議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成18年 9月定例会(第7日 9月20日)




平成18年 9月定例会(第7日 9月20日)





 
平成18年 9月定例会





 平成18年9月





              定 例 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第7号 9月20日(水曜日)





──────────────────────────────────────────





〇議事日程 第7号 平成18年9月20日午後1時開議


  第1 第67号議案から第87号議案まで


     (委員長報告、同報告に対する質疑、討論、採決)


  第2 平成18年請願第6号及び請願第10号


  第3 閉会中継続審査の申し出について


           ********************


〇本日の会議に付した案件


  日程第1 第67号議案 犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定について


       第68号議案 犬山市手数料条例の一部改正について


       第69号議案 犬山市保育園における保育の実施に関する条例の一部改正につい


             て


       第70号議案 犬山市保育園設置条例の一部改正について


       第71号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の


             一部改正について


       第72号議案 犬山市乳幼児医療費支給条例の一部改正について


       第73号議案 犬山市国民健康保険条例の一部改正について


       第74号議案 犬山市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部


             改正について


       第75号議案 犬山市下水道条例の一部改正について


       第76号議案 犬山市水道事業給水条例の一部改正について


       第77号議案 犬山市消防本部及び消防署設置条例等の一部改正について


       第78号議案 犬山市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正


             について


       第79号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


       第80号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


       第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


       第82号議案 平成18年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


       第83号議案 平成18年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)


       第84号議案 平成18年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


       第85号議案 平成18年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)


       第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について


       第87号議案 平成17年度犬山市水道事業会計の決算の認定について


  追加日程 第81号議案に対する修正案


  日程第2 請願第6号 第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小に関する請願書


       請願第10号 新庁舎建設地の市民アンケート調査を求める請願書


  日程第3 閉会中継続審査の申し出について


  追加日程 意見書案第3号 第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小を求める意見書


           ********************


〇出席議員(25名)


   1番  宮 島   一 君       14番  大 島 金 次 君


   2番  高 間 信 雄 君       15番  原   欣 伸 君


   3番  山 本   誠 君       16番  ビアンキ アンソニー 君


   4番  住 野 龍之介 君       17番  小 池 昭 夫 君


   5番  水 野 正 光 君       18番  大 脇 伸 孔 君


   6番  東 海 孝 年 君       19番  岡     覚 君


   7番  上 村 良 一 君       20番  山 下 一 枝 君


   8番  三 浦 知 里 君       21番  前 田 幸 雄 君


   9番  稲 垣 民 夫 君       22番  福 冨   勉 君


   10番  宮 地 繁 誠 君       23番  熊 澤 宏 信 君


   10番  宮 地 繁 誠 君       23番  熊 澤 宏 信 君


   11番  松 浦 英 幸 君       24番  本 多 克 郎 君


   12番  山 田 拓 郎 君       25番  堀 江 正 栄 君


   13番  川 村 佳代子 君


           ********************


〇欠席議員(なし)


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    長谷川   勲 君      次長      高 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      統括主査    中 田 妙 子 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 市長      石 田 芳 弘 君      助役      渡 邊 昭 美 君


 教育長     瀬見井   久 君      市長公室長   山 澄 俊 明 君


 総務部長    服 部 良 弘 君      民生部長    小 川 正 美 君


 環境部長    大 澤 繁 昌 君      都市整備部長  金 武 幹 男 君


 産業経済部長  番 家 敏 夫 君      学校教育部長  長谷川 隆 司 君


 生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君      水道部長    牧 野 一 夫 君


 消防長     松 田 一 雄 君      代表監査委員  谷 津 義 雄 君


 秘書広報課長  宮 島 敏 明 君      企画調整課長  酒 井 美 彦 君


 総務課長    大 鹿 俊 雄 君      監査事務局長  野木森 鉱 二 君


           ********************


                 午前10時00分 開議





○議長(大脇伸孔君) ただいまの出席議員は、25名でございます。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして会議を進めます。


           ********************








△日程第1 第67号議案から第87号議案まで








○議長(大脇伸孔君) 日程第1、第67号議案から第87号議案までを一括議題といたします。


 各常任委員長から委員会の審査結果報告を求めます。


 最初に、高間総務委員長。


  〔総務委員長 高間君登壇〕








○総務委員長(高間信雄君) 2番 高間信雄でございます。総務委員会の審査結果を報告させていただきます。既に配付されてます報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、総務委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 総務委員長の報告は終わりました。


 続いて、本多民生文教委員長。


  〔民生文教委員長 本多君登壇〕








○民生文教委員長(本多克郎君) 24番 本多克郎でございます。議長の指名により、民生文教委員会の報告をさせていただきます。既に配付の審査結果報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、民生文教委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 民生文教委員長の報告は終わりました。


 続いて、上村経済環境委員長。


  〔経済環境委員長 上村君登壇〕








○経済環境委員長(上村良一君) 経済環境委員会から審査結果の報告をいたします。


 既にお手元に配付の審査結果報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、経済環境委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 経済環境委員長の報告は終わりました。


 続いて、川村建設水道委員長。


  〔建設水道委員長 川村君登壇〕








○建設水道委員長(川村佳代子君) 建設水道委員長の川村でございます。建設水道委員会審査結果の報告をさせていただきたいと思います。お手元に配付しました報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、建設水道委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 建設水道委員長の報告は、終わりました。


           ********************


               総務委員会審査結果報告書


                                平成18年9月20日


                                 総務委員長


                                  高 間 信 雄





   日  時   平成18年9月14日 午前10時00分から


                   午後3時15分まで


          平成18年9月15日 午前10時00分から


                   午前11時14分まで


   場  所   市役所 第3会議室


   出席委員   平成18年9月14日 6名(全員)


          平成18年9月15日 6名(全員)


   付託議案


    第77号議案 犬山市消防本部及び消防署設置条例等の一部改正について


    第78号議案 犬山市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正につい


          て


    第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 総務委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち2目財政管理費及び


                   16目新庁舎建設検討費並びに3項戸籍住民基本台帳


                   費を除く)


                8款 消防費


           第2条の第2表 継続費補正


           第3条の第3表 債務負担行為補正


           第4条の第4表 地方債補正


    第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてのうち


           平成17年度犬山市一般会計中


            歳 入 総務委員会の所管に属する歳入


            歳 出 1款 議会費


                2款 総務費(1項総務管理費のうち6目災害対策費、11


                   目自然保護費、13目交通防犯対策費、15目犬山駅西


                   再整備費、16目新庁舎建設検討費及び17目新しいま


                   ちづくり事業費並びに3項戸籍住民基本台帳費並び


                   に5項統計調査費のうち2目人口動態調査費、3目


                   人口動向調査費及び5目教育統計費を除く)


                8款 消防費


                11款 公債費


                12款 諸支出金


                13款 予備費


            並びに特別会計中


           平成17年度犬山市土地取得特別会計





 9月13日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第77号議案、第78号議案及び第81号議案については、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決、第86号議案については、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものとそれぞれ決しましたので、報告いたします。


           ********************


              民生文教委員会審査結果報告書


                                平成18年9月20日


                                 民生文教委員長


                                  本 多 克 郎





   日  時   平成18年9月14日 午前10時00分から


                   午後4時02分まで


          平成18年9月15日 午前10時00分から


                   午後3時32分まで


   場  所   市役所 第1会議室


   出席委員   平成18年9月14日 6名(1名欠席)


          平成18年9月15日 6名(1名欠席)


   付託議案


    第67号議案 犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定について


    第68号議案 犬山市手数料条例の一部改正について


    第69号議案 犬山市保育園における保育の実施に関する条例の一部改正について


    第70号議案 犬山市保育園設置条例の一部改正について


    第71号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一部改


          正について


    第72号議案 犬山市乳幼児医療費支給条例の一部改正について


    第73号議案 犬山市国民健康保険条例の一部改正について


    第79号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


    第80号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


    第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 民生文教委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(3項戸籍住民基本台帳費)


                3款 民生費


                9款 教育費


    第82号議案 平成18年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


    第85号議案 平成18年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)


    第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてのうち


           平成17年度犬山市一般会計中


            歳 入 民生文教委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(3項戸籍住民基本台帳費並びに5項統計調


                   査費のうち2目人口動態調査費、3目人口動向調査


                   費及び5目教育統計費)


                3款 民生費


                4款 衛生費(1項保健衛生費のうち1目保健衛生総務費


                   中28節繰出金、7目環境保全費及び8目霊きゅう車


                   管理費並びに2項清掃費を除く)


                9款 教育費


            並びに特別会計中


           平成17年度犬山市国民健康保険特別会計


           平成17年度犬山市岡部育英事業特別会計


           平成17年度犬山市相馬育英事業特別会計


           平成17年度犬山市老人保健特別会計


           平成17年度犬山市教育振興事業特別会計


           平成17年度犬山市介護保険特別会計





 9月13日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第67号議案及び第69号議案から第73号議案まで、並びに第82号議案、第85号議案については、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決、第79号議案及び第80号議案については全員一致をもって原案のとおり同意、第68号議案及び第81号議案については賛成多数をもって原案のとおり可決、第86号議案については賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものとそれぞれ決しましたので、報告いたします。


           ********************


              経済環境委員会審査結果報告書


                                平成18年9月20日


                                 経済環境委員長


                                  上 村 良 一





   日  時   平成18年9月14日 午前10時00分から


                   午後3時45分まで


          平成18年9月15日 午前10時00分から


                   午後2時38分まで


   場  所   市役所 第2会議室


   出席委員   平成18年9月14日 6名(全員)


          平成18年9月15日 6名(全員)


   付託議案


    第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 経済環境委員会の所管に関する歳入


            歳 出 4款 衛生費


                5款 農林業費


    第83号議案 平成18年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)


    第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてのうち


           平成17年度犬山市一般会計中


            歳 入 経済環境委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち6目災害対策費、


                   11目自然保護費及び13目交通防犯対策費)


                4款 衛生費(1項保健衛生費のうち7目環境保全費及び


                   8目霊きゅう車管理費並びに2項清掃費)


                5款 農林業費(1項農業費のうち6目土地改良費中28節


                   繰出金を除く)


                6款 商工費


            並びに特別会計中


           平成17年度犬山市犬山城観光事業費特別会計


           平成17年度犬山市木曽川うかい事業費特別会計





 9月13日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第81号議案及び第83号議案については全員一致をもって原案のとおり可決、第86号議案については賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものとそれぞれ決しましたので、報告いたします。


           ********************


              建設水道委員会審査結果報告書


                                平成18年9月20日


                                 建設水道委員長


                                  川 村 佳代子





   日  時   平成18年9月14日 午前10時00分から


                   午後3時33分まで


          平成18年9月15日 午前10時00分から


                   午後3時26分まで


   場  所   市役所 委員会室


   出席委員   平成18年9月14日 6名(全員)


          平成18年9月15日 6名(全員)


   付託議案


    第74号議案 犬山市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改正に


          ついて


    第75号議案 犬山市下水道条例の一部改正について


    第76号議案 犬山市水道事業給水条例の一部改正について


    第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


           第1条の第1表 歳入歳出予算補正中


            歳 入 建設水道委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち2目財政管理費及び


                   16目新庁舎建設検討費)


                7款 土木費


    第84号議案 平成18年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


    第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてのうち


           平成17年度犬山市一般会計中


            歳 入 建設水道委員会の所管に属する歳入


            歳 出 2款 総務費(1項総務管理費のうち15目犬山駅西再整備


                   費、16目新庁舎建設検討費及び17目新しいまちづく


                   り事業費)


                4款 衛生費(1項保健衛生費のうち1目保健衛生総務費


                   中28節繰出金)


                5款 農林業費(1項農業費のうち6目土地改良費中28節


                   繰出金)


                7款 土木費


                10款 災害復旧費


            並びに特別会計中


           平成17年度犬山市公共下水道事業特別会計


           平成17年度犬山市農業集落排水事業特別会計


    第87号議案 平成17年度犬山市水道事業会計の決算の認定について





 9月13日 本会議において、当委員会に付託されました上記議案について慎重審査いたしました結果、第74号議案から第76号議案及び第84号議案については全員一致をもって原案のとおり可決、第81号議案については賛成多数(1名退席)をもって原案のとおり可決、第86号議案については賛成多数をもって原案のとおり認定、第87号議案については全員一致をもって原案のとおり認定すべきものとそれぞれ決しましたので、報告いたします。


           ********************








○議長(大脇伸孔君) 以上で各常任委員長の報告は終わりました。


 これより、各委員長報告に対する質疑を行います。


 ご発言を求めます。


  〔「なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後1時20分 休憩











                  再     開


                 午後1時33分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


           ********************


 諸般の報告








○議長(大脇伸孔君) この際、諸般の報告をいたします。


 ただいま9番 稲垣民夫議員ほか2名の議員から第81号議案に対する修正の動議が提出されました。


 以上で諸般の報告を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま提出されました第81号議案に対する修正案を直ちに本日の日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


           ********************








△追加日程 第81号議案に対する修正案








○議長(大脇伸孔君) 第81号議案に対する修正案を直ちに本日の日程に追加し、議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提出者から提案理由の説明を求めましてご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 提案理由の説明を求めます。


 9番 稲垣議員。


  〔9番 稲垣君登壇〕








○9番(稲垣民夫君) 9番 稲垣民夫でございます。ただいま議長のお許しをいただきましたので、第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)に対しての修正案を提出させていただきます。


 今回の修正案を提出いたします理由は、次の3点の理由からでございます。


 1点目、この地に庁舎を建設するにいたしましても、隣地を買収または交換しなければ庁舎建設が不可能なのかどうか。私は、十分な検討がなされていないと思います。これが1点目です。


 2点目、この地で建設するに対しまして住民合意の形成が不十分である。


 3点目、間近に選挙を控えて、大きな変化を来すおそれがある。


 この3点からの理由により、修正案を提出するものであります。


 お手元に配付されております議案を見ていただきたいと思います。


 第1ページの第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ、原案は7億4,363万2,000円を追加するところを、9,490万5,000円と修正し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、原案は196億2,303万4,000円となっているところを189億7,430万7,000円とするものであります。


 第3条の債務負担行為の補正は、全文削除する。


 次に、2ページの16款財産収入、2項財産売払収入の9月補正では、原案といたしまして、1億2,811万円となっておりますのを、これをゼロとする。したがいまして、合計といたしまして、1億2,811万2,000円の原案に対しまして2,000円に修正するということでございます。


 次に、18款繰越金のうち、修正いたしますのは、2項基金繰入金でございます。補正の原案は5億2,061万7,000円となっておりましたのをゼロとする。したがいまして、合計で11億4,998万4,000円の原案を6億2,936万7,000円とする。


 歳入合計といたしまして、補正の原案7億4,363万2,000円を9,490万5,000円と修正する。合計といたしまして、196億2,303万4,000円を189億7,430万7,000円と修正するということでございます。


 次に、歳出の方でございますけれども、2款総務費、1項総務管理費の補正の原案は6億5,100万9,000円となっておりましたのを228万2,000円とする。したがいまして、合計といたしまして23億122万5,000円の原案を16億5,249万8,000円と修正するということでございます。


 そういたしまして、歳出合計では補正の原案7億4,363万2,000円の原案を9,490万5,000円とする。合計といたしまして196億2,303万4,000円を189億7,430万7,000円と修正するというものでございます。


 はねていただきまして、5ページ、第3表債務負担行為補正でございますけれども、これは事項、期間、限度額とも、すべて削除する。


 7ページから、事項別明細書で詳細につきましては修正点はラインを引いて修正しておりますので、皆様、それぞれご確認をいただきたいと思います。


 以上をもちまして、第81号議案に対する修正案の提出の説明を終わらせていただきます。








○議長(大脇伸孔君) ここで、議案精読のため、5分間休憩いたします。


                 午後1時41分 休憩











                  再     開


                 午後1時48分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいま出席議員は24名でございます。


 これより提出者に対する質疑を行います。


 ご発言を求めます。


 19番 岡議員。








○19番(岡覚君) 提出者にお伺いしたいと思いますが、提案理由の説明の中で合意の形成が不十分だという説明がありました。私もそれは十分に感じています。そういう点で、今回の議案が出された中で、私は委員会で公聴会を開いていく、当局の説明責任も十分果たされていないではないかということで、十分に説明しながら、そういう中で住民の意見もしっかり聞き、受けとめるという、そういう限られた時間であってもそういうことをやるべきではないかということで、主張したんですが、残念ながらそういう形に、委員会では採決の結果、賛成少数で公聴会の開催というのは実現できなかったわけですけれども、今回、こういう形で、削除という形で修正案が出されたわけですけれども、もしこの修正案が通った中での展望といいますか、住民の合意形成をどうしていくのかということで、現在持っている当局の案を市民に説明しながら、合意形成を図るのか、それとも全くこれを削除された段階ということ、削除を求めているわけですので、削除された段階で市民に議論をしてもらうという形になるのか、どちらの形で合意形成を図っていこうとされるのか。修正動議を出された方の意見を聞かせていただきたいというふうに思います。








○議長(大脇伸孔君) ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。


 9番 稲垣議員。








○9番(稲垣民夫君) 岡議員にお答えいたします。


 私、公聴会なりアンケートなり開いていくのは、非常にいいことだと思ったんです。当局案をもとにしてかどうかというお尋ねでございますけれども、私は、当局案が基本ベースになるかもわかりませんけれども、もう一つの選択肢も与えて、やっぱり広く市民の声を聞くという、そういう形が私は望ましいのではないかと思っております。








○議長(大脇伸孔君) 他に質疑はございませんか。


 11番 松浦議員。








○11番(松浦英幸君) 2点ほどお尋ねしたいと思います。


 提案理由の部分なんですが、まず1点目に、隣地なしでは不可能なのかという、そこらあたりが詰めていないという表現だったと思いますけれども、現在の敷地は、約ですけど、6,000?ぐらいだというふうに認識をしております。そして、交換あるいは取得によって9,700?ぐらいになるというふうに理解をしております。それで、私の一つの考え方は隣地なしでも建設はできるでしょう、それは小さけりゃ小さいなりにできる、という意味では可能だと思いますが、私は本当に市民が使いやすい建物、それを考えていった場合には、土地はやはり一定の広さがあって、それが使いやすい建物につながっていく。もう少し言えば、建物のデザインも選択肢は広くなるというふうに考えております。そういった意味で、私は今回取得する面積というのは、決してむだになる面積ではない。大き過ぎることはあり得ないというふうに考えておりますので、そこで稲垣議員としては、適正な土地の面積というのはどのようにお考えなのかということをまず一つお尋ねいたします。私は広くなるということは、選択肢がふえるというふうに考えています。


 それから、2点目の住民合意が不十分ということでしたが、岡議員の質問の中で一定の答えが出ましたが、私はさらにですが、住民合意にはどのような方法を使って、どれくらいの時間は必要だというふうにお考えなのかをお尋ねいたします。


 以上2点お願いいたします。








○議長(大脇伸孔君) ただいまの質疑に対し、提出者の答弁を求めます。


 9番 稲垣議員。








○9番(稲垣民夫君) 松浦議員にお答えさせていただきます。


 1点目の隣地はどうしても必要じゃないかというご意見でございますけれども、私が申し上げておりますのは、駅西の庁舎は、東と南だけではありません。市の所有面積はユニーの跡地も含めて、まだまだいろんな庁舎をつくる選択肢はいろいろあると思います。これをどれだけほかの市有地を使っての庁舎建設に関する検討をされたのか、この辺のところが一番の問題だと申し上げております。ほかの市有地も全部検討した中で、ここしかないということであれば、それは市民も納得いくでしょう。ユニーの跡地を含めた今の市有地の利用方法、庁舎としての、建設敷地としての利用にまだ検討も十分されたとは言えない、私はそういう面で今回の隣地を買うということには賛成できないという、そういう意味でございまして、土地はあいているじゃないかという、それが一番の大きな理由でございます。どうしても、あそこでどれだけの建物が、今の現在の市が所有しとる土地の中で、どれだけの選択肢のものができるかということがどれだけ検討されたか、その辺のところが私は不十分ではないかと思っております。


 2点目の住民合意に対する期間については、これは積極的にやろうと思えば、3カ月もあれば十分できるのではないかと、私はそう思っております。








○議長(大脇伸孔君) 他に質疑はございませんか。


  〔「なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 ただいま説明のありました第81号議案に対する修正案は修正の動議であるため、委員会付託は省略いたします。


 これより討論を行います。


 最初に、第68号議案に対する討論を行います。


 6番 東海議員。


  〔6番 東海君登壇〕








○6番(東海孝年君) 6番の東海孝年でございます。私は、まず第68号議案 犬山市手数料条例の一部改正について、反対の立場から討論いたします。


 この条例は、障害者自立支援法の施行に伴って改定されるものでありますが、在宅重度身体障害者の移動入浴サービスの利用に見られるように、障害者に新たな負担を求めるものであります。現行の入浴サービスは1回5,000円ですが、1カ月に2回及び7月から9月までの3回利用までは徴収しないとなっている規定が削除され、1回目からの利用について利用料が必要となります。経過措置はあるものの、障害者にとって新たな負担増となる条例改正であります。


 障害者自立支援法は、小泉構造改革の社会保障費削減策に沿ってつくられ、昨年10月に自民党、公明党によって強行され、成立したものであります。ことし4月から施行されましたが、原則1割の応益負担による大幅な利用者負担増、施設経営を大もとから揺るがす報酬の激減など、障害者とその家族、施設関係者を直撃して、予想を超える問題点が全国的に明らかになってきております。私ども日本共産党の国会議員団は、2月と6月には政府に対して緊急要求を行い、8月には応益負担の撤回と自立支援法の抜本的な見直し、利用者負担の軽減、事業者報酬の改善などを重ねて申し入れたところでございます。


 施設事業者については、報酬単価の支払い方法がこれまでの月額から日額に変更され、大きな減収につながっています。多くの事業所では、減収分を人員削減やパート化など、人件費削減で対応せざるを得なくなっております。それがまたサービスの質を落として運営されることになります。


 制度の見直しは急務であります。10月からは、新たに補装具、障害児施設にも応益負担が導入されます。地域生活支援事業も始まりますが、国の補助金抑制のもとでサービスの後退が一層懸念されております。国に対して自立支援法の抜本的な見直しを求めるとともに、犬山市として自立支援法による影響を把握し、緊急の負担軽減措置を図るよう求めて、今回のこの負担増となる手数料条例の一部改正について賛同できないものであります。


 議員各位の反対の立場での賛同をよろしくお願い申し上げます。








○議長(大脇伸孔君) 以上で第68号議案に対する討論は終わります。


 次に、第81号議案修正案に対する討論を行います。


 17番 小池議員。


  〔17番 小池君登壇〕








○17番(小池昭夫君) 17番 小池昭夫でございます。議長さんのお許しをいただきましたので、通告に基づき、私からは第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)の修正案に対して反対する立場から討論させていただきます。


 新庁舎建設については、長い期間をかけて検討をされてきました。議会の庁舎建設特別委員会においても、平成11年から本格的な議論を重ねてまいりました。その間に、さまざまな要因や問題点が突出し、紆余曲折しましたが、立ちどまり、見直し白紙と、そして議会の庁舎建設特別委員会に方向性を示す投げかけがありました。これを受けて、庁舎建設特別委員会では、議論に議論を重ねて検討をしてきた結果、平成17年6月に特別委員会の意見集約がなされ、現在地での方向性がなされましたことは、ご承知のことであります。


 現在の本庁舎は、建築後50年を経過しています。予想される東海・東南海地震にも耐えられない建物との診断結果の状況であり、防災の拠点として、また庁舎全体の機能も著しく低下していることから考えてみても、建て替えは市民だれもが緊急に建設をすることを認めているのであります。


 庁舎建設特別委員会では、庁舎建設に必要な、重要な事項は適切なポイントで慎重に審議してまいりましたことはご承知のとおりであります。


 平成17年6月17日の庁舎建設特別委員会では、現在地周辺での建て替えの方針を賛成多数で示しました。平成17年7月28日には、議長より市長に対して、庁舎建設特別委員会の検討結果の報告と、早期の建設推進が要請されましたこともご承知のとおりであります。


 平成17年9月の定例市議会に用地測量、鑑定評価、物件調査などの経費の提案を受け、本会議で可決いたしました。また、本年3月議会においては、基本設計業務委託費及び事業認定申請書作成業務委託費が本会議で可決いたしました。


 これらの議決により、当局は庁舎敷地の整序拡充に向けて交渉業務を進められ、去る8月3日、8月4日には関係地権者と合意書が締結されているのであります。この経過についても、その都度、庁舎建設特別委員会に報告され、当局の示されたスケジュールで推進することも確認されているのであります。借地の返還、駐車場の確保、合理的な庁舎建設をということを考慮すれば、用地の拡充は当然のことであります。


 さらに、9月5日には、新庁舎建設工事基本設計者選定プロポーザルにより、設計業者も選定されているのであります。重ねて申しますが、これは既に議決してきているものに対して、当局は所要の予算に基づいて鋭意努力され、業務を粛々と進めてきている結果であります。


 これまでの経過から言えば、現在地とその周辺での新庁舎の建設は、1日たりとて遅くすることはなりません。市民の安心と安全を守る危機管理の拠点としても、早期の建設は必要であります。また、私たちは、市民から信託されている立場の議員であります。私は今日に至るまで、市民に対して、常に市政についての報告を行い、理解をしていただいていることは既定の事実であります。新庁舎建設についても、現在地周辺で土地の交換や土地買収についてきちんと報告をいたしてまいりました。また、市民の参画はもとより、合意についても十分理解は得られているものと確信するのであります。


 したがいまして、新庁舎建設をいつまでも引き延ばしていては、市民の信頼を裏切ることになります。私たちは責務を回避するのでなく、自信と確信を持って新庁舎建設を決定し、一日も早く進めなくてはなりません。


 以上のことから、私は今議会に提案されました第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)について、原案に賛成をし、修正案に反対する立場から討論を行いました。


 議員各位におかれましては、今申し述べました趣旨をご理解いただきますようお願い申し上げ、私の討論を終わります。








○議長(大脇伸孔君) 13番 川村議員。


  〔13番 川村君登壇〕








○13番(川村佳代子君) 13番 川村佳代子です。私は、第81号議案の平成18年度犬山市一般会計補正予算中、新庁舎建設にかかわる補正予算に対し、修正案が提出されましたので、賛成の立場より討論を行います。


 議論をこれ以上しても、「過ぎたるは及ばざるがごとし」との私の一般質問の中、市長は答弁をされましたが、私はとても住民に十分理解がされているとは思えない状態であると思っております。庁舎は犬山市の百年を見据えたまちづくりの核とすべき公的施設であります。橋爪・五郎丸地区から急に現在地に方向転換がされてからは、特に市民に納得できる説明がされず今日に至っております。


 このたび提案されました予算は、議会の議決を待たずに進められ、なぜ隣地の土地を購入するかもよくわからないまま来たというのが、私は庁舎建設特別委員会の委員ではございますが、実感として持っております。十分な議論のないまま予算計上されました。そして、この5億2,000万円を支払いたいとのことですが、さまざまな手法があるところでの土地の購入に対してはいかがなものかと思っております。


 そして、石田市長は、今期を最後に辞任をすると表明されました。市民の中には名残を惜しむ声のある中での辞任ですが、すぐに市長選挙を行わなければなりません。新市長の足かせともなる予算は混乱を招くおそれもあります。私はこの混乱を防ぐためにも、否決すべきであると思っております。そして、今議会は、その責任を担う議員として自覚し、判断を正しく行うべき議会であると思っております。


 どうか議員各位の皆様のご賛同と熟慮をぜひお願いをいたしまして、賛成討論といたします。








○議長(大脇伸孔君) 続いて、10番 宮地議員。


  〔10番 宮地君登壇〕








○10番(宮地繁誠君) 10番の宮地繁誠です。第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算の修正案に対し、賛成の立場から討論をいたします。


 先ほど、反対者から用地の拡充は当然だという意見がありました。また、平成17年9月には方向性が出されておると、このように言われ、あたかもこの拡充計画が当初案から出されたごときの反対者の意見が出されました。ここへ来るまでには紆余曲折を経て、何度も変更がされてきておるわけであります。こうした実態があるにもかかわらず、我々はいつまでもこれを引き延ばすという考えは全くないことは明確に示しておきたいと思います。


 そもそも、この新庁舎建設がこのように混迷をしてきた、この原因の第1は、平成15年12月議会で、当局が立ちどまって方針転換をされたことが第1にあります。そして、第2は、この候補地を選択した、この理由にあります。この二つが大きな理由に挙げられます。


 新庁舎建設については、第4次総合計画にも、今もなお歴然として示されているものがあります。その内容の1点に、新庁舎建設事業推進協議会が候補地を選定された、最も配慮されたことが記述されております。全部で三つ挙げられております。その一つには、犬山市の将来のまちづくりの拠点である。そして、第2には、市民のシンボルとして、また市民の利便性を挙げてみえます。第3には、防災の拠点としてふさわしい場所、この3点が挙げられております。そのほかにも、候補地の定量的評価を加えられておりますけれども、当局が選択した現在地案は少なくともこの三つの重点項目に配慮された候補地と言えるでしょうか。私は、言えないというふうに考えております。庁舎建設は、犬山市の将来を決定づける五十年、百年の計であります。すべては、市民のための施設です。


 今、犬山市は自治基本条例が策定されようとしております。その基本理念には、犬山市民は犬山市の主権者、こう位置づけられております。市民には、市政に協同と参画を求めております。この基本理念こそ、今回の新庁舎建設に生かすべきであると、取り入れるべきであります。市長がたびたび発言されているとおり、選挙は最大の住民投票だと言われております。その言葉どおり、間近に想定される市長選挙結果を見守ることこそ、犬山市民が主権者たり得るものではないでしょうか。この修正案に賛同している理由は、市民に真意を問うことを求め、その結果を最大限に尊重するわけであります。このことを、確認し合いながら修正案を提案しておるところであります。選挙という住民投票を見守ることこそ、議員の責務であり、市民の賛同を得た庁舎建設となるよう、議員各位の賢明な判断を求め、賛成討論といたします。








○議長(大脇伸孔君) 以上で第81号議案修正案に対する討論は終わります。


 次に、第86議案に対する討論を行います。


 6番 東海議員。


  〔6番 東海君登壇〕








○6番(東海孝年君) 6番の東海孝年でございます。第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について、認定できない立場から討論いたします。


 認定できない理由について何点か指摘いたします。総務関係では、総務管理費の補助金として勤労者大会補助金27万円ですが、さまざまな組織形態のある労働組合のメーデーの一主催者側のレクリエーション的性格を持つメーデーに補助金支出は問題であり、全国的に余り例がなく、見直すべきであります。


 建設水道関係では、城下町再生計画推進検討業務委託料506万1,000円で、経済研究所へ委託されたものですが、面積53ヘクタールの検討には農振除外のハードルが高く、当初から無理があったものです。結局、そのうち3.7ヘクタールの道の駅構想が出されましたが、城下町外縁部という当初の主役からも大きくずれたものとなっています。


 さらに、道の駅構想そのものにも総額31億円という規模で大型開発への危惧があり、農地を減らすことによる農業振興にも問題があります。


 町家まちづくり施設整備工事請負費7,059万円ですが、平成16年度と合わせて総事業費1億5,000万円余となります。当初から唐突に持ち込まれた事業であり、多額の税金を使って公が行っていく事業としては認定できません。


 経済環境関係では、犬山お城まつりへの助成であります。犬山市の観光行政は広域観光との連携も進められているところであり、10回目を数えた犬山お城まつりは、秋のお城まつりが開始されるなど、お城まつりについては見直すべきところに来ているのではないでしょうか。


 一方、犬山祭としては、重要無形民俗文化財として犬山祭本来の姿の継承に努めることが求められており、この点からも犬山お城まつりへの助成は見直すべきであります。


 民生文教関係では、全庁的に進められている委託化、パート化ですが、特に、保育園の職員体制の問題であります。現状は、平成17年4月1日現在で園児が1,233人に対し、クラス担任として必要な保育士は150人、そのうち正規職員は95名、臨時職員は55名ということでありますが、障害児保育など、行政として責任を持った対応が求められており、また幼保一元化による幼児教育の充実も図られようとしているところで、正規職員による対応が求められています。


 保育園の営繕工事費は、老朽化に対する大規模改修が始められ、評価されているところであります。一方で、要望の出されている工事について、当初予算ではとても対応し切れず、また突発的な工事については補正で対応しているのが現状であります。


 保育環境の整備については、要望にこたえられるよう、さらなる予算化が求められているところであります。


 私立高校生授業料補助金であります。補助金の受給者件数は平成17年度は146件ですが、何年かにさかのぼってみますと、平成14年度が337件、平成15年度には400件を超える状況にありました。ところが、平成16年度から所得制限を設けて137件となり、受給者件数が3分の1に一気に減らされました。今議会に提出された請願にもあるように、格差社会が教育を直撃しており、その最たるものが公私間にある学費の格差であり、私学助成は教育の機会均等を保障するためのなくてはならない制度であります。私立高校生に対する授業料補助が所得制限の見直しを図り、助成を拡充していくべきであります。


 小・中学校の需用費の消耗品費であります。小学校では、平成11年度に2,221万4,000円であった消耗品費が平成16年度には2,419万6,000円と、5年間の間に8.9%まで増額されています。ところが、平成17年度には2,112万7,000円と前年度対比で306万8,000円のマイナス、率にして12.6%の激減であります。平成11年度と比べても100万円以上減っています。


 中学校では平成11年度に1,267万5,000円、平成16年度は1,283万8,000円で微増にとどまっていますが、平成17年度には1,045万2,000円で、前年度対比で238万6,000円のマイナス。実に18.59%もの激減であります。消耗品は学校経営上、必要なものであり、最近ではパソコンがなければ、事務もできず、パソコン関係の消耗品費は増大の一途であります。その上に消耗品費の大幅な減額では、今までの必要な事務用品費がさらに削られ、その分、学年費の中で保護者に負担転嫁されているのが現状であります。保護者に負担転嫁することなく、必要な消耗品費は確保するべきであります。


 小・中学校の調理業務委託料であります。ことし4月、競争入札によって新たに参入した業者の学校で、段取りが悪く、時間的なおくれが生じるなど給食運営に支障が起きている。安全面に対する対応も不十分であるなど、現場を無視した業者選定だという声が私どもに寄せられております。教育の一環である学校給食であり、調理業務は公共性が高く、継続性が重要視される分野であります。しかしながら、民間委託によって競争入札や随意契約をするなど、契約後の問題もあり、業者が変われば、また給食運営は1からのやり直しとなり、さきに例を挙げたような問題は今後も常に起こり得ることであります。教育の分野に民間委託はなじまない、根本的な矛盾がここにあるわけでございます。


 最後に、小・中学校費の営繕工事であります。耐震改修に相当な予算を必要とするからといって老朽化している校舎の日々の営繕工事が減るわけではありません。これも予算がないために、PTA予算から補てんしてもらうなど、保護者に負担転嫁されているのが現状であります。学校生活を快適に過ごすために、保護者に負担転嫁することなく、必要な予算は確保するべきであります。


 以上の点について指摘いたしまして、決算認定について認定できないものであります。


 議員各位には、認定できない立場でご賛同いただきますよう、よろしくお願いいたします。








○議長(大脇伸孔君) 続いて、25番 堀江議員。


  〔25番 堀江君登壇〕








○25番(堀江正栄君) 25番の堀江正栄でございます。私からは、第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について、賛成の立場から討論させていただきます。


 平成17年度は、景気の一部回復による税収の伸びが見られるものの、まだまだ経済情勢は厳しく、三位一体改革による国庫補助金や地方交付税も不透明な情勢の中、限られた財源で効率の高い財政運営を行わなければならない状況下にありました。


 こうした中で、予算執行に当たっては、限られた財源を実施計画や予算編成に沿って計画的に進められ、犬山里山学センターの建設や城下町再生のための街なみ環境整備事業、歴史のまちのみちづくり事業、児童・生徒の安全確保のための小・中学校校舎耐震改修、少人数授業の推進、歴史と文化を継承する犬山祭調査事業を通じて、犬山祭が国の文化財を指定を受ける等の各種施策が進められ、着実な成果を上げてきていると考えております。


 また、第4次犬山市行政改革大綱に基づき、職員定数及び諸手当の見直し等の行政改革も着実に進められてきました。具体的には、まず1点目といたしまして、里山文化の保存・研究と環境ボランティア活動の拠点である犬山里山学センターは、愛知万博など、環境と時代にマッチした施設であると考えます。施設の建設に際しては、林野庁から約2分の1の補助金をいただき、かつ附属施設の環境保全ボランティアセンターが自治宝くじ協会からの全額補助というように、補助金を有効に活用し、市の財政負担の軽減を図っておられます。また、今後この施設は緑豊かな東部丘陵の福祉ゾーンに位置する施設の一つとして、幅広い活用が期待されております。


 次、2点目といたしまして、犬山城下町の都市景観重点地区において進められました街なみ環境整備事業と歴史のまちのみちづくり事業が城下町再生計画に基づき、城下町の街なみや街割りなど、犬山ならではの歴史的・文化的資産を活用しながら城下町として趣のある街なみを整備し、「歩いて暮らせるまちづくり 歩いてめぐるまちづくり」を実現するものでございます。電線類の無電柱化や道路美装化、犬山北小学校の塀の修景整備など、まちづくり交付金を活用して進められており、城下町の街なみや景観形成に大きく寄与しているものでございます。


 また、磯部邸の施設整備についても、城下町で初めてとなる本格的な町家の復元整備が行われたもので、開館以来5カ月間で既に、2万3,000人の観光客などが訪れており、城下町の回遊性を高める効果を図るとともに、にぎわいの創出に寄与しており、城下町再生に向けての大きな原動力となっておりますことは、ご承知のとおりであります。


 城下町は城下町再生計画によって、その姿を変えつつあり、観光客も街なみを散策するようになって、通りににぎわいが戻りつつあり、城下町再生が着実に進みつつあります。今後とも継続した取り組みを推進していただきたいと思います。


 一方、城下町再生計画の外縁部でもある新しいまちづくり事業では、地権者等に対して、アンケートも行われ、住民意向を踏まえた道の駅を含む計画など、地域活性化への具体的な検討がなされております。


 3点目といたしまして、児童・生徒の安全確保のために、耐震補強を行う小・中学校校舎耐震改修につきましては、平成17年度は安全性を確保するために、特に危険度の高い内藤式校舎を小学校で5校、中学校で2校、合わせて約2億8,800万円の耐震改修工事が実施され、災害時にも児童・生徒の命の安全が確保されると考えております。


 耐震改修につきましては、引き続き進められることを要求するものでございます。言うまでもありませんが、少人数授業を初めとした教育改革についても着実に推進されております。


 最後に、文化財の保護・保全、市民の文化財保護意識の高揚を図るために行う犬山祭の調査事業については、調査委員会による詳細な調査により平成18年3月15日に国の重要無形文化財として指定を受けました。このことは、犬山祭が民俗文化財として公に広く認知されたということであります。したがいまして、犬山祭は後世へ末永く伝えていただきたいと思ってもおります。


 また、東之宮古墳事業につきましては、国の補助を受け、1973年以来、およそ30年ぶりとなる発掘調査が始められ、築造当時の表面状況や、墳丘の構築法についても重要な、貴重な資料を得ることができたと考えております。


 新しい話ですが、2日前の去る9月18日も、臨時説明会が行われ、大勢の考古学ファンが参加をされております。全国的にも有名な古墳でございますので、これからも早期の整備を望むものでございます。


 いずれにしましても、重要あるいは緊急性の高い施策の必要性が求められ、厳しい財源の中で、組織機構の見直し、職員定数及び諸手当の見直し、人材の育成等の行財政改革によるコスト削減や計画的かつ効率的な事業執行がなされ、健全な行財政改革予算執行がなされたものでございます。


 以上の観点から、議員各位には、第86号議案にご賛同いただきますようお願い申し上げまして、賛成討論とさせていただきます。








○議長(大脇伸孔君) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 最初に第67号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第67号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第68号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立多数、ご着席ください。よって、第68号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第69号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第69号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第70号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第70号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第71号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第71号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第72号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第72号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第73号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第73号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第74号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第74号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第75号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第75号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第76号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第76号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第77号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第77号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第78号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第78号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第79号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は同意であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立全員、ご着席ください。よって、第79号議案は原案のとおり同意されました。


 次に、第80号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は同意であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立全員、ご着席ください。よって、第80号議案は原案のとおり同意されました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時38分 休憩











                  再     開


                 午後2時38分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいまの出席議員は19名でございます。


 第81号議案を採決いたします。


 最初に、本案に対し、9番 稲垣議員外2名の議員から提出されました修正案について、起立による採決をいたします。


 第81号議案修正案に賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立少数、ご着席ください。よって、第81号議案修正案は否決されました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時39分 休憩











                  再     開


                 午後2時39分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいまの出席議員は19名です。


 次に、第81号議案原案について起立による採決をいたします。


 原案に賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立多数、ご着席ください。よって、第81号議案は原案のとおり可決されました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時40分 休憩











                  再     開


                 午後2時40分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいまの出席議員は25名でございます。


 次に、第82号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第82号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第83号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第83号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第84号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第84号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第85号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第85号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、第86号議案を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は認定であります。本案は各委員長報告のとおり、これを決することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立多数、ご着席ください。よって、第86号議案は原案のとおり認定されました。


 次に、第87号議案を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、第87号議案は原案のとおり認定されました。


           ********************








△日程第2 平成18年請願第6号及び請願第10号








○議長(大脇伸孔君) 日程第2、平成18年請願第6号及び請願第10号を一括議題といたします。


 民生文教委員長及び庁舎建設特別委員長から各委員会の審査結果報告を求めます。


 最初に本多民生文教委員長。


  〔民生文教委員長 本多君登壇〕








○民生文教委員長(本多克郎君) 民生文教委員会の報告をさせていただきます。既に配付の審査結果報告書の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


 別紙、民生文教委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 民生文教委員長の報告は終わりました。


 続いて、宮島庁舎建設特別委員長。


  〔庁舎建設特別委員長 宮島君登壇〕








○庁舎建設特別委員長(宮島一君) 1番の宮島 一でございます。庁舎建設特別委員会の請願に対する審査結果の報告をさせていただきます。既にお手元に配付されております審査結果報告書の朗読をもって報告にかえさせていただきます。


 別紙、庁舎建設特別委員会審査結果報告書朗読。








○議長(大脇伸孔君) 以上で、民生文教委員長及び庁舎建設特別委員長の報告は終わりました。


           ********************


                 請願審査結果報告書


                              平成18年9月20日


                               民生文教委員長


                                本 多 克 郎





 本委員会は、平成18年9月13日に付託された請願を審査した結果、下記のとおり決定したので報告いたします。


                    記


   件   名  平成18年請願第6号


          『第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小に関する請願書』


   審査年月日  平成18年9月15日


   場   所  市役所 第1会議室


   出席委員   6名(1名欠席)


   審査結果   全員一致で採択


           ********************


                 請願審査結果報告書


                                平成18年9月20日


                                庁舎建設特別委員長


                                  宮 島   一


 本委員会は、平成18年9月13日に付託された請願を審査した結果、下記のとおり決定したので報告いたします。


                    記


   件   名  平成18年請願第10号


          『新庁舎建設地の市民アンケート調査を求める請願書』


   審査年月日  平成18年9月19日


   場   所  市役所 第3会議室


   出席委員   13名(全員)


   審査結果   賛成少数で不採択(3名退席)


           ********************








○議長(大脇伸孔君) これより、両委員長の報告に対する質疑を行います。


 ご発言を求めます。


  〔「なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 通告による討論はありませんので、討論を省略いたします。


 これより請願の採決を行います。


 最初に、平成18年請願第6号を採決いたします。


 平成18年請願第6号に対する委員長の報告は採択であります。


 お諮りいたします。平成18年請願第6号を採択することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、平成18年請願第6号は採択と決しました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時47分 休憩











                  再     開


                 午後2時48分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいまの出席議員は19名です。


 平成18年請願第10号を採決いたします。


 平成18年請願第10号に対する委員長の報告は不採択であります。


 お諮りいたします。平成18年請願第10号を採択することに賛成する議員の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕








○議長(大脇伸孔君) 起立少数、ご着席ください。よって、平成18年請願第10号は不採択とすることに決しました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時49分 休憩











                  再     開


                 午後2時49分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいまの出席議員は25名でございます。


           ********************








△日程第3 閉会中継続審査の申し出について








○議長(大脇伸孔君) 日程第3、お手元へ配付いたしましたとおり、民生文教委員長から閉会中継続審査の申し出がありました。


 お諮りいたします。民生文教委員長からの申し出のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、民生文教委員長からの申し出のとおり決しました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                 午後2時50分 休憩











                  再     開


                 午後2時58分 開議








○議長(大脇伸孔君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


           ********************


 諸般の報告








○議長(大脇伸孔君) この際、諸般の報告をいたします。


 ただいま意見書案が1件提出されましたので、これを各位の議席へ配付いたしました。


 以上で諸般の報告を終わります。


 お諮りいたします。この際、意見書案第3号を直ちに本日の日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


           ********************








△追加日程 意見書案第3号








○議長(大脇伸孔君) 意見書案第3号を議題といたします。


 意見書案第3号について、提出者から提案理由の説明を求めます。


 11番 松浦議員。


  〔11番 松浦君登壇〕








○11番(松浦英幸君) 11番 松浦英幸です。各提出者の方のご理解をいただきまして、私の方から意見書案第3号の提案理由を説明させていただきたいと思います。


 先ほどの請願第6号を採択いたしまして、その流れで、この意見書を提出させていただくということでございます。


 それでは、お手元の意見書案の第3号を朗読いたします。


 別紙、意見書案第3号朗読。


           ********************


  意見書案第3号





       第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小を求める意見書





 地方自治法第99条の規定により関係行政庁に対し、別紙のとおり意見書を提出するものとする。





平成18年9月20日





                         提出者


                          犬山市議会 一心会


                                 松 浦 英 幸


                          犬山市議会 日本共産党犬山市議団


                            代 表  山 下 一 枝


                          犬山市議会 公明クラブ


                            代 表  上 村 良 一


                          犬山市議会 新生会


                            代 表  山 本   誠


                          犬山市議会 一心会


                            代 表  熊 澤 宏 信








      第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小を求める意見書(案)





 未来を担う子どもたちが健やかに成長していくことは、すべての国民の切なる願いです。しかし、いじめや不登校、非行問題行動など学校現場は依然として深刻な問題を抱えています。さらに、特別支援教育のあり方や日本語教育の必要な子どもの増加による様々な対応など新たな教育課題にも直面しています。


 こうしたなか、文部科学省は昨年度、個に応じたきめ細かな指導の充実にむけ、第八次定数改善計画を策定したものの、政府がすすめる総人件費改革の影響によって、本年度の実施は見送られることになりました。一人ひとりにゆきとどいた教育を保障するためには、子どもたちによりきめ細かな指導が可能となるようにしていかなければなりません。そのためにも、教職員定数増をはじめとした教育条件整備が不可欠であり、第八次定数改善計画の早期実施が望まれます。


 一方、現在、教育現場が抱えている様々な課題に対応するためにも、学級規模の縮小は不可欠です。また、各地方自治体ごとに学級規模の縮小はすすんでいるものの、その配置教員等の財政負担は本来国が負うべきものです。


 よって、平成19年度の政府予算編成期にあたり、第八次定数改善計画の実施と学級規模の縮小にむけて、十分な予算確保をされるよう要望する。





 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。





                                  平成18年9月 日





  提 出 先


    内閣総理大臣


    財務大臣


    文部科学大臣


    総務大臣  あて


                             愛知県犬山市議会


                                議長 大脇 伸孔


           ********************


 以上、ご採択いただけるよう、よろしくお願い申し上げます。








○議長(大脇伸孔君) 意見書案第3号の説明は終わりました。


 お諮りいたします。意見書案第3号については、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 これより意見書案の採決を行います。


 意見書案第3号については、原案のとおり、これを決することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、意見書案第3号については、原案のとおり可決されました。


           ********************








○議長(大脇伸孔君) 以上で、9月定例会に付議されました案件は全部議了いたしました。


 これをもって議会を閉じます。


                 午後3時04分 閉議


           ********************


                午後3時04分 閉会式








○事務局長(長谷川勲君) ただいまより9月定例市議会の閉会式を行います。


 ご起立願います。


  〔全員起立〕








○事務局長(長谷川勲君) 議長あいさつ。


  〔議長 大脇君登壇〕








○議長(大脇伸孔君) 9月定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 去る9月1日の開会以来、議員各位におかれましては、連日、熱心にご審議をいただき、今日、ここに適切なる決定をいただき、まことにありがとうございます。


 当局におかれましては、これら諸議案の適切な執行をよろしくお願い申し上げるものでございます。


 さて、今議会において、石田市長におかれましては、今期限りで市長職を辞任し、次なる目標として知事選を目指していきたい気持ちがあると熱い決意を述べられました。ここに至るまでの心情を思うとき、同じ地方政治にかかわるものとして、その決断の重さと潔さに感服するものであります。私は、こうしたときに議長という職責におりますことをこの上なく喜びとするものであります。


 石田市長におかれましては、一段と厳しい試練の道を選択されましたが、来るべき春の笑顔をご期待申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。ご苦労さまでございます。








○事務局長(長谷川勲君) 市長あいさつ。


  〔市長 石田君登壇〕








○市長(石田芳弘君) 9月定例市議会の閉会に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。


 今議会に提案させていただきました議案につきましては、議員の皆さんには熱心にご審議をいただき、適切なご議決をいただきました。本当にありがとうございました。特に、今議会で市庁舎建設の方向が確定いたしましたことは、大多数の市民と喜びをともにすることでございます。そういう思いです。


 その他、ご議決いただきました各議案につきましては、適正な執行に努めてまいりたいと思っております。


 さて、今、議長からごあいさつをおっしゃっていただきましたように、私は10月いっぱいをもって市長職を辞することを決断いたしました。私にとっては、今議会は市長として最後の議会となりました。あとを振り返って感慨にふけるよりも、過去12年の市政をばねにして、未来に羽ばたく冒険心にうちあふれております。


 なお、私の後任については、言うまでもありませんが、市民の選択にゆだねたいと思っています。「選挙というのは、過去の人気投票ではなく、未来への賭けである」これはオスカー・ワイルドの言葉です。皆さんで大いに犬山市の未来を語り合ってください。


 朝晩めっきりと涼しくなり、秋の訪れを感じるきょうこのごろです。議員各位におかれましては、健康に十分留意され、今後とも市政発展のためにご尽力を賜りますようお願い申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。








○事務局長(長谷川勲君) 以上で閉会式を終わります。


                 午後3時08分 閉式


           ********************








  本議会の顛末を記載し、相違ないことを証するため、ここに署名する。








  平成  年  月  日











        議  長











        署名議員











        署名議員








            本会議に提出された事件及び審議結果


┌────────┬────────────────┬─────┬─────┬─────┐


│  議案番号  │    件      名     │提出年月日│ 審議結果 │議決年月日│


├────────┼────────────────┼─────┼─────┼─────┤


│第67号議案   │犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関│平18. 9. 1│原案可決 │平18. 9.20│


│        │する条例の制定について     │     │     │     │


│第68号議案   │犬山市手数料条例の一部改正につい│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │て               │     │     │     │


│第69号議案   │犬山市保育園における保育の実施に│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │関する条例の一部改正について  │     │     │     │


│第70号議案   │犬山市保育園設置条例の一部改正に│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │ついて             │     │     │     │


│第71号議案   │犬山市保育の実施に係る保育料及び│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │利用料の徴収に関する条例の一部改│     │     │     │


│        │正について           │     │     │     │


│第72号議案   │犬山市乳幼児医療費支給条例の一部│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │改正について          │     │     │     │


│第73号議案   │犬山市国民健康保険条例の一部改正│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │について            │     │     │     │


│第74号議案   │犬山市農業集落排水処理施設の設置│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │及び管理に関する条例の一部改正に│     │     │     │


│        │ついて             │     │     │     │


│第75号議案   │犬山市下水道条例の一部改正につい│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │て               │     │     │     │


│第76号議案   │犬山市水道事業給水条例の一部改正│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │について            │     │     │     │


│第77号議案   │犬山市消防本部及び消防署設置条例│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │等の一部改正について      │     │     │     │


│第78号議案   │犬山市消防賞じゆつ金及び殉職者特│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │別賞じゆつ金条例の一部改正につい│     │     │     │


│        │て               │     │     │     │


│第79号議案   │犬山市教育委員会委員の任命につい│  〃  │原案同意 │  〃  │


│        │て               │     │     │     │


│第80号議案   │犬山市教育委員会委員の任命につい│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │て               │     │     │     │


│第81号議案   │平成18年度犬山市一般会計補正予算│  〃  │原案可決 │  〃  │


│        │(第2号)           │     │     │     │


│第82号議案   │平成18年度犬山市国民健康保険特別│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │会計補正予算(第1号)     │     │     │     │


│第83号議案   │平成18年度犬山市犬山城観光事業費│平18. 9. 1│原案可決 │平18. 9.20│


│        │特別会計補正予算(第1号)   │     │     │     │


│第84号議案   │平成18年度犬山市公共下水道事業特│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │別会計補正予算(第1号)    │     │     │     │


│第85号議案   │平成18年度犬山市介護保険特別会計│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │補正予算(第1号)       │     │     │     │


│第86号議案   │平成17年度犬山市一般会計及び特別│  〃  │原案認定 │  〃  │


│        │会計の決算の認定について    │     │     │     │


│第87号議案   │平成17年度犬山市水道事業会計の決│  〃  │  〃  │  〃  │


│        │算の認定について        │     │     │     │


│意見書案第3号 │第八次定数改善計画の実施と学級規│平18. 9.20│原案可決 │  〃  │


│        │模の縮小を求める意見書     │     │     │     │


│平成18請願第4号│小泉首相に靖国参拝の中止を求める│平18. 6.15│審議未了 │  ――  │


│        │意見書提出についての請願書   │     │     │     │


│平成18請願第5号│「子どもの医療費無料制度の拡充を│  〃  │  〃  │  ――  │


│        │求める」請願書         │     │     │     │


│平成18請願第6号│第八次定数改善計画の実施と学級規│平18. 9.13│採  択 │平18. 9.20│


│        │模の縮小に関する請願書     │     │     │     │


│平成18請願第7号│市町村独自の私学助成の拡充を求め│  〃  │継続審査 │  ――  │


│        │る請願書            │     │     │     │


│平成18請願第8号│愛知県の私学助成の拡充に関する意│  〃  │  〃  │  ――  │


│        │見書の提出を求める請願書    │     │     │     │


│平成18請願第9号│国の私学助成の拡充に関する意見書│  〃  │  〃  │  ――  │


│        │の提出を求める請願書      │     │     │     │


│平成18請願第10号│新庁舎建設地の市民アンケート調査│  〃  │不 採 択 │平18. 9.20│


│        │を求める請願書         │     │     │     │


│陳情第9号   │中国における法輪功学習者の臓器摘│  〃  │承りました│  ――  │


│        │出の実態調査を求める陳情書   │     │     │     │


│陳情第10号   │教育基本法の改正ではなく、その理│  〃  │聴きおく │  ――  │


│        │念の実現を求める意見書の採択を求│     │     │     │


│        │める陳情書           │     │     │     │


└────────┴────────────────┴─────┴─────┴─────┘