計画の制定について」の補足説明を求めます。

 企画管理部次長。



◎企画管理部次長(鯉江勇二君) 

 ただいま議題となりました議案第11号常滑市国土利用計画の制定につきまして補足の説明を申し上げます。本計画の策定は、飛島村に続きまして県下2番目になるものでございますが、平成元年3月22日に中部新国際空港の建設候補地が常滑沖に一本化されて以来、土地を巡ります問題が重要かつ緊急な課題となってきたと認識をしているところでございます。そこで、市といたしましては、主体性をもって適切な土地利用の指針を定め、新しい土地利用に対処するため本計画を策定しようとするものでございます。国土利用計画は、国土利用計画法第8条の定めを根拠といたしておりまして、県の国土利用計画を基本とするとともに、市議会の議決を賜らなければならないものでございますが、内容といたしましては目標年次までの土地利月区分ごとの転換量を定めることを目的としておりまして、理念計画の色彩が強いものでございます。したがいまして、本計画の具体化に当たりましては、個別法でございます都市計画法、農業振興地域の整備に関する法律、常滑市の実態からいいます土地改良法等に基づく諸計画策定の折に議会の皆様と十分ご相談申し上げながら進めて参ることになると存じます。又、本計画は昨年11月13日から本年1月22日にかけまして、常滑市国土利用計画審議会におかれまして5回にわたり精力的にご審議を賜りまして、本資料24ページにございますが、伊藤会長さんから5つの意見を付した上で、本計画は適正であるとこの旨のご答申をいただいたところでございます。では、ご提案申し上げております常滑市国土利用計画の内容につきましてご説明申し上げます。本計画は、前文、基本構想、規模の目標、そして目標達成に必要な措置の4章と説明資料で構成しておりますが、ご議決賜りたいと思いますのは1ページから21ページまでの4章でございます。まず14ページでございますが、本計画の目標年次は平成12年、西暦で申しますと2000年といたしておりますこと。人口は5万7,000人と設定しておるところでございます。計画の基本的考え方につきましては、3つの課題と5つの方向に集約し提起しとります。4ページからでございますが、最初の課題は新伊勢湾時代への対応ということでございます。伊勢湾の持つ魅力やイメ−ジを更に高めるとともに、海岸の整備や養浜に努めながら有効に活用するための指針を示さなくてはならないと存じます。2番目は中部新画際空港でございます。本市の土地利用の基本を左右する影響があるわけでございまして、開発に対しまして適切な行政運営が重要となって参ろうかと存じます。3番目は農村総合整備事業でございます。21世紀に向けまして土地利用区分ごとの量的な調整を行い、新しい土地利用の在り方を確立する必要があると考えたもので、これら3つを大きな課題として認識したわけでございます。そして、この課題解決に向けて5つの基本方向を定めでございます。6ページでございます。6ページから、第1はラダー状の骨格づくり、いわゆる梯子状の道路整備ということでございまして、空港への連絡道路を市内で確保することを提案をするとともに、知多地域各市町との協調及び県との調整をする中で、市内基幹道路として縦軸いわゆる南北軸と横軸、東西軸を逐次充実していく必要があろうかと存じます。第2はぶどうの房状に丘陸地の基幹道路に沿って庄宅用地、産業月地を整備していくということで、新しい住宅団地や産業団地を土地改良事業や自然環境に留意しながら進めていく考えでございます。第3は居住環境の充実とファジィーゾーンいわゆるあいまいな地域という意味でございますが、この地域の設定ということでございまして、7ページに相成ります。既成市街地内の居住環境の充実を図りますとともに、新しくこういうあいまいな地域という考え方を打ち出しておりまして、おおむね都市計画街路知多西部線の西側一帯の住宅適地を今後の住宅需要に対します予備地帯として位置づけておき、逐次、市街化区域として拡大をして参りたいとこういう考え方でございます。第4は伊勢湾の活用でございます。これは国県に対します提案になるわけでございますが、空港と対岸部の公有水面を活用した前島を造成し新しい海、新しい都市の核になるようにしていきたいということでございます。最後でございますが、第5は農村総合整備計画の見直しでございます。既に採択されている地区につきましては、平成7年度を完了目標に推進することにいたしておりますが、未採択地区につきましては、宅地等々の方途も含め見直しをする考えでございます。しかしながら、現在、調査中の国営農地再編パイロット事業につきましては、土地所有者の方々に実施する意向がありますれば、それが可能となるような位置づけとなっておりますことを付け加えさしていただきます。続きまして、本計画の中心となります土地利用目的に応じた区分ごとの規模の目標でございます。15ページをご覧いただきたいと存じます。冒頭ご説明申し上げましたように、平成12年、西暦2000年までの転換量が定めでございます。表の2段目でございますが、農地、実施中の土地改良事業を平成7年度までに完了することにしておりますので、中間年次の平成7年までは440ヘクタール増加いたしますけれども、後半で住宅団地や産業団地などの都市的利用を図りますので130ヘクタール減少し、計画期間中には昭和63年の基準年次よりトータルで310ヘクタール増加する、いわゆる63年、平成12年対比121.8パーセントとなるものでございます。次に4段目の森林でございますが、平成7年までの150ヘクタール減少に、土地改良事業等、既計画の実施によります減少で、後半の120ヘクタール減少は新しい開発計画に伴うものでございまして、計画期間中270ヘクタール規模の減少、率で62パーセントということに相成るわけでございます。14段目で宅地でございますが、住宅地、工業団地、事業所、店舗等のその他の宅地の合計でありますが、計画期間中に270ヘクタールの増加を見込んでおります。32.1パーセント増ということに相成るわけでございます。最後に、これらの目標に達成に必要な措置を記述しでございます。18ページから21ページでございます。本計画は法律等の適切な連用、総合計画の一体的な取組み、そして環境保全と快適性、健康性の創造に十分留意して推進して参りますとともに、中部新空港の具体化に合わせ適宜見直しをしていく、あるいは改訂していくことも定めているわけでございます。以上よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げまして補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第12号県営土地改良事業の負担金について」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(青山竹次君) 

 ただいま議題となりました議案第12号県営土地改良事業の負担金について補足の説明を申し上げます。別紙の資料位置図に示してありますように、久米地内県道久米乙川内山線の工業団地入口から南西約400メートルに位置します老朽ため池高峯池の改良工事について県営事業で平成3年度から5年度の3年間で概算事業費8,200万円で実施されることになりました。この概算事業費のうち地元負担金の25パーセントを常滑市が負担することについて、土地改良法の規定により議会の議決をお願いするものでございます。以上よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第13号市道の路線認定について」及び「議案第14号市道の路線変更について」の2件の補足説明を求めます。建設部長。



◎建設部長(水野幸雄君) 

 ただいま一括議題となりました議案第13号及び議案第14号について補足の説明を申し上げます。まず議案第13号市道の路線認定についてでございますが、本件は13路線を新たに市道として認定するために道路法の規定に基づきまして議会の議決をお願いするものでございます。内容につきまして別添資料1から5までの市道路線認定図により説明申し上げます。資料1をご覧いただきたいと思います。市道1504号線は榎戸町5丁目の県道大府常滑線から西へ入る87メートルの寄附採納による新設道路を認定するものであります。又、市道1505号線は港町3丁目の鬼崎中学校東側の宅地開発により寄附を受けました140.6メートルの新設道路を認定するものでございます。次に資料2をご覧ください。市道1864号線は金山地内の三ツ池上池の埋立てにより、これまで池の北側を周回しておりました1727号線を直線に区域変更するのに伴いまして生じました道路63.8メートルを市道として認定するものであります。次に資料3をご覧ください。市道2489号線でございますが、脇田口地内の脇田池西側、国道155号線東側の宅地開発により寄附を受けました127.2メートルの新設道路を認定するものでございます。次に資料4をご覧いただきたいと思います。市道2491号線から2497号線の7路線でございますが、原松土地区画整理事業によりまして新設されました道路につきまして区画整理組合より管理引継ぎを受けましたので、これを市道として7路線合計1,201.2メートルを認定するものであります。最後に資料5をご覧ください。市道3302号線は樽水市営住宅建替事業に伴います新設道路65.6メートルを、市道3303号線は樽水川南側の宅地開発により寄附を受けました新設道路59.1メートルをそれぞれ市道として認定するものでございます。

 次に議案第14号市道の路線変更についてでございますが、原松土地区画整理事業によりまして路線の起点、あるいは終点が変更しましたことに伴い市道の路線変更を行うために道路法の規定に基づきまして議会の議決をお願いするものでございます。変更の内容につきまして別添資料市道路線変更図により説明申し上げます。市道2023号線及び2026号線は緑色で表示しました従来の路線区域に赤色で表示しました新路線部分を加えました区域に変更するものでございます。これによりまして、市道2023号線は延長78メートルを延長173.8メートルに、市道2026号線は延長82メートルを延長107メートルにそれぞれ変更するものであります。次に市道2033号線につきましては、従来の路線区域青色と緑色で表示しました延長46メートルでございますが、土地区画整理事業によりまして新設されました道路に区域の一部を取り込まれましたために、緑色の部分のみの延長12.7メートルに変更するものでございます。以上が議案の内容でございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第15号」から「議案第20号モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻の事務受託に関する協議について」の6件の補足説明を求めます。競艇事業部長。



◎競艇事業部長(鈴木康男君) 

 ただいま一括議題となりました議案第15号から議案第20号モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻の事務受託に関する協議について補足の説明を申し上げます。

 議案第15号につきましては、来る5月3日から5月8日までの6日間にわたり住之江競走場で開催されることになっております第18回笹川賞競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を箕面市から受託するため地方自治法の規定に基づき議会の議決をお願いするものでございます。別紙事務委託に関する規約の内容につきましては、第1条で委託事務の範囲を、第2条で管理及び執行の方法、第3条で委託の期間、第4条と第5条で経費の負担及び予算の執行、第6条で委託料、第7条で損害の陪償、第8条で疑義の決定について、それぞれ規定をいたしたものでございます。なお、参考資料として添付しでございます覚書案に記してありますように、この競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、第3日目5月5日から第6日目の優勝戦日5月8日までの4日間を予定しているところでございます。

 議案第16号につきましては、来る6月20日から6月25日までの6日間にわたり住之江競走場で開催されることになっております第1回グランドチャンピオン決定戦競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を大阪府都市競艇組合から委託を受けるものでございます。別紙規約の内容につきましては、先の議案と同様でございます。なお、この競走につきましては、ちょうど今年がモーターボート競走法が制定されて40周年に当たります関係で、これを記念して新しく設けられたものでございます。この競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、覚書案に記してありますように、準優勝戦日6月24日及び優勝戦日6月25日を予定しているところでございます。

 議案第17号につきましては、来る8月2日から8月7日までの6日間にわたり下関競走場で開催されることになっております第37回モーターボート記念競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を下関市から委託を受けるものでございます。別紙規約の内容につきましては、先の議案と同様でございます。なお、この競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、覚書案に記してありますように、第3日目8月4日から第6日目の優勝戦日8月7日までの4日間を予定しているところでございます。

 議案第18号につきましては、来る10月9日から10月14日までの6日間にわたり尼崎競走場で開催されることになっております第38回全日本選手権競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を尼崎市から委託を受けるものでございます。別紙規約の内容につきましては、先の議案と同様でございます。なお、この競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、覚書案に記してありますように、準優勝戦日10月13日及び優勝戦日10月14日を予定しているところでございます。

 議案第19号につきましては、来る12月21日から12月23日までの3日間にわたり平和島競走場で開催されることになっております第6回グランプリ競走及び当日行われるその他の競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を府中市から委託を受けるものでございます。別紙規約の内容につきましては、先の議案と同様でございます。なお、これら競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、覚書案に記してありますように、グランプリ競走施行日の12月21日、22日、23日の3日間を予定しているところでございます。

 議案第20号につきましては、平成4年3月19日から3月24日までの6日間にわたり蒲郡競走場で開催されることになっております第27回鳳凰賞競走に係る勝舟投票券の臨時特別場間場外発売及び払戻に関する事務を蒲郡市から委託を受けるものでございます。別紙規約の内容につきましては、先の議案と同様でございます。なお、この競走に係る常滑競走場の場外発売日につきましては、準優勝戦日3月23日及び優勝戦日3月24日を予定しているところでございます。以上が平成3年度における6大競走に係る常滑競走場での場外発売関係でございまして、日数としては17日予定をしております。なお、このうち当場の開催日に併用発売を9日、非開催日に8日を予定しているところでございます。以上6議案につきまして、よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 ここで休憩をいたします。再開は午後1時といたします。

                            (午前10時43分 休憩)

                            (午後1時00分 再開)



○議長(伊藤渉君) 

 休憩を解き会議を再開いたします。

 次に「議案第21号平成2年度常滑市一般会計補正予算(第6号)」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第21号平成2年度常滑市一般会計補正予算第6号について補足の説明を申し上げます。一般会計におきます今回の補正予算の概要は本年度最終予算でありますので歳入歳出とも増減の整理をさせていただき、事務事業の年度内の執行見込みに合わせまして事業費等の調整を行うとともに特に年度内に措置が必要となった事項並びに農村基盤総合整備事業基金、西浦北小学校建設基金等への積立て及び市民病院事業会計への繰出し、土地開発基金などから土地の買戻し等を措置させていただいたものでございます。第1条で定める歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出それぞれ4億5,996万7,000円を追加し、200億9,321万5,000円とするものでございます。第2条に定める債務負担行為の補正につきましては、8ページから9ページの第2表債務負担行為補正のとおりでございまして、農村基盤総合整備事業等に伴い土地改良区が農林漁業金融公庫から借り入れる額が6億8,910万6,000円に決まりましたので、これに併せて損失補償の額を変更するものでございます。次に第3条の地方債の補正につきましては、10ページ、11ページに記載の第3表地方債補正のとおり樽水字奥平地内に新設の一般廃棄物最終処分場建設事業を始め樽水川改修、榎戸下水路、桧原公園、新体育館建設の常滑公園及び南出張所建設等の消防施設整備事業について、それぞれ起債許可予定額の変更に伴い補正前の限度額5億3,120万円を6,590万円減額し、補正後の額を4億6,530万円とするとともに、貸付条件の変動に対処するため利率を8.5パーセント以内に改めさせていただきたいとするものでございます。

 それでは第1条歳入歳出予算の補正につきまして、主な補正内容の説明を申し上げます。議案の次に閉じてあります補正予算説明書で16ぺ−ジからご覧いただきたいと存じます。まず2歳入でございますが、1款市税につきましては、平成2年12月末の調停実績に基づき個人及び法人を合わせた市民税を始め固定資産税、軽自動車税、市たばこ税、都市計画税ごとの年度末の収入見込額積算により差し引きして4,450万円減額し、補正後の計を64億6,162万6,000円とするものでございます。このうち特に法人市民税において6,760万円の減額補正につきましては、市内大手企業などからの収納見込みをほぼ昨年度並みに見積りしておりましたところ、大型設備投資による償却負担の増加だとか、あるいは株価金融情勢の影響など受けての業績停滞だとか、そういった条件が重なりまして収納実績が予算額を下回ることとなりましたので減額させていただくものでございます。次の3款利子割交付金につきましては、1億円増額し、2億3,200万円とするもので12月までの実績を基に見込み計上したものであります。4款自動車取得税交付金につきましても同様、12月までの実績を基に1,700万円増額し、2億600万円とするものでございます。5款地方交付税につきましては、このたびの再算定の結果により1億1,200万円増額し、10億6,943万5,000円とするものでございます。7款分担金及び負担金につきましては、534万円減額するもので、市外の特別養護老人ホーム収容者の保護者一部負担金収入等それぞれの収入実績に基づくものであります。8款使用料及び手数料につきましては、1,671万4,000円を増額するもので、高坂墓園永代使用料及び公営住宅使用料等を実績見込みにより計上するものでございます。9款国庫支出金につきましては、6,679万5,000円減額するもので、この内容は次のページにありますとおり主なものは民生費関係の社会福祉費負担金を始め福祉事業に係る対象費用額の増減に合わせての整理並びに鬼崎漁港整備事業を始め小鈴谷漁港、樽水武豊線道路改良事業費、榎戸下水路事業費、常滑公園整備事業費等、投資的事業費に対する補助金が減額したことによるものでございます。10款県支出金につきましては、1,311万8,000円の減額でございまして、次の22ページからのとおり国庫支出金と同様、福祉関係を主とする歳出における対象費用額の増減に伴う調整を始めとしまして農業費補助金における農協の北部育苗センターに対する地域農業振興事業費補助金で592万2,000円の計上、鬼崎漁港の整備等水産業費補助金で600万2,000円の減額、25ぺ−ジで新たに補助採択が得られました市道奥条三番口線道路改良事業費補助金で1,700万円の計上、それから収納実績の増加に伴う県民税徴収事務委託金の増額等をそれぞれ合わせて差し引き計上させていただいたものでございます。11款財産収入につきましては、今回補正額の94.7パーセントを占める4億3,576万8,000円を増額するもので、財政調整基金利子収入を始め水田農業確立特別対策基金利子収入までそれぞれの基金利子収入について年度末までの収入見込みにより合わせて2億5,632万2,000円の増額をし、又、国道247号線に係る先行取得用地の県への売払収入及び県道常滑半田線道路関係者への代替地払下げ等に伴い不動産売払収入増額で1億7,944万6,000円を計上したことによるものでこざいます。12款寄附金の増額1,105万4,000円につきましては、次のページにありますとおり知多市内の新美殖産有限会社から寄附されました緑化整備事業費で100万円を始め使用料収入の増加に件う常滑陶磁器くず処理協会寄附金、常滑タイル株式会社から図書充実のためありました社会教育費寄附金50万円等でございます。13款繰入金につきましては、3億6,276万8,000円を減額するもので、これは今回り補正において一般財源の収入見込みと財源確保の見通しが得られましたので、農村基盤総合整備事業基金繰入金で1億8,450万円を、又、財政調整基金繰入金で2億円をそれぞれ減額することとしたものでございます。15款諸収入につきましては、2億9,961万6,000円を増額するもので、この内容として主なものは歳計現金などの預金利子増額で1億8,500万円、新年度との財源調整をも考慮いたしまして競艇事業収入で1億円増額し、本年度38億円とするものでございます。又、雑入りの関係においては1,161万6,000円増額するもので、保育園収入を始め国民年金印紙売捌代金及び学校給食費収入等それぞれの実績見込みに合わせて減額することの一方、10雑入のうち1総務費雑入において団体扱生命保険等事務費収入として640万円の増額計上で、これは従来互助会会計で直接受け入れて互助会事業に充てていたものでありますが、今回、税務署の指導もございまして一般会計で受け入れ互助会に補助金として支出することとしたものでございます。又、民生費報入において社会福祉協議会派遣職員負担金として3,997万5,000円の増額計上は、社会福祉協議会への派遣職員に対する人件費の会計処理を明確化するとともに、社会福祉協議会が行っている収益事業の所得計算上、人件費負担額を損金に算入するため措置したことによるものでございます。16款市債につきましては、第3条地方債の補正で申し上げましたとおり6,590万円を減額するものであります。以上で歳入合計は4億5,996万7,000円の追加となるものでございます。

 続きまして、30ページからの歳出について申し上げます。まず1款議会費につきましては、海外への行政視察参加者が2名から1名になりましたこと等、実績見込みに合わせて85万円を減額させていただくものでございます。次の2款総務費につきましては、1項総務管理費におきまして、職員互助会交付金として640万円の計上で、先ほど申し上げましたとおり従来、職員互助会会計で受け入れていた団体扱生命保険等事務費収入を一般会計を通して経理することとしたことによるものでございます。次いで冷房運転時間の増加などによる電気料及び電話料の不足等、庁舎管理費の増加で208万円、次年度に予定しておりました課税データの作成を今年度に実施することとしたことにより電算管理費の増額で46万6,000円、それから市民意識調査を取りやめたことに伴い国際空港問題調査研究費の減額で350万円、基金条例の規定に基づき利子収入を基金に積み立てるため、ふるさとづくり事業基金積立金の増額で201万6,000円、同じく基金条例に基づく利子収入分の減債基金積立金増額で3,846万6,000円、次のページにおきまして、新年度以降の財源調整のため財政調整基金積立金で2億円を追加計上するものでございます。次の2項徴税費におきましては、財源充当の変更をするものであります。4項選挙費におきましては、無投票となりましたことに伴う農業委員会委員一般選挙費及び常滑土地改良区総代会総代総選挙費において減額調整を行うとともに、36ページで選挙の終わりました参議員愛知県選出議員補欠選挙費について精算をし減額措置するものでございます。7項交通安全対策費におきましては、予算に見込んだ人員が確保できなかったため交通指導員賃金で173万円減額し、知多バスの赤字バス路線維持対策費補助金で51万2,000円増額するものです。これは平均乗車密度が5人未満のバス路線で、地域住民の生活上必要な路線の運行を維持するために県知事が指定したものについて知多バスの申請により国、県、市がそれぞれの負担割合により補助するものです。今回、対象となりましたのは前年度と同様で知多半田から小鈴谷・坂井を経由し上野間を往復する路線でございます。以上差し引き合計し総務費では2億3,960万8,000円の追加計上となるものでございます。38ページからの3款民生費につきましては、まず1項社会福祉費では556万2,000円増額するもので、1目社会福祉総務費において臨時職員の増員に伴い小規模授産所管理運営費等での増額とともに、常滑市社会福祉協議会補助金で3,845万1,000円増額するもので、これは社会福祉協議会への派遣職員に対する人件費について会計処理を明確化すること等を目的に社会福祉協議会から人件費分を負担金として一般会計へ納入する措置に伴い同額を追加助成することとしたものでございます。又、2目老人福祉費においては、老人ホーム収容措置、在宅福祉事業、敬老事業について対象人数、件数、日数などの実績に基づき減額するとともに、デイ・サーピスセンターの建設事業費の増加に伴う補助金の増額及び常滑市農協から借地しておりました広目老人憩の家用地購入費で629万4,000円追加するものでございます。4目国民年金費は、被保険者の減少に伴い印紙購入費を1,676万円減額するものです。次の40ページの5目福祉医療費についても、老人医療助成費等いずれも前年の伸び率を下回っている実績に合わせまして1,860万円減額するものでございます。2項児童福祉費では、682万4,000円の減額となるもので、児童手当支給費を始め母子寮収容措置費、43ページの市遺児手当支給費、2目保育園費の管理運営費と保育費、3目の千代ヶ丘学園費等いずれもそれぞれの対象人数の減少と支出実績等に基づき減額するとともに、常石保育園の園庭拡張を図るため76,71平方メートルの用地購入費413万9,000円を計上したことによるものでございます。3項生活保護費におきましても、当初予算で見込みました生活扶助人数、医療扶助費が実績では下回ることとなり本年度の私行見込みに合わせて1,100万円を減額整理いたしました。したがいまして、民生費では差引き1,226万2,000円の減額措置を行うこととなったものでございます。次の4款衛生費につきましては、まず1項保健衛生費では、保健センター管理運営費などいずれも本年度の実績等に基づく増減あるいは確定したものであります。このうち半田常滑高等看護学院組合分担金の増額553万3,000円は、常滑市分の生徒数増加に合わせて分担率が確定したことに伴うものであり、予防接種事業費で224万円の減額は新三混ワクチンによることなく麻疹のみが行われたこと等によるものです。健康診査事業費の減額160万円は、受診者が当初見込みより下回ったことによるものでございます。次の3項清掃費は1,052万円の減額となるもので、これはごみ収集運搬及び処理事業費を始め常滑武豊衛生組合分担金及び次のページで中部知多衛生組合分担金等それぞれ実績見込みに合わせて減額あるいは分担率の確定に伴い減額整理するものでございます。4項病院事業費では繰出金として8,392万2,000円増額するもので、4条予算関係の資本的収支の不足分を補うために出資金として増額し繰出しするものであります。又、5項水道事業費は1,989万5,000円増額するもので、これは20パーセントの県補助を得て行う老朽石綿セメント管の敷設替えのため県補助金と同額を出資金として繰出しするものでございます。以上、差し引き合計し衛生費では9,321万2,000円の追加計上となるもんでございます。50ページからの6款農林水産業費につきましては、既定予算に対する増減が大変多岐にわたり誠に恐縮に存じます、主だったものについて申し上げさせていただきますと、まず1項農業費におきましては、地域農業振興事業費補助金で592万2,000円の増額と、新農業構造改善事業費中、常滑南部地区再編構造改善事業費の減額313万3,000円はいずれも常滑市農協が事業主体となって行う施設あるいは設備の整備に対する県補助見込みに合わせて措置するものでございます。農業農村活性化農業構造改善モデル事業費の減額150万円は、坂井小脇地内等、公園の水道工事遠隔地負担金を実績に合わせて減額するものでございます。5目農地費の小倉・大草地区県営緊急農地等防災事業費の増額90万3,000円は、今年度の工事施工延長が増となりましたことに伴うものでございます。6目農村基盤総合整備事業費におきましては、公共用地購入費増額419万4,000円は常滑地区の農村公園等に充当するもので、一般諸経費減額274万5,000円は前山ダムの堤体観測委託料等であり、3土地改良区補助金において農村公園等、今年度の事業費確定に伴い県営土地改良事業補助金増額で1,312万3,000円、三崎西部線の用地買収不調に伴いまして団体営士地改良事業補助金減額で1,000万円、知多広域営農団地農道整備事業費で180万5,000円の減額は、測量等の同意が得られなかったこと等に伴い事業費割当てが減となったことによるものであります。次のページで事業の進捗に合わせまして、農村基盤総合整備事業基金積立金の増額で1億5,000万円、農業集落家庭排水処理施設特別会計繰出金の減額1,000万円は矢田地区の補助対象事業費の確定によるものであり、常滑野外活動センター整備事業費減額で2,045万7,000円は20数名の関係者にかかる物件補償費が来年度以降になったことによるものでございます。次の2項林業費における緑化整備事業費増額の100万円は、新美殖産有限会社から寄せられた寄附により小脇の公園を予定しているものでございます。3項水産業費においては1,389万6,000円の減額となるもので、昨年11月末の台風28号により市内の漁港海岸に漂着した膨大なごみ処理のため市内各漁協に対する漁場環境維持保全事業補助金で311万5,000円増額する一方、4目の漁倦建設費で鬼崎漁港整備事業費を始め小鈴谷漁港整備事業、鬼崎漁港海岸保全事業費について補助対象事業費の確定に伴いそれぞれ減額するものでございます。以上、差し引き合計して農林水産業費では1億1,057万1,000円増額するものでございます。7款商工費につきましては、常滑陶磁器くず処理施設整備事業基金積立金で850万円増額するもので、これは昨年4月から利用料を改正したことと利用台数も大幅に増加している状況に合わせて年度末までの執行見込みをしたことによるものでございます。56ページからの8款土木費につきましては、まず1項土木管理費では土地開発基金繰出金増額2,070万8,000円で、これは土地開発基金の預金利子等運用利子収入をそのまま即基金に積み立てするための予算措置でございます。次の2項道路橋梁費におきましては、用地の境界確定の調整が取れないため市道病院線道路改良事業費減額で600万円、愛知用水路の橋梁架け替えについて水資源公団との協議が残されましたため市道西阿野桧原線道路改良事業費減額で380万円、道路用地購入費での増額2,410万8,000円は土地開発公社で先行取得した半田常滑線用地等を購入するものであります。3項河川費の急傾斜地崩壊対策事業負担金増額の409万5,000円及び4項港湾費の県営常滑港改修事業負担金減額200万円はいずれも本年度分の県事業費が確定したことによるものです。5項都市計画費のうち2目街路事業費は用地買収ができず使用貸借で対応することとなりましたことにより鬼崎港線街路事業費減額で2,025万円、常東線街路事業費で4,906万1,000円の減額は土地改良事業の蒲池榎戸工区内においてほ場整備の上、関係地主に一時利用指定が済んでおりますため当面、用地買収ができなくなっている状況に合わせたものでございます。58ページ3目都市下水路費は、榎戸下水路事業費及び前川下水路事業費でそれぞれの減額と、奥条三番口下水路事業費で3,900万円の減額で、これは関連する県道半田常滑線の用地買収が整わなかったことによるものでございます。4目都市公園費は新体育館にかかる財源充当の変更でございます。5目大曽公園管理費は執行見込みに合わせて274万5,000円減額するものであります。6目駅前整備事業費は、プラットホーム東側の道路改良にかかる用地買収、物件移転補償について年度内には完了できない見込みとなったため3,657万9,000円の減額と鯉江本町二丁目地内の下水路用地を土地開発基金から所管替えするため708万1,000円追加計上するものであります。8目開発費は197万6,00D円の減額で、梶間及び千代ヶ丘における土地区画整理事業組合設立助成金等の減額です。以上、差し引き合計して土木費では1億1,091万9,000円の減額となるものでございます。次に9款消防費は、消防施設整備事業に対する財源充当の変更でございます。62ページからの10款教育費につきましては、まず1項教育総務費では応募者が少なかったこと等により常滑市育英奨学資金貸付金減額で60万円、県大会以上への出場が少なかったことにより特別教育活動充実推進事業費で100万円の減額です。次の2項小学校費においては、水道管の腐食漏水等もあり光熱水費の実績が不足が見込まれますこと等によりまして学校管理費で差し引き320万1,000円の増額と整備が待たれております西浦北小学校建設基金積立金で1億円増額するものです。この結果、本年度末の基金現在高は6億10万円となるものであります。3項中学校費については、光熱水費の実績に基づく執行見込みにより学校管理費で100万円、対象人数の減等に伴い就学援助費で129万円それぞれ減額するものです。64ページの5項社会教育費のうち3目図書館費における図書購入費増額の50万円は、創立30周年となる常滑タイル株式会社から寄せられた寄附によるものでございます。4目公民館費は290万円の減額で本年度の管理運営費の実績に基づく執行見込みに合わせて減額するものであります。5目文化普及費の少年少女囃子発表会補助金増額11万円は、この3月31日に予定されている発表会に対するもので、昨年の4月1日と合わせて本年度中に2回行われることになったことによるものです。6目市民文化会館費は管理運営費の実績に基づく執行見込みに合わせて531万4,000円の減額で、7目文化財保護費は登窯用地購入費として106万7,000円の増額で、これは昭和56年度に買収の折、相続手続上の問題からまとまらなかった残地分についてこのたび取得するものであります。8目民俗資料館費も管理運営費にかかる減額です。次のページの6項5目学校給食調理場費は1,204万4,000円の減額で、台風による給食日数の減などに伴いまして給食賄材料費等執行見込みに合わせて増減の整理をするものであります。以上、差し引き合計して教育費では8,017万8,000円の増額となるものでこざいます。次に12款公債費につきましては、減債基金繰入等による財源充当の変更であります。70ページの13款諸支出金につきましては、土地購入費として2,321万3,000円増額するもので、これは土地開発基金で先行取得しております大谷地内などの知多西部線用地2,659.3平方メートルを一般会計で購入措置し拡幅用地分を県に売り払いするものでございます。最後に72ぺ−ジの14款予備費につきましては、今回の予算編成上2,871万3,000円増額し、補正後の計を8,482万2,000円とするものでございます。以上で歳出の補正総額は4億5,996万7,000円となるものでございます。何とぞよろしくこ審議の上ご決定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第22号平成2年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第3号)」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(青山竹次君) 

 ただいま議題となりました議案第22号平成2年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算第3号につきまして補足の説明を申し上げます。今回の補正は矢田地区集落排水事業に係る国県補助金額の確定に伴う減額補正と、小鈴谷地区集落排水事業に係る廣務負担行為の補正が主な内容でございます。第1条では歳入歳出それぞれ2,312万7,000円を減額し、補正後の額を2億6,331万1,000円とするものでございます。第2条の債務負担行為の補正につきましては、5ページの第2表のとおり国の措置としてゼロ国債により平成3年度の前倒し事業で1,762万8,000円を小鈴谷集落排水事業に充当するものでございます。第3条では6ページの第3表のとおり地方債を790万円増額し、補正後の額を5,860万円とするものでございます。

 内容につきまして補正予算説明書12ページの歳入から説明申し上げます。1款使用料及び手数料では、宮石、広目、坂井の3地区の施設使用料が実敏に基づき383万1,000円の減額。2款県支出金では矢田集落排水事業が確定したことに伴いまして県補助金が1,623万8,000円の減額でございます。3款寄附会では矢田集落排水事業費の地元負担金95万8,000円の減額でございます。4款繰入金では一般会計繰入金1,000万円の減額でございます。7款市債では本年度の事業確定に伴いまして790万円を増額するものでございます。14ページの歳出につきましては、2款事業費の1目施設維持管理費は財源内訳の変更で、2目施設整備費は本年度の矢田集落排水事業費が確定したことに伴いまして2,351万6,000円の減額となります。4款の予備費では、予算編成上38万9,000円を増額をするものでございます。以上よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第23号平成2年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第5号)」の補足説明を求めます。競艇事業部長。



◎競艇事業部長(鈴木康男君) 

 ただいま議題となりました議案第23号平成2年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第5号について補足の説明を申し上げます。今回の補正につきましては歳出において一般会計への繰出金を増額するものでございまして、財源としては予備費を減額して充てるものでございます。したがって、歳出予算のみの補正でございます。それでは、この内容について6ページをご覧いただきたいと存じます。3款諸支出金1項1目の繰出金において、一般会計への繰出金を1億円増額でございます。この結果、平成2年度の一般会計への繰出金は先ほど申し上げましたとおり38億円となります。4款予備費においては1億円を減額し、補正後の計を22億3,514万3,000円とするものでございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第24号平成2年度常滑市水道事業会計補正予算(第3号)」の補足説明を求めます。水道課長。



◎水道課長(池崎満雄君) 

 ただいま議題となりました議案第24号平成2年度常滑市水道事業会計補正予算第3号につきまして補足の説明を申し上げます。この補正予算は、平成2年度から老朽管敷設替事業に県費補助を受けられることになりました。その条件として管の延長に占める石綿セメント管の敷設割合が1割以上あること、補助率は補助対象費の20パーセントで一般会計からの同額の繰出しのあることによりまして補正をお願いするものであります。第2条の資本的収入及び支出では、収入のうち補助金1,989万5,000円、出資金1,989万5,000円、計3,979万円を増額し、補正後の資本的収入額を2億4,970万7,000円といたしました。したがいまして、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億1,936万9,000円は過年度分損益勘定留保資金で補填したいとするものでございます。又、第3条では継続費として老朽管の改良による配水管敷設替事業の総額及び年割額を平成3年度から平成6年度までの4か年間の総額を2,000万円増額し、補正後の総額を6億3,000万円に定めたいとするものでございます。以上が今回の補正概要でゴざいます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお騏い申し上げまして補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第25号平成2年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)」の補足説明を求めます。病院事務局長。



◎病院事務局長(森定之君) 

 ただいま議題となりました議案第25号平成2年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算第2号につきまして補足の説明を申し上げます。病院事業会計におきます今回の補正予算の概要としましては、業務予定量の見直し、収益的収支の実績に基づきます調整措置、更には資本的収支の不足額につきまして出資金として増額補正をお願いいたすのが主なる内容でございます。まず第2条の業務予定量では一日平均の入院患者数235人を20人減じ215人に、外来患者数では645人を30人増の675人に。次に第3条収益的収入及び支出では、1款1目医療収益のうち入院収益では患者者数の減に加え、1人一日当たりの単価を実績による単価に見直したことによりまして2億4,856万5,000円の減額、外来収益におきましては患者数の増により6,393万9,000円の増額でございまして、差し引き医業収益では1億8,462万6,000円の減額措置となるものでございます、同じ1款2項の医業外収益では輪番制救急医療等県補助金の確定によりまして31万円の増額となるもんでございまして、補正後の病院事業収益を37億1,535万5,000円といたすものでございます。これに対しましての支出では1款1項医業費用の薬品費等材料購入費で8,680万円の増額と、一般経費の印刷製本費で150万円の増額をお願いいたすものでございまして、補正後の病院事業費用は40億5,670万2,000円となるものでございます。次に第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、収入が支出に対し不足する額の措置について一時借入金での措置条項を削除いたしまして、1款1項の出資金並びに1款4項の県補助金で合計8,892万2,000円の増額補正を行い、補正後の資本的収入を1億8,017万5,000円といたすものでございます。次に第5条のたな卸資産の購入限度額におきましては、薬品購入等材料費の補正増に伴いまして限度額を12億172万円に改めたいとするものでございます。以上が今回の補正内容でございます。よろしくご審議いただきましてご決定くださいますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第26号平成3年度常滑市一般会計予算」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第26号平成3年度常滑市一般会計予算について補足の説明を申し上げます。予算編成の基本的な考え方につきましては、先ほど市長が総括説明で申し上げましたとおりでございます。予算第1条に定める歳入歳出予算の総額は181億8,600万円とするもので、前年度当初予算に比較しまして16パーセントの伸びとなるもので、当初予算規模といたしましては昭和56年度以来の高い伸びを示すものでございます。なお歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は第1表歳入歳出予算によるものでございます。次の第2条に定めます地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、12ページの第2表地方債にございますように榎戸下水路事業の300万円を始め新体育館建設の常滑公園整備事業費で2億7,890万円、普通消防ポンプ目動車等消防施設整備事業費で1,870万円、合計3億60万円を見込み計上いたしました。5ページに戻らさせていただきますが、第3条の一時借入金につきましては借入れの最高額を10億円と定めるものでございます。続いて第4条の歳出予算の流月につきましては各項の経費の金額を流用することができる場合は、給料、職員手当等及び共済費に過不足を生じた場合における同一款内での各項の間の流用と定めさせていただくものでございます。

 それでは第1条に定めます予算の概要及び主な事業について予算説明書の事項別明細書により18ページの歳入から申し上げます。なお、ご覧いただきますとおり今回の平成3年度一般会計当初予算書につきましては、OA化の一環としてパソコン等による電算処理により作成いたしましたため表示方法等を一部変更させていただきましたので、よろしくご理解賜りますようお願いを申し上げます。まず1款市税につきましては、個人、法人の市民税、固定資産税以下6項の都市計画税まで平成2年度の調定実績と見込額及び税制改正に伴う減税と固定資産評価替え等を勘案いたしまして、65億630万8,000円を計上いたしました。これは前年度対比で4パーセント2億5,218万2,000円増となるもので予算総額に対する構成比率は前年度より4.1ポイント下回る35.8パーセントでございます。32ページからの2款地方譲与税につきましては3億1,900万円の計上で、このうち一昨年制度化の1項消費譲与税は前年度と同額を計上いたしました。38ページの3款利子割交付金につきましては、2億円で県からの交付実績を勘案して前年度対比51.5パーセント増となる計上でこざいます。次の4款自動車取得税交付金は、前年度の実績に基づき1,100万円増となる2億円を計上いたしました。42ページの5款地方交付税につきましては交付額の見通しが極めて困難な状況でございますが、平成2年度の決定額から特殊要因分を除いて見込みを立て前年度当初より2億円増となる4億4,000万円の計上でございます。6款交通安全対策特別交付金につきましては、最近の交付実欲に基づき前年度より200万円減の800万円を計上するものでございます。7款分担金及び負担金につきましては、保育料負担における対象園児数が減少していること等に伴い前年度より2,183万7,000円減の2億4,467万7,000円を計上するものでございます。48ページからの8款使用料及び手数料につきましては、実績を勘案しほぼ前年度並みの2億1,947万4,000円を計上するものでありますが、特にこのうち54ページの手数料中1目総務手数料においては、公的年金受給者の生存証明等の手数料無料化に伴い前年度との比較では135万2,000円減になっております。58ページからの9款国庫支出金につきましては、補助対象事業費に対する法定負担率あるいは補助基準等により見込み得る額を積み上げまして13億2,636万3,000円の計上で前年度対比では56パーセント4億7,625万9,000円増となるもので、これは次のページの4目土木費国庫補助金における海岸線街路事業費及び常滑公園整備事業費に対する補助金を合わせて7億6,000万円計上していることによるものでございます。続いて66ページからの10款県支出金につきましては、国庫支出金と同じく各事業に対する補助基準等に基づき見込みまして10億6,055万6,000円の計上で前年度に比べ34パーセント2億6,923万5,000円増となるもので、これは75ページに記載されております大野漁港整備事業費を始め鬼崎漁港利用調整事業費、奥条三番ロ線道路改良事業費など主として投資的事業に対する補助金の増によるものでございます。次は86ペーシからでございます。11款財産収入につきましては、土地建物等財産貸付収入、基金等金利及び配当金並びに不動産売払収入など3億2,450万3,000円の計上で、前年度対比では33.3パーセント8,102万5,000円増となるものでございます。90ページからの12款寄附金につきましては、各種工事等にかかる受益者負担及び陶磁器くず処理に伴うものが主なものであり、2,858万1,000円計上するものでございます、94ぺ−ジ13款繰入金につきましては、95ページに記載してありますとおり財政調整基金からの4億円の繰入れを始めとして前年度対比7億7,950万5,000円増となる12億5,416万9,000円を計上するものでございます。96ページの14款繰越金につきましては前年度と同額の1億5,000万円を計上いたしました。98ページから113ページまでに記載の15款諸収入につきましては、前年度当初と比較して11.4パーセント5億7,253万6,000円増となる56億376万9,000円を計上するもので予算総額に対する構成比率は30.8パーセントでございます。主なものは2項の市預金刊子を始め貸付金元利収入、収益事業収入、国民年金証紙売捌代金及び学校給食費収入等でございます。このうち当市の重要財源であります競艇事業収入につきましては、好調に推移している状況により一日平均売上額を3億円とし、前年度当初より16.7パーセント5億円増となる35億円を見込んだものでございます。続いて114ページの16款市價は、第2条の地方債で申し上げましたとおり3億60万円の計上で、前年度と比べ1億9,280万円減でありますが、これは一般廃棄物最終処分場建設にかかる衛生債がなくなっていることによるもんでございます。以上、歳入合計は181億8,600万円となるものでございます。

 続きまして歳出について申し上げます。まず始めに、歳出予算を性質別に分け主なものについて申し上げますと、参考資料の予算概要の7ページから10ページに記載してありますとおり人件費は一般職677名を主として前年度対比7.3パーセント増の49億3,618万7,000円で構成比は歳出総額の27.1パーセントを占めるものでございます。物件費は前年度対比8,4パーセント増の、維持補修費は10.4パーセントの減であります。補助費等は前年度対比2.5パーセント等の9億7,757万6,000円でございます。又、投資的経費である普通建設事業費につきましては継続実施している大型事業の集中に伴って前年度対比47.5パーセント増となる57億8,371万7,000円を計上するもので、事務的消費的経費の伸率6.5パーセントを大きく上回っているものでございます。それでは歳出の各款ごとの事務事業のうち新規あるいは拡充等、特徴となっていることについて申し上げさせていただきます。116ページからご覧いただきたいと存じます。

 1款議会費につきましては、2億7,631万7,000円計上するもので前年度に比較し10.8パーセント2,685万6,000円増となるもので、議員報酬の改定、複写機の購入を含んでいるものでございます。

 2款総務費は120ページから167ページまでで総額は19億7,747万2,000円の計上で予算総額に占める構成比は10.9パーセントとなり前年度と比較して14.4パーセント2億4,867万7,000円増となるものでございます。この理由は退職手当を含む人件費の増、電算オンライン化事業費、公共施設管理協会委託料、減債基金積立金、統一地方選挙費等の増によるものでございます。なお総務費においてはその68.8パーセントに当たる13億6,003万4,000円が、特別職と一般職員143人並びに各種議員報酬等を合わせた人件費で占めているものでございます。特徴となっている主なことにつきましては、まず1項総務管理費では1目一般管理費におきまして、説明欄中6職員福利厚生費の(2)被服費で女子事務服を更新のため1,176万円計上するものであります。又、123ぺ−ジの交付金、職員互助会交付金の640万円は、従来互助会会計で受け入れていた団体扱生命保険等事務費取入を一般会計で収入することに伴い措置するものでございます。2目文書広報費においては、平成4年4月に発刊のため1広報事業費中(5)市勢要覧発行費として200万円を。130ページの8目電算管理費におきまして印鑑登録等、3オンライン化事業費で2,354万6,000円を。次の9目企画費では、去る1日には第6次空港整備計画が閣議了解され今後の中部新国際空港の建設計画への対応等、将来を見通した総合的なまちづくりのため前年度に引き続き総合計画費を始め常滑21世紀計画策定費、国際空港調査研究費、ふるさとづくり事業費等について積極的に措置するとともに、新たに公共施設管理協会の事務局委託料として1,670万6,000円を計上したものであります。140ページの14目減債基金費で7,500万円の計上は基金の利子収人分を基金に積み立てるものであります。次のページの2項徴税費のうち2目賦課徴収費におきましては、前年度に比較して22.1パーセント1,127万5,000円の増となるもので、固定資産税オンラインシステム化に合わせ土地評価システムの作成委託料等を計上したことによるものでございます。次に146ページ3項戸籍住民基本台帳費につきましても同様、4印鑑登録オンライン化事業費のため275万円の計上でございます。150ぺ−ジからの4項選挙費では、4月29日の任期満了に伴いまして3目愛知県議会議員一般選挙費で874万5,000円、4目市議会議員一般選挙費及び市長選挙費で2,278万8,000円をそれぞれ計上するものでございます。次に164ページからの7項交通安全対策費につきましては、幼児から老人までの交通安全対策に配慮してほぼ前年度と同様に予算措置したものでございます。

 次の3款民生費につきましては、168ページから201ページまででございまして、前年度対比5.8パーセント増の総額33億7,583万2,000円の計上で予算総額に対する構成比は土木費に次ぐ18.6パーセントを占めるものでございます。又、民生費の76.2パーセントは職員218人分の人件費11億8,558万8,000円を始めとしまして国保事業及び老人保健特別会計への繰出金、国民年金費、老人医療等福祉医療費、それから生活保護、扶助費を合わせた計25億7,334万4,000円で占めているものでございます。新規あるいは拡充した主なことにつきましては、まず1項社会福祉費1目社会福祉総務費におきまして171ページの6精神薄弱者更生通所施設調査費として46万円の計上は昭和61年度から休園しております大曽保育園の活用を検討したいとするものであります。次のページの16補助金の常滑市社会福祉協議会補助金2,991万7,000円には市からの派遣職員負担金収入に見合う額を新たに加えて措置しているものでございます。次の2目老人福祉費におきましては、市内に初の特別養護老人ホームが設置されることに合わせて1老人ホーム入所措置費には前年度比62パーセント増の1億3,228万円を計上し、175ページの2在宅福祉事業費のうち(4)入浴サーピス事業費として504万7,000円計上し、現在は直営で2か月に1回を委託に切り換えまして月1回に拡充するもので、むらさき野園に併設設置し7月開所予定のデイーサーピスセンター運営委託料で1,940万円を、(9)ねたきり老人介護者手当で540万円の計上は月額3,000円支給するため新たに制度化するものでございます。次のページの5愛知県長寿社会振興協会出損金35万6,000円は、平成2年12月1日に愛知県が設立の財団法人に3億円を目標として県、市長村及び民間が分担して出捐するものでございます。又、新たに6デイ・サービス事業送迎リフトバス等購入費で680万円計上するものです。次に186ページからの2項児童福祉費につきましては、1目児童福祉総務費における児童手当支給費を始め保育園費、千代ケ丘学園費、児童館費及び児童福祉施設費をそれぞれ計上しておりますが、このうち保育園費において191ページにありますとおり7施設整備費とともに、8常石保育園園庭拡張事業費で2,820万円を計上しているもんでございます。

 次は202ページをお願いします。4款衛生費につきましては、202ページからでございまして構成比7.9パーセントとなる総額14億4,158万円の計上で前年度対比では30.4パーセント、6億3,103万9,000円の減となるものでございます。この主な理由は7億円有余の事業費を要しました一般廃棄物最終処分場の建設が平成2年度予算において完了したこと等によるものでございます。特に申し上げることにつきましては、1項保健衛生費1目保健衛生総務費において5施設整備費の(1)保健センター玄関棟屋上防水工事費で150万円を、6負担金の(2)半田常滑高等看護学院組合分担金は人数増に伴う分担率に合わせて2,906万円を。214ページの3項清掃費の2目塵芥処理費におきましては、新処分場完成に伴い2蓮ケ池地内最終処分場閉鎖工事費で7,500万円、ごみ裁断機設置負担も含めて常滑武豊衛生組合分担金で2億8,555万1,000円計上するものでございます。218ページの4項病院事業費におきましては、経営の健全化に資するため地方公務員共済組合追加費用の6,930万7,000円を新たに補助すること等ほぼ前年度並みの3億6,112万円を繰り出しするものでございます。次に222ページ95款労働費につきましては、7補助金の(3)中小企業退職金共済制度加入促進補助金の計上を含めて、前年度とほぼ同様に5,275万9,000円計上するものでございます。

 6款農林水産業費につきましては、224ページから249ページまでで総額23億9,613万円の計上で構成比は13.2パーセントを占め、前年度と比較して26パーセント4億9,384万2,000円の増となるものでございます。この理由は新農業構造改善を始め農村基盤総合整備事業、鬼崎漁港利用調整等の漁港建設に係る事業費の増によるものでございます。特徴となっている主なことについて申し上げます。まず1項農業費のうち226ページ3目農業振興費は、前年度に比べ18.5パーセント4,276万6,000円の増となっておりますが、これは229ページにあります南陵地区を対象と行われる常滑南部地区再編構造改善事業費に1億1,644万7,000円の計上で、これは農協が事業主体となって行うライスセンター施設の整備等に対する県補助をそのまま市予算を通して行うこと及び広目農村公園整備費でございます。又、次の5農業農村活性化農業構造改善モデル事業費で1億1,918万3,000円の計上は坂井字小脇等地内公園に管理事務所棟の新築、バーベキューハウス等を設置するものであります。234ページからの6目農村基盤総合整備事業費は10億3,521万4,000円で前年度より9.6パーセント9,084万8,000円の増となり、年々事業費は増大しているところでございまして説明欄にありますとおり、いずれも大きな事業費となっております。特に大きなウェイトを占めているのは1の人件費を始め2の(3)公共用地購入費、3の(3)県営土地改良事業等資金元利補給補助金、(5)の換地等委託事務補助金、9の農業集落家庭排水処理施設特別会計繰出金等でございます。次に244ページからの3項水産業費2目水産業振興費におきましての1水産業振興対策事業費、漁業施設整備事業補助金で4,207万3,000円は常滑漁協の海苔網冷蔵庫設置、築き磯等に対する県補助金を市会計を通じて支出するものであります。次の4目漁港建設費におきましては、各漁港整備事業費等それぞれの国県補助の見通しにより合わせて6億7,650万円を計上するもので前年度に比較して91.5パーセント3億2,330万円の増でございます。特に249ページにありますヨット・遊漁船対策として行っている6鬼崎漁港利用調整事業は3億5,750万円で前年度当初の2.6倍を見込んでいるものであります。

 次いで7款商工費につきましては、250ページからでございまして構成比6.6パーセントとなり総額12億716万1,000円の計上で前年度に比較して40.7パーセント3億4,908万2,000円の増となるものでございます。この主な理由はとこなめ焼卸団地整備事業費の増によるものでございまして、主だったことについて申し上げますと、2目商工振興費におきまして253ページの平成4年10月オープンに向けての3とこなめ焼却団地整備事業費で3億1,303万9,000円を計上し、5施設整備費として商工会館及び陶磁器会館における空調機取替工事のため365万円を。3目陶業振興費では255ぺ−ジに記載のとおり2常滑陶磁器くず処理施設整備事業費として沈砂地2か所を設置のため桧原陶磁器くず処理場整備事業費で700万円を、3陶業陶芸振興事業基金特別会計繰出金で1,540万円の計上は、長三賞20周年記念陶芸展を盛大に開催するため特別会計の不足分を措置するものであります。5補助金のうち257ページの(6)全国陶磁器意匠保護協議会総会補助金は、毎年、各産地持ち回りで開催され今年は4月9日に常滑が当番となり開催することに伴うものでございます。(7)NEWとこなめ焼産地活性化事業費補助金で550万円の計上は昭和62年度からの国県補助事業に引き統きとこなめ焼協同組合、常滑陶磁器卸商業協同組合、商工会議所が一体となって行います事業に市もタイアップして助成を図るものであります。5目陶芸研究所費においては259ページの3研修費のうちには(2)外国人特別研修生助成金250万円を含むものであります。又、4開館30周年記念事業費として1,010万円を計上し、現代陶芸の先覚者と言われる板谷波山の作品を中心とした特別展の開催及び所蔵品図録を刊行したいとするものでございます。6目工業団地事業費における1久米南部地区研修研究施設団地整備事業費は県企業庁の造成工事に対応して必要となる市経費を計上するものであります。

 次は264ページからでございます。次の8款土木費につきましては、264ページから295ページまででございまして、その総額39億3,365万6,000円の計上で予算総額に対する構成比は最高の21.6パーセントを占め、前年度と比較して79パーセント17億3,646万9,000円の大幅な増となるものでございます。これは継続的に実施している海岸線街路事業及び常滑公園体育館の建設が本格化し両事業を合わせて29億2,075万円を計上したことによるものでございます。主な事業内容といたしましては、まず1項1目土木管理費におきましては、前年度までありました公有水面埋立事業は土地開発公社で行うことに伴い、その関係経費を除いて措置させていただきました。次に268ページからの2項道路橋梁費のうち、270ページの3目道路新設改良費におきましては区長申請等に対応する市道新設改良事業費を始め市道舗装新設、側溝新設についてはほぼ前年度当初並みに措置し、5市道小林町3丁目道路改良事業費で1,200万円を新たに計上するものでございます。274ページの3項河川費におきましては、2井口川改修事業費を始め橋梁架け替えの3樽水川改修事業費、4県営急傾斜地崩壊対策事業負担金等を合わせて1億389万3,000円とするものでございます。278ページの4項2目港湾建設費では、樽水地内泊地浚渫のために常滑港整備事業費で1,500万円を新たに計上しております。280ページからの5項都市計画費のうち、次のページにあります2目街路事業費におきまして1海岸線事業費として11億6,955万円を計上するもので、港町4丁目地内の製陶工場に係る用地買収及び建物、工作物等の物件移転補償について国庫補助を得て行いたいとするものでございます。次の3目都市下水路費におきましては、榎戸下水路を始め前川、北条2丁目、大落、奥条三番口及び新規計上の陶郷町を含む下水路新設改良事業費とともに、9公共下水路事業費として1,000万円を計上するもので公有水面埋立事業の着工と併せ、今後、事業認可申請図書作成などの所要額について逐次措置して参りたいとするものでございます。4目都市公園費におきましては、1常滑公園整備事業費で17億4,420万円を計上するもので、平成2年度から3か年継続事業として行う体育館建設が2年度目に入り、その事業実施がいよいよ佳境に入り本格化するものであります。次の5目大曽公園管理費は公共施設管理協会の公園管理を委託する予算とし、6目駅前整備事業費は80台収容の自転車駐車場整備事業費及び強風時の浸水対策のための駅ビルコンコース排水施設工事費の計上等でございます。290ページの8目開発費におきましての土地区画整理事業組合設立助成金は今後の事業進捗に合わせ対処することとしたものであります。

 次に296ページからの9款消防費につきましては、構成比4.4パーセントとなる総額7億9,639万6,000円の計上で前年度に比べて4.4パーセント3,374万7,000円の増となるものでございます。特に申し上げることにつきましては、299ページで2目非常備消防費において消防団員382人に対する報酬で2,307万円を計上し、昭和57年度以来据置きとなっております団長から団員まで平均して11.44パーセントを引き上げたいとするものでございます。又、次のページで8福利研修費のうち(1)被服費で435万1,000円計上し操法訓練時等に着用する盛夏服を関係団員に追加支給したいとするものでございます。3目消防施設費におきましては昭和53年度購入分を更新する各種の車両購入費で2,390万円、逐次整備しております2消防団車庫兼詰所新築工事費で1,665万円、外溝工事を残す3常滑市消防署南出張所建設事業費で416万5,000円、団・職員等への伝達を電話により自動的に連絡するための4順次指令装置購入費として新たに160万円をそれぞれ計上するものでございます。

 次は308ぺ−ジからでございます。10款教育費につきましては、308ページから357ページまででございまして、総額17億8,913万1,000円の計上で構成比9.8パーセントを占め、前年度と比較して2.6パーセント4,505万8,000円の増となるものでございます。特に措置されたことにつきましては313ページになりますが、小学校3年、4年用の社会科副読本改訂準備費で50万円を、6外国人英語講師招致事業費には350万円を計上し中学校1〜2年生の回数増加とともに、新たに小学校6年生にも年1回の機会を持ちたいとするものでございます。316ページからの2項小学校費のうち1目学校管理費においては、5備品購入費の(3)校用備品購入費として牛乳、デザート等保管用の冷蔵庫購入費650万円を措置し、又、重点配意した7施設整備費には校舎、体育施設の工事費等で5,700万円を計上するものでございます。次の2目教育振興費においては、1父兄負担軽減対策費のうち3年ごとに必要となる(3)社会科副読本改訂費で497万6,000円を、2学校図書充実費には1校当たり5万円アップで450万円を計上いたしました。322ページからの3項中学校費においてもう学校と同様、5備品購入費の(3)校用備品購入費として牛乳等保管用冷蔵庫購入費350万円及びファクシミリ購入費80万円を措置しております。7施設整備費には校舎、体育施設の工事費で4,300万円を計上するものであります。次の2目教育振興費においても2学校図書充実費として1校当たり5万円アップで260万円を計上したものであります。次は332ページに移ります。5項社会教育費のうち2目社会教育振興費におきましては、生涯学習のまちづくり推進事業費で660万円を計上するもので、今年度はNHKの協力も得て生涯学習セミナーとして常滑市民はなしことばリフレッシュを特別に開催したいとするものでございます。又、去る2月16日設立総会が行われました3とこなめ女性会議育成事業費で60万円を新たに計上するものでございます。次は339ペーシで5目文化普及費におきまして、昭和60年度以来300万円となっておりました6美術品購入費で彫刻台、工芸品置台を含め550万円を計上するものでございます。次は344ページで8目民俗資料館費におきましては、昭和56年4月の開館を記念し2資料館事業費として開館10周年特別展を聞催したいとするものであります。348ページからの6項保健体育費では2目社会体育振興費におきまして351ぺージにありますNHK夏期巡回の3市民健康づくりラジオ体操開催費として230万円を計上するもので、8月8日の木曜日に常滑北高校グランドで行いたいとするものでございます。3目市民体育館費は公共施設管理協会の施設管理を委託する予算にしております。352ページの5目第49回国民体育大会準備費につきましては、新たに目を設定し予算計上するもので、啓蒙塔の設置等も行い着実に準備を進めて参りたいとするものでございます。次の6目学校給食調理場におきましては3管理運営費中(1)給食賄材料費を実績に合わせ積算計上するとともに揚物機、焼物機更新工事等施設整備費及び給食運搬用自動車導入費をそれぞれ計上しているものでございます。

 358ページ、11款災害復旧費につきましては、1項、2項それぞれ科目設定をいたしたものでございます。

 12款公債費につきましては、構成比4.9パーセントを占める8億9,456万3,000円の計上で平成3年度償還に係ります元金利子分と事務費並びに一時借入金の利子を計上したものでございます。なお平成3年度末現在高見込額は末尾382ぺ−ジの地方債調書のとおりでございます。

 13款諸支出金につきましては、科目設定のみでございます。

 最後の14款予備費につきましては、予算編成上4,500万円を計上したものでございます。

 なお368ページ以降に給与費明細書、継続費調書、債務負担行為調書反び地方廣債調書が、又、参考資料として予算概要を添付させていただきました。何とぞよろしくご審議の上ご決定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 ここで休憩をいたします。再開は午後2時50分といたします。

                            (午後2時36分 休憩)

                            (午後2時50分 再開)



○議長(伊藤渉君) 

 休憩を解き会議を再開いたします。

 次に「議案第27号平成3年度常滑市交通災害共済事業特別会計予算」の補足説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第27号平成3年度常滑市交通災害共済事業特別会計予算について補足の説明を申し上げます。当市の交通災害共済事業につきましては、昭和44年の発足以来、皆様方のご指導とご協力をいただきまして高い加入率を維持しながら現在に至っております。一方、交通安全は市民総ぐるみでをモットーに全市を挙げ事故防止に努めているにもかかわらず市内外での交通事故は減少せず、当事業会計も厳しい状況にあります、さて第1条に定めます歳入歳出予算につきましては、歳入歳出それぞれ2,701万円と定めるものでございます、又、第2条で一時借入金の借入れの最高額は200万円と定めるものでございます。歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書の12ページからご覧いただきたいと存じます。まず歳入につきましては、共済加入率を97パーセントと見込みまして市外の方で市内の亭業所に勤める方の加入分を含めまして共済会費収入で1,698万5,000円、生活保護者等減免者に対する一般会計負担金で192万5,000円、又、人件費等に対する一般会計からの繰入金で前年度と同額の800万円を、それから繰越金で10万円を計上するものでこざいます。

 次の16ページ歳出につきましては、職員1名分の人件費及び事務費で875万5,000円を、共済見舞金には1,800万円を計上いたしまして、18ページ予備費に25万5,000円を措置しておくものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご決定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第28号平成3年度常滑市国民健康保険事業特別会計予算」の補足説明を求めます。民生部長。



◎民生部長(竹内忠雄君) 

 ただいま議題となりました議案第28号平成3年度常滑市国民健康保険事業特別会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。当事業につきましては制度発足以来半世紀余りにわたりまして、地域医療の確保と住民の健康増進に大きく貢献いたしまして国民皆保険体制の中核として極めて重要な役割を果たして参りましたが、しかしながら、近年におきます国民健康保険制度を取り巻く諸情勢は社会経済の変化や人口の高齢化等によりまして、低所得者や高齢者に加入割合が著しく不安定になっているのが現状でございます。それでは27ページをご覧いただきたいと思います。本予算につきましては、第1条に記載のとおり歳入歳出それぞれ対前年度比0.04パーセント増の24億6,430万8,000円の編成とし、第2条では一時借入金の最高額を1,000万円と定め、第3条におきまして歳出予算の各項の経費の流用については、各項に計上した保険給付費に過不足が生じた場合とすると定めたものでございます。予算の内容につきましては、予算説明書38ページからご説明申し上げます。

 ます歳入でございますが、第1款国民健康保険税につきましては、加入所帯6,740世帯、被保険者数1万6,390人と見込み、税率は前年同様据置きとし、課税限度額を40万円で計上した額でございまして対前年度当初予算と比較いたしまして0.41パーセント減の11億1,969万3,000円の計上でございます。2款使用料及び手数料は前年と同額9万1,000円を。40ページ3款国庫支出金では1項事務費、療養給付費等国庫負担金としまして7億1,064万4,000円を、2項助産費等国庫補助金で359万8,000円の計7億1,424万2,000円を。次のページ42ページでございます。4款療養給付費交付金では退職被保険者関係医療費につきましての支払基金からの交付金で前年度対比9.7パーセント増の3億4,136万1,000円を。次のページ44ページでございます。5款県支出金では前年度より200万円減の1,500万円を。6款共同事業交付金としまして前年度と同額1,200万円を。7款繰入金は一般会計繰入金と保険基盤安定繰入金を合わせた1億4,730万円を。次のページをお願いします。46ページ8款繰越金は前年度対比9.9パーセント増の1億1,100万円を。9款諸収入では保険税延滞金で152万円、次のページ雑入で210万1,000円を合わせました362万1,000円を計上し、歳入合計24億6,430万8,000円とするものでございます。

 これに対しまして歳出でございますが、50ページをお願いします。1款総務費では1項総務管理費で6,162万9,000円を、2項徴税費で600万円を、3項運営協議会費で21万3,000円の計6,784万2,000円を。次のページ54ページ2款保険給付費では、過去3年間の一人当たり医療費7.2パーセント、総医療費5.5パーセントの伸びを考慮いたしまして被保険者数の減少傾向を加味しながら算出させていただいたものでございます。1項療養諸費では15億4,018万5,000円を、2項高額療養費で1億4,885万6,000円を、3項助産諸費で1,079万円を、4項葬祭諸費で1,056万円の計17億1,039万1,000円の計上でございます。66ページをお願いします。3款老人保健拠出金につきましては前年度対比1.6パーセント減の6億231万9,000円を。4款共同事業拠出金では交付率の変更に伴います前年度対比33.8パーセント増の2,226万7,000円を。62ペーシ5款保健施設費としまして21万円を。次のページ6款公債費では頭出しの1,000円を。7款諸支出金につきましては前年度対比18.7パーセント増の222万2,000円を。66ぺ−ジでは8款予備費で予算編成上5,905万6,000円を計上したものでございます。以上が本予算の内容でございます。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさしていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第29号平成3年度常滑市老人保健特別会計予算」の補足説明を求めます。民生部長。



◎民生部長(竹内忠雄君) 

 ただいま議題となりました議案第29号平成3年度常滑市老人保健特別会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。75ページをお願いいたします。本予算につきましては、第1条に記載のとおり予算の総額を前年度当初予算と比較しまして、歳入歳出それぞれ1.4パーセント減の27億7,747万9,000円とし、第2条では一時借入金の最高額を5,000万円と定めるものでございます。予算の内容につきまして、予算説明書84ページからお願いいたしたいと思います。

 まず歳入第1款支払基金交付金では老人4,986人にかかる医療費の70パーセントに相当する額及び審査支払手数料交付金で前年度より1.4パーセント減の19億2,802万円を見込み。2款国庫支出金におきましては1項国庫負担金では医療費の20パーセントに当たる5億4,876万3,000円を、2項国庫補助金では頭出しの1,000円の計5億4,876万4,000円の計上を。86ページで3款県支出金では県負担分5パーセント相当額の1億3,719万2,000円をそれぞれ計上したものでございます。4款繰入金につきましては市の負担分としましての5パーセント相当額と一般管理費相当額などで1億6,150万円を計上し、88ページ5款繰越金では頭出しの1,000円を。6款諸収入につきましては交通事故等にかかる第三者行為納付金などの雑入で200万2,000円を計上し、歳入合計を27億7,747万9,000円とするものでございます。

 これに対しまして歳出では、90ページ1款総務費におきまして対前年度比2.9パーセント増の2,145万3,000円を。92ページにございます2款医療諸費では1.4パーセント減の27億5,472万1,000円を。続きまして94ページ3款公債費、4款諸支出金につきましてはそれぞれ頭出しの1,000円を。96ページの5款予備費では予算編成上130万3,000円を計上するものでございます。以上が本予算の概要でございます。何とぞよろしくご審議の上ご決定賜りますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第30号平成3年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計予算」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(青山竹次君) 

 ただいま議題となりました崖案第30号平成3年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。第1条の予算総額は歳入歳出それぞれ5億9,359万5,000円と定め、第2条の地方債は108ページに記載のとおり1億2,070万円と定め、第3条の一時借入金は限度額を3,000万円と定めるものであります。予算の概要につきまして、予算説明書114ページからご説明申し上げます。歳入1款使用料及び手数料のうち使用料では宮石、広目、坂井の集落排水使月料で1,118万3,000円を見込み、手数料では3年ごとの更新により指定工事人及び責任技術者登録手数利の41万8,000円を見込みました。2款県支出金では矢田、小鈴谷、坂井にかかる集落排水事業費補助金で3億4,100万円であります。116ページの3款寄附金では事業費に対する他元負担金2,529万2,000円を見込んだものであります。4款繰入金では一般会計からの繰入金9,500万円であります。5款繰越金及び118ページ6款諸収入では頭出しの1,000円を。7款市置では集落排水事業辰の1億2,070万円であります。以上が歳入合計5億9,359万5,000円であります。

 これに対しまして120ページからの歳出では、1款総務費の一般管理費2,291万8,000円は職員3人分の人件費と一般事務費等であります。122ページの2款事業費は1目施設維持管理費で宮石集落排水施設維持管理費702万4,000円、同様に広目地区277万4,000円、坂井地区765万1,000円の計1,744万9,000円と本予算の90パーセントを占める2目施設整備費で矢田地区の管路工事及び処理場建設工事で3億3,695万4,000円、小鈴谷地区の管路工事を始め1億8,680万円と坂井地区における集落珂地造成に伴います管路工事始め1,570万円の計5億3,945万4,000円であります。126ページの3款公債費の1,134万7,000円は市債償還利子であります。4歌予備費では予算編成上242万7,000円の計上であります。以上が歳出合計5億9,359万5,000円であります。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第31号平成3年度常滑市モーターボート競走事業特別会計予算」の補足説明を求めます。競艇事業部長。



◎競艇事業部長(鈴木康男君) 

 ただいま議題となりました議案第31号平成3年度常滑市モーターボート競走事業特別会計予算について補足の説明を申し上げます。平成3年度の予算見込みといたしましては、開催日数を180日、そのうち特別競走につきましては8月から9月にかけ開設38周年記念特別競走及び平成4年2月にモーターボート大賞、3月に特別タイトル競走の企業杯などの開催を予定しているところでございまして、当面の設定といたしましては一日平均売上額を3億円、一日平均入場者数を6,500人と定め、更に笹川賞競走など6大競走につきましてはすべて場間場外発売を行い、又、施設面、サービス面等についても配意し、ファンの拡大、売上げの向上を図る方針で予算の編成をしたものでございまして、第1条で定めます歳入歳出予算の総額をそれぞれ前年度当初比較で86パーセント増となる587億4,257万8,000円とするものでございます。それではこの内容につきまして148ページの歳入から申し上げます。1款競艇事業収入につきましては、1項の公企業収入において勝舟投票券発売収入を始め入場料及び6大競走の受託事業収入の計582億5,873万7,000円の計上でございます。2款使用料及び手数料につきましては、1項の使用料において場内売店等の使用料で2,044万8,000円の計上でございます。150ページに移ります。3款財産収入につきましては、1項の財産連用収入において基金積立金の利子収入で2億8,971万2,000円の計上、2項の財産売払収入において物品売払収入で1万円の計上でございます。4款繰越金につきましては前年度からの繰越金として1億円の計上でございます。152ページです。5款諸収入につきましては、1項の雑入において日雇健康保険料従事員負担金等で7,367万1,000円の計上でございます。以上、歳入合計は587億4,257万8,000円でございます。

 次に154ぺ−ジからの歳出について申し上げます。1款総務費につきましては、1項の総務管理費において1目の一般管理費で職員57人の人件費を始め交際費、一般事務費、自治総合センター等への拠出金及び各種負担金補助金で6億4,840万5,000円の計上でございます。156ページでございます。2目施設管理費では光熱水費を始め施設の修繕費、排水処理場費など維持管理費で3億3,447万6,000円の計上でございます。158ページです。3目施設改善費では選手管理棟の改善工事を始め一般改善費で3億4,791万6,000円と施設整備事業基金積立金の6億円を合わせまして9億4,791万6,000円を計上。1項の計は19億3,079万7,000円でございます。2款事業費につきましては、1項の事業管理費において1目の従事員関係費で一般従事員680人分の賃金等を始め研修費、福利厚生費、臨時従事員賃金及び一般事務費で17億8,912万2,000円の計上でございます。160ページに入ります。2項の開催事業費においては、1目の選手関係費で3号賞金基準による選手賞金と一般事務費を合わせ12億1,541万円の計上でございます。162ページです。2目の広報宣伝費では新聞、テレビ、ラジオ、看板等乃媒体広告費を始めポスター、チラシ等宣伝事業、イベント事業費、キャプテン事業費など合わせまして5億9,478万8,000円の計上でございます。164ページす。3目のファン関係費で一般入場者サービス費を始めファンバス運行費、運賃払戻等サービス費等々を合わせまして10億2,010万5,000円の計上。4目払戻金で408億3,000万円の計上でございます。166ページでございます。5目の交付金では船舶振興会交付金を始め競走会交付金、公営企業金融公庫納付金を合わせまして30億6,208万8,000円の計上。6目の開催諸費では投票関係費を始め警備、番組、環境、車両、競技を合わせ4億6,486万6,000円の計上でございます。168ページの7目の受託事業費では6大競走の場間場外発売関係費として33億4,934万8,000円を計上したものでございます。170ぺ−ジに移ります。2項開催事業費の計は505億3,660万5,000円でございます。3項の舟艇費においては1目のホートモーター購入費に7,287万8,000円を、2目のホートモーター整備費に2,451万5,000円の計上でございまして、3項の計は9,739万3,000円でございます。172ページに入ります。3款諸支出金につきましては、1項1目の繰出金で一般会計へ35億円と半田市への2億5,284万円を合わせ37億5,284が円の計上でございます。2目の特別競走拠出金ではBG財団、笹川平和財団及び国際船と海の博覧会拠出金を合わせまして3億8,405万9,000円の計上でございます。なお、国際船と海の博覧会につきましては、平成4年5月15日から8月15日までの間、イタリアのジェノバ市において開催されるもので、この博覧会に日本政府が公式参加することが閣議において決定をされ運輸省が中心となってこれに当たることになっております。競艇事業からもこれに協賛をするものでございます。以上、1項の計は41億3,689万9,000円でございます。4款予備費につきましては、予算編成上2億5,176万2,000円を計上措置いたしたものでございます。以上、歳出合計は587億4,257万8,000円でございます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げ補足の説明とさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第32号平成3年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計予算」の補足説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(青山竹次君) 

 ただいま議題となりました議案第32号平成3年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。本予算の総額は歳入歳出をそれぞれ前年度対比136.8パーセント1,494万円の増額となる2,586万3,000円と定めるものでございます。このように大幅な増額となった理由といたしましては、昭和47年度より実施して参りました長三賞の陶業展、陶芸展が来年度で20回目を迎えるため、これを記念して例年と比べ賞金を始め作品図録を作成する等の充実を図るため一般会計より1,540万円の繰入措置をお願いするものでございます。内容につきまして予算説明書190ページの歳入から説明申し上げます。1款財産収入では基金であります株式会社INAXの株式99万380株の配当金収入792万3,000円。2款繰入金では一般会計繰入金で1,540万円。192ページの3款前年度繰越金で209万円及び4款雑収入では受賞作品図録の頒布代等で45万円の歳入合計2,586万3,000円の計上でございます。

 次に194ページの歳出でございますが、1款1項1目総務費では運営委員の費用弁償等の事務費で74万2,000円、2目陶業振興費では淘業展の開催費及び賞金で521万4,000円、196ページの3目陶芸振興費では、陶芸展の開催費、賞金及び図録作成費等で1,988万7,000円の計上でございます。次に198ページの2款予備費では2万円を計上させていただき、歳出合計2,586万3,000円となるものでございます。以上、補足の説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りご可決くださるようお顛いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第33号平成3年度常滑市水道事業会計予算」の補足説明を求めます。水道課長。



◎水道課長(池崎満雄君) 

 ただいま議題となりました議案第33号平成3年度常滑市水道事業会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。本予算につきましては、企業会計の基本原則及び市長の予算編成の基本方針を柱といたしまして事業の適正化、効率化などを図りながら経費の節減に努めて編成したものでございます。水道事業収益におきましては、給水量と有収率の伸びにより対年度比3.9パーセント増、水道事業費用では減価償却費、人件費等の経費の増加もございますが、物件費等の節減に努めまして当年度の利益を4,603万1,000円と予定したものでございます。又、資本的収支につきましては熊野配水場緊急遮断弁設置工事完了に伴う派額でございますが、支出ではテレメーターの老朽化により集中管理システムを開発委託料及び老朽管調査委託料等によりまして前年度より4.4パーセントの増額を見込みました。それでは議案責料の203、204ページにつきまして順次ご説明を申し上げます。第1条では総則を、第2条業務の予定量では給水戸数1万4,400戸、年間総給水量660万立方メートル、一日平均給水量は1万8,247立方メートル、一日最大給水量これは県から受水する申込水量でございますが、これを2万3,000立方メートルと予定しました。又、主要な建設事業では老朽管対策で5か年の継続事業の2年分といたしまして配水管敷設替事業費1億2,750万7,000円を予定したものでございます。次に第3条の収益的収入及び支出では水道料金の収益を主とした営業収益8億3,189万8,000円と預金利子を主とした営業外収益2,309万5,000円の合計8億5,499万3,000円を事業収益といたしました。これに対し、支出では県営水道の受水を始め人件費、減価償却費等の営業費用7億1,564万4,000円と企業債の支払利息等の営業外費用9,331万8,000円の合計8億896万2,000円の事業費用を見込みました。したがいまして、収入支出の差額4,603万1,000円を当年度の利益と予定したものでございます。又、第4条の資本的収入及び支出につきましては、収入では企業債5,000万円、これは配水管敷設替事業に充てるものでございまして次の工事負担金1億8,971万9,000円、これは土地改良関連事業等の外部要因に基づく負担金及び水道加入者負担金等の収入でございます。次に固定資産売却代の1,000円を含め収入合計を2億3,972万円と見込んだものでございます。1項204ページをご覧いただきたいと思います。支出では建設改良費2億4,124万3,000円、配水管敷設替事業費1億2,750万7,000円、企業債償還金4,170万2,000円の合計4億1,045万2,000円を見込みました。収入額が支出額に対して不足する額、これは203ページに記載してございますが1億7,073万2,000円は過年度分損益勘定留保資金1億4,962万4,000円、当年度分損益勘定留保資金1,727万1,000円及び当年度分消費税資本的収支調整額383万7,000円をもって補填したいとするものでございます。次に第5条では企業債、第6条では一時借入金の限度額をそれぞれ5,000万円と定めたいとするものでございます。第7条では議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては職員給与費1億2,958万3,000円を定め、第8条のたな卸資産につきましては、量水器等のことでございますが、この購入限度額を216万6,000円と定めるというものでございます。以上、補足の説明とさしていただきます。よろしくご審議を賜りましてご可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「議案第34号平成3年度常滑市常滑市民病院事業会計予算」の補足説明を求めます。病院事務局長。



◎病院事務局長(森定之君) 

 ただいま議題となりました議案第34号平成3年度常滑市常滑市民病院事業会計予算につきまして補足の説明を申し上げます。予算書の241ページ、242ページをご覧いただきたいと存じます。初めに予算の第2条で定めております業務の予定量につきましては、病床数は一般病床300床で、患者数につきましては一日平均の入院患者数を前年対比4.3パーセント減の225人、外来患者数につきましては前年対比4.7パーセント増の675人を見込み予算編成をいたしたものでございます。次に第3条の収益的収入及び支出につきましては、入院収益、外来収益を始めといたしまして個室使用料、救急医療の確保に要する他会計からの負担金等々を含めました医業収益で38億2,574万1,000円を計上し、企業債利息分に対する他会計からの負担金及び患者外給食収益などの医業外収益で1億1,238万5,000円の計39億3,812万6,000円を病院事業収益に計上措置いたしたものでございます。これに対する支出といたしましては、職負の給料、手当などの給与費を始め材料費、一般諸経費などで医業費用で40億1,359万6,000円を計上し、支払利息、患者外給食材料費、看護婦養成費などの医業外費用で1億2,397万2,000円の計41億3,756万8,000円を病院事業費用として計上いたしたものでございます。次に242ページの第4条の資本的収入及び支出につきましては収入におきまして、一般会計からの出資金を始め貸付返済金など資本的収入に9,105万2,000円を計上し、これに対します支出といたしましては、医療貌械などの資産購入費で6,000万円、病棟施設整備等のための施設改良費で6,200万円、そのほか企業債償還金、看護婦養成のための貸付金を合わせまして1億8,874万8,000円を計上いたしたものでございます。したがいまして、収入に対して不足いたします9,769万6,000円につきましては一時借入金で措置をさせていただくというものでございます。次に第5条の一時借入金ではその限度額を9億円と定め、第6条では支出各項の経費の流用することができる範囲を定め、第7条は議会の議決を経なければ流用することができない経費について給与費23億7,455万3,000円とし、交際費ついては140万円と定め、第8条では他会計からの補助金を550万円と定めるものでございます。最後の第9条ではたな卸資産の購入限度額を11億6,791万6,000円と定めるものでございます。以上が本予算案の内容でございます。よろしくご審議をいただきましてご決定くださいますようお願い申し上げ補足の説明といたします。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「同意案第1号常滑市固定膏産評価審査委員会委員の選任について」の補足説明を求めます。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 ただいま議題となりました同意案第1号常滑市固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、現在、同委員会委員をお勤めいただいております古川文雄氏が本年3月11日で任期満了となり引き続き同氏をお願いいたしたいと存じまして、議会の皆様方の同意をお願い申し上げるものでございます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に「同意案第2号常滑市教育委員会委員の任命について」の補足説明を求めます。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 ただいま議題となりました同意案第2号常滑市教育委員会委員の任命につきましては、現在、同委員会委員をお勤めいただいております平野清吉氏が本年3月18日で任期満了となり引き続き同氏を再任いたしたいと存じまして、議会の同意をお願い申し上げるものでございます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(伊藤渉君) 

 以上をもちまして、補足説明はすべて終了いたしました。

 これをもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、散会といたします。

                            (午後3時35分 散会)