議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成 2年  3月 定例会(第1回) 03月22日−05号




平成 2年  3月 定例会(第1回) − 03月22日−05号







平成 2年  3月 定例会(第1回)



      平成2年第1回常滑市議会定例会会議録(第5号)

                          平成2年3月22日(木曜日)

議事日程(第5号)

 平成2年3月22日(木)午前9時30分 開議



日程
件名


第1
議案第3号 常滑市国土利用計画審議会条例の制定について


第2
議案第4号 常滑市水田農業確立特別対策基金条例の制定について


第3
議案第5号 常滑市事務分掌条例の一部改正について


第4
議案第6号 常滑市附属機関に関する条例の一部改正について


第5
議案第7号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部改正について


第6
議案第8号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


第7
議案第9号 常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管理に関する条例及び常滑市陶業、陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第8
議案第10号 常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について


第9
議案第11号 常滑市立幼稚園授業料徴収条例の一部改正について


第10
議案第12号 常滑市南陵市民センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について


第11
議案第13号 常滑市心身障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第12
議案第14号 常滑市心身障害者手当支給条例の一部改正について


第13
議案第15号 常滑市水道事業給水条例の一部改正について


第14
議案第16号 常滑市民病院事業の設置等に関する条例の一部改正について


第15
議案第17号 常滑市看護修学資金貸与条例の一部改正について


第16
議案第18号 常滑市消防団条例の一部改正について


第17
議案第19号 常滑市火災予防条例の一部改正について


第18
議案第20号 適用対象の消滅による条例の廃止について


第19
議案第23号 県営土地改良事業の負担金について


第20
議案第24号 モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について


第21
議案第25号 モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について


第22
議案第26号 モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について


第23
議案第27号 モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について


第24
議案第28号 モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について


第25
議案第29号 平成元年度常滑市一般会計補正予算(第6号)


第26
議案第30号 平成元年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


第27
議案第31号 平成元年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算(第4号)


第28
議案第32号 平成元年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第4号)


第29
議案第33号 平成元年度常滑市水道事業会計補正予算(第2号)


第30
議案第34号 平成元年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)


第31
議案第35号 平成2年度常滑市一般会計予算


第32
議案第36号 平成2年度常滑市交通災害共済事業特別会計予算


第33
議案第37号 平成2年度常滑市国民健康保険事業特別会計予算


第34
議案第38号 平成2年度常滑市老人保健特別会計予算


第35
議案第39号 平成2年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計予算


第36
議案第40号 平成2年度常滑市モーターボート競走事業特別会計予算


第37
議案第41号 平成2年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計予算


第38
議案第42号 平成2年度常滑市水道事業会計予算


第39
議案第43号 平成2年度常滑市常滑市民病院事業会計予算


(追加)
 


第40
議案第44号 常滑市議会委員会条例の一部改正について


第41
議案第45号 平成元年度常滑市一般会計補正予算(第7号)



本日の会議に付議された事件

  議事日程(第5号)のとおり

出席議員(28名)

    1番  杉江秀一君        2番  伊藤次郎君

    3番  角野和昭君        4番  石原多巳雄君

    5番  沢田丸四郎君       6番  八木祥信君

    7番  片岡勝城君        8番  後藤 正君

    9香  沢田市郎君        10番  中山勇弌君

    11番  佐々木志津江君      12番  沢田信也君

    13番  鯉江 勇君        14番  鈴木輝明君

    15番  山本 勇君        16番  久田貞夫君

    17番  衣川仁市君        18番  西村武治君

    19番  竹内 満君        20番  中野勇夫君

    21番  山本国夫君        22番  片山 宏君

    23番  桑山金義君        24番  稲葉民治郎君

    25番  伊藤 渉君        26番  山田竹士君

    27番  村上一良君        28番  鈴村乕夫君

欠席議員

    なし

説明のため出席した者の職氏名

   市長        中村克巳君

   助役        石橋誠晃君

   収入役       榊原福司君

   教育長       竹内鉄英君

   総務部長      伊藤万之助君

   民生部長      森下美樹君

   経済部長      青山竹次君

   建設部長      水野幸雄君

   競艇事業部長    鈴木康男君

   病院事務局長    高井稔和君

   消防長       内田福三君

   消防次長      都築孝信君

   教育部長      森 定之君

   秘書広報課長    山西昭夫君

   職員課長      林 満男君

   企画調整課長    鯉江勇二君

   総務課長      竹内忠雄君

   税務課長      伊藤 環君

   交通安全課長    桑山和久君

   市民課長      古川増夫君

   福祉課長      林  賢君

   保健衛生課長    吉田美彦君

   商工観光課長    山本昌利君

   農業水産課長    岩田利彦君

   土地改良課長    片岡 昭君

   土地改良課主幹   水谷 巌君

   土木課長      渡辺敏一君

   用地課長      池崎満雄君

   都市開発課長    高木雄次君

   競艇総務課長    吉田哲夫君

   競艇企画宣伝課長  浜島孝夫君

   競艇施設課長    岩田克祥君

   病院管理課長    森岡哲造君

   病院業務課長    竹内克範君

   消防総務課長    平野富男君

   消防予防課長    沢田 孝君

   教委管理課長    伊藤公雄君

   教委社会教育課長  永柳説誠君

   教委体育課長    山本武将君

   監査委員事務局長  山本 武君

議会事務局職員の出席者

   事務局長      服部勝明君

   次長補佐兼主査   藤森直樹君

   主査        神谷荘太郎君

   書記        山下金男君

                            (午前9時30分 開議)



○議長(鈴村乕夫君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は28名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(鈴村乕夫君) 

 これより日程に入ります。

 日程第1、「議案第3号常滑市国土利用計画審議会条例の制定について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第3号常滑市国土利用計画審議会条例の制定について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。去る3月19日に委員全員出席の下に開催の委員会において、常滑市の国土利用計画に関し必要な調査及び審議を行うため、市議会議員、学識経験者、市職員で構成する常滑市国土利用計画審議会を設置したいとする本案について種々慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第3号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第2、「議案第4号常滑市水田農業確立特別対策基金条例の制定について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第4号常滑市水田農業確立特別対策基金条例の制定について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る16日、委員全員出席の下に委員会を開催し、水田農業確立対策の特別対策費が交付されることに伴い基金条例を制定し事業の円滑な推進を図るという本案について慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第4号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第3、「議案第5号常滑市事務分掌条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第5号常滑市事務分掌条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。去る19日の委員会において種々慎重に審査いたしまして、市長直轄課については新たに企画管理部を設け属させること、建設部を開発部との2部に分けること等の組織改正を行い事務分掌を改正したいとする本案について全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第5号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第4、「議案第6号常滑市附属機関に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第6号常滑市附属機関に関する条例の一部改正について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る16日、委員全員出席の下に委員会を開催し、常滑市陶業陶芸振興事業基金運営委員会が設置されたことにより常滑市美術振興審議会の必要がなくなったとの本案について慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第6号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第5、「議案第7号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部改正について」及び日程第6、「議案第8号特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」の2件を一括議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま一括議題となりました議案第7号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部改正について及び議案第8号特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。この案件は去る19日の委員会において審議をいたしました。

 議案第7号は、議員、市の機関の求めにより出頭した者、市長、助役、収入役、教育長、市職員の日当、宿泊料、食事料について来る4月1日から引き上げる等、所要の改正を行うものであります。

 議案第8号は、各種の特別職で非常勤の者の報酬を改正するとともに、議案第7号と同様に日当等の費用弁償の額を改正したいとするものであり、2議案について慎重審査の結果、全員異議なくいずれも原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。まず議案第7号について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第7号は、原案のとおり可決されました。

 次に議案第8号について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第8号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第7、「議案第9号常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管理に関する条例及び常滑市陶業、陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第9号常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管埋に関する条例及び常滑市陶業陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本案は基金である株式会社INAXの株式が5パーセント無償増資されたための改正及び字句の改正であり、去る16日開催の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第9号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第8、「議案第10号常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第10号常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。去る19日の委員会において、常滑市火災予防条例の一部改正により行うことができることとした指定数量未満の危険物又は指定可燃物の貯蔵タンクの検査にかかる手数料を定めるとの本案について、慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第10号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第9、「議案第11号常滑市立幼稚園授業料徴収条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第11号常滑市立幼稚園授業料徴収条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。本案についても19日の委員会において慎重審査をいたしまして、保育料改定に沿って平成2年度より幼稚園授業料を月額350円引き下げ月額9,150円と改正したいとの原案について、全員異議なく可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第11号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第10、「議案第12号常滑市南陵市民センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第12号常滑市南陵市民センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。19日の委員会において、このたび竣工いたしました南陵市民センター内の体育館の名称を南陵新体育館とするとともに所要の使用料を定めるとの本案について、他の施設との使用料の関連等、種々慎重審査をいたしました結果、原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第12号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第11、「議案第13号常滑市心身障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第13号常滑市心身障害者授産施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について厚生委員会の審査結果をご報告を申し上げます。

 去る15に日委員全員ご出席をいただきまして、この案件につきましてご審議をいただきまして慎重審査の結果、全員異議なく可と決することになりましたので、ここにご報告をいたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第13号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第12、「議案第14号常滑市心身障害者手当支給条例の一部改正について」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第14号常滑市心身障害者手当支給条例の一部改正について厚生委員会の審査結果を報告いたします。去る15日に当委員会を行いまして、この議題につきましても原案を慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告をいたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第14号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第13、「議案第15号常滑市水道事業給水条例の一部改正について」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

           〔建設委員長 山本 勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第15号常滑市水道事業給水条例の一部改正について建設委員会の審査結果を報告いたします。去る14日、委員全員出席の下に委員会を開催し、現行の条例施行規則で規定している加入者寄附金を加入者負担金として条例上で規定し条例の整備をしたいとする原案を慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第15号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第14、「議案第16号常滑市民病院事業の設置等に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第16号常滑市民病院事業の設置等に関する条例の一部改正について厚生委員会の審査結果をご報告を申し上げます。去る15日の委員会においで慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第16号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第15、「議案第17号常滑市看護修学資金貸与条例の一部改正について」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第17号常滑市看護修学資金貸与条例の一部改正について厚生委員会の審査結果のご報告をいたします。この案件につきましても15日の委員会において原案を慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第17号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第16、「議案第18号常滑市消防団条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第18号常滑市消防団条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。19日の委員会において審査をいたし、災害等の出動時の費用弁償及び公務のための出張等の費用弁償の額を引き上げ改正したいとする本案について、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第18号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第17、「議案第19号常滑市火災予防条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第19号常滑市火災予防条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。本案についても19日の委員会において審査をいたし、消防法等の一部改正に伴い危険物の範囲及び指定数量等の改正、その他規定を整備するなど所要の改正を行いたいとする原案について、全員異議なく可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第19号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第18、「議案第20号適用対象の消滅による条例の廃止について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第20号適用対象の消滅による条例の廃止について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。去る19日の委員会において、適用対象が消滅し実効性が無くなっている条例を一括廃止するとの本案について、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第20号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第19、「議案第23号県営土地改良事業の負担金について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第23号県営土地改良事業の負担金について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日開催の委員会において慎重に審査をいたし、小鈴谷地内葭池地区老朽ため池の整備事業費のうち地元負担金については市が負担するという本案は、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決てあります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第23号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第20、「議案第24号」から日程第24、「議案第28号モーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について」の5件を一括議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま一括議題となりました議案第24号から議案第28号までのモーターボート競走施行に伴う勝舟投票券の臨時特別場間場外発売事務受託に関する協議について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本5件につきましては、笹川賞競走、モーターボート記念競走、全日本選手権競走、グランプリ競走、鳳凰賞競走のそれぞれの競走に係る場外発売の事務を大阪府都市競艇組合、丸亀市、戸田競艇組合、箕面市、府中市から受託するというものであり、去る16日の委員会において慎重審査の結果、いずれも全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 ここで採決の方法についてお諮りいたします。ただいま一括議題となっております5件については、一括採決といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって、これより一括採決を行います。本案5件について、委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第24号から第28号の5件は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第25、「議案第29号平成元年度常滑市一般会計補正予算(第6号)」を議題といたします。

 各常任委員会の審査結果の報告を求めます。まず建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

           〔建設委員長 山本 勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第29号平成元年度常滑市一般会計補正予算第6号のうち当建設委員会に分割付託となりました事項について審査結果を報告いたします。14日の委員会において、6款農林水産業費のうち3項4目漁港建設費、8款土木費についで慎重に審査をし、消費税にかかわる反対討論がなされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しました。ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となっております議案第29号平成元年度常滑市一般会計補正予算第6号のうち当厚生委員会に分割付託となりました事項につきまして審査結果をご報告をいたします。15日の委員会において、歳出3款民生費、4款衛生費について種々慎重に審査の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となっております議案第29号平成元年度常滑市一般会計補正予算第6号のうち当経済委員会に分割付託となりました事項につきまして審査結果のご報告をいたします。去る16日の委員会において、漁港建設費を除く6款農林水産業費、7款商工費及び債務負担行為の補正についで慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。次に総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となっております議案第29号平成元年度常滑市一般会計補正予算第6号のうち当総務文教委員会に分割付託されました事項の審査結果の報告をいたします。本案は、歳入歳出それぞれ3億3,358万1,000円を追加し補正後の予算総額を168億5,667万円とするもので、付託されました歳入、歳出の総務費を始め消防費、教育費等々及び地方債の補正について、去る19日の委員会において種々慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について各委員長の報告は可決であります。よって各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第29号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第26、「議案第30号平成元年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第30号平成元年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について厚生委員会の審査結果をご報告をいたします。15日の委員会において、歳入歳出それぞれ5,540万9,000円を減額し予算総額をそれぞれ27億9,080万3,000円にしたいとする原案を慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告をいたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第30号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第27、「議案第31号平成元年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算(第4号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第31号平成元年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算第4号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本予算案は歳入歳出それぞれ296万7,000円を追加し予算の総額を8,659万4,000円とするものであり、去る16日開催の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第31号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第28、「議案第32号平成元年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第4号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第32号平成元年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第4号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本予算案は歳出予算のみの補正であり、去る16日の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第32号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第29、「議案第33号平成元年度常滑市水道事業会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

           〔建設委員長 山本 勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第33号平成元年度常滑市水道事業会計補正予算第2号について建設委員会の審査結果を報告いたします。14日の委員会において、給水水量の増に伴う水道使用料と受水費の増額、配水管工事の延期に伴う減額についで慎重に審査をし、消費税にかかわる反対討論がなされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第33号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第30、「議案第34号平成元年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第34号平成元年度常滑市常滑市民病院事業会計補正予算(第2号)について厚生委員会の審査結果をご報告いたします。15日の委員会において、本年度最終調整となるこの補正予算案についで慎重に審査をし、消費税にかかわる反対討論がされたのち採決の結果、賛成多数をもっで原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告をいたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第34号は、原案のとおり可決されました。

 ここで休憩をいたします。再開は10時50分といたします。

                            (午前10時24分 休憩)

                            (午前10時50分 再開)



○議長(鈴村乕夫君) 

 休憩を解き会議を再開いたします。

 日程第31、「議案第35号平成2年度常滑市一般会計予算」を議題といたします。

 各常任委員会の審査結果の報告を求めます。まず建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

           〔建設委員長 山本 勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第35号平成2年度常滑市一般会計予算案のうち当建設委員会に分割付託となりました事項についての審査結果の報告をいたします。14日の委員会において、2款総務費のうち7項1目交通安全対策費の一部、4款衛生費のうち5項水道事業費、6款農林水産業費のうち3項1目水産業総務費の一部、3項3目漁港管理費、3項4目漁港建設費、8款土木費、9款消防費のうち1項4目水防費、11款災害復旧費のうち2項公共土本施設災害復旧費、常滑公園体育館にかかる継続費について慎重に審査をし、反対討諭として消費税関連の発言がなされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となっております議案第35号平成2年度常滑市一般会計予算のうち当厚生委員会に分割付託となりました事項についての審査結果の報告をいたします。15日の委員会において、歳出3款民生費、4款衛生費、2款総務費及び6款農林水産業費のうち連絡所費等の民生部門関係予算について慎重に審査の結果、消費税関連の反対討論がされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とするに決しましたので、ここにご報告いたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となっております議案第35号平成2年度常滑市一般会計予算のうち当経済委員会に分割付託となりました事項について審査結果のご報告をいたします。去る16日の委員会において、歳出5款労働費、6款農林水産業費のうち経済部関係、7款商工費、11款災害復旧費のうち1項農林水産業施設災害復旧費及び債務負担行為について慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 次に総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となっております議案第35号平成2年度常滑市一般会計予算のうち当総務文教委員会に分割付託されました事項の審査結果の報告をいたします。本案は歳入歳出の予算総額を前年度当初より11億8,600万円、8.2パーセント増の156億7,600万円とするもので、付託されました各事項につきまして種々慎重に審査をいたしました結果、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。通告がありますので順次発言を許します。まず3番角野和昭君の発言を許します。

           〔3番 角野和昭君登壇〕



◆3番(角野和昭君) 

 3番角野和昭、ただいま議題となっております議案第35号平成2年度一般会計予算について反対の意を表明するものであります。市長は平成2年度施政方針の中で地域の発展、住民福祉の充実、高齢化、国際化時代への対応、中部新国際空港問題等を踏まえ平成2年度の予算を計上したとありました。保育料の3パーセントの減、特別法人税の廃止、ごみ収集の改善、心身障害者への手当の拡大、小規模授産所の拡大、老人奉仕人の増員、特養老人ホームの建設、新体育館の建設、市民病院の充実、公共下水道の推進、新国際空港に対する予算等々誠にもって我が公明党より予算要望いたしました施策に対し、数多く対応してくださったことは認めます。市長の地域の発展、生活福祉のために力一杯頑張ると言われた決意については賛同するものでありますが、今、国会においてはいまだ消費税の見直し、その又、見直しなどいまだ国民が反対する消費税の決着が付いていないのが現状であります。こうした段階において国民の側に立って消費税廃止の立場を貫く公明党として、消費税を含む本予算に賛成できないのは残念であることを申し上げ、反対の意とするものであります。以上です。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 次に12番沢田信也君の発言を許します。

           〔12番 沢田信也君登壇〕



◆12番(沢田信也君) 

 平成2年度一般会計予算に対する反対の討論を行います。ます第1に法人市民税に対する超過課税を廃止することにしておりますが、今日の社会情勢及び経済機構の中にあって大企業がそれ相応の税負担をするのは当然でありまして、この超過課税廃止は同意できないものであります。又、空港調査研究費1,000万円が計上されておりますが、市長は本来市民の声を代弁して施策を行うものでありまして、今日空港に対する常滑市民の世論は大きく言えば2つに分かれているものでありまして、今日の調査費の使途は空港推進に大きく偏っていることを指摘せざるを得ないのでありまして、その使途を十分市民の意向に添うように改めていく必要があると思うのであります。又、学校事務職員のパート化は教育が非常に多様化し、子供たちの一人一人を親身になって細かく見ていかなければならないときに教師は、事務、実務、雑務に追われているのが現状であり、こうした学校事務職員がこれら職務を遂行していたのを削減することは教師に対する負担をより過重なものにすることであり、納得できないものであります。更に公共事業管理費、この問題では市長は施政方針演説の中においてもますます下請け化を推進する意向を表明しており同意できません。さて、消費税でありますが、この消費税は今日の政治状況の下で参議院においては消費税を廃止してほしいという国民の願いが野党を多数にいたしました。衆議院においては与党多数の結果になりましたが、その直後のNHKの世論調査においても75パーセントの人が何らかの形で消費税は廃止してほしいという意向を表明しており、国民的には廃止が世論であります。そうした中において常滑市の行政で消費税の転嫁をやめればやめれるわけですが、現在そのようなふうにはなされていない、具体的には火葬場使用料、施設の使用料あるいは給食費、そして他の会計になりますが病院の診断書、出産費、更には水道料にも消費税が転嫁されておりまして、こうしたことは市長の施策において決断すれば廃止することができるという事態にありますが、それが実行されないところに問題があるということを指摘をいたしたいと思います。したがって、当予算案に私としては反対をいたします。以上平成2年度の一般会計予算に対する反対の討論といたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 通告者の発言は終わりました。ほかに討諭はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。これより採決を行います。本案について各委員長の報告は可決であります。よって各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第35号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第32、「議案第36号平成2年度常滑市交通災害共済事業特別会計予算」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長竹内満君。

           〔総務文教委員長 竹内 満君登壇〕



◆総務文教委員長(竹内満君) 

 ただいま議題となりました議案第36号平成2年度常滑市交通災害共済事業特別会計予算について総務文教委員会の審査結果の報告をいたします。本予算案も去る19日の委員会において審査をいたしまして、交通共済の加入者を5万2,127名と見込み歳入歳出の予算総額を前年度当初より196万円、7.8パーセント増の2,710万が3,000円とする本案について、全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決てあります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第36号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第33、「議案第37号平成2年度常滑市国民健康保険事業特別会計予算」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第37号平成2年度常滑市国民健康保険事業特別会計予算について厚生委員会の審査結果をご報告いたします。15日の委員会において、予算総額24億6,321万9,000円の本当初予算案の内容について慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告をいたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第37号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第34、「議案第38号平成2年度常滑市老人保健特別会計予算」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第38号平成2年度常滑市老人保健特別会計予算について厚生委員会の審査結果をご報告をいたします。15日の委員会において、予算総額を歳入歳出それぞれ28億1,618万1,000円とする原案を慎重に審査の結果、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第38号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第35、「議案第39号平成2年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計予算」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第39号平成2年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計予算について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日開催の委員会において慎重審査の結果、歳入歳出それぞれ2億8,147万7,000円と定める本予算は全員異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第39号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第36、「議案第40号平成2年度常滑市モーターボート競走事業特別会計予算」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第40号平成2年度常滑市モーターボート競走事業特別会計予算について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本予算は開催日数を180日、1日平均売上げを2億7,000万円と見込み、歳入歳出それぞれ540億7,618万1,000円と定めるものであり、去る16日の委員会において種々質疑がなされ慎重に審査の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第40号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第37、「議案第41号平成2年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計予算」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長衣川仁市君。

           〔経済委員長 衣川仁市君登壇〕



◆経済委員長(衣川仁市君) 

 ただいま議題となりました議案第41号平成2年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計予算について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日開催の委員会において慎重審査の結果、歳入歳出それぞれ1,092万3,000円と定める本予算は全員異議なく可とするに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第41号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第38、「議案第42号平成2年度常滑市水道事業会計予算」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長山本勇君。

           〔建設委員長 山本 勇君登壇〕



◆建設委員長(山本勇君) 

 ただいま議題となりました議案第42号平成2年度常滑市水道事業会計予算について建設委員会の審査結果をご報告いたします。14日の委員会において慎重に審査の結果、給水戸数を1万4,400戸、年間総給水量を659万7,000立方メートルと見込み編成の本予算案について消費税関連の反対討論がされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とするに決しましたので、ここにご報告いたします。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第42号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第39、「議案第43号平成2年度常滑市常滑市民病院事業会計予算」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

           〔厚生委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆厚生委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第43号平成2年度常滑市常滑市民病院事業会計予算について厚生委員会の審査結果をご報告いたします。15日の委員会において、病院の業務予定量を1日平均入院235人、外来645人と見込み編成の本予算案について慎重に審査の結果、反対討論として消費税関連の発言がされたのち採決の結果、賛成多数をもって原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立多数と認めます。よって議案第43号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 ここでお諮りいたします。23番桑山金義君から所定の賛成者をもって「議案第44号常滑市議会委員会条例の一部改正について」、市長から「議案第45号平成元年度常滑市一般会計補正予算(第7号)」がそれぞれ提出されました。この際、これを順次日程に追加し議題といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

           (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって、さよう日程に追加し議題とすることに決しました。

 議案を配付いたさせます。

           (議案配付)



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第40、「議案第44号常滑市議会委員会条例の一部改正について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。23番桑山金義君。

           〔23番 桑山金義君登壇〕



◆23番(桑山金義君) 

 ただいま議題となりました議案第44号常滑市議会委員会条例の一部改正について提案説明を申し上げます。この改正は先の議案第5号常滑市事務分掌条例の一部改正についてが可決されたことに伴い、市議会委員会条例第2条に定める常任委員会の所管事項のうち、総務文教委員会の項中では市長直轄課である秘書広報課、職負課及び企画調整課の所管事項のところを今回の組織改正による秘書課、広報課、職員課及び企画調整課が属することになる企画管理部の所管に属する事項とすること、建設委員会の項中では建設部が2部に分けられることにより建設部と開発部のそれぞれの所管に属する事項と改め、附則において本条例は平成2年4月1日から施行とするものであります。以上よろしくお願い申し上げ提案説明とさせていただきます。

           〔降壇〕



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。議案第44号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全負と認めます。よって議案第44号は、原案のとおり可決されました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 日程第41、「議案第45号平成元年度常滑市一般会計補正予算(第7号)」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(伊藤万之助君) 

 ただいま議題となりました議案第45号平改元年度常滑市一般会計補正予算第7号につきまして提案の説明を申し上げます。今回の補正につきましては、平成元年度の国の補正予算等に伴いまして急なことで誠に恐縮に存じますが、特にお願いを申し上げたいとするものでございます。新聞報道等でご承知のとおり平成元年度の国の補正予算案と関連する6法案の処理につきまして一昨日ようやく与野党の合意ができまして、本日から国会の審議も再開され3月26日には補正予算が成立する見通しになったところでございます。それで今回の国の補正予算には地方交付税分が追加計上され、地方公務員の給与改定経費を始め財源対策債償還基金の積立てに要する経費、地域振興基金の設置に要する経費等が措置されているものでございます。このような状況の中におきましてこのたび県地方課から今回の追加措置に伴う当市への交付予定額は2億7,285万2,000円であるとの内報を得たものでございます。したがいまして、今回の補正予算につきましては第1条で定める歳入歳出予算の補正のとおり歳入歳出それぞれ2億7,285万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を171億2,952万2,000円とするものでございます。補正予算説明書をご覧いただきながら内容を申し上げたいと存じます。

 歳入につきましては3ページのとおりでございます。5款1項1目の地方交付税につきまして県地方課からの内報に基づき2億7,285万2,000円を増額し、補正後の計を12億4,586万2,000円とするものでございます。次に歳出につきましては5ページ、6ページのとおりでございます。まず2款総務費の1項14目において減債基金積立金として1億6,459万8,000円を増額計上するものでございます。この減債基金ということにつきましては本年度の去る9月定例市議会において条例の制定などご審議を賜りご決定いただきましたとおり、国が定める地方財政計画上における財源不足を補うためのものとして発行を許可され借り入れました財源対策債の元金の残額相当分が地方交付税の基準財政需要額に算入されましたことに対応し、今後の元利償還金支払に備え積立てするものでございまして、去る9月市議会では昭和53年度から55年度に借入れしたものを対象に5億7,500万円余を措置したところでございますが、今回新たに昭和56年度借入額についても同様の措置が行われることになったことに伴いまして昭和56年度の借入額2億640万円に対する平成元年度末の未償還額すなわち元金残高1億6,459万8,000円を増額措置させていただくものでございます。次に14款予備費には1億825万4,000円増額計上し、補正後の計を1億2,959万8,000円とするものでございます。なお、今回の地方交付税の追加計上を行うに当たりまして地方公共団体における地域振興基金の設置に要する経費として、すなわち今後の本格的な高齢化社会の到来に備え地域における福祉活動の促進、快適な生活環境の形成等を図るために要する経費が措置されているものであり、その総額といたしましては都道府県分で1,500億円、市町村分で1,000億円でこれに対応する投資分の額はおよそ5,000万円程度と推定しておりますが、正式な今後の算定額及び県の指導等を踏まえて当市としての取扱い方針を平成2年度に決定したいとするものでございまして、当面予備費に計上し次年度に繰越し措置したいとするものでございます。なお、残余の予備費補正額は給与改定の経費などに対応するものですが、交付税本来の趣旨のとおり純粋なる一般財源として取扱いをさせていただくものでございます。何とぞよろしくご審議の上ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(鈴村乕夫君) 

 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           (「異議なし」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

           (「ありません」の声あり)



○議長(鈴村乕夫君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。議案第45号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)



○議長(鈴村乕夫君) 

 起立全員と認めます。よって議案第45号は、原案のとおり可決されました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、会議を閉じることにいたしたいと思います。

 閉会に当たりまして、市長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 平成2年第1回市議会定例会の閉会に当たりまして謹んでごあいさつを申し上げます。3月7日から本日まで16日間の長きにわたり報告事項を含め市長提案43件を始め多くの案件につき慎重にご審議いただきご決定賜ったことに対し衷心より感謝と敬意を表します。私ども表明いたしました施政方針に従い、又、ご決定いただきました条例予算に基づき、かつ又、ご審議中承ったいろいろなご意見ご指導等十分意に体し、誤りのない行財政運営に努める所存でございます。執行部と議会との関係はかねてから申し上げ、又、実践いたしておりますようにお互いの機能と役割は違いはあるものにいたしましても、両者が一体となってこそ初めて誤りのない市政の正しい運営が図られるものと信じております。今後ともよろしくご理解の上ご協力ご指導をお願い申し上げるところでございます。さて、ここで公有水面埋立事業につきましてお話を申し上げ、今後の進め方などについてご理解をいただきたいと存ずるものでございます。公有水面を埋め立てる、そして公共用地を確保する、その用地を公共下水道終末処理場や公園や競艇場の水面拡幅や駐車場に充てる。更に市の将来の発展に備えて公共用地としてあらかじめ確保する、その面積は約50ヘクタール、約15万坪、そのうち第1期工事として競艇場南の約20ヘクタール、約6万坪の工事をまず施行する。今年の秋に愛知県知事に申請し来年春に許可を受け平成3年度から5か年の工期で実施したい。残余の9万坪につきましてはいつ工事に着手するかは市の財政事情や社会情勢などを考えながら今後決めるというものでございます。工事費用は現時点での積算で全体工事で約150億円、第1期工事として約65億円です。非常に多額の費用を要しますが常滑市100年の計としてどうしてもやらなければならない事業だと確信しております。直接工事費以外にいわゆる漁業補償費が必要です。常滑漁業協同組合が有する15万坪の区画漁業権の消滅、15万坪の水面を公共用地として埋め立てることによる常滑漁協始め鬼崎、小鈴谷及び大野漁港に対する補償費です。このことにつきましては過去に経緯があります。前市長も埋立てを計画しいろいろ経過がありましたが、昭和57年2月常滑漁協とある条件で合意の覚書を締結しました。常滑以外の3漁協についても話合いが進められました。しかし、しかしわずか2年後、昭和59年10月前市長は競艇事業収益の激減と今後の財政予測は非常に難しいことなどを理由に常滑漁協に計画の実施を延期することをお願いしました。常滑漁協は了解せざるを得ませんでした。しかし、延期に伴う取扱い、いわゆる合意事項は市側の事情で守ることはできませんでした。常滑始め市内4漁協の市に対する不信感が広くそして大きく高まったことは当然だと思います。このたびの計画の具体的推進に当たっては、まずその不信感を取り除くことから始めなければなりませんでした。長い道のりでした。しかし、幸いに漁協側は誠意を示してくれました。今度は約束は必ず守るという信頼関係が確立いたしました。問題は漁業補償の金額です。漁業権あるいは埋立てによって被る損害の額の算定には明確な基準がありません。土地については例えば、公示価格を参考にすることができます。又、建物については再建築価格を基準にすることができます。しかし、海の場合は他の例を参考にしたり、双方の立場、利害関係を調整しつつ両者合意に至るというのが一般的な例です。今回もその慣例により知多市新舞子沖で工事中の南5区の埋立ての例、そして常滑市の場合はどうしてもやらなければならない公共下水道終末処理場始めすべて公共用地であること、補償費についてもすべて市民の税金で対応しなければならないこと、更に市行政全体から考えて埋立事業だけでなく新体育館とか総合公園とか西浦北小学校の移築とか、大型の事業が目前に控えており、そのための将来に及ぶ財政負担をも考慮し慎重な立場を堅持しつつ漁協と協議を重ねてきました。そして、漁協側の誠意と強い協力の姿勢を受けて市長は次の条件で協議に入る方針を決めました。1つ、常滑漁協に対しては23億円を支払う。2つ、鬼崎、小鈴谷及び大野の3漁協に対しては合わせて常滑漁協の支払額のおおむね15パーセントを支払う。その内訳といたしまして常滑漁協に支払うおおむね10パーセントを鬼崎漁協に、おおむね5パーセントを小鈴谷漁協に、又、大野漁協に対しましては協力費的な意味をもって若干の補償額を支払う。3つ、支払時期については今後の協議によるが、可能な限り早期に支払う。4つ、工事施工は常滑市土地開発公社にお願いをすると。さて、常滑漁協に対する23億円という金額でございます。直接、間接にお聞きする市民のご意見は1妥当である。2高過ぎる。3やむを得ない。4積算根拠が不明確である。5時期尚早である。6土地や建物の買収価格に比べて均衡が欠けている。7他の事業の進捗に影響が出る。8分からないなどなどいろいろあられると承知をしております。議会議員の皆さんのご意見も又それぞれとお聞きをしております。このことは大きな問題でございます。市民みんなに影響する問題であります。公共用地の取得は大方の賛同は得られると確信をしております。そのために市内4漁協に総額27億円に近い補償金を支払うことが妥当かどうか。市長は妥当と判断して進めております。しかし、市民の間にたとえそれが一部にしろご意見やご批判があり、しかも内容が重大案件である以上より正しい判断を求めるよう努めなければなりません。そのためにまず市議会議員皆様のご理解とご協力が必要でございます。幸い3月14日、市議会建設委員会懇談会ではおおむね可とするお話をいただきましたが、まだ各漁協ごとの金額及び支払時期、方法等については詰めが残されております。市長としましては皆様方の力強いご支援を仰ぎながら、更に漁協側と協議を進め、手順を経て是非とも5月開会予定の臨時市議会には議案としてご提出申し上げご決定を賜りたいと念願しているところでございます。何とぞよろしくお願いを申し上げるものでございます。いよいよ新年度を迎えます。市職員の定期異動もございます。議員皆様方におかれましては今後とも地域の発展、住民福祉の向上のため格別のご指導とご尽力をお寄せ賜りますようお願いを申し上げ、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(鈴村乕夫君) 

 これをもちまして、平成2年第1回常滑市議会定例会を閉会いたします。

                            (午前11時47分 閉会)

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

 平成2年 月 日

                議長  鈴村乕夫

                議員  中山勇弌

                議員  中野勇夫

                議員  桑山金義

                議員  村上一良