議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成27年4月臨時会(第1号) 本文




                            午前10時00分 開会
◯議長(神谷庄二) ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成27年西尾市議会4月臨時会は成立しましたので開会します。
 今期臨時会に提出されました案件は、専決処分を初め4件であります。諸議案につきましては、後刻、市長等からそれぞれ説明がありますが、十分な検討を加え、市民の負託にこたえるべく努力したいと存ずるものであります。
 したがって、議員各位におかれましては、円滑に議事を進められ、適正、妥当な議決に到達しますようお願い申し上げ、開会のあいさつとします。
 市長からあいさつがあります。市長。
      〔市長 榊原康正 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 本日、ここに平成27年西尾市議会4月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私とも何かとご多用の中、ご参集をいただき、厚くお礼を申し上げる次第でございます。
 さて、今議会に提案をいたします案件は4件で、その内訳は専決処分が1件、人事案件が1件、単行議案が2件でございます。
 まず、専決処分につきましては、西尾市市税条例等の一部を改正する条例について専決処分をさせていただきましたので、そのご報告を申し上げ、ご承認をお願いしたいとするものでございます。
 次に、人事案件につきましては、小山雅之西尾市固定資産評価員が平成27年3月31日付で退職したため、後任者の選任について議会の同意をお願いしたいとするものでございます。
 単行議案につきましては、西尾市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定及び西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定の2件でございます。
 詳細につきましては、上程の後、担当者が説明をいたしますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。
      〔市長 榊原康正 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) あいさつは終わりました。
           ─────────────────────
                            午前10時03分 開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議事日程第1号により行います。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) この際、諸般の報告をします。
 専決処分書につきましては、お手元にお配りしましたとおりであります。
 次に、監査委員から定期監査等の実施結果の報告があり、掲示板に掲げておきました。
 次に、西尾市土地開発公社の事業計画書等の報告につきましては、さきに送付したとおりであります。
 以上で、報告を終わります。
           ─────────────────────
日程第1

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において永山英人議員及び岡田隆司議員を指名します。
           ──────────○──────────
日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第2 会期の決定を議題とします。
 お諮りします。今期臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定しました。
           ──────────○──────────
日程第3

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第3 議案第41号 専決処分の承認についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。総務部次長。
      〔総務部次長 永谷和夫 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(永谷和夫) ただいま議題となりました議案第41号 専決処分の承認について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書2ページをごらんください。
 本件は、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、西尾市市税条例等について改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、去る3月31日に専決処分をいたしましたので、同法第179条第3項の規定により報告し、その承認を求めたいとするものでございます。
 それでは、条文を追って主な改正の内容につきましてご説明を申し上げます。
 議案書とあわせて、議案第41号参考資料「西尾市市税条例等の一部を改正する条例の概要」をごらんください。
 なお、条文の整理を主とした改正につきましては、説明を省略させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
 3ページをごらんください。
 第1条、西尾市市税条例の一部改正でございますが、第31条につきましては、法人市民税均等割の適用において、資本金等の額と資本金に資本準備金を加えた額を比べ、高い額を均等割の税率区分とするものでございます。
 第48条、第50条、第57条及び第59条の改正は条文の整理でございます。
 第141条につきましては、都市計画税において、児童福祉法第34条の15第2項の規定等に該当する家屋等に対して課す固定資産税の課税標準となるべき価格の規定の引用を追加するものでございます。
 続きまして、制定附則の改正について申し上げます。
 附則第7条の3の2につきましては、個人住民税における住宅ローン減税について、対象期間を平成29年から平成31年まで延長するものでございます。
 次に、附則第9条から、4ページの中ほどの附則第9条の2につきましては、通称「ふるさと納税」について、寄附を受領した市町村が課税住所地の市町村へ通知を行う制度を新設するものでございます。
 附則第10条の2につきましては、固定資産税における通称「わがまち特例」の創設に伴い、津波防災地域づくりに関する法律や高齢者の居宅の安定確保に関する法律に規定する家屋等について、課税標準の特例対象とするものでございます。
 議案書は5ページ、議案参考資料は裏面となりますが、附則第11条から附則第13条の3までの改正につきましては、固定資産税の特例として、土地に係る負担調整措置について3年延長するものでございます。
 附則第15条につきましては、特別土地保有税に係る条文の整理でございます。
 附則第16条につきましては、6ページの中ほどにかけまして、軽自動車税の税率の特例を規定しております。これは、平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に新車で取得した、一定の環境性能を有する三輪及び四輪以上の軽自動車について、取得した年度の翌年度、つまり平成28年度に限り税率を軽減するグリーン化特例を行うものでございます。
 附則第20条から附則第21条の4までの改正につきましては、都市計画税の特例として、固定資産税の特例と同様に3年延長するものでございます。
 附則第21条の5及び附則第22条につきましては、条文の整理でございます。
 次に、第2条、西尾市市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。
 附則第16条につきましては、7ページの中ほどにかけまして、軽自動車税の税率の特例として重課の規定を加えるものでございます。
 附則第1条及び附則第4条の改正でございますが、これは軽自動車税の税率につきまして、三輪及び四輪以上の軽自動車を除くもの、つまり二輪車や小型特殊自動車等の軽自動車において、平成27年度以降分の年度分の軽自動車税に適用される税率の適用開始時期を1年間延長するものでございます。
 附則第6条の改正は、条文の整理でございます。
 最後に、改正附則でございますが、本件は平成27年4月1日から、第2条中の附則第1条及び附則第4条の改正は公布の日から施行するものと定めております。
 また、8ページの第2条から、9ページの第5条までの規定につきましては、それぞれの税目の経過措置について定めたものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、専決処分の報告とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願い申し上げます。
      〔総務部次長 永谷和夫 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 市税条例の関係で伺いたいと思いますが、最初に31条について伺いたいと思います。
 これは、市民税の均等割の税率区分の基準が、これまでは資本金と従業員数でしたけれども、これに資本準備金なども加えるということですから、区分が変わる法人もあろうかと思いますが、その剰余金が捕捉できているかどうかということもあるけれども、どれほどの法人の区分が変わるお見通しなのか、お聞きをしたいと思います。
 それから、141条ですけれども、ここで言うところの都市計画税と固定資産税の関係ですが、この改正点の概要を、もう少し詳細をお聞きしたいと思います。
 それから、附則第10条の2のわがまち特例の関係ですが、これは部会でもお聞きをしましたけれども、対象施設の件数と軽減額がどれほどになるのか。それから、わがまち特例の近隣市の実施状況についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(永谷和夫) まず、1点目の第31条関係です。市民税の均等割の関係でございますが、法人市民税の均等割の税率に関する改正内容でございまして、平成27年4月以降に始まる事業年度おいて基準となります資本金等の額と従業員数のうち、資本金等の額の基準が変更となるもので、税率区分の変更は特にございません。この改正によりまして、自社株式を取得した場合などにおいて法人市民税の均等割が増加する可能性がございます。
 なお、影響額等につきましては、現在では資本準備金を確認する資料が手元にございませんので、試算することはできませんのでよろしくお願いいたします。
 次に141条、都市計画税に関する改正点の概要ということでございます。こちらにつきましては、まず子ども・子育て支援新制度の施行に伴いまして、家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業、そして生活困窮者自立支援法に基づく社会福祉法人などが行う認定就労訓練事業に対して、税制上の支援として特例措置を創設するものでございます。支援内容としましては、その事業のために使用する家屋などの課税標準を2分の1などとするものでございます。
 最後の附則第10条の2、わがまち特例の関係でございます。こちらの方につきましては、わがまち特例は導入した上で、その適用期限を延長するものでございまして、津波防災地域づくりに関する法律に規定をしております協定避難施設につきましては、該当施設の方はございません。そして、サービス付き高齢者向け住宅の方につきましては、平成26年において7棟が該当をしておりまして、軽減額の方は701万6,000円でございます。
 あと、近隣市の状況ということでございます。西三河9市1町における、わがまち特例の導入状況でございます。まず、協定避難施設につきましては、刈谷市、碧南市、そして高浜市が導入を予定しておりまして、サービス付き高齢者向け住宅につきましては、全ての市町で導入予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 改めて伺いたいと思いますのは141条の関係で、今、答弁がありましたように子ども・子育て支援新制度に伴う軽減措置ということで、条例改正していただくということですけれども、今、説明がありましたように家庭的保育、それから居宅訪問型保育、事業所内保育というような対象となる施設でありまして、まだ西尾市では実施されていないというふうに思いますけれども、ここでお伺いしたいのは、今、事業のために使用する施設は2分の1とおっしゃられたけれども、例えば家庭的保育というと、大体5人から二、三人の近所の子どもをうちで面倒を見るようなケースが多いと思うんですね。ですから、テレビのある居間で保育しながら、時には庭に出て子どもと遊ぶようなケースを思うと、事業所として、そのために使用する施設の2分の1の軽減というのは、これはどういうことになってくるのかなというふうに思うんですが、そのあたりはどうかお聞きをしたいと思います。
 それから同様な関係ですが、附則第10条の2の津波避難ビルについては、該当施設はないということでありましたが、この西尾市にも沿岸部には幾つか津波避難ビルが設置といいますか、そこの民間の持ち主と約束をして、そのように取り扱われていると思いますけれども、そこが該当していないということはどういうことなのかというふうに思うんですけれども、要は通常の民間の社屋の屋上が津波避難施設だったりするわけですね。手すりもついております。外階段のあるところもあります。そういうところが、わがまち特例ということで、この地域に必要な税の軽減措置を講じることができるということに沿って、この制度があるということならば、そういうところこそ軽減の対象になっていないと意味がないというふうに思うわけですけれども、この津波避難ビルが該当施設になっていないということについてどういうことか、お聞きをしたいと思います。
 それから、サ高住は7施設軽減されているというふうに伺いました。サ高住そのものが7施設しかなかったかどうかという気もするんですが、もう少しあったのかなということを思いますと、これは全施設が対象になっていないということだとすると、これもまたどういうことかお聞きをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 総務部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部次長(永谷和夫) まず1点目の、子ども・子育て支援新制度に係るものでございます。こちらにつきましては、おっしゃるとおり保育を行う部分と居住部分というのは、なかなか明確には切り分けが困難かと思います。このあたりのところを踏まえまして按分であるとか、そういったような措置がされると考えておりまして、今のところしっかりとした指針もまだできておりませんので、そういった形になるというふうには聞いております。
 そして、2番目の協定避難施設の関係でございます。こちらにつきましては対象となる施設について、こちらは津波防災地域づくりに関する法律に基づいて、都道府県が指定した区域である必要があるということでございます。愛知県が津波災害警戒区域というものを、現在のところ指定をしておりませんので、これにまず該当して、その上でということでの特例措置でございます。全国的に見てもこういった関係する施設は、今のところほとんどないように聞いております。
 3番目の、サービス付き高齢者向け住宅の関係でございますが、こちらは議員おっしゃるとおり、サービス付き高齢者住宅としてはたくさんの施設がございますが、今回、この特例措置に該当する要件として、国や地方公共団体の補助を受けている必要があるということで、補助を受けていない施設もあろうかと思います。そして、減免の期間の方が新規に課税をしてから5年間ということでございますので、そういった兼ね合いもあるかと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ほかに質疑もないようでありますから、これにて質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第41号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第41号を採決します。本案は、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり承認することに決しました。
           ──────────○──────────
日程第4

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第4 議案第42号 西尾市固定資産評価員の選任の同意についてを議題とします。(総務部次長 永谷和夫 退席)提案理由の説明を求めます。小島副市長。
      〔副市長 小島統市 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(小島統市) ただいま議題となりました議案第42号 西尾市固定資産評価員の選任の同意について、提案理由のご説明を申し上げます。議案書11ページをごらんください。
 固定資産評価員は、地方税法第404条第1項の規定に基づきまして、市長の指揮を受けて固定資産を適正に評価し、かつ市長が行う価格の決定を補助するため設置することになっております。
 本案は、固定資産評価員でありました小山雅之総務部次長兼税務課長が平成27年3月31日に退職いたしましたので、その後任として永谷和夫総務部次長兼税務課長を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定により議会の同意を得たいとするものでございます。
 なお、経歴の大要につきましては、議案第42条参考資料のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
      〔副市長 小島統市 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 提案理由の説明は終わりました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、質疑を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、質疑を省略することに決しました。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第42号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 お諮りします。本案については人事案件でありますので、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、討論を省略することに決しました。
 これより議案第42号を採決します。本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 起立全員であります。よって本案は、これに同意することに決しました。(総務部次長 永谷和夫 入場)
           ──────────○──────────
日程第5

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第5 議案第43号 西尾市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。健康福祉部次長。
      〔健康福祉部次長 尾崎恭子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(尾崎恭子) ただいま議題となりました議案第43号 西尾市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。議案書13ページをごらんください。
 本案は、国民健康保険法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、西尾市国民健康保険条例の一部を改正したいとするものでございます。
 それでは、改正内容についてご説明申し上げます。議案書14ページをごらんください。
 第8条の改正は、国民健康保険法第72条の4が、第72条の5に繰り下げられたことによるものでございます。
 次に、附則でございますが、この条例は公布の日から施行すると規定したものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔健康福祉部次長 尾崎恭子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 質疑なしと認め、これにて質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第43号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第43号を採決します。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり可決されました。
           ──────────○──────────
日程第6

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 日程第6 議案第44号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。健康福祉部次長。
      〔健康福祉部次長 尾崎恭子 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(尾崎恭子) ただいま議題となりました議案第44号 西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由をご説明申し上げます。議案書15ページをごらんください。
 本案は、地方税法施行令等の一部を改正する政令が公布されたこと等に伴い、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正したいとするものでございます。
 それでは、改正内容についてご説明申し上げます。議案書16ページをごらんください。
 第2条第2項は、基礎課税額に係る課税限度額を現行の51万円から52万円とし、同条第3項は、後期高齢者支援金等課税額に係る課税限度額を現行の16万円から17万円とし、同条第4項は、介護納付金課税額に係る課税限度額を現行の14万円から16万円とし、合計81万を85万円とするものでございます。
 第23条は、第2条の課税限度額と同様の改正をするとともに、国民健康保険税の軽減措置の5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の24万5,000円から26万円とし、また2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の45万円から47万円とするものでございます。
 次に、改正附則でございますが、第1項は、この条例は公布の日から施行すると規定したものでございます。
 第2項は、改正後の西尾市国民健康保険税条例の規定は、平成27年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成26年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例によるとするものでございます。
 第3項は、西尾市国民健康保険税条例の一部を改正する条例附則第15項のうち、「配当所得」を「利子所得、配当所得及び雑所得」に改める部分については、施行期日を平成28年1月1日施行とするものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
      〔健康福祉部次長 尾崎恭子 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。前田 修議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(前田 修) 二、三お聞きしたいと思いますが、この国保税の課税限度額の引き上げの関係で、対象世帯数と会計への増収分がどれほどになるか、お聞きしたいと思います。
 それと、軽減措置の5割軽減、2割軽減それぞれ対象世帯数と会計への減収分はどれほどになるか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 健康福祉部次長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部次長(尾崎恭子) まず1点目のご質問の、課税限度額の引き上げにかかわる対象世帯数でございますが、限度額超過世帯でなくなる世帯数は、基礎分、後期分、介護分の全体で約220世帯でございます。課税額は、約2,700万円の増収となると見込んでおります。
 2点目のご質問の、軽減措置に伴います対象世帯数と減収分でございますが、5割軽減世帯数は約180世帯の増で軽減額は約760万円の減、2割軽減世帯数は約140世帯の増で軽減額は約240万円の減となり、合計約1,000万円の減収になると見込んでおります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ほかに質疑もないようでありますから、これにて質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第44号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者多数)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) ご異議なしと認めます。よって本案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する反対討論はなしと認めます。次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。
      (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 本案に対する賛成討論はなしと認めます。これにて討論を終わります。
 これより議案第44号を採決します。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
      〔賛成者 起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 起立全員であります。よって本案は、原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) 以上をもって、今期臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了しました。
 理事者並びに議員各位におかれましては議事の進行にご協力をいただき、厚くお礼を申し上げます。
 市長からあいさつがあります。
      〔市長 榊原康正 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(榊原康正) 一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 今議会に提案いたしました議案につきまして、原案のとおり可決決定をいただきましたことは、議員各位の深いご理解のたまものでございまして、心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。
 今後とも、市政運営に鋭意努力をしてまいる所存でございますので、議員各位の格別なご理解、ご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
      〔市長 榊原康正 降壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(神谷庄二) あいさつは終わりました。
 これをもって平成27年西尾市議会4月臨時会を閉会します。
                            午前10時41分 閉会


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                    西尾市議会議長 神 谷 庄 二


                    西尾市議会議員 永 山 英 人


                    西尾市議会議員 岡 田 隆 司