議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成18年 9月定例会(第1日 9月 1日)




平成18年 9月定例会(第1日 9月 1日)





 
平成18年 9月定例会





 平成18年9月





              定 例 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第1号 9月1日(金曜日)


──────────────────────────────────────────


                   開 会 式


                 午前10時00分 開式





○事務局長(長谷川勲君) おはようございます。ただいまより、9月定例市議会の開会式を行います。ご起立願います。


  〔全員起立〕








○事務局長(長谷川勲君) 議長あいさつ。


  〔議長 大脇君登壇〕








○議長(大脇伸孔君) おはようございます。9月定例市議会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 本日、9月定例市議会が招集されましたところ、議員各位には、定刻、ご参集を賜り、まことにご苦労さまでございます。


 本定例会に付議されました案件は、「犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定について」を初め、全部で21案件でございます。


 どうか慎重にご審議の上、適切なるご決定をいただきますようよろしくお願いを申し上げ、開会のごあいさつといたします。








○事務局長(長谷川勲君) 市長あいさつ。


  〔市長 石田君登壇〕








○市長(石田芳弘君) おはようございます。


 本日ここに、9月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、定刻、ご参集を賜り、まことにありがとうございました。


 今回の定例市議会でご審議をいただく案件は、「犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定について」を初め、「平成18年度犬山市一般会計補正予算」、「平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について」など、21議案でございます。


 よろしくご審議の上、原案にご賛同賜りますようお願い申し上げます。


 なお、今議会は、各会計の決算認定についてご審議をいただく議会でありますので、谷津代表監査委員にご出席をいただいております。谷津代表監査委員におかれては、去る8月30日、札幌市で開催されました全国都市監査委員会総会において、同会長から監査委員在職5年の一般表彰を受けられましたので、この場をおかりしてご紹介させていただきたいと思います。おめでとうございました。


 以上、簡単ですが、開会のごあいさつといたします。








○事務局長(長谷川勲君) 以上で開会式を終わります。ご着席ください。


  〔全員着席〕


                 午前10時03分 閉式


           ********************


〇議事日程 第1号 平成18年9月1日午前10時開議


  第1 会議録署名議員の指名


  第2 会期の決定


  第3 諸般の報告


  第4 第67号議案から第87号議案まで


     (議案上程説明)


           ********************


〇本日の会議に付した案件


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 諸般の報告


  日程第4 第67号議案 犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定について


       第68号議案 犬山市手数料条例の一部改正について


       第69号議案 犬山市保育園における保育の実施に関する条例の一部改正につい


             て


       第70号議案 犬山市保育園設置条例の一部改正について


       第71号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の


             一部改正について


       第72号議案 犬山市乳幼児医療費支給条例の一部改正について


       第73号議案 犬山市国民健康保険条例の一部改正について


       第74号議案 犬山市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部


             改正について


       第75号議案 犬山市下水道条例の一部改正について


       第76号議案 犬山市水道事業給水条例の一部改正について


       第77号議案 犬山市消防本部及び消防署設置条例等の一部改正について


       第78号議案 犬山市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正


             について


       第79号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


       第80号議案 犬山市教育委員会委員の任命について


       第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)


       第82号議案 平成18年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


       第83号議案 平成18年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)


       第84号議案 平成18年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


       第85号議案 平成18年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)


       第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定について


       第87号議案 平成17年度犬山市水道事業会計の決算の認定について


           ********************


〇出席議員(24名)


   1番  宮 島   一 君       13番  川 村 佳代子 君


   2番  高 間 信 雄 君       14番  大 島 金 次 君


   3番  山 本   誠 君       15番  原   欣 伸 君


   4番  住 野 龍之介 君       16番  ビアンキ アンソニー 君


   5番  水 野 正 光 君       17番  小 池 昭 夫 君


   6番  東 海 孝 年 君       18番  大 脇 伸 孔 君


   7番  上 村 良 一 君       19番  岡     覚 君


   8番  三 浦 知 里 君       20番  山 下 一 枝 君


   9番  稲 垣 民 夫 君       22番  福 冨   勉 君


   10番  宮 地 繁 誠 君       23番  熊 澤 宏 信 君


   11番  松 浦 英 幸 君       24番  本 多 克 郎 君


   12番  山 田 拓 郎 君       25番  堀 江 正 栄 君


           ********************


   21番  前 田 幸 雄 君


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    長谷川   勲 君      次長      高 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      統括主査    中 田 妙 子 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 市長      石 田 芳 弘 君      助役      渡 邊 昭 美 君


 教育長     瀬見井   久 君      市長公室長   山 澄 俊 明 君


 総務部長    服 部 良 弘 君      民生部長    小 川 正 美 君


 環境部長    大 澤 繁 昌 君      都市整備部長  金 武 幹 男 君


 産業経済部長  番 家 敏 夫 君      学校教育部長  長谷川 隆 司 君


 生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君      水道部長    牧 野 一 夫 君


 消防長     松 田 一 雄 君      代表監査委員  谷 津 義 雄 君


 秘書広報課長  宮 島 敏 明 君      企画調整課長  酒 井 美 彦 君


 総務課長    大 鹿 俊 雄 君      監査事務局長  野木森 鉱 二 君


           ********************


                 午前10時03分 開議








○議長(大脇伸孔君) ただいまの出席議員は、24名でございます。


 通告による欠席、21番 前田幸雄議員。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして、会議を進めます。


           ********************








△日程第1 会議録署名議員の指名








○議長(大脇伸孔君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、2番 高間信雄議員、25番 堀江正栄議員を指名いたします。


           ********************








△日程第2 会期の決定








○議長(大脇伸孔君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。9月定例市議会の会期は、お手元へ配付いたしました会期日程案のとおり、本日から20日までの20日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。








           平成18年9月定例市議会 会期日程(案)


 会期:20間(9月1日(金)〜20日(水))


┌─────┬─────┬────┬──────┬───────────────┐


│ 日 次 │ 月  日 │曜  日│ 開議時刻 │   摘       要   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第1日 │ 9. 1 │  金  │ 午前10時 │〇開 会           │


│     │     │    │      │〇会議録署名議員の指名    │


│     │     │    │      │〇会期の決定 〇諸般の報告  │


│     │     │    │      │〇議案上程説明        │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第2日 │    2 │  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第3日 │    3 │  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第4日 │    4 │  月  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第5日 │    5 │  火  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第6日 │    6 │  水  │      │〇精  読          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第7日 │    7 │  木  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第8日 │    8 │  金  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第9日 │    9 │  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第10日 │   10 │  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第11日 │   11 │  月  │ 午前10時 │〇再  開  〇一般質問   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第12日 │   12 │  火  │ 午前10時 │〇再  開  〇議案質疑   │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第13日 │   13 │  水  │ 午前10時 │〇再  開  〇議案質疑   │


│     │     │    │      │〇委員会付託         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第14日 │   14 │  木  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第15日 │   15 │  金  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第16日 │   16 │  土  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第17日 │   17 │  日  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第18日 │   18 │  月  │      │〇休  会          │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第19日 │   19 │  火  │      │〇部門委員会         │


├─────┼─────┼────┼──────┼───────────────┤


│ 第20日 │   20 │  水  │ 午後1時 │〇再  開  〇委員長報告  │


│     │     │    │      │〇同報告に対する質疑     │


│     │     │    │      │〇討  論  〇採  決   │


│     │     │    │      │〇閉  会          │


└─────┴─────┴────┴──────┴───────────────┘


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認めます。よって、会期は20日間と決定いたしました。


           ********************








△日程第3 諸般の報告








○議長(大脇伸孔君) 日程第3、この際、諸般の報告をいたします。


 市長から地方自治法第180条第1項の規定に基づき、専決処分した旨の報告がありましたので、これを各位の議席へ配付いたしました。


 次に、議会閉会中に庁舎建設特別委員会が開催されましたので、そのてんまつを各位の議席へ配付いたしました。


 なお、当日の庁舎建設特別委員会において山田副委員長から副委員長辞職願が提出され、全員一致で了承されました。後任には、指名推せんにより、原委員が副委員長に選任されましたのでご報告いたします。


 議案は各位のお手元へ配付いたしました。


 以上で諸般の報告を終わります。


           ********************








△日程第4 第67号議案から第87号議案まで








○議長(大脇伸孔君) 日程第4、第67号議案から第87号議案までを議題といたします。


 お諮りいたします。第67号議案から第87号議案までを一括議題とすることにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 第67号議案から第87号議案までを一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案者から提案理由の説明を求めましてご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕








○議長(大脇伸孔君) 異議なしと認め、さよう決しました。


 提案理由の説明を求めます。


 渡邊助役。


  〔助役 渡邊君登壇〕








○助役(渡邊昭美君) おはようございます。


 今議会に提出いたしました21号議案について、順次ご説明を申し上げます。


 まず最初に、第67号議案 犬山市立犬山幼稚園預かり保育に関する条例の制定についてご説明申し上げます。


 この案を提出いたしますのは、幼保一元化の具体施策として、犬山幼稚園において預かり保育を実施するため、条例を制定するものであります。制定文の内容につきましてご説明申し上げます。


 2ページをお開きください。


 第1条では、この条例を制定する目的を、第2条で預かり保育の実施日と、開設時間を規則で定めるものとし、第3条で預かり保育の対象者を、第4条で預かり保育の種類を、第5条で預かり保育料等を定めるものであります。


 3ページをお開きください。6条では預かり保育料の免除を、第7条では委任事項を定めるものであります。


 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行するものでございます。


 続きまして、第68号議案 犬山市手数料条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出いたしますのは、障害者自立支援法の施行に伴い、条例の一部を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 5ページをお開きください。


 別表7、証明等手数料の項中、精神障害者に対するホームヘルパーの派遣及び在宅重度身体障害者の身体障害者更生援護施設への短期的な入所につきましては、障害者自立支援法の規定により、障害福祉サービスとなり、これ要した費用の100分の90が法定給付として給付され、残り1割につきましては、利用者が負担することになりますので、削除するものでございます。


 次に、在宅重度身体障害者の移動入浴サービスの利用につきましては、平成18年10月から地域生活支援事業として、当市が実施する事業になりますが、これに要した費用から自己負担額、原則1割を控除した額を給付することになりますので、これも削除するものであります。


 また、身体障害者の地域活動支援センター事業の利用につきましては、身体障害者デイサービスセンター「ふれんど」において実施しているデイサービスが同様に平成18年10月から当市が地域活動支援センターで実施する事業となりますので、その利用料については、従来からのデイサービスセンターの利用料と同額とするため、一月の上限利用料2,200円以内、1日当たりの上限利用料を300円以内と定めるものであります。


 4ページにお戻りいただきまして、附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行するものでございます。


 次に、第69号議案 犬山市保育園における保育の実施に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、幼保一元化の具体施策として、私的契約による保育を実施するため、条例の一部を改正するものであります。改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 保育の実施基準を規定する第2条におきまして、保育の実施を行う児童が定員に達しない場合は、定員の範囲内において保育の実施を要しない児童、満3歳以上の者を私的契約児として入園させることができると規定するものであります。


 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行するものであります。


 次に、第70号議案 犬山市保育園設置条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、すべての子どもたちの未来が幸せであるようにと願いを込め、保育園を子ども未来園に名称変更するため、条例の一部を改正するものであります。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 第3条の表中、各保育園の名称を子ども未来園に改めるものでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行するものでございます。


 次に、第71号議案 犬山市保育の実施に係る保育料及び利用料の徴収に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、私的契約による保育料を定めるため、条例の一部を改正するものであります。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 別表第1の保育料の欄に私的契約児の欄を設け、それぞれ第1階層、第2階層を0円、第3階層を8,000円、第4階層を1万2,000円、第5階層を1万4,800円、第6階層、第7階層を1万7,000円と定めるものでございます。


 また、同表備考に第5号を加え、第69号議案でご提案させていただいております犬山市保育園における保育の実施に関する条例第2条第2項の規定により、入園した場合は私的契約児の欄に定める額とするものでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行するものであります。


 続きまして、第72号議案 犬山市乳幼児医療費支給条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、従来から実施していました4歳未満の乳幼児の通院医療費助成について、入院医療費の助成対象と同じく小学校就学前の児童まで支給範囲を拡大し、実施するため、条例の一部改正をするものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 4ページをお開きください。


 乳幼児の定義を規定する第2条第1号では、ただし書きにより、4歳の誕生月の末日を超えた者のうち、県補助対象である障害者医療費または母子家庭等医療費の助成を受けることができる者は犬山市医療費助成の対象外とするものであります。


 次に、乳幼児医療費の支給範囲を規定する第4条では、4歳の誕生月の末日を超えた者については、入院した場合に限って、乳幼児医療費を支給する旨を定めた規定を、通院した場合であっても、小学校就学前まで乳幼児医療費を支給するため、削除するものであります。


 次に、乳幼児医療費受給者証の交付を規定する第5条では、受給者証の交付を受ける者は、4歳の誕生月の末日を超えた者は除かれていましたが、改正により、すべての受給資格者は乳幼児医療費受給資格者証の交付を受けなければならないことを定めるものであります。


 次に、5ページをお開きください。


 第6条、第8条及び第9条につきましては、字句を整理するものであります。


 附則といたしまして、第1項でこの条例は平成18年10月1日から施行するものとし、第2項から第4項までは経過措置を定めるものであります。


 続きまして、第73号議案 犬山市国民健康保険条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、先般、医療制度改革法が成立したことにより、健康保険諸法が改正され、出産育児一時金の支給額が従来の30万円から35万円となりました。これに伴い、出産育児一時金の支給額を改めるため、条例の一部を改正するものであります。改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 出産育児一時金を規定する第4条第1項におきまして30万円を35万円に改めるものであります。附則といたしまして、第1項でこの条例は平成18年10月1日から施行するものとし、2項で経過措置を定めるものでございます。


 次に、第74号議案 犬山市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてご説明を申し上げます。


 この案を提出しますのは、少量利用者に対する負担軽減を図るため、農業集落排水処理施設の使用料を改正するものであります。また、同様の趣旨で第75号議案、第76号議案についても提案させていただいております。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 4ページをお開きください。


 別表第2表中、基本使用料を1使用月につき10立方メートルまでを770円としておりましたのを、5立方メートルまでを550円に改正するものであります。


 また、超過使用料の5立方メートルを超え10立方メートルまでを1立方メートルにつき44円とするものであります。


 附則といたしまして、第1項で、この条例は平成19年4月1日から施行するものとし、第2項で経過措置を定めるものであります。


 続きまして、第75号議案 犬山市下水道条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、少量利用者に対する負担軽減を図るため、下水道使用料金を改正するものであります。改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 4ページをお開きください。


 別表第1中、基本使用料を1使用月につき10立方メートルまでを770円としておりましたのを、5立方メートルまでを550円に改正するものであります。


 また、超過使用料は5立方メートルを超え10立方メートルまでを1立方メートルにつき44円とするものであります。


 附則といたしまして、第1項で、この条例は平成19年4月1日から施行するものとし、第2項で経過措置を定めるものであります。


 続きまして、第76号議案 犬山市水道事業給水条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、少量利用者に対する負担軽減を図るため、水道料金を改正するとともに、給水申し込みに係る水道メーターの種類をふやすものであります。改正内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 4ページをお開きください。


 第23条の表中、家事用について、基本料金を1使用月につき10立方メートルまでを635円としておりましたのを、5立方メートルまでを455円とし、超過料金の5立方メートルを超え10立方―メルまでを1立方メートルにつき36円とするものであります。


 また、同表中、業務用について、基本料金を1使用月につき10立方メートルまでを880円としておりましたのを、5立方メートルまでを575円とし、超過料金の5立方メートルを超え10立方メートルまでを1立方メートルにつき61円とするものであります。


 次に、5ページをお開きください。


 第29条第2項の表中、メーターの口径として30ミリメートルを新設して、その分担金の額を52万1,000円とするものであります。


 3ページにお戻りいただきまして、附則といたしまして第1項で、この条例は平成19年4月1日から施行するものとし、2項で経過措置を定めるものでございます。


 次に、第77号議案 犬山市消防本部及び消防署設置条例等の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、消防組織法の一部改正において、全条文の見直し整理が行われたため、同法の条項を引用している消防関係条例を改正するものでございます。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 条例制定の趣旨、目的におきまして、消防組織法の条項を引用している部分を改正するものであります。


 2ページにお戻りいただきまして、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものであります。


 次に、第78号議案 犬山市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、国の消防表彰規程の一部改正に伴い、消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金の授与対象者を改めるとともに、あわせて用語の整理を行うものであります。


 改正の内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げます。


 3ページをお開きください。


 題名、本則及び別表中、賞じゅつ金の、大文字の「ゆ」を、現代仮名遣いに合わせまして、小文字の「ゅ」に改めるものであります。


 また、第1条、第2条及び第3条の2第1項中、消防吏員を消防職員に改めるものであります。これは消防部局内の階級を有しない職員が災害規模により、災害活動に従事する場合もあることから、消防吏員以外の職員まで賞じゅつ金を授与対象者を拡大するものであります。


 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。


 次に、第79号議案 犬山市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、犬山市教育委員会委員の瀬見井 久氏が平成18年10月4日をもって任期満了となりますので、後任者を任命するに当たり、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。


 後任者として、引き続き、稲沢市祖父江町祖父江寺内58番地、瀬見井 久。昭和12年3月11日生まれを任命するものであります。


 なお、経歴書を添付してありますので、ご参照いただきたいと思います。


 次に、第80号議案 犬山市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。


 この案を提出しますのは、犬山市教育委員会委員の高木録郎氏が平成18年8月31日をもって辞職されましたので、後任者を任命するに当たり、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。


 後任者としまして、江南市高屋町十六田145番地、滝 尚文。昭和13年10月13日生まれを任命するものであります。


 なお、任期につきましては、前任者の残任期間である平成19年12月20日までであります。なお、経歴書を添付してありますので、ご参照ください。


 続きまして、第81号議案 平成18年度犬山市一般会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に7億4,363万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を196億2,303万4,000円と定めるものであります。


 第2条は継続費を、第3条は債務負担行為を、第4条は地方債を補正するものであります。


 2ページをお開きください。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入からご説明申し上げます。


 9款地方特例交付金及び10款地方交付税は、本年度において普通交付税の不交付団体となったことなどに伴い、所要の補正を行うもので、地方特例交付金につきましては1,767万9,000円を増額、地方交付税につきましては、1億5,000万円を減額するものであります。


 14款国庫支出金、2項国庫補助金では、民間木造住宅耐震改修費補助金の減額と、理科副教本作成補助金の増額を合わせまして、802万7,000円の増額補正をするものであります。


 15款県支出金では、505万2,000円を増額補正するもので、2項県補助金では、民間保育所運営費補助金、子育て支援連携強化モデル事業費補助金及び民間木造住宅耐震改修費補助金で、合わせまして389万2,000円を増額し、3項委託金では、命を大切にする心を育む教育推進事業委託金及びあいち・出会いと体験の道場推進事業委託金で、合わせまして116万円を増額するものであります。


 16款財産収入、2項財産売払収入では、新庁舎建設に伴う不動産売払収入として1億2,811万円を増額補正するものであります。


 18款繰入金では、5億4,657万円を増額補正するもので、1項特別会計繰入金では、介護保険特別会計繰入金として2,595万3,000円を、2項基金繰入金では、庁舎建設基金繰入金として5億2,061万7,000円を増額するものであります。


 19款繰越金では、平成17年度の出納整理期間が終了し、決算の見通しがつきましたので、繰り越し見込み額の一部3億2,685万4,000円を増額するものであります。


 20款諸収入、5項雑入では、消防団員等公務災害補償等共済基金消防団員退職報償金などで44万円を増額補正するものであります。


 21款市債では、都市美化センターにおける大規模補修事業を3カ年の継続事業としていくことにより、1億3,910万円を減額補正するものであります。


 続きまして、歳出をご説明申し上げます。なお、説明に当たりましては、添付してあります事項別明細書により申し上げます。


 13ページをお開きください。


 2款総務費では、6億5,224万5,000円の増額補正をするもので、1項総務管理費、2目財産管理費では、庁舎建設基金積立金として1億2,811万円を、4目出張所管理費では、楽田出張所屋上改修工事請負費として42万円を、9目企画費では、自治基本条例の市民意向調査郵送料に伴う通信運搬費として186万2,000円を、16目新庁舎建設検討費では、新庁舎建設に伴う用地購入費関連として、測量登記委託料や物件移転補償金などで5億2,061万7,000円を、2項徴税費では、職員退職に伴うパート職員賃金として113万6,000円を、3項戸籍住民基本台帳費では、修繕料として10万円を増額するものであります。


 14ページをお開きください。


 3款民生費では、4,738万7,000円の増額補正を計上しました。


 1項社会福祉費、2目身体障害者・知的障害者福祉費では、障害者自立支援法の施行に伴う介護報酬の見直しと、一部事業が10月より地域生活支援事業へ移行することに伴う措置等で、921万円を減額、5目福祉会館運営費では、加圧ポンプ取替工事請負費として157万5,000円を、8目福祉医療助成費では、乳幼児医療費として4歳以上から就学前までの幼児を対象とする通院分として3,077万7,000円を増額し、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費ではDV対策用の自動車購入に伴う費用として128万9,000円を、2目保育所費では、歳入でご説明しました子育て支援連携強化モデル事業費補助金や、命を大切にする心を育む教育推進事業委託金の事業推進をするための消耗品や備品購入費及び城東保育園の営繕工事請負費など2,264万円を増額するものであります。


 16ページをお開きください。4目児童館運営費では、子育て支援連携強化モデル事業費補助金による備品購入などで、31万6,000円を増額補正するものであります。


 続きまして、4款衛生費では、1億5,115万3,000円の減額補正をするものでございます。


 2項清掃費につきまして、先ほど申し上げました都市美化センターの大規模維持補修工事を本年度より3カ年の継続事業費として実施していくことにより、事業を精査させていただいたものでございます。


 1目、清掃総務費で普通旅費として28万円を増額し、2目塵芥処理費では、都市美化センターの施設維持補修工事として2,650万円の増額と、都市美化センターの大規模補修工事の新設目で継続費設定に伴い、2億3,000万円の減額などで、合わせまして2億443万3,000円を減額をし、新設の5目都市美化センター大規模補修事業費では、3カ年の総事業費11億2,800万円のうち、初年度分として5,300万円を計上するものでございます。


 17ページをお開きください。


 5款農林業費、1項農業費、2目農業総務費では三位一体改革により犬山市が加入をしております尾張農業共済事務組合への補助金が減額されたことに伴いまして、同組合への負担金として517万2,000円を増額補正するものでございます。


 7款土木費では、1億7,776万6,000円の増額補正を計上いたしました。


 2項道路橋梁費、2目道路維持費では、市道青塚線を初め、道路維持工事請負費などで1億72万4,000円を増額し、4項都市計画費、1目都市計画総務費では6月に羽黒まちづくり委員会が設立されたことに伴い、その活動推進を支援するための委託料として、また善師野地区にあります特殊地下壕の安全対策工事請負費を合わせまして187万円を、2目建設総務費では、歳入でご説明申し上げました民間木造住宅耐震改修費補助金として420万円を、3目街路事業費では、委託料で富岡荒井線の道路詳細設計及び城下町地区の電線類の無電柱化実施設計などで2,118万4,000円を、公有財産購入費で、富岡荒井線及び城下町地区の無電柱化地上器の設置用地購入費といたしまして4,978万8,000円を、合わせまして7,097万2,000円の増額をするものであります。


 18ページをお開きください。


 8款消防費、1項消防費、2目非常備消防費では、消防団員に対する災害補償費及び退職報償金を合わせて41万5,000円を増額補正するものであります。


 9款教育費では、1,180万円の増額補正を計上いたしました。1項教育総務費、2目事務局費では、歳入でご説明いたしました国及び県支出金に対しますおのおの事業委託料として943万7,000円を、6項保健体育費、1目保健体育総務費では、愛知県市町村対抗駅伝大会委託料として40万円を、3目屋外体育施設費では、7月18日の大雨洪水時に被害を受けました野外活動センターの災害復旧工事として196万3,000円を増額するものであります。


 なお、20ページには、継続費に関する調書を、21ページには債務負担行為に関する調書を、22ページには地方債に関する調書を添付しておりますのでご参照いただきたいと思います。


 続きまして、第82号議案 平成18年度犬山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に2億3,579万円を追加し、歳入歳出予算の総額を67億1,601万円と定めるものであります。


 2ページ、3ページをお開きください。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入では、6款共同事業交付金で2億3,208万9,000円を、9款繰越金で370万1,000円を増額補正するものであります。このうち、共同事業につきましては、今年10月から新規に保険財政共同安定化事業が発足いたします。国保財政の安定化のため、県下の市町村が被保険者数や医療費の実績から一定の額を出し合い、そこから高額な医療費に対しての交付が行われるものでございます。


 歳出におきましては、1款総務費で70万1,000円を、2款保険給付費で300万円を、5款共同事業拠出金で2億3,208万9,000円を増額補正するものであります。


 なお、詳細につきましては、5ページからの事項別明細書をご参照いただきたいと思います。


 続きまして、第83号議案 平成18年度犬山市犬山城観光事業費特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に1,630万3,000円を追加し、予算の総額は9,896万4,000円と定めるものであります。


 2ページ、3ページをお開きください。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入では、2款国庫支出金でまちづくり交付金として630万円を、6款繰越金で1,000万3,000円を増額補正をし、歳出におきましては、1款犬山城観光事業費で天守閣上段の間の畳購入費及びタッチセンサー式CG再現システム購入費として1,630万3,000円を増額補正するものであります。


 なお、詳細につきましては、5ページからの事項別明細書をご参照いただきたいと思います。


 続きまして、第84号議案 平成18年度犬山市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に4,170万7,000円を追加し、予算の総額を23億4,831万8,000円と定めるものであります。


 2ページ、3ページをお開きください。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入では、6款繰越金で4,170万7,000円を増額補正するものであります。


 歳出におきましては、1款総務費で下水道施設の管路調査委託料、維持補修工事請負費等といたしまして4,170万7,000円を増額補正するものであります。


 なお、詳細につきましては、5ページからの事項別明細書をご参照いただきたいと思います。


 続きまして、第85号議案 平成18年度犬山市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に9,484万1,000円を追加し、予算の総額を31億539万4,000円と定めるものであります。


 2ページ、3ページをお開きください。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入では、3款国庫支出金から5款県支出金へ5,282万3,000円を組み替え、8款繰越金で9,484万1,000円を増額補正するものであります。


 歳出におきましては、2款保険給付費で1項介護サービス費から3項高額介護サービス費等へ1,946万7,000円を組み替え、5款基金積立金で介護保険事業給付費基金に積み立てるため3,680万円を、7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金で国庫負担金、県負担金、介護給付費交付金の精算分として3,208万8,000円を、2項繰出金で一般会計への繰出金として2,595万3,000円を増額補正するものであります。


 なお、詳細につきましては、5ページからの事項別明細書をご参照いただきたいと思います。


 続きまして、第86号議案 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計の決算の認定についてご説明申し上げます。


 平成17年度犬山市一般会計及び特別会計決算については、歳入歳出決算事項別明細書の499ページからの実質収支に関する調書で、それぞれ会計別の歳入歳出決算の総額を申し上げまして、内容の説明にかえさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 まず、501ページをお開きいただきたいと思います。


 最初に、上段の表は、一般会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は201億6,200万3,573円で、歳出総額は185億6,438万6,079円でありますので、歳入歳出差引額は15億9,761万7,494円となりますが、翌年度への繰り越すべき財源といたしまして、繰越明許費繰越額8,619万3,250円を差し引き、実質収支は15億1,142万4,244円となりました。


 続きまして、特別会計を順を追って申し上げます。


 下段の表は、国民健康保険特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は65億4,947万8,429円で、歳出総額が61億26万8,234円でありますので、歳入歳出差引額の4億4,921万195円が翌年度への繰り越しとなりました。


 次に、502ページ、503ページをお開きください。


 犬山城観光事業費特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は1億1,033万4,924円で、歳出総額が8,660万6,114円でありますので、歳入歳出差引額の2,372万8,810円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 次に、木曽川うかい事業費特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は5,011万1,689円で、歳出総額が4,831万2,200円でありますので、歳入歳出差引額の179万9,489円が翌年度への繰り越しとなりました。


 次に、岡部育英事業特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は12万1,829円で、歳出総額が5万円でありますので、歳入歳出差引額の7万1,829円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 次に、相馬育英事業特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は25万3,662円で、歳出総額が10万円でありますので、歳入歳出差引額の15万3,662円が翌年度への繰り越しとなりました。


 次に、504ページ、505ページをお開きください。


 土地取得特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入歳出総額は、ともに4,033万6,099円で、翌年度への繰り越しはありません。


 次に、老人保健特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は57億3,742万3,111円で、歳出総額が57億2,633万1,171円でありますので、歳入歳出差引額の1,109万1,940円が翌年度への繰り越しとなりました。


 次に、公共下水道事業特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は21億3,480万8,128円で、歳出総額が20億366万2,557円でありますので、歳入歳出差引額の1億3,114万5,571円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 次に、教育振興事業特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は4,126円で、歳出として予算執行はありませんので、そのままの4,126円が翌年度への繰り越しとなりました。


 次に、506ページをお開きください。


 農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は7,589万4,146円で、歳出総額が6,182万4,940円でありますので、歳入歳出差引額の1,406万9,206円が翌年度へ繰り越しとなりました。


 次に、介護保険特別会計歳入歳出決算であります。


 歳入総額は27億5,551万8,814円で、歳出総額が26億5,534万6,605円でありますので、歳入歳出差引額の1億17万2,209円が翌年度への繰り越しとなりました。


 以上、平成17年度の一般会計並びに各特別会計の収入済額及び支出済額の総額と、歳入歳出差引額について申し上げました。


 なお、決算書のほかに、事項別明細書、実質収支に関する調書、決算に係る主要施策の成果報告書、財産に関する調書等を添付しております。


 また、監査委員の決算審査意見書も提出しておりますので、ご参照いただきたいと思います。


 次に、第87号議案 平成17年度犬山市水道事業会計の決算の認定について、ご説明申し上げます。


 初めに、決算の概要を申し上げます。


 4ページ、5ページをお開きください。


 最初に、収益的収入及び支出におきまして、収入の、第1款水道事業収益の決算額は、11億9,373万560円であります。


 支出の第1款水道事業費用の決算額は、11億2,556万9,351円であります。


 8ページをお開きください。


 水道事業損益計算書におきまして、当年度の純利益は下から3行目にありますように、6,002万6,668円であります。


 10ページをお開きください。


 水道事業剰余金処分計算書におきまして、当年度未処分利益剰余金6,002万6,668円につきましては、利益剰余金処分額の減債積立金に1,407万5,409円を、建設改良積立金に2,018万3,076円を、それぞれ充当し、残額の2,576万8,183円につきましては、翌年度繰越利益剰余金とするものであります。


 6ページ、7ページにお戻りください。


 資本的収入及び支出におきまして、収入の第1款資本的収入の決算額は9,909万7,942円であり、支出の第1款資本的支出の決算額は3億3,994万2,586円であります。


 欄外に記載いたしましたとおり、資本的収入が資本的支出に対して不足する額2億4,084万4,644円につきましては、過年度分損益勘定留保資金2億1,792万6,941円を、減債積立金1,508万4,453円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額783万3,250円を補てんするものであります。


 以上が、平成17年度水道事業会計の概要であり、11ページ、12ページに貸借対照表、13ページ以降は、決算附属書類を添付しております。


 また、監査委員の決算審査意見書も提出しておりますので、ご参照いただきたいと思います。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


           ********************








○議長(大脇伸孔君) 提案理由の説明は終わりました。


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 明2日から6日までは休会及び議案精読とし、7日午前10時から本会議を再開いたしまして、一般質問を行います。


 本日は、これをもって散会いたします。


                午前10時50分 散会