議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊田市

平成20年議会運営委員会( 2月28日)




平成20年議会運営委員会( 2月28日)





             議 会 運 営 委 員 会


 
                       日 時 平成20年2月28日(木)


                           午前8時59分〜午前9時16分


                       場 所 南71委員会室


[議  題]


 1 3月市議会定例会について


  (1)市長追加提出案件


  (2)議案の付託先


  (3)請願・陳情文書の受付状況及び付託先(送付先)





 2 「地方税法改正に伴う市税条例等の一部改正」の取扱いについて





 3 その他


  (1)郵送による陳情文書の取扱い





〇出席委員(10名)


 委員長   河 合 芳 弘      副委員長  湯 本 芳 平


 委  員  高 木 キヨ子      委  員  加 茂 みきお


 委  員  梅 村   進      委  員  清 水 俊 雅


 委  員  八木哲也         委  員  山 内 健 二


 委  員  近 藤 光 良      委  員  小 島 政 直





〇欠席委員(0名)





〇正副議長(2名)


  議 長  岩 月 幸 雄      副議長   松 井 正 衛





〇説明のため出席した者の職・氏名


 三 役


  市 長  鈴 木 公 平      副市長   中 村 紀世実


  副市長  加 藤 恒太郎      収入役   宇 井 ? 之





 総務部


  総務部長 柿 島 喜 重      調整監   福 嶋 兼 光


  専門監  藤 村 信 治





〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名


 議会事務局


  局 長  倉 地 正 道      主 幹   高 橋 光 弥


  係 長  島 村   勲





                         開会 午前8時59分


○委員長(河合芳弘) おはようございます。ただいまから、議会運営委員会を開催いたします。


 市長、ごあいさつをお願いいたします。


○市長(鈴木公平) 改めましておはようございます。代表質問に関しましても、ここに3会派の代表それぞれおいでですけれども、ご丁重な、かつ、真摯な、かつ、私にとりましては大変勉強になるというか、参考にさせていただけるような内容でのご質問をちょうだいいたしまして、改めて答弁を考えながらいくつか反省といいますか、それに近いような思いをさせていただきながらの答弁をさせていただきまして大変ありがたく思っております。きょうは、追加で議案を出させていただきますので、この取扱いにつきましてご検討いただきますようによろしくお願い申し上げて、あいさつといたします。


○委員長(河合芳弘) ありがとうございました。


 それでは、3月市議会定例会についてを議題といたします。


 始めに、同意案件を除く市長追加提出案件について説明願います。


○総務部長(柿島喜重) 提出議案の要旨、資料1の2をお願いいたします。1ページでございます。議決案件で5件の追加をお願いしてございます。


 議案第72号 豊田市事務分掌条例の一部を改正する条例でございます。分掌事務の移管が内容になっておりますが、国際化に関すること、これを現行の社会部から総合企画部に移しまして、国際課を新設させていただきたいというものであります。


 2点目といたしまして、国民健康保険及び国民年金に関すること、これを市民部から福祉保健部に移しまして、医療保険年金課が所掌いたします。


 次に、議案第73号 職員定数条例の一部を改正する条例でございますが、職員の定数の変更をお願いするものでございます。(1)から(6)までございますが、現行、合計3,136人を、改正後は3,157人にということで、21人の増員をお願いするものであります。これは、豊田三好事務組合の解散によります職員の引上げなどによるものでございまして、定数条例にカウントされない派遣職員を含む職員の実数につきましては、マイナス22人となりまして、減員となります。


 次に、議案第74号 職員給与条例の一部を改正する条例でございますが、住居手当の支給対象者の変更でございます。持ち家の場合、職員が世帯主である場合に支給をする、借家の場合、職員が契約者でない場合は支給対象者から外すという内容でございます。


 次の、議案第75号 企業職員給与条例の一部を改正する条例でございますが、こちらにつきましては、内容は、議案第74号と同じでございます。


 次に、議案第76号 平成19年度豊田市一般会計補正予算でございますが、こちらにつきましては、予算関係議案の要旨 資料2の2をお願いいたします。


 おめくりいただいて、1ページでございますが、議案第76号 繰越明許費の補正でございまして、追加でございます。産業文化センタープラネタリウム整備事業でございますが、プラネタリウムの液晶プロジェクターの平成19年度内の設置が間に合わなくなったという理由で、記載の金額の補正をお願いするものでございます。


 説明は、以上でございます。


○委員長(河合芳弘) 説明が終わりましたので、質疑を許します。


 質疑ありませんか。


              [「進行」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) 質疑ないようですので、続いて、同意案件について、市長から説明願います。


 鈴木市長。


○市長(鈴木公平) それでは、副市長の同意案件を提案させていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。


 資料1の2、非常に簡潔に説明させていただきますが、現在、副市長を務めていただいております中村紀世実さんが、3月31日をもちまして任期満了になられますので、これまでの中村副市長の勤務状況、実績なども勘案いたしまして、再度、中村紀世実さんを副市長に選任したいということで提案をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


○委員長(河合芳弘) 説明が終わりましたので、ご意見がございましたらお願いいたします。


              [「進行」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) 意見がないようでありますので、ご承知おき願います。


 続いて、(2)議案の付託先について、案を事務局に説明させます。


 倉地事務局長。


○事務局長(倉地正道) お手元のほうに、議案付託表その2(案)というものがございます。ごらんいただきたいと思います。


 議案第72号から議案第76号まででございますが、本日上程し、記載の委員会のほうに付託したいと思っております。


 本会議場には、2月15日の議会運営委員会でご確認いただいた当初上程議案の付託表と合わせて、(案)をとった付託表を配付させていただきます。ただし、議案第32号から議案第61号まで及び本日の追加議案の第76号の平成19年度豊田市一般会計補正予算を始め、31件の議案(補正予算を含む予算関係議案)につきましては、議会会議規則第36条第1項の規定により、本会議に諮ったうえで、予算決算特別委員会に付託することとなりますので、ご了承ください。


 以上でございます。


○委員長(河合芳弘) 説明が終わりましたので、質疑を許します。


 質疑ありませんか。


 [「進行」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) 質疑ないようですので、議案の付託先については、ただいまの説明のとおりとして、ご異議ありませんか。


 [「異議なし」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) ご異議ありませんので、このとおり決定いたします。


 なお、この件の議案質疑通告書につきましては、速やかにご提出ください。


 次に、(3)請願・陳情文書の受付状況及び付託先(送付先)について、事務局に説明させます。


 倉地事務局長。


○事務局長(倉地正道) 2月15日の議会運営委員会以降、2月22日の開会日午前10時までに、請願3件及び陳情1件を受け付けいたしました。お手元の請願文書表のほうをご覧いただきたいと思います。


 請願受理番号第1号でございます。受理月日は、2月18日。件名は、75歳以上の高齢者に新たな福祉制度を求める請願書でございます。提出者は、全日本年金者組合愛知県本部豊田支部様でございます。紹介議員は、大村議員、根本議員でございます。所管委員会は、環境福祉委員会になろうかと思います。請願内容につきましては、件名のとおり、こういった内容の施策について、豊田市に要望するというものでございます。


 続きまして、請願受理番号第2号でございます。受理月日は、2月21日です。件名は、75歳以上の高齢者に新たな福祉制度を求める請願書でございます。提出者は、新日本婦人の会豊田支部様でございます。紹介議員は、大村議員、根本議員でございます。所管委員会は、環境福祉委員会になろうかと思います。請願の内容につきましては、請願事項にあります内容について、まず1点、豊田市へ要望するというものでございます。請願事項の2点目にあります内容につきまして、国へ意見書を提出してほしいというものでございます。


 続きまして、請願受理番号第3号でございます。受理月日は、2月21日。件名は、学校給食の安全に関する請願書でございます。提出者は、新日本婦人の会豊田支部様でございます。紹介議員は、大村議員、根本議員でございます。所管委員会は、教育次世代委員会になろうかと思います。請願内容につきましては、請願事項に記載してありますとおり、こういった内容につきまして、豊田市に要望するというものでございます。


 続きまして、陳情文書表のほうをご覧いただきたいと思います。


 陳情受理番号第1号でございます。受理月日は、2月22日です。件名は、伝染病による出校停止時の給食費に関する陳情書でございます。提出者についてはご覧のとおりでございます。所管委員会は、教育次世代委員会になろうかと思います。内容につきましては、陳情要旨にあります内容につきまして、豊田市へ要望するというものでございます。


 以上でございます。


○委員長(河合芳弘) 説明が終わりましたので、質疑を許します。


 質疑ありませんか。


            [「進行」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) 質疑ないようですので、請願・陳情文書の受付状況及び付託先(送付先)については、ただいまの説明のとおりとして、ご異議ありませんか。


           [「異議なし」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) ご異議ありませんので、このとおり決定します。


 次に、地方税法改正に伴う市税条例等の一部改正の取扱いについてを議題といたします。


 すでに、地方税法の改正内容と、それに伴う市税条例への影響及び国会の審議状況


 について、市民部から各会派に説明がされておりますので、市民部からの説明は省略させていただきます。


 この案件の取扱いについて、議長からお考えをお話し願います。


○議長(岩月幸雄) 過日の説明にありましたように、改正法律の成立・公布につきましては、3月定例会閉会後の可能性が高いようです。


 取扱いとしては、改正内容から3月に臨時会を開催し対処すべきと考えています。


 ただし、万一、改正法律の成立・公布が遅れ、市長が議会を招集する時間的余裕がないような状況となった場合は、地方自治法第179条の規定により市長の専決処分に委ねるべきと考えますが、委員の皆さんのご意見を伺いたいと思います。


 よろしくお願いいたします。


○委員長(河合芳弘) ただいま、議長の考えをお話しいただきましたが、取扱いについてご意見をいただきたいと思います。


○委員(八木哲也) ただいま、議長がお示しになった案で、おおむねいいかと考えております。


 基本的には条例改正でありますので、臨時会を開催し、審議・議決するということが基本であることが重要視されなければいけないと思っています。


 しかしながら、4月1日から実施していかなければ、市民の皆さんにご迷惑をおかけする、また、福祉の向上につながらないということからいたしますと、3月28日の正午までに地方税法等の一部を改正する法律が公布された場合は3月臨時市議会を開催することがいいのではないかと思います。また、それ以降の公布となった場合は、議長提案のとおり、市長が議会を招集する時間的余裕がないと判断できる状況におきましては、市長の専決処分に委ねることもやむを得ないと思います


 しかしながら、専決処分となった場合におきましては、全議員を対象に事前の情報提供と説明をきちんと果たしていただくことを、申し添えておきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


○委員長(河合芳弘) 他にありませんか。


            [「進行」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) 他にないようですので、お諮りします。


 地方税法改正に伴う市税条例等の一部改正については、基本的には3月市議会臨時会を開催し、審議することとする。


 ただし、4月1日から市政に反映させていく案件でもあり、平成20年においては、3月28日の正午までに地方税法等の一部を改正する法律が公布された場合は3月市議会臨時会を開催することとし、それ以後に公布され議会を招集する時間的余裕がないと認められる状況となった場合は、市長の専決処分に委ねるとのご意見ですが、これにご異議ありませんか。


           [「異議なし」の声起こる]


○委員長(河合芳弘) ご異議ありませんので、このとおり決定します。


 市長におかれましても、対応のほど、よろしくお願いいたします。


 次に、その他(1)郵送による陳情文書の取扱いについて、事務局から説明させます。


 倉地事務局長。


○事務局長(倉地正道) お手元に配付させていただきました、日本熊森協会様からの「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺でなく自然林復元と被害防除に使うこと等を求める意見書提出に関する陳情につきましては、郵送により届けられました。申合せでは、「郵送による陳情文書は一般文書として取り扱う。ただし、議会運営委員会において、その写しを配付する。」となっています。したがいまして、今回、写しをお手元に配付させていただきましたので、ご承知おきいただきたいと思います。


 以上でございます。


○委員長(河合芳弘) 郵送による陳情文書の取扱いについては、ただいまの説明のとおりであります。ご承知おき願います。


 以上で、予定しました議題のすべてを議了しました。


 次回の議会運営委員会は、3月21日(金)午前9時から、この委員会室で開催しますので、ご承知おきください。


 これをもちまして議会運営委員会を閉会いたします。





                         閉会 午前 9時16分





 平成20年2月28日


                           議会運営委員会委員長 河合 芳弘