議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 西尾市

平成20年 市民病院改革特別委員会 本文




◎開会・議事の件について
◯委員長(長谷川敏廣) 本日はお忙しい中、出席をいただきまして大変ありがとうございます。出席者全員ですので、これより委員会を開会いたします。
 お諮りします。本日、ご協議いたします案件は、お手元に配付されております議題のとおりであります。本日の議事は、議題の順序により進めてまいりたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」の声あり)
 異議なしと認めます。よって、議題の順序により会議を進めてまいります。

       ─────────────────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 議題1 高額医療機器の更新についてを議題とします。説明願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただいま議題となりました高額医療機器の更新について、ご説明申し上げます。議題1資料をごらんください。
 当院の磁気共鳴断層撮影装置(MRI装置)は、平成2年2月と11年3月に導入した装置の2台を保有していましたが、平成2年2月に導入した装置については18年が経過し、老朽化が激しいため、今年度更新することといたしました。
 この機器の購入に際し、去る4月4日、6社による指名競争入札に付したところ、消費税を含み2億8,990万5,000円で、岡崎市美合新町12番地13のコニカミノルタヘルスケア株式会社三河営業所が落札いたしました。
 資料裏面をごらんください。
 今回、購入いたします磁気共鳴断層撮影装置の概要でございますが、強い磁石と電波を使って体の内部の状態を検査する装置で、高速撮像ができるため短時間での検査が可能となり、超急性期脳梗塞、微小脳出血の検出に有用であります。また、肝臓、胆のう、膵臓、動脈、静脈などの検査にも適した装置であります。
 納期につきましては6月30日までとしております。
 以上、まことに簡単でございますが説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 説明は終わりました。質疑をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) まず、今回入札されたMRIの器械の水準がどの程度か、これまでよりも微細な撮影が可能になってきているというふうに思われますが、その精度だとか、そういうものがどの程度向上するのか、また医療機器としての水準全体がどのようなものなのか、まずそれをお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 今回、購入する水準でありますけれども、MRIというのは磁石の磁束力を使うということで1.5テスラであります。以前に比べましてその水準ですけれども、その辺の数字的なことはちょっとありませんけれども、以前の器械に比べて先ほど説明も申し上げましたように撮影の速度ですとか、この地域の基幹病院としては最新鋭の最高の機器として取り入れております。先ほど申し上げましたように、どの程度の水準かというのは申しわけありません、ちょっと把握しておりませんのでよろしくお願いしたいと思います。
 今回、導入するのが1.5テスラということですけれども、従前が1.0テスラということでなっております。この0.5テスラ違うことによってどの程度かということは、先ほど言いましたようにちょっと把握しておりませんので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) それで入札に係ってでありますが、入札の場合、今回この入札で2億9,000万円程度の内容でありますが、起債率がどれだけで、起債総額がどれだけになるのか、これがわかりましたらちょっとお尋ねをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 起債の充当率でありますけれども、基本的には100%というふうに見ております。ただ、落札額を全額ということではなくて、消費税相当額を除いて、一応起債の借入額といたしましては2億7,000万円を予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 今回、起債を2億7,000万円新たに起こして、トータルの起債の額がどれだけになっているか、それも確認をしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 申しわけありません。そこの総額、要は残高ということだと思いますけれども、手元資料に数値を持っておりませんので、またよろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) これは先々の保守だとか、それから消耗品、こういうものの経費というのは1年間なり、あるいは使用頻度で変わってこようかと思いますが、どの程度見込まれるものなのか、それがこれまでの機種と比較して変わってくるのかどうか、そういうことがわかりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 今後の経費のことですけれども、一応保守につきましては今回の契約の中に入っております。ただ、ほかの消耗品、例えば撮影の画像を映し出すフィルムとか、電気料等につきましてはちょっと把握しておりませんので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 実は、今日の朝の朝日新聞の一面に「医療機器貸与で所得隠しコニカミノルタ18億円」という見出しで今朝の新聞に載っておりました。これを読んでいきますと、所得隠しの内容は、病院に無償貸与で備品として機器を貸与して、それで医療機器の受注などに有利な取り計らいを受けてきたということも指摘をされているというふうに出ております。その中で特に気になったのは、例えば無償で、あるいは定額で販売して、その後の機器のメンテナンスや消耗品の仕様で収益を上げることをねらっていたという、これは無償貸与によりということでありますが、今回、入札して、これも消耗品だとか、今も出ましたがフィルム等、こうしたものが最初の契約で、あるいはこの機種がコニカミノルタの特定のフィルムでしか使えない、そういう機種のものになっているのか、そういう点で私は維持費がどのように変わるのかなというふうにお尋ねしたわけですが、それは例えばフィルムは指定のものしかだめになっているという状況なのか、その価格や何かについても話し合われているのか、その点について確認をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 今回、落札しましたところにつきましては、そもそも器械のメーカーというのはシーメンスというところであります。入札の指名業者につきましては、そういった医療機器等の販売の業者ということで、直接その器械とフィルムとの関係というのはないというふうに考えております。
 それで、消耗品の値段交渉につきましては、他のMRIもございますので、そちらの器械というのはGEというメーカーのものですけれども、その辺との兼ね合いもありますので、価格については適正に取り扱っていきますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) このシーメンスというのは、海外のメーカーになるんですか。この新聞で見る限りでは、大手精密機器メーカーのコニカミノルタのホールディングスの連結子会社が税務調査を受けて、そういう事実が発覚したということでありますが、これはコニカミノルタホールディングスの商品ではなくて、要するに海外のメーカーのもので、これを今回、落としたコニカミノルタヘルスケア(株)が買いつけをして市と契約をしていくという、こうした流れになっているのかどうか確認をさせていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) シーメンスは、もとはドイツの会社です。ただ、日本で企業グループということで組んでおります。ですから、お尋ねのコニカミノルタとは直接関係ないということで理解しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) あと、保守契約を先ほど言われましたけれども、その内容もどのような内容なのか確認をしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 保守の内容でありますけれども、一応6年間受けるということで、初年度は一般的に無償ですので、実質的には5年ということになります。一応フルメンテということで、器械全体のメンテナンス、保守管理をしていただくということになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) あと、この新聞で出ていたのは、医療機器の無償貸与という話があります。市民病院では、そういうことはないかどうかも確認をしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 無償貸与の器械はないというふうに認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(工藤光雄) それでは、私の方から2点ほどお願いしたいと思いますけれども、この地方では最新鋭の医療機器ということで、早期発見、早期治療に役立てていただければと思いますけれども、先ほどの説明の中で納期が6月30日というふうに聞かせていただいたと思うんですけれども、この機器の調整だとかいろいろあって、実際に稼働するといいますか、検査に使われる日にちはいつごろになっているのでしょうか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 一応稼働は設置し次第、ちょっと試運転はありますけれども7月当初、できれば6月の下旬からというふうに、できるだけ業者の方には、今1台しか稼働しておりませんので、患者さんにいろいろ迷惑といいますか、予約等の延長も生じておりますので、1日でも早くということで、一応6月30日、7月当初ということで今進めておりますけれども、先ほど申しましたように1日でも早くということで業者の方にはお願いしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(工藤光雄) 今、予約ということもお話がありましたけれども、この地域の開業医に対して、あるいは市民病院として患者さんに対してのPRといいますか、こういった医療機器があるということで受けていただきたいという、そういうPR的なことは今どのようにされているのか、お聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 器械の導入につきましては市の広報の特集等に載せたり、それから常には市民病院のホームページの方に載せております。今のところ他の医院とか、そういったところへの特にPRということはちょっと考えておりませんので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 地域の開業医の先生方には病診連携の中で、どういった機器を保有しているというパンフレットを配っておりますので、その中で啓発、周知できると思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 今度は別のことでお尋ねをしたいわけですが、今回、シーメンスというメーカーに機種を選定される経緯、当然、病院内の機種の選定委員会で議論されていようかと思いますが、その経緯、また構成メンバーはどのようになっているのか。
 それから、最終的な決定権者は当然病院長かと思いますが、そういう流れでどのような経緯で機種選定がされてきたのか。
 それから、この契約の中身で保守とかいろいろ話があったわけですが、器械の設置ついても、これは契約の中でこの業者が最終的に設置まで行われるのかどうか、この点について確認をしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 機種の選定につきましては、事前に実は4メーカーに一応調査をしております。それに当たっては導入病院の視察ですとか、各メーカーからの説明を受けて、その性能、価格、販売実績等を比較して総合的に判断しております。当初の調査につきましては、画像情報室の職員並びにその医師が調査に当たっております。最終的な機器の選定に当たりましては、病院の管理者会議の中で諮っております。
 それと、器械の設置につきましては、契約会社が責任を持って最後まで設置するということになっておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 設置というのは、これはコニカミノルタの方が独自でやられるのか、それか実際に下請に出すことになるのですか。直接コニカミノルタの方が、ほかの会社に下請で出してというような流れとか、そういうことはないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 実際は、逆にメーカーのスタッフが来て一緒になってやっていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) あと1点、ちょっと確認をしておきたいわけですが、このコニカミノルタヘルスケア、実はこの質問をさせてもらったのは、私どものところにメールが届きまして、元市民病院の職員で会社をされている方が、工事業者として検査機器等の設置工事にかかわっておられるのを何度も見かけましたという話が届けられております。こういうことは想像だと言われるかもしれませんが、決定権のある職員との癒着も出てくるのではないかというような内容が届いております。それでお尋ねをしたわけですが、例えば市の職員でこうした会社、設置をする、あるいは医療機器の販売会社、メーカー等へ市の職員で退職後にそうしたところへ行かれている、あるいはコニカミノルタも含めて、そうした方というのはおられないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 病院職員が、そういったところの会社に就職しているかどうというのは、一切把握しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯部員(岡田隆司) 今までの質疑の中で、まだされていない部分についてちょっとお尋ねしたいと思いますが、現在の機器が導入後12年ということですが、当然、今の病院のオープン当初からのものを、ずっと今まで使ってきたということだと思うんですが、その器械の本来の耐用年数、それから今度導入する器械の耐用年数はどの程度を見込んでいるのか、まずその辺についてちょっとお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 特に耐用年数という、例えば減価償却的なことで言えば5年ということなんですけれども、実質的には七、八年から十年ぐらいだというふうに思っておりますので、今後の機種の更新につきましても、その辺を一つのめどとして考えて検討していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) 聞くところによると、なかなかMRIの利用率というのも高くて、順番待ちで相当何カ月もというような話も一時聞いたことがあるんですが、この機器の導入によって大体標準的というのか、平均的というのか、1人の診断にかかる時間はおおよそどの程度で、1日に何人程度診断できるのか、どの辺を予測していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 診断時間は、ケースによっていろいろあります。今回の器械につきましては、一般的な古い器械ですと、例えば位置を変えるのに3動作するものを1動作で済むということですが、そうかといって時間が3分の1になるかというと、ケースがありますけれども、今までに比べて少なくとも半分近いような時間短縮になるかと思います。
 実質、今現在は1台当たり七、八人ですので、今後につきましては多少ふえるかと思うんですけれども、ただ実際のところを言いますと、いろいろ検査がたくさんできるものですから、そういった部分で時間的には先ほど半分ということですけれども、極端にすごく短くなるということではありませんので、大体今までの人数よりも若干対応できるかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) 予測として1日何人診て、この機器の導入によって医業収入がどの程度見込まれるのか、その辺まで計算しています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) この検査につきましては、保険診療で申し上げますと、今までの器械ですと1回の検査につき1万800円、今回入れる機器は1回が1万3,000円ということで、仮にこの差額を今までの実績で計算いたしますと約700万円の増を見込んでおります。それで、全体で言えば収入を年間8,000万円ということで見込んでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) 今、700万円ぐらい増ということは、それは当然月ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 年間であります。年間といいますか、全体のMRIとしての検査手数料ということで答弁させていただきましたけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただ、旧の1.0テスラのものと、そのままの検査件数でいくと年間700万円ぐらいということですが、平成11年に入れた器械と今回同じ性能になりますので、かなり需要はふえると思っています。18年度の試算でいきますと、MRIの収入が5,300万円ほどを試算しておりますので、それが利用者増を見込んで、今、次長が申し上げましたように8,000万円ぐらいと。単純に旧の器械の使用だけを、そのまま新規でやると700万円ぐらいにしかなりませんけれども、新たに回転がよくなって受け入れができるということで総数がふえると、MRIの使用総数がふえるということで、収入増を8,000万円というふうにお答えしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) いずれにしても、市民病院の機器も老朽化している部分がかなりあるということを聞いておりますので、財政に応じて、あるいは患者の要請に応じて、なるべく早急に優秀な器械に更新していくということは大事でありますので、今後もそういうふうにやっていかれるのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 機器については、市民病院の将来計画に掲げてあります計画に沿って整備していきたいと、財政的な問題もありますけれども、それに沿って進めていきたいということで今取り組んでおりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) 最後に1点ですが、先ほどちょっと説明があったように起債充当率100%で、消費税等を抜いて2億7,000万円で、機器のほぼ大半を起債で賄っていくということですが、その辺の事情ですね。起債も結構だけれども、当然、利子負担もあるわけですので、仮に半分でも頭金を出すとか、その辺はどういうふうに結論を出されたのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 一応、全額に近いものが借金ということになるわけですけれども、それについては費用の分散化と、それからもう1つ、これに対して一般会計からの繰出金の基準の中に、そういった設備投資に対しての償還に対して基準があるものですから、そういったことも含めて高額な機器の導入に当たって起債を起こした分については、基本的には借りれる分については借りていくということで処理しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) これは副市長はどちらが担当でしたか、病院の。そうすると、今、次長からも説明がありましたが、起債の本会計による補助額といいますか、それも当然あるわけですが、借りて利息をつけて一般会計から出すのも同じ税金だし、最初からその機器に対する補助金で、半額なら半額ぐらいを一般会計から出しておけば利子負担が減るんですが、その辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(神谷 祥) 確かにそうです。借りれば利息負担というのがございますけれども、今回2億7,000万円を借りて耐用年数が5年、年8,000万円の売り上げがあれば4億円ということで、確かに一時に支払えば利息負担はございませんけれども、収益としては年々トータルでもございますので、そういう中で借り入れが経営としては必要ではないかということと、もう1つは、先ほども申し上げました一般会計の方にもお願いできるという部分がございますので、企業会計が苦しい現在でありますので、そういう借り入れも必要ではないかと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 今の岡田委員の質問の中で、現在5,300万円が検査手数料で、これが回数の増加分で、結局1回の点数の分じゃなくて、700万円を除いた7,300万円に増加することが見込まれるということでしたよね。5,300万円が7,300万円ぐらいに年間で検査回数も増加すると、そういう判断でいいですか。8,000万円のうち700万円は、1万800円が1万3,000円になった増加分でしょう。その増加分を除いても、7,300万円というのは回数の増加というふうに判断していいのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 先ほど言われる700万円というのは機種の変更に新たになる増ということで、当然8,000万円の中には含んでおります。かつ、今までの実績と引いた7,300万円というのは、回数的ということで解釈していただいていいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) そうすると、大体1.4倍近く使用回数が年間で上がるだろうという見込みですけれども、全体として患者さんの減少傾向という中で、本当に1.4倍の利用頻度が確保できる見込みがどこにあるのか、ちょっとそれを確認させていただきたいなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 先ほど、2台あるときも多少検査を待っていただくということがあるものですから、その辺の新たなニーズというのがあれですけれども、増の部分というのは、先ほどのスピードアップによってやれる分というものは、ある程度考慮して人数的なものを見込んでおりますので、今後の患者数の具体的なということではちょっと積算しておりませんので、処理能力で若干、1年間でふやしてやれるということで積算しておりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) ほかに質疑もないようでありますから、本件についてはこれをもって終わります。

       ────────────○────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 次に、議題2 信頼と安心・西尾市民病院の将来を考える会についてを議題とします。説明を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただいま議題となりました信頼と安心・西尾市民病院の将来を考える会について、ご説明申し上げます。資料はございませんので、よろしくお願いします。
 去る4月21日に会の設立以後、初の役員会が開催され、会としての今後の具体的活動内容を協議いたしましたので、ご報告いたします。
 なお、この会の目的は、地域住民が安心で安全な生活を過ごすためには、防災・防犯体制とともに地域の医療体制が確立していることが重要であるとの観点から、西三河南部の中核病院である西尾市民病院の病院改革の取り組みを支援することにより、安心で安全な地域づくりに貢献することとして、今年、平成20年2月16日に設立されたものであります。
 会員数は現在40社で、地域的には西尾市20社、一色町6社、吉良町7社、幡豆町3社、その他の市町4社であります。
 会の活動内容でありますが、3つの活動について取り組むものとしております。
 1つ目は、提案活動についてであります。具体的には、国から今年度中に策定が求められております公立病院改革プラン策定への参画で、素案がまとまった段階で意見を伺うこととしております。
 2つ目は、財政面の支援についてであります。病院としましては、救急医療や災害医療の体制充実を図ることとしており、これに対するご支援をいただきたいと考えております。
 なお、寄附の募集の時期や方法については、今後、検討してまいります。
 3つ目は、啓発活動についてであります。当面の活動といたしまして、会員各社の従業員の方へ、後ほど議題3でご説明いたします「地域の救急医療」啓発チラシにより、市民病院の上手な利用の仕方の啓発や、市民病院が実施します各種イベントへの参加の呼びかけをしていただくこととしております。
 こうした活動を通して、病院改革の取り組みを支援していただけるものと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上、まことに簡単でございますが説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 説明は終わりました。質疑をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山田慶勝) 先ほど2つ目の目的で、財政面の援助を期待しているということで、寄附を期待しているようなことがありましたけれども、どれぐらいのことを考えておられるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 2月の総会のときには、目標額は一応1,000万円という目標を提案させていただいております。これは、この寄附で市民病院の財政を建て直そうという意味ではなくて、会を設立する1つの記念的なことで1,000万円の目標額を掲げまして、公立病院の象徴的な役目であります救急と災害医療に対する備品を買っていただこうということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山田慶勝) 寄附も大切ですけれども、いかに市民病院を安心な頼れる病院として認識してもらうかということで、40社の方たちに、そういうことを認識してもらえるようにするのが大事だと思いますので、そういう寄附ということよりも、今回こういった医療機器、MRIも入ったらどういうものに使えるとか、1回どれぐらいで利用できるとか、西三河の中ではここが一番先端の器械であるというようなことを、そういうところで宣伝して、40社の従業員の方を含めて、家族の方含めて安心で頼れる市民病院として発展するようにしていくのが一番いいんじゃないかなと思うけれども、そういうことはどういうふうにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 市民病院では、「ふれあい」という市民向けの啓発のパンフレットを年に4回ほどつくっていますが、それは議員とか公共施設に配っております。今回、この会ができましたので40社の方にもお配りして、従業員の方に啓発してもらうようにお願いしています。
 いろいろな提案、企業経営者として我々が気づかない、業種は全然違いますけれども、企業経営者としてのいろいろな思いも聞いていく事業活動の1番目、最初が提案活動というふうに会則にも掲げてありますので、その辺を重視していろいろ我々としては期待しているところです。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 3点、今後の活動方針ということで、一番最初に話されたのが提案活動ということで、国の公立病院改革プランの策定について提案をいただいていくというお話でした。
 まず1点目としてお聞きをしたいのは、このプランの策定ですね、これを今後病院としてどのように考えて進めていかれるお考えなのか。
 それから同時に、どのように考える会の人たちに参画をしていただくつもりなのか。これは、プランそのものを考える会で策定してもらうというものではないと思いますので、どのように関与されるお考えなのか、ここら辺も教えていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部次長(横山健一) 公立病院の改革プランでありますけれども、これにつきましては総務省から公立病院改革ガイドラインというものを示されて、一応それに沿って改革プランをつくりなさいと、今年度中につくって経営の効率化に関しての部分は3年計画、そのガイドラインの中にあります再編のネットワーク化ですとか、経営形態の見直しについては5年というスパンで、そういったことを含めたプランをつくりなさいということであります。
 それで、この対応でありますけれども、当院につきましては、平成19年3月に西尾市民病院の将来計画というものを策定しております。今後の対応につきましては、この計画をベースにいたしまして、国からある程度指針が示されております項目との検証を図って、また整合性も図り、そういったものを1つプランとして策定をしていきたいというふうに考えております。
 今後の取り組みにつきましては、内部組織を立ち上げて、そういった検討する会議といいますか、検討委員会等を設けていくことで、今後、調整を図ってまいります。それで、その中で策定をされたプランにつきまして、先ほど将来を考える会へということですけれども、それはある程度素案ができた段階で、ご意見を伺うということで考えておりまして、そのプランづくりの中から入っていただくということは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) ほかに質疑もないようでありますから、本件についてはこれをもって終わります。

       ────────────○────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 議題3 「地域の救急医療」啓発チラシの配布についてを議題とします。説明を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) ただいま議題となりました「地域の救急医療」啓発チラシの配布について、ご説明申し上げます。資料はございませんので、よろしくお願いいたします。
 西尾市民病院には、夜間・休日に多くの患者さんが来院されておりますが、その患者さんの多くは必ずしも入院する必要はなく、地域の診療所・医院(開業医)の先生方が十分対応できる患者さんです。また、緊急とは思えない自己都合で来院される方、通称コンビニ受診と言われる患者さんがふえてきております。
 休日・夜間にこのような患者さんが集中することにより、入院患者さんの容態急変への対応や重症の患者さんの治療に支障が生じてきております。医師不足で救急当番のやりくりに苦慮している現状では、病院医師にとって大きな負担となっております。地域の救急医療を守り、安心、安全で満足度の高い医療を提供するために、医師の負担軽減を図ることが重要と考えております。
 そこで、西尾市民病院と西尾幡豆医師会の連名で、西尾市及び幡豆郡三町の皆さんに新聞折り込みチラシを利用して、市民病院の役割などについて啓発してまいりますので、よろしくお願いいたします。
 具体的には、1点目に、市民病院は入院や手術を必要とする重症患者を扱う二次救急病院であること。2点目に、かかりつけ医を持っていただき、まずかかりつけ医または休日診療所で受診していただきたいことをお願いしてまいります。
 なお、発行の時期は5月中旬以降を予定しており、内容について、現在、医師会と最終的な調整をしておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上、まことに簡単でございますが説明を終わります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 説明は終わりました。質疑をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) 先ほどの考える会の中の啓発活動で、従業員へ地域の救急医療の啓発チラシを配布されるということも言われたわけですが、これは今聞いたお話では新聞等の折り込みということですから、これは別に会員の中の従業員に限って配布されるものではないと、全市民が対象だというふうに理解してよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯医事・企画調整担当主幹(細田 勝) 委員のおっしゃるとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) それで、それを西尾幡豆医師会とも調整しながらというお話でした。これは、実際に費用の分担はどのようになっていくのか。先ほども、この啓発活動を考える会からもというお話がありまして、これは先ほどの話だと市内20、幡豆三町それぞれと、またその他市域外の方もあるということでしたから、そうした方々がこうした啓発活動をやっていく上で、新聞折り込みなどをする上でも費用負担などをしていただけるということなのかどうか、それも含めてお尋ねを、費用負担が具体的にどうなるのかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯医事・企画調整担当主幹(細田 勝) 今のところ市民病院持ちで考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(牧野次郎) それでは、先ほど言った考える会の啓発活動で言われた内容とは、これは別ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 将来を考える会ができましたので、こういったチラシも従業員の方に配っていただくと、そうでなければ普通は各家庭に行って西尾幡豆の各世帯に配られる。ただ企業ですと、西尾幡豆以外の周辺の方もみえますので、そういったところにも会社のそれぞれの課で、職場ごとに職場単位で回覧していただくとか、そういうようなもう少し幅広く啓発していくということです。
 先ほど山田委員からお話がありましたように、すべて頼るという考え方はございませんので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) ほかに質疑もないようでありますから、本件についてはこれをもって終わります。

       ────────────○────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 議題4 所管事務についてでありますが、理事者側には別段ないようでございますので、委員の方で何かございましたらご発言を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) 今の議題3のところの関連もあるわけですけれども、こちらの方が適当かなと思って質問するんですが、先ほど言われた休日・夜間救急に非常に適当でない患者が押しかける、大勢いるということですが、休日診療所も広報などに、今度の日曜日はどこが担当だという広告が出るんですが、そういうところの利用状況というのは病院では把握しているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民病院事務部長(鈴木裕司) 実数はつかんでおりませんが、医師会長との話の中では割合と有名なお医者さんのときには満員状態で、そうでないお医者さんのときにはがらがらだというような非常にばらつきがあると、そのときによっては100人以上みえるとか、データ的にはどちらかというと保健センターが担当していますので、保健センターの方が具体的な数字をつかんでいるかもわかりませんが、私の方ではちょっと申しわけありませんが承知しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡田隆司) そのことについても委託料というか手当というか、報酬を当然払っていると思うんですが、一般の患者から言うと、広報に載っていても場所がどこかわからないと、市民病院が救急車を呼んで一番早いという手軽な利用方法もかなりあると思うんです。そういう点で前から話題になっている、昨年、休日診療所の開設についての陳情を採択したわけですが、この1年かけて、それもいろいろ調査・検討、医師会との調整をしていくということですが、今、その辺の休日診療所の関係はどの程度調整が済んでいるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(神谷 祥) 休日センターにつきましては、12月議会で採択いただきまして、その後、所管は保健センターが所管しておりまして、医師会と協議をいたしております。
 それと、あとまだ三町との話が済んでおりませんけれども、あの要望書の中に確か3年後という明記がありまして、その目標に向かって進めております。場所につきましても、現在の医師会が所有の駐車場か、あるいは保健センターの駐車場か、さらには現在保健センターの3階に健康管理センターといいますか、人間ドック等できる施設もございまして、そこを利用するとか、いろいろ案が今出ておりまして、要望書をいただきました3年後の目標に向かって今進めておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) ほかにないようでありますから、本件についてはこれをもって終わります。

       ────────────○────────────


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(長谷川敏廣) 以上で、本日の議題は終了いたしました。
 これをもって委員会を閉会いたします。大変お疲れさまでした。



                            終