議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 蒲郡市

平成23年  5月 臨時会 05月12日−01号




平成23年  5月 臨時会 − 05月12日−01号







平成23年  5月 臨時会



             5月臨時会一覧表





会議
行事


12

          開会
本会議 午前10時開議
  議長の選挙
  議席の指定
  会議録署名議員の指名
  会期の決定
  諸般の報告
  副議長の選挙
  議案 説明のみ(33、34号)
 


13

本会議 午前10時開議
  会議録署名議員の指名
  常任委員の選任
  議会運営委員の選任
  特別委員会の設置
  蒲郡市幸田町衛生組合議会議員の選挙
  議案+質疑〜採決(33、34号)
    +説明〜採決(35号)
  常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査申出事件について
  閉会
 



会議に付した事件

1.議長の選挙

2.議席の指定

3.会議録署名議員の指名

4.会期の決定

5.諸般の報告(東海市議会議長会、議員25年、20年以上表彰の報告。交通事故による損害賠償の額の決定及び和解について専決処分の報告。例月現金出納検査、平成22年度定例監査及び財政援助団体監査の結果報告。)

6.副議長の選挙

7.第33号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第1号))

8.第34号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第2号))

9.常任委員の選任

10.議会運営委員の選任

11.特別委員会の設置

12.蒲郡市幸田町衛生組合議会議員の選挙

13.第35号議案 監査委員の選任について

14.常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査申出事件について

議事日程(第1号)

              平成23年5月12日(木曜日)午前10時00分開議

 第1 議長の選挙

 第2 議席の指定

 第3 会議録署名議員の指名

 第4 会期の決定

 第5 諸般の報告

 第6 副議長の選挙

 第7 第33号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第1号))及び

    第34号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第2号))

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

出席議員(20名)

     1番  稲吉郭哲       2番  広中昇平

     3番  青山義明       4番  来本健作

     5番  波多野 努      6番  尾崎広道

     7番  松本昌成       8番  日恵野佳代

     9番  大場康議       10番  鎌田篤司

     11番  鈴木基夫       12番  新実祥悟

     13番  伴 捷文       14番  竹内滋泰

     15番  大竹利信       16番  柴田安彦

     17番  牧野泰広       18番  伊藤勝美

     19番  喚田孝博       20番  鈴木貴晶

欠席議員(なし)

説明のため出席した者の職氏名

   市長        金原久雄   副市長       稲葉正吉

   教育長       廣中達憲   総務部長      山口 修

   市民福祉部長    鈴木良一   産業環境部長    市川保夫

   建設部長      安藤克佳   都市開発部長兼上下水道部長

                              木俣文博

   競艇事業部長    井上昇三   市民病院長     河邉義和

   教育部長      鈴木清貴   監査事務局長    壁谷亮二

   市民病院事務局長  大場正司   消防長       尾嵜卓郎

   行政課長      鈴木富次   財務課長      井澤勝明

議会事務局出席者

   事務局長      宮田滋樹   議事課長      鈴木良治

   係長        千賀かおり  主事        松下朝子

   主事        對馬慶二   主事        岩瀬祥治

                          午前10時00分 開議



◎宮田滋樹議会事務局長 本日は一般選挙後初の議会でございますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、伴 捷文議員が年長の議員でございますので、ご紹介申し上げます。

 それでは伴 捷文議員、よろしくお願いいたします。



○伴捷文臨時議長 皆さん、おはようございます。

 ただいまご紹介をいただきました、伴 捷文でございます。地方自治法第107条の規定により臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願いをいたします。

 これより平成23年5月蒲郡市議会臨時会を開会いたします。

 会議に先立ち、市長から臨時市議会招集についてあいさつがあります。市長。

     〔金原久雄市長 登壇〕



◎金原久雄市長 皆さん、おはようございます。

 5月臨時市議会の開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 気温も上がり、日差しもまぶしくなり、新緑にもえる若葉と吹く風はとてもさわやかな季節となりました。議員の皆様におかれましては、去る4月24日執行の市議会議員一般選挙において当選の栄誉を得られ、本日ここに初の議会を開催する運びとなりました。心からおよろこびとお祝いを申し上げます。

 さて、3月11日に発生いたしました東日本大震災から、はや2カ月が過ぎました。私も4月初旬に現地を見てまいりましたが、未曾有の地震と大津波による被害は、死者、不明者合わせて2万6,000人余を数え、一部では町そのものが消え去ってしまうという、言語を絶する被害状況であります。

 加えて、福島の原発事故が復興に重くのしかかり、いまだに復旧のめどが立たない状況であります。本市におきましても、愛知県市長会や東三河8市町村震災復旧支援会議、日本財団などを通じて人的、物的支援をさせていただいており、今後も引き続きできる限りの支援と協力を継続してまいる所存であります。

 東日本大震災の影響はご承知のとおり、国内外に及んでおります。本市におきましても、さまざまな分野で影響が出ております。

 資材や部品の調達がままならず、事業の運営や資金繰りに支障を来たしている中小企業も多く、観光産業におきましても世間に広がる自粛ムードから大きな影響を受けております。

 そんな中、このゴールデンウィークに関しましては天候にも恵まれ、竹島やラグーナの市内の観光地は大いににぎわいました。ボートレース蒲郡も4月29日からナイターレースを再開することができ、ほっとしているところでございます。

 本臨時会にご提案申し上げます議案は、専決処分の承認が2件、人事案件が1件の合わせて3件の審議をお願い申し上げます。各議案の内容につきましては、提案の際詳細にご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。

 また、本臨時会は市議会にとって最も重要であります、議会の組織、役員等の改選が予定されております。円滑なる決定をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

     〔金原久雄市長 降壇〕



○伴捷文臨時議長 これより、会議を開きます。

 この際、議事の進行上、仮議席を指定させていただきます。仮議席は、ただいまご着席の議席を指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議長の選挙



○伴捷文臨時議長 次に日程第1、議長の選挙を行います。

 議長の選挙は投票により行います。議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○伴捷文臨時議長 ただいまの出席議員数は20名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○伴捷文臨時議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○伴捷文臨時議長 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○伴捷文臨時議長 異状なしと認めます。念のために申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、仮議席番号1番から順次投票をお願いいたします。

     〔投票〕



○伴捷文臨時議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○伴捷文臨時議長 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○伴捷文臨時議長 開票を行います。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に、1番、稲吉郭哲議員、20番、鈴木貴晶議員を指名いたします。

 よって、両議員の立ち会いをお願いします。

     〔開票〕



○伴捷文臨時議長 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票0票。有効投票中、波多野努議員10票、伊藤勝美議員10票。以上のとおりであります。

 暫時休憩をいたします。

                          午前10時14分 休憩

                          午前10時22分 再開



○伴捷文臨時議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほどの議長選挙の結果は、波多野努議員10票、伊藤勝美議員10票でありました。波多野努議員の得票と伊藤勝美議員の得票が同数であり、しかもその得票数は法定得票数5票を超えております。

 よって、地方自治法第118条第1項の規定において準用する公職選挙法第95条第2項の規定によって、くじで当選人を定めることになりました。

 くじの手続きについて申し上げます。くじは2回引いていただきます。1回目は、くじを引く順序を決めるためのものであり、数字の少ないほうから当選人を定めるくじを引いていただきます。

 2回目は、この順序によってくじを引き、当選人を定めるためのもので、当選と明記されたくじを引いた方を当選人といたします。

 波多野努議員、伊藤勝美議員の登壇をお願いいたします。

     〔波多野努議員、伊藤勝美議員 登壇〕



○伴捷文臨時議長 まず、くじを引く順序を決めるくじを行います。

 波多野議員、伊藤議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕



○伴捷文臨時議長 ただいまのくじの結果、初めに伊藤勝美議員が、次に波多野努議員が引くことになりました。

 ただいまの順序により、当選人を決定するくじを行います。それでは伊藤勝美議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕



○伴捷文臨時議長 次に波多野努議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕

     〔波多野努議員、伊藤勝美議員 降壇〕



○伴捷文臨時議長 くじの結果を報告いたします。波多野努議員が当選のくじを引かれました。よって、波多野努議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました波多野努議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による告知をいたします。

 議長に当選をされました波多野努議員のあいさつがあります。

     〔波多野努議長 登壇〕



○波多野努議長 ただいま、伝統ある蒲郡市議会議長に、蒲郡市議会始まって以来2度目ということでお聞きしておりますけれども、抽選ということで選出をいただきまして、心から御礼を申し上げますとともに、責任の重さを痛感しているところでございます。

 さて、先に行われました市議会議員選挙におきまして、多くの課題を市民の皆様方から負託をされて議場にお見えのことと思います。先行き不透明な今こそ、蒲郡市議会の英知を結集し、蒲郡市民の負託にこたえようではありませんか。

 そのために、建設的で市民にわかりやすい開かれた議会を目指し、議長として議員各位の活発な議会活動をサポートさせていただくとともに、調整役に徹し、蒲郡市の行政の一翼を担ってまいりたいと存じます。

 しかしながら、微力な私ですので、皆様方のご指導、ご協力なくしては何もできません。今後とものご指導、ご協力をお願い申し上げ、議長就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

     〔波多野努議長 降壇〕



○伴捷文臨時議長 ありがとうございました。

 この際、議長と交代のため暫時休憩をいたします。

                          午前10時28分 休憩

                          午前10時29分 再開



○波多野努議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議席の指定



○波多野努議長 次に、日程第2、議席の指定を行います。議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において、ただいまご着席の仮議席を議席に指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会議録署名議員の指名



○波多野努議長 次に、日程第3、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、1番 稲吉郭哲議員、2番 広中昇平議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 会期の決定



○波多野努議長 次に日程第4、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日及び明日の2日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○波多野努議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は2日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 諸般の報告



○波多野努議長 次に日程第5、諸般の報告をいたします。

 去る4月14日に開催されました第94回東海市議会議長会定期総会において、東海市議会議長会会長野間芳実氏から、柴田安彦議員が25年以上、日恵野佳代議員が20年以上、市議会議員として市政の発展に尽くされ、その功績に対しはえある表彰を受けられました。ここにご報告申し上げます。

 次に、市長から報告第2号、交通事故による損害賠償の額の決定及び和解についての専決処分の報告がありましたので、議席に配布いたしました。

 次に、監査委員から例月現金出納検査、平成22年度定例監査及び財政援助団体監査の結果の報告がありましたので、議席に配布いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 副議長の選挙



○波多野努議長 次に日程第6、副議長の選挙を行います。

 副議長の選挙は、投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○波多野努議長 ただいまの出席議員数は20名であります。投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○波多野努議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○波多野努議長 配付漏れはなしと認めます。投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○波多野努議長 異状なしと認めます。念のために申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番から順次投票を願います。

     〔投票〕



○波多野努議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○波多野努議長 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○波多野努議長 開票を行います。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に、2番、広中昇平議員、19番、喚田孝博議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○波多野努議長 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票0票。有効投票中、柴田安彦議員10票、松本昌成議員10票。以上のとおりであります。

 選挙の結果は、柴田安彦議員10票、松本昌成議員10票と得票が同数であり、しかもその得票数は法定得票数5票を超えております。

 よって、地方自治法第118条第1項の規定において準用する公職選挙法第95条第2項の規定によって、くじで当選人を定めることになります。

 くじの手続きについて申し上げます。くじは2回引いていただきます。1回目は、くじを引く順序を決めるためのものであり、数字の少ないほうから当選人を定めるくじを引いていただきます。

 2回目は、この順序によってくじを引き、当選人を定めるためのもので、当選と明記されたくじを引いた方を当選人といたします。

 柴田安彦議員、松本昌成議員の登壇をお願いいたします。

     〔柴田安彦議員、松本昌成議員 登壇〕



○波多野努議長 まず、くじを引く順序を決めるくじを行います。

 柴田安彦議員、松本昌成議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕



○波多野努議長 ただいまのくじの結果、初めに柴田安彦議員が、次に松本昌成議員が引くことになりました。

 ただいまの順序により、当選人を決定するくじを行います。それでは柴田安彦議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕



○波多野努議長 次に松本昌成議員、くじをお引きください。

     〔くじ引き〕

     〔柴田安彦議員、松本昌成議員 降壇〕



○波多野努議長 くじの結果を報告いたします。柴田安彦議員が当選のくじを引かれました。よって、柴田安彦議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました柴田安彦議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による告知をいたします。

 副議長に当選されました柴田安彦議員のあいさつがあります。

     〔柴田安彦副議長 登壇〕



◆柴田安彦副議長 ただいまは副議長に選任をいただき、大変ありがとうございます。

 議会は、二元代表制の原則に基づいて、私は行政のチェック機関としての役割を果たすべきだとこのように考えています。今後も引き続き、行政とは緊張感のある関係を保ちつつ運営をしていきたい、このように考えています。

 また、議会の運営に当たっては民主的に作業を行う、このことに徹して、議長を補佐して頑張ってまいりたいと思います。

 皆様方のご協力を心からお願いをいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

     〔柴田安彦副議長 降壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 第33号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第1号))及び第34号議案 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第2号))



○波多野努議長 次に日程第7、第33号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第1号))及び第34号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成23年度蒲郡市一般会計補正予算(専決第2号))の2件を一括議題といたします。

 以上2件について、当局の説明を求めます。

 第33号議案及び第34号議案、財務課長。



◎井澤勝明財務課長 それでは、第33号議案、専決処分の承認を求めることについて及び第34号議案、専決処分の承認を求めることについての2件について、ご説明申し上げます。

 第33号議案は、一般会計補正予算(専決第1号)についてでございまして、3月11日に発生いたしました東日本大震災に対応するために一般会計予算を補正する必要が生じましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成23年4月1日に専決処分させていただきましたので、市議会の承認を求めるため提案するものでございます。

 議案を2枚めくっていただきまして、3枚目をごらんください。

 今回の一般会計の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260億2,900万円とするものでございます。

 内容についてご説明申し上げますので、事項別明細書の5ページ、6ページの3、歳出をごらんください。

 6ページの説明欄に記載のとおり、3月11日に発生いたしました東日本大震災被災地域支援事業にかかるものでございます。

 3節職員手当等165万円は、市職員を派遣した際の現地における時間外勤務手当でございます。

 9節旅費180万円は、派遣職員の被災地までの旅費でございます。

 11節需用費のうち消耗品費474万8,000円は、愛知県を通じ、宮城県に対しまして蒲郡市で貯蔵しておりました物資を提供したため不足することになりました市の災害用物資を新たに購入するものでございます。

 11節需用費のうち燃料費25万2,000円は、緊急消防援助隊を派遣する際の車両などにかかる燃料費でございます。

 14節使用料及び賃借料20万円は、被災者のための民間住宅借上料などでございます。

 18節備品購入費135万円は、被災地に提供して在庫が不足してしまいました発電機を新たに購入するためのものでございます。

 次に、歳入についてですが、同じページの上の段の2、歳入をごらんください。歳出総額1,000万円を、繰越金で賄うものでございます。

 次に、第34号議案 専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 第34号議案は、一般会計補正予算(専決第2号)についてでございまして、東日本大震災の影響を受けました中小企業者の支援をするために一般会計予算を補正する必要が生じましたが、議会を招集する時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成23年4月20日に専決処分させていただきましたので、市議会の承認を求めるため提案するものでございます。

 議案を2枚めくっていただきまして、3枚目をごらんください。

 こちらの一般会計の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,800万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260億4,700万円とするものでございます。

 内容についてご説明申し上げますので、事項別明細書の5ページ、6ページの3、歳出をごらんください。

 6ページの説明欄に記載のとおり、東日本大震災により影響を受けました中小企業者を支援するために、中小商工業等金融対策事業費を1,800万円追加するものでございます。

 具体的には、愛知県が同県の制度融資でございます経済環境適応資金のうち、セーフティネット資金につきまして、4月1日から東日本大震災により直近1カ月の売上高等が前年同月に比べ20%以上減少し、かつ、その後2カ月を含む3カ月間の売上高等が前年同期に比べ20%以上減少する場合にも同資金の対象としたことに伴いまして、同融資1,000万円分の保証料を限度とし、その信用保証料の2分の1を補助しようとするものなどでございます。

 次に、歳入についてですが、同じページの上の段の2、歳入をごらんください。

 歳出総額1,800万円を、繰越金で賄うものでございます。

 以上で第33号議案及び第34号議案の説明を終わらせていただきます。

 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○波多野努議長 以上2件については、本日は説明のみにとどめます。

 なお、以上2件に対する質疑の通告は、本日午後3時までにお願いいたします。

 以上で本日の日程は、すべて終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

 なお、本会議は明日午前10時から開き、委員の選任及び議案の審議等を行います。

 大変ご苦労さまでした。

                          午前10時54分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

             蒲郡市議会臨時議長  伴 捷文

             蒲郡市議会議長    波多野 努

             蒲郡市議会議員    稲吉郭哲

             蒲郡市議会議員    広中昇平