議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 安城市

平成22年  6月 定例会(第2回) 06月09日−01号




平成22年  6月 定例会(第2回) − 06月09日−01号







平成22年  6月 定例会(第2回)



            平成22年第2回

           安城市議会定例会会議録

             (6月9日)





◯平成22年6月9日午前10時第2回安城市議会定例会は安城市議会議場に招集された。



◯平成22年6月9日午前10時06分開議





◯議事日程第9号

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  会期の決定

 日程第3  第43号議案から第46号議案まで(上程〜説明)

 第43号議案 安城市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び安城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 第44号議案 安城市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について

 第45号議案 安城市福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 第46号議案 秋葉いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第4  報告第1号から報告第6号まで(上程〜報告)

 報告第1号 継続費の逓次繰越しについて(一般会計)

 報告第2号 継続費の逓次繰越しについて(安城北部土地区画整理事業特別会計)

 報告第3号 繰越明許費の繰越しについて(一般会計)

 報告第4号 繰越明許費の繰越しについて(下水道事業特別会計)

 報告第5号 繰越明許費の繰越しについて(安城桜井駅周辺特定土地区画整理事業特別会計)

 報告第6号 予算の繰越しについて(水道事業会計)

 日程第5  報告第7号及び報告第8号(上程〜報告)

 報告第7号 安城市土地開発公社の経営状況の報告について

 報告第8号 三河安城駐車場株式会社の経営状況の報告について

 日程第6  報告第9号(上程〜報告)

 報告第9号 財団法人安城都市農業振興協会の経営状況の報告について



◯会議に付した事件

 日程第1から日程第6まで

◯出席議員は、次のとおりである。

      1番  細井敏彦      2番  大屋明仁

      3番  今井隆喜      4番  野場慶徳

      5番  杉浦秀昭      6番  後藤勝義

      7番  深谷惠子      8番  畔柳秀久

      9番  早川建一     10番  石川 忍

     11番  竹本和彦     12番  武田文男

     13番  坂部隆志     14番  神谷昌宏

     15番  宮川金彦     16番  都築國明

     17番  石川孝文     18番  松浦満康

     19番  近藤正俊     20番  深津忠男

     21番  木村正範     22番  石上 誠

     23番  永田敦史     24番  土屋修美

     25番  山本 允     26番  稲垣茂行

     27番  桐生則江     28番  平林正光

     29番  神谷清隆     30番  和田米吉



◯欠席議員は、次のとおりである。

        なし



◯説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。

  市長         神谷 学    副市長        永田 進

  副市長        新井博文    企画部長       安藤 広

  総務部長       浜田 実    市民生活部長     磯村行宏

  保健福祉部長     成瀬行夫    産業振興部長     岩瀬英行

  環境部長       石原一夫    建設部長       稲垣勝幸

  都市整備部長     大須賀順一   上下水道部長     天野好賀

  議会事務局長     中村信清    企画部 行革・政策監

                                石川朋幸

  総務部次長(行政・税政担当)      市民生活部次長(市民安全担当)

             都築豊彦               大見 功

  危機管理監      沓名雅昭    保健福祉部次長    中根守正

  建設部次長      太田直樹    都市整備部次長    渡邊清貴

  上下水道部次長    榊原裕之    会計管理者      久津名伸也

  秘書課長       後藤 厚    人事課長       神谷直行

  企画政策課長     寺澤正嗣    経営管理課長     大見 智

  情報システム課長   杉浦二三男   行政課長       平野之保

  財政課長       神谷秀直    契約検査課長     井上裕康

  市民税課長      岡山敏治    資産税課長      野田泰司

  納税課長       杉浦多久己   議事課長       山崎 等

  納税課主幹      近藤芳永    市民活動課長     犬塚伊佐夫

  市民課長       吉澤栄子    防災危機管理課長   中村和己

  市民安全課主幹    小野田弘樹   障害福祉課長     天野昭宏

  介護保険課長     岡田 勉    子ども課長      杉浦雄裕

  国保年金課長     杉浦邦彦    健康推進課長     清水信行

  農務課長       岩月隆夫    土地改良課長     清水正和

  商工課長       沓名達夫    環境首都推進課長   天野竹芳

  環境保全課長     岡田政彦    子ども課主幹     岩間純子

  ごみ減量推進室長   荻須 篤    維持管理課長     竹内直人

  土木課長       鈴木 清    建築課長       杉浦勝己

  都市計画課長     三井浩二    公園緑地課長     石川勝己

  南明治整備課長    神谷正彦    区画整理課長     深津 隆

  下水道管理課長    長坂辰美    下水道建設課長    神谷正勝

  水道業務課長     岡田巳吉    水道工務課長     石原隆義

  維持管理課主幹    榊原慶治    南明治整備課主幹(整備事務所担当)

                                三星元人

  南明治整備課主幹(事業調査担当)

             兒玉太郎    区画整理課主幹    稲垣友裕

  水道工務課 浄水管理事務所長

             山下 孝

  教育長        本田吉則    教育振興部長     石川義彦

  生涯学習部長     都築昭彦    生涯学習部次長(生涯学習担当)

                                神谷敬信

  総務課長       平岩八尋    学校教育課長     杉山春記

  給食課長       岩瀬愼次    体育課長       杉浦講平

  中央図書館長     加藤喜久    文化財課長      杉山洋一

  選挙管理委員会参与  浜田 実    選挙管理委員会副参与 都築豊彦

  選挙管理委員会書記長 平野之保

  監査委員       稲垣 靖    監査委員事務局長   兵藤道夫

  農業委員会事務局長  岩瀬英行    農業委員会事務局課長 岩月隆夫



  ◯職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。

  議会事務局長     中村信清    議事課長       山崎 等

  議事課長補佐     野畑 伸    議事係長       鈴木 勉

  議事係主査      上原英生    議事係主事補     杉山正悟



◯会議の次第は、次のとおりである。

◯議長(細井敏彦) 

 おはようございます。ただいまの出席議員は定足数に達しています。

 ただいまから平成22年第2回安城市議会定例会を開会します。

             (開会 午前10時04分)



○議長(細井敏彦) 

 会議に先立ち、監査委員から発言の申し出がありますので、これを許します。稲垣監査委員。



◎監査委員(稲垣靖) 

 ただいま議長よりお許しをいただきましたので、監査委員就任のごあいさつをさせていただきます。

 去る3月の市議会定例会におきまして、議員の皆様から監査委員の御同意をいただき、5月12日に神谷市長より任命辞令をいただきましたので、鈴木監査委員の後任として、この大役を務めさせていただきます。

 もとより大変微力ではございますが、民間企業における監査実務の経験を生かし、法令遵守のもと、公正・公平を旨とし、市民の立場から行財政の効率的な運営ができているかどうかという視点から監査委員の職務を全うしてまいる所存でございます。

 また、議員から選出されております石川議員とも御相談しながら努力してまいりますので、皆様方の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げまして、監査委員就任のごあいさつとさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

             (拍手)



○議長(細井敏彦) 

 本日の議事日程は、第9号でお手元に配布のとおりです。

 これより本日の会議を開きます。

             (開議 午前10時06分)



○議長(細井敏彦) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は会議規則第80条の規定により、5番 杉浦秀昭議員及び17番 石川孝文議員を指名します。

 次に、日程第2「会期の決定」を議題とします。

 本定例会の会期は、本日から24日までの16日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(細井敏彦) 

 御異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決定しました。

 なお、会期日程は通知しました案のとおりですので御了承願います。

 次に、日程第3、第43号議案から第46号議案までの4案件を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。神谷市長。

             (登壇)



◎市長(神谷学) 

 おはようございます。

 提案理由の説明に先立ちまして、市民の皆様、そして議員各位におわびを申し上げたいと思います。

 このたび、市民生活部市民安全課職員、渡邊英人が6月5日土曜日の夕方、名古屋市昭和区におきまして住居侵入の容疑で逮捕されました。

 本市の職員の不祥事ということで、このような逮捕者を出したことはまことに遺憾であり、市政を預かる市長として、市民の皆様及び関係者の皆様に対し、深くおわびを申し上げたいと思います。

 現在、本人は愛知県昭和警察署にて取り調べ中でございますが、捜査に協力できることは協力させていただきながら、本市職員の綱紀粛正をいま一度図り、今後このようなことがないよう再発防止に努めてまいりますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。まことに申しわけございませんでした。

 ただいま上程されました第43号議案「安城市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び安城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」から第46号議案「秋葉いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」までの4議案につきまして一括提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、第43号議案でございますが、これは地方公務員の育児休業等に関する法律等の改正に伴い、3歳に満たない子を養育する職員について、時間外勤務の制限、育児休業をすることができる要件の緩和等の措置を講ずるものでございます。

 次に、第44号議案でございますが、これは一般被保険者の要件の見直し等を内容とする雇用保険法の改正に伴い、条例で引用する用語及び条項名を改めるものでございます。

 次いで、第45号議案でございますが、これは中部福祉センター内に設置されている中部包括支援センターの業務量等の増加に伴い、会議室を中部包括支援センターの事務室とするとともに、機能回復訓練室を多目的室として一般利用できるようにするものでございます。

 最後に、第46号議案でございますが、これは環境学習の推進を図るための拠点施設として、秋葉いこいの広場のレストハウスを環境学習センターとすることに伴い、環境学習センターで実施する事業を定める等の改正を行うものでございます。

 以上、4議案につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。

             (降壇)



○議長(細井敏彦) 

 提案理由の説明は終わりました。

 次に、日程第4、報告第1号から報告第6号までの6案件を一括議題とします。

 報告を求めます。神谷市長。



◎市長(神谷学) 

 ただいま上程されました報告第1号「継続費の逓次繰越しについて」から、報告第6号「予算の繰越しについて」までの6案件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、報告第1号と報告第2号の「継続費の逓次繰越し」では、平成21年度から平成22年度までの2年間の継続事業として御決定をいただいております、一般会計の三河安城児童クラブ建設、コミュニティー住宅建設、体育館改修の各事業並びに安城北部土地区画整理事業特別会計の1号緑地整備事業につきまして、平成21年度の年割額の一部を「継続費繰越計算書」のとおり、平成22年度に逓次繰越しさせていただきましたので、御報告申し上げるものでございます。

 次に、報告第3号から報告第5号までの「繰越明許費の繰越し」では、いずれも繰越明許費としてさきに御決定いただいておりますが、一般会計の道路整備事業など12事業、下水道事業特別会計の下水道整備事業、安城桜井駅周辺特定土地区画整理事業特別会計における道路整備事業に係る歳出予算の経費について、必要な金額を「繰越明許費繰越計算書」のとおり、平成22年度へ繰越しさせていただきましたので、御報告申し上げます。

 最後に、報告第6号の「予算の繰越し」では、水道事業会計における地震防災施設緊急整備事業等に要する経費について、「予算繰越計算書」のとおり平成22年度へ繰越しさせていただきましたので、御報告申し上げるものでございます。

 以上6案件につきまして御報告申し上げましたので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(細井敏彦) 

 報告は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(細井敏彦) 

 進行の声がありますので、報告第1号から報告第6号までの6案件を終わります。

 次に、日程第5、報告第7号及び報告第8号の2案件を一括議題とします。

 報告を求めます。永田副市長。



◎副市長(永田進) 

 ただいま上程されました報告第7号「安城市土地開発公社の経営状況の報告について」及び報告第8号「三河安城駐車場株式会社の経営状況の報告について」の2案件につきまして、一括提案理由の御説明を申し上げます。

 これらは、いずれも地方自治法第243条の3第2項の規定により御報告するものでございます。

 まず、報告第7号「安城市土地開発公社の経営状況の報告」でございますが、初めに平成21年度の事業報告及び決算について御説明申し上げます。

 土地の取得につきましては、公有地として中間処理施設用地取得事業用地、安城南明治土地区画整理事業用地、市道北大坪東荒子線用地取得事業用地等11事業で、面積1万9,070?余を9億7,000万円余で取得いたしました。

 土地の処分につきましては、公有地として安城南明治土地区画整理事業用地、安城桜井駅周辺特定土地区画整理事業用地、東端保育園改築事業用地等10事業で、面積1万1,710?余を10億3,900万円余で安城市へ処分いたしました。

 この結果、平成21年度末に公社が保有しております用地は、中間処理施設用地取得事業用地、市道山田曽根3号線道路改良工事用地、安城南明治土地区画整理事業用地等で、面積1万9,240?余、金額で11億4,200万円余となっております。

 なお、経営状況を示す収益的収支は257万円余の利益となりましたので、準備金として整理いたしました。

 次に、平成22年度の事業計画及び予算について御説明申し上げます。

 事業計画につきましては、安祥福祉センター用地取得事業用地、安城桜井駅周辺特定土地区画整理事業用地、安城南明治土地区画整理事業用地等、合計1万5,840?余の取得を行う一方、安祥福祉センター用地取得事業用地、市道山田曽根3号線道路改良工事用地、安城南明治土地区画整理事業用地等、合計1万4,710?余の処分を行うものでございます。

 また、予算でございますが、収益的収入及び支出としましては、収入は公有地取得事業等の事業収益と受取利息等の事業外収益の合計10億600万円余、支出は公有地取得事業原価と販売費及び一般管理費の合計10億500万円余でございます。

 資本的収入及び支出としましては、収入は、事業資金としての借入金が19億7,900万円余、支出は公有地取得事業費と借入金償還金の合計27億2,900万円余でございます。

 なお、過年度未払金に係る借入金を除いた収入額が支出額に対して不足する額10億400万円余は、損益勘定留保資金で補てんするものでございます。

 以上、安城市土地開発公社の事業概要について御説明いたしましたが、公共事業の計画的な推進と地域の秩序ある整備を進め、効率的な用地の先行取得に努力する所存でございますので、格別の御理解と御協力をお願い申し上げまして、経営状況の報告とさせていただきます。

 次に、報告第8号「三河安城駐車場株式会社の経営状況の報告」でございます。まず、第16期の事業報告及び決算について御説明申し上げます。

 MAパーク駐車場及びMAプラザの管理運営は、前期に引き続き、株式会社あいち中央サービス及び綜合警備保障株式会社に委託いたしました。また、販売促進活動として割引料金の設定を実施いたしました。

 第16期のMAパーク駐車場の営業状況につきましては、営業収益としまして、前年度対比約89.8%、1,410万円余の減額となり、1億2,430万円余でございます。

 営業費用としましては1億7,580万円余で、主要なものとして借地料、減価償却費、業務委託費、租税公課、水道光熱費のほか、大規模修繕による修繕料5,560万円余が含まれております。その結果、営業利益はマイナス5,140万円余となりました。また、営業外収益は安城市及びあいち中央農業協同組合から8,000万円の補助金収入を含めた8,710万円余で、営業外費用は支払利息の800万円余でございましたので、第16期では2,760万円余の経常利益を計上し、前期からの繰越損失を減額することができました。

 次に、第17期の事業計画及び予算について御説明申し上げます。

 事業計画につきまして、割引料金の継続を始めとした販売促進活動及び空室になった貸事務所の入居促進活動を進めてまいりたいと考えております。売上高につきましては1億2,090万円余で、売上原価、販売費及び一般管理費等の営業費用を控除し、営業外収益及び営業外費用を加えました経常利益につきましては1,190万円余で、税引き後の純利益は710万円余を予定しております。

 以上、三河安城駐車場株式会社の経営概要について説明をさせていただきましたが、当施設は、三河安城駅利用者の利便促進と駅周辺の発展に必要な施設でございます。格別の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、経営状況の報告とさせていただきます。



○議長(細井敏彦) 

 報告は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。宮川議員。



◆15番(宮川金彦) 

 それでは、まず最初に、報告第7号について2点お尋ねいたします。16ページの引当金明細表の工事補償引当金(北部)となっております。これが1億2,900万円余支出になっておりますけれども、その内容についてお答えいただきたいと思います。

 次に、19ページの事業計画のところで、ゆたか保育園用地取得事業ということで、1億円余が載っております。これは多分、今借りているところの借地を買い取るということだと思いますが、その辺も含めてお答えいただきたいと思います。

 ここのところでもう1点、保健センターの駐車場用地取得事業というところで、1億6,000万円余が計上されておりますけれども、これはどこの駐車場を取得するのか、そこをお答えいただきたいと思います。

 次に、報告第8号で、まず3点お聞きをいたします。

 1点目が、9ページのところに修繕費というのが載っております。平成9年度、平成21年度、市はこの大型修繕をするということで6,500万円補助金を出しております。ところが、9ページのこれを見ますと、修繕費が5,500万円余となっております。1,000万円安く工事が済んだのかなというふうに思いますけれども、そうした場合は市に返還すべきと思いますが、このことについてお答えいただきたいと思います。

 2点目が5ページのところであります。

 ここを見ますと、時間貸しの駐車台数が7万3,300台から6万2,902台、1万台ほど利用が減っております。このことについて、駐車場料金の収入が2008年度と2009年度の数字がわかりましたらお答えいただきたいと思います。

 3点目が、6ページのところであります。ここのところにテナント、富士火災海上保険株式会社が4月1日から撤退したということになっておりますけれども、このテナントの家賃は月幾らなのか、お答えいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(細井敏彦) 

 答弁願います。企画政策課長。



◎企画政策課長(寺澤正嗣) 

 それでは、宮川議員の御質問にお答えをいたします。

 私のほうは、決算書の16ページの11、引当金明細表の中の工事補償引当金(北部)の1億2,900万円余の内容についてどういうものかということでございますけれども、これにつきましては造成工事にかかわります道路整備に使ったものというふうになっておりますので、よろしくお願いいたします。

 私からは以上でございます。



○議長(細井敏彦) 子ども課長。



◎子ども課長(杉浦雄裕) 

 それでは、ゆたか保育園用地取得事業についてお答えをさせていただきます。

 ゆたか保育園については、現在地で改築を計画をしておりますが、現在用地の中に借地部分がございますが、その借地部分について購入をしていくものでございます。ゆたか保育園につきましては以上でございます。



○議長(細井敏彦) 健康推進課長。



◎健康推進課長(清水信行) 

 それでは、私のほうから19ページの保健センター駐車場用地取得事業について御質問いただきましたので、お答えを申し上げます。

 この用地につきましては、現在借地をしております保健センターの正面に隣接する土地でございます。こちらのほうの1,307?を1億6,990万円余で購入を予定しておるものでございます。

 以上でございます。



○議長(細井敏彦) 維持管理課長。



◎維持管理課長(竹内直人) 

 私のからは、MAパークの関係のほうの御答弁を3点ほどさせていただきたいと思います。まず初めに、9ページのほうで修繕費が5,500万円ほど計上してございますが、市のほうからは6,500万円補助金を出しておるということでございまして、約1,000万円多いというふうな御指摘かと思いますが、これにつきましては安城市といたしましては、この修繕費の補助ということではございません、運営補助金ということで6,500万円出しておりますので、よろしく御理解のほうをいただきたいと思います。

 次に、5ページのほうで利用台数の減というふうなことで、前年度より約1万台減っています。この理由といたしましては、平成20年秋より始まりました景気後退によりまして、この三河安城周辺の企業活動も低調になっております。このため駐車場の利用者も減少したというふうに考えております。

 また、鉄道利用者も同様に減少しておりまして、このことも少なからず影響しておるのではないかと、こんなふうに考えております。

 なお、現在実施されております高速道路の土日の割引通行料も鉄道利用者の減少を招いておりまして、これらのことが駐車場利用者を少なくしている主な原因というふうに、こんなふうに分析しております。

 最後3点目でございますが、富士火災がこの3月31日で撤退ということになりました。家賃はというふうなお話でございますが、家賃につきましては賃料、共益費、消費税等含めますと大体坪1万円程度になりますので、この場所ですと賃貸面積が56.7坪ありますので、おおむね56万円をというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(細井敏彦) 15番、宮川議員。



◆15番(宮川金彦) 

 それでは、7号議案のこのゆたか保育園については、今の借りているところを買うということで、スペースとしては広くなるのか変わらないのか、そこだけお答えいただきたいと思います。

 次に、駐車場の関係ですけれども、補助金、工事費1,000万円少なくするんだということでありますので、結局1,000万円が運営費等に使われているということになります。そうしますと、農協からの補助金が1,500万円入っているわけですね。2,500万円入っていて、この決算というのは、やっぱり経営上は大変苦しい状況かなというふうに思います。それで、今後の見通しとして、JAの補助金がたしか平成24年度で1,500万円の補助金が終了になるわけです。そうしますと、ますますこの経営が大変となると思いますが、その辺の見通しについてお答えいただきたいと思います。

 それともう1点、これはわからなかったから答えられなかったのか、駐車場料金の時間貸しと定期貸しのこの2008年度と2009年度の金額について、もし今わかったらお答えいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(細井敏彦) 子ども課長。



◎子ども課長(杉浦雄裕) 

 それでは、ゆたか保育園の用地面積についてお答えをいたします。

 借地部分を購入するものでございますので、保育園の敷地面積としては同じになります。

 以上でございます。



○議長(細井敏彦) 維持管理課長。



◎維持管理課長(竹内直人) 

 再質問にお答えさせていただきます。

 JAの補助金は、議員おっしゃるとおり平成24年度で終了いたします。今後は、とりあえず17期につきましては営業収益1億2,090万円余、そのうち駐車料金が8,500万円、テナント料3,500万円を予定しておりまして、前期より300万円ほど減というふうになります。この原因は、富士火災のほうが出ていったことによりまして減少するわけでございますが、来年度は一応300万円の黒字を見込んでおります。その後も今の見込みですと黒字が見込まれていないかと、こんなふうに考えていますので、よろしくお願いいたします。

 それと、今の定期貸しと時間貸しの料金ですが、今資料を探しましたが、ちょっとここに詳細を持ってございませんので、また後ほど議員のほうにお知らせさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(細井敏彦) 宮川議員。



◆15番(宮川金彦) 

 今の答弁ですと、平成22年度300万円ほどの黒字というお話でしたけれども、これは結局農協からの1,500万円の補助金が入って、そういう利益ということになるわけでありますが、これは先ほどお話ししましたように、平成24年度でなくなってしまうとなると、一層経営的には大変かなと思いますけれども、その辺の見通しが今お話になかったですから、まだ検討されていないのか、その辺もしお答えがあったらお願いいたします。



○議長(細井敏彦) 維持管理課長。



◎維持管理課長(竹内直人) 

 今後の見通しですが、今後借入金の返済金の元利合計が平成22年度は7,500万円、平成23年度が5,200万円、平成24年度以降は4,400万円ほどになりますので、返済金が減ってくるというふうなことで、MAのほうの余裕が若干出てくるかなと、こんなふうに考えております。

 以上でございます。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(細井敏彦) 

 進行の声がありますので、報告第7号及び報告第8号の2案件を終わります。

 次に、日程第6、報告第9号を議題とします。

 報告を求めます。新井副市長。



◎副市長(新井博文) 

 ただいま上程されました報告第9号「財団法人安城都市農業振興協会の経営状況の報告について」、提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、平成21年度の事業報告及び決算でございます。昨年度の入園者数につきましては、リーマンショックに端を発した消費意欲の低迷、また新型インフルエンザの感染拡大の逆風があったものの、イベントなどの充実やレジャーニーズの「安く、近く、短く」という傾向により、対前年比103.4%、47万2,471人となり、目標とする入園者数50万人に対しては94.5%の達成率でございました。

 財団は、安城産業文化公園デンパークの指定管理者として「花・みどり・暮らしを提案する公園」をコンセプトに、平成21年度から23年度までの中期計画を推進し、お客様に対する最高のサービスの提供に努めてまいりました。

 都市農業振興並びに地場産業発展事業につきましては、お客様に楽しんでいただけるよう年間を通してイベントを実施しました。環境面での取り組みでは、使用済みてんぷら油の回収、ホタルの飼育や放流、ペットボトルのキャップ回収、市民団体等が参加する「竹あかり」を通し、環境の大切さを伝えました。また、心豊かな暮らしを提案する展示では、デンパーク館において、地域で活動する団体等の作品展示を実施いたしました。

 市民園芸の普及と体験講座事業及び花とみどりのまちづくり事業につきましては、ソーセージづくりなどの体験教室や園芸講座の実施、ガーデニングコンテストやデンパーク所有のコレクション植物の展示を行うことで、お客様にデンパークの魅力を発信いたしました。

 施設管理事業につきましては、公園内の各施設・樹木を維持するために、質の高い管理を行ってまいりました。

 決算につきましては、一般会計の収入は6億1,700万円余であり、支出は6億1,100万円余でございます。

 収入の主なものとしましては、安城市からの指定管理料3億6,300万円余、入園料等の施設利用等収入1億8,200万円余、教室講座受講料収入2,000万円余でございます。

 支出の主なものとしましては、管理費で1億1,600万円余、事業費では農業振興並びに地場産業発展事業費1億2,200万円余、市民園芸事業費3,500万円余、花とみどりのまちづくり事業費1億2,700万円余、施設等管理事業費2億900万円余でございます。

 また、特別会計の収入は8,100万円余であり、収入の主なものとしましては、直営店の販売収入でございます。支出は7,900万円余であり、支出の主なものとしましては人件費2,900万円余、商品費4,400万円余でございます。

 次に、平成22年度の事業計画及び予算でございます。財団としては中期計画に基づき、各種事業を展開することで、安城市の観光資源として花の開花情報や環境情報の発信等により、人にやさしい公園、市民に愛される公園、にぎわいのある公園を目指してまいります。

 なお、事業としましては、都市農業振興並びに地場産業発展事業、市民園芸の普及と体験講座事業、花とみどりのまちづくり事業、物品販売事業及び施設等管理事業を実施し、収入、支出ともに7億2,500万円余の予算額としております。

 以上、財団法人安城都市農業振興協会の経営概況について御説明申し上げましたが、「花・みどり・暮らし」を提案する公園として、各事業の充実を図るとともに、魅力ある公園づくりに取り組んでまいりますので、格別の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして経営状況の報告とさせていただきます。



○議長(細井敏彦) 

 報告は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(細井敏彦) 

 進行の声がありますので、報告第9号を終わります。

 これで本日の議事日程はすべて終了しました。

 次回は、明日10日、午前10時から本会議を再開し、一般質問を行います。

 以上で本日は散会します。

             (散会 午前10時40分)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      平成22年6月9日

       安城市議会議長  細井敏彦

       安城市議会議員  杉浦秀昭

       安城市議会議員  石川孝文