議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成19年 6月定例会(第1日 6月 1日)




平成19年 6月定例会(第1日 6月 1日)





 
平成19年 6月定例会





 平成19年6月





              定 例 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第1号 6月1日(金曜日)





──────────────────────────────────────────


                   開 会 式


                 午前10時00分 開式





○事務局長(番家敏夫君) おはようございます。ただいまより、6月定例市議会の開会式を行います。ご起立をお願いいたします。


  〔全員起立〕








○事務局長(番家敏夫君) 議長あいさつ。


  〔議長 宮地君登壇〕








○議長(宮地繁誠君) おはようございます。6月定例市議会が招集されましたところ、議員各位には、定刻、全員ご参集を賜りまして、まことにありがとうございました。


 本議会に提案されます議案は、「第41号議案 犬山市税条例の一部改正について」ほか、全部で11案件でございます。いずれも重要な案件でございますので、慎重にご審議をいただき、適切なるご決定をいただきたいと思います。


 また、今議会では、13名の議員から一般質問の通告が出ております。これまた犬山市政伸展のために十分なご議論をいただき、また本議会が円滑に進められますように、ご協力をお願いを申し上げまして、簡単ですが、開会のことばといたします。どうもご苦労さまです。








○事務局長(番家敏夫君) 市長あいさつ。


  〔市長 田中君登壇〕








○市長(田中志典君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 本日ここに、6月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、定刻どおり、ご参集を賜り、まことにありがとうございました。


 私が先月の臨時議会に出席できませんでしたので、議員の皆様とお目にかかるのが初めてかと存じますが、改めて皆様方のご当選をお祝い申し上げたいと思います。


 さて、今回の定例市議会でご審議いただく案件は、「犬山市税条例の一部改正について」を初めとする7議案と、報告4件の、合わせて11件であります。よろしくご審議の上、適切なご議決を賜りますようお願い申し上げます。


 なお、私事でありますが、去る4月12日に急病で入院し、1カ月余りの間、市長の職務を長谷川副市長にゆだね、体調回復に専念をさせていただきました。おかげをもちまして、きょうから通常の執務体制で職務復帰を果たすことができました。この間、議員各位を初め、市民の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたこと、心よりおわび申し上げます。今後は、体調管理に万全を期しながら、7万5,000人の市民の皆様の信託にこたえて、誇れるまち犬山の建設に邁進してまいりたいと考えておりますので、ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。議会の開会という、公式の場をおかりして、大変恐縮に存じますが、皆様方に感謝の気持ちを申し上げさせていただきたいと思います。ありがとうございました。


 以上、簡単でございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。








○事務局長(番家敏夫君) 以上で開会式を終わります。ご着席ください。


  〔全員着席〕


                 午前10時04分 閉式


           ********************


〇議事日程 第1号 平成19年6月1日午前10時開議


  第1 会議録署名議員の指名


  第2 会期の決定


  第3 諸般の報告


  第4 第41号議案から第47号議案まで及び報告第1号から報告第4号まで


     (議案上程説明)


           ********************


〇本日の会議に付した案件


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 諸般の報告


  日程第4 第41号議案 犬山市税条例の一部改正について


       第42号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の


             一部改正について


       第43号議案 犬山市障害者扶助料支給条例の一部改正について


       第44号議案 犬山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


       第45号議案 犬山市公平委員会委員の選任について


       第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)


       第47号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


       報告第1号 平成18年度犬山市一般会計予算継続費繰越計算書について


       報告第2号 平成18年度犬山市一般会計予算繰越明許費繰越計算書について


       報告第3号 平成18年度犬山市土地開発公社決算について


       報告第4号 平成19年度犬山市土地開発公社事業計画、予算等について


           ********************


〇出席議員(22名)


   1番  小 林 敏 彦 君       12番  高 間 信 雄 君


   2番  山 本   誠 君       13番  福 冨   勉 君


   3番  後 藤 幸 夫 君       14番  熊 澤 宏 信 君


   4番  宮 地 繁 誠 君       15番  岡     覚 君


   5番  柴 山 一 生 君       16番  水 野 正 光 君


   6番  中 村 貴 文 君       17番  上 村 良 一 君


   7番  山 田 拓 郎 君       18番  三 浦 知 里 君


   8番  吉 田 鋭 夫 君       19番  矢 幡 秀 則 君


   9番  大 沢 秀 教 君       20番  小 池 昭 夫 君


   10番  稲 垣 民 夫 君       21番  ビアンキ アンソニー 君


   11番  堀 江 正 栄 君       22番  久 世 高 裕 君


           ********************


〇欠席議員(なし)


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    番 家 敏 夫 君      次長      高 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      統括主査    宮 島 照 美 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 市長      田 中 志 典 君      副市長     長谷川   勲 君


 教育長     瀬見井   久 君      総務部長    服 部 良 弘 君


 出納室長兼会計課長              健康福祉部長  小 川 正 美 君


         岩 田 敏 己 君


 都市整備部長  河 村 敬 治 君      経済環境部長  兼 松 幸 男 君


 水道部長    牧 野 一 夫 君      学校教育部長  長谷川 隆 司 君


 生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君      消防長     松 田 一 雄 君


 秘書広報課長  宮 島 敏 明 君      企画政策課長  酒 井 美 彦 君


 総務課長    大 鹿 俊 雄 君


           ********************


                 午前10時04分 開議








○議長(宮地繁誠君) ただいまの出席議員は、22名でございます。


 なお、当局において山澄市長公室長が公務のため欠席をいたしております。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして、会議を進めます。


           ********************








△日程第1 会議録署名議員の指名








○議長(宮地繁誠君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、2番 山本 誠議員、20番 小池昭夫議員を指名いたします。


           ********************








△日程第2 会期の決定








○議長(宮地繁誠君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。6月定例市議会の会期は、お手元へ配付いたしました会期日程案のとおり、本日から15日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。








           平成19年6月定例市議会 会期日程(案)


 会期:15日間(6月1日(金)〜15日(金))


┌─────┬─────┬────┬──────┬───────────────┐


│ 日 次 │ 月  日 │曜  日│ 開議時刻 │   摘       要   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第1日 │ 6. 1│  金  │ 午前10時 │〇開 会           │


│     │     │    │      │〇会議録署名議員の指名    │


│     │     │    │      │〇会期の決定 〇諸般の報告  │


│     │     │    │      │〇議案上程説明        │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第2日 │    2│  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第3日 │    3│  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第4日 │    4│  月  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第5日 │    5│  火  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第6日 │    6│  水  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第7日 │    7│  木  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第8日 │    8│  金  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第9日 │    9│  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第10日 │   10│  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第11日 │   11│  月  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第12日 │   12│  火  │ 午前10時 │〇再  開  〇議案質疑   │


│     │     │    │      │〇委員会付託         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第13日 │   13│  水  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第14日 │   14│  木  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第15日 │   15│  金  │ 午後1時 │〇再  開  〇委員長報告  │


│     │     │    │      │〇同報告に対する質疑     │


│     │     │    │      │〇討  論  〇採  決   │


│     │     │    │      │〇閉  会          │


└─────┴─────┴────┴──────┴───────────────┘


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認めます。よって、会期は15日間と決定いたしました。


           ********************








△日程第3 諸般の報告








○議長(宮地繁誠君) 日程第3、この際、諸般の報告をいたします。


 監査委員から監査結果報告がありましたので、これを各議員の議席へ配付いたしました。


 以上で諸般の報告を終わります。


           ********************








△日程第4 第41号議案から第47号議案まで及び報告第1号から報告第4号まで








○議長(宮地繁誠君) 日程第4、第41号議案から第47号議案まで及び報告第1号から報告第4号までを議題といたします。


 お諮りいたします。第41号議案から第47号議案まで及び報告第1号から報告第4号までを一括議題とすることにご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決定いたしました。


 第41号議案から第47号議案まで及び報告第1号から報告第4号までを一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案者から提案理由の説明を求めましてご異議ありませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(宮地繁誠君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 提案理由の説明を求めます。


 長谷川副市長。


  〔副市長 長谷川君登壇〕








○副市長(長谷川勲君) おはようございます。私から議案の説明をさせていただきます。


 第41号議案 犬山市税条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、地方税法の改正に伴い、市税に関わる根拠規定を改めるため、市税条例の一部を改正するものでございます。


 今回の主な改正点は4点ほどになります。新旧対照表により、個別にご説明申し上げます。関連部分をまとめますので、条文が前後いたしますが、よろしくお願いいたします。


 12ページをお開きください。


 まず1点目の市民税関係のご説明を申し上げます。


 附則第18条の3の3に規定する上場株式等を譲渡した場合の譲渡所得の税率につきまして、本来、所得税と住民税を合わせて20%の税率を10%に軽減しておりますが、その適用期限を1年延長するものであります。


 次に、2点目の固定資産税関係のご説明を申し上げます。


 10ページにお戻りください。


 附則第10条の2に規定する住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の特例措置の創設につきましては、第7項を新設し、高齢者や障害者等が居住する既存住宅について、一定のバリアフリー改修工事をした場合、翌年度の固定資産税の3分の1を減額する制度を創設するものであります。


 3点目の鉄軌道用地の評価方法の見直しにつきましては、附則第11条の3の規定を新設し、鉄道施設と、百貨店や店舗等の商業施設として複合的に利用されている延べ床面積250?以上の鉄道駅構内施設の評価方法について、新たに複合利用鉄軌道用地という区分を設け、評価の見直しを行うものであります。


 11ページをお開きください。


 4点目の市たばこ税の改正につきましては、定率減税の廃止に伴い、特例税率として、附則第16条の2第1項で規定していたものを、本則の条文で規定することとしたものであります。


 5ページにお戻りください。


 附則としまして、第1条第1項で、この条例中、第1条の規定は公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用するものとし、関係法令の改正に伴うものにつきましては、ただし書きで施行日を定めるものであります。


 第2項としまして、この条例中、第2条の規定は施行日を平成19年10月1日と定めるものであります。第2条は市民税、6ページの第3条は固定資産税、第4条は都市計画税と、それぞれ施行に伴う経過措置を定めたものであります。


 続きまして、第42号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、保育の実施に係る保育料の徴収基準を改めるため、条例の一部を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 所得税法の改正による定率減税の縮小により、保育料が増額となる世帯が想定されるため、別表第1の各月初日の入園児童の属する世帯の階層区分の欄の第4階層から第7階層の所得税の額の区分を改めるものであります。


 2ページにお戻りください。


 附則といたしまして、この条例は平成19年7月1日から施行するものでございます。


 第43号議案 犬山市障害者扶助料支給条例の一部改正についてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、障害者自立支援法の施行等に伴い、引用している法令及び条項の整理等並びに居住地特例の対象施設を新たに追加するため、条例を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明します。


 3ページをお開きください。


 第2条第5号において、愛知県の福祉医療費支給事業等事務取扱要領の改正により、自閉症状群と診断する医師は精神科医であったものが、自閉症の診療経験を有する医師に改正されたことに伴い、条例中の字句の改正を行うものでございます。


 第9条第2号において、居住地特例の対象である施設が身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法の規定から削除され、新たに障害者自立支援法第38条で指定障害者支援施設として規定されました。これらの施行に伴い、引用法令及び条項の改正を行うものでございます。


 第9条第6号及び第7号において、障害者手帳の居住地特例対象施設の拡大に伴い、新たに居住地特例の対象施設として第6号で介護保険法に規定する指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設及び指定介護療養型医療施設を第7号で老人福祉法に規定する養護老人ホームを規定するものでございます。


 2ページにお戻りください。


 附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用するものでございます。


 続きまして、第44号議案 犬山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、犬山市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 第5条第3項の扶養親族の補償基礎額に係る部分におきまして、3人目以降は1人につき167円であったものを、1人につき一律200円と改めるものでございます。


 2ページにお戻りください。


 附則としまして、第1項でこの条例は公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用するものでございます。


 第2項は経過措置を定めたものであります。


 第45号議案 犬山市公平委員会委員の選任についてご説明いたします。


 この案を提出しますのは、犬山市公平委員会委員であります林  進氏の任期が平成19年7月4日をもって満了しますので、後任者を選任するに当たり、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。


 後任者としまして、引き続き、住所 犬山市大字犬山字南別祖107番地、氏名 林  進、昭和15年2月26日生まれを選任するものでございます。


 なお、経歴書を添付しておりますのでご参照ください。


 第46号議案 平成19年度犬山市一般会計補正予算(第1号)についてご説明します。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に、3億1,115万8,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を200億8,093万6,000円と定めるものであります。


 第2条は地方債を補正するものであります。


 2ページをお開きください。


 第1表 歳入歳出予算補正の歳入からご説明します。


 14款国庫支出金では、3歳未満の児童手当が一律5,000円から1万円に拡充されたことに伴う児童手当負担金や建築物の耐震診断に対する補助金などで7,033万4,000円を増額補正し、15款県支出金では国庫支出金と同様、児童手当の拡充に伴う県負担分や教育推進事業の委託金などで1,152万9,000円を増額補正、16款財産収入では庁舎建設に関連した用地の売り払いとして1億2,811万円を増額補正、19款繰越金では平成18年度の決算見込み額の一部、7,456万1,000円を増額補正、20款諸収入5項雑入では、自治総合センターコミュニティ助成金や自治体国際協力促進事業助成金などで372万4,000円を増額補正し、21款市債では耐震補強を含んだ五郎丸子ども未来園の大規模改修に2,290万円の増額補正を計上するものであります。


 続きまして、歳出をご説明します。なお、説明に際しましては、添付してあります事項別明細書のページ数を申し上げます。


 まず、11ページをお開きください。


 2款総務費では、1億4,417万9,000円の増額補正を計上しました。このうち、1項総務管理費、2目財政管理費で、歳入でご説明しました財産収入の金額を基金に積み立てるため、庁舎建設基金積立金として1億2,811万円を、9目企画費で羽黒地区コミュニティの事業助成金として150万円を、自治総合センターからの全額助成を得て交付するものであります。


 16目新庁舎建設費では、延べ床面積の見直しに伴う増加分として実施設計業務委託料1,290万3,000円を増額補正するものです。


 3款民生費では、1億3,310万6,000円の増額補正を計上しました。このうち、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費では、児童手当として8,105万5,000円を、2目保育所費では歳入でご説明しました五郎丸子ども未来園の大規模改修に係る費用や保育園等耐震診断委託料などで4,403万3,000円を増額補正するものです。


 12ページをお開きください。


 4目児童館運営費では、楽田児童センターの手洗い場改修工事として200万円を増額補正するものです。


 4款衛生費では、1項保健衛生費で妊婦の健康診査の回数がふえたことによる手数料として9万3,000円を増額補正するものでございます。


 6款商工費では、2項観光費で国際協力促進事業委託料として285万円を増額補正するものです。


 7款土木費では、4項都市計画費で公共下水道事業に係る測量実施設計に要する費用を特別会計繰出金として2,000万円を増額補正するものです。


 8款消防費では、1項消防費で消防団員退職報償金及び消防団員等公務災害補償等共済基金退職報償負担金として、合わせて62万円を増額補正するものです。


 9款教育費では1,031万円の増額補正を計上しました。このうち、1項教育総務費では、理科副教本の印刷製本費及びその作成委託料などで841万円を増額補正するものでございます。


 14ページをお開きください。


 5項社会教育費では、南部公民館の修繕料として100万円を、6項保健体育費では駅伝大会委託料など、90万円を増額補正するものでございます。


 なお、15ページには地方債に関する調書を添付しておりますのでご参照ください。


 続きまして、第47号議案 平成19年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に2,000万円を増額し、予算の総額を21億6,570万8,000円とするものであります。


 2ページをお開きください。


 歳入では、5款繰入金で2,000万円を増額補正するものです。


 歳出では、2款下水道建設費で測量実施設計委託料として2,000万円を増額補正するものです。


 なお、詳細につきましては、5ページからの事項別明細書をご参照ください。


 報告第1号 平成18年度犬山市一般会計予算継続費繰越計算書についてご説明いたします。


 この計算書は、継続費の年割額に係る歳出予算のうち、その年度内に支出を終わらなかったものは、継続年度の終わりまで逓次繰り越しして、使用できるよう、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき、報告するものであります。


 2ページをお開きください。


 報告しますのは、4款衛生費、2項清掃費におきまして、都市美化センター大規模補修事業で2,922万7,100円を平成19年度へ逓次繰越額とするものです。内訳は、繰越金が742万7,100円、地方債が2,180万円であります。


 報告第2号 平成18年度犬山市一般会計予算繰越明許費繰越計算書についてご説明します。


 この計算書は、2月定例市議会におきまして承認をいただきました翌年度に繰り越して使用する歳出予算について、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、報告するものであります。


 2ページをお開きください。


 報告いたしますのは三つの事業であります。2款総務費、1項総務管理費におきまして、介護保険システム改修事業で、介護保険システムの改修費用として230万円を、同じく2款総務費、1項総務管理費におきまして、新庁舎建設検討事業で、新庁舎建設に係る用地取得分であります4億8,192万円を、3款民生費、2項児童福祉費におきまして母子生活支援施設大規模改修事業で、平成18年度末に編成された国の補正予算対応の事業であることから、3,421万8,000円をそれぞれ平成19年度に繰り越したものであります。


 報告第3号及び報告第4号は、いずれも地方自治法第243条の3第2項に基づき、犬山市土地開発公社の経営状況を説明する書類を提出するものであります。


 最初に、報告第3号 平成18年度犬山市土地開発公社決算についてご説明いたします。


 3ページをお開きください。


 平成18年度事業として取得した土地は、羽黒地内富岡荒井線用地として34.66平方メートル、犬山富士線用地として2,256.97平方メートルの合計2,291.63平方メートルであります。


 一方、処分した土地は、楽田地内富岡荒井線用地870.98平方メートル、市街地再開発用地218.20平方メートル及び犬山富士線用地3,281.86平方メートルの合計4,371.04平方メートルであります。


 事業の決算内容につきましては、9ページ以降に決算報告書、損益計算書、収益費用明細書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、剰余金計算書及び財産目録を、23ページには土地開発公社監事の決算監査意見書もあわせて添付しておりますのでご参照ください。


 報告第4号 平成19年度犬山市土地開発公社事業計画、予算等についてご説明いたします。


 2ページをお開きください。


 土地の取得につきましては、羽黒地内富岡荒井線用地等市道に係る用地の取得6件と、公拡法等による用地取得としまして、3ページの表の最下段にありますように、合計取得面積は2万3,936.18平方メートル、事業費として23億6,192万円を計上しました。


 次に、土地の処分につきましては、4ページの表にありますように、楽田地内富岡荒井線用地等の9件の合計で、処分面積は1万708.29平方メートル、処分額は13億4,765万3,000円、処分先は犬山市及び犬山市等とするものであります。


 5ページ、6ページをお開きください。


 平成19年度犬山市土地開発公社予算についてご説明します。


 第2条 業務の予定量につきましては、先ほどご説明いたしました事業計画のとおりでございます。


 第3条 収益的収入及び支出におきまして、収入では第1款事業収益で、第1項公有地取得事業収益として13億4,765万3,000円を計上し、第2款事業外収益として、第1項受取利息と第2項雑収益を合わせて27万円とするものであります。


 支出では、第1款事業原価で第1項公有地取得事業原価として、13億4,765万3,000円を計上し、第2款販売費及び一般管理費は27万円とするものであります。


 第4条 資本的収入及び支出におきまして、収入では第1款第1項長期借入金として、金融機関からの借入金24億3,277万8,000円を計上し、支出では第1款第1項公有地取得事業費として、長期借入金と同額の24億3,277万8,000円と、第2項償還金13億4,081万2,000円の、合わせて37億7,359万円とするものであります。


 なお、資本的収入が資本的支出に対して不足する額の13億4,081万2,000円につきましては、当年度分損益勘定留保資金で補てんするものであります。


 第5条 長期借入金では、借り入れの限度額を24億3,277万8,000円とするものであります。


 なお、詳細につきましては、7ページからの予算実施計画、資金計画、予定損益計算書及び予定貸借対照表をご参照ください。


 以上で説明を終わります。








○議長(宮地繁誠君) 提案理由の説明は終わりました。


           ********************








○議長(宮地繁誠君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 明2日から6日までは議案精読のため休会とし、来週7日午前10時から本会議を再開いたしまして、一般質問を行います。


 本日は、これをもって散会いたします。


                 午前10時27分 散会