議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成19年 6月定例会(第6日 6月15日)




平成19年 6月定例会(第6日 6月15日)





 
平成19年 6月定例会





 平成19年6月





              定 例 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第6号 6月15日(金曜日)





──────────────────────────────────────────





〇議事日程 第6号 平成19年6月15日午後1時開議


  第1 第41号議案から第47号議案まで


     (委員長報告、同報告に対する質疑、討論、採決)


  第2 閉会中継続調査の申し出について


  第3 犬山市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について


           ********************


〇本日の会議に付した案件


  日程第1 第41号議案 犬山市税条例の一部改正について


       第42号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の


             一部改正について


       第43号議案 犬山市障害者扶助料支給条例の一部改正について


       第44号議案 犬山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


       第45号議案 犬山市公平委員会委員の選任について


       第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)


       第47号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


  日程第2 閉会中継続調査の申し出について


  日程第3 犬山市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について


  追加日程 意見書案第1号 トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書


           ********************


〇出席議員(22名)


   1番  小 林 敏 彦 君       12番  高 間 信 雄 君


   2番  山 本   誠 君       13番  福 冨   勉 君


   3番  後 藤 幸 夫 君       14番  熊 澤 宏 信 君


   4番  宮 地 繁 誠 君       15番  岡     覚 君


   5番  柴 山 一 生 君       16番  水 野 正 光 君


   6番  中 村 貴 文 君       17番  上 村 良 一 君


   7番  山 田 拓 郎 君       18番  三 浦 知 里 君


   8番  吉 田 鋭 夫 君       19番  矢 幡 秀 則 君


   9番  大 沢 秀 教 君       20番  小 池 昭 夫 君


   10番  稲 垣 民 夫 君       21番  ビアンキ アンソニー 君


   11番  堀 江 正 栄 君       22番  久 世 高 裕 君


           ********************


〇欠席議員(なし)


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    番 家 敏 夫 君      次長      高 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      書記      兼 松 幸 枝 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 市長      田 中 志 典 君      副市長     長谷川   勲 君


 教育長     瀬見井   久 君      市長公室長   山 澄 俊 明 君


 総務部長    服 部 良 弘 君      出納室長兼会計課長


                                岩 田 敏 己 君


 健康福祉部長  小 川 正 美 君      都市整備部長  河 村 敬 治 君


 経済環境部長  兼 松 幸 男 君      水道部長    牧 野 一 夫 君


 学校教育部長  長谷川 隆 司 君      生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君


 消防長     松 田 一 雄 君      秘書広報課長  宮 島 敏 明 君


 企画政策課長  酒 井 美 彦 君      総務課長    大 鹿 俊 雄 君


           ********************


                 午後1時00分 開議





○議長(宮地繁誠君) ただいまの出席議員は、22名でございます。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして、会議を進めます。


           ********************








△日程第1 第41号議案から第47号議案まで








○議長(宮地繁誠君) 日程第1、第41号議案から第47号議案までを一括議題といたします。


 各常任委員長から委員会の審査結果報告を求めます。


 最初に、堀江総務委員長。


  〔総務委員長 堀江君登壇〕








○総務委員長(堀江正栄君) 総務委員会の堀江でございます。総務委員会の審査結果を報告させていただきます。皆さんのお手元に配付してある報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、総務委員会審査結果報告書朗読。








○議長(宮地繁誠君) 総務委員長の報告は終わりました。


 続いて、水野民生文教委員長。


  〔民生文教委員長 水野君登壇〕








○民生文教委員長(水野正光君) 民生文教委員会から審査結果の報告をさせていただきます。お手元に配付しました結果告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、民生文教委員会審査結果報告書朗読。








○議長(宮地繁誠君) 民生文教委員長の報告は終わりました。


 続いて、山本建設経済委員長。


  〔建設経済委員長 山本君登壇〕








○建設経済委員長(山本誠君) 2番 山本 誠でございます。私からは、建設経済委員会より審査結果の報告をいたします。既にお手元に配付の報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、建設経済委員会審査結果報告書朗読。








○議長(宮地繁誠君) 建設経済委員長の報告は終わりました。


           ********************


               総務委員会審査結果報告書


                                平成19年6月15日


  犬山市議会議長


   宮 地 繁 誠 殿


                                 総務委員長


                                  堀 江 正 栄





   日  時   平成19年6月13日 午前10時00分から


                   午前10時57分まで


   場  所   市役所 第3会議室


   出席委員   7名(全員)


   付託議案


    第41号議案 犬山市税条例の一部改正について


    第44号議案 犬山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


    第45号議案 犬山市公平委員会委員の選任について


    第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 総務委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち16目新庁舎建設費を


                   除く)


                8款 消防費


           第2条の第2表 地方債の補正





 6月12日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第41号議案、第44号議案及び第46号議案については、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決、第45号議案については、全員一致をもって原案のとおり同意すべきものとそれぞれ決しましたので報告いたします。


           ********************








              民生文教委員会審査結果報告書


                                平成19年6月15日


  犬山市議会議長


   宮 地 繁 誠 殿


                                 民生文教委員長


                                  水 野 正 光





   日  時   平成19年6月13日 午前10時00分から


                   午前11時37分まで


   場  所   市役所 第1会議室


   出席委員   7名(全員)


   付託議案


    第42号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一部改


          正について


    第43号議案 犬山市障害者扶助料支給条例の一部改正について


    第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)


          第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


           歳 入 民生文教委員会の所管に属する歳入


           歳 出 3款 民生費


               4款 衛生費


               9款 教育費





 6月12日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第42号議案、第43号議案及び第46号議案については、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものとそれぞれ決しましたので報告いたします。


           ********************


              建設経済委員会審査結果報告書


                                平成19年6月15日


  犬山市議会議長


   宮 地 繁 誠 殿


                                 建設経済委員長


                                  山 本   誠





   日  時   平成19年6月13日 午前10時00分から


                   午前11時19分まで


   場  所   市役所 委員会室


   出席委員   8名(全員)


   付託議案


    第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 建設経済委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち16目新庁舎建設費)


                6款 商工費


                7款 土木費


    第47号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)





 6月12日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第46号議案については、全員一致(1名退席)をもって原案のとおり可決、第47号議案については、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものとそれぞれ決しましたので報告いたします。


           ********************








○議長(宮地繁誠君) 以上で各常任委員長の報告は終わりました。


 これより、各委員長報告に対する質疑を行います。


 ご発言を求めます。


  〔「なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 最初に、16番 水野議員。


  〔16番 水野君登壇〕








○16番(水野正光君) 16番 水野正光でございます。私は第41号議案、犬山市税条例改正の一部改正について、反対の立場で討論をさせていただきます。


 本議案は、四つの主な改正点がありますが、その中で、上場株式等の譲渡益にかかわる税率を住民税では5%を3%に軽減する適用期間を1年延長するというものです。こうした証券優遇税制の延長に対しては、庶民には大増税し、資産家や大企業への減税を継続するのは、逆立ち税制だとの批判が広まっております。上場株の売却益の課税は、もともと26%であったものが2003年に20%に下げられた上、2007年までの5年間の特例措置として20%を10%に減税され、そのうち住民税は5%を3%としたものであります。


 これはアメリカ、イギリス、フランスなど、主要各国と比較しても、際立って低いものであります。その結果、マネーゲームの温床や、ごく少数の富裕層に巨額の恩恵をもたらしました。2005年のデータでは、7人の長者で200億円の減税となっています。もともとこの減税措置は株式市場が低迷した2003年に株式市場の活性化と不良債権の正常化を理由に2007年まで5年間の時限措置として導入されました。


 当時の株価は確かに9,000円を割り込んでいましたが、今は1万7,000円台に回復していますし、不良債権も多額の税金を投入され、今、不良債権も言われなくなりました。財務大臣の言う市場の混乱の回避という1年延長の理由は全く成り立ちません。政府の税制調査会も昨年の12月の答申で廃止を明らかにしました。ところが、日本経団連は、昨年、平成19年度税制改正に関する提言で、この軽減措置を1年延長と減価償却制度の見直しを主張し、自民・公明の与党税制調査会の税制改正大綱で1年延長を決めたものであります。


 くしくも、この1年延長の減税額約1兆円と、減価償却制度の見直しによる減税額約7,000億円と合わせると、定率減税の全廃によるサラリーマン増税約1兆7,000億円に匹敵することになります。このように庶民の家計には一貫して負担を押しつけ、その一方で富裕層や大企業を優先するという逆立ち税制は、さらに貧困と格差を拡大することは明らかであります。我々庶民はこのような理不尽な税制を延長することは認めるわけにいきません。


 以上、反対の討論とさせていただきます。議員各位の賛同をよろしくお願いします。ありがとうございました。








○議長(宮地繁誠君) 続いて、20番 小池議員。


  〔20番 小池君登壇〕








○20番(小池昭夫君) 20番の小池昭夫でございます。私は犬山市税条例の一部改正にかかわる賛成討論をさせていただきたいと思います。


 第41号議案、犬山市税条例の一部改正について、この議案は国の法律改正に伴って、所要の条例整備を行うものであります。今回の税制改正は、最近の社会情勢などをかんがみ、主なものとして1点目、上場株式等の譲渡益にかかる軽減税率の適用期限の1年延長、2点目として住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の特例措置の創設、3点目として、鉄軌道用地の評価方法の見直し、4点目として、市たばこ税の改正などを行うものであります。


 そのうち、特に1点目の上場株式等の譲渡益にかかる軽減税率の適用期限の1年延長につきましては、平成16年度から講じられてきたものでありますが、上場株式等を譲渡した場合のその譲渡益にかかる税率を本来の20%から10%に軽減するものであります。その適用期限を平成20年までとしていたものを21年度まで1年延長するものであります。


 この制度は、導入された当時は株式市場も大変冷え込み、日本経済全体が不況にあえいでいる時期でありました。その中で、さまざまな不況対策が講じられたわけでありますが、その一つとして、株式市場へのてこ入れの意味を込めて行ったものであります。


 最近では、それらの効果もあって、株価も安定し、導入の目的はおおむね達成されたものではないかとされておりますが、一方、軽減税率の恩恵を主に受けているのは、高額所得者層であり、また富裕層であるほど株式等の保有割合は高まる傾向にあるとの指摘もあり、金持ち優遇税制との意見もあるが、貯蓄から投資へという政府の政策目標を受けた具体的な施策の最たるものがこの軽減措置であることはご案内のとおりであります。


 また、中堅所得者層においても、株式等を保有する世帯の割合は上昇しており、一概に金持ち優遇との指摘は当たらないのではないかと思うのであります。これらに加えて、軽減措置を打ち切った場合には、株式市場に変動要因を与えることになり、株価の下落を招き、ひいては景気の減速を招くおそれになることであります。こうした議論を重ねた中で、最終的に適用期限を1年延長することとなったのであります。


 また、定率減税は平成11年当時の著しく停滞している経済活動の回復に対する景気対策として、小渕内閣により当分の間の特例措置として実施されたものであります。


 最近では、行財政改革の効果もあって、経済も安定し、景気も回復しており、この制度導入の目的は達成されたものとして、平成18年度で半分に縮減、平成19年度に廃止と段階的に進められたものであります。このような背景による国の税制改正に伴って、市税条例の改正をするのであります。


 第41号議案、犬山市税条例の一部改正については、議員各位のご賛同を賜りますことをお願いいたしまして、賛成の討論といたします。ありがとうございました。








○議長(宮地繁誠君) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これをもって、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 最初に、第41号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(宮地繁誠君) 起立多数、ご着席ください。よって、第41号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第42号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、第42号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第43号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、第43号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第44号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、第44号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第45号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は同意であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(宮地繁誠君) 起立全員、ご着席ください。よって、第45号議案は原案のとおり同意されました。


 次に、第46号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、第46号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第47号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、第47号議案は原案のとおり可決されました。


           ********************








△日程第2 閉会中継続調査の申し出について








○議長(宮地繁誠君) 日程第2、お手元へ配付いたしましたとおり、総務委員長、民生文教委員長、建設経済委員長及び議会運営委員長から閉会中継続調査の申し出がありました。


 お諮りいたします。本件は、各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおりそれぞれ決しました。


           ********************








△日程第3 犬山市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について








○議長(宮地繁誠君) 日程第3、犬山市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙についての件を議題といたします。


 お手元に配付いたしましたとおり、選挙管理委員会委員長から選挙管理委員会委員4名、同補充員4名を選挙されたい旨の通知がありました。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推せんにより行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推せんによることに決しました。


 続いてお諮りをいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 それでは、指名をさせていただきます。


 犬山市選挙管理委員会委員には、伊藤 洵、土屋正之、尾関幸夫、大嵜瑠璃の各氏を指名いたします。


 次に、同補充員ですが、補充員には順序がありますので、順位順に申し上げます。


 1番 羽澄直樹、2番 宮田淳子、3番 後藤 明、4番 奥村京子の各氏を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました犬山市選挙管理委員会委員には、伊藤 洵、土屋正之、尾関幸夫、大嵜瑠璃の各氏を、同補充員には、1番 羽澄直樹、2番 宮田淳子、3番 後藤 明、4番 奥村京子の各氏を当選人と定めることにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました各氏が犬山市選挙管理委員会委員及び同補充員に当選されました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後1時23分 休憩











                  再     開


                 午後1時33分 開議








○議長(宮地繁誠君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


           ********************


 諸般の報告








○議長(宮地繁誠君) この際、諸般の報告をいたします。


 ただいま意見書案が1件提出されましたので、これを各位の議席へ配付いたしました。


 以上で諸般の報告を終わります。


 お諮りいたします。この際、意見書案第1号を直ちに本日の日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


           ********************








△追加日程 意見書案第1号








○議長(宮地繁誠君) 意見書案第1号を議題といたします。


 意見書案第1号について、提出者から提案理由の説明を求めます。


 10番 稲垣議員。


  〔10番 稲垣君登壇〕








○10番(稲垣民夫君) 10番 稲垣民夫でございます。意見書案の提案理由の説明を、賛同していただいております議員の了解をいただきましたので、私の方から説明をさせていただきます。


 それでは、お手元の意見書案の第1号を朗読いたします。


 別紙、意見書案第1号朗読。


           ********************


  意見書案第1号


          トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書


 地方自治法第99条の規定により関係行政庁に対し、別紙のとおり意見書を提出するものとする。


  平成19年6月15日





                       提出者


                        犬山市議会議員  稲 垣 民 夫





                       賛成者


                        犬山市議会議員  堀 江 正 栄


                        犬山市議会議員  熊 澤 宏 信


                        犬山市議会議員  水 野 正 光


                        犬山市議会議員  上 村 良 一


                        犬山市議会議員  小 池 昭 夫





        トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書(案)





 国民が豊かで健康な社会生活を営む上で、安定した就業の場と安全で健康的な職場環境が求められており、極めて重要です。


 じん肺は、最古にして現在もなお最大の被災者を出し続けている不治の職業病といわれ、炭鉱や金属鉱山、造船等の職場にて多発し、特にトンネル建設工事業においては、未だに社会問題になっている状況にあります。


 こうした中、全国11地裁において審理が進められてきたトンネルじん肺根絶訴訟の中で、東京地裁・熊本地裁・仙台地裁において、いずれも「国の規制権限行使義務」の不行使を違法とする司法判断が示されました。


 トンネルじん肺は、そのほとんどが公共工事によって発生した職業病であることなどから、早急に解決を図るべき重要な問題です。


 よって、政府においては、東京・熊本・仙台・徳島・松山の五地裁判決を真摯に受け止め、これ以上訴訟に及ばず、また、発注者および施行者に対する適切な指導を行うとともに、次の事項を含めたトンネルじん肺の抜本的な対策を早急に講じられるよう強く要求します。











                     記





 1.トンネル建設工事において、定期的な粉じん測定、及び測定結果の評価を義務付けること。


 2.トンネル建設工事において、坑内労働者が粉じんに、曝露される時間を短縮・規制すること。


 3.公共工事によって発生するトンネルじん肺被害者の早期救済を図るため、「トンネルじん肺補償基金制度」を早急に創設すること。





 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。








                                  平成19年6月 日





  提 出 先


    衆議院議長


    参議院議長


    内閣総理大臣


    総務大臣


    厚生労働大臣


    経済産業大臣


    農林水産大臣


    法務大臣


    国土交通大臣


    防衛大臣


    内閣官房長官  あて





                           愛知県犬山市議会


                              議長  宮 地 繁 誠


           ********************


 以上でございます。皆様のご賛同をいただきますよう、よろしくお願いいたします。








○議長(宮地繁誠君) 意見書案第1号の説明は終わりました。


 お諮りいたします。意見書案第1号につきましては、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 これより意見書案の採決を行います。


 意見書案第1号については、原案のとおり、これを決することにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、意見書案第1号については、原案のとおり可決されました。


           ********************








○議長(宮地繁誠君) 以上で6月定例会に付議されました案件は全部議了いたしました。


 これをもって議会を閉じます。


                 午後1時40分 閉議


           ********************


                午後1時40分 閉会式








○事務局長(番家敏夫君) ただいまより6月定例市議会の閉会式を行います。


 ご起立ください。


  〔全員起立〕








○事務局長(番家敏夫君) 議長あいさつ。


  〔議長 宮地君登壇〕








○議長(宮地繁誠君) 6月定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今定例会に提案されました議案の審議につきましては、それぞれ熱心にご審議を賜り、本日ここに適切なる決定をいただき、まことにありがとうございました。


 当局におかれましては、議員各位からいただいた貴重なご意見を今後の市政運営に生かし、ますますご尽力くださることを心からご期待申し上げます。


 さて、間もなく本格的な厳しい夏を迎えようとしております。議員各位には、くれぐれも健康に留意をされ、本市発展のため、なお一層のご活躍をいただきますよう、心からお願いを申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。








○事務局長(番家敏夫君) 市長あいさつ。


  〔市長 田中君登壇〕








○市長(田中志典君) 私からも一言ごあいさつを申し上げたいと思います。


 このたびの6月定例市議会に提案いたしました各議案につきましては、議員の皆様方におかれまして、熱心にご審議いただきましたが、各議案は、すべて議決をいただき、ここに今定例会を終了することができました。心よりお礼を申し上げたいと思います。


 議決をいただきました各議案につきましては、適正な執行に努めてまいりますとともに、ご要望やご指摘を賜りました各事項につきましても、今後、慎重に検討し、市政運営に生かしてまいりたいと思います。


 さて、選挙後初めての定例市議会でありましたが、初当選されました4名の議員を含め、13名の皆さんから一般質問がありました。市民の声を代弁する質問や、これまでの議員活動の中で培ってこられた思いを披露した質問、独自の切り口でフレッシュさを感じた質問など、選挙直後ならではの議会であったと感じておりますが、今後も議員各位のお考えを承りながら、皆さんとともに議論を交わし、犬山市発展のために力を尽くしてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。


 なお、昨日、この地方も梅雨に入ったとの発表がありましたが、これからうっとうしい梅雨、そして暑い夏を迎えます。私は体調の管理には十分努めながら、市政運営に全力を尽くしてまいりたいと考えております。


 議員の皆さんにおかれましても、健康に十分留意され、市政発展のためにご尽力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 これをもちまして、閉会のことばといたします。


 ありがとうございました。








○事務局長(番家敏夫君) 以上で閉会式を終わります。


                 午後1時44分 閉式


           ********************











  本議会の顛末を記載し、相違ないことを証するため、ここに署名する。








  平成  年  月  日











        議  長











        署名議員











        署名議員








             本会議に提出された事件及び審議結果


┌───────┬────────────────┬─────┬─────┬─────┐


│  議案番号  │    件      名     │提出年月日│ 審議結果 │議決年月日│


├───────┼────────────────┼─────┼─────┼─────┤


│第41号議案  │犬山市税条例の一部改正について │平19. 6. 1│原案可決 │平19. 6.15│


│第42号議案  │犬山市保育の実施に係る保育料及び│  〃  │  〃  │  〃  │


│       │利用料の徴収に関する条例の一部改│     │     │     │


│       │正について           │     │     │     │


│第43号議案  │犬山市障害者扶助料支給条例の一部│  〃  │  〃  │  〃  │


│       │改正について          │     │     │     │


│第44号議案  │犬山市消防団員等公務災害補償条例│  〃  │  〃  │  〃  │


│       │の一部改正について       │     │     │     │


│第45号議案  │犬山市公平委員会委員の選任につい│  〃  │原案同意 │  〃  │


│       │て               │     │     │     │


│第46号議案  │平成19年度犬山市一般会計補正予算│  〃  │原案可決 │  〃  │


│       │(第1号)           │     │     │     │


│第47号議案  │平成19年度犬山市公共下水道事業特│  〃  │  〃  │  〃  │


│       │別会計補正予算(第1号)    │     │     │     │


│報告第1号  │平成18年度犬山市一般会計予算継続│  〃  │  −  │  −  │


│       │費繰越計算書について      │     │     │     │


│報告第2号  │平成18年度犬山市一般会計予算繰越│  〃  │  −  │  −  │


│       │明許費繰越計算書について    │     │     │     │


│報告第3号  │平成18年度犬山市土地開発公社決算│  〃  │  −  │  −  │


│       │について            │     │     │     │


│報告第4号  │平成19年度犬山市土地開発公社事業│  〃  │  −  │  −  │


│       │計画、予算等について      │     │     │     │


│陳情第3号  │住民の暮らしを守り、公共サービス│平19. 6.12│拝  聴 │  −  │


│       │の充実、格差の是正、働くルールの│     │     │     │


│       │確立、平和な世界の実現などを求め│     │     │  −  │


│       │る陳情書            │     │     │     │


│陳情第4号  │日豪EPT/FTA交渉に対する陳│  〃  │承りました│  −  │


│       │情書              │     │     │     │


│陳情第5号  │トンネルじん肺根絶の抜本的な対策│  〃  │採  択 │  −  │


│       │を求める意見書の提出について  │     │     │     │


│意見書案第1号 │トンネルじん肺根絶の抜本的な対策│平19. 6.15│原案可決 │平19. 6.15│


│       │を求める意見書         │     │     │     │


└───────┴────────────────┴─────┴─────┴─────┘