議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

昭和63年  9月 定例会(第3回) 09月21日−05号




昭和63年  9月 定例会(第3回) − 09月21日−05号







昭和63年  9月 定例会(第3回)



      昭和63年第3回常滑市議会定例会会議録(第5号)

                          昭和63年9月21日(水曜日)

議事日程(第5号)

 昭和63年9月21日(水)午前9時30分 開議



日程
件名


第1
議案第45号 常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管理に関する条例及び常滑市陶業、陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第2
議案第46号 常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について


第3
議案第47号 常滑市民文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第4
議案第48号 常滑市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


第5
議案第49号 昭和63年度常滑市農業共済事業における無事戻し金の支払について


第6
議案第51号 損害賠償の額を定めることについて


第7
議案第52号 昭和63年度常滑市一般会計補正予算(第2号)


第8
議案第53号 昭和63年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


第9
議案第54号 昭和63年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算(第1号)


第10
議案第55号 昭和63年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第1号)


第11
議案第56号 昭和63年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)


第12
議案第57号 昭和63年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計補正予算(第1号)


第13
議案第58号 昭和63年度常滑市水道事業会計補正予算(第1号)


第14
請願第4号 義務教育費国庫負担制度の維持に関する請願


第15
請願第5号 消費税の導入に反対する請願


第16
請願第6号 消費税の導入に反対する請願


第17
請願第7号 消費税の導入に反対する請願


第18
請願第8号 消費税の導入に反対する請願


第19
請願第9号 消費税の導入に反対する請願


第20
請願第10号 消費税の導入に反対する請願


第21
請願第11号 消費税の導入に反対する請願


第22
請願第12号 消費税の導入に反対する請願


第23
請願第13号 消費税の導入に反対する請願


第24
請願第14号 消費税反対の意見書を求める請願


第25
請願第15号 旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する請願


(追加)
 


第26
意見書案第1号 義務教育費国庫負担制度の維持に関する意見書の提出について


第27
意見書案第2号 旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する意見書の提出について



本日の会議に付議された事件

 議事日程(第5号)のとおり

出席議員(28名)

      1番  杉江秀一君

      2番  伊藤次郎君

      3番  角野和昭君

      4番  石原多巳雄君

      5番  沢田丸四郎君

      6番  八木祥信君

      7番  片岡勝城君

      8番  後藤 正君

      9番  沢田市郎君

      10番  中山勇弌君

      11番  佐々木志津江君

      12番  沢田信也君

      13番  鯉江 勇君

      14番  鈴木輝明君

      15番  山本 勇君

      16番  久田貞夫君

      17番  衣川仁市君

      18番  西村武治君

      19番  竹内 満君

      20番  中野勇夫君

      21番  山本国夫君

      22番  鈴村乕夫君

      23番  桑山金義君

      24番  稲葉民治郎君

      25番  伊藤 渉君

      26番  山田竹士君

      27番  村上一良君

      28番  片山 宏君

欠席議員

      なし

説明のため出席した者の職氏名

 市長            中村克巳君

 助役            石橋誠晃君

 収入役           榊原福司君

 教育長           竹内鉄英君

 総務部長          伊藤万之助君

 民生部長          森下美樹君

 経済部長          青山竹次君

 建設部長          水野幸雄君

 競艇事業部長        鈴木康男君

 病院事務局長        高井稔和君

 消防長           内田福三君

 消防次長          都築孝信君

 教育部長          森 定之君

 秘書情報課長        伊藤 環君

 総務課長          竹内忠雄君

 交通安全課長        桑山和久君

 市民課長          高木雄次君

 福祉課長          伊藤公雄君

 保健衛生課長        吉田美彦君

 消防総務課長        平野富男君

 教委管理課長        山本昌利君

 教委社会教育課長      永柳説誠君

議会事務局職員の出席者

 事務局長          服部勝明君

 次長補佐兼主査       藤森直樹君

 主査            神谷荘太郎君

 書記            山下金男君

                            (午前9時30分 開議)



○議長(片山宏君) 

 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(片山宏君) 

 日程第1、「議案第45号常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管理に関する条例及び常滑市陶業、陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第45号常滑市立陶芸研究所運営基金の設置及び管理に関する条例及び常滑市陶業、陶芸振興事業基金の設置及び管理に関する条例の一部改正について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る16日委員全員出席の下に委員会を開催し慎重審査の結果、INAXの株式が1割無償増資されたことに伴い条例の一部を改正するという本案については全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第45号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第2、「議案第46号常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鈴木輝明君。

          〔厚生委員長 鈴木輝明君登壇〕



◆厚生委員長(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました議案第46号常滑市使用料及び手数料条例の一部改正について厚生委員会の審査結果を報告いたします。去る13日委員全員出席の下に委員会を開催し国の基準改正がされたのに伴い、老人ホーム等への在宅老人短期保護手数料の値上げと県事業から市事業に移管される在宅重度身体障害者短期保護制度の手数料を定めるため、63年10月1日より市条例を改正しようとする本案について慎重審査の結果、原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立多数と認めます。よって議案第46号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第3、「議案第47号常滑市民文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

          〔総務文教委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆総務文教委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第47号常滑市民文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果をご報告をいたします。去る19日に委員1名欠席の下に委員会を開催いたし、新設の35ミリ映写機の使用料を1式当たり 6,000円と定め、63年10月1日より施行いたしたいとする本案について異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第47号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第4、「議案第48号常滑市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

          〔総務文教委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆総務文教委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました議案第48号常滑市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について総務文教委員会の審査結果を報告いたします。去る19日に開催の委員会において、政令の一部改正に伴い補償基礎額、葬祭補償の定額部分の引上げ等を行おうとする本案について、異議なく原案を可とするに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第48号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第5、「議案第49号昭和63年度常滑市農業共済事業における無事戻し金の支払について」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第49号昭和63年度常滑市農業共済事業における無事戻し金の支払について経済委員会の審査結果をご報告いたします。去る16日委員全員出席の下に委員会を開催し、63年度の無事戻し金 306万 2,284円を 1,106戸に支払うという本案について慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第49号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第6、「議案第51号損害賠償の額を定めることについて」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長久田貞夫君。

          〔建設委員長 久田貞夫君登壇〕



◆建設委員長(久田貞夫君) 

 ただいま議題となりました議案第51号損害賠償の額を定めることについて建設委員会の審査結果をご報告いたします。去る9月14日委員全員出席の下に委員会を開催し慎重に審査の結果、上水道配水管破裂漏水事故により有限会社丸滉製陶に賠償金 300万円を支払いたいとする原案について、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第51号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第7、「議案第52号昭和63年度常滑市一般会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 各常任委員会の審査結果の報告を求めます。まず厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鈴木輝明君。

          〔厚生委員長 鈴木輝明君登壇〕



◆厚生委員長(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました議案第52号昭和63年度常滑市一般会計補正予算第2号のうち当厚生委員会に分割付託となりました事項の審査結果の報告を申し上げます、去る13日開催の委員会において審査をいたしましたもので2款総務費のうち過年度税外収入払戻し増額については国、県の補助額の決定に伴い福祉事業8件で 459万 6,000円、医療事業6件で 207万 6,000円、合計 667万 2,000円が必要となったことによる増額であり、3款民生費では常石保育園、鬼崎中保育園の外壁並びに鬼崎南保育園の天窓を合計 515万円で補修しようとするものであり、補正後の保育園費総額を8億 6,403万 3,000円とする本補正予算を委員全員出席の下に慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 次に建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長久田貞夫君。

          〔建設委員長 久田貞夫君登壇〕



◆建設委員長(久田貞夫君) 

 ただいま議題となっております議案第52号昭和63年度常滑市一般会計補正予算第2号のうち当建設委員会に分割付託となりました事項につきまして審査結果をご報告いたします。去る14日の委員会において6款農林水産業費のうち3項4目漁港建設費、8款土木費、9款消防費のうち1項4目水防費について慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 次に経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となっております議案第52号昭和63年度常滑市一般会計補正予算第2号のうち当経済委員会に分割付託されました事項について審査結果のご報告をいたします。本件につきましても16日開催の委員会において慎重審査の結果、歳出経済部関係予算及び債務負担行為の補正について全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 次に総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

          〔総務文教委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆総務文教委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となっております議案第52号昭和63年度常滑市一般会計補正予算第2号のうち当総務文教委員会に分割付託されました事項についての審査結果をご報告申し上げます。審査については去る19日の委員会において行いました。本補正予算は8億 384万 8,000円を追加し補正後の予算総額を 140億 2,584万 1,000円とするもので、付託されました歳入及び歳出の1款議会費、諸費の一部を除く2款総務費、水防費を除く9款消防費、10款教育費等について種々質疑意見等が交わされ慎重審査の結果、原案を可とするに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について各委員長の報告は可決てあります。よって各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第52号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第8、「議案第53号昭和63年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算「第1号)」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鈴木輝明君。

          〔厚生委員長 鈴木輝明君登壇〕



◆厚生委員長(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました議案第53号昭和63年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号について厚生委員会の審査結果を報告いたします。去る13日委員会を開催し、前年度繰越金3億 6,952万 9,000円の確定に伴い当初予算組入れ1億 1,000円を除いた残り2億 6,952万 8,000円を償還金に 2,249万 6,000円と予備費に2億 4,703万 2,000円充当し、補正後の総額を歳入歳出それぞれ28億 8,280万円としようとする本補正予算について委員全員出席の下、慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告いたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第53号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第9、「議案第54号昭和63年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第54号昭和63年度常滑市農業共済事業特別会計補正予算第1号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日の委員会において慎重審査の結果、歳入歳出それぞれ 215万 5,000円を追加し予算総額を 8,198万 8,000円とする本補正予算については原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第54号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第10、「議案第55号昭和63年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第55号昭和63年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算第1号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本補正予算案は歳入歳出それぞれ 486万 8,000円を追加し予算の総額を 4,741万 1,000円とするもので、去る16日開催の委員会において慎重審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第55号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第11、「議案第56号昭和63年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第56号昭和63年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算第1号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日の委員会において慎重審査の結果、歳入歳出それぞれ18億 1,791万 3,000円を追加し予算総額を 466億 6,905万 1,000円とする本補正予算案は全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第56号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第12、「議案第57号昭和63年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長西村武治君。

          〔経済委員長 西村武治君登壇〕



◆経済委員長(西村武治君) 

 ただいま議題となりました議案第57号昭和63年度常滑市陶業陶芸振興事業基金特別会計補正予算第1号について経済委員会の審査結果をご報告いたします。本件につきましても16日開催の委員会において慎重審査の結果、歳入歳出それぞれ 254万 7,000円を追加し予算の総額を 1,440万 6,000円とする本補正予算案は、全員異議なく可とすることに決しましたので、ここにご報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第57号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第13、「議案第58号昭和63年度常滑市水道事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長久田貞夫君。

          〔建設委員長 久田貞夫君登壇〕



◆建設委員長(久田貞夫君) 

 ただいま議題となりました議案第58号昭和63年度常滑市水道事業会計補正予算第1号について建設委員会の審査結果を報告いたします。去る14日の委員会において議案第51号の漏水事故による損害賠償に係る補償金を始めとする補正予算案について慎重に審査の結果、全員異議なく原案を可とすることに決しましたので、ここにご報告をいたします。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって議案第58号は、原案のとおり可決されました。



○議長(片山宏君) 

 日程第14、「請願第4号義務教育費国庫負担制度の維持に関する請願」を議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

          〔総務文教委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆総務文教委員長(鯉江勇君) 

 ただいま議題となりました請願第4号義務教育費国庫負担制度の維持に関する請願について総務文教委員会の審査結果をご報告をいたします。去る19日委員1名欠席の下に開催の委員会において、国に対し義務教育費国庫負担制度を堅持し教育の機会均等と水準の維持向上を要望するため意見書の提出をされたいとの本請願は、異議なく採択することに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は採択であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって請願第4号は、採択するに決しました。



○議長(片山宏君) 

 日程第15、「請願第5号」から日程第23、「請願第13号消費税の導入に反対する請願」及び日程第24、「請願第14号消費税反対の意見書を求める請願」の10件を一括議題といたします。

 総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鯉江勇君。

          〔総務文教委員長 鯉江 勇君登壇〕



◆総務文教委員長(鯉江勇君) 

 ただいま一括議題となりました請願第5号消費税の導入に反対する請願から請願第14号消費税反対の意見書を求める請願の10件について、総務文教委員会の審査結果をご報告申し上げます。本請願10件につきましても去る19日の委員会で審査をいたしたもので、種々慎重に審査検討後、一括採決をいたしました結果、請願第5号から請願第14号の10件は閉会中の継続審査とするに決しましたので、ここにご報告を申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより一括採決を行います。本請願10件について委員長の報告は閉会中の継続審査とするであります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立多数と認めます。よって請願第5号から第14号までの10件は、委員長報告のとおり閉会中の継続審査とするに決しました。



○議長(片山宏君) 

 日程第25、「請願第15号旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する請願」を議題といたします。

 厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長鈴木輝明君。

          〔厚生委員長 鈴木輝明君登壇〕



◆厚生委員長(鈴木輝明君) 

 ただいま議題となりました請願第15号旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する請願について厚生委員会の審査結果を報告いたします。去る13日委員全員出席の下に開催いたしました委員会において、種々慎重に審査検討の結果、全員異議なく本請願を採択することに決しましたので、ここに報告申し上げます。

          〔降壇〕



○議長(片山宏君) 

 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案について委員長の報告は採択であります。よって委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって請願第15号は、採択するに決しました。



○議長(片山宏君) 

 ここでお諮りいたします。20番中野勇夫君から「意見書案第1号義務教育費国庫負担制度の維持に関する意見書の提出について」及び「意見書案第2号旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する意見書の提出について」の2件が所定の賛成者をもって提出されました。この際、この2件を日程第26及び日程第27として日程に追加し、議題といたしたいと思いますがご異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 ご異議なしと認めます。よって本意見書案2件を日程に追加し議題とすることに決しました。

 意見書案を配付いたさせます。

          (意見書案配付)



○議長(片山宏君) 

 日程第26、「意見書案第1号義務教育費国庫負担制度の維持に関する意見書の提出について」及び日程第27、「意見書案第2号旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する意見書の提出について」の2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。20番中野勇夫君。

          〔20番 中野勇夫君登壇〕



◆20番(中野勇夫君) 

 ただいま一括議題となりました意見書案第1号義務教育費国庫負担制度の維持に関する意見書の提出について及び意見書案第2号旧軍人軍属恩給欠格者救済に関する意見書案の提出についての2件の提案説明を申し上げます。この2件の意見書につきましては、先に採択されました請願第4号並びに請願第15号の趣旨を常滑市議会の意見書として政府関係機関に提出したいとするものでございます。

 まず、意見書案第1号でございますが、この件につきましては昨年も同様の意見書が政府関係機関に提出されているものでございますが、国は国庫負担を削減するため学校事務職員や栄養職員の人件費を一般財源化するなど一層地方にその負担を転嫁されようとしています。このことは義務教育の機会均等水準向上にとって大きな影響を及ぼすこととなりますので義務教育費国庫負担制度が堅持されるよう意見書を提出するものでございます。

 続きまして、意見書案第2号につきましては、わずかに期間が足らないということで恩給が支給されず、又、厚生年金や国民年金などへの期間通算がなされない恩給欠格者に対しては救済の措置が講じられておらず、極めて不公平な状況でございます。かかるとき、このたび平和祈念事業特別基金が設立され強制抑留者に対し慰労品や慰労金が支給されることとなりましたが、広く恩給欠格者に対して救済の措置が講じられるよう政府関係機関に要請するものでございます。以上議員各位のご賛同をいただきますようお願いを申し上げまして提案説明とさせていただきます。



○議長(片山宏君) 

 説明は終わりました。

 これより一括質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案2件については、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますがご異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 ご異議なしと認めます。よって本案2件は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          (「ありません」の声あり)



○議長(片山宏君) 

 討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。まず意見書案第1号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって意見書案第1号は、原案のとおり可決されました。

 次に意見書案第2号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(片山宏君) 

 起立全員と認めます。よって意見書案第2号は、原案のとおり可決されました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので会議を閉じることにいたしたいと思います。閉会に当たりまして、市長からあいさつの申し出がございますのでこれを許します。市長。



◎市長(中村克巳君) 

 謹んで閉会のごあいさつを申し上げます。9月6日から16日間の長きにわたりまして開催されました昭和63年第3回定例市議会、本日をもって閉会となりました。ありがとうございました。当局から提案申し上げましたいろいろの議案につきまして閉会中も継続審査を願うことになりました昭和62年度各会計の認定を除きましていずれも原案どおりご決定をいただき感謝に堪えません。ご質疑及びご発言の中で承りましたご意見につきましては今後の行政執行に十分生かして参りたいと存じているところでございます。昭和63年度もやがて下半期に入ります。前期の実績等を振り返り至らざるは今後補って地域の発展のため、又、市民の生活向上のため一層の努力を傾ける所存でございます。議員各位におかれましても私どもの意を了とされまして積極的にご指導、ご叱正そしてご協力を寄せられますことをお願い申し上げるところでございます。残暑なお厳しき折から皆様のご健康とご慈愛を祈念申し上げまして閉会に当りましてのお礼のごあいさつに代えさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(片山宏君) 

 これをもちまして、昭和63年第3回常滑市議会定例会を閉会いたします。

                            (午前10時18分 閉会)

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

 昭和63年 月 日

                  議長  片山 宏

                  議員  伊藤次郎

                  議員  沢田信也

                  議員  中野勇夫

                  議員  鈴村乕夫