議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成28年 企画総務部会 本文




1 新電力との電気需給契約について
   資料 議題1資料 新電力との電気需給契約について
            契約施設一覧
    企画部次長より次のように説明。

◯企画部次長(宮地将人) ただいま議題となりました新電力との電気需給契約について、ご説明申し上げます。議題1資料をごらんください。
 去る平成28年3月14日の企画総務臨時部会におきまして、日本ロジテック協同組合の事業撤退への対応についてご説明いたしましたが、同組合が平成28年3月31日をもって電力事業から撤退いたしました。これに伴い、安定需給が確保されることを前提に、電気料金削減の取り組みを継続するために新たな新電力と電気需給契約を締結いたしました。その概要を申し上げます。
 (1)契約の相手方は、東京都千代田区に本社を置きます丸紅新電力株式会社でございます。
 (2)需給期間は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの1年間でございます。
 (3)需給施設は、市役所本庁舎を初め76施設でございます。詳細につきましては、別紙をごらんください。この76施設につきましては、本年3月末まで日本ロジテック協同組合から供給されていた施設と同一でございます。
 (4)年間削減見込額は、丸紅新電力の提案によりますと約7,000万円となっております。
 以上で、議題1の説明を終わります。

<協議>

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(田中 弘) 先ほど言ったように日本ロジテックが撤退をするということで、丸紅新電力と契約をするわけですけれども、これは相手が、ぜひうちでやってくれとか、まだいろいろな電力の販売会社はあると思うんですけれども、どういうことでこのようになったのか。
 もう1点は、年間の削減額が前年に比べて7,000万円なのか、今から契約して7,000万円なのか、どちらなのかお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 今回、日本ロジテックの撤退の話を受けまして、これまで話のありました電力会社等、4社につきまして提案を求めました。その結果、一番高いところが年間7,800万円の削減、2番目が丸紅という形でございましたが、ほかの3社につきましては入札資格がないということが判明いたしましたので、2番目でございましたが丸紅新電力と契約という形に至りました。
 あと、削減額の7,000万円の見込みにつきましては中電、既存の電力とした場合の削減見込みでございまして、平成27年度のロジテックとの実績で見ますと、ロジテックの方は約3,600万円の削減ということでございました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(田中 弘) そうしますと、約3,400万円ぐらいのプラスになるということですけれども、このままずっと、ある程度、期間は3年とか5年という契約ですか、それとも相手が値段を上げてくれと言ってきた場合は上がっていくんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 今回の契約は、1年の契約になっておりまして、7,000万円という数字は電力の調達コストが下がっているという動向の中での金額でございまして、先行きにつきましては、なかなかわからないということでございますが、これまでの契約でいきますと、ロジテックとは3年の契約を結んで有利な数字というものをいただいておりますので、長期ということを考えていけば、そういったものも考えられる可能性もございますので、今後、丸紅とも、また話をしていきたいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(山田慶勝) 日本ロジテックは、先ほどのお話ですと27年度中も契約していたというお話ですが、あそこは自治体に対して未払いのところが結構あると聞いておりますけれども、西尾市についてはそういうことはないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 日本ロジテックが電力会社の方へ支払っていないという部分がございまして、それが行政的な指導という言葉はあれですけれども、報道等に公表されたというのがございまして、西尾市分につきましても一部該当のものがございます。これにつきまして日本ロジテックが撤退していく、あとは法的な手続をとっていくという中で、今、債権債務の整理ということを慎重に進めております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(石川伸一) 中電で契約した場合が総トータルで幾らという想定のもとに、それから7,000万円削減できますよという想定ですよね。ですから、その大もとの中電で契約した場合は幾らという想定がされているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) ご提案いただいている丸紅からの資料によりますと、約3億4,000万円というのが今回、76事業での年間の支払額というふうに想定しております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部会長(稲垣一夫) 企画部次長、今のご答弁ではなくて、中電で支払ったら幾らになるかという質問です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 中電に支払うとすると3億4,000万円ということで、丸紅と契約をいたしますと2億7,000万円ということで、約7,000万円の削減が見込まれるということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(中村眞一) 4社が出て、1社は入札資格がないということで2番札ということですが、これは当然、随契の範囲で話し合いで決めていくんですけれども、話し合いの中で一番安い札を入れたところまで歩み寄れるかどうかという検討はされたんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 本来、提案をいただいている段階では、私どもといたしましては当然、入札の資格があるというふうに思っていたわけでございまして、ただ4月1日からの切りかえという短い期間の中で、この話をまとめていくというのは難しいという判断をいたしまして、2番手でありました丸紅新電力と契約という形になりました。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(中村眞一) そうすると、早く契約しなければいけないから、値下げ交渉はやらずに札のままで契約したという解釈ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) はい、そうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(中村眞一) 76施設ということですけれども、ほかの施設の契約というのは今現在、中電でやっているのか、ほかの施設も今後、取り入れていく予定があるのかないのか、そこら辺をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 今までB契約というものを18施設で、28年の2月まで日本ロジテックでやっておりましたが、これにつきましては3月分から中部電力と契約をしております。今回、丸紅からは一部、18施設も今回の76施設のように契約できる可能性があるというふうなお話もいただいておりますので、今後、この部分も含めて追加の随契なりができるような形を模索していきたいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(松井晋一郎) 今回、資格要件というものがあって2番札ということだったんですけれども、1年の単年度で更新ということは、今後、また値段交渉等でほかの企業、電力会社と、今たくさんあるわけですから、お話があると思うんですけれども、その中で資格要件を満たしている会社が出てきた場合、より安い場合は、この会社とは違うところと契約するというような形もあり得るということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 今回、短い期間でございましたので、そのあたりが反映できておりませんが、今後につきましては、お話をいただく相手方についても、そういうものを具備した形で話をしていきたいというふうに考えています。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(稲垣正明) 4月から電力の自由化ということで、今、進んでおりますけれども、対象の電力はこのとおりだと思いますけれども、それ以外のところは新しい電力に、市場はそのようになっていきますけれども、少しは安くなっていく傾向にあるかどうか、その辺は検討されてみえますかどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部次長(宮地将人) 小売の電力事業につきましては、4月1日に始まったということで、今後、検討していくという形で、今までの後発という形でやってきた事業と、どのあたりがどのように違うのか、また削減コストが見込まれるものなのかという部分も含めまして検討していきたいというふうに考えております。
 以上でございます。


2 消防車両の車検切れについて
   消防長より次のように説明。


-------------------------------------------------------------------------------

◯消防長(岩瀬智志) ただいま議題となりました消防車両の車検切れにつきまして、ご説明申し上げます。資料はございませんので、よろしくお願いいたします。
 概要につきましては、消防署吉良分署の連絡作業車が平成28年3月24日から4月6日の14日間、車検切れに気づかずに運行したものでございます。運転回数は13回、3名の職員が合計166キロメートル運転し、緊急走行はありませんでした。
 また、発覚状況につきましては、当本部総務課職員が財政課に3月分の車検証の写しを提出するため、吉良分署職員に提出依頼をしたところ発覚いたしました。
 なお、今後の対策としましては、このようなことが二度とないように車両整備管理体制の見直しに加え、各所属と総務課で車両のダブルチェック等を実施し、再発防止に取り組んでまいります。
 以上で、概要説明とさせていただきます。どうも、申しわけありませんでした。

<協議>

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(中村眞一) 車検切れということは1年も前からわかっていて、予算要求していると思うんですが、それができていなかったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防署長(大岡元彦) 予算要求時に当然、その辺はわかっております。各分署においても車検の日程、点検の日程等を掲示する等、いろいろな忘れ防止的なものもやっておりました。車両の責任者も定めておりましたが、今回、それが機能していなくて期限を過ぎてしまったという完全なミスということでございます。申しわけございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(中村眞一) もう1点、4月8日に警察に届け出たということですけれども、これは何か罰則的なものはついて回るんですか、どういうことになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防署長(大岡元彦) まだ正式決定ではございませんが、警察の方に届けたときには私どもの過失ということで、ある意味、寛大なお考えで対応いただけるのかなという感触は持っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(山田慶勝) 我々だと、ディーラーの方から連絡が来るんですけれども、消防車両、あるいは市役所全体の車両というのは、ディーラーとのアフターケアは全然関係なくやってみえるんですか、その辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯消防署長(大岡元彦) 業者の方のサービスの一環として、はがきの通知をいただけるところもございます。ただ今回、私どもが受検をしていたところについては、そのサービスが提供されていなかったということでございましたので、この機会に、業者にも通知のはがきをいただけるようご協力をお願いいたしまして、今後はいただけるような形で車検の受検漏れ防止ということに努めてまいりたいと思っております。
 以上でございます。



                            終