議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成29年6月定例会(第3号) 本文




                            午前10時00分 開議
◯議長(田中 弘) ただいまの出席議員は全員であります。よって、会議は成立しました。これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第3号により行います。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 引き続き、一般質問を行います。
 質問第6、1. 安心して健康に暮らせるまちづくりについて、2. 防災・減災対策について、以上2件、大塚久美子議員の質問を許します。
      〔4番 大塚久美子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 公明党の大塚久美子です。議長のお許しをいただきましたので、2議題11項目について質問させていただきます。
 議題1 安心して健康に暮らせるまちづくりについてです。
 この4年間、福祉の取り組みについての質問を数多くしてまいりました。行財政改革を進めることは重要ですが、限られた予算の中で、市民サービスをどのように向上させるかが大切になってまいります。市民の皆様が安心して健康に年齢を重ね、西尾市に住んでよかったと言っていただけるまちづくりを目指して、これまでの質問の進捗状況を含め質問をさせていただきます。
 育児の不安や重圧から出産後も心身が不安定になる産後うつ、取り返しのつかない事態を避けるためにも、母親をサポートする体制づくりが必要と考えます。産後うつは、出産した女性の1割が経験するとされ、特に産後2週間までの発症リスクが高いといいます。症状が悪化すると、自殺や子どもへの虐待につながるおそれもあります。実際、産後うつなどが原因で自殺する割合は、出血などによる妊産婦死亡率の約2倍に相当するという調査もあり、見過ごすことのできない深刻な実態と言えるのではないでしょうか。産後うつは、出産後の急激なホルモンバランスの変化を初め、育児によるストレスや過労が原因となり、意欲の低下や不眠といった症状を引き起こします。ましてや、近年ふえている高齢出産であれば体力面での負担もより大きいことや、核家族化が進み、身近に頼れる人がなく、不安を増幅させていることも想像できます。孤立しがちな母親を心身両面からどう支えていくか、この点で注目したいのは市区町村単位で実施している産後ケア事業です。これは授乳指導など、退院直後の母子をきめ細かくサポートするもので、育児に奮闘する母親の力強い味方となっています。ただ、実施している自治体は2016年度で、全国の1割程度の約80市区町村にとどまっています。
 そこで、質問要旨(1)といたしまして、育児への不安を和らげる環境を整え、母親をサポートするためにどのような取り組みをしていますか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 育児への不安を和らげるための母親へのサポートでございますが、妊娠届書を受理し、母子健康手帳を交付する際、妊婦自身の健康状態はもとより、支援者の存在の有無などの確認をしながら保健師が個別対応を行い、家庭環境も把握した上で出産・育児に必要な情報を伝えたり、相談を受けたりして不安の軽減に努めております。また、必要に応じて関係機関の紹介をするなどして、出産後の子育てに関しても切れ目のない支援ができるように努めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 再質問として、具体的な取り組み内容はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 具体的な取り組みといたしましては、母子健康手帳交付時に個別に相談を受け、必要に応じて医療機関等と情報交換や情報共有をしながら、母親が安心して妊娠・出産に臨めるような支援を行っております。また、出産後のうつ状態や子育て不安に対応するため、同様に医療機関との連携や、子ども部の子育て支援事業等とのつながりを図りながら支援を行っております。その後も、子どもの健全な発育・発達を確認しながら支援していくために、乳幼児健康診査を初め、家庭訪問や各種相談事業を実施し、地域の子育て支援センター等の紹介も行い、母親が地域で孤立しないように取り組んでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 本市においては、産後ケア事業の実施には至っていませんが、育児に関する相談窓口の設置や、ささいな疑問や悩みを気軽に相談できる環境づくりを着実に進めていただきたいと思います。妊娠期から子育て期にわたる、多様なニーズに対応する子育て世代包括支援センターの設置拡大が前進しています。4月1日には、包括支援センターを法律上に位置づける改正母子保険法が施行され、政府も2017年度市区町村による立ち上げに向けた協議会設置など、準備費用への補助を新たに実施する方針です。包括支援センターは、妊娠、出産前後、子育ての各ステージに応じ、助産婦や保健師などの専門職が相談支援や助言、指導、情報提供などで母子をサポートします。保育所などの子育て支援機関や、医療機関との連携の軸となる役割も担います。子育て世代包括支援センターの設置は、政府がまち・ひと・しごと創生総合戦略などで2020年度末までの全国展開を掲げ、実施自治体への事業費補助などで推進してきました。2016年4月現在、296市区町村に720カ所設置されています。昨年の28年3月の一般質問でも伺いましたが、検討の進捗状況を伺います。
 質問要旨(2)として、妊娠期から子育て期にわたる多様なニーズに対応する子育て世代包括支援センターの設置を、どのように考えてみえますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 妊娠期から子育て期にわたる多様なニーズに対しましては、母子保健事業を初め、子ども部による子育てに関するさまざまな事業で提供されるサービスが、個々のニーズにこたえる役割を担っていると考えております。
 今後、これらのサービスが子育て過程で途切れることなく一体的に考えて、切れ目ない支援を実施するために関係機関と連携を図りながら、子育て世代包括支援センターを設置することが重要であると認識をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 再質問といたしまして、設置の重要性は認識しているという今のご答弁でありましたので、本市は子育て世代包括支援センターの設置をしてくださると確信をいたしておりますが、いつごろの設置を目指してみえますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 国は平成32年度末までに設置をするように勧奨しておりますが、本市では平成30年度末の設置を目指しております。
 なお、同センターの設置には、専門職の確保が不可欠であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 平成30年度末の設置を目指して取り組んでいくという健康福祉部の誠意を感じるご答弁をいただき、大変うれしく思います。お母さん方の心と体の健康が子どもたちの健やかな成長を育み、今後の西尾市を担う人材が育っていくと思います。大いに期待をしております。
 続いて、ひとり親家庭の支援について伺います。
 質問要旨(3)として、ひとり親家庭の支援はどのようなものがありますか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) ひとり親家庭に対する支援としては、母子父子自立支援員による生活や子育て、就業などの相談支援、高等職業訓練促進費の給付などによる就労・自立支援、児童扶養手当、遺児手当の給付による経済的支援、保険診療による医療費の自己負担分を支給する母子家庭等医療費支給事業などがございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 東京都昭島市では、昨年10月から季節性インフルエンザによる感染症を防ぐための予防接種を、ひとり親家庭の18歳以下の子どもには無料で受けられるようになったそうです。
 再質問として、ひとり親家庭の経済的負担の軽減策の1つとして、インフルエンザの予防接種の助成を考えませんか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) ひとり親家庭に対しまして、各種の手当や医療費給付など、さまざまな形で経済的な支援は行っており、特にインフルエンザの予防接種に的を絞った助成は今のところ考えておりません。しかしながら、ひとり親は子育てや生計などを1人て担うことになり、生活する上でさまざまな困難に直面していることは認識しており、国も貧困対策におけるターゲットとして、総合的な支援策の推進に取り組んでいるところです。市といたしましても、先進的な事例や国の動向を見ながら、ひとり親家庭の支援の充実に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 平成26年3月に質問いたしましたヘルプカードについて伺います。
 3月24日の参議院予算委員会で、内部障害や妊娠初期の人が周囲に援助や配慮を必要としていることを知らせるヘルプマークについて、政府に言及、啓発を求める質問がありました。ヘルプマークは、東京都議会公明党の推進で都が採用し、各地でも普及の動きが広がっており、政府として案内用図記号を規定する国内規定に追加し、全国で活用する方針を決めています。参議院予算委員会では、ヘルプマークや支援方法を記載したヘルプカードについて、提示された相手に意図が伝わらなければ意味をなさない、心のバリアフリーを進めるために国民への情報提供や普及、理解促進に努めていくべきだと言及をされました。
 そこで、質問要旨(4)といたしまして、緊急連絡先や必要な支援内容などが記載されたヘルプカードを作成し、配慮の必要な方へ配布をしませんか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 昨日の質問にご答弁も申し上げましたとおり、ヘルプカードの作成及び配布につきましては、近隣市ではまだ導入は行っておりませんが、近隣市の今後の動向も注視しつつ前向きに検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 昨日の質問にもありましたとおり、前向きに取り組まれるとのご答弁もありまして、やっと形になることを大変に評価するものでございます。
 それでは、ヘルプカードの作成及び配布について、具体的にいつまでに検討されるか再質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) ヘルプカードの作成と配布につきましては、できるだけ早い時期に検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) ヘルプカードが必要な、たくさんの方が喜ばれると思います。ありがとうございます。大いに期待をいたしたいと思います。
 では、次の質問に入ります。日本におけるアルコールによる健康障害の患者は、100万人を超えたと言われています。アルコール依存症の患者とアルコール依存症の経験者は、100万人に達したとする専門家もいます。特に、女性の患者がふえています。アルコール健康障害対策推進基本計画に基づき、地域で切れ目なく支援できるよう支援体制の整備が進んでいます。対策推進の基本理念は、アルコール健康障害の患者や家族への支援を手厚く行うとともに、飲酒運転やドメスティックバイオレンス、自殺など、密接な関係のある問題に対する施策と、アルコール健康障害対策との有機的な連携がなされるようにすることです。相談場所の確保など、基本的な方向性や数値目標も掲げた重点課題、教育、啓発も含めた幅広い基本的施策も提示されました。
 そこで、質問要旨(5)といたしまして、アルコール健康障害対策を推進しませんか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) アルコールに関する健康障害についての対策としましては、現状では、特定保健指導や母子健康手帳交付時に、飲酒に伴う弊害等を伝えるための啓発をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 再質問といたしまして、今後はどのように推進をされますか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 今後につきましては、平成29年3月に愛知県が策定した愛知県アルコール健康障害対策推進計画を参考にし、現行の保健事業と照合しながら実情に合わせた内容で実施していく予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) それでは、次の質問要旨に移ってまいります。社会問題化している自殺など、心の健康の問題に適切に対処するための対策の強化が求められています。
 質問要旨(6)として、自殺対策の強化のためにどのような取り組みをしていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 自殺対策の取り組みでございますが、悩んでいる人に気づき、必要な支援につなげるゲートキーパー研修を平成24年度から実施し、延べ受講者数は1,816人となっております。平成28年度では、市職員を初め保育職員、教職員、健康づくり推進員や介護職員を対象に全12回実施しております。また、自殺予防に関する啓発活動を行うために、相談窓口が記載してあるリーフレットを作成し、市民の利用頻度が高い公共施設の窓口などに配置をしております。さらに、健康にしお21計画において「こころ・休養」の項目を盛り込み、自殺予防について検討をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) それでは、再質問いたしますが、今後は自殺対策を一体的に考えていく予定はありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 自殺対策基本法が平成28年4月に改正され、地域自殺対策計画を策定することとされました。市町村における策定期限は平成30年度中とされていることから、平成29年度に策定予定の愛知県自殺対策計画を参考にしながら西尾市自殺対策計画を策定し、一体的に支援ができるように努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 西尾市自殺対策計画を策定し、一体的な支援に取り組んでいただけることに期待をしております。よろしくお願いをいたします。
 近年、高齢者や障害者、ひとり親家庭の増加に伴い、支援を必要とする方たちがふえ、福祉団体の皆様の役割は大変重要になっていると思います。
 そこで、質問要旨(7)として、福祉団体に対して市はどのような役割を期待していますか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 少子・高齢化や核家族化が進み、福祉に対する要請がますます増大する中、誰もが住みなれた地域で、心豊かに安心して暮らせる福祉行政を推進していくために、福祉団体の担う役割は大変重要であると認識しております。地域の人と人のつながりを大切にし、お互いに助けたり助けられたりする仕組みにおいて、地域で活動する各種団体が自主性を持って活動を推進していただくとともに、地域のみでは解決できない課題について、行政や専門機関へつなげるパイプ役としての役割についても期待しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 29年3月に障害者福祉計画が策定されました。基本目標の3番目の、地域の社会活動に参加できるまちの中の、障害者並びに支援団体等が取り組む地域活動の推進では、このようにうたわれております。「市民が社会参加できるまちを目指し、ボランティアを初めとする市民活動や各種サークル活動への参加を奨励します」とあります。福祉団体の活動のための助成は不可欠であると考えますが、再質問させていただきます。福祉団体の担う役割は大変重要であると認識されているとのことですが、市としての福祉団体への助成はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 福祉団体への助成につきましては、団体のニーズや役割と補助の効果等について検討し、適切な活動支援を心がけております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) では、さらに質問を続けます。福祉団体の中には、市からの助成金とは別に自動販売機による収益を活動資金の一部に充て、活動している団体もあると聞きます。今回の行財政改革には、市の財産の有効活用のため、行政財産目的外使用料の減免措置の見直しも含まれており、その後の活動に影響が及ぶ団体が出てくることも予想されますが、市としてどのような対応をお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 議員がおっしゃったとおり、今回の行財政改革推進計画による行政財産目的外使用料の減免措置の見直しにより、福祉活動の一翼を担う福祉団体の活動に影響を及ぼすことが懸念されるのであれば、市として、それらにかわる助成方法も含め、今後、検討していく必要があると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 助成方法を含め、前向きに検討していただきますことを心より期待をし、次の議題に移ってまいります。議題2 防災・減災対策について。
 熊本地震から1年たち、ここ数年の大災害を教訓に女性の視点に立った対策が各地で進み始めています。その知識や技術の習得に向けて、内閣府が作成した男女共同参画の視点からの防災研修プログラムが活用されています。東京都では、女性視点の防災ブックの作成費用も、都議会公明党の提案をもとに17年度予算に盛り込まれました。女性視点の防災ブックは、避難所における女性の着がえや授乳の場所の確保といった、女性の視点を反映させるべきポイントを掲載し、家庭でできる備蓄方法などについても解説する予定です。
 質問要旨(1)として、女性視点の防災ブックの作成を考えていかれませんか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 発災後の避難所生活などにおいて、女性特有の困り事が懸念されます。その備えの1つとして、子育て中も含めた女性が必要となる防災知識を得られるような、女性視点からの防災ブックがあればと思っております。家庭を取り仕切る役割は、女性が担っている場合が多いと思います。そこで、女性が家庭の状況に応じた適切な備えの重要性を認識してもらえれば、家庭内の積極的な防災対策の取り組みにつながることが期待できます。
 ご指摘のような女性版の防災ブックは、東京都において作成を予定しているようでありますので、それらを参考にして、まずはチラシ等の作成を検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 首都直下地震などの巨大災害の発生が懸念されている東京都では、建物の耐震化や不燃化など、ハード分野の整備に加えて避難所の運営や地域の防災組織強化など、ソフト分野への取り組みにも力を入れています。その1つが、女性の視点を生かした対策であり、17年度には女性防災リーダーの育成に積極的に乗り出します。具体的には、防災への関心を多く女性に持ってもらうためシンポジウムを開催したり、あわせて防災の基礎知識を身につけるセミナーも行う予定です。有識者に検討してもらい、リーダー育成のためのカリキュラムも策定します。
 質問要旨(2)としまして、女性の防災力を高める人材育成に取り組みませんか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 男女共同参画の視点からも、災害予防やその対応における女性の役割の重要性は認識しております。関係団体に向けた防災講座を、昨年度は2回開催しております。既に、西尾市婦人消防クラブの皆さんにおいては、女性リーダーとして避難所運営ゲーム講座の開催や、防災訓練などを通じて地域で活躍していただいておりますが、少数の協力者に支えられている状況にあります。防災対策を女性視点から見直すためにも、その核となる女性の人材育成に努めなければならないと考えております。そのため、自主防災会へ積極的な女性役員の登用を呼びかけるほか、地域防災リーダーを養成するための講座である防災カレッジにおいて、女性の参画の重要性を自主防災会へお伝えするなど、女性のリーダーが活躍できるような環境整備に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 平成26年12月、27年9月に公衆無線LAN「Wi-Fi」アクセスポイントの整備について質問をいたしました。「災害時には、通話回線や通信回線がつながりにくくなり、情報収集や安否確認がスムーズにできなくなりおそれもあるため、複数の通信手段を確保することは、とても重要なことであると認識しております。ご指摘の点を含めまして、今後も通信手段については研究を続けてまいります」とのご答弁と、「既存の設備と設置されたWi-Fi装置を、災害用にも活用することとしたいと思います」と、ご答弁をいただいております。観光施設の公衆無線LAN「Wi-Fi」アクセスポイントの整備が進んでいることは、大変に期待をするところであります。
 そこで質問要旨(3)として、いま一度伺います。災害時、避難所となる場所に公衆無線LAN「Wi-Fi」アクセスポイントを整備していかれませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 公衆無線LAN「Wi-Fi」の活用については、熊本地震で検証されたとおり、発災後のアクセス集中時においても通信が安定し、通信速度も早いことから有効に機能するものと認識しております。本市の公衆無線LANサービス「NISHIO Free Wi-Fi」は、観光施設5カ所に設置しておりまして、有事の際には活用することができます。しかしながら、避難所への常設設置につきましては、平常時における利用頻度が低いことやランニングコスト等を踏まえますと、災害時のためだけに設置していくことは難しいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 次の質問に移ります。
 消防団は、地域における消防・防災のリーダーとして、平常時、非常時を問わずその地域に密着し、住民の安心と安全を守るという重要な役割を担います。地域では、消防団の加入のために苦慮され、定員に達しない地域もあると伺いました。市としても、加入促進のための施策を考えていく必要があると思います。
 質問要旨(4)といたしまして、消防団の加入促進のために、どのような取り組みをしていますか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 消防次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防次長(岩瀬長彦) 消防団加入促進のための取り組みとしましては、昨年の10月から新たに西尾市消防団応援の店事業を開始させていただきました。この事業は、地域の安心・安全を守る消防団を地域で応援するという機運を高め、消防団活動への理解と消防団への加入促進を目的とするもので、市内の販売店等のご協力をいただき、消防団員とその家族を対象に各種サービスや割引等を提供するものであります。現在、119の販売店等の登録をいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 再質問いたします。雇用されている人が消防団へ入団しやすく、そして消防団員として活動しやすい環境を整備するためには、事業所の理解と協力が必要です。国が推進する消防団協力事業所制度を西尾市も導入しませんか。また、学生の消防団加入促進を図るために、学生消防団活動認証制度についても導入を考えませんか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 消防次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防次長(岩瀬長彦) 消防団協力事業所制度でございますが、産業、就業構造の変化に伴い、西尾市の消防団員の約7割が被雇用者となっており、その必要性は十分認識しております。今年度の実施を目標として、導入を検討してまいります。
 また、学生消防団活動認証制度につきましても、消防団活動に従事した大学生等の就職活動の支援を目的とする制度ですが、加入促進にもつながると考えておりますので、消防団協力事業所制度と同様に、早期導入のための検討を進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(大塚久美子) 消防団協力事業所制度は今年度内の導入、学生消防団活動認証制度については、早期の導入を進めるとのご答弁をいただき、新消防長を中心にした消防関係の皆様の意気込みを感じ、大変に評価し期待するものでございます。
 以上で、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。
      〔4番 大塚久美子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大塚久美子議員の質問は終わりました。
 質問第7、1. 高齢者の健康づくりについて、2. 高齢者の交通安全対策について、以上2件、大河内博之議員の質問を許します。
      〔5番 大河内博之 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 公明党の大河内博之です。議長のお許しをいただきましたので、2議題5項目の質問をさせていただきます。
 議題1 高齢者の健康づくりについて伺います。
 女性に比べて男性高齢者の社会参加が進まない実態は各種調査で指摘されており、実際に高齢者のサークル活動や生涯学習活動、ボランティアなどを見ても女性の参加が圧倒的であると言われています。
 そこで質問要旨(1)として、介護予防と健康づくりにおいて、西尾市では男性が参加しやすい教室はありますか。また、それはどのように行われているかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 本市では、介護予防サービスとして、ホワイトウェイブでトレーニング・マシーンを利用した男性ころばん教室を行っております。また、老人福祉センターにおきまして、社会福祉協議会の運営により囲碁や将棋、カラオケなどで地域の仲間と交流できる場の提供を行っており、1日当たり100人以上の利用がありまして、ほとんどが男性の参加であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 再質問します。本市で行っている一般的なころばん教室と、脳いきいき教室の男女の割合はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 平成28年度における一般的なころばん教室の参加者数は509人で、このうち男性は117人でした。また、脳いきいき教室の参加者数は97人で、このうち男性は42人でした。2つの教室の男女割合は、男性が26%、女性が74%となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) ただいまの答弁で、2つの教室の男女割合は、男性が26%、女性が74%ということで、男性の参加は少ないように感じますが、最近では行政も高齢者に対する介護予防事業として、健康マージャンを取り入れるところも出てきています。私たちが厚生委員会で行った東京都立川市でも、地域で取り組まれていました。健康マージャンとは、お金をかけない、たばこを吸わない、お酒を飲まないの3原則に基づいて、愛され、親しまれる健康的な頭脳ゲームとして認知されるようになり、脳の活性化とコミュニケーションの構築に効果があるのではと期待されています。
 そこで質問要旨(2)として、西尾市でも、認知症予防のプログラムを取り入れた健康マージャンに取り組む考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 認知症予防につながる健康マージャンの事業実施につきましては、先進地の事例を参考にしまして、場所の確保や委託方法などを今後、研究してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 再質問します。今後、健康マージャン以外でも、男性の参加を促すような取り組みを考えませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 男性は、グループワークでなく、自分でできるプログラムを好む傾向がありますので、自分のペースで取り組めるトレーニング器具などを使ったプログラムの充実を図ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 定年退職などにより生活のリズムが変わったとき、男性は女性に比べ外出の機会が減りがちですが、外へ出て社会とつながりたいと思う気持ちはあると思います。そのきっかけづくりをすることにより、健康で豊かな老後を過ごすことができれば、介護予防、認知症予防、うつ病予防にもつながり、医療費の削減にもつながると考えます。ぜひ、充実させていただきたいと思います。
 次の質問に移ります。少子・高齢化で子どもの公園利用が減少する一方で、公園に集う中高年が増加し、健康づくりや老化防止に役立ててもらおうと、健康遊具の設置に多くの自治体が力を入れているようです。
 そこで質問要旨(3)として、健康遊具が設置されている市管理の公園は何カ所ありますか。また、健康遊具の設置数はどのぐらいありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(渡邉之稔) 健康遊具が設置されております都市公園でございますが、伊藤1号公園、下町公園、矢田公園、法光寺緩衝緑地の4カ所にございます。伊藤1号公園には11基、下町公園には5基、矢田公園には3基、法光寺緩衝緑地には6基設置してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 再質問します。都市公園における健康器具の設置割合は、どのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(渡邉之稔) 都市公園は、平成29年3月末で63カ所ございますので、割合にいたしますと約6%でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 設置数にしても、設置箇所にしてもまだまだ少ないように感じますが、質問要旨(4)として、今後、本市が管理している公園の健康遊具をふやす考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(渡邉之稔) 新たに建設いたします都市公園におきましては、事前にワークショップ等で地元住民の皆様の意見をお聞きし、児童遊具を含め、配置等を勘案して検討してまいります。また、既存の都市公園におきましては、既設遊具の更新時期がまいりましたら地元要望を踏まえて検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 地元要望があれば、ぜひ考えていただきたいと思います。
 続きまして、議題2に移ります。議題2 高齢者の交通安全対策について伺います。
 最近、テレビなどのマスコミ報道で、高齢者のブレーキとアクセルの踏み違いの事故や、高速道路を逆走するなどのニュースを多く見かけます。運転免許の自主返納制度は、加齢に伴う身体機能や認知機能の低下により、運転に不安を感じている高齢運転者や交通事故を心配する家族と周辺から相談が寄せられ、運転を継続する意思がなく、運転免許証を返納したい人のために自主的に運転免許取消の申請ができるように、平成10年4月から制度化されました。運転免許の自主返納制度は年々周知されてきており、増加傾向にあると聞いています。
 そこで質問要旨(1)として、高齢者が運転免許証を自主返納した場合、本市の支援事業はどのようなものがありますか。また、昨年度の実績はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 有効期限内の運転免許証を西尾警察署に自主返納された場合の本市の支援事業としましては、75歳以上の方を対象として、六万石くるりんバス無料乗車証の交付と反射材等の交通安全啓発品の配布を行っております。
 なお、六万石くるりんバス無料乗車証につきましては、有効期限を交付の日から3年後の年度末までとしております。また、昨年度の支援事業の実績としましては195名でございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 高齢者が運転免許を自主返納することをちゅうちょする理由の1つに、車がないと買い物に行くにも、病院に行くにも不便だという声をよく聞きます。
 そこで再質問します。六万石くるりんバス無料乗車証の有効期限を、今以上に延長する計画はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 運転免許証の自主返納に係る支援事業として、バス無料券を配布している近隣市では、安城市及び知立市の2市がございますが、その有効期限はいずれも2年間であります。本市の有効期限は3年間としておりますので、近隣市などの状況から見ましても、現在のところ延長する考えはございません。ご理解をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 六万石くるりんバスの路線がない吉良・幡豆地区の住民の方の配慮も含め、西尾市全体でデマンド型乗合タクシーの利用助成を検討する考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 六万石くるりんバスの路線のない地域住民の方々への配慮も含め、市内全域のデマンド型乗合タクシーの利用助成などを関係課と協議、検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 先ほどの答弁で、関係課と協議、検討していくということでしたが、原課である地域支援協働課としては、どのように考えているかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 公共交通の利用促進にもつながってまいりますので、お話があれば実現に向けて前向きに協議をしてまいりたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(大河内博之) 高齢者からは、車がなくても買い物や医者へ行く交通機関があれば自主返納したいという声も聞きます。ぜひ、自主返納できる施策を考えていただくことを期待いたしまして、私の質問を終わります。ありがとうございました。
      〔5番 大河内博之 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 大河内博之議員の質問は終わりました。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午前10時45分 休憩
                            ─────────
                            午前11時00分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質問第8、1. 子育て支援策について、2. 駅西広場整備事業について、3. 公共施設再配置事業について、以上3件、前田 修議員の質問を許します。
      〔11番 前田 修 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 前田 修です。よろしくお願いします。3件、通告をいたしました。
 最初に子育て支援策ということで、就学援助制度について伺います。
 昨年の議会で制度の拡充について、約束していただいたところです。具体的に拡充はどのようで、実施時期はいつごろになる見通しでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 就学援助制度につきましては、支給単価の引き上げ、制度利用の手続及び支給方法につきまして検討しております。支給単価の引き上げにつきましては、小学校1年生及び中学校1年生時に支給しております新入学児童生徒学用品費について、国の要保護児童生徒援助費の単価の改訂に準じまして、支給額の引き上げを考えております。
 また、制度利用の手続については、申請は学校経由となっておりますが、この制度をより利用しやすいものとするため、教育委員会学校教育課でも受け付けができるように検討しております。支給方法については、学校から支給しておりますが、直接、対象者に振り込みができるように検討しております。実施時期につきましては、新入学児童生徒学用品費は本年度から実施する予定でございます。また、制度利用の手続及び支給方法については、各学校や関係機関との調整等も必要なことから、さらに協議を重ねてまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 金額の引き上げ、支給の方法、申請の方法それぞれ改善していただけるという答弁をいただいたところであります。1つ、1つ若干、お聞きをしたいと思うんですけれども、入学の学用品の支給額の引き上げというのは、どれほどになるのかお伺いをしたいということと、本年度の申請者にも実施するということですが、支給月までに間に合うのかどうか伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 新入学児童生徒学用品費の引き上げにつきましては、現行、小学生が2万470円、中学生が2万3,550円を、それぞれ4万600円、4万7,400円に引き上げるものでございます。また、支給時期につきましては、平成27年度から支給時期を早め、5月に支給しております。この支給時期をさらに早め、前年度の3月に支給する場合、支給後の転出などがあった場合の取り扱いや転出先自治体での重複支給などの課題がございますが、対象児童・生徒の保護者の負担軽減のためにも、これらの課題が解消できるように協議、検討しております。制度の利用手続及び支給方法につきましては、関係機関との調整や制度利用者への周知を図る必要がございますので、次年度以降、体制が整い次第、順次実施していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 入学の準備費用も今、答弁いただいたように増額していただけるということで大変ありがたいと思いますし、支給時期も、入学の準備でお金を使うときに間に合うよう、3月に支給されることも言及していただいたところで、ぜひそのようにしていただきたいと思います。
 今年度、既にやった自治体も多くて、そういう点で西尾市はちょっとおくれをとったなと思っていたんですが、そういったさまざまな改善を、ぜひ一刻も早くお願いをしたいというふうに思います。
 それから、教育委員会や市役所でも受け付けるという答弁をいただいたところですし、口座振替についても学校との調整は必要だけれども、検討しているということでありました。学校での説明会ですとか、説明の案内のチラシですとか、いつごろをめどに改善をされて来年度に間に合うような手続をしていただけるのか、申請者には事務手続も間に合うということで準備を進めておられるか、お伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 関係機関との調整でありますとか、制度利用者への周知等の関係がございますので、次年度以降、体制が整い次第、実施してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 次年度以降、体制が整い次第というのは、今年度準備をされて、今年度のうちに新年度はこういうふうに制度が改善されますよという手続をすることができれば、新年度の入学にも間に合うということですが、そうではないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 手続及び支給方法につきましては、30年度から実施するように協議、検討をしてまいりたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 口座振替の関係ですと、いろいろなシステム上の問題もあると思うので30年度になるというのは、まだわからないでもないんですけれども、申請方法については新年度に向けて検討が進められれば、お母さんが学校へ行かなくても、肩身の狭い思いをしなくても市役所で対応していただけるということになれば、それはそれでまた利用しやすい制度になると思いますので、ぜひ検討は新年度に間に合うようにお願いをしたいというふうに思います。
 質問要旨(2)で伺いたいと思いますが、奨学金制度についてです。昨年も質問をし、実施に向けた検討を約束していただいたところです。具体的に、どのように検討されているか、実施時期はいつごろになる見通しか伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 具体的な内容につきましては検討中でございますが、近隣市を参考にしながら、平成29年度中には奨学金制度を策定したいと考えております。また、実施時期といたしましては、平成30年度を目標に進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 来年度に間に合うように準備をしていただいているということで、大変ありがたいというふうに思います。しっかり検討していただいて、他市のいいとこ取りをするような制度設計をお願いしたいと思いますが、そこで基本的なことだけ確認をしたいと思います。
 他市の例を見ても、大体高校生と大学生の両方を対象にしているということだと思いますし、あわせて奨学金には貸し付ける制度と支給型とありますけれども、その両方とも検討しているということなのか。私は、高校も大学も対象にしてほしいし、奨学金制度は貸し付けではなくて支給型と、国も勧めているような方向で、ぜひ検討していただきたいと思うが、その点はどのように検討を進めているか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 議員のおっしゃられましたように高校生、大学生の検討も進めてまいりたいと考えておりますし、貸し付けではなくて給付型の方で考えていきたいと現時点では考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) フリップを用意しました。市長にお聞きをしたいんですけれども、ちょっと見にくくて恐縮ですけれども、わかるのはどこの自治体も既にやっていると、西尾市はちょっとおくれをとって奨学金制度がないということであります。高校生は、大体月に1万円近くが支給をされています。これは、貸し付けではなくて支給型です。大学生は、岡崎市ですと40万円、これは貸付け制度になっておりますけれども、豊田市では27万円、みよし市では10万円近くの支給型です。こういうように、それぞれのまちで取り組まれておりますし、今、全体としては国が支給型の奨学金制度を不十分ながら準備していることとあわせて、各自治体でも取り組み始めました。今、担当課も検討している答弁をいただいたところです。高校生、大学生にやっていただけるということですけれども、ぜひ支給型の方向を西尾市としても取り入れていただきたいと、市長には市長選もありますし、この辺は、政策的に公約に挙げられるかどうか知りませんが、ぜひ前向きな答弁をいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 今、いろいろな奨学金が問題になっているのは、返済が後で大変だということで問題になっております。教育というのは、国をつくっていく一番大きな要素でございますので、積極的に検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 市長からも、支給型に向けての積極的な答弁をいただいたところです。こういった答弁を受けて、担当課もぜひ検討をお願いしたいというふうに思います。
 質問要旨(3)ですけれども、給食費の無料化について検討しないか伺いたいと思います。
 また、金額も大きくなるということで、無料化についてはなかなか厳しい側面もあるんですけれども、全員に対して全額ではなくても、段階的な無料化の方式もあるわけでして、兄弟の数、学年に応じた無料化策も検討できると思うんですが、いかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 学校給食費につきましては、学校給食法第11条第2項の規定によりまして、給食の実施に必要な施設、設備並びに給食の運営に要する経費以外の経費は、保護者の負担となっております。
 したがいまして、給食費につきましては食材費に相当しますので、保護者にご負担していただきたいと考えております。
 段階的な無料化の方式等につきましては、近隣自治体の事例を参考にしまして考えてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 以前、長谷川議員が取り上げておられました。保育園・幼稚園の給食費の無料化だけではなくて、学校の給食費はできないかという中で他市の例を挙げて、人口減少を食いとめて、そういうまちでは人がふえているといった例も紹介をされて、喜ばれているということで実施を求められていると思います。
 給食費の無料化制度も、子育て支援策の大変重要な柱になりつつあるというふうに思います。先ほど言ったように全員全額というのが、なかなか入り口では難しいのならば、安城市のように3人目からは無料にするといった方法もあるようですので、ぜひそういったご検討を、検討する答弁をいただきましたけれども、ぜひお願いをしたいというふうに思います。
 議題2の駅西広場整備事業について伺います。
 質問要旨(1)として、最初に事業グループへの優遇策は全体でどれほどになるか伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) コンベンションホール棟とホテル棟を整備するという事業者グループが示した事業計画に対する市の支援策につきましては、募集要項で示したとおり、コンベンションホール棟に対する整備費補助、固定資産税等補助及び借地料補助を予定しております。補助予定額につきましては、整備費補助が2億円、固定資産税等補助が10年間で約9,000万円、借地料補助が10年度間で約4,000万円の総額で3億3,000万円を予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 株式会社西尾駅西開発が行うコンベンションホールとホテルに対して、今は民間では成り立たないということで、市が相当な補助をして事業をやっていただくということになっているわけです。今、言われたように3億3,000万円の補助をして、ホテルとコンベンションホールをやってもらうということになっているわけです。あわせて、借地料補助は4,000万円と言われましたけれども、通常の借地料と比較したら、年間で1,000万円という借地料は随分安いものになっております。西尾市にある財産管理規則の目的外使用料条例では、評価額の3%というふうに示されておりますけれども、こういったことと照らし合わせると、借地料についてはどれほどまけてやっているということになるのか、お伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 前回の募集要項では、不動産鑑定をもとに最低応募単価を1平方メートル当たり306円以上というふうにいたしました。この単価は、近隣市に比べましてかなり高く、応募がなかった要因の1つでございます。今回の募集要項では、1平方メートル当たり月額235円以上としておりまして、これは議員申されましたとおり、市の貸付料基準に基づく単価を算定したもので妥当な金額であり、実際、引き下げたことに対しては優遇策と私どもでは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 質問要旨(2)で伺いたいと思いますけれども、事業に対する市への影響というものを心配する声も少なくありません。ホテルが、これから西尾駅で立派にやっていけるのかどうか、コンベンションホールも民間が撤退した例が幾つもあるけれども、そういったものを市が相当補助をして実施することになるけれども、果たして、これが続いていくのかどうか、そのような心配の声も少なくありません。将来にわたってどういうリスクを想定してみえるか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 今のご質問ですが、その前に、先ほど市の支援策のみで3億3,000万円というお話をさせていただきましたが、歳入面も考えてみる必要があると思います。貸付け期間中、30年間なんですが、歳入といたしましては借地料収入が約3億円、固定資産税等が約4億8,000万円ございまして、7億8,000万円が30年間で入ってくることになります。先ほどの支援策と差し引きいたしますと、30年間で4億5,000万円のプラスとなり、30年後には更地で土地が残るという状況があることも、ご理解の方をよろしくお願いします。
 質問要旨(2)のリスクについてですが、採算性が厳しいと言われておりますコンベンションホールの運営におきまして、事業者は資金繰り等に対するリスクを想定しておりますが、市といたしましても、事業者が想定するリスクの発生に伴いまして、借地期間の途中で事業者が撤退してしまうというリスクを想定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 今の答弁で、事業者が資金繰りのリスクを想定しているとおっしゃられましたけれども、西尾駅西開発という会社の構成は西尾信用金庫であり、商工会議所の会頭や副会頭、市内の業者のそうそうたる方たちが参入してみえるわけですが、それでも資金繰りを心配しているという話が出ていることを思うと、果たしてやっていけるのかなというのは本当に心配せざるを得ないわけです。彼らは個人で会社には名前を連ねておられるので、市内に置く会社が丸ごと責任をとるわけではないわけですね。本当に困ったということになると、手を挙げてしまうわけです。そういうことを思うと、どういった責任を持つという姿勢を、担当の方としては受けとめてみえるのか、これから事業の採算性、将来を、やってみえる人が資金繰りが大変になるかもしれないと言っているわけですから、そこのところはどういうふうに受けとめてみえるか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 議員おっしゃられましたとおり、今回の西尾駅西開発につきましては、市内のそうそうたる企業が産業界全体を巻き込みながらやっていると。現状では新たな出資者を募るという動きもございます。西尾市を代表する企業の皆様で構成する企業でありますので、資金繰りは苦しいですが、その時々で適正に考えていただけるものと判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 事が起こったときの対策については、またこの後で伺いますけれども、質問要旨(3)として、ホテルについては誘客数や経営の見通しといったものはどうか、あわせて地元の旅館経営の影響についてはどういうふうに考えているか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 事業者から提案された資料によりますと、供用開始後、1年目の稼働率は年60%を見込んでおられ、その後、毎年数パーセントずつ稼働率が上昇する見込みを持っておられます。また、経営見通しにつきましては、供用開始後、3年目から黒字になる見通しを持っておられます。
 次に、地元旅館業者の経営に対する影響についてでございますが、この事業においてビジネスホテル等の宿泊施設を奨励施設とした理由は、各界から強い要望があったこと及び実際に西尾駅周辺に宿泊施設が少ないために、市外の宿泊施設を利用せざるを得ないという声を多く聞くことがあったからでございます。地元の旅館業者の経営に対する具体的な影響につきましては図りかねますが、駅西広場にホテルが整備されることにより、これまで市外に流出していた宿泊客が西尾駅周辺にとどまることになれば、駅周辺のにぎわい創出に寄与するものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) ホテルも市外に流出していた客が滞在するようになるので、市内の業者には影響がないというふうな答弁でありました。そういうふうに西尾駅西開発が言っているんでしょうけれども、そのことについて市は確認されてみえるのか、調査して掌握してみえるのか、あるいは現地の旅館業者に直接聞いて、影響についての見解をただしたことがあるのかどうか、その点を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 優先交渉権者を決定するヒアリングの中で、ホテル事業者から観光客を中心に事業を展開していくというお話を聞いておりますし、市外に流出している宿泊客という件につきましては、各市内の産業界といろいろな懇談をする中で、現実問題として、長期に宿泊する技術者等が安城市等に長期滞在していると、西尾市にできたら、ぜひ西尾で利用したいという声も伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) ですから、駅西開発の方がおっしゃること、あるいは産業界がおっしゃることを聞いて、そう思っているということで、直接、影響を受けるのではないかと思われる市内の旅館業者には聞いていないということなんですよ。ぜひ、市がかかわって影響を受けそうな業者には意見を聞くべきではないかなと思うんですが、その点どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 市内の業者の声を聞いたかというようなお話でございますが、平成28年11月に開催をいたしました吉良温泉観光組合との市政懇談会におきまして、駅西の再公募について、ビジネスホテルを誘致奨励施設とするということを伝えました。ただ、この時点ではまだ業者からの提案がございませんので、組合からは特に意見等はございませんでした。事業者からの提案後及び優先交渉権者決定後につきましては、意見の方は特に伺っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) だから、ぜひ聞いてもらいたいと思うんです。こういう計画が提案されてきて、これを市は受け入れようと思っているという話は、本来すべきだというふうに思います。
 質問要旨(4)で伺いたいのは、コンベンションホールの利用者数、採算見通しはどのように掌握してみえるのか。事業者が維持することが困難になる場合を想定しているのか、またその対策はどのように講じようとしているか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 事業者から示された資料によりますと、供用開始後、1年目の稼働率は年30%を見込んでおられ、最終的には40%の稼働率を目指してみえます。また、採算の見通しにつきましては、経常利益ベースでは赤字が続く見通しではあるものの、現金の資金繰りを示すキャッシュ・フローベースでは2年目からプラスとなることから、事業継続は可能であると考えております。
 次に、事業者がコンベンションホールの経営を維持することが困難になることにつきましては、先ほどご答弁申し上げましたとおり、経営困難に伴い、借地期間の途中で事業者が撤退するということを、市はリスクとして想定をしております。その場合の対策としましては、市と事業者が先日、締結をいたしました基本協定において、業務の履行が困難になるおそれがある場合は、事業者グループの代表企業及び構成企業が互いに事業継続措置をとるべき義務を負うこと、また毎年モニタリングを実施し、必要があると認めた場合には、市は改善勧告をすることができると規定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 私は、市内のそうそうたる会社の社長や商工会議所会頭、副会頭の方たちなので、撤退するとか、払うべき税金を払えなくなったということはないと思います。恐らく、あるとすれば、予定していたコンベンションホールが思ったほどみんなに使ってもらえずに、今、キャッシュ・フローベースではプラスだけれども、経常利益で赤字が続くと言っておられるように、現金のやりとりはできるけれども償却は当然、見込めないような状況が続くというわけですから、思ったよりも使われなかったときに困ったなと、市に何とかしてくださいよという話になるのではないかということの方が、むしろ心配ではないかなというふうに思うわけです。そういったときに駅西開発がやろうとしている事業の計画は、どういう見通しを持ってやろうとしているのか、市はしっかり掌握する必要があると思います。
 そこで伺いたいのは、基本協定書には明記されておりますけれども、覚書の締結の際には提出されるという事業計画書を提出することになっておりますし、市は、それを承認しなければ次に移れないということになっておりますから、この事業計画書で相当詳しく、どういったところで利用が見込める、どの団体が年間これぐらいを総会に使う、どこが使う、これを考えるこれぐらいは利用されていくだろうという見通しを、しっかり事業計画書でつくってもらうと、それがなければ認められませんという姿勢が必要ではないかと思います。事業計画書を、具体的な利用計画を求めるということを要求しませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 優先交渉権者と話している中で、まず利用をふやすということが最大の課題であるというふうに認識しております。その上で、事業者といたしましては各種団体に呼びかけをしたり、当然、出資企業、団体等に呼びかけをしたり、観光との連携を図ったりして、まずは利用の促進に努めるということが大前提にございます。それで、事業計画書等につきましては、土地利用計画ですとか事業の実施体制、事業の運営計画等を覚書締結前に、つまり着工の一月前ぐらいまでには提出の方をさせてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) ぜひ事業計画書に、運営がどうこうというよりも、どこと話をしたらここが使ってくれると言っていると、農協も総会で使ってくれると言っていると、いろいろな団体が使ってくれそうだということをしっかりリサーチして、そういったことが事業計画書に記録されてきて、これだけのものが今あるのかといったことを見通さなければ、なかなか安心できないのではないかと思います。ぜひ、そういったことをお願いしたいというふうに思います。
 議題3の、公共施設再配置事業について伺います。
 最初に、第1次公共施設再配置事業のこれまでの反省点と改善点は何か、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 第1次公共施設再配置事業のこれまでの反省点としましては、官と民が対等に連携して取り組む新たな公共事業の手法を導入したことに対して、不安の声が上がったことだと認識をしております。しかし、PFIは再配置の手法の1つであって目的ではありません。また、PFIは従来の公共事業の手法と構造的に異なるため、他の自治体のPFI事例からも、ある程度の不安の声が生まれることは想定しておりました。しかしながら、次世代へ適切に公共施設を引き継ぐためには、公共施設再配置は避けては通れない必要不可欠な政策であります。このため、今後の改善点としましては、PFI手法に関する説明はもとより、何のために再配置を行うのかという再配置の目的について、市民の皆様に丁寧に説明し、確実に理解を得ていくことで不安を払拭していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 今いただいた答弁は、初めてのことなので、市長もいつも言っている、初めてのことなら反対の声もあるとおっしゃられるけれども、今、不安の声が上がってしまったけれども、もともと想定内のことであって、これからは丁寧に説明していきますよという答弁でありました。この間、いつも市が答弁をしてきたことだというふうに思います。説明すればわかることと、説明してもわからない難しいことというのはあるんです。PFI方式というのは後者の方だと思うんです。局長も今、猛勉強中だというふうに思いますけれども、市の幹部でもなかなかわかりにくいことが多い仕組みだというふうに思いますので、市民にはそう簡単にわかるような方式ではないわけです。ところが、市の今回の第1次のやり方は説明不足というだけではなくて、市民にはわからなくても、一定の説明をやって進めていけばいいという、説明責任を果たさない確信犯のようなものではないかと思うんです。そういった点では、説明会をやったかといえば、やっているけれども、それで来た人が理解をされたかというと、されていないんです。そこのところを淡々と進めてきたというところが、今回の反省点の大きな点だというふうに思います。
 これは、反省すべきは説明不足だけではありません。公開しないという、さまざまなものが秘密にされてきた姿勢も反省すべきことだというふうに思いますし、市民の不安をあおった反省点ではないかと思いますが、いかがお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) おっしゃるとおりだと思っております。ただ、PFI法自体が平成11年に制定をされまして、今回、PFI法に基づく手法で行っておりますけれども、今までの公共事業のあり方を考えてみますと、通常の工事の契約等につきましては、昭和22年に地方自治法による契約の条項に基づきまして公共事業等々が発注をされ、今日の日本が築き上げられてきた経緯もございます。しかしながら、今回の手法につきましては、おっしゃるようになかなかわかりにくい手法ではありますけれども、我々といたしましては再配置は避けて通れない政策でありますので、懇切丁寧に説明しても、なかなか理解を得ることは難しいかもしれませんが、今年度、具体的に新たな施設の改修等も始まってまいりますので、昨日の本郷議員の利用しやすい公共施設についての一般質問にもありましたように、新しいものができれば皆さんの口コミで広がって、裾野が広がってまいります。そして、百聞は一見にしかずではないですけれども、一度施設を見ていただいて、こんな立派なものができるのかというようなものを実感していただいて、1つ1つ理解をしていただくというのが、まず1つあると思いますし、我々も一生懸命努力して説明をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) PFIで、立派な施設ができると思いますよ。見るからに立派な施設が、予定もしていなかったフィットネスクラブまでできるんですから。でも、そういうものを見れば市民はほっとするのか、喜ぶのかと思うと大間違いだと、その点は方式そのものの理解と、まだまだ説明不足は否めない。局長もおっしゃるとおりだとおっしゃられましたので、そういった説明不足にならないように、今度は相当な期間も用意しなければいけないと思いますし、多くの対象者になってもらわなければいけないということだと思います。
 もう1つの反省点は、曖昧さだと思います。1つは金額も曖昧ですし、要求水準も曖昧だったんです。当初、積算した320億円も、必要以上の高額の予算だったということが、こうやって予定しないものもどんどん申請されてくるということを思うと、それが裏づけられているわけです。市民の要求とかけ離れた内容の事業も始まろうとしている曖昧さ、極めて反省点の1つだというふうに思います。
 例えば、決まっていないことも、まだたくさんあるわけですね。吉良の支所棟とアリーナ棟というのは、直営の場合と同じように国の補助金が受けられると説明をしてきました。そういう申請をしているという説明を、ずっと受けてきたんです。国の補助金が受けられるかどうか、私たちもまだ確認をしておりませんし、報告もいただいておりません。しかし、つくろうとしているんですよね。果たして、直営でやって補助金を受けた方が有利なのか、PFI方式でやった方がいいのか、そこのところがまだ曖昧なまま事業が進もうとしているのではないかというふうに言わざるを得ません。この補助金については、今どういう状況になっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 現在の状況でございますけれども、文部科学省におきましてPFI方式によるBOT方式につきましては、補助金の交付については難色を示されていると認識しております。ただ、所管官庁の1つであります国交省におきましては、BOT方式は積極的に推進をしていくべき事業であるということで、理解はいただいております。それで、我々市といたしましても過去に陳情や要望に出かけてまいりました。ただ、文科省がそのような状況でございますので、現時点では、まだ確定的な見通しは立っておりません。しかしながら、今現実に事業を進めておりますので、県や国を通して働きかけを強力に行って、何とか獲得できるように頑張ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) ここですよ、問題なのは。何とか獲得するように頑張ろうとおっしゃるのはいいけれども、獲得できないこともあるのではないですか。文科省も難色を示している、国交省はPFIを進めながら補助金も出してくれと文科省に言っているかもしれないけれども、民間が所有する施設に国が補助金を出そうとしているわけですから、難色を示すのもわからないでもないですね。それが明らかにならないのに、施設を建設しようというんです。つまり、難色を示されて、結果、補助金が出ないということになったら、直営でやった方が安かったということになるのではありませんか。そこのところが、今回の進め方の誤りだと思うんです。ぜひ、結論が出るまで施設の建設はしないというふうにしませんか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 現時点では、このまま進めてまいりますし、今回、文部科学省が難しい見解を示されている理由の1つとしましては、PFI法に対する国の省庁間の(「わかりました」の声あり)よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 現時点では、そのように進めていくという答弁をいただきました。結局、直営なら数億円単位の補助金もいただけてやれるものが、PFIで補助金はいただけなくなった、それでも進めていくというわけですから、一体何のためのPFIなのかということになるのではありませんか。今回の反省点は、答弁もころころ変わったものもあるけれども、曖昧なままどんどん進んでいくということにある、その点に極めて問題があると思います。副市長どうですか、補助金がいただけるか、いただけないかわからないのに建設も進めていくということなんですか。今、ちょっと立ちどまれば結論が出るのではありませんか。副市長、どうお考えかお聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 増山副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(増山信也) ただいま局長が答弁を申し上げたとおりでございまして、私も、このまま計画どおり進めたいと考えております。これは、前田議員も御存じのように官民連携で進めている事業で、民のアイデアが十分生かされた施設だと我々は認識しております。完成後、周辺の住民の利用、健康に直結する施設だと認識しておりますので、ぜひこのまま進めさせていただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 民のアイデアを生かして直営でやればいいんですよ、プロポーザルの方策は幾らでもある、民間のいろいろな方策も市はいただいて直営でやって、補助金もいただく方法が一番安いはずです。改めて、そこの点は指摘をして次の質問に移りますが、最大の反省は違法だと言って指摘を受けて、住民訴訟まで起こっていることだというふうに思うんです。県内の弁護士たちは、全国初のこの方式はおかしいのではないかといって、違法だといって受けて立った弁護士がおられるという、この事態が大変な反省すべき点だというふうに思います。
 ここでお聞きしたいのは、水野弁護士が市の代理人となっておりますけれども、セカンドオピニオンという立場の人がそうなることが正しいのかどうか、また弁護士費用はどれほどで契約してみえるかお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 水野弁護士が適任かどうかということにつきましては、適正であると考えております。
 それから、弁護士費用につきましては、この後、企画総務部会でご報告申し上げますが818万円ほどを予定しております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 質問要旨(2)で伺いたいと思います。そうった反省点の上に立って、今後の第1次事業の実施に当たり、市民への説明や合意というものをどのように図る考えか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 公共施設再配置第1次プロジェクトにおいては、実施計画を策定する段階、PFI事業として発注する前、発注した後に市民の皆様への説明や対話は重ねてまいりました。そして、今年度は、第1次プロジェクトの中でも市民の皆様に一番利用していただくことが見込まれる、きら市民交流センター(仮称)アリーナ棟の設計に着手してまいりますので、施設周辺の住民の方や施設利用者の方以外にも、若い世代の方々からのご意見を伺う機会を設けていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 今、アリーナ棟の話が出ましたが、これからつくろうとしている支所棟についてはどうするのか。基本設計のときには、市民への説明会はやらないけれども、実施設計後に行うというように言っておられましたが、その説明会はどうするのかお聞きをしたいと思います。
 ついでにお聞きをしたいのは、今、答弁がありましたアリーナ棟の周辺住民とか、施設の利用者とか、若い世代を対象に説明会をするということでありました。もちろん、しっかり期間もとって説明をしていただきたいと思いますが、意見を伺って設計が修正できるということは可能な段階なのかどうか、その点どうお考えかお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) まず1点目の、支所棟の件につきましては、昨年1月の応募者による市民向け公開プレゼンテーションを皮切りに、優先交渉権者による市民説明会などを通じて、企画提案段階の図面及び機能や規模について説明をしてまいりました。また、契約後につきましては施設利用者を中心にヒアリングを行い、また市議会におきましても基本設計図面を説明してまいりました。支所棟につきましては、行政が窓口となる施設でございまして、一部民間事業者の独立採算スペースもありますけれども、公用施設であることから、これまでの説明で十分説明をさせていただいたと感じておりますので、支所棟につきましては説明の予定はございません。
 それから2点目の、周辺住民、若い世代の方々への説明はどうするかにつきましては、具体的には、例えば地元の高校生に対しまして、アリーナ棟に関するヒアリングを5月初旬に行う予定で考えております。そして、そのヒアリングの延長でワークショップの開催も検討しております。また、その中で出た意見が設計等に反映をされるのかにつきましては、できる限り反映をさせていきたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 支所棟は、これまで随分説明会をやったので考えていませんと言うけれども、実施設計ができたら説明会をやりますと言ったのはそちらの方なんですから、私たちは実施設計はつくる寸前の図面で、これは修正を加えるものではないんだと、基本設計ができたなら市民に知らせて見てもらって、説明会をやって必要な修正を加えれば、実施設計で生かされるのではないかと言ってきたら、基本設計の段階では考えていないと、実施設計をやった後で説明会を行いますと言うから聞いているんですよ。もう矢作建設が防災倉庫を解体しているけれども、やると言っていてやらないわけですよ。PFIの反省点ではないけれども、こういうやり方は本当に納得いきません。こういったことを反省して、これからに生かさなければと思うんです。アリーナ棟も、これからやると言われました。ヒアリングも行って、ワークショップも行ってというふうに言われました。出される意見は、なるべく取り入れますと言われるけれども、微修正ぐらいしかできないということになると、説明会に来た人は何だと、いろいろ意見を言っても既に金額は決まって、基本的な図面もあって、何も修正してもらえないのではないかということになるならば、全くこれも、これまでの反省点が生かされていないということになるわけです。ぜひ、相当の見直しも可能だという姿勢で臨んでいただかなければならないというふうに思います。
 質問要旨(3)で伺いたいと思いますが、PFI事業の現在の発注状況、請負、下請負それぞれの業者は掌握してみえますか。また発注金額はどうか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) PFI事業の現在の主な発注状況でありますが、施設整備につきましては、今年度、きら市民交流センター(仮称)支所棟の新築、いっしき市民交流広場(仮称)及び旧海の歴史館の改修に着手してまいります。また、包括マネジメント業務についても、4月から着手しています。
 なお、包括マネジメント業務の企業体制につきましては、第1次下請企業までの報告は受けております。工事については、今後、通常の公共工事と同様に把握してまいります。また、下請企業に対する発注金額については、民間事業者間の契約であるため把握しておりませんが、本年4月から包括マネジメント業務を初め、各業務が順次開始されております。このことは、SPCと第1次下請企業との合意により契約が締結され、事業が円滑にスタートしていることのあらわれであると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 第1次下請までの報告は受けているという答弁でした。第1次、第2次とあるんですね、公共事業でもそうです。それで、第1次で請け負った者が、また下にやらせるということなんだけれども、第1次下請までの報告は受けているということは、第1次下請というのは直接仕事をする業者なのかどうか、そこのところは市がしっかり掌握する必要があると思います。以前、公共工事と同じような台帳を提出させるんですかというふうに質問をしました。公共工事は、そういったところがしっかり書かれて、1次下請、2次下請も書かれて市に提出があるけれども、このPFI方式はそういった台帳が提出されるのかと言ったら、前の局長は「同じです」と言いました。これが同じように提出されるなら、当然わかるはずです。今、そういう答弁がちょっと不安に思いましたけれども、ここのところはしっかり市が掌握して、段階があればあるほどみんなピンはねなんですから、一番請け負う末端の業者は本当に泣いて仕事をすることになる、これがPFIの弱点だというふうに思います。全国で問題になった1つの例です。今、言われたが、民間だから金額は把握していないとおっしゃいました。民間だけれども、これまではパススルーの原則というのがあって、民間企業が民間に発注しようが、それが下請に幾らで発注されようが、そこの下請の業者は単価が幾らで労働者が雇われているのか、そこもきちんとパススルーの原則で掌握できますよと説明してきました。今の答弁を聞くと、ちょっと不安になりますが、これまで答弁してきたパススルーの原則に沿って、末端の発注金額、そこで請け負う業者や労働者の単価は、全て市は掌握できるというふうに考えていいですか、その予定でみえるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) ご質問の趣旨は、パススルーについてのご質問だと思います。現在、PFI事業におけるパススルーの原則は、ルーティンではSPCから業務を受ける構成企業、協力企業、そして不動産開発企業までを通常指しますけれども、今おっしゃったような末端までどうかということにつきましては、私ども同じであれば契約書に基づきまして報告を求める、それを受けてSPCが必要な情報を提供していただくことになっておりますので、前田議員のおっしゃったパススルーの原則は、生かしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 何か事があって必要があれば、求めればとおっしゃるけれども、求めれば出すんでしょう、そういう契約書になっているんだから。しかし、それを求めてもらえるのかどうかですよ。例えば、議会の中で末端の価格は幾らか、幾らの単価で労働者が仕事をさせられているのか、公共事業でやればこうだけれども、PFI方式になったために、こんなに末端の業者は泣いているのではないかということにならないような措置がとれるのかどうか伺ったら、市は、それは簡単なことですよと、契約がありますから、パススルーの原則で末端まで今から掌握しますというふうな手続はとっていただけるというふうに受けとめてよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) もし、そのような事例があれば一度私ども、SPCを通して確認をさせていただきます。そして、必要な措置を講じてまいりたいと考えております。
 また前田議員から、もしご懸念のあるような事例がありましたら、ぜひご報告いただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) PFI方式の問題点ですよ、全国にあるいろいろな問題点。SPCが倒産するとか、手抜き工事が発覚するとか、いろいろな問題点の中にPFI方式は公共事業と違うので、末端の業者がピンはねで泣かされる事業なんだと、大手ゼネコンがみんなもうけてる、だからそこが問題だと言って私も指摘をしたときに、ご安心くださいと、パススルーの原則がありますよときたものだから、今、何かあったときにはSPCに確認をしますとおっしゃるけれども、SPCが嫌ですと言ったら、そうならないということではないんですよね。契約書に書いてあるから、そうならないだろうと思いますが、そこのところは常時、市が掌握するぐらいの必要があるのではないですか。PFI方式というのは、そういう弱点があるんです。民間が民間に発注するんですから、市が民間に発注するのと違うんですから、そこのところはしっかり見てあげないと、市内の業者は幾ら請け負っても泣くことになるというふうに指摘をしておきたいと思います。
 質問要旨(4)で伺いたいと思います。第2次の、これから行おうとしている公共施設再配置事業の計画概要はどのようで、第2次もPFI事業を考えているのか、その点をお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 第2次となる公共施設再配置実施計画につきましては、第1次と同様に西尾市公共施設再配置基本計画の基本方針などに基づき策定してまいります。
 今後、第2次プロジェクトで進めるべき事業の選定を行っていく中で、どのようなプロセスで進めるのか、その手法も含めて検討をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 先日いただいた西尾市公共施設等総合管理計画の中で、PFIという言葉が出てくるのではないかなと思って見てみました。ほとんど出てきません。1つだけ出てきたところがありました。もしかしたら幾つかあるのかもしれませんけれども、私が気づいたのは1つだけでした。今、方式はこれから検討するとおっしゃるけれども、ここで書かれているんですね。どこに書かれているかというと、今後のマネジメント方針で自校方式の学校給食についてですよ。学校給食について、西尾市の自校方式というのは全国でもすぐれた方式で喜ばれているんだけれども、自校方式の学校について、センター方式にするか自校方式にするか、学校の改修計画にあわせて統廃合を検討するとあります。ここまではまだわからないでもないですが、現状の自校方式はPFIの導入による整備を含めて検討するとあります。大体、これからPFIか直営かいろいろな方式を考えていくなら、この中には出てこないはずですね。そういう記述が冒頭に1つあればいいんです、全体をこれからどうしていくか考えると言えば。なぜ学校給食のことだけPFIであえて触れて、こんなふうな記述があるのかということを思うと、これもPFIでできるかどうか検討すると言っているんですが、今の答弁と照らし合わせるといかがなものかというふうに思います。全く考えていないということなんでしょうかどうか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 今、猛勉強中ですので、前田議員がおっしゃった記述につきましては、よく承知をしておりませんが、現時点で、我々資産経営戦略局といたしましては白紙でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) ぜひ猛勉強していただいて、本当にどういう方式がいいのかしっかりと議論をして、それも市民参加でして、西尾市役所の多くの職員も納得できるような方式も含めて、考え直す必要があるというふうに思います。
 それで、公共施設基本計画が策定されて、これからワーキンググループなどができていくというふうに思います。第1次と同じようなテンポでやられるということになると、来年ぐらいには具体的になってくるということを思うと、先ほど幾つかの反省点で言ってもらった説明が足りなかったということもありますし、市民の理解度がなかなか進まない、PFI方式は難しいということを思うと、相当な期間を設けて本当の市民参加でやらないと、旧西尾市全体の公共施設の統廃合ですから、大変な事態になるということを思うと、一部の人のワーキンググループだけで進めるべきことではありませんから、相当な期間と市民参加をしっかりとることが必要ですけれども、その点について、どういう日程で進める考えかお聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 現時点で詳細な日程はまだ申し上げられませんが、今、前田議員がおっしゃったご意見を大いに参考にさせていただきたいと思います。
 とにかく、今の現時点では2カ年でつくる予定をしておりますので、よろしくお願いいたします。
      〔11番 前田 修 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員の質問は終わりました。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午後0時00分 休憩
                            ─────────
                            午後1時00分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質問第9、1. 一色給食センター建替え事業について、2. アレルギーをもつ子どもたちへの対応策ほかについて、3. 子どもの貧困への具体的な対応策について、以上3件、鈴木規子議員の質問を許します。
      〔28番 鈴木規子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは、今期最後の一般質問を行います。議題は3点です。一色給食センター建替え事業について、そしてアレルギーをもつ子どもたちへの対応策ほかについて、そして子どもの貧困についてであります。
 早速、一色給食センター建替え事業についてお尋ねをいたします。
 昨日も、この議題については取り上げられましたけれども、明確な答弁がございませんでした。今回のPFIの契約から外して、十分に検討をすると言われてきた事業であります。多くの事業の中で、一番急いで取りかからなければならない事業であるにもかかわらず、いまだにあやふやな部分が多いということでは市民の不安も大きくなると思いますので、きちんと答弁をお願いしたいと思います。
 質問要旨(1)です。給食センターについて、土地は須脇町に確保できたと言いますが、建設と運営はどのような形態で行うのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 新学校給食センターの運営等につきましては、平成29年3月3日に開催をされました議員全員協議会でご報告させていただきましたとおり、現在、特別目的会社と継続協議中でございます。
 したがいまして、形態につきましても協議中の事項でございますので、協議が整い次第、議会へご報告してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 実施主体はSPCという説明でありました。可能かどうか調整しているということでありますが、SPC以外の給食業者とはやりとりをしているのかどうか、お尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 現在、SPC以外の業者でございますが、協力企業である株式会社AIHOと協議を進めております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) AIHOだけですか。AIHOは厨房容器の会社でありまして、給食業務自体は行っていませんね。関係しているといえば関係しておりますけれども、AIHOだけの協議で給食センターについてきちんと建設、また運営までいくということなのでしょうか。全く給食業務を担う業者を入れないで、このまま進めるということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 株式会社AIHOにつきましては、給食業務に精通している企業でありまして、引き続き協議を進めてまいりますが、それ以外の業者もありますが、今現在、この時点において公表することができないというふうに聞いておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは、AIHOの下請を担う給食事業者がいるという理解でよいかどうか。
 それからもう1点、可能かどうか調整をしているということでありますが、いつまで調整を続けるのか、めどはどこにあるのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 先ほどの、株式会社AIHO以外の業者が下請かどうかということにつきましては、今現時点で把握はしておりません。
 それから、急いでいるこの事業に対して、いつまでに協議を行うのかにつきましては、今の現時点におきましては9月をめどに協議を完了したいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) AIHOが給食事業者を下請として、あるいは関連会社かもしれませんが、雇う形で協議を続けているというふうに理解をするとすれば、この業者と市の担当者は直接、把握していないというふうにおっしゃいましたけれども、直接やりとりはしていないんですか、AIHO経由なんですか、それで十分な協議ができるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 下請かどうかということはともかくといたしましても、株式会社AIHO、そのほかの企業についても、教育委員会から見れば同列において協議をさせていただいております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) いつまでをめどかということについては、9月ですね。
 では、質問要旨(2)へいきます。敷地面積は6,300平方メートルと言いますが、建物の構造や耐震性、耐用年数などの施設概要はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 学校給食センターの整備につきましては、PFI事業の特定事業契約書には含まれておらず、現在も整備に向け検討・協議中であります。現時点での検討状況は、昨年度3月3日に開催されました議員全員協議会で、教育部長から報告させていただいたとおりでございます。
 ご質問いただいた施設概要につきましては、現在、検討・協議中の事項でありますので、改選後になると思いますが、協議が整い次第、ご報告してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) およそ給食センターを建設するに当たって、敷地面積を確保するためには建物の構造、耐用年数、どんな建物を、どんなつくりで行っていくのかということがわからなければ、そもそもどれだけの敷地面積が必要かというようなことも出てこないはずです。どこまでも資産経営戦略課は、それをまだ検討中だと、まだわからないと言うのかお尋ねをしたい。
 さらに、企画段階ではA案と市は言っておりますけれども、市が発注しているものについては一定程度、SPCは提案をしてきているはずです。それもないというのか、それはあったけれども今ここでは適用されないということなのか、どちらなのかお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 1点目のご質問ですけれども、ただいまご答弁申し上げましたとおり、今、検討・協議中でございます。
 それと、2点目のご質問ですけれども、すみません。私、ちょっと意図がよくとれなかったものですから、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 建物のつくりが確定して、初めてどれだけの面積が必要かということがわかる、これは通常の建設工事について言えることですね。ですから西尾市の、今わからない、検討中というのはおかしくないかということを申し上げました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 建物の規模が確定して、面積がおよそ確定できるのではないかというご質問だと思いますけれども、これはかねがね教育委員会からの答弁にもありましたけれども、今回、基本的には6,400食程度。それで、たしか昨年の議会におきまして、私も当時、教育部次長のときに答弁申し上げましたけれども、7,000平方メートル程度ぐらい確保できればというようなご答弁もさせていただいております。それで、今回の面積につきまして、まだ最終的な確定ではございませんけれども6,300平方メートル。
 したがいまして、1,000食当たり1,000平方メートルぐらいの換算でまいりますので、現時点での面積規模は適正であると考えております。しかし、施設内容につきましては、今、協議・検討中であるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 1点、答弁漏れです。SPCからの企画提案には構造、耐用年数等々については全く、一切何の記載もなかったのかどうかという点についてはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 給食センターとしての機能に対して、最も適した構造を提案していただくことを求めております。
 したがいまして、学校給食センターという機能に対して、必要な耐震性能を初めとした各基準を満たすものとなります。耐用年数につきましても、目標耐用年数として80年を想定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) はっきりお答えにならないんですね。構造、その他について記載があったのかなかったのかということを私は聞いております。それも含めて、質問要旨(3)でお答えください。建設費、年間運営事業費はどれほどと見込んでおられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 記載は、特にございませんと承知をしております。
 それと質問要旨(3)でございますけれども、現在、検討・協議中の事項でありますので、繰り返しの答弁になりますけれども協議が整い次第、ご報告をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(4)へいきます。給食センターでは、県立特別支援学校の給食も担うということでありますが、従前の学校給食センター単独の構想は、どのように変更するということなのか、県とは調整済みかどうかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 県立特別支援学校の給食を担う場合は、食数はもとより、設備、調理員、調理方法等の構想が変わってくると考えられます。詳細につきましては、特別目的会社と協議してまいります。現在、県とも調整を行っておりますが、特別目的会社との協議内容を踏まえ、さらに調整を進めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) これは何食程度ふえるのか、そのうち特別食が何食程度あるのか。およそ500食程度ではないかと、特別食も50から100ぐらいではないかというふうに言われておりますけれども、そのあたりはどうか。そして、現在の市の計画で設備的に可能なのか、建設コストほか十分なのかという点については、どのようになっているのでしょうか。従前の検討と県立学校のものを入れるということになると、またそれは別になるはずですがどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 1点目の、食数でございます。議員お見込みのとおり、最大500食程度を予定しております。そのうち、特別食につきましては50から100食程度を予定しております。
 2点目でございます。特別支援学校の給食の供給について、事業費的にとか、今後やっていけるのかどうかにつきましてはSPCとの、特別目的会社との協議の中で、これも含めてやっていけるという方向で、基本的には方向性として進めてまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 県と調整をしているということであります。そうであるならば、県と具体的な交渉に入っているにもかかわらず建物の構造やら耐震性やら、耐用年数は80年と聞きましたけれども、具体的な建物がどのように行われるのか、また給食製造ライン、その他についてもはっきりしていなければ県との交渉もできないのではないかと、全くあやふやなぼやんとしたままで県との交渉を進めているということになってしまいます。その辺の整合性はどうですか、ちょっとおかしくありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 議員の言われましたラインですとか設備につきましては、類似例などいろいろございますので、一般的な形の平面図から、例えばアレルギー対応室ですとか、今回のような県立特別支援学校の給食も供給できるような場所がどのように必要かどうか、そうしたものを何もなしでもちろんやっているわけではございません。そうした意味で、詳細についてまだ確定はしていないので外には出せませんということはありますが、おおむね一般的な類似例から平面図を作成し、検討をしております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) そうですよね、具体的になっていなければ県もテーブルに着きませんよね。そうであるならば、議会に対しても一定程度は言っていいのではないか、言えるのではないかということが非常に疑問を持つところであります。県との交渉ということですが、いつ結論が出るのかが1点。
 そして、全体の費用が上がるということになりますと、コストアップになると思いますが、それは市が負担するのかどうかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 県との交渉でございますが、今年度、早いうちに終えていきたいと。先ほど、9月までには継続協議を終えたいと申し上げましたが、もちろんそれよりも前に内容については調整を終えていきたいと考えております。
 それと、市がその部分について、県との調整の中で誰が負担していくのかにつきましては、現時点では、県立特別支援学校の給食にかかわる分については、県の方でご負担していただけるような方向で調整を進めてまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 県の方で負担をするというのは、建物の建設費、そしてライン等、設備面での部分について、両方についてでしょうか、それともまだほかにもあればお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 今の設備面ももちろんですし、そのほかの食材といいますか、給食費についても同様でございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(5)へまいります。昨年6月以降、給食業務を行っている事業者を交えて検討するとしてきましたが、どの業者と、どのように検討してきたのかということを設問しておりますけれども、先ほどの答弁以外に、まだつけ加えられることがあればお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 先ほど答弁申し上げましたとおりでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 28年度中は、エリアプランとは何回、何時間程度協議を行ってきましたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 28年度中につきましては、6回にわたり、時間にして1回約1時間半程度でございますが、交渉を行いました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(6)です。今後の事業の進め方として、学校や保護者との協議の場はありますか。アレルギー対応については、どのように協議と検討がなされたのでしょうか。また、保護者からも意見を反映させる制度が必要と思いますが、これらについてどのように考えておられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 協議の場につきましては、学校とは、必要に応じて調理場内の衛生面や食育関係などについて協議を行い、また保護者とは、学校給食運営協議会や学校給食検討委員会などを通じてご意見を伺っておりますし、今後も伺ってまいります。
 アレルギー対応の協議と検討につきましては学校給食検討委員会で、アレルギー対応品目数やアレルゲンを使用しない食材の供給等について、協議、検討を行ってまいりました。その委員会に至る前に保護者の皆様からご意見をいただき、委員会に反映しております。保護者からのご意見につきましては、今後も十分な話し合いの機会を設けてまいります。そのため、現時点で特別な制度というのは考えておりません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) やはり、当事者の意見を直接ほかの学校給食検討会議、その他の皆さんにも聞いていただくという場面が必要ではないかと思うわけです。これは、単に個人の保護者を入れることについては問題があろうかと思いますが、一定程度の会を構成しておられるような方々であれば、検討するべきではないかと思うわけですが、その考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 現時点では、時期を決めて声をお聞きするということよりも、常に広くご意見を伺うという方向を現時点では考えております。議員おっしゃるようなシステムといいますか、制度につきましても調査研究してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) もちろん、常日ごろからコンタクトをとっていただく、これは大前提です。アレルギーの子どもをお持ちの会の方たちを入れることについて検討されるということですので、よろしくお願いしたいと思います。
 では、議題2へまいります。アレルギーをもつ子どもたちへの対応策ほかについてです。
 質問要旨(1)です。アレルギー対応委員会については、半年前に教育長から積極的なご答弁をいただきました。それで、期待を込めてお尋ねをいたします。委員会の設置は、どのように進められているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) 文部科学省から出されました学校給食における食物アレルギー対応指針や、愛知県教育委員会の学校における食物アレルギー対応の手引に基づき、平成29年4月1日付で、西尾市食物アレルギー対応委員会設置要綱を作成いたしました。それをもとに西尾市医師会、薬剤師会、西尾保健所、アレルギー支援ネットワーク等々の関係機関との調整を図りながら、第1回の対応委員会の開催に向けて準備を進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 第1回は、いつぐらいになる見込みでしょうか。また、年間どのくらいの開催、協議事項、協議内容について考えておられるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) まず、現在、構成員の方々にお願いをしているわけですが、それぞれの関係機関の総会等が5月中旬までに行われるところが多いものですから、最終的なメンバー構成が6月いっぱいまでかかる予定でありますので、それが終わり次第、調整を図りまして、6月末か7月には第1回を開催したいというふうに考えております。
 年間、どのぐらいの回数かということにつきましては、まず委員会を実施した上で、どのぐらい必要かということを委員会の中でよく考えていただくということで、今、私の方から何回ということははっきり申し上げられません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 専門家の方々が入られるということでありますので、大いに期待をしたいと思います。
 質問要旨(2)へまいります。アレルギーを持つ児童・生徒の新たな申請と個票の管理、対応はどのように行っていくのでしょうか。新年度、教育委員会として統一していくという答弁をいただいておりますが、具体的にどのように進めておられるのでしょうか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) まず、学期始めにアレルギーを持つ全ての児童・生徒について個人対応マニュアルを作成し、全職員で共通理解する機会を設けています。また、全職員が素早く対応できるように研修及び訓練も行っております。個人対応マニュアルにつきましては、それぞれの学校で作成したすぐれたマニュアルについて、各校が互いに情報交換、共有するなどして、よりよいマニュアルを作成するように努めております。
 具体的なアレルギーの対応につきましては、これまで同様、学校給食における食物アレルギー対応に関する基本方針、食物アレルギーにおける消防機関との連携に関するマニュアルをもとに、36校統一的に管理、対応ができるように進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) まず、全ての小・中学校で申請用紙と個票については配布されて、収集されていると、教育委員会として確認をしておられるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) 申請用紙等については、全ての学校で配布をしております。以前につくったもので、特に修正するということはありませんので、昨年までと同様のもので進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 回収されたかどうかということも、教育委員会としては確認をしておられるかどうかということについては、ご答弁いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) それぞれの学校で、必要があれば回収をするということを私どもは指示しておりますので、確認はとっておりませんが、全て必要なところの回収は進められているというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) まだ4月半ばですので、全てを回収できているかどうかというのは、これからおやりになることであろうというふうに思いますので、しっかり確認をしていただきたいと思います。それでよろしいかどうか。
 そして、個人対応マニュアルについては各校ごとであるということでありましたが、おっしゃるように、それぞれの学校で特徴的にいいところがあるというのであれば、それを教育委員会として取りまとめて、人気投票ではありませんけれども、どなたもが「これがいいね」というような形に改善を加えて、それを教育委員会のものとして統一をするということも考えられるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) アレルギーを持つお子さんの対応の仕方はそれぞれでありますので、全て教育委員会が統一するという方向よりも、それぞれの学校が、自分の学校の子どもたちに対して一番いい方法のものをつくる、それを各学校がそれぞれ情報を共有化しながら、さらによいものをつくる、この方法でいいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) いいものを情報共有なさるということでありますので、これも今後を拝見していきたいと思います。
 こうしたものについて、アレルギー対応委員会の委員の先生方にも見ていただくということは、もちろん考えておられると思いますがいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) 初めての対応委員会でありますので、ぜひ委員の皆さん方にはこれまで教育委員会等、あるいは学校等が進めてきた内容について、よくお知らせをしていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(3)へまいります。ヒヤリ・ハットの事例集を、おつくりになるということでした。進捗と学校間の情報共有を、どのようになされているのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) ヒヤリ・ハット事例集につきましては各学校から情報を収集し、平成29年3月に作成いたしました。また、4月当初に全小・中学校へ配布し、情報の共有に努めております。
 今後、もし新たな事例があれば追加して情報の共有を図ってまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 私も、ヒヤリ・ハット集を拝見いたしました。おつくりになったということを、まず評価したいと思いますけれども、これは専門家には助言を受けておられるのかどうか確認をします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 専門家といいますか、学校栄養教諭とよく協議の上、事業を進めてまいりました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) さまざまな事例がありますが、少し個々にお尋ねをしたいと思います。
 食材の発注と納入にかかわる2事例については、いずれも検収時に誤納入が発見されて事なきを得ていますが、発注書に商品名の記入がなかったことが原因であるというふうに見てとれます。発注書というのは、教育委員会統一のものなのか、各校それぞれのものなのか、どうなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 発注書につきましては、教育委員会統一のものではございません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 発注書というのは統一されていた方が、むしろわかりやすいのではないかと思うわけです。各校任せではなくて、商品名の記載欄を明確にすると、そこのところが抜けていればすぐわかるというようなつくりを考えて、教育委員会で統一のものにするというお考えはありませんか。改善されたかどうか、改善されるかどうかということについても、具体的な内容に踏み込んでお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 発注書の記載欄をというお話でございますが、その点につきましては、議員おっしゃるとおり私どもも間違いのないように、例えばマーカーでそこを示して目立つようにするとか、何らかの方法を使って一目でわかるような発注書にしてもらいたいという指導はしてまいりました。統一のものにするかどうかにつきましては、今後また研究してまいります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) では、アレルゲンの確認に関する6事例について申し上げたいと思います。食材にアレルゲンが含まれていることの見落としが原因ということが6事例出ております。いずれも栄養教諭や職員、担任が気づいて、こちらも事なきを得ておりますけれども、手順どおりにしていれば防げたはずのミスが散見されます。人為的なミスについては、頑張ってくださいというふうに片づけるだけでなく、見落とし防止が必要だと思いますが、現時点でどのように改善されているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 見落としの防止でございますが、例えばチェックリストのようなものを考えまして、ある一定基準のものについては必ず見落とさないというようなことも一案として、今、現時点で考えております。今後、また研究してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) もう1点、アレルゲンの確認についてのものでありますが、保護者に確認を求める対応票というもの、どの食材に、どのようなアレルゲンが入っているかということを示したものですけれども、これの記入漏れが散見されます。すぐわかるような書類、先ほどと同じですが、統一をしたもので書類の改善ができるはずと思うわけですが、これも各校任せなのかどうなのか、お尋ねをしたいと思います。
 そして、栄養教諭なども転勤をする場合があります。複数の学校を管理しているというようなこともあります。その点からすれば、教育委員会で統一のものがあれば、よりミスが防げるのではないかと思いますが、お考えはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) もちろん、各校任せということではございません。先ほども申し上げましたように、間違いのないような書類にできるように研究してまいりますし、栄養教諭が転勤とか人事異動で変わってまいりますので、そうしたことに対して間違いのないように考えてまいりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 非常にアレルギーで事故が起こっては大変なことになります。アレルギーをお持ちの方も、いろいろなタイプがおありでしょうし、中には、親御さんの中に十分にチェックができないような方も、たまたま見受けられるというようなお話も伺いました。対応票のチェックが十分に行えない保護者の方に対しては、除去食を提供できないというような対応も時には必要ではないかと思うわけですが、このあたりはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 議員のおっしゃいますとおり、いろいろな父兄の方がおみえですので、除去食が適さないというパターンもあろうかと思います。そうした点につきましても、何が必要かということについて考えてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは、ともかく対応票が保護者の皆さん、どの保護者の方にもわかりやすいもので、素早く回答していただけるような形にまず改めると、そしてその後、考えていくという理解でよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 誰が見ても間違いないような、わかりやすいものにしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(4)へまいります。アレルギー対応食も、どんどん改良されております。これらを導入することによって、どの子ども同じ給食が食べられるという学校がふえています。本市でも、アレルギー対応食材の導入を進めるべきと思いますが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) アレルギー対応食材につきましては、栄養教諭等と相談をしながら可能な範囲での導入を考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) アレルギー対応食、今はカレー粉などが入れられているようでありますけれども、値段もちょっと高めのものも中にはあります。そうした場合、栄養士だけで食材の導入を決定するのは難しいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。教育委員会で、市としての方針を定めるべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) アレルギー対応食材につきましては、議員おっしゃられますとおり非常に品目も多くございます。栄養教諭で現在は考えて、できるだけの対応をしておりますが、その点につきましても今、全体としてどのようにやっていったら、よりアレルギーに対応できる食材を供給していけるかどうかにつきましても検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 市として方針を定められて、商品いろいろありますけれども、それらについてもどれがいいのかということを選べば、食材の導入としても一定程度の数をこなすことができますよね。そうすると安くできるのではないかとか、よりトラブルが少なくなるのではないかということが期待されるわけですが、その点はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) そのようなことも考えられますので、基本的に全体にどうしたらいいかということも考えてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 今後のヒヤリ・ハット集については、検証はどのように行う予定でありましょうか。今、お聞きした限りでは、さまざまに教育委員会としての方針が今後、協議される、出てくるであろうというふうに思われますが、どのように見込まれますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 今回、作成いたしましたヒヤリ・ハット事例集につきましては、今後も引き続き情報を収集して、さらに追加していくような形を考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(5)にまいります。幼稚園給食についてです。新たな給食センターの供用開始までは業者給食が続くことになります。これは、私たちが思っているよりも先になってしまいそうな気配があるわけでありますが、27年には業者の食中毒の事故もありました。現状は、どのようでしょうか。また、アレルギー対応についてはどのようか、お尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 幼稚園給食につきましては、毎年、幼稚園給食検討会を開き、子どもたちに安心・安全な給食が提供できるように検討し、適切な業者を定めております。現在、契約している業者は、卵、乳のアレルギーに対応した弁当を提供しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは、おおむね業者がつくっているアレルギー対応食で賄えているという理解でよいかどうか。ちょっと難しくて、お弁当を持ってきているというような子どもがあるかどうかということを確認しておきたいと思います。
 それと、エピペンを今、使わなければいけない子どもはお一人と伺っておりますが、それで間違いないかどうか確認します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 今の卵、乳だけではなくて、さらなるものを求めていくのは当然でありますけれども、現行で対応できる部分についてはそれでありますので、現行できる範囲内ということで、今後、新たなセンター等、給食を依頼する場合については、アレルギーの除去についてはふやしていきたいというふうに考えております。
 それから、エピペンの関係ですが、28年度は1人の該当者がおります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) では、議題3へまいります。子どもの貧困への具体的な対応策についてであります。
 これは、先ほどの前田議員の一般質問と重複するところがございますが、一応伺っておきたいと思います。
 質問要旨(1)です。景気低迷に伴って、本市でも要保護・準要保護の子どもたち871名と増加しており、市全体の6%に達しております。現行、5月からの支給時期を前倒しがなされるということであります。頑張って、今、検討しておられるということでありますので大いに期待をしたいと思いますが、総合福祉システムというシステムを導入することによって、これらの子どもたちの把握もスムーズになると見込まれているというふうに聞きますが、その点はどうでしょうか。そして、これによって、例えば他市に転出するケースについても、対応は比較的進みやすくなるのではないかというふうに思いますが、どのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 総合福祉システムと今、ご指摘ありましたが、この点につきましては現在、考えておりません。就学援助制度におきましては、先ほどご答弁申し上げましたとおり、支給品目のうち小学校1年生及び中学校1年生時に支給することにつきまして、平成27年度から支給時期を早めて5月に支給しているところでございます。この支給時期をさらに早めて前倒しする点につきましては、今後、課題解消できるように協議、検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) わかりました。現行制度の中で十分に協議ができると、前倒しができるというふうに伺いましたので、1日も早い実施を願うところであります。
 質問要旨(2)へまいります。低収入のひとり親家庭などへの就学支援として貸付制度を考えませんか。前倒しはできるとしても、特にひとり親家庭については厳しい、貧困の度合いが高いということが言われております。就学支援としての貸し付けは、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 就学支援につきましては、就学援助制度によりまして対応しておりますので、貸付制度については考えておりません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 市では、ひとり親家庭等日常生活支援事業では、ひとり親家庭の貧困について非常に理解を示しておられるわけです。それで、日常生活支援事業が行われております。さらには、ひとり親家庭の就労支援も行っておられるところで、これは看護師の資格を取得するとか、具体的に生計を立てていけるような支援をしておられるわけで、こうしたところは他市に比べて非常に西尾市はすぐれたところで、家庭児童支援課の頑張りも含めて、私は高く評価しているわけでありますが、そうした支援策があるということを考えますと、ひとり親家庭への就学支援というのは全く考える余地がないのか、それともこれにかわる貸付制度のようなものを市としては把握しておられるのか、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 社会福祉協議会によります生活福祉資金の貸付制度があることは承知しております。また、生活支援費の貸付制度があることも聞いております。
 したがいまして、恐縮でございますが義務教育就学支援につきましては、就学援助制度で支援してまいりたいと考えております。したがって、貸付制度は考えておりません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 私も社会福祉協議会で、貸付事業について説明を受けてまいりました。そうしましたら、善意銀行に寄附された寄附金をもとにして、生活困窮者に5万円を限度として貸し付ける資金の制度があると、愛の援護資金と言われております。さらに生活福祉資金として、県社協から委託されて市町村社協が窓口になっている貸付制度もあるわけです。貸付対象は低所得、高齢者、障害者世帯などですが、貸付制度を市として考えないとおっしゃるのであれば、こうした事業について広く、お困りのひとり親家庭のお母さんたち、お父さんたちに周知をすることをお考えにならないか、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 議員おっしゃるとおりでございます。関係部局と連携して、福祉施策は広く周知をさせていただきます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 要保護・準要保護の子どもたちについても、全ての子どもに、こうした制度があるということを周知されて随分と行き渡るようになった。これは、保護者の方たちからも大変に感謝の声が聞かれます。そうであるならば社協の援護資金等についても、押しなべて全ての親御さんたちに知らせるということをお考えになるかどうか確認をしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 福祉部局と連携いたしまして、福祉施策の周知に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは、質問要旨(3)にまいります。愛知県の子どもの貧困の実態調査が行われました。この3月末に集計がなされまして、県のホームページでも公開をされているところでありますけれども、市として、どのように子どもの貧困を把握しておられますか。また、虫歯が10本以上ある子どもについては口腔崩壊というふうに言われまして、貧困のバロメーターというふうにも言われております。こうした口腔崩壊の子どもについて、数はどれほどと把握をしておられるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 愛知子ども調査の市町村別の数値につきましては、4月4日、愛知県としての統計結果資料が配布されました。この中では、市町村ごとの結果数値は示されていないため、現在、データの分析を進めているところでございますので、よろしくお願いいたします。
 次に、口腔崩壊、虫歯のことにつきましては愛知子ども調査の中で、小学5年生と中学2年生の本人に虫歯の本数について質問をしています。その回答区分は、一、二本、3本から5本、6本以上、虫歯はない、わからないとしていますが、当市においては6本以上の回答はございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 県の実態調査は、一部の子どもに限られたものでした。しかしながら、小・中学校では全て歯科健診を行っています。また、医療費の補助もあります。そうしますと、市独自として口腔崩壊については把握ができるのではないか。今、幸い6本以上はないということでありましたけれども、これからこうした調査も並行して行って、子どもの貧困について万全の予防体制をとることができるはずでありますが、おやりになる考えはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 議員おっしゃるとおり、そういったもので検証することは可能だと思いますので、検討していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(4)へまいります。母子世帯の児童扶養手当受給者の所得状況について、これは数も含めてどのように把握しておられるでしょうか。各課の連携、サポートの体制はどのようかお尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 児童扶養手当受給者の所得状況については、児童扶養手当法の規定により、市の課税情報にて把握し、他市町村からの転入者につきましては、申請の際に所得証明書を提出していただき把握しております。また、毎年8月の現況届提出の際には、就労状況、収入状況、養育費などについて聞き取り調査をしております。
 次に、各課の連携、サポートの体制についてでございますが、市民課窓口で手当対象となり得る方に制度案内チラシを手渡し、子育て支援課へ案内していただき、その後、子育て支援課で詳しい説明をして申請手続を行っていただいております。また、児童扶養手当受給者には、母子家庭等の各種支援制度についての案内チラシを送付しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質問要旨(5)へいきます。ひとり親家庭のうち、配偶者との死別や離婚の場合は、寡婦控除や非課税の措置がありますけれども、婚姻歴がない場合は適用されておりません。しかし、事実上の貧困への救済措置として、みなし寡婦の制度を適用しませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 子ども部関係について、ご答弁申し上げます。
 法律婚によらないひとり親家庭への支援につきましては、県内におきましても保育園・幼稚園の保育料算定上、寡婦控除をみなし適用している自治体もございますので、今後、その運用についての研究をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 健康福祉部関係分について、ご答弁申し上げます。
 国の制度に基づく障害福祉サービス及び市の独自事業であります地域生活支援事業のいずれにおきましても、みなし寡婦控除の適用は行っておりません。これは、制度において過重な負担とならないように軽減が図られており、障害福祉サービスや補装具の支給、自立支援医療及び地域生活支援事業である移動支援、日中一時支援事業の利用について、生活保護世帯や市民税が非課税の世帯の場合の負担上限額は無料となっております。また、市民税課税世帯につきましても国の負担額の算定方法に基づき、年少扶養控除該当分について、控除を行って負担上限額を算定するなどの軽減を行っておりますので、みなし寡婦の適用については考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 既に、障害の面、また福祉施策の面でひとり親家庭であるかどうかにかかわらず、救済措置が行われているということでありますので、それについては了解をいたしました。結構だと思います。しかしながら、みなし寡婦、本来は税法改正で対応すべき事案でありますけれども進んでおりません。ひとり親家庭の貧困率は54.6%といわれております。先ほどの県の調査では、愛知県の場合は65%以上という数字が出ております。婚姻の有無で判断をされるということについては、日本弁護士連合会は人権侵害だとして、国や自治体に救済措置を求める声明を発表しております。全国でも非婚のひとり親に、課税の面でみなし適用が進んでいるわけであります。具体的に申し上げますと、年収205万円の2歳の子どもを持つひとり親家庭、婚姻歴があるかないかによって所得税、住民税はどのように違うでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) 議員おっしゃる205万円の子どもがいる場合でございますが、所得控除、基礎控除、先ほど言いました寡婦控除ということでみなしますと、所得税が2万6,600円、住民税が6万2,800円となります。また、婚姻歴がない場合につきましては寡婦控除の適用がございませんので、所得税が4万4,500円、住民税が9万5,300円ということになり、婚姻歴のある場合とない場合の所得税及び住民税の差額につきましては、所得税が1万7,900円、住民税が3万2,500円の合計5万400円の負担増ということになっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 205万円の所得のうち、5万円違ってくるということであります。これは、なかなかパートなどで働いているひとり親のお母さんからすれば大変な金額であります。子どもの貧困という視点で、みなし寡婦制度について検討していくということはお考えになりませんでしょうか。
 ここで家庭崩壊が起きてしまう、あるいは虐待が起きてしまう。そうしますと、さらに被害が大きくなる、西尾市としても困ったことになりますし、もちろん当事者のお母さんや子どもにとっては非常に残念なことにもなりかねないわけです。こうした点について、いかがお考えでしょうか。市長、いかがでしょうか。子どもの貧困については非常に理解をしておられるお立場ですので、選挙の前でもありますし、お尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 子どもというのは宝でありますので、立派に育つような制度というのは大切だと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) それでは市営住宅の場合ですが、これは確認をしておきます。こちらについても、ひとり親家庭について、家賃の減免は法の範囲で既に行われているというふうに考えてよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(渡邉之稔) 市営住宅の家賃算定につきましては、公営住宅法施行令により、法律婚によらないで母または父となった者で、現に法律婚をしていない者についても入居者の収入算定上、寡婦控除の対象としております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) ありがとうございます。さまざまな法で、ひとり親家庭については救済がされているということを、改めて検討の課題にしていただきたいと思います。
 質問要旨(6)については、奨学金制度、高校生向けについては今、検討をして既に動き出すということでございますので、私の質問は割愛し、以上といたします。
      〔28番 鈴木規子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員の質問は終わりました。
 この際、暫時休憩します。
                            午後2時01分 休憩
                            ─────────
                            午後2時15分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質問第10、1. 人口減少社会におけるまちづくりについて、2. 障害者スポーツの現状と取り組みについて、以上2件、永山英人議員の質問を許します。
      〔12番 永山英人 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 西尾市民クラブの永山英人です。通告に従いまして、一般質問をします。
 今、西尾市の全体人口はふえていますが、地域別で見ると、ふえている地域と減っている地域が顕在化していることを忘れてはなりません。昨年10月に公表された平成27年国勢調査と、前回の平成22年国勢調査を比較すると、西尾市全体は16万7,990人で、前回よりも2,692人ふえて1.6%増しであります。地区別では、西尾地区が11万1,167人で前回よりも4,344人ふえて4.1%増し、一色地区が2万3,231人で前回よりも594人減って2.5%減、吉良地区が2万1,916人で前回よりも382人減って1.7%減、幡豆地区が1万1,676人で前回よりも676人減って5.5%減となっています。西尾市の人口は二極化し、緩やかに減少する地域が大きく減ったことに気がついたときは手おくれで、行政も立ち行かなくなってしまうのではないかと懸念します。そうならないように、早めの対策が必要であります。
 そこで、議題1 人口減少社会におけるまちづくりについてを質問いたします。
 質問要旨(1)平成27年の国勢調査の確定値の公表が順次行われ、西尾市の人口は前回調査より男性で1,801人、女性で891人、合わせて2,692人ふえていますが、分析はどのようですか。人口構成で、14歳までと15歳から64歳、65歳以上の3区分の人口、前回との比較はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 前回調査に比べて人口がふえた理由といたしましては、景気回復により自動車関連企業等の寮への入居者が増加したこと、区画整理の影響等で新築の家屋が増加したこと、サービスつき高齢者住宅の建設が飛躍的に進んだことが主な要因であったと分析しております。
 また、3区分の人口につきましては、14歳までは381人の減、15歳から64歳は2,835人の減、65歳以上については5,650人の増となっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問ですが、サービスつき高齢者住宅の建設戸数や入居要件、特徴などの概要と今後の計画はどのようですか。高齢者だけが集まる拠点づくりは、地域から孤立するおそれや就労支援、医療・介護などさまざまな仕組みを整えることが課題でありますが、どのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 現在、西尾市におけるサービスつき高齢者向け住宅の建設戸数は18カ所であります。また、入居要件は原則として60歳以上の高齢者で、要件に該当すれば60歳未満の方も認められております。安否確認や、生活相談のサービスが受けられるという点が特徴となっております。
 なお、今後の計画についてでございますが、平成26年6月以降、建設に関する新たな登録申請は出ておりません。
 次に、高齢者の拠点づくりにつきましては、議員ご指摘の課題を解消し、地域で支え合う仕組みが重要であると考えておりますので、今後、各小学校区単位で高齢者生活支援体制整備事業の協議体を設置し、高齢者の居場所づくりなどを進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(2)平成27年の社会動態で転入者が6,292人ありましたが、転入者に意識調査などを行い、どのような理由で移住してきたのか状況を把握されていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 平成27年6月に実施いたしました西尾市総合戦略に関するアンケート調査の中で、転入者への調査を行いました。この調査結果における西尾市に転入したきっかけを上位から順に申し上げますと、就職などの仕事の都合、次いで家の購入、借家の借りかえなどの住宅の都合、3番目といたしまして親・親族等との同居・近居、4番目として結婚となっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問ですが、就職や親などと同居・近居は、学生など若者が都市から帰郷というケースが想定されますが、他県や他市からの移住者数の状況はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 平成27年国勢調査人口移動集計によりますと、過去5年間の国外からを除く西尾市への転入者は1万2,570人となっており、その内訳といたしまして、他県から4,070人、県内他市町村から8,500人となっております。特に20歳から39歳は7,406人と、他の年代よりも多くなっており、その内訳といたしまして他県から2,728人、県内他市町村から4,678人となっております。国勢調査では、転入の理由は調査しておりませんので年齢からの推測となりますが、就職や親などと同居・近居のために、学生などの若者が都市から帰郷するというケースも多数含まれているものと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(3)西尾市全体の人口はふえていますが、旧郡部、いわゆる幡豆地区の人口は減る一方です。現在、人口減少の進んでいる地域における西尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略上の取り組みはどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 西尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げております取り組みの多くは、特定の地域を限定したものではなく、旧幡豆郡を含む市全体を対象にしたものでございます。人口減少対策への直接的な取り組みといたしましては、人口減少地域を含む市全体として移住定住を促進するシティプロモーション事業に取り組んでおります。
 なお、旧幡豆郡地区に限定した主な取り組みといたしましては西尾蒲郡線の運行の存続のための支援や三河線廃線に伴う代替バス「ふれんどバス」の運行、デマンド型タクシー「いこまいかー」の運行など、交通利便性の向上を目指すもの、一色マラソン大会の開催や塩田体験館における塩づくり体験を初めとする交流人口の増加を目指すものなどがございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。シティプロモーション事業、いわゆる情報発信ですが、何を、誰をターゲットに、どのように市内外へ西尾市の魅力を情報発信するのですか。情報内容の他市との違い、優位性などをどのように考え、その効果はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 自動車関連を中心とした産業が発展を続ける西三河地域の中で、自然豊かなゆとりある住空間のもと、宅地価格が割安で手厚い子育て支援が整うなど、西尾市がすばらしい子育て環境にあることを、新たに住宅取得を目指す子育てファミリー層に対して、本市に居住する優位性をPRしてまいります。情報発信の手当といたしましては、市内外の企業や住宅展示場、不動産業者などにパンフレットを配布するとともに、ウェブサイトで情報発信をしてまいります。
 効果といたしましては、本市の居住環境のよさを実感していただき、本市を住まい探しにおける選択肢の1つとしていただくことを期待しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問ですが、西尾市で人口の増加地域と減少地域が顕在化してきており、人口が減少している幡豆地域をこれからどのような地域にしていくのか、市長はどのような構想を描いてみえますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 幡豆地域には、三河湾国定公園の風光明媚な景観や県内有数の静かな海、そして温暖な気候など多くの魅力があります。また、シティプロモーションの事業の中でも、海辺の暮らしに魅せられて首都圏から幡豆地域に移住や帰郷された方を紹介しております。
 また、幡豆石を産出する強固な地盤は、多くの被害に見舞われた三河地震の際にも、1軒も家が倒れなかったというすばらしいところであります。これらのまちの魅力を生かしながら、地域の皆さんと手を携え協働して、1つずつ課題解決に取り組んでまいります。また吉良・一色地区は、これからいよいよ新しいまちづくりを進めてまいります。1人でも多くの方が安心して暮らせる便利なまちづくりを今から着工してまいりますので、どうかそういった面でもいろいろとご協力をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(4)人口減少は負のイメージですが、一方で人口が増加すれば、すばらしいまちであると言えるかどうかは疑問です。どの程度の行政水準を維持すればよしとするのか、西尾市の基本的な考え方はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 人口が増加することだけを捉えて、すばらしいまちであるとは考えておりませんが、今後、予測される人口減少社会や超高齢化社会を迎えるに当たっては、人口をふやすこと、あるいは少しでも人口の減少を抑えていくことは必要であると考えております。行政水準につきましては、行政コストとのバランスを考え、サービス向上を目指していく必要がございます。現在の行政運営のサービス水準を急激に低下させないことや、近隣市町に比べて明らかに劣ることがないように努めていかなければならないと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。最低の行政水準かと思える自治体では、公共病院の縮小を初め、図書館、集会所、公園など公共施設の大半が閉鎖、各種助成事業の廃止に加え、標準より高い住民税や手数料、職員給与の大幅減など、あらゆる経費削減と標準以上の負担措置をとっていますが、人口減少による行政水準をどこに置くか、今から論議が必要になっていくことと思いますが、どのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 人口減少により、これまでどおりの行政水準を維持し続けることは困難が予想されてまいります。現在、策定を進めています西尾市行財政改革推進計画第5次実行計画では、持続可能な行政運営の確立を目標にいたしまして、新たな歳入の確保や歳出の削減に努める計画の策定を進めております。
 また、平成28年度に策定をいたしました西尾市公共施設等総合管理計画では、次世代へ負担を軽減するための公共施設の総量縮減に取り組んでおります。これらの計画、施策を推進する中で、持続可能な行政水準を目指していきたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(5)人口を呼び込む要素として、働くことができて子どもを育てやすい環境が一番でありますが、西尾市で成果が出つつある取り組みはどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 子育て世帯の経済的負担を軽減する保育園・幼稚園の給食費無料化、放課後児童クラブの受入れ学年の拡大、子どもが伸び伸びと活動することができる保育園・幼稚園の園庭芝生化などであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問ですが、答弁のありました保育園・幼稚園給食費無料化などの取組み成果を数値であらわすとどのようですか。さらに拡大する考えはありますか。他市との独自性や違いなどの比較はどのようですか。利用者の声はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 子ども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子ども部長(青山秀樹) 給食費の無料化につきましては、平成27年度で82万7,114食、5,709万1,515円の保護者の負担軽減をすることができました。児童クラブの受入れ学年の拡大につきましては、平成27年度より段階的に実施し、平成29年度は6年生まで拡大できました。拡大しました4年生から6年生までの平成29年度当初の申込み人数は182人であります。園庭の芝生化につきましては、平成23年度から28年度までの実施園は26園で、芝生化率としましては61.9%となりました。
 今後の事業拡大の見通しでありますが、園庭の芝生化は、佐久島保育園を除く全ての公立の保育園・幼稚園の整備を目指し、平成29年度中に7園の整備をしてまいります。
 他市との独自性や違いでは、西三河9市において当市のほか、給食費無料化を実施している自治体は1市でございます。園庭の芝生化では、当市のほか2市で取り組んでおります。また、児童クラブ受け入れを6年生まで拡大しているところは、当市のほか5市であります。
 利用者の声では、保護者の費用負担の軽減、就労による子どもの居場所の提供、園庭の芝生化では環境に優しく、自然が身近に感じられるとの声をいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(6)少子化は国力などにおいて負でありますが、高齢化は経済的に成長市場として見込めるものと期待されております。西尾市は、高齢化をどのような施策でもって人口減少社会を展開しようと考えていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 将来の人口減少社会における課題の1つとして、労働力人口の不足がございます。将来的な労働力を確保するためには、高齢者にも元気に活躍していただくことが大切であると認識しております。
 総合戦略では、施策の1つとして「若者・女性・高齢者などが活躍できる地域づくり」を掲げており、元気な高齢者の就業等を促し、地域力の維持を図るとともに、高齢者が地域で自立した生活を営むための地域包括ケアシステムの構築や老人クラブ、シルバー人材センターなどの活動を推進することなどにより、高齢者が自立して社会参加できる社会を目指してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。高齢者がコンビニ業界で就労する中、定年帰農初め継続雇用、起業化など、高い技術力や経験を生かした分野で就労されています。国は働き方改革で、高齢者の就業促進を検討しておりますが、西尾市の高齢者労働力の活用に向けた取組み成果や、さらなる計画はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(山崎 悟) 本市におきましては、シルバー人材センターが高齢者の多様な働き方に対応するため、臨時的・短期的な就業や軽易な作業を考慮しながら就業機会の確保に取り組んでおります。現在では、派遣による就労も取り入れ、スーパーでのカートの回収やクリーンセンター内での業務もできるようになっております。市といたしましても、生涯現役社会の実現に向けた高齢者の就業促進対策に、今後も協力してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(7)人口減少社会を克服しようとする手だてに女性の労働力があります。国は、税制面でも就労支援策を出しましたが、西尾市は女性の力・活躍を、まち・ひと・しごと創生総合戦略の中にどのように取り入れ、展開されますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 豊かで活力ある社会を実現するためには、女性の個性と能力が十分に発揮されることが重要であり、仕事と家庭生活との両立を可能とする社会の構築が必要であると考えております。
 今後、迎える人口減少社会において労働力人口が減少していく中、現在、さまざまな理由で働くことが困難な女性が活躍できる環境づくりが求められております。女性活躍推進法の施行に伴い、地域や企業における女性の活躍を加速化させるよう、推進・啓発活動を積極的に行ってまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問ですが、女性が生産年齢人口の半数を占める中、実際は働いていない潜在力、子育てを機に仕事から遠ざかっている女性の職場復帰や働く上での壁を低くする制度、政策を国が打ち出し支援していますが、西尾市独自の女性就労支援策はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部次長(山崎隆文) 現段階では、西尾市独自の女性就労支援は講じておりませんが、女性活躍推進法で規定されました基本原則であります職場と家庭の両立支援と、従来の均等支援を連動させた取り組みが必要であると考えております。女性の就労支援につきましては、女性だけでなく、男性を含めた社会全体の職場風土に関する意識改革や長時間労働の是正など、働き方改革に向けた取り組みも視野に入れ、女性の個性と能力が十分に発揮され、さらに活躍できる社会を実現するため、地域や企業に向けた普及推進、啓発活動を行ってまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(8)人口減少によって、自治体間の行政運営コストの格差を広げています。その対策の1つとして、自治体間の連携した取り組みが必要ではありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 人口減少社会における行政運営において、自治体間の連携は非常に重要な取り組みであると考えております。現在、本市においては、ごみ処理について他自治体と連携した広域処理に向けた協議を行っております。これ以外にも、連携できるものがあれば前向きに検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。自治体間で格差がある医療や介護、保育、人材育成などの連携はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 医療の分野につきましては、後期高齢者医療の事務処理の一部を愛知県内54市町村で広域連合を設置して行っており、国民健康保険では、国の制度改革により保険者の都道府県化を今後、進めていく予定でございます。人材育成の分野におきましては、西三河7市町で階層別に新規採用職員後期研修から現任係長研修を合同で実施しております。他の分野におきましては、近隣市町と担当者会議等の開催により、定期的に情報交換は行っておりますが、広域処理を行うまでの状況には至っておりません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(9)学校のない地域に子育て世代は来ないと言われますが、平成27年1月、文部科学省から小・中学校統廃合の目安となる手引きの通知を受けて、西尾市小・中学校の統廃合の取り組みは今後どのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) 文部科学省からの手引きでは、少子化に対応した活力ある学校づくりのための方策として、学校統合により学校規模の適正化を検討する選択肢と、逆に地域コミュニティの核として、小規模校ならではのメリットを生かす学校づくりが提言されています。西尾市にも、文部科学省が示す適正規模に至らない学校もございますが、小・中学校の場合、児童・生徒の教育のための施設だけではなく、地域の核としての性格も持っていると考えておりますので、後段で申し上げましたように、小規模校としてのよさを生かした学校として教育活動を進めてまいりたいと考えております。そうした意味からも、現時点では市内の学校の統廃合は考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。小規模学校の場合、特徴を生かす授業をどうしていくか、地域の核としての機能と教育をどう組み合わせるかなど、取り組みの余地は大きいし、安定的、継続的な教員確保や施設整備などの支援がなければ、これも難しいことだと考えますがどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(尾崎 智) 先ほどご答弁申しましたように、学校は児童・生徒の教育の場と考えるだけではなく、地域のコミュニティの核としての性格を有するもので、防災の拠点、保育園との交流、地域の世代を超えての交流の場でもあります。そうした特徴を生かした教育の推進が、今、まさに求められているところであります。
 また、学校教育は、未来の担い手である子どもたちを育む営みであり、まちづくり、地域づくりのあり方に通じるものでなければなりません。そうした特徴を生かした、その地域ならではの特色を生かした教育活動を進めていくとともに、指導者、施設の整備についても各校それぞれ公平に対応していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(10)地域の魅力あるまちづくりは、企業を誘致して雇用を確保しようという発想から、西尾市でなければできないものへの提供が求められるところであります。その考えや取り組みは、どのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 魅力あるまちづくりを進めていくためには西尾市でなければできないもの、すなわち西尾市の特性や地域資源をまちづくりに生かしていくことが必要であると考えております。本市には全国でも有数の生産量を誇る農業、漁業といった特色ある1次産業や、風光明媚な自然や歴史・文化などの豊富な観光資源を初めとするさまざまな地域資源がございます。取り組みの一部を例示いたしますと、西尾の抹茶は特許庁の地域ブランド及び農林水産省の地理的表示保護制度GIへの登録など、他の産地と差別化を行い、ブランド力を生かして国内だけではなく海外での販路開拓につながるようにPRを行っております。このような西尾市ならではの特色を生かした取り組みを、今後とも推進してまいります。
 なお、企業誘致につきましても、本市の特性の1つである自動車関連産業を中心とした産業集積力を生かした取り組みでありますので、引き続き推進してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。これからの成長産業は6次化であります。西尾市の6次産業化への取り組みはどのようですか。都市には大学などの高等教育機関や芸術文化などの魅力がありますが、西尾市のまちづくりに、このような都市の魅力が必要ではありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 産業部関係分について、ご答弁をさせていただきます。
 議員ご指摘のとおり、6次産業化はこれからの成長産業であると認識をしております。本市における、これまでの取組み事例といたしましては、農事組合法人レインボーのバラジャムなどの事例がございますが、新たな取り組みにつきましては今のところ把握しておりません。
 今後、農畜水産業者から相談がありましたら、愛知県や国の6次産業化サポートセンターと連携し、支援をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 企画部関係分について、ご答弁申し上げます。
 大学などの高等教育機関や芸術文化は、都市の魅力につながる重要な要素であると認識しております。しかしながら、大学等の高等教育機関につきましては、少子・高齢化に伴い競争による淘汰の状況を呈するとともに、都心回帰の方向に向かっておりますので、本市の大学等誘致は非常に難しいと考えております。
 本市には、長い歴史の中で築き上げてきた多くの文化や伝統がございます。また、世界に誇る文化施設である岩瀬文庫は貴重な財産であります。これらの地域資源を活用することで、本市の魅力あるまちづくりにつなげていくことが必要であると考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(11)人口減少社会で目指す姿は成熟した社会で、求められるのは人のつながりと考えます。世代間で支え、支えられていけば高齢者も子育てもうまくいくのではありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 家庭・地域住民・行政・学校・企業など、あらゆる社会の構成メンバーがつながり合い、世代を超えて支え合うことができれば、子育て世代や高齢者を初めとする多様な世代が生きがいを持って、安心して暮らしていけるものと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(12)人口減少や少子・高齢化が進むまちで、都市機能を集積し、行政サービス費の増加を抑えることを目的に公共施設や医療施設、商店などが集まり、徒歩や自転車などで暮らせる新たなまちづくり、いわゆるコンパクトシティ構想を考えてみませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) 新たなまちづくりとしてのコンパクトシティ構想でございますが、平成26年3月に策定した都市計画マスタープランの中に、身近な生活圏で快適に暮らせる集約型の都市構造を目指すという方向性を示しております。
 なお、集約型まちづくりの必要性を検証するため、平成28年度から都市機能や居住区域の現状分析を始めており、本年度は、適正な立地に対する将来像の検討及び課題の整理を実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 議題2 障害者スポーツの現状と取り組みについて質問いたします。
 障害のある人のスポーツ活動は、障害の進行の予防や軽減、現状の機能の維持、増進の効果を初め、社会参加の増大や積極的で豊かな生活を送ることが期待できるものではないかと思います。今日の障害者スポーツの推進は、スポーツ基本法や文部科学省のスポーツ基本計画、そしてスポーツ性の強い障害者スポーツ需要を、文科省のスポーツ政策として一体的に進められているところであります。西尾市にあっては、平成26年3月策定の西尾市スポーツ推進計画で取り組まれているところでありますが、平成32年東京パラリンピックの開催を契機に、さらなる障害者スポーツに対する支援の動きが盛んになってほしいと願うものであります。
 そこで質問をいたします。質問要旨(1)平成26年3月策定の西尾市スポーツ推進計画、障害者のスポーツ推進を見ると、現状では障害者のスポーツ活動の機会は少なく、障害者のスポーツの情報提供も不十分とあります。西尾市や西尾市教育委員会、西尾市体育協会などにおいて、障害者スポーツに取り組む団体や個人、企業などの活動は把握されていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 障害者スポーツ団体として、くるみ会が不定期ではありますが、総合体育館やB&G海洋センターを会場として活動をされています。
 なお、年1回、B&G海洋センターで、西尾市社会福祉協議会が主催する運動会を開催しています。
 また、個人が募集したクラブではありますが、B&G海洋センタープールを利用したすいすいクラブが、毎月第2日曜日に活動されています。
 一方、社会福祉協議会のスポーツクラブ紹介では、アイ・ホープ・フレンズの盲人卓球、西尾パール卓球クラブが西尾市総合福祉センターを会場に活動をされています。さらに、西尾身障協会グラウンドゴルフ愛好会が矢作古川グラウンド場で活動をされています。
 今後も、障害者スポーツ団体や個人の活動状況を把握し、安全に活動できるよう支援をさせていただきます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。把握されている5団体は、もう少し活動範囲を広げた、あるいは競技性の強い上部組織へ加盟し、活動されていませんか。西尾地区や一色地区、吉良地区に総合型地域スポーツクラブがありますが、障害者の受け入れやPR、西尾市との連携はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) スポーツ課が把握しております障害者の5団体につきましては、競技性の強い組織への加盟はしていないということでございました。総合型地域スポーツクラブには、今のところ障害者を受け入れる教室はございませんが、今後、総合型地域スポーツクラブとも情報を共有し、検討していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(2)スポーツ基本法や文部科学省のスポーツ基本計画、さらに平成26年度にはスポーツ振興の観点が強い障害者スポーツ事業が、厚生労働省から文部科学省に移管され、スポーツ政策として一体的に障害者スポーツが推進されているところであります。そこで、西尾市も遵守しながら充実させることが重要と考えますが、どのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 厚生労働省から文部科学省に移管されたことによりまして、今後は競技としての障害者スポーツ事業が発展していくと考えられます。本市としましても、参加者のニーズを把握し、施設整備の充実や大会開催に向け努力をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。今後、平成32年開催の東京パラリンピックが機運となって、国内や県内、市内においてますます障害者スポーツが盛んになってくるものと考えます。西尾市は、障害者スポーツに対する認識を新たにし、その取組み姿勢が求められますがどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 議員がおっしゃられましたように、障害を持った多くの方々が東京パラリンピックを目指していくことが予想されます。リオパラリンピック柔道で銀メダルを獲得した広瀬 誠選手のような西尾市出身者が活躍されることは、誠に誇らしいことであります。
 今後、本市関係者からもパラリンピックに出場できるように期待し、支援してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(3)障害者スポーツへの取り組みには、種目により特に施設や用具などの整備も必要でありますし、指導者やボランティアの協力、支援などが必要になってきます。ハード面、ソフト面ともに整備状況や見通しはどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 障害者に配慮したスポーツ施設の整備、いわゆるハード面につきましては、改修及び整備の際に利用しやすい施設を目指し、バリアフリー化を初め、トイレ、更衣室、エレベーター、案内板など設備の充実を計画的に図ってまいります。具体的には、公共施設再配置第1次プロジェクトで整備する、仮称ではございますが、きら市民交流センター支所棟、きら市民交流センターアリーナ棟、きらスポーツドーム、寺津温水プール、改修します一色町体育館などはユニバーサルデザインを採用し、全ての方を対象に使いやすい公共施設の整備を進めてまいります。
 ソフト面につきましては、社会福祉協議会など関係団体と連携を密にし、指導者やボランティアの協力、支援などを積極的に行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。施設のバリアフリー化は、今や標準です。それよりも、障害者が1人でも多くスポーツに興味を持って参加してもらうためには、西尾市において競技備品や用具などを計画的に準備することや、指導者を初め、ボランティアの協力が必要でありますが、どのようですか。障害者スポーツに取り組む場合の問題や課題は、どのように認識されておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 障害者を含め、多くの方々にスポーツに興味を持っていただくためには、安全で利用しやすい施設であることはもちろんのこと、備品や用具などの十分な整備が必要であると考えております。
 また、議員ご指摘のとおり、障害者の方々がスポーツをするには指導者やボランティアの協力が不可欠であります。さまざまなニーズを把握し、社会福祉協議会など関係団体と連携を密にし、問題や課題に対処してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 質問要旨(4)障害者スポーツの推進に当たり、愛知県や隣接市との協力体制はどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 平成24年4月に第35回愛知県聴覚障害者体育大会が、一般社団法人愛知県聴覚障害者協会の主催で、西尾市総合体育館を初め市内の施設で、卓球を初め10種目が開催されております。障害者スポーツの推進体制を構築するためには、各地域の実践の場において、行政、学校、スポーツ団体、障害者福祉団体、企業など、障害者スポーツに携わるさまざまな分野の協力体制を目指していくことが必要であると考えておりまして、今後も努力をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) 再質問です。西尾市は2年前、愛知県聴覚障害者体育大会を経験されており、これからの西尾市障害者スポーツの推進に役立てるべき機会だと思いますが、どのようですか。その大会で10種目にかかわった体育協会各部から、これからの障害者スポーツの普及・促進に対する参考意見や要望はどのようでしたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 大変恐縮でございますが、まず先ほどの答弁に誤りがございましたので訂正をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 先ほど、第35回愛知県聴覚障害者体育大会と申し上げたところで、平成24年4月と申し上げたようでございます。大変恐縮でございます。正しくは、平成27年4月に開催された第35回大会でございます。おわびして訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。
 質問要旨(4)の再質問でございますが、今大会を経験しましたことは、今後、本市で障害者スポーツ開催の依頼があったときに生かせることでありまして、大会開催においても積極的に協力をしてまいります。体育協会各部からは、初めての取り組みであり、わからないことも多くて苦労しましたとのことでありましたが、障害者スポーツの調査研究を行うとともに、そこで得た知識や情報を共有し、障害者スポーツに対する認識を深めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(永山英人) これで、一般質問を終わります。
      〔12番 永山英人 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 永山英人議員の質問は終わりました。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 次回は5月11日木曜日、午前10時より再開することとし、本日はこれにて散会します。
                            午後3時04分 散会