議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成19年 9月定例会(第1日 9月 4日)




平成19年 9月定例会(第1日 9月 4日)





 
平成19年 9月定例会





 平成19年9月





              定 例 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第1号 9月4日(火曜日)





──────────────────────────────────────────


                   開 会 式


                午前10時00分 開式





○事務局長(番家敏夫君) おはようございます。ただいまより、9月定例市議会の開会式を行います。ご起立ください。


  〔全員起立〕








○事務局長(番家敏夫君) 議長あいさつ。


  〔議長 宮地君登壇〕








○議長(宮地繁誠君) おはようございます。


 本日、9月定例市議会が招集されましたところ、議員各位には、定刻、ご参集をいただきまして、まことにありがとうございます。


 本定例会に付議されております議案は、第48号議案から第59号議案までの12案件でございます。中には「平成18年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について」等、重要案件が含まれております。


 どうぞ慎重審議の上、適切なるご決定をいただきますようよろしくお願いを申し上げて、開会のあいさつとかえさせていただきます。








○事務局長(番家敏夫君) 市長あいさつ。


  〔市長 田中君登壇〕








○市長(田中志典君) 開会に当たりまして、私からも一言ごあいさつを申し上げます。


 本日ここに、9月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には、ご参集を賜り、まことにありがとうございました。


 今回の定例市議会でご審議をいただく案件は、「政治倫理の確立のための犬山市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について」を初め、「平成19年度一般会計補正予算」、「平成18年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について」など、12議案であります。


 いずれも重要な案件でありますので、慎重審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げます。


 甚だ簡単ではございますが、開会のごあいさつといたします。








○事務局長(番家敏夫君) 以上で開会式を終わります。ご着席ください。


  〔全員着席〕


                午前10時06分 閉式


           ********************


〇議事日程 第1号 平成19年9月4日午前10時開議


 第1 会議録署名議員の指名


 第2 会期の決定


 第3 諸般の報告


 第4 議員派遣について


 第5 第48号議案から第59号議案まで


    (議案上程説明)


           ********************


〇本日の会議に付した案件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 議員派遣について


 日程第5 第48号議案 政治倫理の確立のための犬山市長の資産等の公開に関する条例の一


            部改正について


      第49号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一


            部改正について


      第50号議案 犬山市火災予防条例の一部改正について


      第51号議案 道路管理瑕疵による事故の和解及び損害賠償の額を定めることにつ


            いて


      第52号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


      第53号議案 平成19年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


      第54号議案 平成19年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)


      第55号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


      第56号議案 平成19年度犬山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


      第57号議案 平成19年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)


      第58号議案 平成18年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について


      第59号議案 平成18年度犬山市水道事業会計の決算の認定について


           ********************


〇出席議員(22名)


   1番  小 林 敏 彦 君       12番  高 間 信 雄 君


   2番  山 本   誠 君       13番  福 冨   勉 君


   3番  後 藤 幸 夫 君       14番  熊 澤 宏 信 君


   4番  宮 地 繁 誠 君       15番  岡     覚 君


   5番  柴 山 一 生 君       16番  水 野 正 光 君


   6番  中 村 貴 文 君       17番  上 村 良 一 君


   7番  山 田 拓 郎 君       18番  三 浦 知 里 君


   8番  吉 田 鋭 夫 君       19番  矢 幡 秀 則 君


   9番  大 沢 秀 教 君       20番  小 池 昭 夫 君


   10番  稲 垣 民 夫 君       21番  ビアンキ アンソニー 君


   11番  堀 江 正 栄 君       22番  久 世 高 裕 君


           ********************


〇欠席議員(なし)


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    番 家 敏 夫 君      次長      高 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      統括主査    宮 島 照 美 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 市長      田 中 志 典 君      副市長     長谷川   勲 君


 教育長     瀬見井   久 君      市長公室長   山 澄 俊 明 君


 総務部長    服 部 良 弘 君      出納室長兼会計課長


                                岩 田 敏 己 君


 健康福祉部長  小 川 正 美 君      都市整備部長  河 村 敬 治 君


 経済環境部長  兼 松 幸 男 君      水道部長    牧 野 一 夫 君


 学校教育部長  長谷川 隆 司 君      生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君


 消防長     松 田 一 雄 君      秘書広報課長  宮 島 敏 明 君


 企画政策課長  酒 井 美 彦 君      総務課長    大 鹿 俊 雄 君


 監査事務局長  野木森 鉱 二 君      代表監査委員  谷 津 義 雄 君


           ********************


                 午前10時06分 開議








○議長(宮地繁誠君) ただいまの出席議員は、22名でございます。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして、会議を進めます。


           ********************








△日程第1 会議録署名議員の指名








○議長(宮地繁誠君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、3番 後藤幸夫議員、19番 矢 幡秀則議員、2名を指名いたします。


           ********************








△日程第2 会期の決定








○議長(宮地繁誠君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。9月定例市議会の会期は、お手元へ配付いたしました会期日程案のとおり、本日から21日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。











           平成19年9月定例市議会 会期日程(案)


 会期:18日間(9月4日(火)〜21日(金))


┌─────┬─────┬────┬──────┬───────────────┐


│ 日 次 │ 月  日 │曜  日│ 開議時刻 │   摘       要   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第1日 │ 9. 4│  火  │ 午前10時 │〇開 会           │


│     │     │    │      │〇会議録署名議員の指名    │


│     │     │    │      │〇会期の決定 〇諸般の報告  │


│     │     │    │      │〇議案上程説明        │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第2日 │    5│  水  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第3日 │    6│  木  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第4日 │    7│  金  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第5日 │    8│  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第6日 │    9│  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第7日 │   10│  月  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第8日 │   11│  火  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第9日 │   12│  水  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第10日 │   13│  木  │ 午前10時 │〇再  開  〇議案質疑   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第11日 │   14│  金  │ 午前10時 │〇再  開  〇議案質疑   │


│     │     │    │      │〇委員会付託         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第12日 │   15│  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第13日 │   16│  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第14日 │   17│  月  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第15日 │   18│  火  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第16日 │   19│  水  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第17日 │   20│  木  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第18日 │   21│  金  │ 午後1時 │〇再  開  〇委員長報告  │


│     │     │    │      │〇同報告に対する質疑     │


│     │     │    │      │〇討  論  〇採  決   │


│     │     │    │      │〇閉  会          │


└─────┴─────┴────┴──────┴───────────────┘


   〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、会期は18日間と決定いたしました。


           ********************








△日程第3 諸般の報告








○議長(宮地繁誠君) 日程第3、この際、諸般の報告をいたします。


 第83回全国市長会議長会定期総会及び第129回産業経済委員会に私、議長がそれぞれ出席をいたしましたので、そのてんまつを各位の議席へ配付をいたしました。


 なお、議案は各位のお手元へ配付をいたしました。


 以上で諸般の報告を終わります。


           ********************








△日程第4 議員派遣について








○議長(宮地繁誠君) 日程第4、議員派遣について議題といたします。


 お手元へ配付のとおり、立山町との友好親善を深めるため、私ほか11名の議員を立山町へ派遣、また第69回全国都市問題会議及び第2回全国市議会議長会研究フォーラムへ正副議長として私及びビアンキ・アンソニー議員をそれぞれ派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


           ********************








△日程第5 第48号議案から第59号議案まで








○議長(宮地繁誠君) 日程第5、第48号議案から第59号議案までを議題といたします。


 お諮りいたします。第48号議案から第59号議案までを一括議題とすることにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 第48号議案から第59号議案までを一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案者から提案理由の説明を求めましてご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 提案理由の説明を求めます。


 長谷川副市長。


  〔副市長 長谷川君登壇〕








○副市長(長谷川勲君) おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、私から議案の説明をさせていただきます。


 第48号議案 政治倫理の確立のための犬山市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律等の施行に伴い、条例中の字句の整理等を行うため、条例の一部を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 第2条第1項第4号は、通常郵便貯金が預金に含まれる位置づけとされることに伴い、字句の改正を行うものです。


 また、同項第5号及び第6号は、証券取引法等の一部を改正する法律により金銭信託が有価証券に含まれる位置づけとされることに伴い、号の削除を行うとともに、証券取引法の題名が金融商品取引法に改正されることに伴う字句の整理を行うものです。


 2ページにお戻りください。


 附則といたしまして、第2条第1項第4号の改正規定は、平成19年10月1日から、それ以外の改正規定は証券取引法等の一部を改正する法律の施行の日から施行するものです。


 第49号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一部改正についてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、子育て支援の一環として、子ども未来園や私立保育園に入園している3歳未満の第3子の保育料を無料とするため、条例の一部を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 子ども未来園や私立の保育園に入園している児童の保護者が18歳未満の児童を3人以上養育している場合で、児童の年齢が高い方から数えて3人目以降の3歳未満児が保育園に入園しているときは、当該3歳未満児に係る保育料を無料とするものでございます。


 2ページにお戻りください。


 附則といたしまして、この条例は平成19年10月1日から施行するものです。


 第50号議案 犬山市火災予防条例の一部改正についてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、建築基準法施行令の改正に伴い、条例中に引用している条名を改正するため、条例の一部を改正するものです。


 改正内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 第29条の4第1項第2号において建築基準法施行令中の避難施設等に係る条名が改正されたことに伴い、条例の引用部分を改正するものです。


 2ページにお戻りください。


 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものです。


 第51号議案 道路管理瑕疵による事故の和解及び損害賠償の額を定めることについてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、道路管理の瑕疵による事故について、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定により、被害者との和解及び損害賠償の額を定めることについて議決をお願いするものです。


 この事故は平成19年4月17日、午後2時に、市道楽田東70号線において発生いたしました。事故の状況は光明第2幼稚園のマイクロバスが対向車を避けるため側溝に車輪を載せたところ、コンクリートのふたがはね上がり、マイクロバスの車体を損傷したものです。側溝のコンクリートのふたがはね上がった原因は、側溝のふたを支えるU字溝が破損していたことによるものであり、被害者に過失がないため、市が損害額のすべてを賠償するものです。


 損害額は、マイクロバスの修理代及び代車費用として73万1,325円でございます。なお、全国市有物件災害共済会から道路賠償責任保険により損害賠償額全額が市に支払われます。


 第52号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に4億2,510万1,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を205億603万7,000円と定めるものです。


 第2条は、地方債を補正するものです。


 2ページをお開きください。


 第1表 歳入歳出予算補正の歳入から説明をいたします。


 9款地方特例交付金では、普通交付税の算定の結果、1項地方特例交付金で8,568万7,000円の減額と、2項特別交付金で4,154万9,000円の増額を合わせて4,413万8,000円を減額補正し、12款分担金及び負担金、2項負担金では、保育園運営費保護者負担金、保育料でございます、315万6,000円を減額補正し、15款県支出金では1,745万8,000円の増額補正を計上するものです。


 このうち、2項県補助金では、障害者支援に係る事業費補助金等の民生費補助金や単独土地改良事業費補助金などで1,665万8,000円を増額補正し、3項委託金では、命を大切にする心を育む教育推進事業委託金及び心をむすぶ学校づくり推進事業委託金として、合わせて80万円の増額補正を計上するものでございます。


 16款財産収入では、2項財産売払収入、1項不動産売払収入として、市有財産の払い下げによる不動産売却収入で37万5,000円を増額補正し、18款繰入金では1項特別会計繰入金で、介護保険特別会計繰入金として3,128万9,000円を増額補正し、19款繰越金では、平成18年度の出納整理期間が終了し、決算の見通しがつきましたので、決算見込み額の一部4億2,054万2,000円を増額補正し、20款諸収入、5項雑入では、道路賠償責任保険金で73万1,000円を増額補正し、21款市債では、普通交付税の算定時において臨時財政対策債の借り入れ額が確定したことに伴い、200万円の増額補正を計上するものでございます。


 続きまして、歳出をご説明いたします。


 なお、説明に際しましては、添付してあります事項別明細書のページを申し上げますので、よろしくお願いします。


 11ページをお開きください。


 2款総務費では1,742万6,000円の増額補正を計上いたしました。このうち、1項総務管理費、3目財産管理費では、本庁舎変圧器取替工事請負費として200万円を、13目交通防犯対策費では交通災害見舞金として33万円を、14目電子計算機管理費では、県支出金のうち、障害者自立支援のためのシステム開発委託料への財源更正を行い、2項徴税費では、3目徴収費として過誤納還付金・加算金及び配当割額・株式等譲渡割額還付金として、合わせまして1,509万6,000円を増額補正するものでございます。


 3款民生費では7,139万2,000円の増額補正を計上いたしました。このうち、1項社会福祉費、2目障害者福祉費では、障害者用に供する備品購入費と障害者自立支援のための補助金や扶助費を合わせて1,107万7,000円を、3目老人福祉費では介護保険特別会計への繰出金として133万1,000円を増額補正するものでございます。


 12ページをお開きください。


 5目福祉会館運営費では、オストメイト設備工事請負費として158万7,000円を増額補正し、2項児童福祉費、2目保育所費では、楽田子ども未来園の営繕工事に伴う設計監理委託料及び工事請負費として5,602万9,000円を、5目こすもす園運営費では、営繕工事請負費などで136万8,000円を増額補正するものでございます。


 4款衛生費では191万7,000円の増額補正を計上いたしました。このうち、1項保健衛生費、4目母子健康づくり推進費では、一般不妊治療費扶助料として150万円を増額補正し、2項清掃費、2目塵芥処理費では、ダイオキシン類の除去システムの変更に伴い、消耗品費として1,658万3,000円を減額補正し、また都市美化センターの大規模維持補修工事による炉の休止に伴い、可燃ごみを市外の各衛生組合などに依頼するための手数料として1,700万円を増額補正するものでございます。


 5款農林業費では、1項農業費、6目土地改良費で、犬山地区及び楽田地区の県営ほ場整備事業償還補助金の一括償還と農業集落排水事業特別会計繰出金を合わせまして3,341万3,000円の増額補正を計上いたしました。


 6款商工費では1,350万円の増額補正を計上いたしました。このうち、2項観光費、2目観光費では、犬山集中大規模観光宣伝協議会負担金として900万円を、7目国際観光センター費では各種修繕料として450万円を増額補正するものでございます。


 14ページをお開きください。


 7款土木費では、2億2,930万9,000円の増額補正を計上いたしました。このうち、1項土木管理費、1目土木総務費では、今回議案として提出しております自動車事故等賠償金として73万1,000円を、2項道路橋梁費、1目土木橋梁総務費では、道路側溝新設のための測量登記委託料として840万円を、2目道路維持費では、栗栖犬山線及び富岡荒井線の道路維持改修工事請負費などで3,800万円を、3目道路新設改良費では、新設市道の測量調査委託料として190万円を、3項河川費、4目用排水路維持費では、土地改良事業に県支出金がついたことに伴う組みかえを行うものでございます。


 4項都市計画費、3目街路事業費では、犬山富士線の物件調査委託料として708万6,000円を、犬山富士線道路改良工事請負費として1,000万円を、公有財産購入費として都市計画道路3路線の用地購入費1億5,616万円を、犬山富士線の物件移転補償金として183万2,000円を、4目公園管理費では光熱水費と設計委託料として、合わせて520万円を増額補正するものでございます。


 9款教育費では、5,814万4,000円の増額補正を計上いたしました。このうち、1項教育総務費、2目事務局費では、安全対策パトロール用マグネットシートのための消耗品費として94万5,000円を、また歳入でご説明いたしました県支出金に対する事業委託料として80万円を、2項小学校費、1目学校管理費では設計監理委託料及び工事請負費として、合わせて3,065万9,000円の増額補正をするものです。


 16ページをお開きください。


 3項中学校費、1目学校管理費では、小学校費と同様、設計監理委託料及び工事請負費として2,565万3,000円を、5項社会教育費、2目公民館費では、福祉会館同様、オストメイト設備工事請負費として120万9,000円を、5目図書館費では、玄関屋根修繕として147万8,000円を、6項保健体育費、2目屋内体育施設費では、各施設の工事請負費として220万円を増額補正し、3目屋外体育施設費では、山の田公園テニスコート改修工事の実施を翌年度とするため、480万円を減額補正するものでございます。


 なお、18ページには、地方債に関する調書を添付しておりますので、ご参集ください。


 第53号議案 平成19年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明をいたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に5,826万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を74億9,149万5,000円と定めるものです。


 2ページをお開きください。


 歳入では、9款繰越金で5,826万4,000円を増額補正するものです。


 歳出では、3款老人保健拠出金で891万6,000円を、9款諸支出金で4,934万8,000円を増額補正するものでございます。


 なお、諸支出金につきましては、昨年度に概算交付された国及び社会保険診療報酬支払基金からの補助金について超過交付分を精算するものでございます。


 なお、詳細につきましては、5ページ以降の事項別明細をご参照ください。


 第54号議案 平成19年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に150万円を増額し、歳入歳出予算の総額を1億6,572万5,000円と定めるものです。


 2ページをお開きください。


 歳入では、6款繰越金で150万円を増額補正するものです。


 歳出では、1款犬山城観光事業費、1項管理費で、犬山集中大規模観光宣伝協議会負担金として150万円を増額補正するものです。


 なお、詳細につきましては、5ページ以降の事項別明細書をご参照ください。


 第55号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に1億1,367万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を22億7,938万3,000円と定めるものです。


 2ページをお開きください。


 歳入では、6款繰越金で1億1,367万5,000円を増額補正するものです。


 歳出では、1款総務費、1項総務管理費で、下水道施設維持補修工事請負費などとして、6,219万円を、2款下水道建設費、1項下水道建設費で測量実施設計委託料及び物件移転補償金などとして5,148万5,000円を増額補正するものです。


 なお、詳細につきましては、5ページ以降の事項別明細書をご参照ください。


 第56号議案 平成19年度犬山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に684万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を7,180万8,000円と定めるものです。


 2ページをお開きください。


 歳入では、3款繰入金で550万円を、4款繰越金で134万9,000円を増額補正するものです。


 歳出では、1款総務費、1項総務管理費で修繕料として684万9,000円を増額補正するものです。


 なお、詳細につきましては5ページ以降の事項別明細書をご参照ください。


 第57号議案 平成19年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に1億6,286万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を34億7,626万8,000円と定めるものです。


 2ページをお開きください。


 歳入では、4款支払基金交付金で、平成18年度介護給付費交付金の追加交付として1,118万3,000円を、7款繰入金では133万1,000円を、8款繰越金で1億5,035万1,000円を増額補正するものです。


 歳出では、1款総務費、1項総務管理費でパート職員賃金として123万1,000円を、5款基金積立金で介護保険事業給付費基金に積み立てるため7,898万3,000円を、7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金で前年度の国庫負担金、県負担金、介護給付費交付金の精算分と第1号被保険者保険料還付金として5,136万2,000円を、2項繰出金では、一般会計への繰出金として3,128万9,000円の増額補正をするものです。


 なお、詳細につきましては、5ページ以降の事項別明細書をご参照ください。


 第58号議案 平成18年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてご説明いたします。


 平成18年度犬山市一般会計及び特別会計の決算につきましては、歳入歳出決算事項別明細書の501ページからの実質収支に関する調書で、会計別の歳入歳出決算の総額を申し上げまして、内容の説明にかえさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 最初に、一般会計の歳入歳出決算についてご説明いたします。


 503ページの上段をごらんください。


 歳入総額は212億1,450万5,485円で、歳出総額が190億1,429万2,690円ですので、歳入歳出差引額は22億21万2,795円となりますが、継続費逓次繰り越しとして4款衛生費、2項清掃費、都市美化センター大規模改修事業で742万7,100円、また繰越明許費繰り越しとして3事業ありますが、2款総務費、1項総務管理費、介護保険システム改修事業で128万円、同じく2款総務費、1項総務管理費、新庁舎建設用地取得事業で4億8,192万円、3款民生費、2項児童福祉費、母子生活支援施設大規模修繕事業で1,840万8,000円、継続費逓次繰り越しと繰越明許費繰り越しを合わせた5億903万5,100円は、翌年度へ繰り越すべき財源となりますので、実質収支は16億9,117万7,695円となりました。


 続きまして、特別会計の歳入歳出決算をご説明いたします。


 国民健康保険特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入総額は67億2,773万8,360円で、歳出総額が62億5,187万2,403円ですので、歳入歳出差引額の4億7,586万5,957円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 犬山城観光事業費特別会計の歳入歳出決算です。


 504ページの上段をごらんください。


 歳入総額は1億2,999万7,139円で、歳出総額が1億679万3,336円ですので、歳入歳出差引額の2,320万3,803円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 木曽川うかい事業費特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入総額は5,354万3,489円で、歳出総額が4,915万4,054円ですので、歳入歳出差引額の438万9,435円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 岡部育英事業特別会計の歳入歳出決算です。


 505ページの上段をごらんください。


 歳入総額は9万8,029円で、歳出は予算執行がありませんでしたので、歳入歳出差引額につきましては、そのまま9万8,029円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 相馬育英事業特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入総額は26万1,163円で、歳出総額が10万円ですので、歳入歳出差引額の16万1,163円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 土地取得特別会計の歳入歳出決算です。


 506ページの上段をごらんください。


 歳入歳出総額は、同額の1億533万7,750円ですので、歳入歳出差引額はゼロ円となりました。


 老人保健特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入歳出総額は同額の55億9,655万9,959円ですので、歳入歳出差引額はゼロ円となりました。


 公共下水道事業特別会計の歳入歳出決算です。


 507ページの上段をごらんください。


 歳入総額は23億3,650万8,691円で、歳出総額が21億9,249万2,477円ですので、歳入歳出差引額の1億4,401万6,214円が翌年度への繰り越しとなりました。


 教育振興事業特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入総額は5,338円で、歳出は予算執行がありませんので、歳入歳出差引額につきましては、そのままの5,338円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 農業集落排水事業特別会計の歳入歳出決算です。


 508ページの上段をごらんください。


 歳入総額は7,246万8,262円で、歳出総額が6,511万9,175円ですので、歳入歳出差引額の734万9,087円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 最後に、介護保険特別会計の歳入歳出決算です。


 同ページの下段をごらんください。


 歳入総額は30億2,097万186円で、歳出総額が28億4,683万6,286円ですので、歳入歳出差引額の1億7,413万3,900円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 以上、平成18年度の一般会計並びに各特別会計の収入済額及び支出済額の総額と、歳入歳出差引額について申し上げました。


 なお、決算書のほかに、事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書、決算に係る主要施策の成果報告書等が添付してあります。


 また、監査委員の決算審査意見書も添付しておりますので、ご参照ください。


 第59号議案 平成18年度犬山市水道事業会計の決算の認定についてご説明いたします。


 最初に、決算の概要を申し上げます。


 4ページ、5ページをお開きください。


 収益的収入及び支出におきまして、収入の、第1款水道事業収益の決算額は、11億8,252万1,888円。


 支出の第1款水道事業費用の決算額は、11億1,810万652円となりました。


 8ページをお開きください。


 水道事業損益計算書におきまして、純利益は下から3行目にありますように、5,763万5,565円となりました。


 10ページをお開きください。


 水道事業剰余金処分計算書におきまして、当年度未処分利益剰余8,340万3,748円につきましては、利益剰余金処分額として減債積立金に428万1,482円を、利益積立金に724万6,000円をそれぞれ充当し、残額の7,187万6,266円につきましては、翌年度繰越利益剰余金とさせていただきました。


 6ページにお戻りください。


 資本的収入及び支出におきまして、収入の第1款資本的収入の決算額は1億5,228万4,345円で、支出の第1款資本的支出の決算額は3億4,960万3,469円となりました。


 欄外に記載しましたとおり、資本的収入が資本的支出に対して不足する額1億9,731万9,124円につきましては、過年度分損益勘定留保資金1億6,367万5,569円、減債積立金2,713万5,370円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額650万8,185円で補てんをいたしました。


 以上が、平成18年度犬山市水道事業会計の決算の概要で、11ページ、12ページには貸借対照表を、13ページ以降には、決算附属書類が添付してあります。


 また、監査委員の決算審査意見書も添付しておりますので、ご参照いただきますようお願いいたします。


 以上で議案の説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。


           ********************








○議長(宮地繁誠君) 提案理由の説明は終わりました。


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 明5日から9日までは議案精読のため休会とし、10日午前10時から本会議を再開いたしまして、一般質問を行います。


 本日は、これをもって散会いたします。


 ご苦労さまでした。


                 午前10時34分 散会