議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成29年6月定例会(第1号) 本文




                            午前10時00分 開会
◯議長(田中 弘) ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成29年西尾市議会6月定例会は成立しましたので開会します。
 今期定例会に提出されました案件は、人事案件を初め11件であります。諸議案につきましては、後刻、市長等からそれぞれ説明がありますが、十分な検討を加え、市民の負託にこたえるべく努力したいと存ずるものであります。
 したがって、議員各位におかれましては円滑に議事を進められ、適正、妥当な議決に到達しますようお願い申し上げ、開会のあいさつとします。
 市長からあいさつがあります。
      〔市長 榊原康正 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 本日、ここに平成29年西尾市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私とも何かとご多用の中、ご参集いただき、提出議案につきましてご審議を賜りますことに対し、厚くお礼を申し上げる次第でございます。
 さて、今議会に提案をいたします案件は11件で、その内訳は、諮問が1件、専決処分が2件、人事案件が2件、単行議案が5件、平成29年度補正予算案が1件でございます。
 まず、諮問といたしましては、人権擁護委員の齊藤マリ子氏が平成29年3月31日に、鳥居善克氏、大木昌子氏及び小林紀美子氏が平成29年9月30日に任期満了となりますので、後任者の推薦について議会のご意見を求めるものでございます。
 次に、専決処分につきましては、西尾市市税条例の一部を改正する条例及び西尾市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について専決処分をさせていただきましたので、そのご報告を申し上げ、ご承認をお願いしたいとするものでございます。
 次に、人事案件につきましては、青山秀樹西尾市固定資産評価員が平成29年4月1日付で人事異動したため、また西尾市公平委員会委員坂田吉郎氏の任期が平成29年6月20日に満了となりますので、後任者の選任について議会の同意をお願いするものでございます。
 次に、単行議案につきましては、西尾市市役所支所設置条例の一部を改正する条例の制定を初めとする条例関係が3件、個別外部監査契約の締結について及び財産の無償貸与についてでございます。
 平成29年度補正予算案につきましては、一般会計で477万円の追加補正をお願いするものでございます。
 以上、提出議案の概要を申し上げましたが、各議案につきましては、上程の都度、担当者が説明をいたしますので、よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。
      〔市長 榊原康正 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) あいさつは終わりました。
           ─────────────────────
                            午前10時05分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第1号により行います。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) この際、諸般の報告をします。
 今期定例会に提出されました陳情につきましては陳情書概要として、さきに送付したとおりであります。
 次に、専決処分書といたしましては、お手元に配付しておきました。
 次に、監査委員から定例監査等の実施結果の報告があり、掲示板に掲げておきました。
 次に、個別外部監査に関する報告につきましては、掲示板に掲げておきました。
 次に、西尾市土地開発公社の事業計画書等報告につきましては、さきに送付したとおりであります。
 以上で、報告を終わります。
           ─────────────────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において永山英人議員及び岡田隆司議員を指名します。
           ─────────────────────
日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第2 会期の決定を議題とします。
 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から5月11日までの28日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって、会期は28日間と決定しました。
           ──────────○──────────
日程第3

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第3 諮問第2号 人権擁護委員の推薦についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。小島副市長。
      〔副市長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(小島統市) ただいま議題となりました諮問第2号 人権擁護委員の推薦について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書1ページをごらんください。
 本案は、人権擁護委員の鳥居善克氏、大木昌子氏、小林紀美子氏の3名が、平成29年9月30日付をもって任期満了となりますので、鳥居善克氏、大木昌子氏につきましては、引き続き推薦し、小林紀美子氏の後任として天野利惠子氏の推薦を、また齊藤マリ子氏の後任につきましては12月議会において諮問の可決がされましたが、後任者の事情により辞退となったため、新たに倉谷厚子氏を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めたいとするものでございます。
 なお、経歴の大要につきましては、諮問第2号参考資料のとおりでございます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人権擁護委員の推薦に係る諮問でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、質疑を省略することに決しました。
 お諮りします。ただいま議題となっております諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については、人権擁護委員の推薦に係る諮問でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、討論を省略することに決しました。
 これより諮問第2号をお諮りします。本案は、原案のとおり異議のない旨、答申することにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、原案のとおり可として答申することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第4

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第4 議案第32号 専決処分の承認についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 渡辺裕介 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) ただいま議題となりました議案第32号 専決処分の承認について、提案理由をご説明申し上げます。議案書4ページをごらんください。
 本件は、地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、西尾市市税条例について改正する必要が生じましたので、地方自治法第179条第1項の規定により、去る3月31日に専決処分をいたしましたので、同法第179条第3項の規定により報告し、その承認を求めたいとするものでございます。
 5ページをごらんください。
 附則第16条の改正は、軽自動車税におけるグリーン化特例、軽課について適用期限を2年延長するもので、第5項は電気軽自動車等について、第6項及び第7項は、所定の基準を達成したガソリン軽自動車及びハイブリッド軽自動車について、それぞれ平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に新車登録された軽自動車については、平成30年度分の軽自動車税に限り、また平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に新車登録された軽自動車については、平成31年度分の軽自動車税に限り税率の軽減をするものでございます。
 次ページにかけてとなります附則第16条の2の改正は、軽自動車税の賦課徴収の特例について規定するもので、第1項は、軽自動車のグリーン化特例、軽課の適用については、国土交通大臣の認定等に基づいて判断するものでございます。
 第2項は、納付すべき軽自動車税について、不足額があることを軽自動車税の納期限後に知った場合において、当該事実が生じた原因が国土交通大臣の認定等の申請者による偽り、不正により国土交通大臣が認定等を取り消したことによるものであるときは、当該申請者等を賦課期日現在における当該不足額に係る三輪以上の軽自動車の所有者とみなし、賦課等をするものでございます。
 第3項は、前項の不足額に係る加算金額の規定、第4項は、延滞金に係る規定の整理でございます。
 6ページ中ほどをごらんください。
 最後に、改正附則でございますが、本件は、平成29年4月1日から施行するものと定めております。
 また、次ページにかけてとなります第2条につきましては、経過措置について定めたものでございます。
 以上、専決処分の承認についての報告とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部長 渡辺裕介 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第32号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第32号を採決します。本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり承認することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第5

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第5 議案第33号 専決処分の承認についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。消防長。
      〔消防長 太田孝行 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防長(太田孝行) ただいま議題となりました議案第33号 専決処分の承認について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書10ページをごらんください。
 本案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が本年3月29日に公布され、4月1日に施行されたことに伴い、西尾市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、去る3月31日に専決処分をいたしたもので、同法第179条第3項の規定により報告し、その承認を求めたいとするものでございます。
 このたびの改正は、損害補償に係る加算額の増額及び減額の双方が発生しており、4月1日以降の公布の場合、不利益不遡及の原則に反するおそれがあるため専決処分とさせていただきました。
 今回、承認をお願いいたします条例の改正文について、議案書11ページのとおりですが、改正内容について概略をご説明申し上げます。
 主な改正部分につきましては、損害補償の算定の基礎となる加算対象、加算額、支給対象区分及び特定期間の年齢でございます。
 まず、加算対象の子及び孫を、子と孫の2つに分けます。
 次に、加算額ですが、扶養親族のうち配偶者の加算額を433円から333円とし、子のうち配偶者がある場合の加算額を217円から267円に、配偶者がない場合の加算額を367円から333円といたします。また、孫、祖父母、弟妹及び重度心身障害者のいずれかに該当する扶養親族があり、配偶者がなく子がある場合は加算なしとし、支給対象区分について配偶者も子もない場合の区分を追加し、加算額を300円といたします。さらに、扶養親族の子の加算に係る特定期間の年齢の満15歳を15歳、満22歳を22歳とするものでございます。
 最後に附則ですが、第1項は、施行日を平成29年4月1日と定めるものでございます。
 第2項は、この条例に規定する損害補償のうち、傷病補償年金等を除く施行日前に支給すべき事由の生じた者及び、施行日前に支給すべき事由の生じた同日前の期間に係る傷病補償年金等については、経過措置を定めたものでございます。
 以上、専決処分の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願い申し上げます。
      〔消防長 太田孝行 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第33号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第33号を採決します。本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり承認することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第6

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第6 議案第34号 西尾市固定資産評価員の選任の同意についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。小島副市長。
      〔副市長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(小島統市) ただいま議題となりました議案第34号 西尾市固定資産評価員の選任の同意について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書13ページをごらんください。
 固定資産評価員は、地方税法第404条第1項の規定に基づきまして、市長の指揮を受けて固定資産を適正に評価し、かつ市長が行う価格の決定を補助するため設置することになっております。
 本案は、固定資産評価員でありました青山秀樹総務部次長兼税務課長が平成29年4月1日付で人事異動いたしましたので、その後任として高須英樹税務課長を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定により議会の同意を得たいとするものでございます。
 なお、経歴の大要につきましては、議案第34号参考資料のとおりでございます。
 よろしくご審議の上、ご同意賜わりますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、質疑を省略することに決しました。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第34号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、討論を省略することに決しました。
 これより議案第34号を採決します。本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 起立全員であります。よって本案は、これに同意することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第7

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第7 議案第35号 西尾市公平委員会委員の選任の同意についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。小島副市長。
      〔副市長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(小島統市) ただいま議題となりました議案第35号 西尾市公平委員会委員の選任の同意について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書15ページをごらんください。
 本案は、西尾市公平委員会委員坂田吉郎氏が、平成29年6月20日に任期満了となりますので、引き続き同氏を選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意をお願いするものでございます。
 なお、同氏の経歴の大要につきましては、議案第35号参考資料のとおりでございます。
 よろしくご審議の上、ご同意を賜わりますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。(「異議あり」の声あり)ただいま鈴木規子議員から質疑を省略することに対し、ご異議がありました。鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 質疑をいたしたいと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員の質疑を許します。鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 今回、公平委員に坂田吉郎氏をということでありますが、同氏は平成25年6月から西尾市公平委員に選任され、現在に至っております。また、28年4月からは人権擁護委員を委嘱され、29年4月からは西尾市行政不服審査会委員を委嘱され、なおかつ西尾市行政評価委員会委員も委嘱されております。同じ人物に、いろいろ集中させすぎではないかと思うわけであります。これは、ご本人にとっても負担になるのではないか、なおかつ公平性に問題が生じないかと思うわけですが、どのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 小島副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(小島統市) 今、4つの委員のことをおっしゃったわけでございますが、私ども一応基準を設けておりまして、基本的には3つの委員までという指標を持っております。今、おっしゃった4つにつきまして、1つは人権擁護委員ということで、これは法務大臣が委嘱をするということで、西尾市の委員ではございませんので、西尾市の委員としては3つを兼務していただいているわけでございますが、特に公平性を欠くといったことにはならないというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 法務大臣が任命するということでありました。これは制度的な問題であって、人権擁護の仕事については西尾市の業務を任されるわけです。これは詭弁と言えるのではないですか。そして、これまでも行政評価委員には、また公平委員でも市内在住ではない弁護士も選任してきていると思いますが、これまでどのようだったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 答弁を求めます。総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) 坂田氏は、住所は西尾市内ということになっております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 坂田氏が西尾市在住であることは承知をしています。だから、市内外に弁護士はたくさんおられるわけですから、西尾市在住にこだわることはないと、これほどの役職を集中させる必要はないのではないか、もっと多様な人材を登用するべきではないかという立場でお尋ねをいたしました。これまで何人もの弁護士、市外の弁護士が任用されておりますので、その状況についてお尋ねをいたしました。答弁不十分でありますので、再度、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) ほかの委員会の弁護士の住所については、私は把握しておりません。西尾市外の弁護士でいいのではないかというようなご質問でございますが、当然、市内の弁護士の方が連絡調整等々もつけやすいということもございますし、事務連絡などでお伺いする場合もございますので、その辺につきましては事務の簡素化といいますか、事務の利便性を図っているというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 公平性について問題はないかという問いに対しての答弁がありません。答弁漏れですので、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) 職業柄、公平性は保たれているというふうに考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第35号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。(「異議あり」の声あり)ただいま鈴木規子議員から討論を省略することに対し、ご異議がありました。鈴木規子議員の討論を許します。
      〔28番 鈴木規子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 私は、議案第35号 西尾市公平委員会委員の選任について、原案反対の立場で討論いたします。
 本件は、人事案件ではありますが、以下の理由で同意できないと考えるものであります。
 今回、選任の同意を求められている坂田吉郎氏は、平成28年から人権擁護委員に、さらに本年4月からは行政不服審査会委員、また行政評価委員をも委嘱されています。ここに加えて市長は再度、公平委員に選任すると言います。いかにも、1人の方に集中させすぎである、これが同意できない1点であります。負担も大きくなるでありましょうし、案件も多種多様となることから、事案によっては公平性に問題が生じるおそれは否定できません。市のこうした職務については、私はもっといろいろな方に入っていただくべきと考えます。これまで公平委員3名のうち、1名は弁護士が選任されていましたが、市内に限る必要はないと考えます。行政評価委員も1名は弁護士ですが、前年まで7年間務められた永谷和之氏も、その前の川上明彦氏、中根常彦氏も西尾市在住ではありませんでしたが、それで支障を来したこともありません。市内外を問わず、多様な人材を登用すべきであります。
 2点目は、同坂田氏が本市の公共施設再配置第1次プロジェクト、PFI事業の特別目的会社、株式会社エリアプラン西尾の役員である点です。監査役となっておられますが、本市始まって以来の200億円、30年間の長期にわたる随意契約の相手方である会社の役員となれば、当然、市とエリアプランとの間で利害が対立する可能性もあります。ご承知のとおり、住民訴訟も提起されているところです。
 かつて、本市が補助金を支出している福祉法人の役員が行政評価委員にとの声があったものの、議会の指摘を受けて選任されなかった事例もあります。公平性は、実質的に担保しなければなりません。
 以上、議員諸氏の良識に訴えて、私の原案反対討論といたします。賛同を求めるものであります。
      〔28番 鈴木規子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ほかに討論もないようでありますから、これをもって討論を終わります。
 これより議案第35号を採決します。本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 起立多数であります。よって本案は、これに同意することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第8

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第8 議案第36号 西尾市役所支所設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。企画部次長。
      〔企画部次長 宮地将人 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) ただいま議題となりました議案第36号 西尾市役所支所設置条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書17ページをごらんください。
 本案は、一色支所機能を一色町公民館へ移転することに伴い、同支所の所在地を変更するため、西尾市役所支所設置条例について、所要の改正をお願いするものでございます。
 改正内容のご説明を申し上げます。18ページをごらんください。
 現在の所在地である西尾市一色町一色伊那跨61番地から、一色町公民館と同様の所在地である西尾市一色町一色東前新田8番地へ変更を行うものでございます。
 次に、附則は施行日の規定で、平成29年7月18日から施行したいとするものでございます。
 以上で、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔企画部次長 宮地将人 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第36号については、企画総務委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第9

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第9 議案第37号 西尾市市税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 渡辺裕介 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) ただいま議題となりました議案第37号 西尾市市税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。議案書19ページをごらんください。
 本案は、地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、保育の受け皿整備促進のため固定資産税等の課税標準の特例措置の設定を初め、居住用超高層建築物に係る課税の見直し、控除対象配偶者の定義の変更に伴う規定の整備などについて、所要の改正を行いたいとするものでございます。
 それでは条文を追って、主な改正の内容につきましてご説明申し上げます。20ページをごらんください。
 第33条の改正は、特定配当等及び特定株式等譲渡所得金額に係る所得について、提出された申告書に記載された事項、その他事情を勘案して市長が課税方式を決定できるとするもの、第34条の9の改正は、第33条の改正に伴い条文の整理をするものでございます。
 21ページ、第48条及び第50条の改正は、延滞金の計算の基礎となる期間に係る規定について条文の整理をするもの、第61条の改正は、震災等により滅失等した償却資産にかわる償却資産等に対する固定資産税の課税標準の特例について規定するものでございます。
 追加する第61条の2の規定は、地方決定型地方税制特例措置、いわゆるわがまち特例を導入した上で、家庭的保育事業等の用に直接供する家屋及び償却資産に係る固定資産税の課税標準について特例割合とするもので、第1項は家庭的保育事業、第2項は居宅訪問型保育事業、第3項は事業所内保育事業を対象としております。
 第63条の2の改正は、居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る税額の按分方法について、現行の区分所有に係る家屋と同様に区分所有者全員の協議による補正方法の申出により、固定資産税額を按分することができるようにするものでございます。
 22ページをごらんください。
 第63条の3及び第71条の2の改正は、被災市街地復興推進地域に定められた場合に、震災等発生後4年度分に限り、第63条の3は、所有者の申出により従前の共用土地に係る税額の按分方法と同様の取り扱いとするため、第71条の2は、住宅用地の申告の際の特例を適用するため、それぞれ規定を整備するものでございます。
 続いて、制定附則の改正についてご説明申し上げます。
 附則第5条の改正は、控除対象配偶者の定義の変更に伴う規定の整備をするもの、附則第8条の改正は、肉用牛の売却による事業所得に係る課税の特例について、適用期限を3年間延長するもの、附則第10条の改正は条文の整理、次ページにかけてとなります附則第10条の2の改正は、第13項において、わがまち特例を導入した上で、企業主導型保育事業の用に供する固定資産を対象に、固定資産税の課税標準について特例割合とするほか、条文の整理をするものでございます。
 23ページ、上から8行目をごらんください。
 次ページにかけてとなります附則第10条の3の改正は、条文の整理を初め、耐震改修や省エネ改修が行われた認定長期優良住宅について、固定資産税の減額を受けようとする者が提出する申告書について規定するものでございます。
 24ページ中ほどをごらんください。
 附則第16条の3の改正は、特定配当等に係る所得について、提出された申告書に記載された事項、その他事情を勘案して市長が課税方式を決定できるとするもの、附則第17条の2の改正は、優良住宅の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る課税の特例について、適用期限を3年間延長するものでございます。
 次ページにかけてとなります附則第19条の2の改正は、特例適用配当等に係る所得について、附則第19条の2の2の改正は、条約適用配当等に係る所得について、ともに提出された申告書に記載された事項、その他事情を勘案して市長が課税方式を決定できるとするものでございます。
 25ページ、下から3行目をごらんください。
 追加する附則第19条の5の規定は、わがまち特例を導入した上で、企業主導型保育事業の用に供する固定資産を対象に、固定資産税と同様に特例割合とするもの、次ページにかけてとなります附則第22条の改正は条文の整理でございます。
 26ページをごらんください。
 最後に改正附則でございますが、本案は公布の日から、ただし附則第5条第1項の改正規定及び次条第2項の規定は、平成31年1月1日から施行したいとするものでございます。
 また、第2項において、前項のただし書きに規定する部分を除く改正後の西尾市市税条例の規定は、平成29年4月1日から適用したいとするものでございます。
 附則第2条は市民税について、次ページにかけてとなります附則第3条は固定資産税について、27ページ中ほどをごらんください。附則第4条は都市計画税について、おのおのに関する経過措置を定めたものでございます。
 また、附則第5条及び附則第6条の西尾市市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございますが、それぞれ条文の整理をするものでございます。
 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部長 渡辺裕介 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第37号については、企画総務委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第10

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第10 議案第38号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。健康福祉部次長。
      〔健康福祉部次長 大西敏一 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(大西敏一) ただいま議題となりました議案第38号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。議案書29ページをごらんください。
 本案は、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成29年政令第118号)が施行されたことに伴い、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正したいとするものでございます。
 それでは、改正内容についてご説明申し上げます。議案書30ページをごらんください。
 第23条は、国民健康保険税の軽減措置の5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の26万5,000円から27万円とし、また2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の48万円から49万円とするものでございます。
 次に改正附則でございますが、第1項は、この条例は公布の日から施行すると規定したものでございます。
 第2項は、この条例による改正後の西尾市国民健康保険税条例の規定は、平成29年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成28年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例によるとするものでございます。
 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔健康福祉部次長 大西敏一 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第38号については、厚生委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第11

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第11 議案第39号 個別外部監査契約の締結についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 渡辺裕介 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) ただいま議題となりました議案第39号 個別外部監査契約の締結について、提案理由をご説明申し上げます。議案書31ページをごらんください。
 本案は、公共施設再配置第1次プロジェクトで個別外部監査を実施することに伴い、個別外部監査契約を締結する必要が生じましたので、地方自治法第252条の41第4項で準用する同法第252条の39第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。
 3月定例会において、個別外部監査契約に基づく監査によることについて議決いただきましたので、個別外部監査人候補者として、公認会計士の日進市岩崎台二丁目1522番地、三宅惠司氏を選定いたしました。つきましては、当該契約に基づく監査及び監査の結果に関する報告を目的に、契約の期間は議決の日から平成30年3月31日まで、また契約の金額は627万4,800円を上限とする額として、三宅氏と随意契約したいとするものでございます。
 なお、この契約の締結について、地方自治法第252条の41第4項で準用する同法第252条の39第6項の規定により、監査委員の意見を求めたところ、適当であるとの意見をいただいております。
 以上で、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部長 渡辺裕介 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 質疑なしと認め、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第39号については、企画総務委員会に付託します。
           ──────────○──────────
日程第12

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第12 議案第40号 財産の無償貸付けについてを議題とします。提案理由の説明を求めます。建設部次長。
      〔建設部次長 加藤雄二 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) ただいま議題となりました議案第40号 財産の無償貸付けについて、提案理由のご説明を申し上げます。議案書33ページをごらんください。
 本案は、西尾駅西広場整備事業において、市所有の土地を無償で貸し付けるため、地方自治法第96条第1項第6号により議会の議決を求めるものでございます。
 1 貸付財産につきましては、種類 土地、所在地 西尾市花ノ木町4丁目64番、地目 宅地、地積3,534.98平方メートル。
 2 貸し付けの相手方につきましては、株式会社西尾駅西開発。
 3 貸付期間につきましては、西尾駅西広場整備事業に係る事業用定期借地権設定契約を締結した日から、整備施設が供用開始する日の属する月の前月の末日までとするものでございます。
 なお、貸付財産の位置につきましては、参考資料として添付しておりますので、ご確認いただきたいと存じます。
 以上で、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔建設部次長 加藤雄二 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 財産の無償貸付けの議案は、西尾の駅西の開発事業に当たって、なかなか民間の進出が得られなかったので、市が相当の額を投じてホテルとコンベンションホールを建設してもらえるという運びになっているわけで、3億円余の全体の補助に相当する金額が投じられるということになるわけです。この議案は、そのうちの一部で、無償の土地の貸し付けに対する議案ということになるわけですが、数点、お聞きをしたいというふうに思います。
 まず、貸し付けの相手方である株式会社西尾駅西開発、この企業の概要はどのようかお聞きをしたいと思います。
 2点目に、駅西周辺での貸付け実例、民間での貸付け実例などがあるのかどうか、単位面積当たりの貸付額がどれほどになっているのか、お聞きをしたいというふうに思います。
 3点目ですけれども、工事期間中は無償とするというような議案ですけれども、こういう事例というのは他市にあるのかどうか、お調べいただいたかと思うんですが、その点をお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) まず1点目の、貸し付けの相手方であります株式会社西尾駅西開発の企業概要でございますが、会社成立の年月日が平成29年3月7日、業務の内容が不動産の賃貸、管理、保有並びに運用、駐車場の経営、管理運営、公園等公共施設の管理、受託業務などでございます。
 なお、役員でございますが、杉田芳男氏を代表取締役といたしまして西尾商工会議所の役員などで構成されております。
 続きまして、2点目の駅西周辺での実例でございますが、西尾駅西周辺では市が直接契約している貸し付け等の実績はございません。また、民間による貸付け状況等の把握はしておりません。
 続きまして、工事期間中、無償となる他市はあるかというご質問でございます。岡崎市で、工事期間中を無償としている事例がございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 1点目に伺いました相手方の西尾駅西開発の企業概要ですけれども、もう少し企業の役員構成を詳しく紹介してほしいと思います。
 それから、出資額はどのようになっているのかお聞きをしたいと思います。
 それから、工事期間中、無償とするというような例が岡崎市にあるということでしたけれども、西三河9市を調べて、ほかには例がなく、岡崎市だけ事例があったということになるのではないかと思うんですけれども、よほどの公益性がなければ無償で土地を貸与するというようなことはないわけですけれども、岡崎市ではどういう事業内容に対して貸し付けるけれども、当分の期間は無償で行っているという事例の事業内容はどのようか、お聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 建設部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部次長(加藤雄二) 企業の資本金と役員等のご質問でございます。株式会社西尾駅西開発の資本金の額は250万円でございます。役員につきましては、商工会議所の会頭、副会頭及び西尾信用金庫の理事長で構成されております。
 続きまして、岡崎市が無償としている事業でございます。岡崎市が工事期間を無償とする事業は、既に事業中の岡崎市シビックコア地区交流拠点整備事業を確認しております。
 なお、事業中のシビックコア地区への誘導施設につきましては、レストラン、コンベンションホール、宿泊施設などを含む施設及び駐車場、駐輪場が整備されております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第40号については、経済建設委員会に付託します。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午前10時59分 休憩
                            ─────────
                            午前11時10分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。
           ─────────────────────
日程第13

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 日程第13 議案第41号 平成29年度西尾市一般会計補正予算(第1号)を議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部長。
      〔総務部長 渡辺裕介 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(渡辺裕介) ただいま議題となりました議案第41号 平成29年度西尾市一般会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。
 今回の補正は、当初予算編成時には想定できなかった事情により、緊急に予算措置を要する経費で、9月補正では対応が間に合わないもの、4月に入り事業決定され、交付内示等の通知があったものを計上したもので、年度開始間もないことから必要最小限の予算としております。
 1ページをごらんください。
 第1条、歳入歳出予算の補正は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ477万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ531億8,477万円と定めたいとするものでございます。
 以下、この予算内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書により歳入予算から順次ご説明申し上げますので、6ページをごらんください。
 15款県支出金、3項7目教育費委託金27万円の追加は、説明欄、アクティブ・ラーニング推進事業委託金17万円及び特別支援教育推進モデル事業委託金10万円の計上でございます。
 20款諸収入、5項7目雑入450万円の追加は、説明欄、自治総合センター助成金の一般コミュニティ助成分250万円及び地域活性化センターの移住・定住・交流推進支援事業助成金200万円の計上でございます。
 続きまして、歳出予算のご説明を申し上げます。8ページをごらんください。
 2款総務費、1項11目会計管理費149万8,000円の追加は、事務職員の産休取得に伴う代替職員賃金の計上でございます。
 13目地域支援協働費250万円の追加は、自治総合センター助成金の一般コミュニティ助成分の交付決定により、説明欄、西尾市コミュニティ助成事業補助金の計上でございます。
 14目離島振興費200万円の追加は、地域活性化センター助成金の移住・定住・交流推進支援事業助成金の交付決定により、説明欄、「島おこしのNEXTステージ」プロジェクト事業補助金の計上でございます。
 6款農林水産業費、1項2目農業総務費133万2,000円の追加は、事務職員の産休取得に伴う代替職員賃金の計上でございます。
 10款教育費、1項3目教育指導費27万円の追加は、県委託金の交付内示に伴い、説明欄、特色ある学校づくり推進事業17万円及び特別支援教育推進事業10万円の計上でございます。
 2項1目学校管理費200万円の減額は、小学校施設整備事業における実施設計業務委託料の減額でございます。
 10ページ、3項1目学校管理費200万円の追加は、中学校施設整備事業における実施設計業務委託料の追加でございます。
 14款予備費283万円の減額は、財源調整によるものでございます。
 以上で、平成29年度西尾市一般会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部長 渡辺裕介 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 8ページ・9ページ、10款2項小学校費、1目の学校管理費200万円の減額、さらに3項中学校費の学校管理費で、実施設計業務委託料200万円の増額でありますが、もう少し詳しい説明を求めます。また、この4月の時期でありますので、詳細を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 議案書8ページの、10款2項1目小学校施設整備事業、13節委託料の実施設計業務200万円の減額につきましては、トイレの改修工事実施設計委託料で、もともと10校分1,000万円を計上させていただいておりましたが、2校分200万円を減額するものでございます。
 また、議案書10ページの10款3項1目中学校施設整備事業、13節委託料、実施設計業務200万円増額でございますが、トイレ改修工事実施設計委託料でございます。これは、もともと2校分を当初予算で計上させていただいておりましたが、2校分を、さらに追加して200万円を増額するものでございます。
 小学校の方の2校につきましては、中畑小学校と矢田小学校を減額して、30年度以降に実施していくということでございまして、理由でございますが、当初予算計上後に改修時期ですとか、工事内容を見直す必要が生じてまいりました。
 したがいまして、30年度以降に実施するということで減額をさせていただきたいと考えております。
 それと、中学校の方につきましては、反対に前倒しの可能なところを選定して、効果も得られるというところを選定し、2校を追加していただきたいと考えているところでございます。総額としては変わらないということになろうかと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 鈴木規子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(鈴木規子) 総額が変わらないことはわかりましたけれども、これまでトイレの改修については、市域全体の小学校、中学校について計画を持って順次、進めてきたはずでありますが、ここへきて時期と内容を見直す必要が生じたと、これは具体的にどういうことが生じたのでしょうか。それは、これまでの計画ではわからなかったことなのか、新たな事情なのか、特殊な事情なのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 教育部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 理由でございますが、これまで計画的にやってきた中ではつかみ切れなかったものでございまして、トイレの改修につきましては、洋式化ですとか、湿式から乾式に変えていくというような計画でございますが、給食の関係で調理業務を行う調理員のトイレが、男性の調理員が自校方式の学校へ今後、配属になっていくということもありまして、新たにトイレを改修するのに今までと同じではなくて、そういった要因も含めて考える必要があるということも新たに発生してきまして、6月補正というのは、たまたま今回は4月でありますけれども、9月補正では少し期間がぎりぎりになってしまうということもございまして、お願いを申し上げているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第41号については、関係委員会に付託します。
           ──────────○──────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(田中 弘) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 次回は4月17日月曜日、午前10時より再開することとし、本日はこれにて散会いたします。
                            午前11時19分 散会