議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 常滑市

平成18年 12月 定例会(第4回) 12月20日−05号




平成18年 12月 定例会(第4回) − 12月20日−05号







平成18年 12月 定例会(第4回)



        平成18年第4回常滑市議会定例会会議録

議事日程(第5号)

 平成18年12月20日(水)午前9時30分 開議

第1 議案第59号 平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)

第2 議案第60号 平成18年度常滑市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)

第3 議案第61号 平成18年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

第4 議案第62号 平成18年度常滑市老人保健特別会計補正予算(第1号)

第5 議案第63号 平成18年度常滑市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

第6 議案第64号 平成18年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第1号)

第7 議案第65号 平成18年度常滑市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第8 議案第66号 平成18年度常滑市常滑東特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

第9 議案第67号 平成18年度常滑市常滑駅周辺土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

第10 議案第68号 平成18年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)

第11 議案第69号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

第12 議案第70号 常滑市副市長の定数を定める条例の制定について

第13 議案第71号 常滑市高坂墓園の設置及び管理に関する条例の一部改正について

第14 議案第72号 常滑市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正について

第15 議案第73号 常滑市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

第16 議案第74号 愛知県後期高齢者医療広域連合の設置について

第17 議案第75号 知多地区農業共済事務組合規約の一部改正について

第18 議案第76号 中部知多衛生組合規約の一部改正について

第19 議案第77号 常滑武豊衛生組合規約の一部改正について

第20 議案第78号 半田常滑看護専門学校管理組合規約の一部改正について

第21 議案第79号 市道の路線廃止について

第22 議案第80号 市道の路線認定について

第23 議案第81号 公共下水道幹線管渠築造工事(北部17−1)請負契約の変更について

第24 報告第8号 専決処分の報告について

第25 報告第9号 専決処分の報告について

第26 議員派遣について

本日の会議に付議された事件

 議事日程(第5号)のとおり

出席議員(24名)

      2番  成田勝之君          4番  山内升美君

      5番  石原多巳雄君         6番  佐々木志津江君

      7番  沢田信也君          8番  中村 勤君

      9番  藤井友二君          10番  中井保博君

      11番  稲葉民治君          12番  相羽助宣君

      13番  伊藤史郎君          14番  加藤久豊君

      15番  盛田克己君          16番  土田和男君

      17番  古川善助君          18番  竹内良博君

      19番  瀧田征男君          20番  渡辺悦男君

      21番  柴山東一郎君         22番  川原和敏君

      23番  竹内弥一君          24番  八木祥信君

      25番  片岡勝城君          26番  村上道明君

欠席議員(1名)

      3番  庭瀬健太郎君

説明のため出席した者の職氏名

 市長            石橋誠晃君

 助役            浜島孝夫君

 収入役           土井真太郎君

 教育長           鈴木 桂君

 参事            水谷光男君

 総務部長          吉田範磨君

 企画部長          渡辺郁夫君

 福祉部長          盛田美典君

 環境経済部長        古川泰作君

 建設部長          谷川俊雄君

 水道部長          中村光明君

 競艇事業部長        神長健一君

 病院事務局長        相武英男君

 消防長           伊藤徳保君

 教育部長          西見寿雄君

 総務部次長兼行政課長    鈴木憲次君

 企画部次長兼企画課長    村田 博君

 福祉部次長兼健康福祉課長  浜島久光君

 福祉部次長兼民生児童課長  竹内 修君

 福祉部次長兼保険年金課長  吉田千津子君

 建設部次長兼土木課長    片岡 覚君

 競艇事業部次長兼管理課長  村川左一君

 競艇事業部次長兼業務課長  山下正英君

 教育部次長兼学校教育課長  伊藤平雄君

 教育部次長兼生涯学習課長  大津慶明君

 監査委員事務局長      百合草静江君

 財政課長          村川 茂君

 税務課長          新美峰和君

 交通防災課長        古川義邦君

 秘書広報課長        籾山敏宏君

 職員課長          織田 登君

 空港都市推進室長      石川和光君

 農業水産課長        千賀収司君

 水道課長          畑中芳治君

 下水道課長         山本政明君

 会計課長          林 清子君

 消防総務課長        藤井義郎君

議会事務局職員の出席者

 事務局長          神谷荘太郎君

 事務局次長兼議事課長    松下武義君

 課長補佐          中山優子君

 課長補佐          松田明弘君

 主任            吉川和彦君

             午前9時30分 開議



△開議の宣告



○議長(村上道明君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(村上道明君) 本日の議事日程は、各位の議席に配付しましたとおりでございますので、よろしくお願いいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第59号〜議案第81号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(村上道明君) これより日程に入ります。

 日程第1、「議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)」から日程第23、「議案第81号公共下水道幹線管渠築造工事(北部17−1)請負契約の変更について」までの計23件を一括議題といたします。

 付託を省略した議案第69号及び議案第70号、議案第75号から議案第78号までの計6件を除いた17件について、各常任委員会の審査結果の報告を求めます。

 まず、建設委員会の審査結果の報告を求めます。委員長八木祥信君。

     〔建設委員会委員長 八木祥信君登壇〕



◆建設委員会委員長(八木祥信君) ただいま一括議題となりました議案のうち、当建設委員会に付託となりました議案第59号、議案第64号から議案第67号、議案第71号及び議案第79号から議案第81号の計9件について、審査結果をご報告申し上げます。

 去る13日、委員6名のうち1名欠席ではございましたが委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。

 まず、分割付託となりました議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)は、人事異動に伴う人件費の調整と前年度決算額の確定による農業集落家庭排水処理施設特別会計の繰出金の減額及び補助金が確定したことによる事業費の増額補正であり、本案に対する質疑はなく、当委員会に分割付託されました事項については、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第64号平成18年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第1号)及び議案第65号平成18年度常滑市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の2件につきましては、前年度決算額の確定による繰越金と人事異動に伴う人件費を調整するものであります。

 また、議案第66号平成18年度常滑市常滑東特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、難航していた物件移転交渉が解決したことにより工事を行うための補正が主なもの、議案第67号平成18年度常滑市常滑駅周辺土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)については、起債の充当率の変更と人事異動に伴う人件費の調整をするもので、議案第64号から議案第67号までの4件は、いずれも全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第71号常滑市高坂墓園の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案はGブロックの墓所110区画のうち30区画を造成し、永代使用させるための一部改正であり、本案についても全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第79号市道の路線廃止について及び議案第80号市道の路線認定についての2件につきましては、道路新設に伴い、起点または終点が変更になる市道を廃止及び認定するものであります。審査の過程におきまして、鯉江本町線と新開町線の起点となる海岸線の整備完了は、平成19年3月末であるなどの質疑、答弁がなされた後、2件を一括して採決した結果、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第81号公共下水道幹線管渠築造工事(北部17−1)請負契約の変更についてでありますが、工事内容の変更により契約金額を変更するものであり、本案についても全員異議なく原案を可とするに決しました。

 以上、建設委員会に付託されました9議案についての審査結果の報告といたします。

     〔降壇〕



○議長(村上道明君) 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

     (「ありません」の声あり)



○議長(村上道明君) 質疑を終結いたします。

 次に、環境経済委員会の審査結果の報告を求めます。委員長加藤久豊君。

     〔環境経済委員会委員長 加藤久豊君登壇〕



◆環境経済委員会委員長(加藤久豊君) ただいま一括議題となっております議案のうち、当環境経済委員会に付託となりました議案第59号及び議案第68号の2件について、審査結果をご報告申し上げます。

 去る14日、委員全員出席のもとに委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、分割付託となりました議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)は、人事異動に伴う人件費の整理と農業関係団体の補助金及び県営事業に伴う負担金の補正で、本案に対する質疑はなく、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第68号平成18年度常滑市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)については、場外発売事業における受託発売日数の増加による発売収入の増額、開設53周年記念レース等の場外発売事業における発売収入の増額及び人事異動に伴う人件費の整理が主なもので、本案に対する質疑はなく、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 以上、環境経済委員会の審査報告といたします。

     〔降壇〕



○議長(村上道明君) 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

     (「ありません」の声あり)



○議長(村上道明君) 質疑を終結いたします。

 次に、厚生委員会の審査結果の報告を求めます。委員長片岡勝城君。

     〔厚生委員会委員長 片岡勝城君登壇〕



◆厚生委員会委員長(片岡勝城君) ただいま一括議題となっております議案のうち、当厚生委員会に付託となりました議案第59号、議案第61号から63号及び議案第74号の5件について、審査結果をご報告申し上げます。

 当委員会は、去る15日、委員全員出席のもとに開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、分割付託された議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)は、人事異動に伴う人件費の整理、匿名者からの寄附金により青少年健全育成事業に対し備品を購入するための補正、愛知県後期高齢者医療広域連合設立のための負担金及び保育園乳児室改修工事費の補正などが主なものであります。

 審査の過程における質疑、答弁として、鬼崎北保育園の低年齢児入所希望数は5名程度であるが、ほかにも延長保育や低年齢児の入所希望者は、小鈴谷北保育園、西浦北保育園でもいると聞いている旨の質疑、答弁があった後、区画整理等で若い人が増えてくる中、延長、早朝、低年齢保育希望者の状況を把握し、迅速に適切な対応をされたい旨の要望が出されました。

 また、後期高齢者制度そのものに反対する立場から、設立準備会負担金が計上されている本案に反対する旨の討論があった後、挙手により採決の結果、本委員会に分割付託となった事項については、賛成多数で原案を可とするに決しました。

 次に、議案第61号平成18年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)については、人事異動に伴う人件費の整理を行うもの、議案第62号平成18年度常滑市老人保健特別会計補正予算(第1号)については、人事異動に伴う人件費の整理及び前年度繰越金の確定により整理を行うもの及び議案第63号平成18年度常滑市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、人事異動に伴う人件費の整理であり、本案3件に対する質疑はなく、いずれも全員異議なく原案を可とすることに決しました。

 次に、議案第74号愛知県後期高齢者医療広域連合の設置についてであります。本案は新しく後期高齢者医療制度が開始されることに伴い、実施主体である広域連合を設置するというもので、審査の過程で出された主な質疑、答弁は、対象者数は平成18年10月現在、75歳以上の高齢者6,149人である。また広域連合の議会の議員は34人で、知多5市5町においては3名であるが、その選出方法は5市5町議長会で調整されていく旨の質疑、答弁の後、後期高齢者医療制度は75歳以上の高齢者の負担が増えていく制度であるなどの反対討論がありましたので、挙手による採決を行った結果、本案は賛成多数で原案を可とすることに決しました。

 以上、厚生委員会に付託されました5議案について審査結果をご報告申し上げます。

     〔降壇〕



○議長(村上道明君) 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

     (「ありません」の声あり)



○議長(村上道明君) 質疑を終結いたします。

 次に、総務文教委員会の審査結果の報告を求めます。委員長石原多巳雄君。

     〔総務文教委員会委員長 石原多巳雄君登壇〕



◆総務文教委員会委員長(石原多巳雄君) ただいま一括議題となっております議案のうち、当総務文教委員会に付託となりました議案第59号、議案第60号、議案第72号及び議案第73号の計4件について、審査結果をご報告申し上げます。

 去る18日、委員全員出席のもとに委員会を開催いたしました。

 まず、分割付託となりました議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)は、人事異動に伴う人件費の整理、その他緊急やむを得ない理由により、その措置が必要となったものについて補正するものであります。補足説明の後、登窯整備事業費は、地主からの要請により隣地を取得するもので、面積は19平方メートル、単価は坪18万円程度である。消防職員数については、将来を見越した消防体制確保のため、また空港出張所ができたことにより増加した。さらに当市は南北に細長いため本署と南北出張所の3カ所で対応し、出動して五、六分で現場に到着できる体制をとっているためである。海岸線街路事業費は、県がすべて事業費を負担するもので、補助金と補助残については協力金という名目で雑入で受けている旨の質疑、答弁がなされた後、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第60号平成18年度常滑市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、人件費補正及び前年度繰越金の整理について補正を行うものであり、質疑はなく、全員異議なく原案を可とするに決しました。

 次に、議案第72号常滑市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正について及び議案第73号常滑市消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、いずれも非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正が平成18年9月26日に公布施行されたことに伴い、所要の改正をするものであり、両議案とも全員異議なく原案を可とするに決しました。

 以上、総務文教委員会の審査結果の報告といたします。

     〔降壇〕



○議長(村上道明君) 報告は終わりました。報告に対する質疑を許します。

     (「ありません」の声あり)



○議長(村上道明君) 質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。通告がありますので発言を許します。6番佐々木志津江君。

     〔6番 佐々木志津江君登壇〕



◆6番(佐々木志津江君) ただいま議題となりました議案のうち、議案第59号平成18年度常滑市一般会計補正予算(第3号)及び議案第74号愛知県後期高齢者医療広域連合の設置について、この2件について反対の立場から討論をいたします。

 まず最初に、議案第74号についてから申し上げます。

 ことし6月の国会で独立し、2008年4月から発足する後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者を現在加入している国民健康保険や組合健保などから切り離し、高齢者だけを被保険者とする制度であります。この制度は、ただでさえ住民税増税、介護保険料値上げなどで重い負担を強いている高齢者に一層の負担をもたらし、かつ医療から遠ざけることになる制度であり、幾つかの問題点があります。

 第1の問題は保険料であります。後期高齢者一人一人に対して保険料が徴収されることになり、8割以上の方が介護保険と同様に年金天引き方式で徴収され、保険料はモデル試算として1カ月平均6,200円にも上るとされております。保険料を滞納すれば短期保険証、資格証明書が発行され、そうなれば、お金がないために医療を受けることができない高齢者が多数生まれることになりかねません。

 第2は診療報酬の問題です。この制度では診療報酬体系を他世代とは別立にして、75歳を過ぎた高齢者には積極的な治療はやめて医療給付をできるだけ抑えようとするものです。診療報酬を引き下げなければ高齢者の診療は収入が少なくなるため、医療機関が高齢者を敬遠するという事態が起こりかねません。

 こうした重大な問題をはらんだ制度について、高齢者の命と健康を脅かすものであるという立場から反対するものであります。

 また、この後期高齢者医療の運営を広域連合で行うということでありますが、広域連合議会議員は知多地域5市5町でわずか3名という少なさであります。これでは地域の、特に高齢者の生活実態の把握や、高齢者の意見の反映がきちんとできるのか、大いに心配されます。各種申請や届出などの窓口業務は、それぞれの自治体で行うので住民の意見や要望は、広域連合に伝えられ、それが反映させることができると言われますが、これまでと違ったワンクッションを置かなければならず、住民から遠のく仕組みになっていると言わざるを得ません。

 このように後期高齢者医療広域連合設置に反対する立場から、議案第59号のうち3款民生費1項社会福祉総務費の愛知県後期高齢者医療広域連合設立準備委員会負担金は認めることはできません。

 以上、反対討論といたします。

     〔降壇〕



○議長(村上道明君) 以上で通告による討論は終わりましたので、討論を終結いたします。

 これより順次採決を行います。

 まず、議案第59号について採決を行います。本案について各委員長の報告は可決であります。よって、各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立多数と認めます。よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第60号から議案第68号までの9件について一括採決を行います。本案9件について各委員長の報告は可決であります。よって、各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立全員と認めます。よって、議案第60号から議案第68号までの9件については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号及び議案第70号の2件について一括採決を行います。本案2件は原案を可とするに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立全員と認めます。よって、議案第69号及び議案第70号の2件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第71号から議案第73号までの3件について一括採決を行います。本案3件について各委員長の報告は可決であります。よって、各委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立全員と認めます。よって、議案第71号から議案第73号までの3件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第74号について採決を行います。本案について委員長の報告は可決であります。よって、委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立多数と認めます。よって、議案第74号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第75号から議案第78号までの4件について一括採決を行います。本案4件は原案を可とするに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立全員と認めます。よって、議案第75号から議案第78号までの4件については原案のとおり可決されました。

 次に、議案第79号から議案第81号までの3件について一括採決を行います。本案3件について委員長の報告は可決であります。よって、委員長の報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村上道明君) 起立全員と認めます。よって、議案第79号から議案第81号までの3件は原案のとおり可決されました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第8号及び報告第9号の一括上程、報告、質疑



○議長(村上道明君) 日程第24、「報告第8号」及び日程第25、「報告第9号専決処分の報告について」の2件を一括議題といたします。

 本件2件に関しての報告を求めます。総務部長。

     〔総務部長 吉田範磨君登壇〕



◎総務部長(吉田範磨君) ただいま一括議題となりました報告第8号専決処分の報告について及び報告第9号専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 初めに、報告第8号専決処分の報告については、消防自動車による市職員の交通事故に対します損害賠償額を示談により決定することにつきまして、地方自治法第180条第1項及び市長の専決事項の指定に基づき専決処分をさせていただきましたのでご報告申し上げるものでございます。

 専決処分書をご覧いただきたいと存じます。

 事故の概要は、平成18年10月30日、午後2時40分ごろ、常滑市栄町2丁目125番地先道路上において、市消防職員が作業現場へ向かう途中、消防自動車を右折しようとして曲がり切れなかったため後退したところ、普通乗用車と接触し、相手方の右後方ドアを破損させる物損事故を起こしたものでございます。

 専決処分の日は平成18年12月5日で、損害賠償の額は13万876円、損害賠償の相手方は記載のとおりでございます。

 過失割合は市が90%、相手方が10%でございます。

 損害賠償額につきましては、全額全国市有物件災害共済会の保険金を充て処理するものでございます。

 次に、報告第9号専決処分の報告について、公用車による市職員の交通事故に対します損害賠償額を示談により決定することにつきまして、専決処分をさせていただきましたのでご報告を申し上げるものでございます。

 専決処分書をご覧いただきたいと存じます。

 事故の概要は、平成18年9月13日、午後5時45分ごろ、常滑市樽水町2丁目128番地先道路上において、運転業務終了後、職員が運転する公用車と自転車が後方を確認せず急に右折したために接触し転倒したことにより自転車後部を破損させる物損事故を起こしたものでございます。

 専決処分の日は平成18年12月5日で、損害賠償の額は6万6,148円、損害賠償の相手方は記載のとおりでございます。

 過失割合は市が80%、相手方が20%でございます。

 なお、損害賠償額につきましては、全額自動車損害賠償責任保険及び全国市有物件災害共済会の保険金を充て処理するものでございます。

 職員の交通安全、事故防止には日ごろから取組み指導をしているところでございますが、このような事故を起こしまして大変申しわけございませんでした。今後、一層徹底して交通安全の指導に努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上、よろしくご了承賜りますようお願い申し上げ、報告とさせていただきます。



○議長(村上道明君) 報告は終わりました。

 これより一括質疑を許します。佐々木志津江君。



◆6番(佐々木志津江君) 報告第8号のことについてお伺いをするんですが、事故の概要を見てみますと、常滑市が100%過失割合としては100%のように感じるんですが、思われるんですが、これによりますと相手方が10%過失があったということなんですが、どのようなことだったんでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(村上道明君) 総務部長。



◎総務部長(吉田範磨君) 交通事故と申しますのは、基本的にとまっているものにぶつかっていった場合には100%ということもあろうかと思いますけれども、お互い双方の車が動いておったという状況で、一定部分、例えばクラクションを鳴らすだとかというような危険回避するような措置をとるというようなこともございますので、そういう意味で双方の車が動いておったということで、相手方の車に対しても10%部分の過失があったということで判断をしているものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(村上道明君) ほかにありませんか。

     (「ありません」の声あり)



○議長(村上道明君) 質疑を終結いたします。

 報告第8号及び報告第9号の2件は、以上報告のとおりでありますので、よろしく了承を願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣について



○議長(村上道明君) 日程第26、「議員派遣について」を議題といたします。

 本件につきましては、お手元に配付のとおり地方自治法第100条第12項及び会議規則第119条第1項の規定により議員を派遣したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(村上道明君) ご異議なしと認めます。よって、本件については議員を派遣することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(村上道明君) 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしましたので、会議を閉じることにいたしたいと思います

 閉会に当たりまして、市長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。市長。

     〔市長 石橋誠晃君登壇〕



◎市長(石橋誠晃君) 議長さんのお許しをいただきまして、閉会に当たりまして慎んでごあいさつを申し上げます。

 去る12月6日から本日までの15日間の長きにわたりまして、市議会定例会の開催をいただきまして、また市長からご提案を申し上げました案件、閉会中、特に継続審査になっておりました各会計の決算認定につきまして、いずれも慎重にご審議をいただき、原案どおりご可決を賜りまして、まことにありがとうございました。

 執行に当たりましては、ご決定いただきました議員の皆さんからの貴重なご意見等を十分に尊重させていただき、適正な行政運営に努めてまいります。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げますとともに、いよいよ年末年始を迎えるわけであります。ご多忙とは存じますが、健康には十分留意をされまして、いい年を市民とともに迎えられますよう心からお祈りを申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

     〔降壇〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(村上道明君) これをもちまして、平成18年第4回常滑市議会定例会を閉会いたします。

             午前10時02分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

  平成18年  月  日

                    議長  村上道明

                    議員  中村 勤

                    議員  土田和男

                    議員  八木祥信