議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 2年  6月 定例会(第2回) 06月18日−04号




平成 2年  6月 定例会(第2回) − 06月18日−04号







平成 2年  6月 定例会(第2回)



      平成2年第2回常滑市議会定例会会議録(第4号)

                          平成2年6月18日(月曜日)

議事日程(第4号)

 平成2年6月I8日(月)午前9時30分 開議



日程
件名


第1
議案第47号 常滑市漁港管理条例の制定について


第2
議案第48号 常滑市福祉医療費支給条例の一部改正について


第3
議案第49号 公有水面埋立に関する意見について


第4
議案第50号 イベント広場上屋等新設工事請負契約について


第5
議案第51号 セミマルチトーターシステム機器導入工事請負契約について


第6
議案第52号 大型映像装置設置工事請負契約について


第7
議案第53号 競走用ボート購入契約について


第8
議案第54号 平成2年度常滑市一般会計補正予算(第1号)


第9
同意案第2号 常滑市収入役の選任について


第10
諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について


第11
諮問第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について


第12
諮問第4号 人権擁護委員の候補者の推薦について



本日の会議に付議された事件

 議事日程(第4号)のとおり

出席議員(27名)

      1番  杉江秀一君

      2番  伊藤次郎君

      3番  角野和昭君

      4番  石原多巳雄君

      5番  沢田丸四郎君

      6番  八木祥信君

      7番  片岡勝城君

      8番  後藤 正君

      9番  沢田市郎君

      10番  中山勇弌君

      11番  佐々木志津江君

      12番  沢田信也君

      13番  鯉江 勇君

      14番  鈴木輝明君

      15番  山本 勇君

      16番  久田貞夫君

      18番  西村武治君

      19番  竹内 満君

      20番  中野勇夫君

      21番  山本国夫君

      22番  片山 宏君

      23番  鈴村乕夫君

      24番  桑山金義君

      25番  稲葉民治郎君

      26番  山田竹士君

      27番  村上一良君

      28番  伊藤 渉君

欠席議員(1名)

      17番  衣川仁市君

説明のため出席した者の職氏名

 市長            中村克巳君

 助役            石橋誠晃君

 収入役           榊原福司君

 教育長           竹内鉄英君

 企画管理部長        森下美樹君

 総務部長          伊藤万之助君

 民生部長          竹内忠雄君

 経済部長          青山竹次君

 建設部長          水野幸雄君

 開発部長          高木雄次君

 競艇事業部長        鈴木康男君

 病院事務局長        森 定之君

 消防長           内田福三君

 消防次長          都築孝信君

 教育部長          高井稔和君

 企画管理部次長兼企画調整課長

               鯉江勇二君

 経済部次長兼商工観光課長  山本昌利君

 建設部次長兼土木課長    渡辺敏一君

 監査委員事務局長      山本 武君

 秘書課長          明壁尊弘君

 広報課長          山西昭夫君

 総務課長          吉田美彦君

 市民課長          古川増夫君

 農業水産課長        岩田利彦君

 用地対策室長        桑山和久君

 都市計画課長        都築克司君

 競艇総務課長        吉田哲夫君

 競艇施設課長        岩田克祥君

議会事務局職員の出席者

 事務局長          林 満男君

 次長            藤森直樹君

 主任主査          神谷荘太郎君

 書記            山下金男君

                            (午前9時30分 開議)



○議長(伊藤渉君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は25名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤渉君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「議案第47号常滑市漁港管理条例の制定について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。通告がありますので、順次発言を許します。まず3番角野和昭君の発言を許します。



◆3番(角野和昭君) 

 ただいま議題となりました議案第47号常滑市漁港管理条例の制定についてお尋ねをいたします。12条関係の問題でありますが、1つは民間事業所が使用している用地の面積ですね、説明では3社が使用しているというお答えでございました。それからその土地の価格は現況どんなような価格だということと、一般の世間の価格とですね、格差について特に占用している付近の土地価格の差についてお尋ねをいたします。



◎経済部長(青山竹次君) 

 角野議員さんご質問の条例第12条関係につきましてお答えをさせていただきます。民間事業所が使用している用地面積でございますが、漁港施設用地内で民間事業所の施設用地として貸し付けている面積につきましては、鬼崎漁港榎戸地区で3事業所に対しまして4筆で1,229.69平方メートルで坪数では 372.63坪でございます。その土地の価格につきましては、4筆のうち3筆の土地1,118.62平方メートル、 338.97坪につきましては平方メートル当たり1万 1,952円でございます。他の1筆の土地 111.07平方メートル、 33.66坪につきましては、護岸敷地で非課税地目のため土地の価格が定めてありませんので隣地の土地価格から比準いたしまして平方メートル当たり1万 3,400円でございます。次の3点目の特に占用している周辺の土地価格との差についてでございますが、この事業所が占用しております漁港施設用地の隣地は市有地でございまして大学等ヨット艇庫として貸し付けている土地の価格でございますが、平方メートル当たり1万 4,350円でございます。この価格と比較いたしますと9パーセントから17パーセント程度低い価格でございます。又、少し東に位置します新浜町3丁目の市有地を企業に貸し付けております土地の価格でございますが、平方メートル当たり1万 6,000円でございます。この価格と比較いたしますと16パーセントから25パーセント程度低い価格となるものでございます。以上お答えとさせていただきます。



◆3番(角野和昭君) 

 今のご説明で大体理解はできましたけれども、この低いということについてはどのようにお考えになっておられますか。



◎経済部長(青山竹次君) 

 現場等説明いたしますと非常に分かりやすいかと思いますが、港湾敷地内の土地でございます。道路の状況だとか、そういった周辺の状況を考えまして、この価格ですね、土地の評価をされるものでございます。以上お答えとさせていただきます。



○議長(伊藤渉君) 

 次に13番鯉江勇君の発言を許します。



◆13番(鯉江勇君) 

 ただいま議題になっておりますこの常滑市漁港の管理条例につきまして2点ばかりお尋ねをさしていただきます。港ができたのは非常に古い話でございまして、私もいつできたということは承知をしておりませんが、このように今議会にご提案になった条例はですね、どういう必要性を感じてお出しになったのかということを1点お聞かせをいただきたいということと、それから中身でですね今ご質問がありましたように海と陸という言葉を使いますと丘のもののことにつきましては非常にまあ細かに条例ができておるわけですけれども、水域についての事柄が非常に、非常というよりも全くないと言ってもいいと思うわけですけれども、まあこうしたここにも質問で書いてございますように遊漁船だとか、あるいはレジャー用のヨットですとか、モーターボートそうしたような類の船につきましてはですね全く触れていないというのはどのようなことなのか、ちょっとお尋ねをさせていただきたい、取扱いについてをお尋ねをいたしたいと思います。



◎経済部長(青山竹次君) 

 鯉江議員さんのご質問にお答えをさせていただきます。初めに今回のこの条例の制定につきましては漁港法の規定に基づきまして常滑市が管理する漁港につきまして、その維持保全等について条例を定めるものでございます。それで条例第11条関係につきまして申し上げますと、漁港施設の占用許可等におきまして水域施設を除いております。これは特に遊漁船、レジャー用船等につきまして、水域につきましては特に遊漁船等許可いたしますと漁港施設の利用を認めたということになりますので、目的外使用が指摘されている状況の中で、愛知県及び県下の市町が管理する漁港と同様にするため水域施設を除いたものでございます。それで現在漁港内を使用しております遊漁船、レジャー用船等につきましては、漁港施設の目的外使用とならない範囲内は特に規制はいたしません。したがいまして、現状の取扱いどおり何ら変わるものではございません。以上お答えとさせていただきます。



◆13番(鯉江勇君) 

 今、部長からお答えがあったわけですけれども、初めにお聞きいたしました条例制定についてのそういうことで作ったんだということですけれども、当然できてなきゃならないものなのか。そうした作る理由ができてこの議会にご提案になったのか、その辺のことが明らかではございませんので、もう一度ご説明をいただきたいと思います。それから遊漁船並びにレジャー船については、私からお答え申し上げるようなことになっておかしいですけれども、従来どおりだというように解釈をさしていただければよろしいかどうかという点についてお尋ねをいたします。



◎経済部長(青山竹次君) 

 お答えさせていただきます。この管理条例制定の経緯を申し上げたいと思うわけでございますが、昭和58年当時から中部行政監察局より各市町の漁港管理規定等の未整備が指摘をされまして、水産庁からも早期に整備するよう指導がございました。このような状況の中で昭和63年度から平成5年度までが第8次の漁港整備長期計画になっております。この中に鬼崎漁港等の改修事業あるいは利用調整事業が含まれておるわけでございます。この実施に当たりまして水産庁あるいは県の水産振興室から強い指導がありまして、平成元年度からこの管理条例の制定につきまして地元の漁業協同組合を始め県との調整など積極的に検討に入りまして、平成2年度制定を目指しておりましたが、国県との事前協議もございまして、今回のこの提案になったものでございます。以上よろしくお願いを申し上げます。



◆13番(鯉江勇君) 

 最後のやつええだかや、そういうふうの解釈で。



◎経済部長(青山竹次君) 

 お答えさせていただきます。

 なお、遊漁船、あるいはレジャー用船の取扱いにつきましてはご質問のとおりですね、従来どおりの取扱いということでございます。以上でございます。



○議長(伊藤渉君) 

 通告者の発言は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第47号は、経済委員会に付託いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第2、「議案第48号常滑市福祉医療費支給条例の一部改正について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第48号は、厚生委員会に付託いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第3、「議案第49号公有水面埋立に関する意見について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第49号は、建設委員会に付託いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第4、「議案第50号イベント広場上屋等新設工事請負契約について」から日程第7、「議案第53号競走用ボート講入契約について」の4件を一括議題といたします。

 これより一括質疑に入ります。通告がありますので発言を許します。12番沢田信也君の発言を許します。



◆12番(沢田信也君) 

 議案第51号セミマルチトーターシステム機器導入工事請負契約についてでありますが、15億 6,700万円余の大きな随意契約でありますが、一般競争入札にした場合どのような競争業者があるか。更に、それら機種の特徴とか、金額等について調査した上でこの随意契約を行ったのかどうか。あるいはそうした機種のことを承知しておるかどうかお尋ねをいたします。



◎競艇事業部長(鈴木康男君) 

 沢田議員さんのご質問にお答えをいたします。まず現在公営競技における投票関連システム機器の製作販売をいたしております業者は日本トーター、富士通、ベンダー、ベンダーというのは日立系のコンピューターでございます。それからオムロン、NECの5社ということでございます。このうちモーターボート関係に現在対応できる機器を製作販売しておりますのは日本トーターと富士通の2社でございます。それからこの機種、特徴、金額などを調査してやったかということでございますが、調査をして今回のトーターというふうで随契をさせていただいたということでございます。以上でございます。



◆12番(沢田信也君) 

 機種をそれぞれ調査したら値段的にはどのような関係にあるのかとか、あるいはそれぞれの機種の特徴があろうかと思うわけですが、そうしたこともこの際ですから聞いておきたいと思います。



◎競艇事業部長(鈴木康男君) 

 お答えを申し上げます。まず機種の主な特徴でございます。発券機につきましてはトーターは1窓1台方式でございます。それから富士通は2窓で1台方式を取っております。それから舟券のバーコードと言いまして、このシークレットと言いますか、偽造券等を防ぐためのこういうバーコード方式が日本トーター、磁気コード方式というのが富士通でございます。それから払戻機につきましても日本トーターが1窓1台方式、富士通が2窓1台方式でございます。それから電源につきましてはトーターが 100ボルト、それから富士通が 200ボルト。それから表示板につきましては同メーカーの場合ですと接続が円滑にできるということと、機種が違いますと接続に検討が必要になります。それから金額面におきましては機種、機器類についてはトータル的には大差ございません。ただ工事費がその機器機能等によりまして違っては参ります。その他これは特徴云々ではございませんが、導入作業日数がかなり違って参ります。現在のトーターでございますとレースを中止してやるのが大体22日間ぐらいですが、仮に富士通とした場合にはこの倍以上の日数を必要とするとこういったような面でございます。以上でございます。



○議長(伊藤渉君) 

 通告者の発言は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第50号から第53号の4件は、経済委員会に付託いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第8、「議案第54号平成2年度常滑市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。通告がありますので発言を許します。3番角野和昭君の発言を許します。



◆3番(角野和昭君) 

 ただいま議題になりました議案第54号平成2年度常滑市一般会計補正予算第1号について質問をいたします。歳出8款5項1目予算書では10ページでありますが、ここに都市計画総務費、委託料として 1,782万 3,000円について、これは1階コンコースの 244坪の駅ビル管理費増額ということでございます。これまではですね駅ビルについては確か私の記憶ではあの駅ビル1階のコンコースについては、公共の駅ビル全体的の公共の場だというような考え方で、今回新たにこれは市が公共のあれであるから委託料を増額してあげようというようなふうに思うんですが、そこら辺り詳細についてご説明をお願いいたします。



◎開発部長(高木雄次君) 

 角野議員さんのご質問にお答えさせていただきます。今回補正をお願いいたしますのはご質問のとおり駅ビル会社に管理をしております1階コンコース及び公衆便所の面積 244坪部分の管理費の増額でございます。この詳細でございますが、常滑駅ビル経営改善委員会より経営改善について具体案が提案され、家賃の改正、保証金、共益費、清掃費の見直しが行われたものでございます。これに基づき補正をお願いするものでございます。内容といたしましては市が駅ビル株式会社に委託しておりますコンコース及び公衆便所も協同組合セラと同様、キーテナントとしての扱いをし、家賃相当額1か月坪当たり 8,490円の12か月分として 2,485万 8,000円、現状で保証金を納めていないキーテナントとして保証金の金利相当額、年間坪当たり55万 5,000円の金利 4.8パーセントとして 614万 9,000円、冷暖房、空調、エスカレーター、エレベーター、照明、上下水道、保安その他施設など維持管理費の共同共益費で1か月坪当たり 4,500円の12か月分で 1,317万 6,000円、コンコースは特に利用者が多く清潔で快適な場所として維持管理するための清掃費で1か月30万円の12か月分で 360万円、以上合わせ 4,778万 3,000円であります。この金額に消費税3パーセントの 143万 3,490円で合計 4,921万 6,490円となります。平成2年度当初予算 3,139万 4,000円のご可決をいただいております、その差額 1,782万 3,000円増額の詳細でございます。この改正案につきましては、本年4月24日開催されました市議会協議会に市参事駅ビル社長より説明がなされたものでございます。以上お答えとさしていただきます。



◆3番(角野和昭君) 

 ただいまの説明で大体理解できるんですが、これで大体、駅ビルのセラの協同組合と大体同じまあテナント料と言うのかな、そういうもんと匹敵するわけですか。



◎開発部長(高木雄次君) 

 4月24日の協議会におきまして、市参事より説明されました収入改正表がございますが、テナントと同様、市もキーテナントとして仲間入りするということでございます。ご埋解いただきたいと思います。



◎市長(中村克巳君) 

 補足答弁いたします。ご質問の趣のとおりでございます。以上。



○議長(伊藤渉君) 

 通告者の発言は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第54号は、各位のお手元に配付の分割審査付託表のとおり関係各常任委員会に付託いたします。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第9、「同意案第2号常滑市収入役の選任について」を議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。同意案第2号は、これに同意するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(伊藤渉君) 

 起立多数と認めます。よって同意案第2号は、同意するに決しました。

 ここで収入役よりあいさつの発言の申し出がありますので、これを許します。収入役。



◎収入役(榊原福司君) 

 ただいま議長さんのお許しをいただきましたので一言お礼のごあいさつを申し上げたいと思います。収入役選任同意案につきましてはただいま皆様方の温かいご理解の上、ご同意を賜りまして心から光栄に存ずる次第であります。今後、誠心誠意職務に精励いたしたいと思います。皆様方の格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(伊藤渉君) 

 日程第10、「諮問第2号」から日程第12、「諮問第4号人権擁護委員の候補者の推薦について」の3件を一括議題といたします。

 これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案3件については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案3件は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(伊藤渉君) 

 討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。まず諮問第2号は、原案に異議のない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(伊藤渉君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第2号は、原案に異議のない旨答申することに決しました。

 次に諮問第3号は、原案に異議のない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(伊藤渉君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第3号は、原案に異議のない旨答申することに決しました。

 次に諮問第4号は、原案に異議のない旨答申するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(伊藤渉君) 

 起立全員と認めます。よって諮問第4号は、原案に異議のない旨答申するに決しました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、散会といたします。

                            (午前9時59分 散会)