議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 安城市

平成 4年  6月 定例会(第2回) 06月05日−01号




平成 4年  6月 定例会(第2回) − 06月05日−01号







平成 4年  6月 定例会(第2回)



             平成4年第2回

           安城市議会定例会会議録

                (6月5日)

◯平成4年6月5日午前10時第2回安城市議会定例会は安城市議会議場に招集された。

◯平成4年6月5日午前10時開議

◯議事日程第9号

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  会期の決定

 日程第3  第66号議案(市長提出)

       安城市奨学金支給条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第4  第67号議案(市長提出)

       安城市休日急病診療所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第5  第68号議案(市長提出)

       平成4年度愛知県安城市一般会計補正予算(第1号)について

 日程第6  第69号議案(市長提出)

       指定金融機関の指定について

 日程第7  第70号議案(市長提出)

       財産の取得について(総合運動公園拡張用地)

 日程第8  第71号議案(市長提出)

       区画整理に伴う町及び字の区域の変更について

 日程第9  報告第2号(市長提出)(採決)

       継続費の逓次繰越しについて

 日程第10  報告第3号(市長提出)(採決)

       繰越明許費の繰越しについて(一般会計)

 日程第11  報告第4号(市長提出)(採決)

       繰越明許費の繰越しについて(安城北部土地区画整理事業特別会計)

 日程第12  報告第5号(市長提出)(採決)

       繰越明許費の繰越しについて(安城新幹線駅周辺土地区画整理事業特別会計)

 日程第13  報告第6号(市長提出)(採決)

       繰越明許費の繰越しについて(安城作野土地区画整理事業特別会計)

 日程第14  報告第7号(市長提出)(採決)

       予算の繰越しについて(水道事業会計)

 日程第15  報告第8号(市長提出)(採決)

       専決処分について(交通事故の損害賠償及び和解)

 日程第16  報告第9号(市長提出)(採決)

       安城市土地開発公社の経営状況の報告について

 日程第17  同意第3号(市長提出)(採決)

       安城勤労市民金融信用保証委員会委員及び監事の任命について

 日程第18  請願について

◯会議に付した事件

 日程第1から日程第18まで

◯出席議員は、次のとおりである。

      1番  伊東良洋      2番  杉浦弘明

      3番  近藤 彰      4番  和田米吉

      5番  成田正規      6番  青木浜吉

      7番  近藤義宣      8番  岩月照明

      9番  伊吹澄郎     10番  野畑 亘

     11番  加藤勝美     12番  神谷 学

     13番  野村長俊     14番  石川喜市

     15番  石川政次     16番  神谷剋良

     17番  神谷 守     18番  杉浦元治

     20番  都築光哉     21番  太田正留

     22番  岩瀬雅之     23番  神谷新一

     24番  都築久男     25番  石川 修

     26番  白木末夫     27番  木村 巌

     28番  神谷金衛     29番  竹内由満子

     30番  横山喜八     31番  今村素広

     32番  大見兼行

◯欠席議員は、次のとおりである。

     19番  菊地時夫

◯説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。

  市長       杉浦正行     助役       内藤利雄

  収入役      阿部 健     企画部長     鈴木勘一

  総務部長     三浦隆敏     市民部長     鈴木邦英

  福祉部長     長谷部良行    経済環境部長   渥美茂夫

  建設部長     岩井昭二     都市開発部長   都築万喜夫

  都市開発部対策監 鶴田不二哉    水道部長     神谷成彦

  消防長      早川秀雄     秘書課長     増田清勝

  人事課長     久保田 悟    企画課長     神本 整

  電子計算課長   鈴木 守     庶務課長     山内釟雄

  財務課長     中川銑之介    契約検査課長   榊原舒夫

  市民税課長    加藤裕孝     資産税課長    細井征一

  市民課長     日下貞夫     保険年金課長   深津文男

  健康課長     大参 斌     市民会館長    笠原壽郎

  福祉課長     稲垣 勝     総合福祉センター館長 後藤喜久男

  老人ホーム館長  野村 明     児童課長     黒柳一明

  農務課長     杉山 弘     商工課長     河部金彦

  清掃課長     近藤忠夫     環境交通課長   川澄裕功

  管理課長     岩瀬清孝     土木課長     和田光正

  道路建設課長   石川邦夫     建築課長     鳥居敏夫

  土地改良課長   神谷以和夫    都市計画課長   鳥居公夫

  下水道管理課長  竹本和彦     下水道建設課長  加藤義久

  区画整理1課長  加藤逸男     区画整理2課長  塚本清一

  出納室長     岩瀬 武     業務課長     杉浦明彦

  工務課長     中村林治     消防庶務課長   杉浦宗夫

  消防予防課長   畔柳仁市     消防署長     杉浦 衞

  教育委員長    神谷四郎     教育長      岡田 仁

  教育部長     大屋順彦     国体事務局長   井上 積

  教委庶務課長   杉浦重雄     学校教育課長   味岡 亘

  社会教育課長   石原博之     中央公民館長   稲垣七則

  給食課長     築山 勇     中央図書館長   山本厚生

  文化財課長    近藤敦文     体育課長     横山信之

  国体室長     木谷泰信     監査委員     岡田 求

  監査委員事務局長 大見敏昭     選管委員長    神谷鐘基

  選管参与     三浦隆敏     選管書記長    山内釟雄

  農業委員会会長  加藤 昭     農委事務局長   渥美茂夫

  農委事務局課長  杉山 弘

◯職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。

  事務局長     稲垣 修     議事課長     杉浦 勲

  庶務係長     岡田 勉     議事係長     兵藤道夫

  主事       稲垣浩二

◯会議の次第は、次のとおりである。



○議長(伊東良洋君) 

 ただいまの出席議員は定足数に達しております。

 これより平成4年第2回安城市議会定例会を開会いたします。

             (開会 午前10時01分)



○議長(伊東良洋君) 

 本日の議事日程は第9号でお手元に配付のとおりであります。

 本日の議事日程中、日程第3から日程第8までの諸案件については、本日は提案理由の説明のみにとどめたいと思いますので御了承願います。

 なお、日程第9から日程第17までの諸案件につきましては、本日御審議、御決定願います。

 これより本日の会議を開きます。

             (開議 午前10時02分)



○議長(伊東良洋君) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は会議規則第80条の規定により、12番 神谷 学君及び28番 神谷金衛君を指名いたします。

 次いで、日程第2「会期の決定」を議題といたします。本定例会の会期は、去る5月29日議会運営委員会を開催し御了承を得ましたが、本日から19日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 御異議なしと認めます。よって会期は15日間と決定いたしました。

 なお、会期日程については通知しました案のとおりでありますので御了承願います。

 次いで、日程第3、第66号議案「安城市奨学金支給条例の一部を改正する条例の制定について」及び日程第4、第67号議案「安城市休日急病診療所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の2案件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長 杉浦正行君。



◎市長(杉浦正行君) 

 ただいま上程されました第66号議案「安城市奨学金支給条例の一部を改正する条例の制定について」及び第67号議案「安城市休日急病診療所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、第66号議案につきましては、県立高等学校授業料が、平成4年度入学者から月額8,200円に改定されましたことにより、現行の奨学金月額7,500円以内を8,500円以内に引き上げるものでございます。

 次に、第67号議案でございますが、これは健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法の一部改正に伴い、休日急病診療所の診療報酬点数表を(乙)表から(甲)表に改正するものでございます。この改正は、休日急病診療所の診療を委託しております安城市医師会が、診療料金の算定について、診療報酬点数表を(乙)表から(甲)表に変更されていることから、医療機関との均衡を図り、適確な診療報酬事務を遂行するため、休日急病診療所においても同様に改正するものでございます。

 以上、2議案につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 次いで、日程第5、第68号議案「平成4年度愛知県安城市一般会計補正予算について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長 杉浦正行君。

             (登壇)



◎市長(杉浦正行君) 

 ただいま上程されました第68号議案「平成4年度愛知県安城市一般会計補正予算(第1号)」につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 平成4年度予算は、この3月に御決定を賜りまして間もないところでありますが、その後新たに必要となりました事業について、補正をお願いするものでございます。

 さて、御審議を賜ります一般会計補正予算でございますが、総額で1億6,500万円余の事業費追加をお願いいたします。この事業に必要な財源としましては、固定資産税の増収が見込まれてまいりましたので、その一部を充当させていただきました。

 次に、歳出について御説明申し上げます。

 まず、衛生費では、医師会が30周年を記念しまして、健康づくりや保健衛生に関するテーマで市民を対象とした健康講演会を開催することとしております。この講演会は市民の健康への心構えと意識を高める機会として、大変意義のある事業として計画されているものでありまして、この事業費の一部を助成するための経費として補助金100万円の追加補正をお願いするものでございます。

 また、増え続けるゴミ対策として、市民の協力のもとにゴミの減量化に努めているところでございますが、人口の増加や生活様式の変化などによりゴミの量は年々増加しており、将来のゴミ処理に対応するために新たにゴミ焼却施設の建設が必要になってまいりました。このため、施設建設に先立って実施する必要がありますゴミ処理量の将来予測と施設規模計画の作成委託料として700万円のほか、今年の夏から来年の春まで四季を通じて大気・水質・悪臭などを調査いたします環境影響調査委託料として、総額3,800万円のうち平成4年度分の事業費2,500万円の補正増額をお願いいたします。

 次に、農林水産業費では、かねてより研究を進めておりました安城、桜井両農協の合併推進事業につきましては、このたび、いよいよ合併に必要な手続きや事務を行うための組織として合併推進協議会を発足し、具体的な作業に入ることとなりました。農業振興に大きく貢献しております農協の組織、体制の強化を図るものであり、市といたしましても協力、助成してまいるために補助金200万円の追加補正を計上させていただきたいと存じますので、御理解を賜りますようお願いいたします。

 商工費では、平成5年の七夕まつりが第40回を迎えるに当たりまして、節目の年の記念すべき事業として新しいイメージソングを作成するための事業費を計上させていただいております。この新しいイメージソングは、広く市民に親しまれるものとするため歌詞については一般公募とし、新曲の発表は来年のミス七夕コンテストに合わせて行う予定としておりますので、作成のための委託料総額2,200万円のうち今年度の事業費相当といたしまして1,540万円のほか事務費の追加補正をお願いするものでございます。

 また、第40回七夕まつりをより魅力的なものとするために、今年の七夕まつりの様子を専門家の目を通して現状分析や改良点などの診断を始め、新しいイベントプランの提案をしていただくことを目的としたイベント等活性化事業でございますが、この事業は、今後の七夕まつりを一段と夢と感動を与えるまつりとして発展させていくものでございます。この事業費を七夕まつりの実行組織であります協賛会へ助成してまいるための経費として、300万円の補正増額をお願いいたしております。

 次に、土木費では、山崎町地内で施工いたしております船人川改修事業を、JR東海との協定により平成2年度末から平成4年度までの工期で工事を進めているところでございますが、このたびJR東海が詳細設計を行ったところ、工事箇所の地盤が非常に軟弱であることが確認され、工法等の変更がやむを得ず必要となってまいりました。

 この工事内容の見直しにより、事業費総額は3億1,000万円となり、当初協定に対し1億6,000万円という大幅な事業費の増額と工期の延長をお願いするものでございまして、今年度分の工事費として当初予算計上額を差し引いた1億1,000万円の追加補正と、平成5年度の工事費として1,000万円の債務負担行為を追加計上させていただくものでございます。

 以上、簡単でございますが補正予算の概要を御説明申し上げました。各位におかれましては十分御審議をいただきまして、原案どおり御決定賜りますようよろしくお願申し上げます。

             (降壇)



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 次いで、日程第6、第69号議案「指定金融機関の指定について」から、日程第8、第71号議案「区画整理に伴う町及び字の区域の変更について」までの3案件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。助役 内藤利雄君。



◎助役(内藤利雄君) 

 ただいま上程されました第69号議案「指定金融機関の指定について」から、第71号議案「区画整理に伴う町及び字の区域の変更について」までの3議案につきまして一括提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、第69号議案につきましては、現在の指定金融機関であります株式会社東海銀行との契約期間が6月30日をもって満了となります。従来は、岡崎信用金庫・碧海信用金庫を含め3行庫に対し、1年ごとの交代制で指定金融機関の指定をしてまいりましたが、交代時の繁雑な事務引き継ぎを合理的に行うため、2年ごとの交代制で実施していきたいと考え、引き続き株式会社東海銀行を指定金融機関として指定いたしたく御提案申し上げるものでございます。

 次に、第70号議案でございますが、これは総合運動公園拡張用地として、今回、田5筆で、面積5,845?、金額にしまして5億7,471万6,115円で取得をお願いするものでございます。

 これに今までに取得させていただきました31筆を加えますと、合計36筆、面積で6万 2,743.67?となり、金額にしまして61億5,985万5,617円になります。

 以上のように、総合運動公園の農用地除外部分につきましては、予定しておりました以上に順調に進みました。これも地元の皆様を始め関係各位の御協力、御支援のたまものと感謝をいたしております。

 なお、都市計画決定区域内の従来からの白地部分、面積にしまして5,011.07?あるわけでありますが、地元からの要望で第1次の取得面積から除外をしてまいりましたが、今後地元及び地権者の御理解をいただきながら、第2次の取得対象として進めさせていただきたいと存じます。

 これを従来の第1次の面積6万7,705.5?と合わせますと、全体で7万2,716.57?となり、本議会に上程させていただいております取得面積を含めますと、取得率は86%となります。

 最後に、第71号議案につきましては、県営ほ場整備事業に係る安城三ツ川地区野寺工区の事業が間もなく完了いたしますので、従来の町及び字の区域を新しい区画に合わせた町及び字の区域に変更するものでございます。

 以上、3議案につきまして御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 次いで、日程第9、報告第2号「継続費の逓次繰越しについて」から、日程第14、報告第7号「予算の繰越しについて」までの6案件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長 杉浦正行君。



◎市長(杉浦正行君) 

 ただいま上程されました報告第2号「継続費の逓次繰越しについて」及び報告第3号から第6号までの「繰越明許費の繰越しについて」並びに報告第7号「予算の繰越しについて」まで一括提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、報告第2号でございますが、先に継続費として御決定をいただいております一般会計のからくりモニュメント製作事業の一部を「継続費繰越計算書」のとおり平成4年度へ繰り越しいたしましたので、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき、御報告申し上げるものでございます。

 続きまして、報告第3号から第6号までの報告議案でございますが、いずれも繰越明許費として先に御決定をいただいております一般会計の農村整備事業等並びに安城北部、安城新幹線駅周辺及び安城作野土地区画整理事業の各特別会計における道路整備事業等でありまして、この費用を「繰越明許費繰越計算書」のとおり平成4年度に繰り越しさせていただきましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、御報告申し上げるものでございます。

 次に、報告第7号の予算の繰り越しでございますが、水道事業会計おいて平成3年度に予定をしておりました施設拡張事業等につきまして、「予算繰越計算書」のとおり繰り越しさせていただきましたので、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき、御報告申し上げるものでございます。

 各位おかれましては、何とぞ御了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 進行の声がありますので、質疑を終結し採決いたします。報告第2号から報告第7号までの6案件を一括して採決いたします。

 6案件はただいまの報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 御異議なしと認めます。よって報告第2号から報告第7号までの6案件はこれを了承することに決しました。

 次いで、日程第15、報告第8号「専決処分について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。助役 内藤利雄君。



◎助役(内藤利雄君) 

 ただいま上程されました報告第8号「専決処分について」提案理由の御説明を申し上げます。

 これは、市長の専決処分事項として指定をいただいております損害賠償の額の決定及び和解を地方自治法第180条第2項の規定により御報告申し上げるもので、2件とも庁用自動車における示談締結であります。

 庁用自動車事故につきましては、これまででも議会に御報告を申し上げ、その都度御指摘をいただき、職員には交通安全の徹底を図ってまいりましたが、今議会にも残念ながら御報告をさせていただくということになりました。

 個々の事故の概要を説明いたしますと、去る4月17日に発生しました事故は、篠目町段留地内の市道井原小林線の路上にて、ゴミステーションのゴミ収集のためゴミ収集車を後進させたところ、路上駐車してあった車両に接触したものであります。

 次に、4月22日の事故は、今池町2丁目地内の路上にて、資源回収のカゴを配布するため回収車が後進したところ、フェンスに接触したものであります。

 2件とも、当方の過失による事故でありますので、相手方と誠意をもって話し合いをしましたところ、それぞれ報告書のとおりの賠償額を支払うことで和解が成立しましたので、御報告申し上げます。

 なお、事故を起こした職員には厳重な注意をいたしますとともに、全職員に安全運転を心掛けるよう指導し、事故の撲滅を目標としてさらに努力をしてまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 進行の声がありますので、質疑を終結し採決いたします。

 本件はただいまの報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 御異議なしと認めます。よって報告第8号はこれを了承することに決しました。

 次いで、日程第16、報告第9号「安城市土地開発公社の経営状況の報告について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。助役 内藤利雄君。



◎助役(内藤利雄君) 

 ただいま上程されました報告第9号「安城市土地開発公社の経営状況について」提案理由の御説明を申し上げます。

 これは、地方自治法第243条の3第2項の規定により、安城市土地開発公社の平成4年度事業計画及び予算について御報告するものでありまして、まず事業計画では、地区公民館用地、総合運動公園拡張用地、道路用地、先買用地、その他公共用地、分譲宅地用地など4万4,662?の取得を行い、処分は地区公民館用地、総合運動公園拡張用地、道路用地、先買用地、その他公共用地、分譲宅地用地など4万5,494.22?を行うものでございます。

 次に、予算についてでございますが、収益的収入及び支出といたしましては、収入は公有地取得事業収益、土地造成事業収益などの事業収益と受取利息などの事業外収益を合わせ、51億3,281万9,000円でありまして、支出は公有地取得事業原価、土地造成事業原価と販売費及び一般管理費などの費用を合わせ、51億3,277万4,000円でございます。

 続きまして、資本的収入及び支出といたしましては、収入は事業資金としての借入金が合計49億3,829万4,000円でございまして、支出は公有地取得事業費、土地造成事業費、借入金償還金など合計99億6,865万9,000円でございます。なお、収入額が支出額に対して不足する額50億3,036万5,000円は、損益勘定留保資金で補てんするものでございます。

 以上、事業計画及び予算について御説明いたしましたが、近年の地価問題は、公共施設の整備を始めとする都市政策の推進にさまざまな支障を来しております。昨年後半以降におきまして、地価は下落傾向にありますが、依然として高値推移の傾向に加え、公共事業用地の確保におきましては、代替地を希望される方が大変多く、公共用地取得の環境は大変厳しい状況でございます。こうした中で、公共事業の計画的な推進及び地域の秩序ある整備並びに市民福祉の増進に寄与するため、効率的な用地の先行取得に努力する所存でございますので、格別の御理解と御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、経営状況の報告とさせていただきます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。29番 竹内由満子君。



◆29番(竹内由満子君) 

 2ページの事業計画を見ますと、この中で取得の方で道路用地として5,000?取得をし、処分では、そのうちの1,000?を処分するというふうになっております。私の記憶では、今までこの開発公社の中でこうした道路用地を取得をしたり処分をしたりというのは例がなかったと思うわけですが、今回相当な面積も買うというふうに計画に載っておりますので、具体的な路線名があるとすれば、そこら辺の御説明をしていただきたいということと、これからの方針として、道路用地の取得について開発公社としてこういうような形でやっていかれるのか、これはたまたま例外的なものであるのか、そこら辺の事情について御説明をいただきたいというふうに思います。



○議長(伊東良洋君) 企画課長 神本 整君。



◎企画課長(神本整君) 

 御説明申し上げます。

 道路用地の取得につきましては、従来は短期で処理を考えてきたかと思いますけれども、今後につきましては、長期的な視野に立ちまして道路の取得を先行的に処理していきたいということで、今年度予定をしておりますのは、今本篠目線、東明今池線、小川石井線等でございまして、やはり計画的な道路の整備を考えていきますと、こういうような先行的な取得が必要ではないかと、そんなふうに考えております。以上です。



○議長(伊東良洋君) 29番 竹内由満子君。



◆29番(竹内由満子君) 

 今、主な路線として3路線の御説明があったんですが、この3路線が市道なのか県道なのか、そこら辺ちょっとわかりませんので質問をしたいというふうに思いますけれども、仮に県道であったりするような場合、先行取得をするという中で、それぞれの県道であれば県との調整といいますか、そういうようなことがどんなふうになっていくのかということと、具体的に先行して取得すれば当然金利負担等もつくわけで、そういう問題について処分をする時点で金利も含めてきちんと買っていただけるのか、そこら辺の御説明をいただきたいと思います。



○議長(伊東良洋君) 企画課長 神本 整君。



◎企画課長(神本整君) 

 お答えします。

 先行取得するに当たりましては、やはり当然買い取りを確実な条件で取得してまいらなくてはいかんと、こんなふうに思いますので、それに当たりまして十分一般会計、または県であれば県の方との調整を済ました上での取得になろうかと、こういうふうに考えています。以上です。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 進行の声がありますので、質疑を終結し採決いたします。

 本件はただいまの報告のとおり了承することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 御異議なしと認めます。よって報告第9号はこれを了承することに決しました。

 次いで、日程第17、同意第3号「安城勤労市民金融信用保証委員会委員及び監事の任命について」を議題といたします。

 この際、事務局職員をして議案を朗読させます。議事課長 杉浦 勲君。



◎議事課長(杉浦勲君) 

 朗読します。

 同意第3号

   安城勤労市民金融信用保証委員会委員及び監事の任命について

 平成4年6月19日をもって安城勤労市民金融信用保証委員会委員杉浦 保、天野 豊、稲垣藤俊、大橋正之、植村保信及び笹木 操並びに監事小川博行が任期満了となるので、後任として次の者を任命したい。

 上記安城勤労市民金融信用保証規則(昭和59年安城市規則第5号)第8条の規定に基づき、議会の同意を求める。

 平成4年6月5日提出

                       安城市長  杉浦正行

                    記

     委員

           安城市御幸本町8番4号

                杉浦 保

                  大正13年12月2日生

           安城市住吉町1丁目10番10号

                天野 豊

                  大正11年9月24日生

           安城市東町屋敷113番地

                稲垣藤俊

                  大正15年9月25日生

           安城市東端町籔崎50番地

                大橋正之

                  大正12年1月12日生

           安城市百石町1丁目17番地9

                植村保信

                  昭和13年6月19日生

           安城市桜町10番17号

                笹木 操

                  昭和24年1月12日生

     監事

           安城市明治本町10番13号

                小川博行

                  昭和4年8月6日生

 以上です。



○議長(伊東良洋君) 

 朗読は終わりました。提案理由の説明を求めます。市長 杉浦正行君。



◎市長(杉浦正行君) 

 ただいま朗読のありました同意第3号「安城勤労市民金融信用保証委員会委員及び監事の任命について」でございますが、委員6名、監事1名の方々が、来る6月19日をもって任期満了となられますので、後任として杉浦 保氏を始め6名の方に委員を、小川博行氏を監事にそれぞれ任命いたしたく、御提案申し上げるものでございます。

 何とぞ満場の御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊東良洋君) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「原案同意」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 原案同意の声がありますので、質疑を終結し採決いたします。

 本件はこれを同意することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(伊東良洋君) 

 御異議なしと認めます。よって同意第3号はこれを同意することに決しました。

 次いで、日程第18「請願について」は会議規則第132条第1項の規定により、お手元に配付いたしました文書表のとおり関係常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 次回は9日午前10時から本会議を再開し、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

             (散会 午前10時33分)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      平成4年6月5日

       安城市議会議長  伊東良洋

       安城市議会議員  神谷 学

       安城市議会議員  神谷金衛