議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊田市

平成18年 5月臨時会(第1号 5月17日)




平成18年 5月臨時会(第1号 5月17日)





      平成18年5月豊田市議会臨時会会議録(第1号)





 平成18年5月17日午前10時、豊田市議会臨時会が豊田市役所議場に招集された。





 平成18年5月17日(水) 午前10時開議





 日程第1  会議録署名者の指名


 日程第2  会期の決定


 日程第3  報告第2号及び報告第3号について


 日程第4  承認第1号から承認第5号までについて


 日程第5  議案第81号から議案第85号までについて


 日程第6  議員提出議案第1号について


 日程第7  議長選挙


 日程第8  副議長選挙


 日程第9  常任委員会委員の選任


 日程第10  常任委員会委員長及び副委員長の互選


 日程第11  常任委員会の閉会中継続調査申出事件


 日程第12  特別委員会委員の選任


 日程第13  議会運営委員会委員の選任


 日程第14  特別委員会並びに議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選


 日程第15  議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件


 日程第16  同意第3号について


 日程第17  豊田市農業委員会委員の推薦


 日程第18  逢妻衛生処理組合議員の選挙


 日程第19  豊田三好事務組合議員の選挙





 出席議員(47名)


    1番 鈴木  章


    2番 三江 弘海


    3番 清水 元久


    4番 阿垣 剛史


    5番 稲垣 幸保


    6番 三宅 正次


    7番 太田 博康


    8番 神谷 和利


    9番 日惠野雅俊


   10番 杉浦  昇


   11番 近藤 光良


   12番 小島 政直


   13番 佐藤 惠子


   14番 作元志津夫


   15番 庄司  章


   16番 内藤 貴充


   17番 都築 繁雄


   18番 杉浦 弘?


   19番 山田 和之


   20番 梅村 憲夫


   21番 加藤 昭孝


   22番 八木 哲也


   23番 清水 俊雅


   24番 松井 正衛


   25番 河合 芳弘


   26番 園田 昌康


   27番 梅村  進


   28番 加茂みきお


   29番 岩月 幸雄


   30番 湯本 芳平


   31番 田中 建三


   32番 山内 健二


   33番 中村  晋


   34番 岡田 耕一


   35番 大村 義則


   36番 外山 雅崇


   37番 篠田 忠信


   38番 山本 次豊


   39番 太田 之朗


   40番 湯浅 利衛


   41番 鈴木 伸介


   42番 中根  大


   43番 坂部 武臣


   44番 水野 慶一


   45番 高木キヨ子


   46番 光岡 保之


   47番 天野 弘治





 欠席議員(0名)





 説明のために出席した者の職・氏名


   市     長    鈴木 公平


   助     役    中村紀世実


   助     役    菊地 春海


   収  入  役    宇井 ?之


   総合企画部長     横地 清明


   総 務 部 長    鈴村喜代雪


   市 民 部 長    岡田 鐵夫


   社 会 部 長    名倉 宣汎


   子ども部長      中根 宏昭


   環 境 部 長    調  康雄


   福祉保健部長     鈴木 吉成


   保 健 所 長    若杉 英志


   産 業 部 長    伊藤喜代司


   都市整備部長     小野田武文


   建 設 部 長    杉本 鉄美


   消  防  長    伊井 賢司


   教  育  長    吉田万佐敏


   教 育 次 長    笠井 保弘


   専  門  監    神崎 恭紀


   上下水道局事業管理者 鈴木 善實


   上下水道局次長    小川 健二





 職務のために出席した事務局職員の職・氏名


   事 務 局 長  塚田 宏之


   局 長 補 佐  倉地 正道


   主     幹  塚本 伸宏


   主     幹  杉山 基明


   主     幹  高橋 光弥


   係     長  島村  勲


   主     査  粕谷 忠弘


   主     査  小野木洋子








○議長(湯浅利衛) 平成18年5月豊田市議会臨時会の開会にあたりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員各位には定刻までにご出席を賜りまして、ここに5月豊田市議会臨時会が開催できますことに厚くお礼申し上げます。


 本臨時会に提出されております案件は、工事請負契約の締結のほか、議会役員改選などであります。


 慎重審議の上、適切なご議決をいただきますことを心からお願い申し上げまして開会のごあいさつとさせていただきます。


 市長、あいさつをお願いします。


○市長(鈴木公平) 一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、ここに平成18年5月市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、定刻までにご参集をいただきありがとうございます。


 本市議会臨時会は、議会を構成する役員選挙等が行われる重要な議会であると認識いたしております。


 また、本日、提案させていただいております案件につきましては、工事請負契約の締結を始め財産の取得、経営状況の報告並びに監査委員選任の同意案件でございます。


 何とぞ慎重審議いただき、適切なるご決定をいただきますことをお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎開議宣告





○議長(湯浅利衛) ただいまの出席議員は47名であります。


 ただいまから平成18年5月豊田市議会臨時会を開会します。


                      開会・開議 午前10時02分





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議事日程決定





○議長(湯浅利衛) これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しました日程表のとおりですので、ご了承願います。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎会議録署名者の指名





○議長(湯浅利衛) これより本日の日程に入ります。


 日程第1、会議署名者の指名を行います。


 会議録署名者は、豊田市議会会議規則第95条の規定により、議長から22番八木哲也議員、32番山内健二議員を指名します。


 なお、地方自治法第121条の規定により、説明者として出席を求めました者は、お手元に配付しました表のとおりですので、ご了承願います。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎会期の決定





○議長(湯浅利衛) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 5月豊田市議会臨時会の会期は、本日の1日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日の1日間と決定しました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎報告第2号及び報告第3号について





○議長(湯浅利衛) 日程第3、報告第2号経営状況の報告について及び報告第3号専決処分の報告についてを行います。


 報告第2号及び報告第3号について、説明者、中村助役。


○助役(中村紀世実) それでは、資料1、提出議案の要旨1ページをお願いいたします。報告第2号経営状況の報告についてでございますが、資本金、基本金、その他、また債務の負担を2分の1以上市が行っております株式会社、団体等の平成18年度の事業計画及び予算でございます。


 今年度から23番に掲げました豊田市駅前通り南開発株式会社が加わりました。これは平成17年12月に設立をされまして、資本金は3億円、市の出資は50パーセントでございます。参考資料は18、19ページに記載してございますが、この中で大きく変わったものだけ1点ご紹介をさせていただきます。


 11番の財団法人豊田市国際交流協会でございますが、予算が対前年度比でマイナス32パーセントということになっておりますが、これは昨年行われました一市町村一国フレンドシップ事業の予算の減によるものでございます。


 続きまして、2ページをお願いいたします。報告第3号専決処分の報告についてでございますが、処分内容は4点ございまして、まず1点目が工事請負契約の変更でございます。(1)から(9)までは下水道の管渠築造工事でございまして、(1)第1工区、小坂町ほか地内におきましては、舗装本復旧工の増加によるものでございます。


 (2)第2工区、小坂町ほか地内におきましても、舗装本復旧工の増加によるものでございます。


 (3)第3工区、深田町ほか地内につきましては、産業廃棄物処理の追加と、舗装の協議の結果、透水性のアスファルト舗装に変更したものによるものでございます。


 (4)第4工区、深田町ほか地内におきましては、汚水取付管工の減少によるものでございます。


 (5)第5工区、秋葉町ほか地内におきましては、舗装本復旧工の増加によるものでございます。


 (6)第6工区、平山町ほか地内におきましては、路面の覆土工の取りやめによるものでございます。


 おめくりをいただきまして4ページをお願いいたします。(7)第8工区、本田町ほか地内におきましては、土留工の増加によるものでございます。


 (8)第9工区、若林東町におきましても、土留工の増加によるものでございます。


 (9)第10工区、竹元町ほか地内におきましても、土留工の増加によるものが主なものでございます。


 (10)におきましては、汚水幹線築造工事でございまして、四郷第2工区でございますが、仮設道路設置工を取りやめたものによるものでございます。


 (11)は、(仮称)大沼梶浄水場の建設工事でございまして、隣地との擁壁高の増加によるものでございます。


 いずれも変更金額、専決月日は、記載のとおりでございますのでお願いいたします。


 大きく2点目は、損害賠償額の決定によるものでございまして、3件ございます。


 まず1件目は、公用自転車による交通事故ということで、これは東京事務所の職員が歩道でタクシーと接触をしたというものでございます。


 6ページをお願いいたします。公用車による交通事故でございまして、平成18年2月24日に四郷町森前地内におきまして公用車が急に車線を変更したために右側を通行中の相手方車両に接触したものでございます。


 (3)は3月23日に喜多町2丁目地内、銀行の駐車場でございますが、駐車場へ入ろうとして車どめの支柱に接触したものでございます。


 3件とも損害賠償額、それから過失割合につきましては、記載のとおりでございます。


 大きく3点目は、訴えの提起でございまして、市営住宅の明渡し等を求めるもの3件でございます。これは滞納月数12月以上、滞納金額20万円以上のものについて訴えを提起するものでございまして、1件目は東山住宅、2件目は京ケ峰住宅A棟、3件目は神上住宅A棟、それぞれ記載の相手方に明渡し等を求めるものでございます。


 4点目は、和解の成立でございまして、2件ございます。これは市営住宅の未納家賃等の支払いに係る和解でございまして、1件目は神上住宅A棟の方、8ページのほう、2件目は市営東山住宅、こちらは住んではおみえになりませんが、いずれも明渡しにかかわっての和解でございまして、滞納金額を記載のようにお支払いをいただくというものでございます。


 金額、それから専決月日は記載のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。


 以上、報告第2号、報告第3号の説明とさせていただきます。


○議長(湯浅利衛) 以上で報告が終わりました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎承認第1号から承認第5号までについて





○議長(湯浅利衛) 日程第4、承認第1号から承認第5号までの専決処分の承認についてを議題とします。


 承認第1号から承認第5号までについて、説明者、中村助役。


○助役(中村紀世実) それでは、再び資料1、提出議案の要旨9ページをお願いいたします。承認第1号から承認第5号まででございますが、いずれも臨時議会を開くいとまがないということで専決処分をさせていただいたもののご承認をいただくものでございます。


 まず9ページ、承認第1号でございますが、豊田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例でございますが、これは政令の一部改正に準じまして補償基礎額の引下げ等を行うものでございます。


 10ページをお願いいたします。承認第2号は豊田市市税条例の一部を改正する条例でございまして、地方税法の一部改正に伴いまして、個人市民税の非課税限度額の引下げ及び固定資産税に係る負担調整措置の改正、その他の改正を行うものでございまして、市民税のほうにはさして影響はございませんが、固定資産税におきましては、約2億7,000万円ほどの税収増になると予想されます。


 11ページの承認第3号は、豊田市都市計画税条例の一部を改正する条例でございまして、こちらも地方税法の一部改正に伴いまして負担調整措置等の改正をさせていただくものでございまして、こちらは税額で8,000万円ほどの増額になると予想がされます。


 12ページをお願いいたします。承認第4号でございますが、豊田市国民健康保険税条例の一部を改正する条例でございます。これも地方税法の一部改正に伴いまして軽減判定所得に係る特別控除額の引上げ等を行うものでございます。


 承認第5号は、平成17年度豊田市一般会計補正予算でございまして、記載してございますとおり、繰越明許費の補正でございます。繰越事業の内容につきましては、市道足助国谷上脇線の道路改良に伴う工事請負費でございまして、繰越しの理由といたしましては、本工事区域内にあるNTT及び中部電力の電柱の支障移転の調整を進めておりましたけれども、3月議会閉会後に平成17年度中での支障移転の見込みが立たないということが判明いたしましたために繰越しの措置をとらさせていただいたものでございます。


 以上、承認第1号から第5号までの説明とさせていただきます。


○議長(湯浅利衛) 以上で提案者の説明が終わりました。


 続いて、承認第1号から承認第5号までについて質疑に入りますが、ただいまのところ通告がありませんので、以上で質疑を終わります。


 お諮りします。


 始めに、承認第1号については、これを承認することにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議なしと認め、承認第1号については、承認することに決定しました。


 続いて、承認第2号については、承認することにご異議ありませんか。


          〔「異議あり」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議ありますので、挙手により採決します。


 お諮りします。


 承認第2号については、承認することに賛成の議員の挙手を求めます。


             〔挙手 多数〕


○議長(湯浅利衛) 挙手多数です。


 よって、承認第2号については、承認することに決定しました。


 続いて、承認第3号については、承認することにご異議ありませんか。


          〔「異議あり」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議がありますので、挙手により採決します。


 お諮りします。


 承認第3号については、承認することに賛成の議員の挙手を求めます。


             〔挙手 多数〕


○議長(湯浅利衛) 挙手多数です。


 よって、承認第3号については、承認することに決定しました。


 続いて、承認第4号及び承認第5号については、承認することにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議なしと認め、承認第4号及び承認第5号については、承認することに決定しました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議案第81号から議案第85号までについて





○議長(湯浅利衛) 日程第5、議案第81号工事請負契約の締結についてから議案第85号和解の成立についてまでを議題とします。


 議案第81号から議案第85号までについて、説明者、中村助役。


○助役(中村紀世実) 恐れ入りますが、再び資料1、提出議案の要旨でご説明をさせていただきます。


 13ページをお願いいたします。議案第81号工事請負契約の締結についてで(仮称)豊田市立志賀古瀬間統合保育園の園舎新築工事でございます。


 記載の金額、記載の相手方でございますが、これは平成19年4月の供用開始を目的といたしましております。


 続きまして、議案第82号から3件は財産の取得でございまして、まず議案第82号ごみ収集車の車両本体でございます。ごみ収集車8台を取得するものでございますが、このうち5台分につきましては、プラスチック類等の分別収集にかかわる新規の車両、3台は更新車両でございます。


 14ページをお願いいたします。議案第83号ごみ収集車の架装でございますが、82号で提案させていただきました8台につきまして架装をお願いするものでございます。


 議案第84号は、豊田市立豊田養護学校通学バスでございます。通学バス2台を取得するものでございますが、これはNOx・PM法の関係でございまして、更新をいたすものでございます。


 15ページをお願いいたします。議案第85号和解の成立について、土地境界確定請求事件でございますが、るる記載をしてございますが、17ページの図のほうでご説明をさせていただきたいと思います。


 これは原告から何度もこの赤道の境界確認申請がされましたが、境界確定ができなかったという経緯がございまして、平成13年7月24日に豊田簡易裁判所に調停を申し立てられましたが、これまた不調に終わりました。今件につきましては、平成14年6月5日に境界確定の訴えが提起をされたものでございます。


 和解の条項でございますが、17ページの下の概略図でご説明をさせていただきますが、地番507番と557番の方の境界ということで、A・G間を和解の境界線とすると。それから507番のうちでA・C・Gの部分250平方メートルでございますが、こちらを557番の方に譲渡をすると。それからC・D・G・Hで囲まれた斜線の部分でございますが、これが豊田市の赤道でございまして、この79平方メートルを557番の方に払下げをするという和解条項でございます。


 以上、議案第81号から議案第85号までの説明とさせていただきます。


○議長(湯浅利衛) 以上で説明が終わりました。


 続いて、議案第81号から議案第85号までについて質疑に入りますが、ただいまのところ通告がありませんので、以上で質疑を終わります。


 ただいま議題となっています議案第81号から議案第85号までについては、お手元に配付してあります議案付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託します。


 教育次世代委員会を南71委員会室、環境福祉委員会を南72委員会室で開催します。また、教育次世代委員会及び環境福祉委員会終了後、企画総務委員会を南71委員会室にて開催します。


 暫時休憩します。


                         休憩 午前10時18分


                         再開 午前10時56分


○議長(湯浅利衛) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 各常任委員長から審査結果の報告を求めます。


 加藤環境福祉委員長。


○環境福祉委員長(加藤昭孝) 環境福祉委員会の審査結果のご報告を申し上げます。


 先ほどの本会議において当委員会に付託となりました案件は、議案第82号及び83号、2議案でした。


 ただいま本会議休憩中に南72委員会室において委員会を開催し、慎重審査しました結果、いずれの議案も全会一致にて原案を妥当と認め承認することに決定しました。


 以下、主な審査経過について報告いたします。


 議案第82号及び議案第83号財産の取得については、「8台のパッカー車によるプラスチック容器の回収減量目標量及び可燃ごみ全体のうち何パーセントの減量につながるか」という質疑があり、「回収目標量は、平成19年で約3,000トン、平成25年で約3,800トンを見込んでいる。全体可燃ごみ量のうち平成19年で2.8パーセント、平成25年で3.7パーセントの減量を見込んでいる」と答弁がありました。また、「今後のスケジュールはどうか」という質疑があり、「平成19年4月から本格回収を予定している。その準備として、8月、9月から地元説明に入る予定である」と答弁がありました。


 このほかにも審査の過程においてさまざまな質疑、意見がありましたが、慎重審査しました結果、冒頭申し上げましたとおり、委員会としてはいずれの議案も承認することに決定しました。


 以上をもちまして環境福祉委員会の審査結果のご報告とします。


○議長(湯浅利衛) 梅村教育次世代委員長。


○教育次世代委員長(梅村 進) 教育次世代委員会の審査結果の報告を申し上げます。


 先ほどの本会議において当委員会に付託となりました案件は、議案第81号始め2議案でした。


 ただいま本会議休憩中に南71委員会室において委員会を開催し、慎重審査しました結果、いずれの議案も全会一致にて原案を妥当と認め承認することに決定しました。


 以下、主な審査経過について報告します。


 議案第81号工事請負契約の締結については、「現状の2園と統合園の規模はどうなのか、また、その規模増大によりどのように保育機能が充実するか」と質疑があり、「古瀬間保育園が60名、志賀保育園が105名、合わせて165名であり、統合園になりますと205名を予定している。また、保育機能としては、0歳、2歳児も預かることで低年齢児童就園のための施設を設け、また、午後7時までの延長保育として、地域の住民が充実できる施設の設置を予定している」と答弁がありました。


 次に、議案第84号財産の取得については、「随意契約にした理由と取得価格は適正か」という質疑があり、「契約先が地元優良企業の関連会社であり、市内で修理ができる販売店を持っている。また、価格は調査と参考見積もりを徴収し、算出した」と答弁がありました。


 その他にも審査の過程においてさまざまな質疑がありましたが、慎重審査した結果、冒頭申し上げましたとおり、委員会としてはいずれの議案も承認することに決定しました。


 以上をもちまして教育次世代委員会の審査結果の報告といたします。


○議長(湯浅利衛) 坂部企画総務委員長。


○企画総務委員長(坂部武臣) 企画総務委員会の審査結果のご報告を申し上げます。


 先ほどの本会議において当委員会に付託となりました案件は、議案第85号の1議案でした。


 ただいま本会議休憩中に南71委員会室において委員会を開催し、慎重審査しました結果、全会一致にて原案を妥当と認め承認することに決定しました。


 以下、主な審査経過についてご報告を申し上げます。


 議案第85号和解の成立について、「市所有の赤道を払下げする場合の単価はどのようか」という質疑があり、「市の通常のルールに従い、公有地価格査定委員会で算定する」と答弁がありました。また、「訴訟費用について、市の負担はあるか」という質疑があり、「土地の鑑定については市の負担はないが、弁護士を委託しており、その費用は市の負担となる」との答弁がありました。


 冒頭申しましたように、当委員会におきましては、慎重審査しました結果、全会一致にて原案どおり妥当と認めました。


 以上をもちまして企画総務委員会の審査結果のご報告といたします。


○議長(湯浅利衛) 以上で各常任委員長の報告を終わります。


 ただいまの各常任委員長の報告に対する質疑を許します。


 質疑ありませんか。


           〔「進行」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) 質疑ないようですので、以上で質疑を終わります。


 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告がありませんので、以上で討論を終わります。


 これより採決します。


 議案第81号から議案第85号までについて採決します。


 議案第81号から議案第85号までについては、各委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


             〔挙手 全員〕


○議長(湯浅利衛) 挙手全員です。


 よって、議案第81号から議案第85号までについては、原案のとおり可決されました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議員提出議案第1号について





○議長(湯浅利衛) 日程第6、議員提出議案第1号特別委員会の設置が提出され、所定の賛成者がありますので、これを議題とします。


 提出者の説明を求めます。


 説明者、高木キヨ子議員。


○45番(高木キヨ子) 議員提出議案第1号特別委員会の設置について提案説明します。


 提案説明といたしましては、議会としての特定の事件について専門的に調査研究を行うためであります。


 設置する特別委員会は、水と緑のまちづくり特別委員会、地域拠点整備活性化特別委員会、議会権能向上特別委員会の3特別委員会であります。


 委員の定数は、水と緑のまちづくり特別委員会と地域拠点整備活性化特別委員会がおのおの12名以内、議会権能向上特別委員会が11名であります。


 目的につきましては、お手元にご配付しました議案書に記載のとおりであります。


 それぞれ特別委員会の設置目的に沿って調査研究を進め、市民の負託に議会としてこたえていきたいと思います。


 以上、全議員の賛同をいただきますようお願い申し上げ、提案説明とさせていただきます。


○議長(湯浅利衛) 以上で説明が終わりました。


 続いて、議員提出議案第1号について質疑に入りますが、ただいまのところ通告がありませんので、以上で質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま議題となっています議員提出議案第1号については、豊田市議会会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第1号については、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これより討論に入りますが、ただいまのところ通告がありませんので、以上で討論を終わります。


 これより採決します。


 議員提出議案第1号について、原案を可決することに賛成の議員の挙手を求めます。


             〔挙手 全員〕


○議長(湯浅利衛) 挙手全員です。


 よって、議員提出議案第1号については、原案のとおり可決されました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました各特別委員会は、議会閉会中においても調査研究等を行うことができるものとし、議会が本調査の終了を議決するまで継続して行うものとしてご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(湯浅利衛) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま提案したとおり決定しました。


 暫時休憩します。


                         休憩 午前11時09分


                         再開 午前11時10分


○副議長(中根 大) 休憩前に引き続き会議を開きます。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議長選挙





○副議長(中根 大) 日程第7、議長選挙を行います。


 湯浅議長から辞職願が私の手元に提出されております。


 辞職願を事務局長に朗読していただきます。


            [事務局長朗読]


○副議長(中根 大) お諮りします。


 ただいまの辞職願のとおり許可することにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○副議長(中根 大) ご異議なしと認めます。


 よって、湯浅議長の辞職願は許可することに決定しました。


 これより議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖をしてください。


             [議場閉鎖]


○副議長(中根 大) ただいまの出席議員は47名です。


 投票用紙を配付してください。


            [投票用紙配付]


○副議長(中根 大) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めてください。


             [投票箱点検]


○副議長(中根 大) 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。


 なお、同点の場合は抽選で決定します。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局長の点呼に応じて順次投票をお願いします。


 点呼してください。


○事務局長(塚田宏之) 氏名点呼。


             [投  票]


○副議長(中根 大) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 以上で投票を終了します。


 議場の閉鎖を解いてください。


             [議場開鎖]


○副議長(中根 大) 開票を行います。


 豊田市議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に23番清水俊雅議員、33番中村 晋議員、43番坂部武臣議員を指名します。


 よって、立会いをお願いします。


 事務局は開票を行ってください。


             [開  票]


○副議長(中根 大) 選挙の結果を報告します。


 出席者総数 47名


 投票総数  47票、符合しています。


 そのうち


  有効投票 47票


  無効投票 0票


 有効投票中


  水野慶一議員 43票


  篠田忠信議員 3票


  大村義則議員 1票


 以上のとおりです。


 この議長選挙の法定得票数は12票です。


 よって、水野慶一議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました水野慶一議員が議場におられますので、豊田市議会会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。


 当選者、水野慶一議員、議長当選承諾及びあいさつをお願いします。


○新議長(水野慶一) 一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいま議員の皆さまのご推挙によりまして、豊田市議会議長の要職に就くことになりましたことは、私にとっては身に余る光栄であり、心より厚くお礼申し上げます。


 また、同時に責任の重さも感じております。ここに皆さまのご推挙を受けました以上は、本市の発展のため、そして、円滑な議会運営に誠心誠意努力してまいる覚悟でございます。


 本市議会は、市政の発展、住民福祉の向上を目指し、着実な歩みを続けてまいりましたが、現在の地方分権時代にあって、地方の自主性・自律性の拡大を図るためには、議会の果たすべき役割は非常に重大であり、今まで以上の努力が必要であると考えています。


 何とぞ議員の皆さま、また、市長始め執行部の皆さまにおかれましては、格別なご支援、ごべんたつを賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○副議長(中根 大) 続いて、前議長の湯浅利衛議員、辞任のあいさつをお願いします。


○前議長(湯浅利衛) 本日ここに議長の職を辞任するにあたりまして、1年間のお礼と感謝を申し上げたいと思います。


 昨年5月の豊田市議会臨時会におきまして、議員の皆さまのご推挙によりまして第50代の豊田市議会議長の要職に就かせていただきました。


 この間、円滑な議会運営と41万市民の幸せを願って全力でまい進してきたつもりでございます。


 幸いにしまして先輩、同僚議員の皆さまから格別のご支援、ごべんたつをいただきました。また、市長始め執行部の皆さまの温かいご支援とご協力を賜り、本日まで大過なくこの職責を果たせましたことは、誠に感激にたえないところであります。


 特に昨年開催されました愛・地球博関連事業や、合併初年度の各地域のイベントにも積極的に参加させていただく中で、豊田市民のまちづくりへの思いや情熱を感じ取ることができたことは非常に意を強くしたところでございます。


 皆さま方におかれましては、今後も市政発展のため一層のご精進をいただきますとともに、私に対しましても変わらぬご指導とごべんたつを賜りますようお願い申し上げまして、言葉は足りませんが、議長辞任のあいさつといたします。


 1年間、本当にありがとうございました。


○副議長(中根 大) 暫時休憩します。


                         休憩 午前11時29分


                         再開 午前11時30分


○議長(水野慶一) ただいまから議長の職を遂行させていただきますが、議事運営、誠に不慣れでございますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


 休憩前に引き続き会議を開きます。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎副議長選挙





○議長(水野慶一) 日程第8、副議長選挙を行います。


 中根副議長から辞職願が私の手元に提出されております。


 辞職願を事務局長に朗読させます。


            [事務局長朗読]


○議長(水野慶一) お諮りします。


 ただいまの辞職願のとおり許可することにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、中根副議長の辞職願は許可することに決定しました。


 これより副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


             [議場閉鎖]


○議長(水野慶一) ただいまの出席議員は47名です。


 投票用紙を配付させます。


            [投票用紙配付]


○議長(水野慶一) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


             [投票箱点検]


○議長(水野慶一) 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。


 なお、同点の場合は抽選で決定します。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局長の点呼に応じて順次投票をお願いします。


 点呼を命じます。


○事務局長(塚田宏之) 氏名点呼。


             [投  票]


○議長(水野慶一) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了します。


 議場の閉鎖を解きます。


             [議場開鎖]


○議長(水野慶一) 開票を行います。


 豊田市議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番阿垣剛史議員、24番松井正衛議員、34番岡田耕一議員を指名します。


 よって、立会いをお願いします。


             [開  票]


○議長(水野慶一) 選挙の結果を報告します。


 出席者総数 47名


 投票総数  47票、符合しています。


 そのうち


  有効投票 46票


  無効投票 1票


 有効投票中


  河合芳弘議員 43票


  外山雅崇議員 3票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は12票です。


 よって、河合芳弘議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました河合芳弘議員が議場におられますので、豊田市議会会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。


 当選者、河合芳弘議員、副議長当選承諾及びあいさつをお願いします。


○新副議長(河合芳弘) 一言ごあいさつを申し上げます。


 このたび議員の皆さま方のご推挙をいただきまして豊田市議会副議長に選ばれましたことは、このうえなく光栄に存じておりますとともに、その責任の重大さを痛感している次第であります。


 幸いにしまして、人格、識見ともに傑出した水野議長のもと、議会が公正に、しかも円滑に運営できますよう及ばずながら誠心誠意努力する所存であります。


 皆さまの絶大なるご支援、ごべんたつを賜りますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、あいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(水野慶一) 続いて、前副議長の中根 大議員、辞任のごあいさつをお願いします。


○前副議長(中根 大) ここに豊田市議会副議長を辞任するにあたり、一言お礼のごあいさつを申し上げたいと存じます。


 昨年5月の臨時会におきまして、議員の皆さま方の温かいご推挙によりまして副議長の要職に就かさせていただきました。


 以来、1年間、行き届かぬ点が多かったにもかかわらず、湯浅議長始め先輩、同僚議員、また、市長始め執行部の皆さんのご支援とご協力をいただきまして今日まで無事に職責を果たすことができました。心からお礼を申し上げたいと存じます。


 特に昨年度は、先ほど前議長も申されましたが、合併初年度でありまして、また、3月から9月にかけましては愛・地球博が開催され、議長は多忙きわまりない状況でございました。私も議長の留守役としてその代役等を多く務めさせていただきまして大変勉強になったところでございます。また、県内各市の議長、副議長の皆さん方とも顔見知りになり、時局の意見交換も多々させていただきました。


 今後もそのようなことを踏まえまして議会人の一人として本市の市政発展のために努力をしてまいりたいと思うところでございます。これからも変わらぬご支援、ご指導、ごべんたつを賜りますことを心からお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、副議長辞任のごあいさつとさせていただきます。


 皆さま方、1年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎常任委員会委員の選任





○議長(水野慶一) 日程第9、常任委員会委員の選任を議題とします。


 お諮りします。


 常任委員会委員の選任については、豊田市議会委員会条例第6条第1項の規定により、議長からお手元に配付しました名簿のとおりそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認め、ただいま指名したとおり決定しました。





        豊田市議会常任委員会委員指名(案)


平成18年5月豊田市議会臨時会


┌─────────────────┐  ┌──────────────────┐


│    企画総務委員会      │  │生活社会委員会           │


├───────┬─────────┤  ├───────┬──────────┤


│ 委  員  │岩 月 幸 雄  │  │委  員   │小 島 政 直   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │太 田 之 朗  │  │〃      │坂 部 武 臣   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │大 村 義 則  │  │〃      │清 水 俊 雅   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │加 藤 昭 孝  │  │〃      │杉 浦   昇   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │加 茂 みきお  │  │〃      │鈴 木   章   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │近 藤 光 良  │  │〃      │高 木 キヨ子   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │篠 田 忠 信  │  │〃      │田 中 建 三   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │庄 司   章  │  │〃      │都 築 繁 雄   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │光 岡 保 之  │  │〃      │水 野 慶 一   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │三 宅 正 次  │  │〃      │湯 浅 利 衛   │


└───────┴─────────┘  └───────┴──────────┘





┌─────────────────┐  ┌──────────────────┐


│    教育次世代委員会     │  │環境福祉委員会           │


├───────┬─────────┤  ├───────┬──────────┤


│ 委  員  │阿 垣 剛 史  │  │委  員   │稲 垣 幸 保   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │梅 村   進  │  │〃      │河 合 芳 弘   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │太 田 博 康  │  │〃      │杉 浦 弘 ?   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │岡 田 耕 一  │  │〃      │鈴 木 伸 介   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │作 元 志津夫  │  │〃      │外 山 雅 崇   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │清 水 元 久  │  │〃      │内 藤 貴 充   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │八 木 哲 也  │  │〃      │中 根   大   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │山 内 健 二  │  │〃      │日惠野 雅 俊   │


├───────┼─────────┤  ├───────┼──────────┤


│  〃    │山 田 和 之  │  │〃      │山 本 次 豊   │


└───────┴─────────┘  └───────┴──────────┘








┌─────────────────┐


│    産業建設委員会      │


├───────┬─────────┤


│ 委  員  │天 野 弘 治  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │梅 村 憲 夫  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │神 谷 和 利  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │佐 藤 惠 子  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │園 田 昌 康  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │中 村   晋  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │松 井 正 衛  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │三 江 弘 海  │


├───────┼─────────┤


│  〃    │湯 本 芳 平  │


└───────┴─────────┘








○議長(水野慶一) この際、お諮りします。


 議長は常任委員会委員を辞退したいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認め、議長は常任委員会委員を辞退することに決定しました。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎常任委員会委員長及び副委員長の互選





○議長(水野慶一) 日程第10、常任委員会委員長及び副委員長の互選を行います。


 企画総務委員会は南71委員会室、生活社会委員会は南72委員会室、教育次世代委員会は南73委員会室、環境福祉委員会は南74委員会室、産業建設委員会は南71会議室にて互選をお願いします。


 暫時休憩します。


                         休憩 午前11時50分


                         再開 午前11時58分


○議長(水野慶一) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 常任委員会の委員長、副委員長の互選が終わりましたので、その結果を発表します。


 企画総務委員会、委員長加茂みきお議員、副委員長近藤光良議員


 生活社会委員会、委員長田中建三議員、副委員長杉浦 昇議員


 教育次世代委員会、委員長梅村 進議員、副委員長山内健二議員


 環境福祉委員会、委員長山本次豊議員、副委員長日惠野雅俊議員


 産業建設委員会、委員長園田昌康議員、副委員長神谷和利議員、以上のとおりです。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎常任委員会の閉会中継続調査申出事件





○議長(水野慶一) 日程第11、常任委員会の閉会中継続調査申出事件を議題とします。


 各常任委員長からお手元に配付しました一覧表の事件について、委員の所属変更がされるまで閉会中も継続して調査を行いたい旨、豊田市議会委員会条例第38条の規定により申し出がありました。


 お諮りします。


 各常任委員長の申し出のとおり、委員の所属変更がされるまで閉会中においても継続調査事件とすることにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付の一覧表の事件については、委員の所属変更がされるまで閉会中においても継続調査事件とすることに決定しました。








        常任委員会の閉会中継続調査申出事件


                         平成18年5月臨時会


┌────────────────────────────────┐


│企画総務委員会                         │


├────────────────────────────────┤


│ 1 行政経営及び行政改革について               │


│ 2 危機管理について                     │


│ 3 基本政策の企画について                  │


│ 4 土地利用の計画について                  │


│ 5 広報、広聴及び市民相談について              │


│ 6 文書、法務及び情報化の推進について            │


│ 7 予算及び契約について                   │


│ 8 財産の管理について                    │


│ 9 建設技術及び工事検査について               │


│ 10 戸籍及び住民基本台帳について               │


│ 11 国民健康保険及び国民年金について             │


│ 12 税の賦課徴収について                   │


├────────────────────────────────┤


│生活社会委員会                         │


├────────────────────────────────┤


│ 1 地域自治区及び地域協議会について             │


│ 2 自治振興及び地域のまちづくりについて           │


│ 3 国際化について                      │


│ 4 ボランティア及びNPOの支援について           │


│ 5 高齢社会対策について                   │


│ 6 男女共同参画社会について                 │


│ 7 防災、防犯及び交通安全について              │


│ 8 上水道及び下水道について                 │


│ 9 消防について                       │


└────────────────────────────────┘





┌────────────────────────────────┐


│教育次世代委員会                        │


├────────────────────────────────┤


│ 1 少子化対策及び子育て支援について             │


│ 2 青少年対策について                    │


│ 3 児童及び家庭の支援について                │


│ 4 幼稚園及び保育園について                 │


│ 5 教育行政及び学校教育について               │


│ 6 文化振興及び文化財について                │


│ 7 スポーツ振興について                   │


│ 8 学校以外の教育機関について                │


├────────────────────────────────┤


│環境福祉委員会                         │


├────────────────────────────────┤


│ 1 循環型社会の形成について                 │


│ 2 環境保全について                     │


│ 3 廃棄物の処理及び清掃について               │


│ 4 健康づくりについて                    │


│ 5 社会福祉について                     │


│ 6 保健衛生について                     │


└────────────────────────────────┘








┌────────────────────────────────┐


│産業建設委員会                         │


├────────────────────────────────┤


│ 1 農業、林業及び水産業について               │


│ 2 土地改良及び地籍調査について               │


│ 3 工業、商業及び労働行政について              │


│ 4 観光について                       │


│ 5 土地利用の総合調整について                │


│ 6 都市計画について                     │


│ 7 交通対策について                     │


│ 8 区画整理及び市街地再開発について             │


│ 9 住宅及び建築確認について                 │


│ 10 公共施設の建築について                  │


│ 11 道路及び河川について                   │


│ 12 公園について                       │


└────────────────────────────────┘








――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎特別委員会委員の選任





○議長(水野慶一) 日程第12、特別委員会委員の選任を議題とします。


 お諮りします。


 水と緑のまちづくり特別委員会委員、地域拠点整備活性化特別委員会委員及び議会権能向上特別委員会委員の選任については、豊田市議会委員会条例第6条第1項の規定により、議長からお手元に配付しました名簿のとおりそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認め、ただいま指名したとおり決定しました。





        豊田市議会特別委員会委員指名(案)


平成18年5月豊田市議会臨時会


┌─────────────────┐  ┌─────────────────┐


│ 水と緑のまちづくり特別委員会  │  │地域拠点整備活性化特別委員会   │


├──────┬──────────┤  ├──────┬──────────┤


│ 委  員 │太 田 博 康   │  │委  員  │阿 垣 剛 史   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │岡 田 耕 一   │  │〃     │稲 垣 幸 保   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │加 茂 みきお   │  │〃     │梅 村   進   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │清 水 元 久   │  │〃     │太 田 之 朗   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │庄 司   章   │  │〃     │加 藤 昭 孝   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │鈴 木   章   │  │〃     │杉 浦   昇   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │中 村   晋   │  │〃     │田 中 建 三   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │日惠野 雅 俊   │  │〃     │外 山 雅 崇   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │松 井 正 衛   │  │〃     │中 根   大   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │三 宅 正 次   │  │〃     │三 江 弘 海   │


├──────┼──────────┤  ├──────┼──────────┤


│  〃   │山 本 次 豊   │  │〃     │山 田 和 之   │


├──────┼──────────┤  └──────┴──────────┘


│  〃   │湯 浅 利 衛   │


└──────┴──────────┘








┌─────────────────┐


│  議会権能向上特別委員会    │


├──────┬──────────┤


│ 委  員 │岩 月 幸 雄   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │太 田 之 朗   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │大 村 義 則   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │岡 田 耕 一   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │近 藤 光 良   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │佐 藤 惠 子   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │清 水 元 久   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │杉 浦   昇   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │内 藤 貴 充   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │松 井 正 衛   │


├──────┼──────────┤


│  〃   │八 木 哲 也   │


└──────┴──────────┘








――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議会運営委員会委員の選任





○議長(水野慶一) 日程第13、議会運営委員会委員の選任を議題とします。


 お諮りします。


 議会運営委員会委員の選任については、豊田市議会委員会条例第6条第1項の規定により、議長からお手元に配付しました名簿のとおりそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認め、ただいま指名したとおり決定しました。





        豊田市議会運営委員会委員指名(案)


                    平成18年5月豊田市議会臨時会


┌─────────────────┐


│    議会運営委員会      │


├─────┬───────────┤


│委 員  │岩 月 幸 雄    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │加 茂 みきお    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │佐 藤 惠 子    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │篠 田 忠 信    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │清 水 俊 雅    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │鈴 木 伸 介    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │中 根   大    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │松 井 正 衛    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │八 木 哲 也    │


├─────┼───────────┤


│ 〃   │山 内 健 二    │


└─────┴───────────┘








――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎特別委員会並びに議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選





○議長(水野慶一) 日程第14、特別委員会並びに議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選を行います。


 水と緑のまちづくり特別委員会は南73委員会室、地域拠点整備活性化特別委員会は南74委員会室にて互選をお願いします。


 また、二つの特別委員会の終了後、議会権能向上特別委員会は南72委員会室にて互選をお願いします。


 さらに、議会権能向上特別委員会の終了後、議会運営委員会は南71委員会室にて互選を行います。


 暫時休憩します。


                         休憩 午後0時02分


                         再開 午後0時18分


○議長(水野慶一) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 特別委員会及び議会運営委員会の委員長、副委員長の互選が終わりましたので、その結果を発表します。


 始めに、特別委員会の結果について発表します。


 水と緑のまちづくり特別委員会、委員長松井正衛議員、副委員長岡田耕一議員


 地域拠点整備活性化特別委員会、委員長加藤昭孝議員、副委員長山田和之議員


 議会権能向上特別委員会、委員長八木哲也議員、副委員長太田之朗議員、以上のとおりです。


 続いて、議会運営委員会の委員長、副委員長の互選の結果を発表します。


 委員長中根 大議員、副委員長鈴木伸介議員、以上のとおりです。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件





○議長(水野慶一) 日程第15、議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件を議題とします。


 議会運営委員長からお手元に配付しました一覧表の事件について、委員の所属変更がされるまで閉会中も継続して調査を行いたい旨、豊田市議会委員会条例第38条の規定により申し出がありました。


 お諮りします。


 議会運営委員長の申し出のとおり、委員の所属変更がされるまで閉会中においても継続調査事件とすることにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付の一覧表の事件については、委員の所属変更がされるまで閉会中においても継続調査事件とすることに決定しました。





       議会運営委員会の閉会中継続調査申出事件


                         平成18年5月臨時会


┌────────────────────────────────┐


│議会運営委員会                         │


├────────────────────────────────┤


│ 1 議会運営について                     │


│ 2 会議規則、委員会条例等について              │


│ 3 議長の諮問事項について                  │


│ 4 上記に係る議案、陳情等の審査について           │


└────────────────────────────────┘








――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎同意第3号について





○議長(水野慶一) 日程第16、同意第3号監査委員の選任についてを議題とします。


 坂部武臣議員、高木キヨ子議員は、地方自治法第117条の規定により退席を求めます。


           [除斥対象議員の退席]


○議長(水野慶一) 同意第3号について、説明者、鈴木市長。


○市長(鈴木公平) それでは、同意第3号豊田市監査委員の選任について説明をさせていただきます。


 議会から選任されております監査委員の水野慶一さん、光岡保之さんが平成18年5月16日をもって辞任されました。よって、新たに坂部武臣さん、高木キヨ子さんを豊田市監査委員として選任したいと存じますので提案をさせていただくものでございます。


 ご審議をよろしくお願いいたします。


○議長(水野慶一) 以上で説明が終わりました。


 ただいまの説明に対し、ご意見はありませんか。


           〔「進行」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご意見がありませんので採決します。


 お諮りします。


 同意第3号については、市長提案のとおり選任同意することにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、同意第3号については、坂部武臣議員、高木キヨ子議員を選任同意することに決定しました。


 先に退席しました坂部武臣議員、高木キヨ子議員の出席を求めます。


         [除斥対象議員の入場、着席]





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎豊田市農業委員会委員の推薦





○議長(水野慶一) 日程第17、豊田市農業委員会委員の推薦を議題とします。


 推薦による農業委員会委員2名が辞任されました。


 中根 大議員、山本次豊議員は、地方自治法第117条の規定により退席を求めます。


           [除斥対象議員の退席]


○議長(水野慶一) お諮りします。


 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定による豊田市農業委員会委員については、議長から、中根 大議員、山本次豊議員を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました2名を推薦することに決定しました。


 さきに退席しました中根 大議員、山本次豊議員の出席を求めます。


         [除斥対象議員の入場、着席]





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎逢妻衛生処理組合議員の選挙





○議長(水野慶一) 日程第18、逢妻衛生処理組合議員の選挙を行います。


 逢妻衛生処理組合議員の5名が辞任されましたので、逢妻衛生処理組合規約第6条第1項の規定により選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選としたいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選とすることに決定しました。


 なお、指名の方法については、議長から指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、議長から指名することに決定しました。


 逢妻衛生処理組合議員に佐藤惠子議員、篠田忠信議員、清水俊雅議員、中村 晋議員、光岡保之議員を指名します。


 ただいま議長から指名しました5名を逢妻衛生処理組合議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました5名が逢妻衛生処理組合議員に当選されました。


 ただいま当選されました5名が議場におられますので、豊田市議会会議規則第32条第2項の規定により本席から当選の告知をします。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎豊田三好事務組合議員の選挙





○議長(水野慶一) 日程第19、豊田三好事務組合議員の選挙を行います。


 豊田三好事務組合議員の8名が辞任されましたので、豊田三好事務組合規約第6条の規定により選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選としたいと思います。これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選とすることに決定しました。


 なお、指名の方法については、議長から指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、議長から指名することに決定しました。


 豊田三好事務組合議員に梅村 進議員、太田之朗議員、太田博康議員、大村義則議員、加藤昭孝議員、河合芳弘議員、外山雅崇議員、水野慶一を指名します。


 ただいま議長から指名しました8名を豊田三好事務組合議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


          〔「異議なし」の声起こる〕


○議長(水野慶一) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました8名が豊田三好事務組合議員に当選されました。


 ただいま当選されました8名が議場におられますので、豊田市議会会議規則第32条第2項の規定により本席から当選の告知をします。





――――――――――――――――――――――――――――――――――


   ◎閉会宣告





○議長(水野慶一) 以上で本日の議事日程は終了し、本会議に付議されました案件すべてを議了しました。


 よって、会議を閉じ、平成18年5月豊田市議会臨時会を閉会します。


                         閉会 午後0時28分





○議長(水野慶一) 市長、閉会のあいさつをお願いします。


○市長(鈴木公平) 一言お礼を申し上げます。


 提案いたしました案件について、熱心にご審議を賜り、すべての決定をいただきました。深く感謝申し上げたいと思います。


 また、新たに議長に就任されました水野慶一さん、そして副議長に就任されました河合芳弘さんを始め、各常任委員会、特別委員会の正副委員長さん並びに各種委員にご就任の議員の皆さまに対し、心からお喜びを申し上げます。


 また、退任されました前議長の湯浅利衛さん、前副議長の中根 大さんを始め、各委員の皆さまには大変お世話になりましたことをここに心から厚くお礼を申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(水野慶一) 本日、ここに平成18年5月豊田市議会臨時会を閉じるにあたり、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員各位のご協力によりまして本臨時会に提出されました案件すべてを議了し、ここに閉会することができましたことに心よりお礼を申し上げます。


 本臨時会は、議会役員の改選が主な内容でありましたが、議員の皆さまにおかれましては、終始熱心にご審議を賜り、適切なるご議決をいただき無事に閉会を宣言することができましたことに感謝の意を表する次第でございます。


 議員の皆さま並びに市長始め執行部の皆さまにおかれましては、今後も本市市政の発展、住民福祉の向上に一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。








 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成18年5月17日


           豊田市議会前議長  湯 浅 利 衛





           豊田市議会前副議長 中 根   大





           豊田市議会議長   水 野 慶 一





           豊田市議会議員   八 木 哲 也





           豊田市議会議員   山 内 健 二