議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 安城市

平成21年  5月 臨時会(第3回) 05月11日−01号




平成21年  5月 臨時会(第3回) − 05月11日−01号







平成21年  5月 臨時会(第3回)



             平成21年第3回

            安城市議会臨時会会議録

             (5月11日)

◯平成21年5月11日午前10時第3回安城市議会臨時会は安城市議会議場に招集された。

◯平成21年5月11日午前10時03分開議

◯議事日程第9号

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 第52号議案から第54号議案まで(上程〜採決)

   第52号議案 工事請負契約の締結について(里町小学校校舎増築主体工事)

   第53号議案 工事請負契約の締結について(安城南中学校格技棟・技術科棟改築主体工事)

   第54号議案 工事請負契約の締結について(安城西中学校校舎増築主体工事)

 日程第4 同意第3号(上程〜採決)

   同意第3号 監査委員の選任について

 日程第5 特別委員会の中間報告について

 日程第6 常任委員及び議会運営委員の選任について

 日程第7 衣浦東部広域連合議会議員の選挙について

◯会議に付した事件

 日程第1から日程第7まで

 日程追加 議長の辞職

 日程追加 議長の選挙

 日程追加 副議長の辞職

 日程追加 副議長の選挙

 日程追加 議席の一部変更

 日程追加 議長の常任委員の辞退

 日程追加 特別委員の選任について

 日程追加 委員会の閉会中の継続調査申出事件について

◯出席議員は、次のとおりである。

      1番  神谷清隆      2番  大屋明仁

      3番  今井隆喜      4番  野場慶徳

      5番  杉浦秀昭      6番  後藤勝義

      7番  深谷惠子      8番  畔柳秀久

      9番  早川建一     10番  石川 忍

     11番  竹本和彦     12番  武田文男

     13番  坂部隆志     14番  神谷昌宏

     15番  宮川金彦     16番  石川孝文

     17番  松浦満康     18番  都築國明

     19番  近藤正俊     20番  深津忠男

     21番  木村正範     22番  石上 誠

     23番  永田敦史     24番  土屋修美

     25番  山本 允     26番  稲垣茂行

     27番  桐生則江     28番  平林正光

     29番  細井敏彦     30番  和田米吉

◯欠席議員は、次のとおりである。

        なし

◯説明のため出席した者の職・氏名は次のとおりである。

  市長         神谷 学    副市長        神谷和也

  副市長        山田朝夫    企画部長       安藤 広

  総務部長       永田 進    市民生活部長     磯村行宏

  保健福祉部長     梅村正一    経済環境部長     石川光範

  建設部長       稲垣勝幸    都市整備部長     大見由紀雄

  上下水道部長     天野好賀    会計管理者      富田博治

  建設部次長      岩瀬英行    人事課長       太田直樹

  企画政策課長     石川朋幸    行政課長       都築豊彦

  財政課長       渡邊清貴    契約検査課長     井上裕康

  建築課長       杉浦勝己

  教育長        本田吉則    教育振興部長     鈴木安司

  生涯学習部長     田中正美    教育振興部次長(総務担当)

                                都築昭彦

  選挙管理委員会参与  永田 進    選挙管理委員会書記長 都築豊彦

  監査委員事務局長   兵藤道夫

  農業委員会事務局長  石川光範

◯職務のため出席した事務局職員の職・氏名は次のとおりである。

  議会事務局長     中村信清    議事課長       吉澤栄子

  議事課長補佐     野畑 伸    議事係長       谷口 勉

  議事係主事      鳥居大祐    議事係主事補     杉山正悟

◯会議の次第は、次のとおりである。



○議長(木村正範) 

 おはようございます。ただいまの出席議員は定足数に達しています。

 ただいまから平成21年第3回安城市議会臨時会を開会します。

             (開会 午前10時03分)



○議長(木村正範) 

 本日の議事日程は第9号でお手元に配布のとおりです。

 これより本日の会議を開きます。

             (開議 午前10時03分)



○議長(木村正範) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は会議規則第80条の規定により、5番 杉浦秀昭議員及び18番 都築國明議員を指名します。

 次に、日程第2「会期の決定」を議題とします。

 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 御異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定しました。

 次に、日程第3、第52号議案から第54号議案までの3案件を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。神谷副市長。



◎副市長(神谷和也) 

 ただいま上程されました第52号議案から第54号議案までの工事請負契約の締結について、一括提案理由の御説明を申し上げます。

 これらはいずれも、安城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 まず、第52号議案でございますが、これは里町地内において里町小学校校舎の増築主体工事を行うものでございます。

 内容といたしましては、鉄筋コンクリートづくり3階建て、延べ床面積1,022?余で、普通教室5室、教材室などを設けるものであり、条件つき一般競争入札の結果、契約金額2億2,542万円余で檜建設株式会社と工事請負契約の締結をいたすものでございます。

 次に、第53号議案でございますが、これは城南町地内において安城南中学校格技棟・技術科棟の改築主体工事を行うものでございます。

 内容といたしましては、鉄筋コンクリートづくり2階建て、延べ床面積1,498?余で、1階に技術科教室を、2階に格技場を設けるものであり、条件つき一般競争入札の結果、契約金額2億4,862万円余で檜建設株式会社と工事請負契約の締結をいたすものでございます。

 最後に、第54号議案でございますが、これは福釜町地内において安城西中学校校舎の増築主体工事を行うものでございます。

 内容といたしましては、鉄筋コンクリートづくり3階建て、延べ床面積1,501?余で、普通教室8室、教材室などを設けるものであり、条件つき一般競争入札の結果、契約金額2億8,087万円余で株式会社丸山組と工事請負契約の締結をいたすものでございます。

 以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案どおり御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(木村正範) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 進行の声がありますので、質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております第52号議案から第54号議案までの3案件は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 御異議なしと認めます。よって、3案件は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより第52号議案から第54号議案までの3案件を一括採決します。

 3案件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 御異議なしと認めます。よって、3案件は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4、同意第3号「監査委員の選任について」を議題とします。

 地方自治法第117条の規定により、16番 石川孝文議員の退席を求めます。

             (石川孝文議員 退席)



○議長(木村正範) 

 提案理由の説明を求めます。神谷市長。



◎市長(神谷学) 

 ただいま上程されました同意第3号「監査委員の選任について」提案理由の御説明を申し上げます。

 市議会議員のうちから選任させていただきました監査委員の桐生則江氏が平成21年5月10日をもって辞職されましたので、後任として石川孝文氏を選任いたしたく御提案申し上げるものでございます。

 何とぞ満場の御同意を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(木村正範) 

 提案理由の説明は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「原案同意」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 原案同意の声がありますので、質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております同意第3号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより同意第3号を採決します。

 本件は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり同意されました。

 退席中の16番 石川孝文議員の入場を許します。

             (石川孝文議員 着席)



○議長(木村正範) 

 ここで、石川孝文議員からの発言の申し出がありますので、これを許します。16番 石川孝文議員。



◆16番(石川孝文) 

 皆さん、おはようございます。

 今、議長からのお許しをいただきましたので、監査委員就任のあいさつをさせていただきたいと思います。

 ただいま議会の皆様の御同意をいただきまして、監査委員という大役を務めさせていただくことになりました。もとより浅学非才で監査に関します十分な知識を有しているわけではありませんが、監査委員に就任したからにはしっかり勉強させていただきまして、監査委員として行財政の適正かつ効率的な運営の確保に向けてしっかり、毅然とした態度で公正・公平に臨んで、職務を全うしたいと考えております。

 これからもどうぞ皆様の御支援、御鞭撻をお願い申し上げまして、私の監査委員就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願いします。

             (拍手)



○議長(木村正範) 

 次に、桐生則江議員からの発言の申し出がありますので、これを許します。27番 桐生則江議員。



◆27番(桐生則江) 

 どうも皆様、こんにちは。

 ただいま議長のお許しをいただきましたので、監査委員退任のごあいさつをさせていただきます。

 平成19年5月11日の臨時会において、皆様方の御同意をいただきまして議会選出の監査委員として選任され、5月10日をもって退職をいたしました。この間、皆様方には御指導と御協力をいただきまして、大変ありがとうございます。

 監査は、公正で合理的かつ能率的な市の行政運営を確保するために、違法、不当の指摘にとどまらず、指導に重点を置いて実施することにより、市の行政の適法性、効率性及び妥当性の保障を期するものとされており、このような監査を心がけてまいりました。監査を実施する際には、民間での経営と監査の両面で経験豊富な鈴木代表監査委員の御指導や御指摘は納得いくものであり、大変参考になりました。2年間の監査委員としての貴重な経験を、今後の議員活動に生かしてまいりたいと思っております。

 大変ありがとうございました。

             (拍手)



○議長(木村正範) 

 次に、日程第5、「特別委員会の中間報告について」を議題とします。

 特別委員長の報告を求めます。

 初めに、広域行政・行政改革特別委員長の報告を求めます。21番 神谷清隆議員。



◆21番(神谷清隆) 

 広域行政・行政改革特別委員会より平成21年1月から5月までの活動内容について御報告いたします。

 去る2月27日に勉強会を開催いたしました。内容につきましては2点でございます。

 1点目は、行政経営システムでございます。経営管理課よりこのシステムについて、位置づけ、内容、システム開発、期待される効果、今後の課題等について説明を受け、質疑がなされました。

 質疑の主な内容は、各システムへの入力の際、チェックを十分気をつけてほしい。担当者だけでなく幹部クラスの職員も広く利用できるようにしてほしい。また、各システム間の連携をしっかり保ち、PDCAサイクルを回し、効率的な行政運営をしてほしいとの要望が出されました。

 2点目は、施設建物等整備計画でございます。主幹より事業概要について、以下の説明を受けました。

 安城市は、住民の福祉の増進や市民サービスの充実を図るため、その拠点となる多くの施設を建設し管理しています。施設の新設は一段落してきておりますが、既存施設や設備の老朽化による改修・改築及び更新は今後増えていく傾向にあります。施設維持管理・保全に対する取り組みの最終目的を、ライフサイクルコストの適正化、資産の有効利活用、地球環境への貢献と考え、継続的な取り組みとして発展させるため、PDCAサイクルの構築が必要である。この説明を受け、質疑がなされました。

 質疑の主な内容は、最初の基準や仕様づくりが大切なので、基本のところをしっかりつくってほしい。建物等を建設する際に、標準仕様を定めて経費の節減を図ってほしい。また、施設などの改修費や維持管理費が幾らかかるか、財政需要がつかめるかということが大事である等の意見が述べられました。

 以上が勉強会の主な内容であります。

 1点目の行政経営システム及び2点目の施設建物等整備計画は、いずれも今年4月1日より運用が開始されています。大変厳しい財政事情でございます。PDCAサイクル、PはPlan、計画、DはDo、実行、CはCheck、評価、AはAct、改善。PDCAサイクルがうまく機能しますよう要望させていただき、報告とさせていただきます。

 以上です。



○議長(木村正範) 

 次に、まちづくり推進特別委員長の報告を求めます。16番 石川孝文議員。



◆16番(石川孝文) 

 それでは、まちづくり推進特別委員会の中間報告をさせていただきます。

 当特別委員会では、市街化区域及び市街化調整区域や区画整理事業などのさまざまな課題のある中、昨年3月に打ち出された更生病院の跡地利用についての中心市街地活性化拠点整備の基本構想に対し、特化すべき喫緊の課題ととらえ、行政調査も含め調査研究を行ってまいりました。

 昨年12月の行政調査事後報告会において、南明治整備課と八千代エンジニアリングより、中心市街地拠点施設の整備スケジュールと計画の素案について説明を受け、各委員の皆さんとの意見交換を行い、まちづくり推進特別委員会勉強会から意見書を提出することに決めました。そして、今年に入り、1月13日と1月30日に勉強会を開催し、意見を出し合い集約して、意見書として取りまとめました。

 意見書の主な意見としては、1、中心市街地拠点整備の必要性について。JR安城駅周辺がなぜ中心市街地なのか、なぜ拠点整備及び安城市の顔づくりが必要なのかに対し、安城市全域での将来像を描き、安城の顔として果たすべき役割と必要性を明確にした上で、この拠点整備がその目的と効果を達成でき得る計画とする。

 2、計画地について。御幸本町地区の残りの区画整理事業を早急に立ち上げ、JR安城駅周辺の全体で将来像を描く。拠点施設が利用しやすいように、間口を安城幸田線にできるだけ広くとる、というより、完全に接するぐらいの気概で計画する。回遊性の向上の観点から、駅から拠点施設、そして市役所までの歩きやすい動線に配慮した歩道の整備などを行うとともに、現在進行中の南明治第一土地区画整理事業も加味して、分散型拠点施設を整備する。

 3、拠点施設のコンセプトについて。(1)健康づくり支援施設では、保健センター機能への期待の声もあったが、主には多世代がやりがい、生きがいを持って利用できるミニ体育館や多目的ホール、また子育て支援施設の設置を望む。

 (2)図書館では、全図書がICチップにより全自動で素早い貸し出しができ、子どもや高齢者はもちろん、車いす利用者、視覚障害者など、あらゆる障害を持った方々にとっても利用しやすい、ユニバーサルデザインの図書館として整備する。中央図書館との役割分担を明確にし、現図書館を街中へ移動しただけかととらえられないように説明責任を果たす。

 (3)民間施設では、スーパーと一線を画した健康増進や食の安全が感じられる地産地消のできる産直市、地元の商店街が経営する飲食店も含むさまざまな食事が楽しめるレストラン、おもちゃパークや子ども服の店など、子どもたちが集う施設の整備を望む。医療モールやドラッグストア、子育て支援施設、銀行などの金融機関を誘致する。

 (4)広場では、鎮守の森のような緑の空間と大規模災害にも対応できる防災公園型機能をあわせ持つ広場とする。安城七夕まつりやサンクスフェルティバルなどの大規模イベントに使用できる全天候型の大型ステージが必要である。

 (5)その他で、駐車場について、現図書館の慢性的な満車状態にかんがみ、円滑に使用しやすい地階式も含めて、低層の大規模な駐車場スペースの確保に努め、渋滞対策に考慮し、出入り口の設置や近隣の商店街や区画整理事業全体の中で共同化した駐車場のバランスのよい配置を計画する。また、さらに市民サービスセンターのような市の駅前窓口機能、老人ホームや高齢者マンションなどのシルバーハウジング、在外国人や不登校の子どもたちが通うフリースクールなどを整備する。

 4、運営手法についてでは、市民と行政と民間がそれぞれ責任を持ち、一緒に合意の形成を図りながらまちづくりを進める。元気な安城市にするため、元気な企業を誘致する。将来への行政コストの削減、リスク回避を図るためにも、PFI方式や定借方式などの民間の活力とノウハウを積極的に導入する。しかし、長期間のPFI方式には不安があり、公設公営が安心でよいという慎重論などなど要約しましたが、さまざまな多くの意見が出されました。

 そして、結論的には、全国的に図書館を含む複合施設には集客力が期待できるが、来場者の回遊性の確保には苦戦していて、回遊性の向上を図る仕組みづくりが重要である。そのためには、行政だけの力には限界があり、行政も議会も商店街も、みんなが責任を持ってこの課題に取り組み、市民、まちづくりAnjoや安商連、中商連や商工会議所が一丸となって意見を出し合える会議体を設置し、行政もその意見を取り入れ、商店街も自覚と責任を持って魅力ある商店街づくりを行うことで客を引き寄せ、すべてが連携し合って回遊できるようになると思われます。

 この意見書は、2月10日に南明治整備課に提出いたしましたが、この拠点施設は、人間で言えば心臓であり、血流のポンプの役目を果たすべく、集客した来場者を周りの街の隅々にまで送り出す知恵と工夫が大切であると考えます。

 次に、2月26日に安城商店街連盟と経済福祉常任委員会及びまちづくり推進特別委員会との懇談会、意見交換会が開催されました。議題の1、商業まちづくりガイドラインの策定についてでは、大型店舗等に対する地域貢献活動を求める地域コミュニティー並びに共存によるまちづくりガイドラインの策定に関する要望が出され、2、中心市街地交流広場の今後についてでは、更生病院跡地の点ではなく、JR安城駅周辺の面的にまちづくりを考えてほしいという意見が強く出されましたが、やはり情報が少なく、今後、まちづくりAnjoの中に中心市街地拠点整備検討委員会を設置して情報を収集し、理解を深めながら市民の意見の集約を図るべき旨の議論がなされました。

 3、電線地中化については、JR安城駅南側に続き、現在事業が進行中の東側及び本通りで終わるのではなく、名鉄南安城駅までの朝日町から日の出町の区間の電線地中化工事の延長の要望が出され、4、街路灯についてでは、支援のあり方などを話し合い、5、名鉄新安城駅周辺についてでは、駅のバリアフリー化に伴い、将来を見据えた高架対応型の駅舎の整備や駅周辺の歩道の整備、駅前交番の設置などの要望が出され、活発に意見を交換し、議論が行われました。

 そして、2月28日、まちづくりAnjo中心市街地拠点整備検討委員会が設置されました。山本会長や、新たにタウンマネジャーとなられた鶴田事務局長が中心となって、南明治整備課、商工会議所を初め、まちづくりAnjoの構成メンバーである各種団体の代表の方々が集約した意見を持ち寄り、一堂に会し、現在も引き続き活発に議論がされているところです。こういった会議体から発信される提言を大いに期待いたしますとともに、執行部におかれましては、ぜひ耳を傾けていただきますよう、切にお願いを申し上げます。

 この1年間、この難しい課題に真剣に取り組み、調査研究し、議論していただきましたまちづくり推進特別委員会の委員の皆さん、並びに御指導、御鞭撻いただいた南明治整備課を初め執行部、そして支えていただきました議会事務局の皆様に深く感謝を申し上げまして、まちづくり推進特別委員会の中間報告とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(木村正範) 

 以上で特別委員会の報告は終わりました。

 質疑に入ります。発言を許します。

             (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(木村正範) 

 進行の声がありますので、質疑を終わります。

 ここで、本会議をしばらく休憩します。

             (休憩 午前10時27分)

             (都築國明副議長 議長席に着く)



○副議長(都築國明) 

 休憩中の本会議を再開します。

             (再開 午前10時31分)



○副議長(都築國明) 

 休憩中に、木村正範議員から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。「議長の辞職」を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(都築國明) 

 御異議なしと認めます。よって、「議長の辞職」を議題とすることに決定しました。

 1番 木村正範議員の退席を求めます。

             (木村正範議員 退席)



○副議長(都築國明) 

 「議長の辞職」を議題とします。

 辞職願を朗読させます。議会事務局長。



◎議会事務局長(中村信清) 

 朗読します。

 安城市議会副議長 都築國明様。

 安城市議会議長 木村正範。

 辞職願。

 このたび、一身上の都合により議長を辞職したいから、会議規則第137条第1項の規定により辞職願を提出しますので、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○副議長(都築國明) 

 お諮りします。木村正範議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(都築國明) 

 御異議なしと認めます。よって、木村正範議員の議長の辞職を許可することに決定しました。

 1番 木村正範議員の入場を求めます。

             (木村正範議員 着席)



○副議長(都築國明) 

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りします。「議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(都築國明) 

 御異議なしと認めます。よって、「議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

 ただいまより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

             (議場閉鎖)



○副議長(都築國明) 

 ただいまの出席議員数は30人であります。投票用紙を配布させます。

             (投票用紙配布)



○副議長(都築國明) 

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(都築國明) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

             (投票箱点検)



○副議長(都築國明) 

 異状なしと認めます。

 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

 点呼を命じます。議事課長。



◎議事課長(吉澤栄子) 

 点呼します。

    1番 木村正範議員   2番 大屋明仁議員   3番 今井隆喜議員

    4番 野場慶徳議員   5番 杉浦秀昭議員   6番 後藤勝義議員

    7番 深谷惠子議員   8番 畔柳秀久議員   9番 早川建一議員

   10番 石川 忍議員  11番 竹本和彦議員  12番 武田文男議員

   13番 坂部隆志議員  14番 神谷昌宏議員  15番 宮川金彦議員

   16番 石川孝文議員  17番 松浦満康議員  18番 都築國明議員

   19番 近藤正俊議員  20番 深津忠男議員  21番 神谷清隆議員

   22番 石上 誠議員  23番 永田敦史議員  24番 土屋修美議員

   25番 山本 允議員  26番 稲垣茂行議員  27番 桐生則江議員

   28番 平林正光議員  29番 細井敏彦議員  30番 和田米吉議員

 以上です。

             (投票)



○副議長(都築國明) 

 投票漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(都築國明) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

             (議場開鎖)



○副議長(都築國明) 

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番 野場慶徳議員、14番 神谷昌宏議員及び28番 平林正光議員を指名します。よって、議員の立ち会いをお願いします。

             (開票)



○副議長(都築國明) 

 選挙の結果を報告します。

 投票総数30票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。そのうち有効投票27票、無効投票3票。有効投票中、神谷清隆議員23票、和田米吉議員3票、近藤正俊議員1票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、神谷清隆議員が議長に当選されました。

 神谷清隆議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定による告知をします。

 21番 神谷清隆議員、議長当選の承諾のあいさつをお願いします。



◆21番(神谷清隆) 

 皆様、改めましておはようございます。

 御指名賜りましたので、一言お礼のごあいさつを述べさせていただきたいと思います。

 ただいまは議長選挙におきまして、伝統と歴史ある安城市議会の議長に御推挙を賜りまして、衷心から厚く御礼を申し上げるところでございます。また、感謝の気持ちと同時に、責任の重大さで身の引き締まる思いでございます。何分にも浅学非才な身でございます。今後は皆様方の御指導、御鞭撻を賜りながら、また一層自己研さんを積みまして、円滑な議会運営に努めてまいります。ぜひ皆様方、御協力をお願い申し上げまして、簡単でございますけれども、議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 本日はまことにありがとうございました。



○副議長(都築國明) 

 議長が決まりましたので、交代をします。

 本会議をしばらく休憩します。

             (休憩 午前10時44分)

             (神谷清隆議長 議長席に着く)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中の本会議を再開します。

             (再開 午前10時48分)



○議長(神谷清隆) 

 1番 木村正範議員から発言の申し出がありますので、これを許可します。1番 木村正範議員。



◆1番(木村正範) 

 議長辞任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 顧みまして、昨年の5月のこの臨時議会におきまして議会の皆さんの推薦をいただき、議長の席をいただいてまいりました。それ以来今日まで、議員各位、そして市の執行部の皆さんの格別の御支援、御協力を賜りまして、本日を迎えることができました。この間、谷本選手の応援、また祝賀会、そしてデンマーク王国コリング市との姉妹提携など、さまざまな行事に参加をさせていただきました。本当にこのことは自分にとっても勉強にもなり、大変思い出にもなっております。これも市長様初め執行部の皆様の御指導、御鞭撻のたまものと深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 これからは、一議員として安城市の発展のために精いっぱい頑張っていくつもりでございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 簡単ではありますが、議長辞任の、またお礼のあいさつにかえさせていただきます。

 本日はどうもありがとうございました。

             (拍手)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中に、都築國明議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。「副議長の辞職」を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、「副議長の辞職」を議題とすることに決定しました。

 18番 都築國明議員の退席を求めます。

             (都築國明議員 退席)



○議長(神谷清隆) 

 「副議長の辞職」を議題とします。

 辞職願を朗読させます。議会事務局長。



◎議会事務局長(中村信清) 

 朗読いたします。

 安城市議会議長 神谷清隆様。

 安城市議会副議長 都築國明。

 辞職願。

 このたび、一身上の都合により副議長を辞職したいから、会議規則第137条第1項の規定により辞職願を提出しますので、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○議長(神谷清隆) 

 お諮りします。都築國明議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、都築國明議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。

 18番 都築國明議員の入場を求めます。

             (都築國明議員 着席)



○議長(神谷清隆) 

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りします。「副議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、「副議長の選挙」を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

 ただいまより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

             (議場閉鎖)



○議長(神谷清隆) 

 ただいまの出席議員数は30人であります。投票用紙を配布させます。

             (投票用紙配布)



○議長(神谷清隆) 

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

             (投票箱点検)



○議長(神谷清隆) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

 点呼を命じます。議事課長。



◎議事課長(吉澤栄子) 

 点呼します。

    1番 木村正範議員   2番 大屋明仁議員   3番 今井隆喜議員

    4番 野場慶徳議員   5番 杉浦秀昭議員   6番 後藤勝義議員

    7番 深谷惠子議員   8番 畔柳秀久議員   9番 早川建一議員

   10番 石川 忍議員  11番 竹本和彦議員  12番 武田文男議員

   13番 坂部隆志議員  14番 神谷昌宏議員  15番 宮川金彦議員

   16番 石川孝文議員  17番 松浦満康議員  18番 都築國明議員

   19番 近藤正俊議員  20番 深津忠男議員  21番 神谷清隆議員

   22番 石上 誠議員  23番 永田敦史議員  24番 土屋修美議員

   25番 山本 允議員  26番 稲垣茂行議員  27番 桐生則江議員

   28番 平林正光議員  29番 細井敏彦議員  30番 和田米吉議員

 以上です。

             (投票)



○議長(神谷清隆) 

 投票漏れはありませんか。

             (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 投票漏れはなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

             (議場開鎖)



○議長(神谷清隆) 

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番 野場慶徳議員、14番 神谷昌宏議員及び28番 平林正光議員を指名します。よって、議員の立ち会いをお願いします。

             (開票)



○議長(神谷清隆) 

 選挙の結果を報告します。

 投票総数30票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。そのうち有効投票29票、無効投票1票。有効投票中、近藤正俊議員26票、宮川金彦議員3票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、近藤正俊議員が副議長に当選されました。

 近藤正俊議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定による告知をします。

 19番 近藤正俊議員、副議長当選承諾のあいさつを願います。19番 近藤正俊議員。



◆19番(近藤正俊) 

 ただいま副議長に御推挙いただきました。この重責に身の引き締まる思いでございます。何分私も浅学未熟な者でございまして、皆さんとともに一生懸命に努めてまいりたいと思いますが、神谷議長を補佐しつつ、そして議員の皆様方の御指導、御協力をいただきながら、円滑な議会運営が遂行できますよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いを申し上げます。

 簡単ではありますが、就任に当たりごあいさつをさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(神谷清隆) 

 18番 都築國明議員から発言の申し出がありますので、これを許します。18番 都築國明議員。



◆18番(都築國明) 

 議長のお許しがありましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年の5月12日に開催されました5月臨時議会において、第48代の副議長に就任させていただきました。この1年、振り返ってみますと、実にさまざまな出来事がありました。よい出来事が、地元での名鉄西尾線碧海桜井高架駅の開業、また新駅南桜井駅の開業、そして8月には、柔道の谷本歩実さんがアテネ五輪に続いて北京五輪においても金メダルを獲得され、安城市初の市民特別栄誉賞を受賞されました。また、悪い出来事では、桜井駅周辺土地区画整理事業造成地での公共工事残土の土壌汚染問題、そして8月末の豪雨では、安城市内で1時間当たり最大77mmを記録し、90棟を超える家屋が床上、床下浸水の被害を受け、翌日の市総合防災訓練も中止となったところであります。

 また、昨年の9月15日、アメリカ証券大手リーマン・ブラザースの破綻を端に発した世界同時不況、安城市の税収も大幅な落ち込みによって、平成21年度以降に計画された主な事業147事業のうち29の事業が見直し、先送りとなりました。

 景気の本格的な回復にはまだまだ時間がかかると言われているところでありますが、市政発展と市民の安全・安心にこれからもより一層邁進してまいりますので、これまで同様、皆様方の御指導、御鞭撻をお願いいたします。

 1年間、まことにありがとうございました。心から感謝を申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

             (拍手)



○議長(神谷清隆) 

 25番 山本 允議員から発言の申し出がありますので、これを許します。25番 山本 允議員。



◆25番(山本允) 

 議長のお許しをいただきましたので、ただいま改選されました新旧の正副議長に対しまして、心からお祝いとお礼の言葉を申し上げます。

 木村前議長におかれましては、豊かな経験とすぐれた指導力を持ってこの大役を全うされ、また都築前副議長におかれましては、強い責任感と豊かな見識を持って議長を補佐され、二人三脚で安城市議会と安城市政の発展に御尽力をいただきました。ここに厚くお礼を申し上げたいと存じます。

 お二人には、ご退任されましてもその養われた経験を生かされまして、一層の御指導と御活躍を心からお願い申し上げたいと存じます。

 一方、このたび伝統ある安城市議会の名誉ある正副議長に新しく就任されました神谷清隆議長、近藤正俊副議長に、心からお祝いを申し上げたいと存じます。お二人は、私から申し上げるまでもなく、長年にわたる議会経験とすぐれた見識が備わった方々で、本市議会の正副議長として最適任者でございます。正副議長はともに力を合わせ、円滑な議会運営と活力ある市政発展のために御活躍くださることを大いに御期待申し上げるところでございます。

 私ども議員一同も、正副議長を中心に、多様な市民ニーズを的確に把握し、市政に反映するのはもちろんのこと、議会自体の改革にも積極的に取り組み、17万9,000市民の負託にこたえてまいりたいと存じます。

 お二人には、どうか健康に十分留意され、御活躍をいただきたいと思います。新旧正副議長へのお礼とお祝いの言葉とさせていただきます。

             (拍手)



○議長(神谷清隆) 

 お諮りします。ただいまの選挙に伴い、議席の一部を変更したいと思います。これを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、「議席の一部変更」を議題とすることに決定しました。

 議席番号及び氏名を朗読させます。議会事務局長。



◎議会事務局長(中村信清) 

 朗読します。

 1番 神谷清隆議員、21番 木村正範議員、以上でございます。



○議長(神谷清隆) 

 お諮りします。ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに決定しました。

 それでは、ただいま決定しました議席にお着き願います。

             (木村正範議員 21番席に着く)



○議長(神谷清隆) 

 次に、日程第6「常任委員及び議会運営委員の選任について」を議題とします。

 お諮りします。常任委員及び議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配布の名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、常任委員及び議会運営委員はお手元に配布の名簿のとおり選任することに決定しました。

 本会議をしばらく休憩します。

             (休憩 午前11時13分)

             (近藤正俊副議長 議長席に着く)



○副議長(近藤正俊) 

 休憩中の本会議を再開します。

             (再開 午前11時15分)



○副議長(近藤正俊) 

 休憩中に議長から常任委員の辞退願が提出されました。

 お諮りします。「議長の常任委員の辞退」を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(近藤正俊) 

 御異議なしと認めます。よって、「議長の常任委員の辞退」を議題とすることに決定しました。

 「議長の常任委員の辞退」を議題とします。本件は、議長の職務を行う都合上、総務企画常任委員を辞退したい旨の申し出があります。これを許可することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(近藤正俊) 

 御異議なしと認めます。よって、「議長の常任委員の辞退」は許可することに決定しました。

 本会議をしばらく休憩します。

             (休憩 午前11時17分)

             (神谷清隆議長 議長席に着く)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中の本会議を再開します。

             (再開 午前11時21分)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中に、特別委員の辞任願が提出され、委員会条例第13条の規定により辞任を許可しましたので、議会事務局長に報告させます。



◎議会事務局長(中村信清) 

 休憩中に、広域行政・行政改革特別委員の竹本和彦議員及び神谷清隆議員、まちづくり推進特別委員の今井隆喜議員、石川孝文議員及び近藤正俊議員より特別委員の辞任願が提出され、許可されましたので御報告いたします。



○議長(神谷清隆) 

 お諮りします。広域行政・行政改革特別委員及びまちづくり推進特別委員の欠員が生じましたので、「特別委員の選任について」を日程に追加し、議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、「特別委員の選任について」を議題とすることに決定します。

 お諮りします。特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により指名し、お手元に配布の名簿のとおりとしたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、特別委員は配布の名簿のとおりとすることに決定しました。

 ここで、本会議を休憩し、各委員会を開催していただき、正副委員長の互選をお願いします。

 最初に常任委員会を開催し、終了後特別委員会、最後に議会運営委員会を開催しますので御了承願います。

 なお、各委員会の開催場所はお手元の資料のとおりです。

 本会議を午後1時まで休憩とします。

             (休憩 午前11時24分)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中の本会議を再開します。

             (再開 午後1時00分)



○議長(神谷清隆) 

 休憩中に開催されました常任委員会、特別委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選の結果を報告します。

 総務企画常任委員長 武田文男議員、同じく副委員長 都築國明議員

 経済福祉常任委員長 稲垣茂行議員、同じく副委員長 杉浦秀昭議員

 市民文教常任委員長 早川建一議員、同じく副委員長 後藤勝義議員

 建設常任委員長 畔柳秀久議員、同じく副委員長 深津忠男議員

 広域行政・行政改革特別委員長 木村正範議員、同じく副委員長 今井隆喜議員

 まちづくり推進特別委員長 都築國明議員、同じく副委員長 野場慶徳議員

 環境首都推進特別委員長 深津忠男議員、同じく副委員長 神谷昌宏議員

 議会運営委員長 深津忠男議員、同じく副委員長 松浦満康議員

 以上のとおりであります。

 ただいま開催されました常任委員会、特別委員会及び議会運営委員会において、閉会中の継続調査申出事件について協議され、各委員長からお手元に配布しました一覧表の事件について、委員の所属変更がされるまで、閉会中も継続して調査したい旨、会議規則第103条の規定により申し出がありました。

 お諮りします。「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を議題とすることに決定しました。

 「委員会の閉会中の継続調査申出事件について」を議題とします。

 お諮りします。各委員長の申し出のとおり、委員の所属変更がされるまで、閉会中の継続調査事件とすることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、お手元に配布しました一覧表の事件については、委員の所属変更がされるまで、閉会中の継続調査事件とすることに決定しました。

 次に、日程第7「衣浦東部広域連合議会議員の選挙について」を議題とします。

 これは、神谷昌宏議員、石川孝文議員、深津忠男議員及び山本 允議員の4人の議員が辞職されたことに伴うものです。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。

 お諮りします。指名人の選任については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、指名人は議長において指名することに決定しました。

 指名人に深津忠男議員を指名します。

 20番 深津忠男議員、衣浦東部広域連合議会議員の指名をお願いします。20番 深津忠男議員。



◆20番(深津忠男) 

 ただいま議長から指名人として指名されましたので、私から衣浦東部広域連合議会議員を指名させていただきます。

 当連合議員に大屋明仁議員、坂部隆志議員、木村正範議員、細井敏彦議員を指名します。

 以上です。



○議長(神谷清隆) 

 お諮りします。ただいま指名されました4人を衣浦東部広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(神谷清隆) 

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名されました4人の議員が衣浦東部広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました4人の議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定による告知をします。

 これで本日の議事日程はすべて終了しました。

 ここで、神谷市長から発言の申し出がありますので、これを許します。神谷市長。



◎市長(神谷学) 

 臨時議会の閉会に当たりまして、一言お礼とお祝いのごあいさつを申し上げたいと思います。

 本日、この議会に私どものほうから提案をさせていただきました案件は4件でございました。いずれも原案どおり御認定をいただきましたこと、この場をおかりして感謝申し上げたいと思います。大変どうもありがとうございました。

 また、本日の臨時議会において新しい安城市議会の人事、役職が決定をされました。新たな市議会議長に神谷清隆議員、副議長には近藤正俊議員、そして監査委員には石川孝文議員初め、それぞれ常任・特別の委員会の正副の委員長の皆様方も確定をされたわけでございます。新しい顔ぶれで、与えられた任期中、精いっぱい頑張っていただきたいと思います。

 本日、市議会が新たな体制をお組みになられたということで、実質的にきょうから安城市議会の平成21年度がスタートをするのかなと思います。私ども執行部は、既に4月1日に人事の異動を終え、新たな体制でスタートを切っております。きょう、これで安城市議会も新たなスタートを切られますと、いよいよ安城市政も本格的に平成21年度が始まったという、そんな感がいたします。市議会と執行部、よく車の両輪に例えられますけれども、お互いにバランスをとり合って、よい方向に大きく前進ができますように、格別の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げたいと思います。

 また、これまで役職をお務めになられた皆様方におかれましては、任期中本当に御苦労さまでございました。前市議会議長であられました木村正範議員、そして同じく副議長であられました都築國明議員、さらにまた、2年間監査委員をお務めいただきました桐生則江議員初め、各常任・特別の委員会の正副委員長をお務めになられました皆様方、任期中、本当に御苦労さまでございました。いろいろな役職を経験され、貴重な体験を積まれ、さらにまた、新たな知識の習得も進んだのではないかと御推察を申し上げます。今後はそうした多くの経験や知識をさらに御活用いただきまして、一層市議会で御活躍をいただきたいと思います。

 社会情勢は御存じのとおりの大変厳しい状況がまだまだ続いております。数日前には、地元のトヨタ自動車のこの1年間の経営の見通しの内容が新聞等で報道されたわけでございますけれども、まだまだ非常に厳しい内容だなという、そんな印象を持ちました。恐らくまだ二、三年ぐらいは大変な状況が続くのではないかと考えられます。限られた財源をどううまく活用し、市民生活のサポート、あるいは充実を図っていくのか、市議会の皆様方とさらにいろいろ議論を重ねながら、よい方向性を見出してまいりたいと思います。

 皆様方におかれましては、どうか健康管理に十分御留意をいただきまして、引き続き御指導、御鞭撻、そして建設的な御意見、御提案を賜りますようによろしくお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきたいと思います。

 本日はまことにおめでとうございました。



○議長(神谷清隆) 

 以上で、平成21年第3回安城市議会臨時会を閉会します。

             (閉会 午後1時10分)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

      平成21年5月11日

       安城市議会議長  神谷清隆

       安城市議会前議長 木村正範

       安城市議会副議長 近藤正俊

       安城市議会議員  杉浦秀昭

       安城市議会議員  都築國明

        (前副議長)

     常任委員(案)

                            平成二十一年五月十一日



名称
委員


総務企画
神谷清隆 竹本和彦 武田文男 都築國明
木村正範 石上 誠 土屋修美 桐生則江


経済福祉
大屋明仁 今井隆喜 杉浦秀昭 深谷惠子
松浦満康 永田敦史 山本 允 稲垣茂行


市民文教
野場慶徳 後藤勝義 早川建一 坂部隆志
宮川金彦 石川孝文 近藤正俊


建設
畔柳秀久 石川 忍 神谷昌宏 深津忠男
平林正光 細井敏彦 和田米吉



     議会運営委員(案)

                            平成二十一年五月十一日



名称
委員


議会運営
畔柳秀久 早川建一 武田文男 神谷昌宏
松浦満康 深津忠男 永田敦史 山本 允
桐生則江



     特別委員(案)

                            平成二十一年五月十一日



名称
委員


広域行政・行政改革
今井隆喜 石川 忍 坂部隆志 宮川金彦
松浦満康 木村正範 永田敦史 稲垣茂行
細井敏彦


まちづくり推進
大屋明仁 野場慶徳 杉浦秀昭 深谷惠子
竹本和彦 都築國明 石上 誠 桐生則江
和田米吉


環境首都推進
後藤勝義 畔柳秀久 早川建一 武田文男
神谷昌宏 深津忠男 土屋修美 山本 允
平林正光



     委員会開催場所一覧

                            平成21年第3回臨時会



委員会名
開催場所


総務企画常任委員会
委員会室(5F)


経済福祉常任委員会
第1議会会議室(5F)


市民文教常任委員会
第2議会会議室(6F)





終了後



委員会名
開催場所


建設常任委員会
委員会室(5F)





終了後



委員会名
開催場所


広域行政・行政改革特別委員会
委員会室(5F)


まちづくり推進特別委員会
第1議会会議室(5F)


環境首都推進特別委員会
第2議会会議室(6F)





終了後



委員会名
開催場所


議会運営委員会
委員会室(5F)



     閉会中の継続調査申出事件一覧表

総務企画常任委員会

1 秘書に関すること。

2 広報及び広聴に関すること。

3 職員に関すること。

4 総合計画及び企画調整に関すること。

5 行政改革に関すること。

6 情報システムに関すること。

7 庁舎管理、文書、法規その他行政一般に関すること。

8 予算その他財務に関すること。

9 契約及び検査に関すること。

10 市税に関すること。

11 その他他の委員会に属さないこと。

経済福祉常任委員会

1 社会福祉に関すること。

2 介護保険に関すること。

3 国民健康保険に関すること。

4 国民年金に関すること。

5 保健衛生に関すること。

6 農業に関すること。

7 土地改良に関すること。

8 商工、観光及び労働行政に関すること。

9 環境施策に関すること。

10 廃棄物処理及び清掃に関すること。

11 環境保全に関すること。

12 幼稚園の事務に関すること。(補助執行分)

13 その他市民福祉の向上並びに経済及び市民生活環境の向上に関すること。

市民文教常任委員会

1 コミュニティ及び市民活動に関すること。

2 男女共同参画に関すること。

3 市民生活の安全に関すること。

4 消防及び防災に関すること。

5 戸籍及び住民記録に関すること。

6 市民相談に関すること。

7 学校教育に関すること。

8 学校、幼稚園及び保育園の給食に関すること。

9 図書館に関すること。

10 生涯学習に関すること。

11 青少年の健全育成に関すること。

12 社会体育の振興に関すること。

13 文化財の調査及び保護に関すること。

14 文化芸術の振興に関すること。

15 その他教育の振興に関すること。

建設常任委員会

1 道路、河川その他土木に関すること。

2 住宅及び建築に関すること。

3 都市計画に関すること。

4 公園及び緑化に関すること。

5 土地区画整理に関すること。

6 水道事業に関すること。

7 下水道に関すること。

8 その他公共物の保全管理並びに都市整備に関すること。

議会運営委員会

1 議会運営に関すること。

2 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関すること。

3 議長の諮問等に関すること。

広域行政・行政改革特別委員会

1 広域行政圏及び中部国際空港にかかわる諸問題を調査、研究すること。

2 安城市の行政改革について、調査、研究すること。

まちづくり推進特別委員会

1 市内一円のまちづくりについて、その諸問題を調査、研究すること。

環境首都推進特別委員会

1 めざす都市像「市民とともに育む環境首都・安城」について、その諸問題を調査、研究すること。

     平成21年第3回安城市議会臨時会会期日程(案)

                         5月1日(金)議会運営委員会



日次
月日
曜日
開議
日程


第1日
5月11日

AM10:00
本会議・開会
   ・会議録署名議員の指名
   ・会期の決定・議案上程、説明、質疑、採決
    (第52号議案〜第54号議案)
   ・議案上程、説明、質疑、採決
    (同意第3号)
   ・特別委員会の中間報告
   ・常任委員及び議会運営委員の選任
   ・衣浦東部広域連合議会議員の選挙
   ・閉会



     議決結果一覧表

(第3回臨時会)



議案番号
件名
付託委員会
議決日
議決結果等


第52号議案
工事請負契約の締結について(里町小学校校舎増築主体工事)
委員会付託を省略
21.5.11
原案可決


第53号議案
工事請負契約の締結について(安城南中学校格技棟・技術科棟改築主体工事)





第54号議案
工事請負契約の締結について(安城西中学校校舎増築主体工事)





同意第3号
監査委員の選任について


原案同意