議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成29年6月定例会(第2号) 本文




                            午前10時00分 開議
◯議長(田中 弘) ただいまの出席議員は全員であります。よって、会議は成立しました。これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第2号により行います。
           ─────────────────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第1 一般質問を行います。
 質問の順序は、さきに送付しました一般質問の議題の順序により行います。
 なお、質問に先立ち、質問者と答弁者にご注意申し上げます。質問者は簡単明瞭に、しかも議題外にわたらないよう、答弁者にあっては質問の趣旨に沿い、明瞭に答弁していただくようお願いします。質問方法につきましては一問一答式により行い、質問時間は答弁を含め60分とします。
 これより順次、質問を許します。
 質問第1、1. ヘルプマークやハート・プラスマークの普及と啓発について、2. シティプロモーションについて、3. デマンド型乗合タクシー「いこまいかー」について、以上3件、中村 健議員の質問を許します。
      〔1番 中村 健 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 至誠クラブの中村 健です。初めて登壇させていただいた4年前の一般質問、そのときの質問順位も1番でした。そして、任期中最後となる本定例会においても、トップバッターを務めさせていただくことになりました。政治の原点に立ち返り、政治的な弱者やマイノリティーの視点、また目の前のことだけでなく広く西尾市の将来を考えた視点から、4年間の集大成として臨む所存であります。
 それでは、議長からお許しをいただきましたので、市議会6月定例会3議題8項目について質問させていただきます。
 議題1 ヘルプマークやハート・プラスマークの普及と啓発について、お尋ねします。
 ヘルプマークと聞いて、どのような目的でつくられ、どのような形をしたマークなのか、わかる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。自分自身、つい数カ月ほど前までは詳しく知らなかったのですが、心臓に疾患を抱える方からご相談いただいたのを機に、その存在について深く知りました。ヘルプマークというのは、東京都の福祉事業としてつくられたもので、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方または妊娠初期の方など、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたマークをいいます。もともとは東京都のみで通用するものだったのですが、マーク自体の意を酌み取り、次第に他の都道府県や市町村においても普及と啓発がなされるようになってきました。
 一方、ハート・プラスマークというのは、内部障害や内臓疾患といった、外から見るだけではわからないハンディキャップを抱えた方の存在や周囲の理解を広めるためにつくられたもので、趣旨としてはヘルプマークと同様のものであると言えます。
 そこで質問です。質問要旨(1)ヘルプマークやハート・プラスマークの普及と啓発について、市の取り組みはどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 聴覚障害、内部障害、知的障害などを持っていることを知らせるヘルプマークやハート・プラスマークの普及と啓発についての市の取り組みでございますが、毎年、聴覚障害者マークや視覚障害者マークなどの障害者に関するマークを、市の広報やホームページに掲載して周知を図るとともに、身体障害者手帳交付の際や福祉まつりなどのイベントを利用して、市民への周知に努めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) ヘルプマークやハート・プラスマークについては、周囲の支援や配慮が必要となる、いざというときに円滑にコミュニケーションができるようにとつくられたカードがあります。カードの表面は、ヘルプマークやハート・プラスマークのマークがついておりまして、裏面には、こういった不自由がありますとか、こういったことが苦手です、またこういったことをしてくださいというように、それぞれの方が、いざというときに必要とする情報が書き込めるようになっています。特定のハンディキャップをお持ちの方については、正々堂々と周囲に支援をお願いすればよいのではないかという考えもあるかと思いますけれども、なかなか奥ゆかしい日本人の性格にあったといいますか、普段からカードとして携帯できるということで、その人自身の安全・安心にもつながるということで、質問要旨(2)に移りますが、ヘルプカードやハート・プラスマークカードの配布について、他の自治体における状況はどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) ヘルプカードやハート・プラスマークカードの配布について、他の自治体の状況につきましては、衣浦5市及び岡崎市に確認したところ、現在、ヘルプカード等の導入は行っておらず、また今後も導入の予定はないとの回答でありました。
 なお、愛知県下の自治体の導入状況といたしましては、名古屋市の東区、昭和区、熱田区、常滑市、長久手市、武豊町などが導入していると確認しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 自分自身、これまでハンディキャップをお持ちの方の何人かから、西尾市でもカードの配布をしてほしいという要望をいただきました。例えば、電車に乗っているときに発作が起こってしまったときにカードを携帯しているか否かで、生死が下手をしたら大きく変わってくる可能性もあります。そういう意味で、西尾市でもヘルプカードやハート・プラスマークカードの配布をしてほしいと思うのですが、市の考えはどのようですかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) 障害がある方の障害程度は千差万別で、支援方法も異なる中、支援方法を記載したヘルプカードやハート・プラスマークカードは有益であると考えております。ヘルプカードやハート・プラスマークカードの作成及び配布につきましては、近隣市ではまだ導入は行っておりませんが、近隣市の今後の動向も注視しつつ、前向きに検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 昨日、我が家で第1子が誕生したんですけれども、妊娠期間中に妻と一緒に電車に乗る機会が何度かありました。電車には優先席が設けられていて、妊娠なども含めたハンディキャップのある方というのは、堂々と席を譲ってもらえばいいのではないかと思ってしまう自分もいたんですけれども、実際、本人に聞いてみると、なかなかそういうことは言い出しにくいということですし、周囲が率先して席を譲ってくれるかというと、なかなかそうとも限らないということで、弱い立場にある方の視点に立ってヘルプカードですとか、ハート・プラスマークカードの配布について前向きに考えていただけるということで、大変ありがたいです。
 それでは、次の議題に移ります。
 議題2 シティプロモーションについてお尋ねをします。
 日本全体が人口減少局面に突入し、少子・高齢化が進む中、地方自治体においては税収の低下や社会的な活力の低下が懸念されています。こうした状況下において、持続的な発展を可能とするためには都市間での競争が厳しくなる中で、住民や企業に選ばれる地域になることが重要です。そして、選ばれる地域になるためには産業の振興ですとか、生活環境の充実といった取り組みにより、その地域の魅力を高めるだけではなくて、その魅力を効果的に発信し、適切に伝えるということが不可欠であり、そういった意味から近年、シティプロモーションに対する注目が高まっています。
 そこで質問です。質問要旨(1)定住促進を進めていく上で、他の自治体と比較しての西尾市の強みはどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 本市が位置する西三河地区は、自動車関連を中心とした産業集積力を持つ全国有数の地域であることから、全国から人口が流入しており、多くの移住者が見込める状況にあることは、本市を含む地区全体の強みであると考えております。
 また、西三河地区の他の自治体と比較いたしましても、保育園・幼稚園の給食費の無料化や出産一時金の上乗せ給付など、西尾市独自の充実した子育て支援策や美しい海、山、川に囲まれた自然環境のよさ、手ごろ感のある土地価格は本市の強みであると認識しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) それでは、次の質問に移ります。
 質問要旨(2)昨年度実施したシティプロモーション事業について、取り組みの詳細と成果はどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 移住定住の促進を目的としたシティプロモーション事業を推進するためのツールとして、パンフレット、ポスター及びウェブサイトを作成いたしました。また、市役所市民ロビーにPRボードを設置し、来庁者に西尾市への移住定住のPRを行いました。パンフレットにつきましては、市内の不動産取引業者、市内や近隣市の住宅展示場及び大手製造業の福利厚生部門等に配布し、新たな住宅取得を目指す子育てファミリー層を中心に、西尾市への移住定住をアピールしてまいりました。
 現時点では、目に見える形での成果はまだございませんが、継続して取り組んでいくことが大切であると考えておりますので、今後とも地道にPR活動等を推進してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) ただいまの答弁で、パンフレット、ポスター及びウェブサイトを作成したとのことですが、パンフレットやポスターの印刷物ですとか、ウェブサイトのアクセス数はどれほどですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) パンフレットにつきましては2,000部、ポスターにつきましては300部作成いたしました。また、ウェブサイトのアクセス数につきましては、運用開始しました平成28年11月から平成29年3月までに5,905件のアクセスがございました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 現時点では目に見える形での成果はないとのことですが、シティプロモーションについては即効性を求めるようなことでもないと思いますので、戦略的かつ地道に取り組みを続けていっていただきたいと思います。
 そこで、次の質問になりますが、今年度、予定している取り組みはどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 引き続き、若い子育て世代を中心にパンフレットを配布していくとともに、新たに宅地物件情報等を閲覧できる仕組みをウェブサイト上に構築し、地価の安さをPRするとともに、SNS等を利用した情報の拡散を進めていくことを予定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) これまでの取り組みの内容を伺っていますと、西尾市の存在を知らない方に対してのプロモーションという意味では、まだ少し弱いのかなという気がします。あるシンクタンクのコラムによりますと、シティプロモーションには幾つかの段階があるそうで、ステップ1は自治体の認知度を高める、ステップ2は情報交流人口の拡大、ステップ3は交流人口の増加、そしてステップ4として定住人口の獲得とありました。シティプロモーションについては、西尾市においては便宜上、企画部企画政策課の所管となっておりますが、例えば他の部署の取り組みを見ていますと、産業部の商工観光課では市外、県外で積極的に観光協会と一緒にプロモーション活動を行っていますし、企業誘致課では県外で開かれる展示会等にも出展をしております。
 そこで、先ほど申しましたステップ1とかステップ2を強化するための提案といたしまして、これら県外における観光や企業誘致等のイベントにおいて、観光とか企業誘致という特定のテーマだけに絞ってやるのではなくて、もう少し西尾市というまち全体を売り込む移住定住のシティプロモーションも、あわせて行っていく考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) シティプロモーションを推進する機会の1つとして、観光や企業誘致のPRイベントを利用することは、わずかなコストでPRすることができると思いますので、今年度から実施してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) それでは、次の議題に移ります。
 議題3 デマンド型乗合タクシー「いこまいかー」について、お尋ねをします。
 多くの人が移動をマイカーに依存する現代社会においては、公共交通は大変厳しい状況に置かれ、特に地方においては鉄道やバスの利用者の減少に歯どめがかからず、採算ベースでの運営は困難な状況にあります。これまで国や地方自治体の補助制度により、各地において路線維持がなされてきてはいるものの、そのことを加味しても財政状況の悪化などにより、今日では維持さえもが難しくなりつつあります。
 その一方で、社会の少子・高齢化はますます進行し、マイカー依存型の社会に限界が見える中で、免許を返納した高齢者を初めとして、公共交通に対する期待は大きくなっています。その中でも特に期待されるのが、従来型の鉄道やバスのような公共交通機関を補完する役割を持つデマンド型交通と呼ばれるものです。デマンドは、利用、要求という意味を持ちますが、デマンド型交通では駅やバス停まで歩く必要がなく、利用者個々の需要に応じて柔軟な運行ができ、よりドア・ツー・ドアのサービスに近づくことから、特に高齢者等にとって大きなサービス向上につながります。
 また、予約がなければ運行はされないため、いわゆる空気を運ぶ無駄を省くことができ、経費節減、財政負担の軽減につながるというメリットもあります。
 そこで質問です。質問要旨(1)市内の公共交通体系における、デマンド型乗合タクシー「いこまいかー」の役割はどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) デマンド型乗合タクシー「いこまいかー」は、平成24年10月から市内の公共交通空白地域解消のため運行を開始しております。自宅から公共交通の幹線である鉄道駅またはバス停留所へアクセスすることで、交通不便地区の住民の交通手段として重要な役割を担っているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 質問要旨(2)「いこまいかー」運行事業の収支について詳細はどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 「いこまいかー」運行事業の収支でございますが、平成27年度の運行につきましては、経費が85万7,400円、収入が30万5,200円となっており、国庫補助金10万9,000円を差し引いた44万3,200円が市の負担となっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) それでは、次に移ります。
 質問要旨(3)「いこまいかー」の利用者数について、近年の推移や地域ごとの詳細はどのようですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 「いこまいかー」の利用者数でございますが、平成25年度は922人、平成26年度は1,183人、平成27年度は1,095人と推移をしております。平成27年度の利用者の多い地域を申し上げますと、白浜地区467人、荻原地区231人、三和地区109人となっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) さきに答弁していただきました質問要旨(2)の内容とあわせて考えますと、およそ利用者1人当たりの市の負担額が400円といったところかと思います。
 では再質問ですが、「いこまいかー」の利用状況について、年齢層別の内訳ですとか、主な用途というか目的地ですとか、リピーターの割合などは把握をしていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 平成25年度に実施いたしました利用実態調査では、全利用者のうち、およそ70%が65歳以上となっており、50歳代が17%、60歳以上65歳未満が8%となっております。主な用途につきましては、通院目的が約4割、買い物、食事目的が約3割となっております。そのほかは、帰宅等の目的でご利用をいただいております。また、リピーターの割合についてでございますが、平成27年度実績では全利用者のうち、およそ8割の方が2回以上のご利用をいただいております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 質問要旨(4)吉良地区での「いこまいかー」運用における変更点はどのようですか、お尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 吉良地区公共交通協議会からの提案を受けまして、利用者の利便性向上のため、現在、自宅から駅までの間となっている目的地を、公共施設等に拡大することを予定しているところでありまして、今年度中の少しでも早い時期に実施できるよう、市が運行事業者との協議を進めているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 再質問です。ただいまの答弁において、目的地を公共施設等に拡大するとありました。先ほどの答弁において、利用者の主な用途として通院目的が約4割、買い物、食事目的が約3割とのことでした。また平成27年度に、自分自身が当時所属していました経済建設委員会で、デマンド型乗合タクシーについて勉強するために、行政視察で福岡県の八女市というところに行ってきました。八女市では、市内を幾つかのエリア分けをした上で、エリア内においては自宅から好きなところに行けますというサービスをしていて、その中で八女市独自のアンケート調査の結果を教えていただいて、それを見ますと約50%ぐらいが医療・福祉施設で、20%強が商業施設ということでした。ただいまの西尾市における状況等とあわせて考えてみますと、お医者さんですとか、スーパーなどを目的地として追加することができれば、潜在的な利用者の7割ぐらいは解決できるというか、ニーズを満たすことができるのかなと思います。例えば、吉良地区において、医療機関ですとか日用品の買い物ができるスーパーなども、目的地として選択できるようにするという考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 目的地の拡大につきましては、吉良地区公共交通協議会から提案された目的地には、公共施設以外の案も含まれており、提案をもとに利便性の向上を目指し、事業者と現在、調整を行っているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 吉良地区においては、地区で協議会が設立されて継続的に協議がなされてきた結果として、今回のようなサービスの改善につながろうとしています。地元の方々のご尽力には本当に頭が下がりますし、地元の意見を反映させるということの重要性を否定するつもりは毛頭ありません。
 その一方で、社会の少子・高齢化が進行していく中で、公共交通サービスをどうするのかというのは、緊急性も重要性も非常に高い政策分野であると考えています。地区で協議会が設立されて、地元での協議がまとまったからサービスの運用を変更しますというのは消極的な姿勢だと正直思っていて、そういう姿勢で取り組むのではなくて、市内全域における公共交通サービスのあり方について、行政としてもっと主体的に取り組んでいただきたいです。例えば、「いこまいかー」以外にもくるりんバスがあります。くるりんバスであれば、現状を見ていると1路線開設すれば千数百万円の赤字となりますし、民間の路線バスとくるりんバスの運賃格差の問題などもあります。どの地域に、どういった交通網を敷くのがいいのかというのは、全体の中で考えられるというのが行政の強みだと思いますし、そういった部分での役割が期待されているのかなと思います。
 そこで、最後の質問になりますが、例えば吉良地区における「いこまいかー」のサービス改善については、1地区だけにとどめてしまうには惜しいです。一定期間、実証実験のような形で運用をして、その結果を分析した上で、市内全域におけるサービスの拡充として広げていくような考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 吉良地区における「いこまいかー」のサービスの改善につきましては、吉良地区での新たなサービスを運用しながら検証、分析をし、よりよいものにしてまいりたいと考えております。
 また、吉良地区の事例を市内全域に拡大することにつきましては、西尾市地域公共交通計画に記述しておりますとおり、みんなで公共交通を守り、育てる体制をつくることが基本となっておりますので、地区公共交通協議会を設置していただき、地域の交通事情を一番理解してみえる地区からの提案を受けてまいりたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(中村 健) 以上で、一般質問を終了いたします。ありがとうございました。
      〔1番 中村 健 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 中村 健議員の質問は終わりました。
 質問第2、1. 婚活支援について、2. 利用しやすい公共施設について、以上2件、本郷照代議員の質問を許します。
      〔6番 本郷照代 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 桜をめでる季節もいつの間にか移り、若葉が目にしみるころとなりました。4月の本日、通告いたしました2議題8項目について一般質問をさせていただきたいと思います。
 昨今、何々活という言葉が非常に大はやりのような感じがいたします。就職活動から始まった就活、そして人生の終末期を心置きなく迎えようという終活、そしてまた若いママたちが働き始めるのに無事に保育園に入れますようにという活動を保活、そしてまた我が家でもありましたけれども、不妊治療を含めた妊娠を望む人たちに関しての活動、妊活という、本当にとどまるところを知らない感じがいたしますけれども、本日は婚活ということで取り上げさせていただきたいんですけれども、これはひいては西尾市全体の、先ほど中村議員の定住化促進にもつながる大きな問題だという認識で、議題1 婚活支援についてとしてお伺いをいたします。
 早速、質問要旨(1)として伺いたいと思います。平成28年度に西尾市として初の婚活支援事業を行いましたが、実施状況はどのようだったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 婚活支援事業といたしましては、セミナーと交流会をセットにした婚活イベントを、昨年度の11月及び1月の計2回開催いたしました。両開催とも、男女それぞれ約20名の参加があり、2回合わせて20組のカップル成立となりました。参加者には事前にセミナーを受講していただき、交流会の前に婚活の心構えを学んでいただいたことが、高いマッチング数につながったものと考えております。
 また、これ以外にも県が運営する結婚支援ウェブサイトに、イベントやセミナーを実施する出会い応援団として西尾市も登録し、本市開催の婚活イベントの告知を行うとともに、同サイトを活用して従業員の結婚支援に取り組む婚活協力団体への登録制度を市内事業者に周知いたしました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 2回やっていただいて、それぞれ男女20人ずつの参加があって、そのうち合わせて20組のカップルが成立したということは、なかなかの高い成功率だなと感心しているんですけれども、数字だけを伺いまして、その方たちが全て結婚まで至ったかどうかということは、追跡をしていないということでありましたけれども、それでもこれほどの高い成功率、カップルとしての成功率が高いということは、事前のセミナーにあると分析していらっしゃるようですけれども、その点を再質問いたします。
 事前セミナーについて効果が高かったとのことですが、内容はどのようなものでしたでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) セミナーでは、専門の講師から参加者が事前に実施した個性分析テストの結果をもとに、自分が内向的であるのか、外向的であるのかなど、自分自身の本質を知っていただいた上で、自分に合うタイプの異性はどのようなタイプであるかといったことを紹介いたしました。
 また、異性とのコミュニケーションの取り方として、好感度が上がるように服装の注意点や表情のつくり方、会話を盛り上げるためのコツなど、婚活の基本的なポイントを重点的に習得していただきました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) まず、おのれを知るというところから始まるわけですね。加えて、服装や表情のつくり方、そしてまた会話術に至るまで、まるで一昔前にはやった花嫁花婿学校のように、至れり尽くせりの感がいたしますけれども、私たちの世代からするとそんなことと思えるようなことまで、現代の若者というのは教わりたい、教えてもらいたいと思っているのかなという気もしています。それは、非常に情報化社会と言われる中で、全く情報過多の中で本当に必要な求めている情報が、彼らの手元に届いていないのかなという気も、今、ご答弁を伺いまして思いました。
 それでは、次の要旨に入っていきたいと思います。
 質問要旨(2)として、婚活支援事業参加者の意見や感想はどのようだったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 参加者へのアンケート結果では、異性とのコミュニケーションのコツや第一印象をよくする方法が理解できた、民間の婚活イベントより雰囲気づくりがよいといった声をいただくなど、おおむね満足したとの意見が大半でありました。
 また、今後の事業継続、回数の増加、定期的な開催に対する要望も寄せられております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) さまざまな感想が寄せられていることがわかりました。しかも、前向きというか、よい感じの感想が多かったということがわかりました。
 もう少し、その点についてお伺いをしたいと思います。雰囲気づくりがよいとの声を参加者からいただいていますけれども、どのようなことがよかったのか分析していらっしゃいますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 交流会では、事前に行った個性分析テストの結果をもとに、参加者の相性を考慮してグループ分けするとともに、講師やスタッフがおせっかいサポートと称して、参加者同士のコミュニケーションを積極的に仲介することで、話しやすい雰囲気をつくりました。
 このように、参加者ごとの個性を考慮して対応したことが、雰囲気づくりがよいという結果につながったものと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) おせっかいサポートとは、本当に巧妙なネーミングだと感心するんですけれども、よい雰囲気づくりというのが受託された事業者の手腕によるものなのか、また市が行う、あるいは公が行うということに対する安心感といいますか、信頼感からくるのかなというのは定かではないんですけれども、お話を伺っただけでも、その場の雰囲気が目に浮かんでくるようなんですけれども、それでは質問要旨(3)に移りたいと思います。
 平成29年度以降は、婚活支援事業をどのように継続、そしてまた発展していくお考えでみえますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 定員を超える多くの申し込みがあったことやアンケートの結果を踏まえ、平成29年度は婚活イベントの開催回数をふやすなど、支援の充実を図ってまいりたいと考えております。また、県が運営する婚活支援ウェブサイトへの一層の登録のあっせんを市内企業に行うなど、結婚を望む男女の出会いの場を積極的に提供してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 実際、申し込みにあぶれてしまった、申し込みが終わってしまったというお声を幾つか伺いました。そしてまた、次はいつですかというふうなお問い合わせも複数いただいております。先ほども申し上げましたように、自治体が行うということの参加者の安心感というのは、本当に捨てがたいものだなと改めて思いましたけれども、今年は、平成29年度以降は回数をまずはふやしていくと、そして支援の充実を図っていくということでありますので、もう少し詳しく、その点についてお伺いをしたいと思います。
 再質問といたしまして、ほかの自治体では料理づくりだとか、果物の収穫などを介した体験型の婚活イベントを開催されております。西尾市も、これらの要素を取り入れていくお考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 他の自治体における先進的な取り組みにつきましては、本市にとってもメリットのあるものは取り入れていく必要があると考えております。体験型の婚活イベントにつきましても、今後、調査研究してまいります。
 また、平成29年度の本市の婚活事業につきましては、昨年度の取り組みが大変好評であったことから、内容は昨年度と同様とし、回数をふやしていくことを優先することで、限られた予算を最大限生かしてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 西尾市にとってメリットのあるものと、今、ご答弁ありましたけれども、これまで行われていた農家のお嫁さん募集のような事業を念頭に置いてのご答弁かと思うんですけれども、それはまさしく体験型のイベント、婚活イベントでありまして、ともに何かを行う、つくる、食べる、飲むといったところから、その人となりが非常にわかってくる、見えてくるというものだというふうに思います。よいとか悪いということではなくて、人生をともにするというのはそういうことでありますから、そういうことの繰り返しを経て伴侶となっていくわけですから、体験型に関しては農家とか酪農家に限らず、市内にいろいろな業種の事業所がありますから、商工業者とコラボしてできるような気もするんです。ですから、他市の事例をじっくり研究していただいて、もう少し充実も図っていただきたいなと思います。
 もう1点だけ、お伺いします。今後の拡充策の中で、結婚に関してのサポートセンターのようなものを創設するというお考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 他市の先進事例では、大型商店施設に婚活のためのサポートセンターを設置し、結婚相談や各種イベントの企画等の未婚対策に取り組んでいる例もございます。一定の効果は期待できるものと思いますが、新たな施設の創設には費用の課題もございます。
 今後、有効性や費用対効果など、サポートセンターの創設につきましては調査研究してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 費用対効果という言葉を出されると、なかなか二の句が継げなくなってしまうんですけれども、むしろ常設ということではなくて、例えば登録制度というようなものをつくって、結婚を望んでいる人、あるいは求めている人、先ほど県には事業者を登録する制度があるとおっしゃいましたけれども、登録制度なら、それほど負荷がかからないのではないかなと思っておりますけれども、さきの体験型とあわせて、この点はじっくり研究していただきたいなと期待しまして、質問要旨(4)に移ってまいりたいと思います。
 質問要旨(4)としまして婚活支援事業を、究極、定住化促進へとつなげていく方策をどのように考えていますか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 婚活イベントで晴れて結婚していただけることになっても、西尾市に住んでいただかなければ定住化にはつながってまいりません。
 今後は、イベント開催時のセミナーにおいて、シティプロモーションブックを配布するなどして、西尾市のよさをPRする機会を設け、将来的な西尾市への定住につなげてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) まさに、先ほどの中村議員に対する答弁と重なる部分があるわけですね。シティプロモーションということに関係が出てくるということです。
 再質問に入らせていただきますけれども、西尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標の3、方向5、施策13の項に活動を通じた出会いの場づくり云々とありますけれども、地域での活動に若者を誘い込むということは非常に有効な手段と思います。具体的に、何かお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 企画部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 地域のさまざまな活動に参加された若い世代が、その活動を通じて新たな出会いにめぐり会うことができれば非常にすばらしいことだと思います。成人式の実行委員会や祇園祭を初めとした各種のイベントの実行委員会には、若い世代の方にも参加をいただいており、新たな出会いが期待できるものと考えております。
 今後とも、若い世代が参加できるようなイベントの開催を支援していくことは重要であると考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 答弁を伺うにつけ、昔あった青年団組織のようなものが本当に重要な働きをしていたんだなと改めて思うんですけれども、もう1点、再質問をいたします。
 前述の西尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略によりますと、西尾市の未婚率の低さは全国平均と比べて遜色ないと記述されておりました。将来の西尾市の屋台骨を支える若者たちの結婚、出産を支援するのは市の財政にとっても重要事項だと考えます。結婚率や出生率向上についての市長のお考えをお伺いしたいと思いますが、どのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 婚姻率、出生率の向上のためには若い世代が幸せに感じる、住んでよかったと実感できる希望に満ちたまちづくりを目指さなければならないと思います。
 今後も、市を挙げてまちの魅力を向上させるために取り組みを推進してまいりますが、今、若者が結婚をしないという要因は非常にさまざまあります。恐らく、結婚をして将来、子どもを残しても、その子どもたちが幸せになるかというと、幸せが本当に可能かということを本能的に感じていると思います。
 国も今、膨大な借金がございます。昨年の例を挙げますと、国の借金は6月末で1,053兆円ありました。1人当たり830万円、それが9月末には1,062兆円、1人当たり837万円、わずか3カ月で9兆円も借金がふえております。これは、若い世代にツケとして残ってまいります。そういったことを若者たちは本能的に感じて、将来は大変だなという、恐らくそういう気持ちであると思います。
 生き物にとりまして、自分の子孫をいかにたくさん残すかというのが最大の本能でございます。私は、いつも役所へ来るときに、みどり川の周辺を歩いてまいりますが、ちょうど今時分からコイの産卵の時期が始まりますが、1匹の雌のコイを何匹かの雄が後を追い回して自分の子孫を残そうと、そういう行動を起こしております。それが生き物の本能でございます。草花にいたしましても、とにかく少しでも自分の子孫を残すことができるなら、たくさんの子孫を残そうという本能が、今、若者たちに不安を感じさせている1つは大きな原因であると思います。おせっかいサポートというお話も出ました。これも大切なことであると。昔は、おばさんたちがいろいろなご苦労をされて「いい子がいるけど、どうかね」と、お世話をしていただく方がたくさんおみえでした。ですから、そういうことも今からおばさんたち、あるいはおじさんたちにお願いをして、若者たちに1人でも多くの結婚相手を結びつけていただけたらなと思います。行政のやることも非常に大切でございますが、これは日本じゅうでそういう行動を取り上げていくべきだと。人口減少の時代に入ってきております。何としてでも西尾市は、中でも日本一暮らしやすいまちづくりをこれからもしてまいりますので、議員の皆さんもよろしくご協力をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 本当に市長おっしゃるとおり、以前なら必ず地域におせっかいおばさんがいて、幾組みもの縁談をまとめたものでありまして、私の母親も祖母もともにそうでありました。それでいっていたということと、それから国の将来に対する不安というのは確かにあると思います。そうは言っても、国が存亡するかどうかというのは子どもたちが、若者が結婚して出産をしていくということは本当に欠かせないことでありますので、そのことの重要性をもう一度、そういうことまで行政がやらなければいけないのかという批判の声もあるかもしれませんが、むしろそういう事態は、そこまで深刻になってきてしまっているということであります。私もたくさんお見合い写真をお預かりしても、なかなか成立までいきません。若者たちは、とても不安を口にします。でも、1人では食べられないけれども、2人では食べられるというような、昔はそういうこともありましたし、今、市長が力強く市を挙げて応援をしていくということ、それははからずも選ばれる自治体ということになるわけですから、その点はしっかり支援のお言葉、口約束に終わることのないよう、確実で信頼のおける婚活支援を続けていただきたいと確認をさせていただきました。これで、議題1を終わりたいと思います。
 それでは、続けまして議題2ですが、利用しやすい公共施設についてであります。
 超高齢社会の到来とともに健康寿命が延びること、そして豊かな老後生活を楽しむことへの欲求が増していることを実感する今日このごろであります。文教展や公民館フェスタのにぎわい、また各種のスポーツ大会、そしてトレーニングジムのにぎわい、そこに証拠を見ることができます。以前にも増して公共施設の利便性、満足度の向上が求められる時代となってまいりました。
 そこで、議題2につなげていきたいと思います。
 早速、質問要旨(1)に入りたいと思います。
 質問要旨(1)屋内体育施設の利用料が2時間単位となって以来、施設の稼働率はどのように変化をしましたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 屋内体育施設につきましては、全体の12時間を2時間ごとの6区分に分けており、平成27年度の稼働率で申し上げますと、まず総合体育館メインアリーナでは、第1区分の9時から11時が77.6%、第2区分の11時から13時が69.8%、第3区分の13時から15時が71.1%、第4区分の15時から17時が76.0%、第5区分の17時から19時が79.2%、第6区分の19時から21時が87%となっております。
 なお、平成25年度以前の午前、日中、夜間の3区分であったときは、区分ごとの集計はしておらず、1日単位での集計となっておりまして、稼働率は100%となっております。
 次に、中央体育館アリーナの平成27年度の稼働率は、第1区分が98.4%、第2区分が97.4%、第3区分が87.0%、第4区分が96.8%、第5区分が83.8%、第6区分が99.7%となっております。同じく、平成25年度以前は利用率100%であります。
 次に、鶴城体育館の体育場は、鶴城中学校の利用が多いことが特徴でありまして、第5区分が82.1%でありますが、その他の区分では全て90%を超えております。
 いずれにいたしましても、区分変更によっての稼働率に大きな変化はありませんが、ニーズ把握に努め、多くの市民の皆様に利用していただけるよう柔軟に対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 大変丁寧にご答弁をいただきまして、本当にありがとうございます。漠然と、よく利用されているなとは思っていましたけれども、どの時間帯もコンスタントに利用されている、特に中央体育館の利用率が高いということがわかりまして改めて驚きを感じております。冒頭述べたような活況の証拠が、こういうふうに数字にはっきりとあらわれてくるんだなと思いました。
 それでは、高い稼働率というところから湧いてくる疑問について、再質問させていただきたいと思います。
 稼働率が高いようですが、今後の課題はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 体育施設の利用は、団体が利用する専用利用のほかに、予約が入っていない場合は個人でも利用していただけます。また、広く利用していただくために個人利用の場合は、料金を通常よりも利用しやすい設定にしております。しかし、あくまでも専用利用が基本でございまして、個人利用は施設のあいている場合に最小単位での利用でお願いしておりまして、稼働率が高い現状では十分に施設の利用ができない場合もございます。そのようなときには専用での利用もできるため、利用される方に誤解のないよう施設利用に関しましての情報提供に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 専用利用が基本であるという点が、ややもすれば誤解が生じる懸念がありますので、おっしゃるように情報提供と説明には十分留意していただくように申し上げまして、質問要旨(2)に移ります。
 質問要旨(2)ですが、屋内体育施設の利用者からの意見や感想はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 平成26年度より、体育施設の利用区分を午前、日中、夜間の3区分から、2時間ごとの1日6区分に変更いたしました。これは、利用者の利便性を考慮して実施したものでございまして、施行から3年が経過いたしました。変更当時は、利用者から一部戸惑いの声もお聞きしましたが、それ以降、現在まで予約がしやすくなった、余分な時間まで予約しなくなってよかったなど好意的な意見が多く、苦情等は寄せられておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 競技種目によっては、その違いがあるのかなとも思いますけれども、全体的には1日6区分に利用区分を分けたということで、利用者の利便性は向上したというふうに捉えてよいのかなと思いました。
 今後は、質問要旨(1)でご答弁いただきましたようにニーズ把握に努め、多くの市民が利用できるよう柔軟に対応していただけることを期待いたしまして、質問要旨(3)に移りたいと思います。
 質問要旨(3)では、各ふれあいセンター・公民館の利用状況はどのようかお伺いをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 公民館、ふれあいセンターの利用状況につきまして、平成27年度実績で申し上げますと、全館で利用件数は3万1,924件で、利用人数は56万7,365人でございます。平成26年度と比較いたしますと、利用件数で2,048件、利用人数では2万4,035人増加いたしました。増加の主な要因は、平成26年5月に開館いたしました矢田ふれあいセンターの認知度が高まってきたことや、各館で開催しておりますフェスティバルへの参加者がふえたことなどによるものと分析しております。
 なお、平成28年度分は、今後、各館の実績を取りまとめてまいりますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 新しいふれあいセンターができると、その情報は口コミでまたたく間に広がって、それとあわせて利用者の裾野が広がるという感じがいたします。そしてまた、フェスティバルの開催によって人間が本来持っている表現意欲をかき立てると申し上げましょうか、そういうものがそういうところに出てくるあかしかなと思います。
 では、再質問いたしますけれども、ふれあいセンターや公民館によって利用率と申しますか、稼働率にばらつきがあるように思われますが、平準化への対応策をどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 公民館、ふれあいセンターの利用率、稼働率のばらつきにつきましては、各施設の部屋数の違いや近隣において町内会の集会所等があるかないかによって生じてくるのではないかと考えております。利用率、稼働率の平準化につきましては、偶数月及び年度末の計7回、定期的に開催しております館長会議等において、地域ごとの市民ニーズを的確に把握し、生涯学習講座から、さらにはサークル活動への発展等により、貸室のさらなる利用促進を図り、公民館、ふれあいセンターが地域の生涯学習の拠点として充実していくよう努めてまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) まずは生涯学習講座から始まって、サークル活動にうまく発展させていき、貸室の利用促進を図るということが非常に重要になってくるなと思うんですけれども、そのときにキーポイントとなるのが利用料金です。どうしても同じ料金なら、新しいところの方がいいなというのは当然でございまして、今後は老朽した施設の方の利用料金の引き下げということも視野に入れて、利用促進を図っていくのも一手ではないかなとご提案申し上げて、質問要旨(4)に入りたいと思います。
 質問要旨(4)では、公共施設再配置第1次プロジェクトの始動に伴い、改修・建設期間中の各施設利用者の利便性をどのように保っていくか、お伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 公共施設再配置第1次プロジェクトの対象施設のうち、生涯学習課の所管施設では、平成29年4月から一色町公民館で改修工事が始まってまいります。この工事等により、7月までは1階が利用できず、8月から平成30年3月末までは2階と3階が利用できなくなります。このため、市民の皆様には市の広報やホームページで、また公民館を利用いただいております皆様には館内に張り紙を掲示するなどして広く周知するとともに、工事期間中は、ほかの公民館やふれあいセンターの貸室等のご利用をお願いして利便性を保ってまいります。
 一色学びの館におきましては、9月から平成30年3月が改修工事期間となり、休館させていただきます。この期間中は、一色町公民館1階で予約、貸出返却業務をする予定としております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) たとえ半年やそこらであっても、日常生活の潤いとして公民館や図書館へ行くのを楽しみにしている多くの住民がいらっしゃいます。そういう方たちにとって、その施設が使えなくても代替施設で活動の継続が保証されるというふうにお聞きして安堵いたしておりますけれども、再質問いたします。
 ほかの公民館やふれあいセンターの貸室ということですけれども、利用日時や広さなどの問題でスムーズにいかない点もあると推察をされます。どのように対処し、また利用者の公共施設利用満足度の観点から、今後に向けての課題をどのように考えていきますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 一色町公民館の利用者の皆様には、公民館の事務所にお尋ねいただければ、ほかの公民館やふれあいセンターの貸室の定員や使用料などについてお答えをさせていただきます。
 今後、他館で利用申請される際に希望日時に部屋があいていなければ、別の日をご利用いただくか、同規模の部屋がある他の公民館やふれあいセンターをご紹介いたします。公共施設の利用満足度につきましては、利用者の声をお聞きし情報収集に努め、課題を把握分析して問題点等の改善を図ってまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 定員や利用料金の情報提供に努めると、代替施設の紹介に努めるというご答弁をいただきましたので、その姿勢についてはしっかり評価をいたしまして、無事に改修、建設期間が過ごせることを期待したいと思います。
 利用満足度の向上という点に関しましては、利用者の声に絶えず耳を傾けるという姿勢が何よりも重要と思いますので、今のご答弁は、そのまましっかり受けとめたいと思います。
 学びの館については、再質問させていただきたいと思います。一色の学びの館については、一色町公民館の1階で予約、貸出の返却業務をするとのことでありますけれども、スペース的にいたし方ないとはいえ、業務に支障はないと考えてよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 休館中の仮設窓口となるわけでございますが、予約、貸出返却業務について支障のないよう行ってまいります。
 なお、利用者ご自身が図書を検索できる機器の設置も予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 毎日のように図書館に行くのを楽しみにしている高齢者の方も、結構いらっしゃるんですよ。ですから、途切れることのないサービスに努めていただけることを確認できてありがたく思います。そういう方の多くは車に乗れないものですから、よそに行くことができません。また、改修工事を公民館から学びの館に向けて間近に見られるということによって、新装になる図書館に対する期待も増すかなという感じがいたしております。
 もう1点、質問をさせていただくんですけれども、一色の学びの館に関与しているボランティア団体への対処はどのようでしょうか。また、改修後の関与はどのように予定をしていらっしゃいますか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) ボランティア団体にご協力していただいております、おはなし会などの行事については、一色町公民館で実施する方向で調整をしてまいります。また、改修後についても、おはなし会などの行事はボランティア団体にもご協力をしていただき、実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(本郷照代) 平成24年3月に公共施設再配置基本計画が策定されて以来、実にさまざまな局面を経て、ようやく第1次プロジェクトの歯車が回り始めようとしています。本当に不安なこと、心配なこと、気がかりなことは当然ありますけれども、合併後のまちをより住みやすく、活気のあるものにしたい、寂れさせたくない気持ちの方が勝っているというのが、現時点での住民の率直な気持ちだと思います。しっかり見守り、ともに考え知恵を出し合い、そして文字どおり新たなまちづくりのスタートが具現化していくことを願いまして、私の本日の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。
      〔6番 本郷照代 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本郷照代議員の質問は終わりました。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午前11時09分 休憩
                            ─────────
                            午前11時20分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質問第3、1. 西尾市の誇るアサリ産業を守るために、2. 西尾市を支える雇用促進策について、以上2件、松井晋一郎議員の質問を許します。
      〔9番 松井晋一郎 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 西政クラブの松井晋一郎です。通告に従い、2議題6項目について順次質問いたします。
 議題1 西尾市の誇るアサリ産業を守るために。
 愛知県のアサリは、平成16年から10年連続で全国一位の漁獲量で、平成25年の農林水産統計では1万6,063トン、全国シェア約70%と、堂々の日本一となっております。県内では、西三河地区(西尾市、碧南市)の漁獲量89%と多く、続いて東三河地区、知多地区となっております。アサリの漁獲については、三河湾の六条潟などの干潟で発生する稚貝の移植や資源の有効活用、漁場造成、漁場管理など、行政や漁業者の取り組みにより支えられております。また、愛知県漁業協同組合連合会では、平成27年2月に県産あさりをPRするための「あいちあさり」のマークを商標登録し、大漁旗、はっぴ及びのぼりなどをつくり、県産あさりの知名度向上に取り組んでおり、県としても漁業者団体と連携し、県産あさりのブランド力の向上に取り組んでおります。しかし、ここ数年、テレビ、新聞など報道等で皆様御存じのとおり、アサリの漁獲量が急激に減少傾向にあり、2016年の漁獲量はピーク時の約4分の1を下回る見込みとも言われています。さまざまな要因が考えられるわけですが、カイヤドリウミグモという寄生生物が近年大量に発生し、アサリに寄生、捕食したのも漁獲量減少の一因とされております。12月定例会でも取り上げましたが、西尾市の誇る、そして愛知の誇るアサリ産業を守るために、以下、質問をします。
 質問要旨(1)平成27年9月に一色干潟でカイヤドリウミグモが発見されて以来、良質なアサリの漁獲量が激減しています。ここ5年間の漁獲量の推移は、どのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 西尾市の過去5年間のアサリの漁獲量の推移でございますが、市内各漁業協同組合に聞き取りをいたしましたところ、平成24年度は1万5,887トン、平成25年度は1万4,255トン、平成26年度は8,080トン、平成27年度は6,658トン、平成28年度は1,319トンでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問します。この漁獲量の推移から、市の見解はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) アサリ産業につきましては、危機的状況にあると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 質問要旨(2)に移ります。アサリの漁獲量をこれ以上悪化させないために、国、県と連携してカイヤドリウミグモの成体の捕獲駆除をする事業として、水産多面的機能発揮対策事業を実施されますが、この概要と見込まれる効果はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 水産多面的機能発揮対策事業の概要でございますが、海中に浮遊するウミグモの成体を、網をつけたけたを船でひいて捕獲駆除するもので、これに係る人件費、用船料及び廃棄物の処理費用について交付するものでございます。
 ウミグモの生態が解明されていない現状で、効果を見定めるのは難しいところでございますが、この捕獲駆除が現在行うべき最良の方法であると考えておりますので、アサリの稚貝放流とウミグモの捕獲駆除をあわせて実施し、アサリ資源の確保に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問します。県や漁協などとの連携は、どのような内容で行われてきましたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 平成28年度では、愛知県が実施する月1回のモニタリング調査と、各漁協が実施した調査の結果を踏まえまして、捕獲するウミグモの捕獲範囲を定めております。本年度におきましても昨年同様に捕獲範囲を定め、実施時期や実施方法については、市、県水産課、水産試験場、漁協職員及びアサリ漁業代表者と協議して実施をしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 質問要旨(3)に移ります。アサリ産業を守るために、市としてアサリ有害生物駆除対策事業を実施されますが、この概要と漁協との情報共有やスケジュールなどの協議はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) アサリ有害生物駆除対策事業の概要でございますが、ウミグモの捕獲機具の製造や修繕費、消耗品や備品の購入費用などを交付するものでございます。
 漁協との情報共有やスケジュール等の協議につきましては、一色干潟保全会や幡豆地区干潟・藻場を保全する会の総会におきまして、事業計画を説明しております。捕獲駆除の実施人数や時期につきましては、県や漁協が実施するウミグモの発生状況調査結果を参考に、アサリ産業を守るべき効果が得られるよう事業を実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問します。一色干潟保全会と、幡豆地区干潟・藻場を保全する会の構成はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 一色干潟保全会は、衣崎漁協、西三河漁協及び吉田漁協の手三貝協会と、腰マンガ協会に所属する組合員で構成をされております。また、幡豆地区干潟・藻場を保全する会は、幡豆漁協と東幡豆漁協の組合員で構成をされております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問を続けます。事業の実施スケジュールは、どのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) ウミグモの捕獲駆除は、一色干潟では5月から6月、次に7月下旬から8月、3回目が10月中旬から12月上旬を計画しております。幡豆地区干潟・藻場を保全する会では、5月から12月上旬までの不定期で行いますが、いずれも実施時期や捕獲範囲などはウミグモのモニタリング調査の結果を踏まえて実施してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問を続けます。ここが最も重要な点であります。事業を実施していく上で、事業量の増加も想定されますが、補助事業費の補正対応などについてはどのように考えておられるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部長(金原英樹) 捕獲駆除事業の進捗状況等を見きわめながら、柔軟かつ的確に対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 質問要旨(4)に移ります。アサリの漁獲量の激減で、アサリ産業に従事している世帯の生活に大きな打撃が発生しています。市として、このことをどのように認識していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部次長(齋藤正則) アサリ漁業関係者の中には収入が激減し、このままでは生計を立てることができず、漁業以外の職業についていることは承知いたしております。市では、既にアサリ漁業関係者で漁業以外の職業につきたいという希望者に対し、ハローワークと連携して求人情報を管内漁業協同組合に提供するなどして柔軟に対応しております。
 また、ハローワークによりますと、パートタイムや短期雇用労働を望む方も多く、各企業などが望む雇用形態に全てがマッチできておりませんが、引き続きハローワークと連携を密にしてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 市長に伺います。アサリ産業は、ウナギや抹茶同様、西尾市の重要な地場産業の1つであり、また毎年13万人を超える潮干狩りなどの来客数を誇る大変重要な観光資源でもあります。現在、アサリ漁業から離れざるを得ない漁業者が確実にふえてきている状況であります。それは、今後1年で最大の山場を迎えます。まさに待ったなしの状況であります。今こそ、この大切な産業・観光資源を西尾市として全力で支える必要があると考えます。当初予算だけではなく、今後、補正対応も含め、また国や県に出向いていただき積極的かつ柔軟に支援を働きかける必要があると思いますが、市長のお考えはどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 本当に三河湾のアサリは味もよいし、また全国の70%を占める漁獲量があるということで、先ほどの答えの中で平成24年は1万5,887トンとれていたのが、28年は1,319トン、10分の1以下に減っております。これは、カイヤドリウミグモが大きな要因だということでございますが、とにかく捕獲駆除をいたしまして、これからもいかなることがあろうとも、市といたしましても支援をしてまいりますので、何としてでも早く解決をしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) それでは、一部質問要旨(4)の答弁を踏まえて、次の議題に移ります。
 議題2 西尾市を支える雇用促進策について。
 新年度を迎えまして西尾市役所を初め、市内の多くの企業では新社会人の皆さんのお顔をよく見るようになりました。それぞれの新たなステージで頑張っていただきたいと思います。しかし、統計では、毎年、新入社員の約3割の方が3年以内にやめてしまうといった人の数がある程度あることも事実のようです。
 今回は、賃金、労働条件、人間関係などさまざまな理由で退職された方や非正規雇用者、30代、40代の就職氷河期を体験してこられた方たちへの対策、また人生の再スタート支援の思いも含めて、以下、質問いたします。
 質問要旨(1)現在、市内製造業を初め、さまざまな分野において働き手が不足していると伺っております。本市として、人材確保のための課題と取り組みはどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部次長(齋藤正則) 西尾市では、自動車産業などの製造業を中心とした産業集積が図られ、大企業も立地するなど、雇用の拡大に大きく貢献していただいています。しかしながら、中小企業では少子化による若者の労働人口の減少により、人材確保が困難になってきており、産業の活性化や雇用の創出を進めることが大きな課題となっております。本市としましては、西尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき、生まれてくる子どもの数をふやす、雇用の場をふやす、魅力ある住環境を提供し、定住者をふやすの3つの観点から、本市を挙げて人材確保に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 質問要旨(2)に移ります。本市には優良な企業が多数存在し、税収面、雇用面で本市を力強く支えていただいています。しかし、多くの市民の皆さんは、その情報をなかなか知る機会がないのも現状ではないでしょうか。ハローワーク以外で、働き手と働く場をマッチングさせる情報発信または機会を設けていくことはできないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部次長(齋藤正則) 西尾市では、これまで産業界が必要とする労働力を確保するため、関係機関と協力して必要な施策を講じ、雇用の安定促進に寄与するため西尾市雇用推進協議会を設置しております。この協議会の事業として、大学、短大、専門学校など卒業の予定者、卒業後3年以内の方及びおおむね45歳未満の中途採用希望者を対象に年3回、合同企業説明会を実施しています。最初は4月下旬に市単独の、西尾で就活!合同企業説明会を、2回目は秋ごろ、碧南市と合同による西尾・碧南合同企業説明会を、3回目は翌年3月に西三河地区合同企業説明会を開催しています。これらの合同説明会の情報発信につきましては、広報にしおを初め、市のホームページや各駅にポスターなどを張って周知に努めております。
 また、5月には地元企業と近隣高等学校教諭との情報交換会、10月には西三河地区の企業と大学教授等との情報交換会を実施し、就職担当者の先生方に地元企業のPRも行っております。
 今後もハローワークを初め、商工会議所、各商工会と連携を図り、さまざまな機会を通じて雇用促進に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 再質問します。合同企業説明会を実施しているということですが、参加者の年齢割合はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部次長(齋藤正則) 今後の対策の参考とするため、西尾・碧南合同企業説明会でアンケート調査を実施しております。参加者の年齢別割合は、参加者70名のうち新卒業学生が31名で44%、既に卒業した方が39名で56%でございます。そして、既に卒業した方31名のうち、アンケートにご協力していただいた方17名の結果で申し上げますと、20歳から24歳が8名で47%、25歳から29歳が1名で6%、30歳から34歳が2名で12%、35歳から39歳が4名で23%、40歳から45歳が2名で12%となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) 30歳から45歳までの参加者が少ないなというふうに感じます。合同であるがゆえ、敷居が高いのではないかなというふうに考えますけれども、再質問を続けます。30歳代、40歳代及び非正規社員にスポットを当てた就職説明会を検討しませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 産業部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業部次長(齋藤正則) 西尾市雇用推進協議会におきまして、企業が求める人材を把握し、就職説明会に参加しやすいよう、既に卒業した方を対象とした就職説明会の開催を検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(松井晋一郎) この試みを市内外に発信して強力に推進することで、税収への期待を初め、安定雇用の増加、そこからの定住化促進、さらには先ほどの一般質問で婚活の質問もありましたが、結婚による少子化対策にもつながることに期待をします。「人生の再スタートを応援するまち西尾市」としても、ぜひとも早期の実現に期待をし、以上で私の質問を終わります。
      〔9番 松井晋一郎 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 松井晋一郎議員の質問は終わりました。
 この際、暫時休憩します。
                            午前11時41分 休憩
                            ─────────
                            午後1時00分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質問第4、1. 幡豆地区の防犯対策について、2. 西幡豆地区の幹線道路である都市計画道路中部幹線について、3. 西尾市斎場やすらぎ苑の施設管理について、以上3件、鈴木武広議員の質問を許します。
      〔14番 鈴木武広 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 西尾市民クラブの鈴木武広です。3議題について、質問をさせていただきます。
 議題1 幡豆地区の防犯対策について。
 愛知県警察は、2月の県内の侵入盗被害の発生状況を発表しました。空き巣被害や事務所、店舗荒らしなどが多発し、1・2月の被害件数は全国ワーストワンでした。特に、三河地方で空き巣被害が頻発したとのことでした。先日も、西尾警察署は3月の防犯発生状況を発表し、侵入盗が年初から前年同期比で2倍以上であるとの報告がありました。本市においても県民運動の一環として、地域と連携した西尾署の防犯キャンペーンが先日開催され、防犯意識の高揚に向けた啓発、施錠徹底や犯人逮捕への素早い110番通報を呼びかけるチラシを市民に手渡したところであります。西尾警察署管内の幡豆地域においても、侵入盗被害が多発しております。幡豆地区には3カ所の駐在所がありますが、夜間の時間帯に多く発生する犯罪に迅速に対応するには、24時間体制の交番を設置すべきであると以前から訴えてまいりました。折しも、西尾警察署の建物が新しく生まれ変わることに伴い、市民の安全・安心を守る西尾警察署の組織体制が刷新されることを願い、以下の質問をいたします。
 質問要旨(1)として、交番・駐在所再編強化計画は、当初、平成26年を目標としていたようですが、幡豆地区の交番設置について愛知県警察のその後の対応はどのようですか、お聞きをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 西尾警察署に確認しましたところ、ご質問の交番・駐在所再編強化計画につきましては、愛知県警察にて平成17年度から平成26年度までの10年間を計画期間とする整備計画がございましたが、既に終了しておりまして、現在のところ整備計画は策定していないとのことでありました。また、幡豆地区の交番設置につきましては、現時点では、幡豆地区の3カ所の駐在所を交番に変更する計画はないとのことでありました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 現時点では、3カ所の駐在所を交番に変更する計画はないとのことですが、私は全く理解できません。3カ所の駐在所を統合し、交番として幡豆支所の1階に設置することができれば整備費用も安価で済みますし、2階には消防署幡豆分署もあり、警察、消防、市が一体となって対応ができると思います。
 いずれにしても、昼間の時間帯だけの勤務では電話もつながりませんし、夜間対応を強化することができません。
 そこで質問要旨(2)として、平成28年中の犯罪発生状況について、刑法犯の犯罪発生状況はどのようですか。また、そのうち侵入盗の件数はどのようかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 平成28年中の本市の犯罪発生状況を申し上げますと、刑法犯の発生件数は1,044件でありまして、前年から16件減少し、7年連続で減少しております。しかしながら、このうち侵入盗の発生件数については212件と、前年から73件増加しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 再質問します。1,044件のうち、幡豆地区の件数はどのようですか。侵入盗の212件では、どのようになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 刑法犯1,044件のうち、幡豆地区においては58件の発生で、前年から5件減少しておりますが、侵入盗につきましては、幡豆地区では15件発生しておりまして、前年から5件の増加となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 私は、スピーディーな対応のできる交番の必要性を訴えているわけですが、それでは交番にするための条件をお聞きします。
 質問要旨(3)として、交番設置基準について、基本的な条件はどのようなものが示されているかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 交番または駐在所の設置につきましては、昼夜の人口、世帯数、面積、行政区画及び事件または事故の発生の状況の治安情勢に応じ、それらを総合的に勘案して置くものとされております。原則として、交番は都市部の地域に、駐在所は都市部以外の地域に設けるものと定められております。
 なお、西尾警察署によりますと、新たな交番の設置が必要な場合は愛知県警察本部と協議することになり、その際には、管内住民の皆様からの要望も参考にするとのことでありました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) ただいまの答弁で、交番は都市部の地域に、駐在所は都市部以外の地域に設けるものとの説明がありました。それでは、一色地区、吉良地区は都市部なんでしょうか。私は、全く納得することができません。幡豆地区の人口は、約1万2,000人です。この数字では足りないのでしょうか。均衡のとれた配置ではないと私は思います。
 そしてもう1点、異なった視点から申し上げます。3カ所の駐在所は、西尾市の市有地なんです。ちなみに、鳥羽駐在所は167平方メートル、西幡豆駐在所は243平方メートル、東幡豆駐在所は205平方メートル、合計615平方メートル、約186坪が市の土地として利活用できるんです。このことは公共施設再配置の考えにも当てはまることであり、市の歳入確保のため積極的に売却できるんです。
 そこで再質問します。市としては、幡豆地区の交番設置についてどのように考えているか。もっと設置に向けて積極的に働きかけるべきと提案しますが、答弁を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 危機管理局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯危機管理局長(近藤芳英) 近年、犯罪は多様化しておりまして、24時間体制となる交番の必要性は市としても認識をしております。旧3町地区内で、幡豆地区には交番が設置されておりません。過去に、3カ所の駐在所が1カ所の交番に集約されることに不安視する声もあったと伺っておりますが、幡豆地区は本署から距離的にも離れていることから、24時間体制の交番は地域住民の方々の安心・安全の向上につながるものと考えます。
 また、駐在所は市有地に設置されていますので、交番に集約されれば駐在所跡地の有効活用も検討できます。市としましては議員のご意見を受けまして、まずは西尾警察署に相談を持ちかけ、交番設置の可能性についての調査を行いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) ただいま交番設置の可能性について相談をし、調査を行いたいとの答弁がありました。交番設置の権限が市にないことは十分承知していますが、その必要性から市がリーダーシップをとって働きかけをしない限り実現しません。市の方向性が決まれば、我々地元議員も積極的に住民に働きかけ、署名活動等もできますので、ぜひとも前向きに取り組んでいただくことを期待し、次の議題に移ります。
 議題2 西幡豆地区の幹線道路である都市計画道路中部幹線について。
 都市計画道路中部幹線は、寺部地区の海岸部より国道247号へのアクセス強化を図る目的で整備が進められ、平成25年度より国庫補助事業として採択され、平成29年度末完成予定となっています。本路線の開通により、寺部漁港の新設道路から国道247号まで一直線でつながるため、移動がスムーズになり、この地域の発展に大きく寄与する道路になることは言うまでもありません。早期の完成が期待されています。
 そこで質問要旨(1)として、西幡豆地区の都市計画道路中部幹線の進捗状況及び今後の見通しはどのようですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) 都市計画道路中部幹線につきましては、平成25年度に事業認可を受け、国の社会資本整備総合交付金事業として進めております。平成25年度から平成27年度までの3年間は、用地取得と物件移転補償を進め、平成28年度から街路整備工事に着手しました。平成28年度末の進捗率は45%でございます。
 今後の見通しにつきましては、平成29年度に残りの用地取得と物件移転補償を完了させ、街路整備工事も進める予定でございます。また、早期の供用開始ができるよう国や県に対し強く要望し、補助金の確保に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 今後の見通しについては、国庫補助金の内示額により左右されることは承知していますが、早期完了に向けて事業推進をお願いします。
 一方、幡豆小学校の通学路が中部幹線を横断して指定されており、中部幹線が供用開始されれば通学児童の安全が危惧されます。
 そこで質問要旨(2)として、児童・生徒の安全・安心確保のため、押しボタン式信号機の設置を要望したところですが、市の取り組みはどのようかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) 過日、提出されました押しボタン式信号機の設置要望は、所管になります愛知県公安委員会へ上げてまいりますが、県内では多くの設置要望があるため順次進めており、時間がかかる状況だと伺っています。しかしながら、道路の供用開始にあわせた設置をお願いしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 要望書の趣旨をご理解いただき、ぜひとも信号機設置に向け、担当部局から公安委員会へ地元要望をしっかりお伝え願いたいと思います。
 また、中部幹線は門内第2地区計画の区域を縦断する路線でもあります。この地区計画では、中部幹線に隣接して公園1号550平方メートルが計画されています。
 そこで質問要旨(3)として、中部幹線の供用開始にあわせ、公園整備の予定はどのようになっていますか、お伺いをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(渡邉之稔) 門内第2地区計画におきまして、公園550平方メートルが地区施設として計画されています。公園の整備予定につきましては、具体的な年次や内容などは決まっていませんが、地区内の区画割が決定した後、公園の配置が確定いたします。
 したがいまして、地区内の区画の整理が進み、新たな住宅の建設にあわせ公園整備を進めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) ただいまの答弁で、地区内の区画整理が進んでからとの説明がありましたが、公園用地550平方メートルは市有地であるので、整備予定は同一歩調で進めていけると思います。公園ができれば、この地域の住民は幡豆支所に車をとめて公園で楽しい時間を過ごせると思いますので、ぜひ早急に公園をつくってもらうよう提案をさせていただき、次の議題に移ります。
 議題3 西尾市斎場やすらぎ苑の施設管理について。
 斎場やすらぎ苑は、昭和53年8月に開苑され、平成27年度実績においては1日6件、1カ月135件、年間の使用件数は1,619件でした。これまでに、平成18年度に耐震診断、平成25年度に劣化調査等が行われ、現在に至っています。また、西尾市斎場の施設及び管理に関する条例が、合併により、新たに平成23年4月1日より施行されました。その後、やすらぎ苑そのものを今後どうするのかということで議論がなされ、公共施設再配置の流れの中で、市としては現在の施設の長寿命化を図っていくと聞いています。
 そこで、以下の質問をいたします。
 質問要旨(1)として、築38年を経過する斎場やすらぎ苑は、公共施設再配置実施計画に基づいて長寿命化を図ると聞いていますが、その内容はどのようかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 斎場やすらぎ苑につきましては、これまでの耐震診断や劣化調査において耐力を有し使用可能と診断され、長寿命化を図ることになっております。この診断を受けまして、施設の長寿命化を図るため、平成26年度から平成35年度までのやすらぎ苑の長期修繕計画を立て、計画的に改修や修繕を実施しているところでございます。
 主な内容といたしましては、平成29年度は燃焼空気設備更新、受水槽加圧タンク改修工事、平成30年度は制御盤設備更新、燃料供給設備更新、平成31年度は屋上防水・外壁塗装工事、平成32年度は排気設備更新、平成33年度は共通煙道オーバーホール工事、平成34年度は炉内耐火物部分修繕、キャリア台更新、平成35年度は地下貯留タンク改修工事、計装機器修繕などでございます。また、平成29年度から平成32年度まで、耐用年数を経過する火葬炉のオーバーホール工事を順次実施してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) ただいまの答弁で、長期修繕計画がしっかりと精査されていることはわかりました。
 そこで、長期修繕計画の中で、特に修繕工事に関してお伺いします。
 質問要旨(2)として、やすらぎ苑維持管理の修繕工事について、最近の増減はどのようですか。また、これまでに主にどんな修繕をしてきたのかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 斎場やすらぎ苑の修繕の最近の増減でございますが、平成26年度は約856万8,000円、平成27年度は約794万9,000円、平成28年度は約781万3,000円で減少傾向でございます。
 主な修繕につきましては、火葬炉内の耐火ブロック補修等の火葬炉設備修繕、ターボブロワ修繕、内壁雨漏りや屋上防水修繕等でございます。また、工事費といたしましては、平成26年度は約394万9,000円、平成27年度は約116万6,000円、平成28年度は約1,443万3,000円で、工事内容によりまして年度で変動がございますが、平成28年度の大幅な増額は受変電設備の改修となっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) これまでの答弁で、修繕については火葬炉設備修繕、受変電設備改修等、大半がハード面に使われており、施設内部の修繕工事費が少なくなっています。市民要望として、和式トイレの洋式化等の話を聞いていますので、質問いたします。
 質問要旨(3)として、現在残っている和式トイレ、控室の和室構造は高齢者等に不便であり、また施設の内壁の汚れ等、改修要望の声を多く聞きますが、今後どのように対処される予定なのか答弁を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) 和式トイレにつきましては、男子トイレ1カ所、女子トイレ2カ所を洋式シャワートイレに改修済みでありますが、全てを洋式化するにはスペース等の問題がありますので、ご理解をいただきたいと思います。
 控室につきましては、既設の5つの控室のうち3室につきましては、部屋の一部にテーブルとソファーを設置しておりますし、どなたでもくつろげるソファーのホールもありますので、ご利用いただけるようご案内をしているところでございます。また、内壁につきましては、窓枠からの雨水の侵入による塗装の変色や、告別ホール内の台車等の接触による塗装の剥がれ等は修繕計画に盛り込み、順次改修をしてまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) 再質問します。現在、男子トイレには2つの和式トイレがあります。2つの和式トイレを1つの洋式トイレにすれば十分なスペースがとれ、車いすの方でも利用できる多目的トイレを整備することができると考えますが、答弁を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 地域振興部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯地域振興部長(荒川達彦) トイレの洋式化でございますが、女子トイレにつきましては現在でも大変混雑をしており、個数を減らすのは現実的ではないと考えております。男子トイレにつきましては、できるだけ早い時期に実施できるよう調査してまいります。また、車いすの方につきましては、各トイレに1カ所、車いすでもご利用いただけるよう改修をしておりますので、そちらをご利用していただきたいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(鈴木武広) ただいまの答弁で、女子トイレについては現在でも混雑しており、数を減らすのは難しいとのことでした。私は、やすらぎ苑の施設長と意見交換をさせていただき、女子トイレについては増設をしない限り、問題解決にはならないと感じました。
 一方、男子トイレについては、2つの和式トイレを1つの洋式トイレにする改修工事は可能であると思いますので、早急に改修工事をしていただきたいと思います。できれば、今年度じゅうにでも取りかかっていただければ幸いです。また、残りの和式の控室についても、女子トイレの増設とあわせ長期修繕計画の中で早急に見直しをする必要があると提案をさせていただき、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。
      〔14番 鈴木武広 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木武広議員の質問は終わりました。
 質問第5、1. 公共施設再配置第一次プロジェクトについて、2. 学校施設の適正管理について、以上2件、鈴木正章議員の質問を許します。
      〔16番 鈴木正章 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 西尾市民クラブの鈴木正章です。平成29年6月定例会一般質問を、通告をいたしました2議題10項目について質問をいたします。
 それでは早速、質問に入らせていただきます。
 議題1 公共施設再配置第一次プロジェクトについて。
 質問要旨(1)本年度用地確保予定の新給食センターを、西尾市の須脇町地内に内定をした検討経緯についてお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 新学校給食センターは、既存の一色学校給食センターが老朽化しているため、一刻も早い整備が必要であります。そのため、用地につきましては隣接する県立特別支援学校の用地取得とあわせて行うことで、早期取得につながるものと考えております。
 また、汚水処理対策につきましては、隣接する県立特別支援学校とあわせて整備をすることで、公共下水道計画区域に編入できる可能性があり、現在、担当課と調整中でございます。そのほかに給食の配送に要する時間、津波浸水の影響、道路事情を考慮いたしました。
 このような経緯から、須脇町地内を候補地として内定したものでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 次の質問に入ります。質問要旨(2)新給食センターの施設及び運営の概要の考え方については、どのようになっているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 新学校給食センターの施設面につきましては6,400食の調理が可能な規模とし、調理場は安心・安全を考慮し、ドライ方式を導入してまいります。また、食物アレルギー対応としまして、アレルギー専用対応室の設置を考えております。運営面につきましては、学校給食衛生管理基準及び西尾市学校給食衛生管理マニュアルに基づき、適切な衛生管理に努めてまいります。
 また、特別目的会社から提案のありました学校給食以外の調理を行う6次産業化につきましては、先進的な提案であると考えますが、導入するには時期尚早と判断し、学校給食のみの運営を考えております。
 なお、食物アレルギー対応につきましては、乳や卵を初め、できるだけ多くの品目を目指した除去対応やアレルゲンを使用しない食材の提供を検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問をさせていただきます。新給食センターの敷地面積確保の施設配置の考え方及び新施設におけるハサップだとか食育、地震対策等の対応についての取り組みの考え方はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 施設配置につきましては、主に調理場としての建物と調理員や配送車用の駐車場等の配置となります。この配置による施設面積につきましては、特別目的会社との協議の中で、全体でおおむね6,000平方メートル以上が必要であると考えておりまして、うち建物につきましては6,000食から7,000食の場合で、1階床面積はおおむね2,500平方メートル程度が必要になろうかと考えております。
 ハサップにつきましては、安全や衛生管理を確保する手法の1つであると認識しておりますが、現時点では従来どおり学校給食衛生管理基準や西尾市学校給食衛生管理マニュアルに沿って安心・安全を確保してまいります。
 食育につきましては、調理場内の様子がわかる設備を設けるなど、児童・生徒が学校給食を通じて食育に関心が深まるようにしてまいります。
 地震対策等につきましては、できるだけ津波浸水の影響を受けにくい地域に立地する必要があると考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問いたします。特別目的会社からの提案の給食センターでの6次産業化は、民間ならではの内容と高い評価であったというふうに承知をいたしておりますが、先ほどの答弁の中で、当市としては取り組まないという理解でよかったかどうか確認をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 特別目的会社からの提案につきましては、今、議員のおっしゃられましたとおりでございます。平成29年3月3日の議員全員協議会でもご説明を申し上げておりますが、学校給食のみで実施していきたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 今、理事者側の答弁にありましたように、私もリスクは余り広げない方がいい、そういった意味では、学校給食のみの施設にするということは大賛成だというふうに思います。ぜひ、その意向をしっかりこれからも堅持していただくことを期待したいというふうに思います。
 そこで、先ほどいろいろお聞きした中で、新施設の取り組みの答弁の中で、ハサップは従来の基準やマニュアルに沿って対応し、安心・安全を確保するということでありますけれども、調理施設の安心・安全対策は日進月歩、日々進歩しています。そういった意味では、ぜひこれから進める中で、先進事例を参考にして当市の将来の給食センターを、児童・生徒にとってより安心・安全が提供できるような施設に、ぜひ取り組んでいただきたい。そして、食育についても私自身、過去、委員会での研修でいろいろな施設にお邪魔し、勉強する機会がありました。それぞれの地域で、思いを込めていろいろな食育に関する施設整備に取り組まれております。とにかく、お金がかかることでありますが、しかし新給食センターを通じて当市の児童・生徒の食育教育を強化する、そういう意味では大変重要な視点であるというふうに考えているところであります。
 そして、地震対策でありますけれども、2つの視点でぜひ検討をお願いしたいというふうに考えます。
 1つは、当施設を近隣地区の災害時の避難所、もしくは待避所としての機能を有する施設にしないかどうか。2つ目、当施設が災害時の炊き出し機能を有した施設に、具体的に言えば、ある程度のかまを耐震性で、絶対にどんな大きな地震がきても壊れない、そうすれば災害時の炊き出しの施設として有効に活用できることになるのかなというふうに思います。
 いずれの内容も、各地の給食センターでは先進事例として取り組みが既にされている内容であります。ぜひ、次世代の当市の給食センターとして建設を進めるわけでありますので、充実した施設となることを期待をいたしまして、次の質問に入らせていただきたいと思います。
 質問要旨(3)一色地区のエクストリームパークの検討状況はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 施設の必要性や施設規模、場所の選考等について、SPCとの協議検討を行いました。場所につきましては、B&Gプール跡地が適当ではないかと検討している次第でございます。
 今後、2020年開催の東京オリンピックが近づくにつれ、機運は盛り上がってくると予測されますので、スケートボード愛好者からの意見聴取を行うとともに県内外の施設を見学し、施設の規模、施設の維持管理状況を確認し、引き続き協議検討を重ねてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問いたします。今のご答弁で、引き続き協議検討ということでありますが、そのスケジュール並びに協議事項のポイントはどんなことでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) 協議検討のスケジュールにつきましては、SPCの企画提案では30年度に設計し、31年度に整備する予定であります。
 次に、協議事項のポイントにつきましては、施設規模を含め、利用料金や利用方法などとなるわけでありますが、引き続きスケートボード愛好者から意見聴取を行い、利用者のニーズを最大限取り入れた施設として整備していくことを検討してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) ただいまの答弁の中で、私がうがった見方をしたのかもしれませんけれども、非常に心配な発言があります。私は、こういった協議の主体者は、当然、西尾市であるべきだというふうに考えます。しかし答弁の中では、スケジュールはSPCの企画提案で進めますというふうに聞こえました。提案を受けるのは、これは結構なことだと思います。でも、あくまで判断は西尾市が行うべきではないのでしょうか。そのことを指摘し、次の質問に入らせていただきます。
 質問要旨(4)包括マネジメント業務の業務仕様書及び業務計画書の作成手順はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 包括マネジメント業務の業務仕様書及び業務計画書の作成の手順につきましては、市からの業務要求水準書に従い、特別目的会社から提出された企画提案書をもとに、特別目的会社と施設所管課にて調整を行い、作成をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 次の質問です。質問要旨(5)包括マネジメント業務の、施設別平成29年度予算計画の作成手順はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 施設別平成29年度予算計画の作成手順につきましては、市からの業務要求水準書に従い、特別目的会社から提出された企画提案書をもとに、特別目的会社と施設所管課にて内容をすり合わせて決定した仕様に基づき、特別目的会社より市へ提示のありました金額を計上しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問いたします。平成29年度予算計画は、特別目的会社と施設所管課と確認した内容で、施設所管課ごとに見積金額が提出され、予算計上されたと理解してよろしかったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) お見込みのとおり、特別目的会社と施設所管課で確認した内容で予算を計上いたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 今、いろいろご答弁がありましたように、包括マネジメントの業務計画書は、特別目的会社と各施設所管課で調整を行い決まったと、それに基づいて特別目的会社と施設所管課で調整を行って平成29年度の予算が作成されたというご答弁でありました。ただ、3月議会の予算審議の中で、先ほどの説明と異なる状況があったというふうに理解をいたしております。これは、すなわち包括マネジメントのスキームが、市職員全員に正しく理解されていないのではないのかなというところを危惧するところであります。ぜひ、そういうことがないようにということを指摘をしまして、再質問をさせていただきたいと思います。
 平成29年度予算計画の執行に当たり、作業指示から経費支払いまでの一連の役割分担はどのようになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 作業の日程調整から業績監視までは、施設所管課で行います。サービス対価の支払い事務は、資産経営戦略課で行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 今の答弁ですと、作業の発注確認は施設所管課、支払いは資産経営戦略課の方で行うということになりますと、当然そこの間に新たなルールづくりが必要となって、従来なかった新しい業務が発生する懸念が心配されます。この懸念がないこと、私の取り越し苦労であることを願って、次の質問をしたいというふうに思います。
 質問要旨(6)包括マネジメント業務対象施設の直近3カ年の計画・実績の合計金額はどのようか、お聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 包括マネジメント業務につきましては、業務要求水準書及び企画提案書により、平成29年度から新たに仕様を定めたものであり、平成28年度以前の仕様とは異なっております。また、平成29年度以降に新たに維持管理業務を開始する施設もあることから、直近3カ年の予算額、決算額のデータを比較することができないため、データは集約しておりません。施設ごとの過去の予算や決算の数値は、各施設所管課において把握をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 次の質問に移ります。質問要旨(7)平成30年度以降の包括マネジメント業務の計画作成の考え方はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 資産経営戦略局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯資産経営戦略局長(長谷義弘) 平成30年度以降の包括マネジメント業務につきましては、施設、設備等の更新や撤去、法令改正などによる変更については、毎年度、特別目的会社が作成する業務計画書により協議するものとしています。
 なお、法令等の改正により法定点検などの業務の追加が必要となる場合は、契約の変更もあり得ると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 平成30年度以降の包括マネジメントの業務については、都度、施設管理の所管課と特別目的会社が協議しながら進めていくというふうにお聞きをしました。ぜひ、先ほど懸念を表明しました全職員が新しいスキームをきちんと腹に入れて対応されることを、もう一度申し上げ、次の質問に入らせていただきたいと思います。
 議題2 学校施設の適正管理について。
 質問要旨(1)学校施設の長寿命化対策の今後の取り組みと、スケジュールはどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 学校施設の長寿命化対策につきましては、平成25年11月に策定されました国においてのインフラ長寿命化基本計画に基づき、平成32年ごろまでに個別施設ごとに長寿命化計画の策定が求められております。
 また、本市におきましても、平成29年3月に西尾市公共施設等総合管理計画が策定されたことを踏まえまして、今後、平成32年度を目標年度として、学校施設の個別施設計画の策定に取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問いたします。長寿命化の計画策定に当たり、調査とか確認など含めてどのような取り組みがなされるのかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 長寿命化の計画策定段階の調査、確認等につきましては、公共施設再配置実施計画において行いました劣化調査等の結果を踏まえ、過去の調査結果がある建物につきましては、その調査結果と現在の構造体の劣化状況等から推測を行い、また部分的な確認調査を実施するなどして劣化状況等を把握する予定でございます。これに基づき、個々の建物ごとの構造体のコンクリート強度や劣化損傷等の状況、教育機能の確保と、その補修・改善にかかる費用等を踏まえ総合的に検討を行い、個別施設計画の策定に取り組んでまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 次の質問です。質問要旨(2)学校施設の長寿命化対策、その後の施設管理の方向性はどのように今、考えてみえますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 従来の施設管理につきましては、劣化や損傷が確認された時点で改修する、いわゆる事後保全を行ってまいりました。長寿命化対策後の施設管理の方向性としましては、異常の有無や兆候を事前に把握、予測することで計画的に修繕を行い、故障による停止や事故を未然に防ぐ予防保全維持管理を取り入れ、目標耐用年数を最長80年と定め、取り組んでまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 長寿命化対策を行い、目標耐用年数は最長80年というご答弁がありました。その後、新たな取り組みは考えていないという理解でよろしかったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 目標耐用年数最長80年後の新たな取り組みにつきましては、建物の使用期限後の施設機能をどのように展開していくかを踏まえた上で、建物をどうするのかについて検討してまいります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 次の質問に入ります。質問要旨(3)現在、市内には36校の小・中学校があります。仮に、1年ごとのリニューアルとしても36年必要となるわけであります。ここから考えまして、長寿命化にあわせて、一方では計画的なリニューアル計画も策定すべきではないかと思いますが、その考えについていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 質問要旨(1)でご答弁申し上げました、平成32年度までの策定を目標とした個別施設計画の中で、大規模改修を含めた学校施設のリニューアルについても検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 再質問させていただきます。市内の小・中学校36校の施設整備後の経過年数は、大ざっぱにどのような状況になっているのかお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 校舎の経過年数について、ご答弁申し上げます。
 平成29年度で西尾市内の小・中学校36校中、主要建物が50年経過した学校が4校、40年経過した学校が19校、30年経過した学校が13校であります。一番年数が経過している建物は、東部中学校で52年となります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 最後に、市長にお伺いをしたいと思います。今、いろいろ学校施設のことで確認をさせていただきました。最後の中で、学校施設の耐用年数を80年として単純に計算しますと、最初にリニューアルが必要となるのは東部中学校が28年後で2045年ということになります。計算上、それから20年間で36校全てをリニューアルしないと、現状の機能が維持できないという計算上の問題であります。学校施設のリニューアルというのは、現状の機能をしっかり維持させながら新しい施設を建設する、しかもそれは新しい時代にマッチした機能を取り込んで整備をするということでありますから、当然、準備を含めて単年度では絶対に不可能、複数年かかるのが当たり前であろうというふうに私は考えます。教育施設は生徒・児童、将来の西尾市を担う大変大切な人材育成をする必要不可欠な場所であると考えております。先ほど申し上げましたように、新時代にふさわしい施設整備をするためには入念な準備が必要です。耐用年数終了後、短期間で全部のリニューアルというのは大変厳しい状況になると思います。そういう意味では、計画的に36校のリニューアルを推進することが、ぜひ必要ではないかというふうに考えます。市長の学校施設のリニューアルについての考え方なり方向性について、お聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 鈴木正章議員のおっしゃるとおり、学校施設というのは次の人材を育てる大切な施設でございますし、また災害が発生した場合には、地域住民の皆さんの避難場所にもなる非常に大切なところでございます。長寿命化に計画的にリニューアル計画を立ててこれから対応してまいりますので、どうかよろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(鈴木正章) 市長の力強い決意をお聞かせいただき、私の質問はこれで終わります。
      〔16番 鈴木正章 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木正章議員の質問は終わりました。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 次回は明日、4月18日火曜日、午前10時より再開することとし、本日はこれにて散会いたします。
                            午後1時52分 散会