議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成21年6月定例会(第1号) 本文




                            午前10時00分 開会
◯議長(山田慶勝) ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成21年西尾市議会6月定例会は成立いたしましたので開会いたします。
 今期定例会に提出されました案件は、専決処分の承認についてを初め8件であります。諸議案につきましては、後刻、それぞれ説明がありますが、十分な検討を加え、市民の負託にこたえるべく努力したいと存ずるものであります。したがって、議員各位におかれては、円滑に議事を進められ、適正、妥当な議決に到達しますようお願い申し上げ、開会のあいさつといたします。
 西尾市長職務代理者大竹副市長からあいさつがあります。
      〔西尾市長職務代理者副市長 大竹茂暉 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯西尾市長職務代理者副市長(大竹茂暉) 一言ごあいさつを申し上げます。
 本日ここに、平成21年西尾市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私とも何かとご多用の中、ご参集をいただき、提出議案につきましてご審議を賜りますこと対しまして、厚くお礼を申し上げます。
 さて、今議会に提案をいたします議案は全部で8件でございます。その内訳は、専決処分が1件、単行議案が5件、補正予算が2件でございます。
 まず、専決処分の承認でございますが、子育て応援特別手当支給事業に伴う事業費を追加執行する必要が生じまして、関係予算を専決処分いたしましたので議会に報告をし、承認をお願いするものでございます。
 次に単行議案でございますが、西尾市道の駅の設置及び管理に関する条例の一部改正を初め、条例改正が3件、市道路線の認定が1件、損害賠償の額の決定が1件でございます。
 平成21年度補正予算案につきましては、一般会計で1,673万2,000円、病院事業会計で874万5,000円の補正をお願いするものでございます。
 以上、提出議案の概要を申し上げましたが、各議案につきましては、上程の都度、担当者が説明をいたしますので、よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。
      〔西尾市長職務代理者副市長 大竹茂暉 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) あいさつは終わりました。
           ────────────────────
                            午前10時04分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第1号により行います。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) この際、諸般の報告をいたします。
 専決処分につきましては、お手元にお配りしましたとおりであります。
 次に、今期定例会に提出されました請願につきましては請願文書表として、陳情につきましては陳情書概要として、さきに送付したとおりであります。
 次に、平成20年度西尾市一般会計繰越明許費繰越計算書、平成20年度西尾市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書及び平成20年度西尾市病院事業会計予算繰越計算書につきましては、お手元に配付しておきましたからご了承願います。
 次に、監査委員から、定期監査等の実施結果、例月出納検査の結果及び財政援助団体の監査実施結果の報告があり、掲示板に掲げておきましたのでご了承願います。
 次に、西尾市土地開発公社の決算書など、理事会議案目録につきましては、さきに送付したとおりであります。
 以上で、報告を終わります。
           ─────────────────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において鈴木 亨議員及び鈴木規子議員を指名いたします。
           ──────────○──────────
日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から7月24日までの36日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ご異議なしと認めます。よって、会期は36日間と決定いたしました。
           ──────────○──────────
日程第3

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第3 議案第45号 専決処分の承認についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(小島統市) ただいま議題となりました議案第45号 専決処分の承認について、提案理由のご説明を申し上げます。
 本案は、地方自治法第179条第1項の規定により、去る6月3日付で専決処分をいたしました、平成21年度西尾市一般会計補正予算(第2号)について、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めたいとするものでございます。
 この予算は、子育て応援特別手当について、平成21年度に国から交付決定が予定されています交付金と、対象者への支給金を早急に措置する必要が生じたため専決処分をしたものでございます。
 この予算の内容につきましては、3ページをごらんください。
 第1条のとおり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ702万円を追加し、予算の総額を314億7,519万9,000円と定めたものでございます。
 以下、歳入歳出補正予算事項別明細書によりご説明を申し上げますので、8ページをごらんください。
 歳入は、14款国庫支出金、2項2目民生費国庫補助金702万円の追加で、子育て応援特別手当交付金の追加でございます。
 続いて、歳出予算のご説明を申し上げますので10ページをごらんください。
 3款民生費、2項5目子育て応援特別手当支給費702万円の追加で、手当の支給金の追加でございます。
 以上で、平成21年度西尾市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認についての報告を終わります。よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願いを申し上げます。
      〔総務部長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) では、3点についてお尋ねをしたいと思います。
 まず1点目は、定額給付金の折にもお尋ねをしましたけれども、申請をしていただくための受取り対象者が見つからなかったというようなことが、定額給付金では700通あったということですが、そういうものがありましたら、その数と申請を予定される数、それに伴う1人3万6,000円を掛けた金額、それから現在までの申請者数。
 それからもう1点は、NHKで最近、頻繁に報道しておりますが、例えばドメスティックバイオレンスの事件がこのところ多くなってきていて、子どもさんと受け取る世帯主とが別に暮らしているような状況のときに、確実に子どもさんのところに届くようにするには、世帯主だけで処理をされると困るというような状況もあるわけですが、西尾市ではそうしたことについていかような配慮をなさっているか、お尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(石川勝己) まず、1点目の送付して返信があったかという質問でございますが、これにつきましては確かにございますが、数字的に把握しておりませんので申しわけございません。
 それから、2点目の予定者数につきましては、全体で対象者が1,610世帯で、対象人数が1,695人でございまして、金額につきましては6,102万円となっております。
 それと、3点目のDV被害者の件でございますが、DV被害者の方につきましては、支援措置を受けて施設入所をされている方につきましては把握しておりますので、そちらの施設長の方に、そちらから申請をしていただくように依頼はしてございます。ただ、西尾市につきましては、今のところ申し込みはございませんので、よろしくお願いしたいと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) こういう支援措置が急に行われて、確実に必要とする対象者の方に届くかどうかということを最後まで見届けるというのは、なかなか難しいことなんですが、例えばだんな様と奥さん、子どもさんが別に暮らしていらっしゃると、受取り手はだんな様で、実は子どものところに届かなくなるという可能性がないわけではないので、できるだけそういう状況を少なくしていくために、まず1点目が、届かなかった手紙については、できる限り探し当てていただくご努力をお願いしておきたいと思います。
 それから、その後の問題については、なかなか込み入った状況がありまして、100%ということはなかなかできにくいかとは思いますが、可能な範囲でご指導とご努力をお願いをして、お答えはいいですが、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第45号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。(「なし」と呼ぶ者あり)本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより、議案第45号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり可決されました。
           ──────────○──────────
日程第4

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第4 議案第46号 西尾市道の駅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。市民部次長。
      〔市民部次長 内藤 滋 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) ただいま議題となりました議案第46号 西尾市道の駅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書13ページをごらんください。
 本案は、現在、小島町地内に建設中の道の駅にしお岡ノ山が建設工期の延長により、平成21年9月1日からの供用開始が不可能となったため、附則の改正をしようとするものでございます。
 供用開始がおくれる理由は、国土交通省が建設する道路情報提供施設とトイレ棟に設計変更の必要が生じたためでございます。
 議案書14ページをごらんください。
 このため、西尾市道の駅設置及び管理に関する条例の附則中「平成21年9月1日」を「規則で定める日」に改めたいとするものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔市民部次長 内藤 滋 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(牧野次郎) 3点ほど、お尋ねをいたします。
 まず、先ほど説明にありました国土交通省施設の建設のおくれですが、今のお話では道路情報の施設とトイレ棟の建設が困難になったというお話であります。具体的に、どうして建設がおくれることになったのか、その要因についてお知らせをいただきたい。
 それからもう1点は、具体的に9月1日の施行日を、今回は規則で定める日にするという内容であります。これは施設が完成時、すぐに供用されるようにするために12月議会以前に規則で定めて、一刻も早く建設後にオープンできるようにという配慮がされている条例ではないかなというふうに思うわけでありますが、実際にオープンできる見込みはどのようか、何カ月ぐらい工期がおくれるのか、その点についての確認をさせていただきたいと思います。
 それから、工事がおくれて供用開始がおくれることによる実質的な、その間のかかる費用とか及ぶ影響、これがどのようになるのかお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) まず、おくれた要因でございますが、国土交通省が事前にボーリングをした場所と建物を建てる場所が違ったため、改めて杭の位置でボーリングをしたところ岩盤が出て、予定した支持層まで杭が打てなかったということで、設計変更を行ったということで確認申請の出し直しをしたためでございます。
 2点目の規則に委任するというお話につきましては、議員ご指摘のとおり少しでも早くというふうに私どもは考えております。現時点では、およそ2カ月程度おくれるという話は聞いておりますが、できるだけ早くということで私どもは要請をしております。
 3点目の西尾市の費用でございますが、私どもの方の施設は予定どおり7月31日にできます。このため、もし11月1日にオープンをしたとした場合につきましては、この間、約3カ月ございますので、私どもが完成した施設をどのように維持管理をするかということで、若干の費用がかかるのではないかというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(牧野次郎) ボーリングした場所と、実際の建設場所が食い違っていたという、明らかなケアレスミスだということであります。そのために、今、若干の費用が市の施設に余分にかかると。この費用はどういったものでかかるのか、その点についてお尋ねをしたいし、また、その間に余分な費用がかかるのなら、こうしたケアレスミスが起きたところへ損害賠償も含めて求められるものなのかどうか、その点をお尋ねしたいと思います。
 それから、2カ月程度工期がおくれるだろうということになりますと、実質的には9月議会の条例で定めても間に合うものか。本来、これは規則で、施設の設置の費用を管理運営の条例の施行日を規則にゆだねるという形になりますから、本来の形とは少しずれてくるのかなというふうに思うわけで、これは9月議会に間に合わないという判断で、必ず2カ月以内に完成できるために、この条例を出してきたと思いますので、それは間違いないのかどうか確認をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) まず、ケアレスミスというお話でございますが、こういった広い土地の中でボーリングを何本するかということは、ある程度、設計者の事前設計でございますので、その中で建物を建てる位置とボーリングの場所が違ったということは、ままある話だというふうには聞いております。それで、そのためにおくれることによって西尾市のかかる費用といたしましては、防犯設備、例えば警備、施設の点検、除草、清掃等、いろいろその建物を正常に維持していくため、また山の上ですからだれもいない場合は、夜、人のたまり場になってもいけないものですから、そういうような感じでセキュリティーを主に対策をしていきたいと思います。
 このお金を、国の方に損害賠償を要求する気持ちはあるかないかということでございますが、あくまでも西尾市と国土交通省はパートナーシップを持って事業を進めておりまして、たまたま不測の事態が出たからといって、そのお金を西尾市の方から国土交通省の方へ請求するつもりはございませんので、よろしくお願いいたします。
 また、規則でというお話でございましたが、今回、9月1日ということで3月議会で上程しましたものが、6月議会で改めなければならないような状態になったということで、まことに申しわけなくは思っておりますので、またさらに日にちを決めてというよりも、先ほどおっしゃっていただいたように規則で委任をして、できるだけ早くというふうに考えてこのようにいたしましたので、ご理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(牧野次郎) この間、おくれた分の施設の維持管理の費用が、若干かかるだろうというお話でした。私が心配するのは、指定管理をしていく施設でありますから、指定管理者との契約で、例えば施設の運用がおくれてくるということは、指定管理者に対しても不利益が及ぼされると。その指定管理者との関係でも、そこでは事業がされるわけですから、指定管理者との話し合いというのは十分されているのか。指定管理者の方から、これまでの契約に基づいてやっていく上で、市の方に損害とは言われないかもしれませんが、それでも何らか指定管理者の方から言われるのではないかなという気がします。そうした点で、市としても国の国交省に対して何らか物を言っていくべきではないかなというふうに思うんですが、その点はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) まず、指定管理者に対する本市の責任でございますが、このたびの供用開始のおくれは本市の帰責事由によるものでないため、本市が営業補償義務を負うことはないというのは水準書の方で定めてありまして、指定管理者の方から特別に賠償をという話はきておりません。ただ、これから1カ月、2カ月について、だれがそれを維持していくかということは指定管理者に定めてはありませんけれども、その予定者を維持管理に当てていこうというふうに考えて、現在、交渉しておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) ボーリング調査をやられた地点数を、まずお尋ねをしたいことと、先ほどお話がございました防犯、除草、清掃、あるいはセキュリティーで、たしか50万円という数字を既に部会の方で報告なさっていると思いますので、この内訳についてもお尋ねをしたいと存じます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) 国が何カ所ボーリングをしたかというのは定かではありませんが、私どもがいただいている資料を見た限り、4本のボーリングがしてあるように見えます。それと、このたび確認申請で出された書類で見ますと、建物の位置を中心に9カ所のボーリングをやってみえます。
 それから、部会で50万円と申し上げましたのは、道の駅ができた段階で国交省の施設、トイレ、駐車場等の維持管理をするお金が50万円かかるということで、この原資を当てて、まだ国交省の施設ができないものですから、国交省の施設がオープンする前の間の委託料、西尾市側の委託料の方に流用のお願いをしたわけでございますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) とても素朴な疑問なんですけれども、ボーリング調査の4本と、建てる際になってあとの9カ所をおやりになったと思うんですが、私、以前、保育所に勤めておりまして、保育所の大掃除をやりますと、ボーリング調査をしたときにとっておく土の質をビーカーの太いものに詰めて、たくさん箱の中に入れてとってあるんです。それは4本などではなくて、すごくたくさん詰めてあって、多分、たくさん調査した中で特徴のあるものか、あるいは地点ごとに保存していたのだろうと思うんです。こういう国土交通省が責任を持ってやる事業で、必ず基礎打ちをする部署がわかっている設計図があって、なおかつそこに網羅できないようなボーリング調査をやったということ自身が、本当に私は、ここら辺にいらっしゃる建設部の皆さんも市民も、絶対納得できないと思うんです。
 だから市と国は、この事業について協調して事を荒立てないということではなくて、本来、果たすべき責任を果し切っていないということについては、もう少しきちんと申し入れをして、市民の側からすれば、このことで余分な税金を使うということは本当に許さないと思います。こういう事実がわかれば。ですから、事は荒立てなくてもいいですけれども、きちんと市議会の中からこういう厳しい指摘があったということも、ぜひお伝えいただきたいし、それから賠償請求については、今のお話ではされていかない気配を感じましたけれども、本来、すべきものだというふうに私は考えますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) 先ほどの国土交通省の件につきましては、お話は承りました。
 2つ目のご質問が少し聞き取れなくて申しわけなかったですけれども、もう一度お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) 1つ目は、ボーリング調査と杭打ちをするところが外れていて、4カ所しかないということについては、予想されない事態が発生するということはだれでもわかると、なぜそのことが落ちたのかということをきちんと追及していただいて、だから本来は国が補償すべきことだという意見が議会の中にあるということをきちんとお届けいただいて、賠償請求をされるべきだと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部次長(内藤 滋) 前段については、お話をお承りしましたけれども、賠償請求については考えておりませんので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第46号については、経済建設委員会に付託いたします。
           ──────────○──────────
日程第5

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第5 議案第47号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。福祉部次長。
      〔福祉部次長 井土哲幸 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(井土哲幸) ただいま議題となりました議案第47号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。
 条例案15ページをごらんください。
 本案は、地方税法等の一部を改正する法律等が公布されたことに伴いまして、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じましたので、ご提案をいたすものでございます。
 これらの税制改正につきましては、現下の経済・財政状況を踏まえ、安心で活力のある経済社会の実現に資する観点から改正が行われたものでございます。
 それでは、改正内容につきまして、条文に沿って説明を申し上げますので、議案とあわせてご配付いたしました議案第47号参考資料、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の概要をごらんください。
 なお、主な改正内容についてご説明申し上げ、条文の簡易な整備等につきましては説明を省略させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
 まず、第23条第2項の削除でございますが、納税義務者である世帯主等の前年からの所得の状況の著しい変化等がある場合に、当該納税義務者を2割の減額措置の対象から除外する措置を廃止するものでありまして、そのため当該規定を削除するものでございます。
 次に、新たに追加する附則第4項でございますが、上場株式等に係る配当所得につきましては、従来では上場株式を申告した場合、当該配当所得は総合課税でありましたが、申告分離課税との選択制に制度改正されたため、その規定を追加するものでございます。
 なお、国民健康保険税の課税の特例といたしまして、当該分離課税の所得と他の所得とを合算して課税をするものでございます。
 次に、附則第5項につきましては、分離課税である長期譲渡所得に係る1,000万円の特別控除が創設されることになったため、その規定を追加するものでございます。
 次に、附則第6項につきましては、附則第5項の規定の改正に伴い、読みかえ規定を規定し直すものでございます。
 次に、新たに追加する附則第8項につきましては、上場株式等に係る譲渡損失の金額を、附則第4項で規定した配当所得と、損益通算及び繰越控除ができる旨の規定を追加するものでございます。
 次に、附則第11項につきましては、先物取引に係る金融商品の譲渡所得が分離課税となったため、その規定を追加するものでございます。
 次に、条例案17ページをごらんください。
 改正附則第1項でございますが、これらは市税条例等の改正にあわせた施行日とするものでございます。
 最後に、改正附則第2項では、経過措置を規定するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔福祉部次長 井土哲幸 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) 今、引用して説明してくださいました西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の概要でいただいております、議案第47号参考資料の一番初めに書いてございます第23条第2項について、まずお尋ねをしたと思います。
 西尾市では今回、条例文の改正が上程されているけれども、昨年から既にこの改正内容に沿って減免を実施しているということですが、そうなる前提として定率減税が廃止されたり、老年者控除も廃止されたり、あるいは後期高齢者医療制度ができたりして、さまざまに市民の負担がふえて減免を一層広げていくという状況が出てきたわけで、減免の仕方についてご指導いただきまして、2割軽減については世帯全体の所得が33万円プラス国保に入っている人の人数掛ける35万円として計算をするという計算式を教えていただきました。特に所得の変動が大きくなくても、この計算式にはまる人は全部2割の減免に当てはめていきますということで、悪いことではないと思うんですが、西尾市では既に実施済みということですが、対象の数と出てくる額がどのぐらいになっているのか、ご報告をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉部次長(井土哲幸) 20年度の決算見込みでございますが、2割軽減の対象世帯数は1,181世帯、被保険者数にして2,495人、軽減額でございますが1,910万1,000円を見込んでおります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第47号については、厚生教育委員会に付託いたします。
           ──────────○──────────
日程第6

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第6 議案第48号 西尾市有料駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。企画部長。
      〔企画部長 小野田一男 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(小野田一男) ただいま議題となりました議案第48号 西尾市有料駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書19ページをごらんください。
 本案は、名鉄西尾線の利用促進を図る目的で、名鉄福地駅に月ぎめ駐車場を整備することに伴いまして、西尾市有料駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する必要が生じましたので、提案をいたすものでございます。
 まず、駐車場整備の概略を申し上げます。福地駅の南約70メートルに、名古屋鉄道株式会社が所有する土地がございます。所在地番は、西尾市川口町松原27番地、地目は鉄軌道用地、面積は1,133平方メートルでございます。その土地の一部、約330平方メートルを無償借地し、18台分の月ぎめ駐車場を整備するものでございます。名古屋鉄道株式会社には、用地を無償提供していただきますので、当該用地分の固定資産税を減免してまいります。
 それでは、条例改正の主な内容につきましてご説明申し上げますので、20ページをごらんください。
 第5条は、駐車券の発行についての規定で、この中に月ぎめ駐車券を追加するものでございます。
 次に第6条は、使用料等の徴収についての規定で、月ぎめ駐車券による場合は、別に定める方法により徴収することを定めるものでございます。
 次に第8条は、使用料等の不還付についての規定で、この中に月ぎめ駐車券の使用料を追加するものでございます。
 別表第1中、駐車場の名称を福地駅南駐車場、位置を西尾市川口町松原27番地とするものであります。
 次に別表第3中では、福地駅南駐車場の供用時間を、午前0時から午後12時までとし、駐車できる自動車等の範囲を普通自動車とするものであります。
 なお、附則第1項で、施行期日を平成21年10月1日と定め、附則第2項では、西尾市使用料及び手数料条例を一部改正し、福地駅南駐車場の使用料を一月につき2,500円と定めるものでございます。
 以上、まことに簡単でありますが提案理由の説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔企画部長 小野田一男 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(牧野次郎) 3点ほど、お尋ねをいたします。
 まず、この施設の維持管理がどのようになっていくのか、お尋ねをしたいと思います。
 あわせて、この事業は18台分の駐車場というお話であります。この事業費が幾らかかるのか。同時に、先ほどのご説明では鉄軌道敷地内ということですから、減免が働いていると思うんですが、わかりましたら固定資産税の減免額をお知らせいただきたいというふうに思います。
 それから、受付方法についてもどのようにされるのか、お尋ねをしたいと思います。
 同時に、月の定期料金が2,500円ということでありますが、この2,500円と金額を定めた理由をお尋ねしたいと思います。
 それから、これは福地駅と同時に名鉄線の利用促進策というご説明であります。今後、福地駅の利用促進策で、今回の駐車場整備以外でもどのような方策を持ってみえるのか、あわせてお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(小野田一男) まず1点目の、維持管理の方法でございますけれども、使用料の徴収業務や苦情などの処理、各種問い合わせなどの対応は所管課の企画課で直接、担当する予定でございます。
 2番目の事業費のご質問ですけれども、主要事業のご説明をさせていただいた時点では、250万円程度を予定しておりますということをお話させていただいておりますけれども、入札をした結果、157万5,000円で落札がされました。今後、場所が線路の隣接地になりまして、今の状況でいいかどうか、名鉄とまた交渉しなければいけないこともあるかと思うんですけれども、なるべく安く今回の工事についてはやりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 3点目の固定資産税の減免額でございますけれども、今現在の試算では5,000円弱になるのではないかというふうに試算をしております。
 それから4点目、受付方法のお問い合わせでございますけれども、利用者の公募につきましては広報にしお8月1日号に募集記事を掲載し、あわせて市のホームページでもPRをしてまいります。申込み方法につきましては、申込書に必要事項を記入の上、郵送、ファックス、Eメールのいずれかで市企画課へ申し込んでいただく予定です。ただいまの予定は、8月31日で受付を終了し、応募者多数の場合には抽選で利用者を決めてまいります。
 それから、5点目の2,500円と定めた理由でございますけれども、この名鉄福地駅の西側に名鉄協商が管理する月ぎめ駐車場がございますので、その料金を参考に使用料を決めさせていただきました。
 それから6点目、利用の増進方法で何か考えているかというご質問がありました。いろいろ今、検討中でございますけれども、その中の1つで、4月のときに市内3校の高校の校長先生、それから一色、吉良の校長先生にお集まりいただきまして、もし名鉄西尾蒲郡線が立ち行かなくなったときには通学の方々の影響は大変大きいと、ぜひ高校の先生方も授業の中で何とか名鉄を利用していただける授業を、例えば、現在ですと観光バスでどこかへ出かけられることが多いんですけれども、ぜひ名鉄電車を利用した行事などを組んでいただきたいということをお願いしてまいりまして、一部高校の中では既にそのように協力をしていただけるところが出てきております。今後も引き続いて、各種団体に名鉄利用の促進のお願いをしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野次郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(牧野次郎) 受付は企画課へ郵送、ファックス、メールということであります。今の状況で言うと、この前、お話を聞きましたら名鉄協商の月ぎめ駐車場も今、空きが少し出ているような状況だということであります。この受付を企画課で、こういう形でやっていくというのは、メールなどはわかりますけれども、郵送だと、一般的にはどういうような申込み手続が必要になるかも、なかなかわかりにくいわけでありますし、それこそ実際には企画課に訪れて手続を必要とする形になろうかと思います。私は、それで十分な18台の駐車場の活用がされて、その上で福地駅、ひいては名鉄三河線の利用促進につながるかどうかということでは、このことによる影響というのはどれぐらい出るのかなということも考えるわけですが、見込みとして、この駐車場の利用状況をどのように見込まれるのか。
 また、それに十分達しないような状況だった場合には、さらに利用促進のための、駅の利用促進と同時に駐車場も18台分のスペースをきちんと利用していただく、こうした環境をつくっていくためにもどのような手だてをほかに持ってみえるのか、お尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 企画部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(小野田一男) 申込者の見込みでございますけれども、1つは、使用料を安価に設定したこと、それから昨年6月のダイヤ改正で福地駅に急行や準急も停車することとなり、以前より利便性が向上していますので、申し込みのあることを期待しております。議員各位におかれましても申し込みの問い合わせがあれば、ぜひご紹介をしていただけますようによろしくお願いいたします。
 申し込みが少なかった場合の対応ですけれども、例えば一色町などへもPRをして利用をお願いしたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第48号については、企画総務委員会に付託いたします。
           ──────────○──────────
日程第7

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第7 議案第49号 市道路線の認定についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。建設部長。
      〔建設部長 野口要二 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(野口要二) ただいま議題となりました議案第49号 市道路線の認定について、提案理由をご説明申し上げます。
 議案書21ページをごらんください。
 本案は、中畑103号線を初め4路線を認定したく、道路法第8条第2項の規定により議会の議決をお願いするものであります。
 番号1番、2番は市道中畑102号線建設に伴い、市道として整備し、管理するために認定をお願いするものでございます。
 番号3番、富山15号線は、開発行為により建設された道路を、市道として管理するために認定をお願いするものでございます。
 番号4番、住崎西部60号線は市道として整備し、管理するために認定をお願いするものでございます。
 今回、認定する路線は4路線で、総延長は647.0メートルでございます。
 なお、認定する路線の箇所につきましては別紙参考資料のとおりでございますので、ごらんいただきたいと存じます。
 以上、まことに簡単ではございますが提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔建設部長 野口要二 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) まず、番号1の市道中畑103号線について最初にお尋ねをしたいと思います。
 まず、これは私、よく通る道なので見てまいりましたが、起点の丸のついている方から道路に沿って直角に折れるところまでは、従来から側道がありまして、これは今の形状のまま認定になるのか、幅員が広がったりつくりが変わるのか、お尋ねをしたいと思います。
 それと、102号線に沿って今から開発もあって、そこに右の方から来ているT字でとまっている道路が、工業団地ができていく方向に広がってくるということで、前の議会のときに、その道路についての認定が行われましたが、これは中畑橋からだと少し下がってきて走って来る道路になるかと思いますので、1号の側道のように書かれている路線ですが、これは下を走って上がっていくような形になるかなと想像しておりますが、その点を1つ、確認をいたします。
 それから2点目は、2の方はよろしいのですが、3の市道富山15号線の方でございますが、これも私の住んでいる近くで、前にたくさん温室があったあたりが開発されて、たくさん住宅がこのあたり林立してきておりまして、今日も現地を見てきたんですけれども、従来から思っていたんですが、このあたりはたくさん民間開発が行われていて、4メートルから5メートルの道路が整然とできているんですが、今回、この3号だけ市道認定がされるわけです。この周辺にある道路は供用開始をしているんですが、もちろん市道から市道へつながっていかないと、道路として市道認定の対象にはならないことは承知しているんですが、このかいわいでは認定されない道路がたくさんあるので、ここだけの認定で終わるのか、お尋ねをしておきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(野口要二) 最初の質問の103号の現道の部分でございますが、ここの部分は拡幅する予定はございません。102号線に沿って、103号線を曲がったところから102号線が坂路でおり切るところまでが新設道路になります。
 それから、富山15号線の周辺の開発道路についてですが、帰属の申請がございましたら、基準に合致をしている場合は認定をかけていきますが、帰属の申請がない場合はそのままになってしまいますので、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) 富山の方のことはわかりました。それで中畑の方ですが、1の方の現道のままで拡幅の予定がないというところで、これは起点の方から角のところまでは市道ではないわけですね、今年市道にしたということは。それの確認をとらせてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(野口要二) 現在、市道認定はかかっておりますので、その部分は中畑94号線という市道の市道名になっておりますが、今の103号線に係る部分については94号線の延長を短くしまして対応したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) 手続上のことで、余りそれで違うというわけではないんですが、起点のところから直角に曲がるところまでは既に市道であるとすると、私どもは今回、認定だと思うので、そういう質問をしてしまうわけですが、とにかくこの記述の仕方とすると、それでは今回、認定していこうとするのは角から矢印のついているところまででいいわけですね。ちょっと確認します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(野口要二) 現道が、102号線が建設されることによりまして道路として使えなくなる場合がございますので、103号線という新しい路線として認定をするわけでございますので、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第49号については、経済建設委員会に付託いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午前11時00分 休憩
                            ─────────
                            午前11時10分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 休憩前に引き続き会議を開きます。
           ─────────────────────
日程第8

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第8 議案第50号 損害賠償の額の決定についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。市民病院事務部長。
      〔市民病院事務部長 鈴木裕司 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただいま議題となりました議案第50号 損害賠償の額の決定について、提案理由をご説明申し上げます。
 議案書23ページをごらんください。
 本案は、西尾市民病院で発生した医療事故について損害賠償の額を決定するため、西尾市病院事業の設置等に関する条例第9条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。
 事故の概要でございますが、相手方は西尾市内在住の男性の方で、平成18年1月23日、自動車事故により救急車で来院され、頸椎脱臼骨折手術を施行いたしましたが、後遺障害として左上肢麻痺が生じました。このことについて相手方から損害賠償の請求があり、顧問弁護士を通じて和解交渉を行ってまいりましたが、このたび874万4,228円を賠償することで合意したものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明を終わります。よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。
      〔市民病院事務部長 鈴木裕司 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。
 なお、本案に関しましては個人情報保護のため、質疑、答弁に住所、氏名等、個人情報に関する事項を含めないよう特にご注意を願います。質疑はございませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) では、3点についてお尋ねをしたいと存じます。
 まず、損害賠償を支払うことにした理由、ミスがあったと認める事由と、2点目が事故発生から3年と5カ月ほど経過をしておりますが、この時間が経過してきた理由もお尋ねをします。
 3点目に、この方が今の状況として障害者として認定されておられたら、その等級も含めお尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民病院事務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 市民病院としましては、この後遺障害、左上肢麻痺につきましては手術に伴う合併症という認識をしておりましたが、本人から、平成20年5月16日にあっせん調停の申し立てということで、相当の額を賠償してほしいという申し出がありました。その交渉の過程で、医療のミスがあったというふうに病院側も認めております。当初につきましては、医療ミスという認識はございませんでした。
 それから、事故の時間的経過でございますが、1月23日に事故がありまして、当初、脳神経外科で治療しておりましたが、そちらの方については保存的治療でいいということで、首の骨の脱臼骨折の方を重視しまして、2月1日に整形外科に変わりまして、2月6日に手術を行っております。その翌日から、手術前には麻痺はありませんでしたが、手術後に麻痺が生じているということで、その麻痺の解消ということでリハビリ治療を行っております。19年2月22日に治療は終了しておりますが、後遺障害が残存して改善する見込みがないということで治療は終わってます。それまでの入院から19年2月22日までは、リハビリの治療を行っております。以後、病院との交渉はなかったんですが、治療終了から1年3カ月後に、先ほど言いました20年5月16日にあっせん仲裁の申し立てという形の文書がまいりまして、以後、話し合いを重ねまして、本年2月12日の顧問弁護士と本人との話し合いの結果、この874万円余の損害賠償の額をお支払いするということで合意をしたということで、途中1年3カ月の間、主治医、あるいは病院との交渉については一切ありませんでした。
 それから、本人の障害の等級については私ども承知しておりませんので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木規子) この件に関して、相手方から特に住所、氏名を伏せてほしいというような要請があったかどうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民病院事務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 相手方から、議案について氏名を載せる云々という話はきておりません。病院側の配慮でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第50号については、市民病院改革特別委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ご異議なしと認めます。よって市民病院改革特別委員会に付託の上、審査することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第9

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第9 議案第51号 平成21年度西尾市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(小島統市) ただいま議題となりました議案第51号 平成21年度西尾市一般会計補正予算(第3号)について、提案理由のご説明を申し上げます。
 今回の補正は、主に市議会議員補欠選挙の執行が不用となったことによる減額及び県補助事業等の決定による増額と、それらの財源調整を主体に編成したものでございます。
 この予算の内容につきましては、1ページをごらんください。
 第1条のとおり、歳入歳出予算の補正は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1,673万2,000円を追加し、この予算の総額を歳入歳出それぞれ314億9,193万1,000円と定めたいとするものでございます。
 以下、歳入歳出補正予算事項別明細書によりご説明を申し上げますので、6ページをごらんください。
 歳入予算の15款県支出金は1,673万2,000円の追加で、2項9目商工費県補助金1,312万9,000円の追加は、愛知県緊急雇用創出事業基金事業費補助金及び愛知県ふるさと雇用再生特別基金事業費補助金の追加によるものでございます。
 3項6目教育費委託金360万3,000円の追加は、理科支援員等配置事業委託金を初めとする5事業の委託金の計上でございます。
 続きまして、歳出予算のご説明を申し上げます。8ページをごらんください。
 2款総務費、4項5目市議会議員補欠選挙費2,450万7,000円の減額は、市議会の解散に伴い、市議会議員一般選挙が執行されたことにより、補欠選挙の実施が不用となったため減額するものでございます。
 次に10ページ、3款民生費、2項1目児童福祉総務費1,005万4,000円の追加は、愛知県ふるさと雇用再生特別基金事業費補助金を活用した不登校・不就学児童等特別支援事業の委託に要する経費の計上でございます。
 10款教育費は667万8,000円の追加でございます。
 1項3目教育指導費360万3,000円の追加は、保健体育事業及び特色ある学校づくり推進事業にかかる経費の計上で、いずれも愛知県からの委託事業でございます。
 5項9目資料館費307万5,000円の追加は、愛知県緊急雇用創出事業基金事業費補助金を活用した、資料館保管資料の整理業務にかかる臨時職員の賃金の計上でございます。
 14款予備費2,450万7,000円の追加は、財源調整によるものでございます。
 以上、歳出合計は1,673万2,000円で、歳出予算の増額に要します財源は、すべて特定財源でございます。
 以上で、平成21年度西尾市一般会計補正予算(第3号)についての説明を終わります。よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げます。
      〔総務部長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)質疑なしと認め、質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第51号については、関係常任委員会に付託いたします。
           ──────────○──────────
日程第10

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 日程第10 議案第52号 平成21年度西尾市病院事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。提案理由の説明を求めます。市民病院事務部長。
      〔市民病院事務部長 鈴木裕司 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただいま議題となりました議案第52号 平成21年度西尾市病院事業会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 今回の補正は、議案第50号でご審議いただいております損害賠償の額の決定に伴い、収益的収入及び支出の補正をお願いするものでございます。
 1ページをごらんください。
 第1条は、本補正予算の総則でございます。
 第2条は、収益的収入及び支出の予定額で、収入は、第1款病院事業収益で874万5,000円を追加し、88億181万5,000円に、第1項医業収益で874万5,000円を追加し、80億9,457万3,000円とするものであります。
 また支出は、第1款病院事業費用で874万5,000円を追加し、93億4,404万9,000円に、第1項医業費用で874万5,000円を追加し、89億9,640万8,000円とするものであります。
 2ページは補正予算実施計画、3ページは補正資金計画で、参考資料として添付いたしました。
 4ページ、補正予算説明書をごらんください。
 収益的収入及び支出の収入、1款1項3目4節のその他医業収益874万5,000円の追加は、損害賠償の全額が保険により補てんされるために、これを計上するものであります。
 支出の、1款1項3目19節の雑費874万5,000円の追加は、医療事故に伴う損害賠償額の計上であります。
 以上、まことに簡単でございますが提案理由の説明を終わります。よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。
      〔市民病院事務部長 鈴木裕司 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はございませんか。牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) 2点、お尋ねをしたいと思います。
 1点目に、少し前にも医療過誤があって気になっているところですが、この保険の制度というのは、こういうことの頻度が上がるとペナルティーがつくということはないかもしれませんが、そういう指導などがあるのかないのか、1点、お尋ねをしておきます。
 それから、もう1つは、賠償請求をされてしまうような事態が起きたときに、今回、私どもが承知している限りについては議会にかかってきたわけですが、幾ら以上が議会にかかるとかかからないというようなことの決めがあったかどうか、ちょっと確認をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民病院事務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 医療事故についてのいろいろな指導ということでございますが、保険会社からは特にありません。病院で、医療事故について配慮すると。委員会を持っておりますので、そこでチェックをかけているということでございます。医療安全推進室という組織もつくっております。
 それから、損害賠償の額の議会にかける基準でございますが、条例で100万円以上の額を決定する場合については、議会の議決を得るということになっておりますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 牧野勝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯22番(牧野勝子) ちなみに最近のことで、この半年ぐらいの間で100万円以下のものの件数があったら、ついでにご報告ください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 市民病院事務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第52号については、市民病院改革特別委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) ご異議なしと認めます。よって市民病院改革特別委員会に付託の上、審査することに決しました。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(山田慶勝) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 次回は7月21日火曜日、午前10時に再開いたします。本日はこれにて散会いたします。
                            午前11時28分 散会