議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 犬山市

平成17年 5月臨時会(第2日 5月18日)




平成17年 5月臨時会(第2日 5月18日)





 
平成17年5月臨時会





 平成17年5月





           臨 時 犬 山 市 議 会 会 議 録





                             第2号 5月18日(水曜日)





──────────────────────────────────────────


〇議事日程 第2号 平成17年5月18日午後3時開議


 第1 議長選挙について


 第2 副議長辞職許可について


 第3 副議長選挙について


 第4 常任委員会委員の選任について


 第5 議会運営委員会委員の選任について


 第6 愛北広域事務組合議会議員の選任について


 第7 尾張農業共済事務組合議会議員の選任について


 第8 市議会報編集委員会委員の選任について


           ********************


〇本日の会議に付した案件


 第1 議長選挙について


 第2 副議長辞職許可について


 第3 副議長選挙について


           ********************


〇出席議員(25名)


   1番  宮 島   一 君       14番  大 島 金 次 君


   2番  高 間 信 雄 君       15番  原   欣 伸 君


   3番  山 本   誠 君       16番  ビアンキ アンソニー 君


   4番  住 野 龍之介 君       17番  小 池 昭 夫 君


   5番  水 野 正 光 君       18番  大 脇 伸 孔 君


   6番  東 海 孝 年 君       19番  岡     覚 君


   7番  上 村 良 一 君       20番  山 下 一 枝 君


   8番  三 浦 知 里 君       21番  前 田 幸 雄 君


   9番  稲 垣 民 夫 君       22番  福 冨   勉 君


   10番  宮 地 繁 誠 君       23番  熊 澤 宏 信 君


   11番  松 浦 英 幸 君       24番  本 多 克 郎 君


   12番  山 田 拓 郎 君       25番  堀 江 正 栄 君


   13番  川 村 佳代子 君


           ********************


〇欠席議員(なし)


           ********************


〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 事務局長    長谷川   勲 君      次長      ? 木 秀 仁 君


 次長補佐    後 藤   裕 君      統括主査    中 田 妙 子 君


           ********************


〇説明のため出席した者の職・氏名


 助役      渡 邊 昭 美 君      収入役     加 藤 博 之 君


 教育長     瀬見井   久 君      市長公室長   大 澤 繁 昌 君


 総務部長    山 澄 俊 明 君      民生部長    小 川 正 美 君


 環境部長    牧 野 一 夫 君      都市整備部長  金 武 幹 男 君


 都市整備部次長 ? 木 金 彦 君      産業経済部長  番 家 敏 夫 君


 学校教育部長  長谷川 隆 司 君      生涯学習部長  鈴 木 勝 彦 君


 水道部長    陸 浦 公 延 君      消防長     渡 辺 孝 雄 君


 秘書広報課長  宮 島 敏 明 君      企画調整課長  酒 井 美 彦 君


 総務課長    服 部 良 弘 君


           ********************


               午後3時00分 開議


○副議長(稲垣民夫君) ただいまの出席議員は、25名でございます。


 なお、当局において石田市長が公務出張のため、欠席いたしております。


 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 議事日程に従いまして、会議を進めます。


          ********************








△日程第1 議長選挙について








○副議長(稲垣民夫君) 日程第1、議長選挙についての件を議題といたします。


 これより議長選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法について、投票または指名推選のいずれの方法によるべきか、ご意見を承りたいと思います。


 19番 岡議員。


○19番(岡  覚君) 投票による選挙をお願いいたしたいと思います。


○副議長(稲垣民夫君) ただいま、19番 岡  覚議員から投票でお願いしたいとの発言がございましたが、これにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕


○副議長(稲垣民夫君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、投票と決定いたしました。


 これより、議長の選挙を行います。


 ただいまの出席議員は、25名であります。


 投票用紙を配付させます。


  〔投票用紙配付〕


○副議長(稲垣民夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


  〔「なし」の声起こる〕


○副議長(稲垣民夫君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。


  〔投票箱点検〕


○副議長(稲垣民夫君) 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。自席にて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 点呼を命じます。


 長谷川事務局長。


○事務局長(長谷川 勲君) 議席番号とお名前を読み上げます。順次投票をお願いいたします。


  〔点呼投票〕


○副議長(稲垣民夫君) 投票漏れはありませんか。


  〔「なし」の声起こる〕


○副議長(稲垣民夫君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 これより、開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に2番 高間信雄議員、25番 堀江正栄議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。


  〔両議員の立ち会いの上開票〕


○副議長(稲垣民夫君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数25票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち有効投票23票。


 有効投票中、堀江正栄議員12票、大脇伸孔議員10票、本多克郎議員1票、以上のとおりでございます。


 この選挙の法定得票数は6票であります。


 よって、25番 堀江正栄議員が議長に当選されました。


 会議規則第31条第2項の規定により、議長に当選されましたことを堀江正栄議員に告知いたします。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                午後3時13分 休憩











                 再     開


                午後3時14分 開議


○副議長(稲垣民夫君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいま議長に当選されました堀江正栄議員から発言の要請がありましたので、これを許可いたします。


  〔25番 堀江君 全議員の前へ進む〕


○25番(堀江正栄君) 堀江でございます。ただいま、大変重たい役職を議員各位から賜りましたことを、まずもって厚く厚く御礼申し上げます。何分にも、私、皆さんご存じのとおり、経験ふなれ、まだまだ未熟なところが多い、自分自身もかよう思っておりますが、議員として、そして犬山市民に対することに関しては、皆さんと一緒に、熱い思いは一緒だと思ってます。また、この犬山を取り巻くいろんな部分に関しても大変厳しい、そんな中で、こうして私を選んでくださったことに、そして皆さんと一緒になってこの犬山を、そして犬山市民のために少しでもお役に立てるよう、そしてこの議会内、行政と議員がよりよく、すばらしい議論を戦える場として、そういう環境を少しでもつくれたらなと思っておりますので、議員各位、何とぞご支援賜り、またご協力を賜り、犬山市民のために一緒になって頑張っていきたいと思っております。これからもまた、一度議長として、いろんな部分で皆さんのお力かります。ぜひとも、私含めて25名の議員で犬山のために頑張っていきたい、こんなふうに思っておりますので、これからもご支援賜りますことをお願い申し上げ、あいさつとさせていただきます。ありがとうございます。


  〔拍手〕


○副議長(稲垣民夫君) 以上で、議長選挙は終わりました。


 これより堀江正栄議長と議長席を交代いたします。


○議長(堀江正栄君) 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                午後3時18分 休憩











                 再     開


                午後3時25分 開議


○議長(堀江正栄君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


           ********************








△日程第2 副議長辞職許可について








○議長(堀江正栄君) 日程第2、副議長辞職許可についての件を議題といたします。


 ただいま、稲垣民夫副議長から「副議長辞職願」が提出されました。


 事務局長より「副議長辞職願」を朗読させます。


 長谷川事務局長。


○事務局長(長谷川 勲君) それでは、朗読させていただきます。


 副議長辞職願。


 今般、都合により犬山市議会副議長を辞職いたしたいので願い出ます。


 平成17年5月18日。犬山市議会副議長稲垣民夫。


 犬山市議会議長堀江正栄様。


 以上です。


○議長(堀江正栄君) お諮りいたします。稲垣民夫議員の副議長辞職を許可することにご異議ございませんか。


  〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(堀江正栄君) 異議なしと認めます。よって、稲垣民夫議員の副議長辞職を許可することに決しました。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                午後3時27分 休憩











                 再     開


                午後3時27分 開議


○議長(堀江正栄君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。


 ただいま、前副議長稲垣民夫議員から発言の要請がありましたので、これを許可いたします。


○9番(稲垣民夫君) お許しをいただきましたので、副議長辞任に際しまして、一言御礼のごあいさつを申し述べさせていただきます。


 昨年の5月臨時議会におきまして、皆様のご推挙を賜りまして、副議長の要職につかさせていただきました。もとより大変未熟な者でございますので、皆さん方に十分なお働きもできず、ご迷惑もいろいろおかけいたしましたけれども、曲がりなりにも1年間務めさせていただくことができました。これはひとえに議長初め、先輩議員、また同僚議員の皆様方のご指導、ご協力のたまものでございまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。まことにありがとうございました。


 顧みますと、ちょうど昨年の今ごろ、議長と事務局長と3人で、近隣の市町にあいさつ回りに伺ったことが本当にきのうのように思い出されます。この間、前田前議長のもと、いろいろな経験をさせていただき、多く勉強させていただいたことに関しましても重ねて御礼を申し上げます。


 今、国では三位一体改革のもと、地方分権の流れは進み、私ども地方自治に携わる者の責務もますます増大するものと考えております。そんな折、私もただいまより犬山市議会の一議員といたしまして、甚だ微力ではございますが、犬山市政の進展に汗を流して働きたいとかように思っておりますので、どうか今後とも一層のご指導を賜りますようお願いを申し上げまして、副議長退任のあいさつとさせていただきます。


 1年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


  〔拍手〕


           ********************








△日程第3 副議長選挙について








○議長(堀江正栄君) 日程第3、副議長選挙についての件を議題といたします。


 議事の進行上、暫時休憩いたします。


                午後3時31分 休憩