議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成17年4月臨時会(第1号) 本文




                            午前10時00分 開会
◯議長(黒柳和義) ただいまの出席議員は27名で、定足数に達しております。よって、平成17年西尾市議会4月臨時会は成立しましたので開会します。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 今臨時会に提出されました案件は、専決処分を初め2件であります。議員各位におかれましては、綿密周到なご審議により、妥当な議決に到達しますようご協力をお願い申し上げます。
 市長からあいさつがあります。
      〔市長 本田忠彦 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(本田忠彦) 一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、ここに平成17年西尾市議会4月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私とも何かとご多用の中、ご参集をいただきまして、提出議案につきましてご審議を賜りますことに対しまして、衷心より厚くお礼を申し上げる次第でございます。
 さて、本議会に提案をいたします案件は2件で、その内訳は、専決処分1件、工事請負契約1件でございます。
 まず、専決処分につきましては、市営住宅の入居者に対する住宅の明渡し及び家賃等の支払いを求め、訴えの提起について専決処分をさせていただきましたので、そのご報告を申し上げ、ご承認をお願い申し上げたいとするものでございます。
 次に、工事請負契約といたしまして、西尾市立鶴城中学校北校舎改築工事につきまして、お願いをしたいとするものでございます。
 以上、提出議案の概要を申し上げましたが、詳細につきましては後ほど、担当者が説明いたしますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
      〔市長 本田忠彦 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) あいさつは終わりました。
           ─────────────────────
                            午前10時03分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第1号により行います。
           ──────────○──────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において中村行男君及び松崎秀実君を指名します。
           ──────────○──────────
日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 お諮りします。今臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) ご異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定しました。
           ──────────○──────────
日程第3

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 日程第3 議案第25号 専決処分についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。建設部長。
      〔建設部長 犬塚賢治 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(犬塚賢治) ただいま議題となりました議案第25号 専決処分について、提案理由の説明を申し上げます。
 本案は、市営宮浦住宅の入居者に対する訴えの提起でございまして、市営住宅の適正な管理を図るために早期に事務を執行することの必要性にかんがみ、地方自治法第179条の規定に基づき専決処分をさせていただいたものでございます。
 訴訟の内容は、市営住宅の明渡しを求め、家賃並びに家賃相当額の損害金及びこれにかかる遅延損害金の請求でございます。
 なお、本案は専決処分後の最初の議会に提案させていただくのが法の趣旨でございますが、事務が大変おくれ、今日に至りましたことを深くおわび申し上げます。今後は迅速な事務を心がけてまいりますので、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。まことに申しわけございませんでした。
 どうぞ、よろしくご承認賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔建設部長 犬塚賢治 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野次郎君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(牧野次郎) 今回、訴えの提起をされることについては、議案の内容等を見まして大体理解はできるところでありますが、何点かについてお尋ねをしたいと思います。
 まず、ただいまも提案説明の中で、おわびの言葉があったわけですが、この専決処分書を見まして一番最初に違和感を抱きましたのは、専決決定されたのが本年1月11日であると。先ほど話があったように3月定例会や、さきの臨時議会等でも提案が可能であったと。本来、専決をするというのは、議会を開く暇がなかったり、あるいは議会までに専決が必要な場合には専決処分をしておくわけですが、1月11日以降、おくれた事由。判断ミスがあったのか、あるいは何らか議会に議案として提案するのが難しい問題があったのか、その点をまず確認させていただきたいと思います。
 それから2点目は、この専決が1月11日でありますから、その後、訴えまして変化が出てきているのではないかなと思いますが、訴え後の状況がどのようになっているのか、お尋ねをいたします。
 相手方の行方がわからないという状況ですが、その後、何らか変化があったのか。また、この訴えを提起してから訴訟自体がどのように動いてきているのか、その点についてお尋ねをしたいと思います。
 それから、3点目にお尋ねをしたいのが、先ほど家賃等の支払い分、それから遅延の損害金を訴額として訴えていくというお話でありました。
 もう1つ確認をさせていただきたいのは、当然、相手が特定できないということで、そのままですとかなり部屋も荒れている状況を専決処分した事由で出ておりますし、施設の損傷、悪臭汚染が出ておりますので、現状回復にはかなりの費用がかかるのかなと思います。この費用がどれぐらいで、これは訴額に入れていかないのかどうかお尋ねをしたい。当然、敷金相当分で済むという判断なら、それはそれで結構ですが、この議案の中身を見ていたら敷金ではとてもではないが対応できないと思いますので、それは訴額の中に入っているのかどうかということであります。
 同じく、明渡しを求めて相手が特定できない場合には、それなりの手段を持って部屋の明渡しを強制的にしていくことになっていこうかと思うわけですが、そうすると個人の財産等の管理をどのようにされていくお考えなのか。当然、その保全のための費用もかかろうかと思います。こうしたものも合わせてどのように対応されていくのか、お尋ねをしたいと思います。
 それから、住宅の明渡しの訴えの提起というのは、これまでも過去には余り聞いたことがない話で、一般的には公営住宅法第32条で紹介されておりまして、明渡し事由に該当することで明渡し請求をしていくわけですが、今回、相手が行方知らずでこのようになったと思います。
 実際に、連帯保証人さんの状況はどうなのか。また、連帯保証人に対して今回、明渡し、あるいは家賃の未払い分を請求されてきたのかどうか、この点の経緯についてもどのようになっているのかお尋ねをしたい。
 それから、あと1点でありますが、同居人がみえたのかどうか。年齢等は議題で特定できるものではありませんが、市営住宅は一般的に老人等以外、同居人がなければ入居基準に満たないということでありますから、同居人が本来いたのではないかなと思います。今回、相手方は1名でありますが、実際に同居の状況等はどうだったのかお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(犬塚賢治) まず1点目の、議会への報告が大変おくれましてまことに申しわけありません。法的措置による市営住宅の明渡し請求は何分初めてのことであり、訴えの提起の手続に集中し、自治法上の手続規定の理解不足も加わり、議会への報告が大変おくれ今日に至ってまいりました。深くおわびを申し上げます。
 今後は、迅速な事務を心がけまして、ご理解を賜りますようお願いをいたします。特別な問題があったわけではございません。
 2点目の訴えの状況ですが、議案にもありますように、現在、所在がわかってございません。どこにいるかもわからない状態ですので、訴えた状況に変化はないということでございます。
 それから、家賃損害額費用はどの程度かということで、執行立会人の立ち合いのもとに4月11日に強制執行したものでございまして、動産、後かたづけにかかった費用は35万2,800円でございます。しかし、この中身は廃棄処分がすべてでございました。だから、この中でどこかにストックしておくことは一切ございません。
 それから、連帯保証人の関係ですが、当初、本人とだんなさんで入られましたが、途中、だんな様が亡くなられて、現在は1人で住んでおられました。連帯保証人も当時は1人みえたわけですが、いろいろないきさつがあって、その人も連帯保証人を下りたいということが以前にあったようで、その後、連帯保証人はないということできました。
 それから、同居人がいたかどうかということですが、子どもさんは3人ほどみえるみたいですが、本人1人で住んでみえたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 牧野次郎君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(牧野次郎) 専決処分として議案にするのがおくれたというのは、理解が不足していたということでありますので、今後、十分注意をし、また議会側とも十分連絡を密にしていただきたいと思います。
 4月11日に実際に執行されたと、ただ相手の行方がわからないまま強制執行ということであろうかと思います。今後、どのようにされていくのかもあわせてお尋ねをしたい。建物自体は、保全ができたということでありますが、実際に損害額の訴えもあるわけですから、本人が見つからなければこのままになっていくのか、それとも不明のままで結論が出ていくのではないかなと思いますが、今後の見通しはどのようになっているのか。
 参考までに、支払いを求める額がどれだけで、弁護士さんがどなたで、弁護士費用がどの程度予定されているのかも、あわせてお尋ねをしたいと思います。
 それから、今、お話を聞いていて心配になったのが、すべての動産については破棄をされたということでありますが、一般的に個人の財産を立会人のもとで行ったといっても、これは破棄していいものかどうか、ここら辺の判断は市がされたのか、しかるべき立会人、裁判所の執行官のもとに判断をしてやられたのか、その点も確認をさせていただきたいと思います。
 それから、もう1つは、連帯保証人が最初はお一人と。本来なら2人、市内在住の方ということだろうかと思います。途中で連帯保証人が外されたというお話でありますが、一般的にこういうことが通用するものなのか。あるいは、実際に連帯保証人が解除を求められた場合、ほかの連帯保証人を求めるべきではないか。本来、2名以上ですから、このお話を聞いた限りでは1名で、途中で連帯保証人を入れないと。当初の連帯保証人には、当然しかるべき責任がかかってこようかと思いますが、それの対応も私が今聞いた範囲では十分されていたのかどうか不審に思ったわけですが、その点についてどうなのかお尋ねをしたいと思います。
 それから、今回の訴えの提起ですが、先ほども言いましたように公営住宅法でも明渡しを求め、それに対して住んでいる方は明け渡さなければならないとなっております。これは、当然、市の条例でも同じ条文がありまして、契約の段階で不正な使用とか、その他滞納等、こうした状況が発生した場合には、一番肝心なのは、そこに住んでみえないという状況が明らかになった場合などにも明渡しが当然請求できて、それにこたえる義務が契約の段階で本来発生しているはずです。今回、訴えた状況というのが、一般的に全部訴えをしていくことは当てはまらないと思いますから、今回、訴えまで及んだ事情。要するに相手が特定できないから訴えたのか、非常に困難事例であるということで対応されたのか、そこら辺の経緯をもう少しお知らせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(犬塚賢治) 弁護士費用の関係ですけれども、弁護士の費用が42万円、裁判費用は4万8,550円、動産の後かたづけ費用が35万2,800円、合計82万1,350円でございます。
 弁護士の名前ですが、西尾市の顧問弁護士は山本健司弁護士でございます。強制執行の執行官は井上執行官、うちの建築課の柘植課長補佐と服部主査が同席しております。
 それから、執行官のもとに破棄したということで、価値のあるものはなかったと判断されたと思います。
 それから、連帯保証人の関係ですけれども、昭和62年6月1日当時に入居されたわけでございまして、その後、だんなさんが亡くなられたのが平成11年ということでした。そのとき保証人に山本さんという方が1名おられたわけですけれども、これが───だとか、────、──ということから信用を失い、下りられたという経緯がありました。そこで、本来ならば、もう一回立てなければいけないわけですが、辞退の申し出を受け、かわりの連帯保証人が立てられなく1人もいない状態でございました。この辺についても、大変申しわけないと思っているわけですが、特異な事例でございまして、訴えを決断したことにつきましては、平成16年5月、6月にかけて市営宮浦住宅E棟の住民から、配水管が詰まるとか、悪臭がするという苦情が多々寄せられ、調査したところ、その発生元はE棟の236号であることがわかりました。その苦情が入った翌日、家賃を納めにきた本人にその苦情を伝え、対処するように言いましたが、その後、また同じ苦情がありましたので勤務先に連絡をとったり、携帯電話にかけたりしました。しかし何の音さたもないため緊急を要すると判断し、幡豆町に住む娘さんと連絡をとり、平成16年6月17日、双方が協力してベランダに堆積した鳩の巣やふんを除去し、悪臭の原因は一応なくなったところでございます。しかし、このまま放置しておけば再発の可能性が十分あり、またこの苦情の発端は賃借人としての善管注意義務を果たさないことが原因と考えられますので、住宅の明渡しをお願いしていくことが必要と判断いたしました。ところが、唯一の連絡先であった会社を平成16年6月上旬にやめられ、連絡先も途絶えてしまい、明渡し請求が行えない状況になりました。そこで、顧問弁護士に相談しまして、手続としては公示送達という運びになったわけでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 牧野次郎君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(牧野次郎) 今回の訴えに必要な費用はわかりました。実際、家賃等の支払いと訴えの額の対象額がどれだけになるのか、現状回復の費用は必要なかったのかどうか。敷金の中で現状回復ができたなら、それはそれで結構でありますが、鳩などが入り込んだり、汚染悪臭がひどい状況だと、敷金以上に現状回復の費用がかかっているのではないかと思いますが、こうしたものは損害額の中に含まれているのかどうか。
 実際に家賃等の支払額が、今はまだわかりませんが、この支払額と必要な弁護士費用などが八十数万円かかって、どちらが得なのかということもあろうかと思いますが、これは条例で対応できないものなのかどうか。一般的には明渡しを求めて市で公示して、その中で、西三河の中に親族等がみえるというお話ですので、そうしたところからも手続をとって対応できたのではないかなと感じたわけですが、これは訴えしか仕方なかった背景、この点をもう一度確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(犬塚賢治) 損害金ですが、家賃の滞納分が平成17年1月末日で21万8,500円、それに判決によります損害金が言い渡されたのが、1カ月につき2万1,000円を支払う判決でございました。それに対して、先ほど言いました諸々の費用がかかったわけですけれども、市のこれからの考え方としては、未払額全額の回収を私どもとしては基本としております。
 確定判決に基づく請求権の時効は10年と、民法第174条の2に規定されておりますが、時効までの間に本人と接触を何らかの格好で図りたいと思っており、請求していく努力をしてまいります。しかし、本人の所在が不明であり、本人との接触ができず払っていただけない状況が生じた場合、所定の手続に従って不納欠損処理をせざるを得ない状況があるだろうという予測はしております。しかしながら何とか相手方と、子どもさんなりを通じて折衝してまいりたいと思っております。
 現状回復の経費ですが、建物そのものについては現状回復はございません。要するに、中にあった本人のものすべてきれいにさせてもらった費用は、先ほど言いました35万2,800円かかっているということでございます。
 条例の対応ができないかということですけれども、現在、行方不明ということで、条例上では対応できない格好になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(牧野勝子) 1点、この議案に対しまして、先ごろは情報がいろいろ公開されることが多くなった反面、個人情報の保護も同時進行で尊重されねばならなくなってきておりますが、この議案書でまいりますと相手方のお名前が出ておりまして、例えば議事録を私どもはもらっておりますけれども、議員の多くの皆さんはほとんどもらっていらっしゃらなくて、議事録という形でパソコン上で検索できると心配だと思いますが、そのあたりはどのように対応なさるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(福田利郎) 議案の作成担当者が総務部となりますので、私から答弁させていただきます。
 今のご質問は、専決処分書の中に個人情報である住所、氏名が記載されている件ではなく、議事録でそれが検索できてしまうことですね。議事録は、答弁者、あるいは質問者が質問した内容は検索できますが、議案の内容については、今の検索システムでは検索できないようになっていると思いますので、検索システム上は個人情報の取り扱いは問題ないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(犬塚賢治) 先ほどの連帯保証人の答弁の中で、不適切な言葉がありましたので、発言の取り消しをさせていただきます。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) ほかに質疑もないようでありますから、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第25号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第25号を採決します。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり決定しました。
           ──────────○──────────
日程第4

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 日程第4 議案第26号 工事請負契約についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。教育部長。
      〔教育部長 大竹茂暉 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大竹茂暉) ただいま議題となりました議案第26号 工事請負契約につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。
 本案は、西尾市立鶴城中学校北校舎改築工事の施工に伴い、工事請負契約を締結する必要が生じたため、西尾市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。
 この工事は、去る4月19日に一般競争入札に付しましたところ、改築工事を4億7,250万円で西尾市丁田町五助52番地1、まるひ建設株式会社が落札いたしました。
 工事の概要でございますが、この北校舎は鉄筋コンクリートづくり3階建て、延べ床面積2,932平方メートルの教室棟で、普通教室22室を建設するものでございます。
 また、工事の最終工期につきましては、平成18年2月6日を予定しております。
 なお、参考資料として改築工事、電気設備工事及び給排水衛生設備工事の入札てんまつ書を配付させていただきましたので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
      〔教育部長 大竹茂暉 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野勝子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(牧野勝子) それでは、大枠2つのことについてお尋ねをしたいと思います。
 まず1つ目が、この地域は人口急増地域でありますから、当然、将来の生徒増を含めた建設計画になっていると思います。生徒数の増をどのように試算されて、建設にどのように反映されているか、お尋ねをしたいと思います。
 2点目が、本事業の入札にかかわることができる企業の企業力を診断する大きな目安でいいですが、どのようなものでありまして、本体工事、電気設備工事、給排水衛生設備工事それぞれ、参画したのは数字が出ておりますので、対象になる企業数をお尋ねしたいと思います。
 それから、工事の終了時期を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大竹茂暉) 人口の急増地域の件ですが、議員おっしゃるとおり、この地域は人口の急増が十分予想されており、現在、生徒数は900名であります。予想されるのが、約200名増の1,100名程度であろうと。それで、200名ふえても十分対応できるように建設してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(福田利郎) 今回の改築工事の入札参加資格を有する業者ですが、14業者で、入札に参加した業者は11業者でございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 牧野勝子さん。

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(牧野勝子) 説明が悪かったかもしれませんが、入札に参画することができる企業の企業力を診断する、大まかな概要でいいですが目安を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(福田利郎) 一般競争入札の場合は、必ず制限をつけて行っているわけですが、この制限の1つに、総合数値基準を満たしていることという条件が入っております。この総合数値基準は建設業法で、公共性のある建設工事を請け負うとする業者は、県知事の許可を受けなければならないことになっておりまして、県の審査を経営事項審査といっておりますけれども、この審査は数値で評価を行うことになっており、この総合評点が大きいほど大きな工事を行う力がある業者ということになります。
 この経営事項審査の基準ですが、1つが経営規模、2つ目が経営状況、3つ目が技術力、4つ目がその他という項目に分かれておりまして、具体的な審査項目は非常にたくさんありますけれども、主だったものとして、完成工事高、自己資本額、売上高経営利益率、技術職員数、経営年数などによって点数が積み上げられることになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 牧野次郎君。

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(牧野次郎) 一般的に契約、入札がされる場合、大抵公共の事業で心配されるのは、まず1点目には一般の民間よりも事業コストが高くなるとか、あるいは背景に談合や何かの不公正なことが起きないかどうか、こうした公平性を保つのがいかに大切かが言われるわけですが、今回の契約の入札経過のてんまつ書を見ましても、11業者が落札価格に対して1%の範囲で全部おさまっているわけです。それから、予定価格に対しても98%ぐらいで、大変的中率が高くなっております。このことで談合があったことを論じるとか、断定できるわけでは決してございませんが、ただ手続の中で公平性、公明性ということでお尋ねをしたいのが、予定価格を決定するのがどの時点であるのか。これは、予定価格が外に漏れないよう、どのような努力をされているのかという点でお尋ねしたいと思うわけですが、実際に封入するとき、今回の契約では入札の前のどの時点だったのか確認をしておきたい。
 それから、最低制限価格も、同じくどれだけだったのかお尋ねをしたい。
 それから、予定価格の決定については、なるべく入札寸前までは書入れ封入を決定しないという方向に持っていくような努力がされているのかどうかも含めて、お尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(福田利郎) 予定価格をいつ決めたかということですが、日にちは記憶しておりませんが、入札日の一定前にその都度、決めております。今、予定価格は基本的には事前公表しておりますので、漏れることの問題は特にないと。随契の場合はそうではありませんけれども、ご理解をいただきたいと思います。
 それから、最低制限価格ですが、今、設計金額が130万円を超えます建設工事につきましては、低入札調査基準価格というものを設定しておりまして、これを設定していることで最低制限価格の設定は特に行っておりません。
 これ以外のものにつきましては、全く最低制限価格を用いてないわけではございませんが、基本的には130万円を超える建設工事につきましては、低入札調査基準価格を設定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) ほかに質疑もないようでありますから、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第26号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第26号を採決します。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり決定しました。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) 以上をもって、今臨時会に付議されました案件の審議は終了しました。
 理事者並びに議員各位のご協力に対し、心から感謝を申し上げます。
 市長からあいさつがあります。
      〔市長 本田忠彦 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(本田忠彦) 一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 本議会に提案申し上げました議案につきまして、原案のとおり可決決定をいただきましたことは、議員各位の深いご理解とご協力のたまものでありまして、心からお礼を申し上げる次第でございます。
 可決いただきました工事につきましては、立派に完成させていく所存でございますので、議員各位の格別なご支援、ご協力を賜りますようにお願いを申し上げまして、大変簡単でありますがお礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
      〔市長 本田忠彦 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(黒柳和義) あいさつは終わりました。
 これをもって平成17年西尾市議会4月臨時会を閉会します。
                            午前10時46分 閉会


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                   西尾市議会議長 黒 柳 和 義


                   西尾市議会議員 中 村 行 男


                   西尾市議会議員 松 崎 秀 実