議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成29年 文教委員会 本文




◎開会・議事の件について
◯委員長(松井晋一郎) おはようございます。出席者全員ですので、これより文教委員会を開会します。
 本会議におきまして、本委員会に付託となりました案件は、さきに送付しました議案付託表のとおりであります。
 お諮りします。本委員会の議事は、お手元に配付しました次第の順序により進めてまいりたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認めます。よって、これより次第の順序により会議を行います。

       ─────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) 第1 陳情第2号 市立小・中学校の普通教室への冷房設備の設置についての陳情書を議題とします。本陳情を審査する上において、参考となる補足説明がありましたら、関係部長から説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 特にございません。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) 補足説明はありませんでした。質疑はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) まず、現在市内小・中学校の冷房設備の設置状況、保健室などに入っているところは除いて、その辺、普通教室について設置してある箇所はあるのかないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 小・中学校の普通教室につきましては、平成28年度に建設、賃貸借を行いました矢田小学校南庭校舎にのみ設置しております。これは軽量鉄骨の校舎であり、他の鉄筋コンクリートの校舎よりも暑さ対策が必要と判断されるためであります。このほかに特別支援教室で一部設置しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) 矢田小学校の校舎につきましては、プレハブ校舎で温度が四、五度上がるということで設置していただきまして、大変ありがとうございました。
 今の答弁の中で、参考までにお聞きしたいのが、特別支援教室で一部設置しているという答弁でしたが、一部とはどういったところなのか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 特別支援教室の児童・生徒で身体的な理由などで、体温調節が難しい児童・生徒の教室は冷房設備が設置されています。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) この関係で再々になりますけれども、現在普通教室へ冷房設備を設置した場合、全体もお聞きしたいんですけれども、まず一教室の設置費用がいくらぐらいなのか。そして、総額全学校設置した場合どれぐらいなのか、わかりましたらお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 他市の実績額で申しますと、一教室当たり250万円程度でありまして、平成28年5月1日現在の普通教室数で算出いたしますと、小学校406教室で10億1,500万円程度、中学校163教室で4億750万円程度で、小・中学校を合計合わせますと569教室、総額14億2,250万円程度になると想定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) 少しエアコンから離れますけれども、現在市内の小・中学校で扇風機の設置を進めていると思いますけれども、現在の設置状況はどのようになっているのか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 小・中学校の普通教室と小学校の特別教室、音楽室、図工室、理科室、家庭科室等については完了しております。中学校の特別教室は一部完了しておりますが、平成29年度末見込みでは、48教室が未設置でありまして、今後全ての特別教室へ計画的に設置してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) これは参考なのですが、今の特別教室の中で、理科室は特に設置が必要ではないかと、薬品の関係があると思うんですが、その辺の関係はどうでしょうか。わかりましたらお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) はい。もちろん必要だと考えておりますので、設置していきたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) 理科室等は、特に優先的にやっていただきたいなというように思います。それでは、今中学校において、今後全ての特別教室へ計画的に設置する予定ということをお答えいただきましたけれども、この経費はどれぐらいになるのか。また全部設置するのに、完了年はどのように考えておられるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 中学校での未設置である特別教室への設置費用につきましては、1,800万円程度と想定しており、完了年度につきましては平成32年度を予定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) これはちょっと人にお聞きしたんですけれども、今お聞きすると1,800万円ということで、そんなに大した経費ではありませんので、できれば31年度くらいで完了できませんか。何か考えていただけませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 今、優先的にやっていますのがトイレですね。これは毎日使います。これを真っ先にやりたいと今考えておりますので、これだけは毎日使う施設でありますので、これを最優先でやっております。また扇風機の方は、おいおい考えてまいりますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) よくわかりました。もう1つ、近隣市の冷房設備の設置状況ですね。普通教室に限っての答弁で結構なのですが、各学校どのようか、少し教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 近隣市の状況ですが、一部自治体を除き、小学校、中学校とも普通教室においては設置をしていない。または今後も設置予定なしが大半でありました。ただ自治体によっては、調査では普通教室の全教室に設置予定の自治体や、反対に全く設置する必要がないという回答をいただいた自治体もございました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(中村眞一) 現在実施中の非構造部耐震化の工事、それと今市長が最優先でやっていきたいと言われましたトイレ改修工事の進捗率、また、この残工事の経費及び完了年度はどのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部次長(新實正志) 小・中学校の非構造部材耐震化工事の進捗率は、平成29年度末の見込みで約70%となります。また、残工事の経費は3億3,000万円程度であり、平成31年度で完了する予定でございます。それから、小・中学校のトイレ改修工事の進捗率は、平成29年度末見込みで約66%となります。また残工事の経費につきましては、8億8,000万円程度であり、平成33年度で完了する予定であります。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) ほかに質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 これより、本陳情に対するご意見をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(永山英人) 本市においては、学校教育活動の一層の充実向上と学校の施設の改善を図るため、財政状況の厳しい中、学校施設の整備を進めております。現在、小・中学校の非構造部材耐震化工事を初め、その中で重点的に小・中学校のトイレ改修工事に取り組んでいることは承知しております。今後も安全・安心で快適な教育環境の整備に、引き続き投資をしていく必要があります。優先順位の高いものから予算の確保を図っていかなければならないと思っております。
 しかしながら、児童・生徒の熱中症対策など健康面に配慮し、適正な学習環境を確保する必要があるという視点においては、十分理解できるところであります。昨今、小・中学校の普通教室に冷房設備を設置する自治体の動きもあります。たしかに近年の異常気象による夏の暑さは、以前とは比較にならない状況であり、また体力を温存できない子どもたちにとっては、体力の消耗も激しいのではないかと心配するところでもあります。
 今後、他市の動向を注視しながら、また本市の財政状況も踏まえ、中長期的な視野にたって検討していかなければならない事案と考えます。
 したがいまして、本陳情書は趣旨採択すべきものと考えるものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) ほかにご意見はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(大塚久美子) 私も永山委員の意見に同じです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) では、ほかにご意見はありませんか。
 なければ、これより採決に入ります。
 現在小中学校の非構造部材耐震化工事を初め、その中で重点的に小・中学校のトイレ改修工事に取り組んでいる。今後も安全・安心で快適な教育環境の整備に引き続き投資をしていく必要があり、優先順位の高いものから予算の確保を図っていかなければならない。しかしながら、児童・生徒の熱中症対策など健康面に配慮し、適正な学習環境を確保する必要があるという視点においては十分で理解できる。今後他市の動向を注視しながら、また本市の財政状況を踏まえ、中長期的な視野に立って、検討していかなければならない事案であるとの理由により、趣旨採択とするとのご意見があります。
 本陳情につきましては、趣旨採択とすることに賛成の諸君の挙手を求めます。
   (賛成者挙手)
 挙手全員であります。よって本陳情については、趣旨採択すべきものと決しました。

       ────────────○────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) 第2 議案第41号 平成29年度西尾市一般会計補正予算(第1号)本委員会関係分を議題とします。説明を求めます。教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(岩瀬美貴徳) ただいま議題となりました議案第41号 平成29年度西尾市一般会計補正予算(第1号)のうち、教育委員会関係分についてご説明申し上げます。
 まず、歳入予算についてご説明申し上げますので、議案書6ページをごらんください。
 15款3項7目教育費委託金27万円の追加は、区分1教育総務費委託金説明欄アクティブラーニング推進事業委託金17万円及び特別支援教育推進モデル事業委託金10万円で、新たに県から委託を受けました事業の委託金であります。
 次に、歳出予算についてご説明申し上げますので、8ページをごらんください。
 10款1項3目教育指導費27万円の追加は、先ほど歳入でご説明申し上げました県からの2つの委託事業にかかる経費の計上でございます。説明欄11特色ある学校づくり推進事業は、どの子にも楽しく「わかる」「できる」、確かな学びを促す事業づくりの研究及び14特別支援教育推進事業では、通常の学級に在席する発達障害などの児童に対する指導・支援方法について研究し、それぞれ西野町小学校及び通級指導教室設置校において実施するものでございます。
 10款2項1目学校管理費200万円の減額は、説明欄4小学校施設整備事業でトイレ改修工事実施設計委託料を10項から8項に変更するものでございます。
 10ページをごらんください。
 10款3項1目学校管理費200万円の追加は、説明欄4中学校施設整備事業でトイレ改修工実施設計委託料を2項から4項に変更するものでございます。
 以上、教育委員会関係分の説明とさせていただきます。
 よろしくご審議いただきますよう、お願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) 説明は終わりました。質疑はありませんか。
   (「なし」の声あり)
 別に質疑もないようでありますから、これをもって質疑を終わります。
 これより議案第41号本委員会関係分を採決します。
 本案につきましては、原案どおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。
   (賛成者 挙手)
 挙手全員であります。よって本案は原案どおり可決すべきものと決しました。

       ─────────────────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松井晋一郎) 以上をもちまして、本委員会に付託されました案件の審査は全て終了しました。
 これをもちまして文教委員会を閉会します。



                            終