議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 蒲郡市

平成10年  3月 一般質問通告書 (参考資料)




平成10年  3月 一般質問通告書 − (参考資料)









一般質問発言通告書



?
質問者
要旨
質問日



蒲郡市政クラブ

大場 実
  平成10年度予算大綱について

1 行政改革について

2 競艇事業について

3 観光事業について

4 蒲郡のリゾート開発について

5 幹線道路整備について

6 農業振興について
11日



公明蒲郡市議団

豊田善次
  平成10年度予算大綱について

1 市長の2期目に当たり、市政に対する基本的な考え方について

2 交流事業について

 (1)ギズボーン港との交流事業

 (2)水源地との交流事業

3 道路行政について

 (1)鹿島バイパス・中央バイパス

 (2)県道深溝西浦線

 (3)松原線

4 環境問題について

 (1)リサイクルプラザ建設

 (2)新最終処分場建設

5 観光行政について
11日



日本共産党蒲郡市議団

日恵野佳代
  1998年度予算大綱について

1 国の政策と地方財政について

  「財政構造改革法」は、地方財政に大きな影響を与えている。地方自治体には歳出カットが要求される一方で、銀行業界には30兆円の公的資金が投入されます。また愛知県は万博、空港のビッグプロジェクトを抱え、県下の市町村もその影響を受けます。これらについて市長の所見を伺います。また市民の暮らしを守るために蒲郡は、どう対処するのか、伺います。

2 市の借金の今後の見通し、再建策について

  市長は積極予算、健全財政というが、起債残高は96年度末、 509億円、97年度見込み 529億円、98年度予算で 554億円と、急
激に増えている。不要不急の事業を見直し、市の借金を減らすべきではないか。今後の見通しについて伺う。

3 施策の優先順位について

 (1)市長は(仮)海洋情報センターをはじめとする情報化施策や大塚リゾートに施策の重点を置いている。一方で、市民の暮らしが置き去りになっていないか。市長の施策の優先順位の判断を伺う。

 (2)競艇事業とナイターレース

  市長は予算大綱説明で「安全で安心な地域社会の構築」をうたった。ナイターレースに反対している市民が願っているのはまさにこのことである。市民の声を優先し、ナイターレース計画の中止を求める。
11日



水野孝久
1 蒲郡の観光について

2 (仮)蒲郡海洋情報センター展示標本について
12日



柴田安彦
1 大塚リゾート開発と第三セクターについて

  市はこれまで「一流企業がついており、順調に進んでいる」と繰り返し述べてきた。ところが、今議会には急に増資の予算が提出された。今後の事業展開が不透明であり、市民の不安は拭いきれていない。詳細な説明をすべきではないか。

 (1)増資計画の経過とその目的、効果について

 (2)出資比率の変更について

 (3)事業計画、資金計画等はどうなっているのか。また、その実現性はどうか。

 (4)高級リゾート志向は維持するのか。利用者層や需要をどう判断しているのか。

2 市の情報化施策について

  市は(仮)海洋情報センターの建設、学校、公民館へのコンピュータ導入など、情報化関連施策を聖域化し、そこに偏重した施策を進めている。しかし市民の切実な要望はそこになく、重点を改めるべきではないか。

 (1)スクールネットワーク事業について

 (2)(仮)海洋情報センターについて

 (3)公民館の利用について

 (4)有害情報の排除と私的利用の防止について

3 市民の健康づくりについて

  高齢化がすすむなかで、市民の健康に対する関心は高まっている。健康づくりの施策強化と安心して医療、介護が受けられる体制を整えるべきではないか。

 (1)新たな保健福祉計画策定について

 (2)国保事業の安定化について
12日



浜千代 進
  平成10年度予算大綱について

1 行財政改革の政策課題について

 (1)地方分権の推進により、市は行政を総合的、広範囲に担うこととなり、その役割は増大するが、ア.事務事業の見直し、イ.職員定数、給与見直し、ウ.各種団体、法人への補助金見直しを表明しているが、むしろ地方は分権によって、事務事業量の増加が予想される。行政改革3つの見直しとの矛盾は、どのように整理し推進するのか、お伺いします。

2 財政健全化のため、市債の活用による財源確保については、当分の間最小限度にする時期に来ていると思うが、その方針についてお伺いします。

3 いきいきとときめき活力ある蒲郡づくりについて

 (1)人が集まり住んでみたくなる豊かな街の要件は、優良企業があり、安定した職場の確保、経済生活基盤の確立が最も重要である。産業振興対策も従来通りではなく、特別な施策を行うべきと思うがどうか、お伺いします。

 (2)優良企業誘致について優遇制度を設けて積極的に推進する考えはないかお伺いします。
12日