議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成23年6月定例会(第1号) 本文




                            午前10時00分 開議
◯議長(新家喜志男) ただいまの出席議員は31名で定足数に達しております。よって、平成23年西尾市議会6月定例会は成立しましたので開会します。
 今期定例会に提出されました議案は、人事案件を初め10件であります。諸議案につきましては、後刻、市長等からそれぞれ説明がありますが、十分な検討を加え、市民の負託にこたえるべく努力したいと存ずるものであります。したがって、議員各位におかれましては、円滑に議事が進められ、適正、妥当な議決に到達しますようお願い申し上げ、開会のあいさつとします。
 市長からあいさつがあります。
      〔市長 榊原康正 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 一言ごあいさつを申し上げます。
 本日ここに、平成23年西尾市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私とも何かとご多用の中、ご参集をいただき、提出議案につきましてご審議を賜りますことに対しまして、厚くお礼を申し上げます。
 さて、今議会に提案いたします議案は、全部で10件でございます。その内訳は、人事案件が2件、単行議案が7件、補正予算が1件でございます。
 まず、人事案件といたしましては、人権擁護委員禰宜田初惠氏の任期が平成23年9月30日に満了となりますので、後任者について意見を求めるものであり、また西尾市公平委員会委員岡安英子氏の任期が平成23年6月20日に満了となりますので、後任者の選任について議会の同意をお願いいたしたいとするものでございます。
 次に、単行議案でございますが、西尾市市税条例の一部改正を初め、条例改正が5件、市道路線の認定が1件、辺地総合整備計画の変更が1件でございます。
 補正予算案につきましては、一般会計で2億4,929万6,000円の補正をお願いするものでございます。
 以上、提出議案の概要を申し上げましたが、各議案につきましては、上程の都度、担当者が説明をいたしますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。
      〔市長 榊原康正 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) あいさつは終わりました。
           ─────────────────────
                            午前10時04分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第1号により行います。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) この際、諸般の報告をします。
 今期定例会に提出されました請願につきましては請願文書表として、陳情につきましては陳情書概要として、さきに送付したとおりであります。
 次に、平成22年度西尾市一般会計繰越明許費繰越計算書につきましては、お手元に配付しておきました。
 次に、監査委員から例月出納検査の結果の報告があり、掲示板に掲げておきました。
 次に、西尾市土地開発公社の経営状況に関する報告につきましては、お手元に配付しておきました。
 以上で、報告を終わります。
           ─────────────────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において徳倉正美議員及び工藤光雄議員を指名します。
           ──────────○──────────
日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第2 会期の決定を議題とします。
 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から6月28日までの28日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって、会期は28日間と決定しました。
           ──────────○──────────
日程第3

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第3 諮問第2号 人権擁護委員の推薦についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。神谷副市長。
      〔副市長 神谷 祥 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(神谷 祥) ただいま議題となりました諮問第2号 人権擁護委員の推薦について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書1ページをごらんください。
 本案は、人権擁護委員の禰宜田初惠氏が、平成23年9月30日付をもって任期満了となりますが、引き続き推薦をいたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めたいとするものでございます。
 なお、経歴の大要につきましては、諮問第2号参考資料のとおりでございますので、ご審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 神谷 祥 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人権擁護委員の推薦に係る諮問でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、質疑を省略することに決しました。
 お諮りします。ただいま議題となっております諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については人権擁護委員の推薦に係る諮問でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、討論を省略することに決しました。
 これより諮問第2号をお諮りします。本案は、原案のとおり異議のない旨答申することにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 異議なしと認めます。よって本案は、原案のとおり可として答申することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第4

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第4 議案第99号 西尾市公平委員会委員の選任の同意についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。神谷副市長。
      〔副市長 神谷 祥 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(神谷 祥) ただいま議題となりました議案第99号 西尾市公平委員会委員の選任の同意について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書3ページをごらんください。
 本案は、西尾市公平委員会委員岡安英子氏が、平成23年6月20日をもちまして任期満了となりますので、その後任として人格、識見ともにすぐれた西尾市吉良町岡山宮下52番地、牧野とよみ氏を選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意を得たいとするものでございます。
 なお、経歴の大要につきましては、議案第99号参考資料のとおりでございますので、ご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 神谷 祥 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、質疑を省略することに決しました。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第99号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ご異議なしと認めます。よって本案は、討論を省略することに決しました。
 これより議案第99号を採決します。本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 起立全員であります。よって本案は、これに同意することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第5

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第5 議案第100号 西尾市市税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部次長。
      〔総務部次長 榊原好幸 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(榊原好幸) ただいま議題となりました議案第100号 西尾市市税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書5ページをごらんください。
 本案は、このたびの東日本大震災により被災された方の負担軽減を図るため、地方税法の一部を改正する法律が4月27日に公布されたことを受け、西尾市市税条例の一部を改正するものでございます。
 議案書6ページの制定附則第23条、東日本大震災に係る雑損控除額等の特例について、ご説明申し上げます。
 この条は、さきの東日本大震災において、納税者またはその扶養する親族が所有する住宅や家財等について生じた損失を、平成22年に生じた損失の額とし、その23年度の個人の市県民税の雑損控除として控除できることとするものでございます。
 続いて議案書7ページ、制定附則第24条、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例でございます。
 この条は、住宅借入金等特別税額控除の適用を受けていた住宅が東日本大震災によって被災し、滅失等により居住できなくなった場合においても控除対象の残存期間について、引き続き特別税額控除が適用されるように改正されたものでございます。
 最後に、改正附則のご説明を申し上げます。
 議案書7ページ、下段をごらんください。
 附則は、施行期日を定めたものでございますが、本条例の施行につきましては公布の日から施行するものと定め、ただし書きにつきましては、制定附則第24条の規定は平成24年1月1日から施行したいとするものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明を終わります。よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部次長 榊原好幸 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) まず、23条の方についての質問が1点ございまして、ご説明のように東日本大震災が23年3月11日に発生をいたしましたけれども、税上は22年度の所得に係る損失とする事情についてお尋ねをします。
 それから、次の24条に関しましては、住宅が被災して滅失したら控除対象にするというのは、私どもの考えでは常識的なことだと思うわけですが、あえてこの条項をつくられた事情についてご説明ください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(榊原好幸) まず初めに、住宅火災等の損失による雑損控除の取り扱いについてでございますけれども、今回の改正では、平成23年中に生じた損失を平成22年中に生じた災害とみなして、平成23年度の市県民税額が減少することにより、被災されました方の負担軽減を図るものでございます。特に、被災されました方につきましては、平成23年分以降の所得が著しく減少する可能性もございますので、その負担軽減が、より一層効果的に働くよう考慮された措置だと考えております。
 2点目の、一般的に住宅ローンと言われております控除の関係でございますけれども、今回の改正内容につきましては、その対象となる家屋が大震災によりまして居住できなくなった場合におきましても、居住できなくなった翌年分以降も税額控除が継続して適用されるという特例措置ということでございますので、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) 確認します。23条の方ですが、22年の損失とする事情については、私の認識が間違いでなければ23年に震災を受けて、所得、それぞれの建屋などがなくなってしまったり減ってしまっているので、十分あったときの仮説を立てて、そこから損失分を引くと、損失分における率も大きくなるというふうに聞いたような気がいたしますが、そのような認識でよろしいでしょうか。
 それから2つ目に関しましては、住宅が現になくなったものについては今まで規定がなかった、あるいは住むところがないものについては大震災を経て控除対象にしたと、つまりあるものについてはできるんですけれども、なくなったものについて控除対象にしたというふうに理解をしてよろしいでしょうか、確認をします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(榊原好幸) 今、議員が言われましたその内容で間違いありませんので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますので、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第100号については、企画総務委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第6

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第6 議案第101号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。福祉部次長。
      〔福祉部次長 酒井英之 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(酒井英之) ただいま議題となりました議案第101号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書9ページをごらんください。
 本案は、地方税法施行令の一部を改正する政令が公布されましたことに伴いまして、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じましたので、提案をいたすものでございます。
 それでは、改正内容についてご説明を申し上げますので10ページをごらんください。
 今回の改正は、課税限度額の改正で、第2条第2項の基礎課税額限度額の「47万円」を「51万円」に、同条第3項の後期高齢者支援金等課税額限度額の「12万円」を「14万円」に、同条第4項の介護納付金課税額限度額の「9万円」を「12万円」に改めるものでございます。
 次に、第23条は国民健康保険税の減額の規定で、減額後の課税限度額を第2条と同様に改めるものでございます。
 次に、改正附則でございますが、第1項は、この条例は公布の日から施行したいとするもので、第2項は、改正後の西尾市国民健康保険税条例の規定は、平成23年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成22年度分までの国民健康保険税につきましては、なお従前の例によるものとするものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔福祉部次長 酒井英之 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(牧野次郎) 3点ほど、お尋ねをしたいと思います。
 この条例の内容については、過日、行われました部会におきまして、いろいろお聞かせいただいているわけでありますが、3点お尋ねしたいことは、まず1点目として、今回、課税限度額が引き上げられることによって影響が及ぶ所得階層は、モデル世帯においてどのような保険税の値上げになるのかお知らせをいただきたいということ。
 それから、そうした所得階層においては、保険税の所得に対する担税率がどの程度になるのか、お知らせをいただきたいと思います。
 また、今回、課税限度額が引き上げられることによって、およそ7,500万円近く保険税の収入が上がるわけですが、その額が国保会計に及ぶ影響について、これが具体的に今の現状で言うと繰り越しになっていくのか、予備費になっていくのか、基金の方に回っていくのか、その見通しについてお知らせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(酒井英之) まず、第1点目のモデルケースを例に出して、どの世帯に影響があるかということでございますけれども、議員もご承知のように国保税につきましては、所得割、資産割、均等割、平等割の4種類から構成されております。このことから資産の有無や世帯構成、人員の数によって若干、異なりますが、例えば夫45歳、妻39歳と子ども2人の世帯で、当年度の固定資産税が5万円としたモデルケースの場合で基礎課税額を試算いたしますと、おおむね960万円以上の所得の層から影響が出てくると考えております。所得額が960万円ですと、今回の改正によりまして基礎課税分において2,400円ほど増額になると承知しております。ただ、後期高齢者支援金課税分、介護納付金課税分等もありますので、それらをあわせますと合計で4万3,900円ほどということで承知しております。
 それから、2つ目のご質問の担税率についてでございますが、ただいまのモデルケースでお話ししますと、所得が960万円の場合では、基礎課税額で4.92%、後期高齢者支援金等課税額で1.46%、介護納付金課税額で1.16%ということで、合計7.54%相当の担税率になると承知しております。
 3点目の、今回の7,400万円ですけれども、税の増額ということになります。基金に入れるかということでございますけれども、国民健康保険事業の安定化基金につきましては、平成23年度の当初予算におきまして、歳入で4億1,000万円を繰入金として予算化しているところでございます。基金に積み立てるかどうかにつきましては、本算定を実施した後の税額の結果や今後の医療費の増減にもよりますが、7,400万円の税が増加となれば、当面は国保財政の安定化や健全化を図る観点から、基金の取崩し額を減少できるのではないかと思っております。
 したがいまして、直ちに基金に積み立てるということは考えておりません。
 それから、この額は当初、国保会計の歳入の国保税の予算額は40億6,500万円余ということでありますので、今回の7,400万円につきましては1.8%を占めるということであります。数字的には少ないですけれども、かなり健全化の方向に向かうのではないかと承知しております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(牧野次郎) 再質疑でありますが、今のご説明では、今回の課税限度額の引き上げによって、モデル世帯においては960万円から引き上げの影響が出てくるというお話でした。いずれにしても、そうした中で課税限度額が引き上げられても、課税限度いっぱいで超過分が存在する世帯が出てきますが、こうした課税限度以上に超過分が発生する世帯の所得階層というのは、どの程度になるでしょうか。
 また、平均の引上げ額がどの程度になるか、わかりましたらお知らせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(酒井英之) 第1点目の、改正後の限度超過世帯ということであります。先ほどの部会の方でもお話ししたと思うんですけれども、医療基礎課税分で607世帯、後期高齢者支援金等課税額の部分で1,510世帯、介護納付金課税額につきましては346世帯と承知しております。
 それから、平均の上昇額については今のところ把握しておりませんので、よろしくお願いいたします。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(牧野次郎) 課税限度に達する世帯の所得階層がどの程度かということをお聞きしたわけでありますが、先ほどのモデル世帯ですと、960万円ぐらいから今回の限度額の引き上げの影響があるということであります。それにしても、限度額が引き上がったにしても、引き上げられたところ以上の超過分が出てくるわけですが、その超過分が及ぶ世帯の所得というのは大体どれぐらいになるのか。要するに、今回の引き上げによって直接影響が及ぶ部分の世帯と、影響が及ばない世帯も出てくるというふうに思われますが、逆に960万円でなく、一体どれぐらいまでの所得のある世帯に影響が具体的に及んでくるのかということで、お尋ねをしているわけです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(酒井英之) 先ほど、基礎課税分については960万円から増額ということで、限度額に達成するのは1,060万円ということで、その世帯が607世帯ということであります。
 それから、後期高齢者分につきましては、世帯の合計所得が550万円から若干、増額になると、640万円において限度額達成ということであります。介護納付金につきましては、世帯合計額が760万円から増額になると、980万円で限度額に達成ということであります。
 お尋ねとは少し違うかもしれませんけれども、業種別には影響が及ぶのは営業所得者が約41%、給与及び年金所得者が約30%、不動産所得者が約13%というような構成になっております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますので、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第101号については、厚生委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第7

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第7 議案第102号 西尾市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。上下水道部次長。
      〔上下水道部次長 石川 徹 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道部次長(石川 徹) ただいま議題となりました議案第102号 西尾市下水道条例の一部を改正する条例の制定につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書11ページをごらんください。
 本案は、「社団法人日本下水道協会愛知県支部」が「愛知県下水道協会」に名称変更されることに伴うものであります。
 現在、日本下水道協会は、公益法人への移行に向けて作業を進めており、協会の定款のうち「支部に関する条項」を削除し、完全に分離した地方組織として運営することが決まりました。
 本年7月1日をもって、その名称を「社団法人日本下水道協会愛知県支部」から「愛知県下水道協会」に変更されることに伴い、本条例第9条の8中に明記しています名称を変更するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔上下水道部次長 石川 徹 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第102号については、経済建設委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第8

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第8 議案第103号 西尾市地区計画の区域内における建築物制限条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。建設部長。
      〔建設部長 早川英樹 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(早川英樹) ただいま議題となりました議案第103号 西尾市地区計画の区域内における建築物制限条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。
 議案書13ページをごらんください。
 本案は、平成23年3月2日に旧一色町の都市計画において決定をされた西三河都市計画一色町坂田新田地区計画を、西尾市地区計画の区域内における建築物制限条例の中の別表第1、適用区域表及び別表第2、建築物に関する制限表の地区整備計画区域に加えるものでございます。
 次に附則でございますが、この条例は平成23年7月1日より施行したいとするものでございます。
 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げます。
      〔建設部長 早川英樹 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) この坂田新田地区の面積と、3月11日に発生した震災を受けて、この土地も仮に震災、津波というときにはいろいろ不安な要素があると思うんですが、この開発について、そういう大災害が起きてから日が浅いので、議案として提案なさることについて異論を申し上げるわけではないんですが、これからの進め方について、ぜひ慎重にお考えいただけないかご意見を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(早川英樹) この開発行為の区域面積は約5万5,000平方メートルでありまして、既に開発行為の認可はとられておりまして、今回のこの制限につきましては、工業系を中心にしながら制限を加えるものでありますので、今までの状況であれば調整区域であっても住宅系は建てられてしまいますけれども、今回の条例で工業系を中心としたものにしていきたいと、制限を加えるという趣旨でございますので、よろしくご理解をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) 開発の中身として、規制をして危険なものを建てていかないとか、条件に合わないものを建てていかないようにすることについてはもちろん賛成でございますが、震災の直後からつくり出したものが、また地震があったりして大災害に遭ってしまうというようなことが今の時点だと、今から始めることだと余計に言われる可能性がありますので、そこら辺はご配慮をいただきたいというふうに考えますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(早川英樹) 現在、東北の地震などでいろいろ諸元ですとか基準というものは中央審の方で研究、協議をされて、この秋にそういう方針も出ると、それを受けて県の防災会、また西尾市の防災会議の中でもそういう指針が出てくると、基準が変わってくるということで、それに合わせてどう対策をとるかということでご理解をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第103号につきましては、経済建設委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第9

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第9 議案第104号 西尾市ふれあい広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。教育部長。
      〔教育部長 大木昌子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) ただいま議題となりました議案第104号 西尾市ふれあい広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書15ページをごらんください。
 本案は、現在、直営で管理、運営をしております西尾市ふれあい広場につきまして、平成24年度から指定管理者制度を導入するため、関係条例の一部を改正したいとするものでございます。
 それでは、改正の内容をご説明申し上げますので、議案書16ページをごらんください。
 第2条の2では、西尾市ふれあい広場の管理を、西尾市公の施設に係る指定管理者の指定手続等条例に基づき、教育委員会が指定する指定管理者に行わせることができることを定めております。
 第2条の3では、指定管理者が行う業務を定めております。
 第2条の4では、指定管理者の行う権限について定めております。
 第11条の2は、利用料金について定めるもので、第1項では、ふれあい広場の利用に係る料金を当該指定管理者の収入として収受させることができると定めております。
 同条第2項では、利用料金の額は指定管理者が定めるものとしており、同条第3項は、利用料金を指定管理者の収入として収受する場合は、条文中の使用料を利用料金と読みかえることを定めるものでございます。
 議案書17ページ、附則では、施行日を平成24年4月1日と定めております。
 以上、まことに簡単ではございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔教育部長 大木昌子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(前田 修) 冒頭に少し申し上げたいと思いますのは、この条例は、ふれあい広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例が議案として出されているんですけれども、この大もとの条例がホームページの例規集にもまだアップされておりませんし、私ども幡豆郡の議員にしてみますと、3月に制定をしたその議会には参加しておりませんので、その大もとの条例そのものが手元にないということでありますから、そういう点では、この議案審査に当たってはそういった配慮もぜひお願いをしたいと思います。何も教育部局を責めているわけではありません。これは全体の問題として、3月議会に制定された条例はどのようにするのか。私は膨大な、新しく制定された条例を全議員にコピーして配付してほしいとまで言ってるわけではありません。これから直にアップされるのでしょうから、そういう点ではどこで見ることができるのかなども含めて、ぜひご検討をいただきたいなというふうに思っております。
 今回、提案されておりますのが、ふれあい広場のホワイトウェイブを指定管理者制度に来年度から移行したいということであります。この指定管理者制度も、今まで自治体が直営でやってきたものを民間でもやれるものがあるのではないかと、官から民へと、むしろ民間の方がその活用のノウハウがあって、より住民サービスの向上になるというニュー・パブリックコメントなどということで随分、全国に広がったというふうに思います。そういう中で聞き及ぶところによりますと、全国に広がったんだけれどもいろいろな問題があって、総務省も指定管理者制度については留意点を幾つか示して、「運用について」という通達が今年の早い段階だったか年末に出されているんですけれども、そういう段階にあって、今回、またこのふれあい広場を指定管理者制度にしたいという提案でありますので、そういう点から二、三お伺いをしたいと思うんですけれども、この指定管理者制度については、この新西尾市全体ではどの程度、指定管理者制度が導入されているのか。また、それぞれ指定管理者制度についてどういう検討が加えられているのか、どういう評価を持ってみえるのか、まずお伺いをしたいと思います。
 それから2点目として、ふれあい広場のホワイトウェイブの指定管理業者として、どこを予定しているのか。幾つかの業者を入札にするということなのか、そういったことも含めてお伺いをしたいと思いますし、何よりも、この指定管理者に事業運営を委託することのメリットが大きいという判断に立った、その理由はどういったことが挙げられるのか、お伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(小野田一男) まず、指定管理者の西尾市の状況でございますが、平成23年4月1日現在で、体育施設や文化施設など23の施設で指定管理者制度を導入しております。指定管理をする方式以外にも施設の管理主体につきましては、例えば直営の方法もございます。それから、一部業務委託をしているものもございます。この検討につきましては、行財政改革推進本部におきましても協議を重ねております。
 指定管理の評価でございますけれども、適切に管理運営がされており、この制度が有効に活用されているという評価をしておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) 2点目のご質問で、まず指定管理者としてどこを予定しているかということでございますが、これにつきましては、今後、公募をして選定してまいる予定でおります。それから、指定管理者制度をどうして導入するかということにつきましては、先ほど議員がおっしゃったように民の方が民間ノウハウを持っているということです。特に、ふれあい広場はレジャー的な要素が高いということで、民間のノウハウを生かしたサービスの向上と、管理費用の軽減が見込まれると判断したためでございます。特に、冬のオフシーズンはプールの利用者が少なくなりますので、その利用促進には新たな事業展開が期待できて、利用者の増加が見込まれると考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(前田 修) 指定管理者制度に移行することによって見込まれるというのは、今のままでは見込まれないということなんですけれども、今のままだとそういうことができないのに指定管理者制度ならできると。あの施設は、もう既に民間業者に委託している部分が多いんですけれども、市の公共施設も市の職員だとサービス向上は見込めないけれども、なぜ指定管理業者なら見込めるのか、そこのところはよく検討を加える必要もあるし、今のままの業者への委託ではそれが見込めないけれども指定管理者にすると見込めるのか、なかなか理解しづらいところですので、その点、もう少しお聞かせいただけるとありがたいなというふうに思います。
 それとあわせていろいろ懸念されていることが、今度の指定管理者制度の導入にどのように担保されてくるのかということも気になるんですけれども、言うまでもなくサービスが向上して利用が促進されて、市民の健康福祉が増進されるということなら大いに結構だということになるわけですけれども、その点で心配されることでよく言われているのが、公共施設でありながら公正や公平さが担保されるのかとか、安ければ落札するということからすると、指定管理業者で働く労働者はワーキングプアだというふうに言われることもありますけれども、それを市がやっているということは許されるわけがないわけですから、そういったところもきちんと契約するに当たっては担保される必要があると思いますし、例えば利用料金というのは議会の議決案件になっていくのかどうか、住民監査請求や情報公開の制度はこの指定管理者制度の業者に対応できるのかどうか、いろいろなことも心配されながら問題に上がっているかと思うんですけれども、その辺は検討を加えられてのことか、これからということになるのかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) まず、なぜあえて指定管理者制度を導入するかということでございますが、おっしゃったようにいろいろな業務を、ほとんどの業務を今、業務委託しております。特にプール、コミュニティ施設とトレーニングルームの管理運営は、現在、別々の業者に委託と。それから、ほかにも施設維持の関係で清掃、空調保守点検など、数多くの施設管理の業務を委託しておりますが、これらを含めて一体的に施設管理をすることで、民間業者のネットワークなどにより効率化が図られるものと考えております。
 それから、なぜ利用者の拡大が市の職員でやれないかということでございますが、現在も利活用事業として各講座なども計画をしておりますが、さらに民間でも、もっといろいろなことをやっておりますので、そういうことに期待をしていきたいということでございます。
 それから、担保とかサービスの関係ですが、これから細かいことは検討していきます。ただ、選定の中では指定管理料を含め事業内容とか施設管理の体制など、そういうものを総合的に判断して選定をしていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(前田 修) 指定管理されようとしている範囲というのは、今おっしゃられたようにふれあい広場の管理運営業務で8,400万円が既に委託されておりますし、トレーニングルームも1,200万円、駐車場も290万円と、それぞれ委託をされておりますけれども、今回、指定管理業者を選定して委託しようとしているのは、今、委託されている事業よりももっとふえるということなのか、既に委託されている範囲のことなのか、その点はどうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) 今、おっしゃったような業務のほかにも数々の維持管理業務がございます。空調の設備だとか給排水の保守点検、浄化槽とか、そういうものも含めて施設全般を指定管理にしていくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) こういう条例が出ているということですと、かなりこれからどれだけの予算をこのことに計上していくのか、削減できるのかお考えになっていると思いますので、一般的に指定管理にしてまいりますと、人件費分の消費税が加算されていくということが大きなデメリットになっておりますが、ここに係る人件費分の5%をどのような金額と想定されているか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) 申しわけありません。人件費分としては、まだ試算しておりません。実際に施設管理にどのぐらいの人員が必要かとか、そういうことをこれから検討してまいりますので、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第104号については、文教委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第10

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第10 議案第105号 市道路線の認定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。建設部長。
      〔建設部長 早川英樹 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(早川英樹) ただいま議題となりました議案第105号 市道路線の認定について、提案理由の説明を申し上げます。
 議案書19ページをごらんください。
 本案は、上矢田55号線初め2路線を認定したく、道路法第8条第2項の規定によりまして議会の議決をお願いするものでございます。
 番号1、上矢田55号線は、開発行為によりまして建設されました道路を市道として管理するために認定をお願いするものでございます。
 番号2でございますが、今川細池3号線は、県より移管される道路の西尾幡豆線の一部を市道として管理するため認定をお願いするものでございます。
 今回、認定をする路線は2路線で、合計延長は約880メートルでございます。
 なお、認定をする路線の箇所につきましては、別紙参考資料のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと存じます。
 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。
      〔建設部長 早川英樹 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第105号については、経済建設委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第11

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第11 議案第106号 辺地総合整備計画の変更についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。企画部長。
      〔企画部長 小野田一男 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(小野田一男) ただいま議題となりました議案第106号 辺地総合整備計画の変更について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書の21ページをごらんください。
 辺地総合整備計画は、離島振興に当たり有利な財源確保を図るための起債計画でありまして、平成20年度から24年度までの5カ年間について、旧一色町議会で議決を経て策定されたものでありますが、平成23年度以降の計画計上事業の見直しにより、辺地対策事業債の予定額を増額変更するものでございます。
 22ページをごらんください。
 主な変更内容でございますが、合併に伴い住所等の所要の変更をするとともに、3 公共的施設の整備計画の表中、「観光施設」の項の事業費の欄は、変更前が3億6,068万5,000円から、変更後は3億7,682万5,000円へと1,614万円増加するものでございます。その内訳は、観光客の増加に対応するための散策道公衆便所整備を新規事業として計上したことと、クラインガルテン施設内の道路整備工事費が起債対象となったことで、「観光施設」の項の一般財源のうち、辺地対策事業債の予定額の欄が1億9,040万円から2億300万円に増額となったものでございます。
 よって、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第5項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。
 なお、参考でございますが、「渡船施設」の項の変更につきましては、今年度実施予定の新造船建造に係る実施設計費の減額によるものでございます。
 また、平成20年度から24年度までの5カ年間の辺地総合整備計画の合計の項、一般財源のうち辺地対策事業債の予定額の欄は2億6,910万円から2億8,130万円に増額となるもので、各欄の数字の変更につきましては、あらかじめ県知事と協議をし、指導を受けたものでございます。議会の議決を経ますと、この計画は県知事を経由して総務大臣に提出してまいりますので、よろしくお願いします。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔企画部長 小野田一男 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(牧野次郎) 2点、お尋ねをします。
 まず1点目としてでありますが、施設名で観光施設というところでの事業費が1,614万円補正変更されております。この内容は、先ほどご説明がありましたようにトイレをつくるという内容と、クラインガルテンの施設内の道路に係る部分だというお話でした。この1,614万円の内訳が、それぞれ事業の中で金額としてどの程度変更になっているのかお知らせを、まず1点いただきたいと思います。
 それから今回、表を見ますと、最終的な一般財源の辺地債の予定額が2億8,130万円ということになるわけでありますが、これの償還計画がどのようになっているのかお聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(渡辺信行) お答えいたします。
 まず1点目の事業費でありますけれども、変更前が3億6,068万5,000円、変更後が3億7,682万5,000円で1,614万円の増額となります。このうち、クラインガルテン事業が511万5,000円の増となります。これは、変更前の事業費が20年度は活性化計画に基づく工事費と管理委託の額でありましたが、変更後は23年度に実際に支払う額と予算額に修正しました。その差が2,763万9,000円の減となりますが、道路改良工事3,275万4,000円を追加しておりますので511万5,000円の増額となります。それに散策道公衆便所整備工事の1,102万5,000円を加えまして、1,614万円の増額となっております。
 2点目の質問の償還期限でありますけれども、21年度事業から借り入れをしておりますけれども、21年度事業、22年度事業、23年度事業とも5年償還で計画しておりますのでよろしくお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第106号については、企画総務委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第12

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 日程第12 議案第107号 平成23年度西尾市一般会計補正予算(第2号)を議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 野口克人 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(野口克人) ただいま議題となりました議案第107号 平成23年度西尾市一般会計補正予算(第2号)について、提案理由のご説明を申し上げます。
 今回の補正は、東日本大震災に伴う経済対策や節電対策、9月補正では期間の関係で対応できない予算の計上を主体に編成したものでございます。
 この予算の内容につきましては、補正予算書1ページをごらんください。
 第1条、歳入歳出予算の補正は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,929万6,000円を追加し、この予算の総額を歳入歳出それぞれ528億2,782万円と定めたいとするものでございます。
 第2条は、地方債の補正で、3ページ、第2表のとおり離島振興施設整備事業について、辺地総合整備計画の変更に伴い借り入れの限度額を9,260万円に定め、あわせて起債の限度額を28億9,110万円に変更したいとするものでございます。
 以下、この予算の主な内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書により歳入予算から順次、ご説明を申し上げますので8ページをごらんください。
 15款県支出金、2項5目商工費県補助金6,707万2,000円は、説明欄、愛知県緊急雇用創出事業基金事業費補助金6,848万6,000円の追加と、グリーンニューディール基金海岸漂着物地域対策推進事業費補助金141万4,000円の減額は、県補助金ではなく委託金として歳入されることになったため、3項委託金、5目商工費委託金、説明欄、愛知県吉良海岸宮崎地区海岸漂着物処理業務委託金に組み替えるものでございます。
 2項に戻りまして、6目土木費県補助金375万円の追加は、民間木造住宅耐震改修費補助金の補助基準単価の変更による計上でございます。
 3項7目教育費委託金36万円の追加は、説明欄にございます学校教育研究委嘱校委託事業委託金を初め、3事業の委託金の計上でございます。
 17款寄附金は240万円の追加で、4目教育費寄附金230万円は、教育振興推進に対する指定寄附金の計上、5目商工費寄附金10万円は、産業振興に対する指定寄附金の計上でございます。
 18款繰入金は1億5,000万円の追加で、財源不足に対応するため財政調整基金より繰り入れるものでございます。
 10ページ、21款市債2,430万円の追加は、離島振興施設整備事業に農村体験交流施設内の道路整備工事を、起債対象事業として追加したことに伴い計上するものでございます。
 続きまして、歳出予算のご説明を申し上げます。12ページをごらんください。
 2款総務費、1項総務管理費は3,202万5,000円の追加で、2目防災費216万5,000円は、産休代替職員賃金と被災地への職員派遣旅費の概算計上、10目電算管理費、17目一色支所費、18目吉良支所費及び19目幡豆支所費は、いずれも住基カードに公的個人認証を付加するための機器購入費用で、それぞれ59万3,000円の計上でございます。
 14目市民協働費2,748万8,000円は、愛知県緊急雇用創出事業基金事業費補助金を受け、外国にルーツを持つ子どもに対する進学支援のための経費の計上、15目離島振興費は、地方債の増額により一般財源を減額するものでございます。
 2項2目収納事務費は4,251万1,000円の追加で、産休代替職員賃金と愛知県緊急雇用創出事業基金事業費補助金を受け、口座振替依頼書及び滞納者てん末書を電子化するための経費の計上でございます。
 14ページ、4款衛生費、1項10目公害対策費1,360万円の追加は、節電対策の一環としてクリーンエネルギーの利用を積極的に支援するために実施するもので、住宅用の太陽光発電装置を設置した場合、補助するための経費の計上でございます。
 5款労働費、1項1目労働諸費1億5,000万円の追加は、東日本大震災に伴う経済対策の一環として実施するもので、中小企業が雇用維持のために一時休業する場合、休業手当の一部を補助するための経費の計上でございます。
 7款1項商工費は245万5,000円の追加で、1目商工業振興費245万5,000円は、東日本大震災に伴う経済対策の一環として実施するもので、資金繰りのため借り入れを行った場合の信用保証料の補助を拡充するための経費の計上、2目観光費は補正はありませんが、歳入で観光費補助金を観光費委託金に科目変更したことにより表示されているものでございます。
 8款土木費、6項1目建築総務費は600万円の追加で、民間木造住宅を耐震改修した場合の補助金額を増額するものでございます。
 16ページをごらんください。
 10款教育費、1項3目教育指導費266万円の追加は、特色ある学校づくり推進事業など、愛知県からの委託事業に係る経費及び指定寄附金を教育振興基金に積み立てる費用の計上でございます。
 最後に、14款予備費4万5,000円の追加は、財源調整によるものでございます。
 以上で、平成23年度西尾市一般会計補正予算(第2号)についての説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部長 野口克人 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) まず8ページと9ページ、15款2項5目、説明欄の上から2番目のところに、グリーンニューディール基金海岸漂着物地域対策推進事業がございまして、これが今、ご説明ございましたけれども、補助金から委託金に入れかえられております。何となく私ども素人が考えると、補助金よりも委託金の方が西尾市の責任は重くなったような認識に立ちますが、これをどうして入れかえているのか、そのあたりをお尋ねしたいと思います。
 それから、そのすぐ下のところに民間木造住宅耐震改修費補助金がございまして、今のご説明では補助率も上がる気配でございます。この診断と改修含めました実績と、今回の補助の変更についての周知の方法をお尋ねしたいと思います。
 それから、3項7目教育費委託金で、「夢をはぐくむ あいち・モノづくり体験事業」委託金と、ことばの学習活性化推進事業委託金がございますが、この事業内容のご説明をまずいただきたいと思います。単年度に限る事業なのかも含めて、お尋ねをしたいと思います。
 次に12・13ページ、2款1項14目市民協働費、説明欄9緊急雇用創出事業基金事業の(1)外国にルーツを持つ子どもに対する進学支援教室の項目がございます。これは緊急雇用の策ですので、多分、単年度の事業になるのではないかと思いますが、この事業内容と、それから緊急雇用策についてはどの項目についても、今年の3月の決算のところで若干の残がございました。それで、こういう事業というのは事業を発注してみて、例えば委託金が安かったとか入札した結果、安かったといった場合に新しい事業をもう一回展開することができるかどうかということを疑問に思っておりまして、そういう観点も含めて、それができるかどうかお尋ねをしたいと思います。
 それから、2項2目収納事務費の緊急雇用基金についても、委託先の決定方法や安価に落札した場合に新たな事業が展開できるかどうか。と申しますのは、残金を残してしまうと緊急雇用策として、とてももったいないという思いがありますので、事業内容や雇用期間についてもお尋ねをしたいと思います。
 それから14・15ページ、4款1項10目公害対策費、説明欄4地球温暖化対策事業で、住宅用太陽光発電装置設置費補助金でございますが、これまでの実績と周知方法にあわせまして初期投資額を回収できる年数を、経済建設のエリアでしたらお答えいただければありがたいと思います。
 同じく14・15ページ、5款1項労働費、1目労働諸費の中小企業緊急雇用安定補助事業ですが、これは部会で説明された内容をみますと、なかなか複雑な制度のようです。国が8割を負担して、西尾市が2割分を負担して成立するということですが、これは先に市が積算をするのか、だれが積算をしてこの事業が展開されていくのか、その根拠になるものは何なのか。
 それから、中小企業者への周知はなかなか複雑なように見受けられるのですが、どのようにして周知をしていくのかお尋ねをしたいと思います。
 それから、その下の7款1項1目商工業振興費、説明欄6商工業事業者融資事業の、これは丸西と丸信の現在進行形になっている件数もお尋ねしたいと思います。
 それから最後に、こういうご時世ですので木金を自動車関連事業所は休みにして、土日を働くことにすると、どうしても保育が必要になってくると思っておりまして、予算はないですけれども、これから検討される予定があるかどうかお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(渡辺信行) 地域振興部関係の答弁を順にさせていただきます。
 まず、グリーンニューディールの関係でございますけれども、補助金から委託金に変更した理由でございますけれども、県の基金で実施する事業でありまして、当初は県からの補助金で市が事業主体となって実施するものと考えて補助金としておりましたけれども、県が事業主体となって市に委託する事業と判明しましたので、補助金から委託金に変更するものであります。名称は変わっておりますけれども、事業内容等は変わっておりません。
 また、先ほど議員が言われました責任問題につきましては、事業主体の考えでどういうような形でとらえるかだと思います。
 次に、緊急雇用創出事業の件で答弁させていただきます。
 まず初めに、緊急雇用創出事業について、全体像を初めに申し上げますけれども、この事業内容は、厳しい雇用・失業状況の中、離職を余儀なくされた失業者の一時的、臨時的な雇用の場をつくり出すものであります。それで、雇用期間は雇用条件として1日4時間以上、一月に10日以上で連続2カ月となっております。この制度の期間は、平成21年度から3年間でありますので、本年度が最終年となります。それで、先ほど質問がありました新しい事業の展開、それと予算残の取り扱いでありますけれども、議員の言われるとおり執行残はあると思います。事業を行う際に入札や見積もりをとっておりますので、それらの残であります。事業の目的や雇用条件については、先ほど述べましたとおりでありますし、また事前に県に応募し、事業内容や事業費など確認され、採択された事業となっておりますので、執行残が出たからといってほかの事業に充当することはできませんので、よろしくお願いいたします。
 次に、中小企業緊急雇用安定補助金の関係でありますけれども、これも順に説明しなければ理解できないかと思いますので説明させていただきますけれども、まず中小企業緊急雇用安定助成制度というのは、平成20年9月に起こったリーマンショックの影響による雇用情勢の悪化を改善するために、同年12月に雇用調整助成金を拡大する形で創設されました。この制度は、国が定める方法で算出された賃金基準額、休業手当相当額の80%が助成金として交付され、その上限額は1人1日当たり7,505円となっています。一方、事業主体主は20%に相当する1,876円と、賃金基準額の上限額を超える部分となっております。
 今回、市が創設した中小企業緊急雇用安定補助金は、東日本大震災の影響により一時休業を余儀なくされた事業主に対して、国が先に算出した助成額に基づき事業主体の20%を上乗せするものでありますので、どちらが先かと言われますと国の方が先で、西尾市がその後、申請していただくという形になります。
 それと、周知の方法でありますけれども、6月補正予算可決後に西尾公共職業安定所において、助成金の申請を周知していただきます。また、4月1日から可決までの間で対象期間が終了する事業主に対しましては、職業安定所と連携して個別通知を実施します。さらに、広報にしお、商工会議所、商工会の会報を使ってのPRを行うとともに、必要があれば説明会を開催する予定でおります。こうしたことから周知はできるものと考えております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(早川英樹) 民間木造住宅耐震改修の実績でございます。昨年度、22年度でございますが、西尾市が11件、幡豆郡3町が7件で、合計18件でございます。
 それから耐震診断につきましては、これも昨年度の実績でございますが、西尾市が250件、幡豆郡3町が230件、計480件でございます。
 続きまして、周知の方法でございますが、広報にしお及び西尾市のホームページに掲載をしていきたいと考えております。そして、報道機関への情報提供も行いながら住民への周知を図っていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(渡辺信行) 申しわけありません。答弁漏れがありましたので、再度、答弁させていただきます。
 まず、中小企業緊急雇用安定の関係ですけれども、まず積算根拠を申し上げます。西尾公共職業安定所管内の平成22年度の助成金対象人数は推計で9万7,200人、これらのうち3分の2に相当する6万7,600人が上半期の6カ月間に集中しています。公共職業安定所との情報交換の中で、23年度については昨年と同様に上半期の6カ月間に申請が集中すること、それと東日本大震災の影響により昨年よりも申請件数が増加すると見込まれることから、補助対象となる6カ月間の人数を大震災の影響を加味して、22年度上半期対象者の1.2倍の8万1,500人を見込みました。6月補正の算出についてはこうした状況を踏まえ、事業主負担20%に相当する1,876円に対象見込み人数の8万1,500人を乗じて算出した約1億5,000万円としております。
 それともう1点ですけれども、商工業振興資金と西尾市中小企業経営安定資金の件数ですけれども、平成23年4月の融資実績で、商工業振興資金が5件、6,250万円、中小企業経営安定資金が9件で2,730万円であります。また、信用保証料の補助ですけれども、4月申請分が商工業振興資金が4件、30万1,700円、中小企業経営安定資金では13件、83万1,300円となっております。
 なお、融資実行と保証料補助で時点のずれが生ずることになるため、大震災の影響による緊急を要する資金需要は、今後、増大するものと考えておりますのでよろしくお願いいたします。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) 議案書8ページ、15款3項7目1節教育総務費委託金、説明欄の「夢をはぐくむ あいち・モノづくり体験事業」委託金と、ことばの学習活性化推進事業委託金の内容でございますが、夢をはばくむ あいち・モノづくり体験事業委託金は、キャリア教育を進めるための事業でございます。それから、ことばの学習活性化推進事業委託金は、言葉の力を身につけることや国語に対する学習意欲の向上を目的に行う事業でございます。これらの事業につきましては、歳出、議案書16ページ、10款1項3目教育指導費の中で、説明欄11特色ある学校づくり推進事業10万円と、説明欄1教育指導事務費20万円で、それぞれ予算を計上しております。それから、事業につきましては1年間の事業でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部次長(岩瀬紀夫) 外国にルーツを持つ子どもに対する進学支援教室事業の内容でございますけれども、これは西尾市在住の外国人児童・生徒の中には、中学や15歳になった以降に来日をする等の理由で中学卒業程度の資格または、そういう能力を持たない人が何人かおみえになります。このため中学卒業程度の学力を習得させて、安定した職業の確保や高校進学を支援する教室を開校するものであります。
 なお、この事業につきましては本年単年度の開催を予定しております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(石川恒夫) 12・13ページ、2款2項2目、説明欄(1)口座振替依頼書及び(2)滞納者てん末書電子ファイリング業務委託事業につきまして、委託先の決定方法でありますけれども、口座振替依頼書事業は随意契約、滞納者てん末書事業につきましては指名競争入札を予定しております。
 次に、事業の内容でありますけれども、口座振替依頼書事業は納税者から提出されました旧3町の口座振替依頼書約7万3,000枚をスキャニングし、イメージデータとして取り込む事業で、滞納者てん末書事業は、滞納者と納税者の折衝に伴う記録簿で、旧西尾市と旧3町のてん末書約7万枚をスキャニングして、イメージデータとして取り込む事業でございます。
 次に、雇用期間でありますけれども、いずれも23年9月から24年2月までの6カ月間を予定しております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 環境部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境部次長(村松龍己) 15ページ、説明欄4地球温暖化対策事業についてのお尋ねでございます。
 まず1点目の実績についてでございますが、平成22年度補助実績は1市3町で264件あり、金額で3,149万8,000円でございます。
 続きまして、制度の周知の方法についてでございますが、市の広報やホームページ等でお知らせをしております。
 それから、初期投資額を回収できるのにどのぐらいかかるかというお尋ねでございますが、一般的に20年ぐらいでもとがとれるというふうに言われておりますが、設置場所などの条件によってかなり変わりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(石川貞夫) 自動車関連企業の土日操業の件の予算については、本予算には計上をいたしておりません。現在、検討をしているところでございまして、今後、補正予算をお願いすることもあろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯30番(牧野勝子) 市長にお願いしたいことがありますが、先ほど耐震対策で耐震診断を何百件かやっても、耐震改修をされているのが数件ということで、これはとても地味な事業なんですね。それで、なかなかこれが進まないということは再三、牧野次郎議員も質問してきたんですが、耐震診断とリフォームやバリアフリーもセットにして、今後、ぜひ一回考え直していただけないかお尋ねをして質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 今、地道に取り組んでやるようにしておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(前田 修) お伺いをしたいのは12・13ページ、2款1項10目電算管理の関係で、総合行政ネットワーク整備事業があります。LGWANで、住基カードに関連する機器の購入ということでありました。それぞれの支所でも配置されるわけですが、住基カードはどういった機器が整備されて、住民にどのように便利になるのかお伺いをしたいと思います。
 2つ目に伺いたいと思いますのは、先ほども議論がありましたが、2款1項14目市民協働費にある緊急雇用創出事業、それから2款2項2目の税務課の関係で出てくる緊急雇用創出事業、これは業者に委託をするという事業ですが、仕事がなくて困っている方にこういった制度を設けて仕事をしてもらうということですけれども、ですから西尾市の圏域の中で困っている人に、これが収入になるようになってもらわなければいけないわけですけれども、一体この業者はどこの業者で、そこの業者で働く人はこの圏域の人なのかどうか、その点はどのようになっているのかお伺いをしたいと思います。
 3つ目に、10款1項3目の教育振興基金積立事業ですけれども、これは今現在高でどの程度の基金が積まれているのか、また何を目的に基金を積んでおられる事業かお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(山崎 朗) お答えいたします。
 公的個人認証という機器を導入しておりまして、この機器は住基カードに公的個人認証の登録を行いまして、この登録によりまして初めてe−TAXですとか電子申請を行うことができます。この公的個人認証ということによりまして、自宅や職場などのパソコンからさまざまな行政手続を行うことができるようになります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(渡辺信行) 緊急雇用の関係でございますけれども、まず委託先と言われましたけれども、これは委託業者に委託してもできますし、また市が雇用するということもできますので、それはご承知いただきたいと思います。
 それで、市内の地元の方ということを言われましたけれども、地元でなければならないという規定はありませんし、またその状況については把握しておりませんので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(石川恒夫) 緊急雇用の方でありますけれども、委託契約の中にハローワークを通じて雇用するように条件をつけて行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(大木昌子) 議案書16ページ、10款1項3目の教育振興基金積立事業ですが、この基金は平成17年に創設したもので、教育振興に対する寄附金と、その運用益を積み立てているものです。
 なお、この基金は教育振興の財源に充てる場合に処分することができますので、今年度は9事業にこの基金を活用しております。現在高ですが、平成22年度末の現在高は約1,375万円です。9事業のために取り崩しを行っておりますので、平成23年度5月11日現在は946万円となっております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(前田 修) 13ページ、税務課の関係の緊急雇用のことでお伺いをしたいんですけれども、ハローワークを通じてやられるということですが、この口座振替の関係で2,050万円、滞納者の関係のファイリングで2,050万円、あわせて4,100万円の金額を仕事のない人に渡していただきたいということでありますし、先ほどの答弁の中には業者がどこになるのか、だれがそこで働いているのか承知をしていないという答弁があったけれども、そうなるとこの制度の趣旨からみても、この地域で困っている人のための制度ですから、地域の人にこれが使われるように、ぜひ検討も調査も深めていただきたいなと思っているんですけれども、この税務課の関係で言いますと、例えば何人の人たちが対応することになるのか。ハローワークを通じたり、広報などで募集もされたりするのかもしれませんけれども、通常ですと西尾市で何人、一色、吉良、幡豆それぞれ役所があると、その地域でお金を消化するため、その地域の人に緊急雇用として使っていただくことがいいと思うんですけれども、今度は一体どの地域の人になるのかなということを思うと、西尾幡豆全域から広くうまく採用されて、こういった仕事が分配されるといいなと思うんですけれども、そういったことの配慮は可能なのかどうか、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(石川恒夫) 口座振替と滞納者てん末書、個々に10名ほどを新規採用というふうに予定しております。それで、先ほど言いましたように西尾のハローワークを通じて募集していただくよう、契約書の中には付記していきたいというふうに考えていますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(牧野次郎) 10ページ・11ページ、21款市債、1項市債の関係で、離島振興施設整備事業で離島振興債2,430万円が新たに市債として計上されております。先ほど、辺地総合整備計画の中でお尋ねをしたときには、クラインガルテンの道路の事業に係るものは、道路改良費が事業として3,270万円というお話でした。そのうち今回、2,430万円が市債というふうになって起債にされていくわけでありますが、基本的には、こうしたクラインガルテン等の事業については補助が2分の1、残りが起債かなというふうに認識していたわけでありますが、この3,270万円の道路改良事業に対して2,430万円の起債を起こしていく、この経緯についてどのようなものかお尋ねをしたいというふうに思います。
 それからもう1点は、クラインガルテンの事業に対して、今回、こうした新たな起債も起こされて、そうした中で3億2,000万円余のクラインガルテンの建設等事業ですが、このうち全体の事業費のうち市費ですが、国からの補助金、それから起債において先々返還の際には交付税措置がされるということでありますが、そうしたことを除いて実際に市が一般の費用、また起債の償還の際に市費を持ち出す、こうした市費にかかる費用が全体としてどれぐらいになるかわかりますでしょうか。
 また、事業費の中の負担割合もわかりましたらお知らせをいただきたいと思います。
 それから、先ほどいろいろお聞きしてわからなかったのが、12ページ・13ページの市民協働費、収納事務費で、それぞれ緊急雇用創出事業の中身でありますが、要は何人工の雇用が創出される予定の事業なのか。また、それぞれの事業において、これは委託をしていくというわけですから、直接、市が雇用するわけではないということであります。それぞれの費用のうち、直接新たな雇用の費用で人件費につながらない事務費相当分というのは、どれぐらいを見込んでいるのか、その点を確認させていただきたいと思います。
 それから14ページ・15ページ、5款労働費の関係でありますが、このことでお尋ねをしたいのは、雇用安定補助事業の対象になる方で、例えばパートで社会保険の未加入の方々も、こうした事業の対象になることができるのかどうか、その点を確認させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(渡辺信行) まず、市債でありますけれども、当初予算の歳出で計上しております佐久島クラインガルテン建設工事の工事請負費の中に道路改良工事があります。その工事が、当初予算は地方債の対象外と考えておりましたが、その後、県との協議により対象になるということで、その分を今回、上乗せ補正させていただいたものであります。それで、この工事費ですけれども、議員が言われましたとおり予算額で3,275万円でありますので、これだけをとらえれば、この額がそのまま地方債となるわけでありますけれども、補正額は2,430万円になっているということでありますが、その差額につきましては、建設工事と工事監理費の地方債対象事業費及び国庫補助金が当初予算時と異なっていますので、それらも調整した地方債補正とさせていただいております。
 次に、クラインガルテンの一般財源でありますけれども、消耗品だとか備品、その他事務費を除いた21年度から23年度までの合計の事業費で申し上げます。クラインガルテン整備事業費が3億1,963万7,245円で、この3億1,900万円の内訳ですけれども、用地調査委託料、実施設計委託料、土地購入費、建設工事費、工事監理委託料と道路改良費をあわせた額であります。このうち、特定財源が1億3,628万9,000円、そして辺地債が1億7,880万円となりまして、その辺地債のうちの交付税措置が80%の額となりますので、交付税の額を1億4,304万円とします。そうしますと、事業費から特定財源と辺地債を控除しますと一般財源が4,030万8,245円ということになりますので、牧野議員が言われた市の一般財源は4,000万円ほどでいいかと思われます。
 緊急雇用の人数でありますけれども、23年度当初予算が18事業で、新規雇用者は109人ととらえております。それと6月補正で、今回は3事業上げさせていただいておりますけれども、これで新規雇用者は54人というふうにとらえております。
 それと、事務費相当額につきましては、緊急雇用全体でこれだけの事業があるわけですけれども、それぞれの事業によって事務費が異なってきますので、事務費の額を今、答弁することはできません。
 あと、保険の関係で雇用となる対象者ですけれども、対象となる労働者というよりも、この補助金の対象になる対象者ということでよろしかったかと思いますけれども、これにつきましては西尾公共職業安定所所管の雇用保険が適用される中小企業というふうにとらえております。ですから、家族経営でも雇用保険に入っていれば、当然、対象と考えられますし、家族でも労働者扱いしていない専従者とか個人経営は対象外となります。詳細につきましては、厚生労働省で労働者の取扱いというところに定めがありまして、1週間の所定労働時間が20時間以上であることだとか、31日以上の雇用見込みがあることなど、また同居している家族の場合の労働条件など一定の定めがありますので、また一遍、参考にしていただきたいと思います。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) ほかに質疑もないようでありますので、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第107号については、関係委員会に付託いたします。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(新家喜志男) 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 次回は明日、6月2日木曜日、午前10時より再開することとし、本日はこれにて散会します。
                            午前11時58分 散会